FEATURE

TECHBASE VIETNAM

Share

1

2

7

6

5

8

Yahoo! JAPANの海外開発拠点であるTECHBASE VIETNAMの新しいオフィスの計画。社員がここで働くことを誇りに思えるような、愛されるオフィス空間となることがクライアントからの要望であった。若くて元気な社員一人ひとりの創造力を刺激し、それぞれのパフォーマンスが最大限に引き出されるような空間を目指した。エントランスと執務エリアの間にはリフレッシュスペースがあり、接客や簡単な打合わせから食事や卓球、TVゲームなどのレクリエーション、そして、50人程度のセミナーが行える多目的な場所となっている。誰もが気軽に利用でき、活発なコミュニケーションが取れるような空間とした。L字型プランの執務エリアは、コーナーに多目的スペースを設け、設置されたステージから社内全体が一望できる。ここは社員全員が集まって行う社内発表会や各種イベントなどに対応できる特徴的なスペースだ。仕上げ材は、明るい色を多用し、木やブリックタイル、ロープなど自然素材など、柔らかく暖かみのある雰囲気になるような素材を選んでいる。また、執務エリアの壁は一部余白を残し、有志の社員に自由に絵を描いてもらった。クライアントの意向である「社員に愛されるオフィス」を反映し、オフィスづくりに参加することで、社員同士のつながりと愛着心を持ってもらいたいとの願いが込められている。(川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES

 

TECHBASE VIETNAM
所在地:Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
オープン:2018年6月
設計:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES 川口淳志
床面積:1170㎡
Photo:大木宏之

 

We planned the new office for Yahoo! JAPAN’s development hub, TECHBASE VIETNAM. Our client requested that it be an office space that would be loved and make the employees proud to work there. We aimed to create a space that would encourage the maximum performance of each young and energetic employee and stimulate their creativity.
A refreshment space is placed between the entrance and the work area. In this multipurpose space, visitors can be entertained, simple meetings can be held, and people can eat, play table tennis, video games and enjoy other recreation in addition to holding seminars for around 50 people. We designed it as a space that anyone can easily use and communicate in.
In the L-shaped work area, we placed a multipurpose space at the corner, from which the whole floor can be viewed from atop the stage. It is a unique space appropriate for gathering all employees for many types of events and internal presentations. It is finished in many brightly-colored materials as well as natural materials, such as wood, brick tile, rope, etc. We chose these to create a soft and warm atmosphere. In one part of the work area, we left the wall white and had employees volunteer to draw whatever they wanted.
This office was built with the wish to encourage affection and connection between employees, which was achieved by employees themselves also participating in construction, and it reflects the intention of the client that it be an “office loved by employees.” (Atsushi Kawaguchi / DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES

 

TECHBASE VIETNAM
Address: Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
Open: June, 2018
Design: DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Atsushi Kawaguchi
Floor area: 1170㎡
Photo: Hiroyuki Oki

 

这是日本雅虎的海外开发据点TECHBASE VIETNAM位于越南的新办公室设计项目。客户希望打造一个深受大家喜爱的办公空间,让员工们因在此工作而感到自豪。我们的目标是,激发每个年轻且充满活力的员工的创造力,并打造一个可以让每个人的表现发挥到最极致化的空间。入口和办公区之间有一个休閒空间,这是一个多功能的地方,从接待客人、讨论工作,到用餐、打乒乓球或打电玩游戏等娱乐活动,甚至是举办约50人的讲座等都可以在这里实现。成为每一个人都可以轻松使用并活跃交流的空间。另外,在L形规划的办公区域中,我们在转角处设置了多功能空间,并且可以从舞台上一览办公室全景。这是一个可以集合全体员工在此举办发表会及各种活动的独特空间。在装饰材料方面,运用大量明亮的颜色,并且选用木头、方块瓷砖、粗麻绳等天然材料,以表达柔软和温暖的气氛。此外,办公区域有一部份的墙壁留白,有兴趣的员工可以自由在牆上涂鸦作画。我们反映出业主对“员工喜爱的办公室”的意图并参与办公室的创建,也希望通过这个设计让员工们爱用办公空间,并且能借此联系彼此间的关係与感情。(川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES

 

TECHBASE VIETNAM
地址:Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam/胡志明市,越南
开业:2018年6月
室内设计:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES 川口淳志
实用面积:1170平米
摄影:大木宏之

嵜本 田園調布店

Share

1

2

3

4

5

6

関西発の高級食パン専門店「嵜本」の関東1号店となるプロジェクト。田園調布という穏やかな空気の流れる土地柄と、全面ガラス張りという区画特性を考慮し、大阪の店舗よりも感度が高く気持ち良い光が差し込む空間を計画した。内部は躯体を活かした空間構成で、商品やイートインスペース等が際立つ様なカラースキームとしている。また、セントラルキッチンとして機能する厨房を併設していることから、出来たての商品が並ぶアトリエのようなイメージで、アンティークのテーブルや、厨房内のシーンが見えるよう計画しています。屋外の「SHOKUPAN TERRACE」にはフォトスポットを設置。植栽には商品のジャムに使われているレモンやベリー系を用い、撮っても、見ても楽しむことができる空間としている。(室谷丞一郎/ジーク

 

嵜本 田園調布店
所在地:東京都大田区田園調布2-49-15
オープン:2018年12月7日
設計:ジーク 室谷丞一郎
床面積:129.6㎡
客席数:10席
Photo:adhoc 志摩大輔

 

This project is for the first shop in Kanto(East Japan) area of “Sakimoto”, specialty bakery shop from Kansai(West Japan). In consideration of the locality of Denenchofu area with calm atmosphere and the characteristic of all-glass compartment, we planned a space to be more sensitive and have more shine in than Osaka shop. The inside structure of shop made use of the original framework, and the color scheme was aimed to make products and café space stand out. Also, since the shop had adjoining central kitchen, we planned to make the antique table and scene of kitchen visible as if it was the atelier lined with freshly made bread.
In the outdoor “SHOKUPAN TERRACE”, the photo spot was arranged. Lemons and berries, used for their jam product, were planted there and the guests can enjoy the space both with taking photo and watching them. (Shoichiro Muroya / ZYCC)

 

Sakimoto Denenchofu store
Address: 2-49-15, Denenchofu, Ota-ku, Tokyo
Open: Dec. 7th, 2018
Design: ZYCC  Shoichiro Muroya
Floor area: 129.6㎡
Capacity: 10 seats
Photo:adhoc Daisuke Shima

 

这项目是在关西起家的高级方包专卖店“崎本“设在关东地区的第一家店。考虑到田园调布宁静的风土气息,我们计划利用全玻璃窗结构,打造出比大阪店低调、能沐浴阳光的舒畅空间。建筑内部由骨架构成,靠商品陈列的色彩凸显出取食区和品尝区。兼有中央厨房功能的操作间、宛如工作室里陈列品般的面包、古董桌子等,厨房内的情景——呈现在大家面前。把室外的“SHOKUPAN(方包)TERRACE(露台)“设置为取景地。我们采用了可以作为果酱的柠檬和莓类作植栽,给人带来可拍可赏的乐趣。(室谷丞一郎/ZYCC

 

崎本 田园调布店
地址:东京都大田区田园调布2-49-15
开业:2081年12月7日
室内设计: ZYCC 室谷丞一郎
实用面积:129.6平米
席位数:10席
摄影:adhoc 志摩大辅

Snail Games Japan

Share

1

2

3

4

5

6

7

ゲームコンテンツ会社「Snail Games Japan」のオフィスデザイン。エントランスはCIカラーのオレンジを使い、刺激性強い通路が内部への期待感を抱かせることを狙った。内部は六面体のポリゴンが、一筆書きで空間の中を自由に進んでいくローポリゴンゲームのようなオフィス空間。ポリゴンがベンチやテーブルになり、あるいは扉になっていく。会議室を始めとするそれぞれのエリアの区切り方も、ポリゴンで「くぐる」ことや、目線の位置だけを「遮る」、通さないために腰の位置で「阻む」など、コンセプトエレメントが、装飾ではなく機能として全体の空間を構成している。(THE TRIANGLE.JP

 

Snail Games Japan
所在地:東京都港区赤坂8-7-15 アンフィニ赤坂2階
開設:2018年9月
設計:THE TRIANGLE.JP
床面積:1階107.9㎡ 2階89.3㎡
Photo:長谷川健太

 

This is the office design of game contents company “Snail Games Japan”. We chose an orange color for the entrance, the company’s CI color, aiming at giving expectation to the inside with stimulus passage.
The inside is the office space which looks like low polygon game in which hexahedral polygon goes freely in space with a single stroke. Polygons become benches, tables, or doors.
For the partition of each area including meeting room, concept elements construct whole space as function not as decoration; such as “passing through” the polygon, “shielding” only the position of the line of sight, “obstructing” at the position of the waist to prevent passing through. (THE TRIANGLE.JP)

 

Snail Games Japan
Address: Infini Akasaka 2F, 8-7-15, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open: Sep. 2018
Design: THE TRIANGLE.JP
Floor area: 1F, 107.9㎡ 2F, 89.3㎡
Photo: Kenta Hasegawa

 

这是游戏内容製作公司“Snail Games Japan”的办公室设计项目。入口处使用该企业的象征颜色橙色来表现,目的是希望通过刺激性强烈的通道,以促进对内部空间的期待。内部是六面体的多边形在其空间中以一笔到底的概念呈现出自由行进的意象,彷彿用多边形来做三维图像游戏般的办公室空间。多边形的造作也成为了长凳、桌子或是门扇。我们的设计概念元素例如,以多边形“穿过”空间,“遮蔽”了视线的位置,在腰部位置设置禁止通行的“阻碍”,以及精巧的划分包括会议室在内的每个区域等,我们打造的不是装饰,而是作为机能性的设计来建构整体空间。(THE TRIANGLE.JP

 

Snail Games Japan
地址:东京都港区赤坂8-7-15 Anfini赤坂2F
开业:2018年9月
室内设计:THE TRIANGLE.JP
实用面积:1F 107.9平米 2F 89.3平米
摄影:长谷川健太

IBARAKI sense

Share

gg1

gg2

gg3

gg4

gg5

gg6

gg7

gg8

茨城県のブランド力向上のため、銀座にあるアンテナショップをリニューアル。ストアコンセプトを「目利きのセンスによって厳選された、茨城のセンスある逸品により、茨城のセンスを世界に発信する、上質でセンスあるストア」とし、店名を「IBARAKI sense」にした。ロゴマークは県花であり県章であるバラを用いた六角形のデザインとし、格子模様、名峰筑波山の山脈など、ストア全体に斜線を用いて、デザインの統一を図っている。
ストア全体の構成及びショップ内の商品配置は、茨城県の地形や名産地の位置を模して構成。また、店外からも見える特注の笠間焼、ダイニング内の稲田石、真壁石、八溝杉、結城紬、水府提灯など随所に県産材、工芸品を使用し、茨城県ならではのストアデザインとした。その他、ダイニング内での壁一面のプロジェクションマッピングや、外壁R窓のLEDビジョンなどを効果的に配置し、茨城県の魅力を発信している。(磯原勝治/J.F.design

 

IBARAKI sense
所在地:東京都中央区銀座1-2-1 紺屋ビル1階
オープン:2018年10月25日
設計:J.F.design 磯原勝治 鈴木新之介
グラフィックデザイン:ツバメヤ 小林健二郎
床面積:286㎡
客席数:カフェ18席 ダイニング25席
Photo:荒木文雄

 

Ibaraki Prefecture renewed its local specialty store in Ginza to improve its brand power. I changed the store name to “IBARAKI sense” based on the new concept “store with sense and high quality, introducing a sense of Ibaraki to the world by carefully selected Ibaraki’s local specialties”. The new hexagonal logo is designed using a rose motif that is a prefectural flower and seal. I used many oblique lines in lattice patterns or mountain-shape decorations, aiming to create a unified atmosphere.
The composition of the entire store and the arrangement of items were constructed mirroring the topography and the location of Ibaraki prefecture. In addition, we used prefecture-made materials and crafts everywhere including custom-made Kasama-ware which can be seen from outside the store, Inada stone in the dining room, Makabe-stone, Yamizo-cedar, Yuki-tsumugi fabric, Suifu-lantern and so on, making it the unique design of Ibaraki prefecture. By setting projection mapping in the dining room and placing LED display in the outer wall, the store delivers the charm of Ibaraki prefecture. (Katsuji Isohara / J.F.design)

 

IBARAKI sense
Address: Konnya Bld. 1F, 1-2-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open: Oct. 25th, 2018
Design: J.F.design Katsuji Isohara Shinnosuke Suzuki
Graphic design: Tsubameya Kenjiro Kobayashi
Floor area: 286 m²
Capacity: Cafe 18 seats / Dining 25 seats
Photo: Fumio Araki

 

为了提高茨城县这个城市品牌的影响力,我们重新设计了位于银座的茨城县物产店。店铺的概念是“高品质有品味的商店, 通过鑑赏家的专业眼光与品味所精心挑选出来的茨城县商品,将茨城的美学传递给世界”,店铺名称就叫做「IBARAKI sense」。商标是一个六边形的设计,采用了既是茨城县县花也是县章的玫瑰为代表,木格子图案则象征着日本名峰筑波山的山脉,我们特地使用了斜线手法贯穿全店,以达成设计的统一。
店铺整体规划及店内商品佈局,都是模拟茨城县的地形以及名产地的位置所设置的。并且,在店内随处可见茨城县特有的素材及工艺品,例如从店外也能看见特製的笠间烧,餐厅里使用的稻田石、真壁石、八沟杉,以及高级的纺织品结城紬,和传统的水府提灯等,我们试图打造出独一无二只属于茨城物产店的设计。另外,在餐厅内牆上采用影像投影技术,外牆的窗户也采用了LED视觉呈现来增强效果,我们要将茨城县独特的魅力传达给全世界。(矶原胜治/J.F.design

 

IBARAKI sense
地址:东京都中央区银座1-2-1 绀屋building 1F
开业:2018年10月25日
设计:J.F.design 矶原胜治 鈴木新之介
视觉呈現设计:TSUBAMEYA 小林健二郎
实用面积:286平米
席位数:咖啡厅 18席・餐厅 25席
摄影:荒木文雄

bar&lounge K-sta

Share

k1

k2

k3

k4

横浜駅西口のビルの2階にある「bar&lounge K-sta」。競馬ファンが集う店を作りたいと話をいただきデザインを担当しました。競馬をギャンブルとしてだけでなくスポーツとしても愛しているオーナーは、ユーチューバーとして動画配信やSNSで多くのフォロワーを持ち、そのフォロワー達と現実の同じ空間で一緒に競馬を観て、語らいたいとの思いからこの計画が始まりました。店内は広くはなくとも上質で居心地の良いモダンな空間を目指し、グレーを基調としたマテリアルと、どこからでも見やすいモニター、そしてこの店のシンボルとなる馬のシルエットをスチールで模ったバーバック棚を設けています。奥のスペースは、普段は客席として、またオーナーが動画配信の収録も行えるフリーなスペースとしています。全国からこのオーナーに会うためにお客さんが集まるこの店は、今後、飲食業態が目指す一つの可能性を示しています。(佐藤大権/studio teco

 

bar&lounge K-sta
所在地:神奈川県横浜市西区岡野1-9-12
オープン:2018年8月2日
設計者名:studio teco 佐藤大権
床面積:29㎡
客席数:17席(席設置時)
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“bar&lounge K-sta” is on the 2nd floor of the building in the west exit of Yokohama station. I was offered to design a store where horseracing fans gather. The owner loves horseracing not only as gambling but also a sport and has many followers in social media as a popular YouTuber. His aspiration for opening this store is to watch horseraces and talk together with the followers in the same real space. The inside of the store was designed aiming for a modern space that is not spacious but with high quality and cozy.
Materials are chosen based on a gray color, a monitor is set easy to be seen from anywhere, and a steel-made bar back shelf has a silhouette of a horse that is a symbol of this store. Space in the back can be used as a guest seat usually, but the owner can also record a video there for streaming. The store where customers gather to meet the owner from across the country shows one possibility that the food and beverage business going forward into the future. (Chikara Sato / studio teco)

 

bar&lounge K-sta
Address: 1-9-12 Okano, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa
Open: Aug. 2nd, 2018
Design: studio teco Chikara Sato
Floor area: 29 m²
Capacity: 17 seats (when seats are installed)
Photo: Nacasa & Partners

 

这是一家在横滨车站西口大楼2楼的酒吧“bar&lounge K-sta”。业主想开一家能让赛马迷们聚集的店,由我们负责设计。赛马不仅仅是赌博,也是一项深受业主喜爱的运动。业主是一名网路红人,在视频网站上分享视频及信息,并拥有大量的粉丝追随。我们谈论着如何实现与忠实粉丝们一起在同一个空间裡观看赛马节目的想法,接着开始了这项计划。即使店内的空间不大,我们仍以打造高质感舒适的现代空间为目标,灰色基调的素材,以及从任何角度都能轻松观看的屏幕显示器,我们还用铁打造出马的剪影设计了一个作为店舖象征的吧台酒柜。至于里面的空间,平常除了能当客席使用外,也能作为业主录制视频等工作的自由空间。为了与这位网红店主见面,来自全国各地的客人聚集在这家店里,我们同时展现了今后饮食业态新指标的可能性。(佐藤大权/studio teco

 

bar&lounge K-sta
地址:神奈川县横浜市西区冈野1-9-12
开业:2018年8月2日
设计:studio teco 佐藤大权
实用面积:29平米
席位数:17(坐席满设的状态)
摄影:Nacasa & Partners

USHIDOKI TOKYO

Share

u1

u2

u3

u4

u6

u7

東京・表参道に完成した、大人のための焼肉店「USHIDOKI TOKYO(ウシドキトーキョー)」。USHIDOKI TOKYOは、数々の飲食店を展開するコロワイドの新規焼肉業態であり、最上級の技術で調理した最上級の肉を楽しめる焼肉店です。
店内は“屋根裏の焼肉ラウンジ”をコンセプトに、天井が低く暗い空間の中に、必要な場所だけに光が点在し、焼肉店とは思えないラウンジのような、ゆったりとした時間の流れる空間としました。店内中央の肉をさばくオープンキッチンも、その時間を邪魔しない設えで、空間に躍動感を与えつつ落ち着いた雰囲気を演出。エントランスのクロークカウンターでは、牛を象った特注の立体造形のランプがゲストを出迎え、ホールでは様々なレザーを使った牛のアート、個室では牛のアートランプが空間にアクセントを加えます。また、様々なタイプの個室や窓側カウンター席など、使い手に合わせたシートレイアウトがゲストそれぞれの居心地の良さを生み出し、“ココロオドル”空間が広がります。こんな焼肉ラウンジ、いかがでしょうか?(藤井文彦/ファン

 

USHIDOKI TOKYO
所在地:東京都渋谷区神宮前5丁目50-3 アーバンテラス青山2階
オープン:2018年8月9日
設計:ファン 藤井文彦 古村浩一 細野夏美
床面積:186.3㎡
客席数:63席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“USHIDOKI TOKYO”, Yakiniku(Japanese style barbecue) restaurant for adults, opened in Omotesando, Tokyo. USHIDOKI TOKYO is a new barbecue store brand of COLOWIDE Co., Ltd. that develops several restaurants, and guests can enjoy the finest meats cooked with an exquisite technique.
The store inside is designed based on the concept of “barbecue lounge in the attic”. In a low-ceiling dark space, lightings are set only in the necessary places. Here, unlike an ordinary barbecue store, guests can have a relaxing time as they are in a lounge. The open kitchen in the center where a meat is filleted is designed not to disturb the atmosphere, giving a dynamic feeling to the space and creating a calm air. At the entrance cloak counter, the custom-made cattle-lamp-structure welcomes guests. Art pieces of cattle made with various leathers in the hall and cattle-art-lamp in the private rooms add accents to the space. In addition, a variety of private room types and window side counter seats creates the comfort of each guest. How do you like this kind of exciting and cheerful barbecue lounge? (Fumihiko Fujii / fan Inc.

 

USHIDOKI TOKYO
Address:Urban Terrace Aoyama 2nd Floor, 5-50-3, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
Open: Aug. 9th, 2018
Design:fan Inc. Fumihiko Fujii Koichi Furumura Natsumi Hosono
Floor area:186.3㎡
Capacity:63 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

在东京的表参道上,我们完成了一间为大人而开设的烤肉店“USHIDOKI TOKYO”。USHIDOKI TOKYO是拥有众多餐饮品牌的COLOWIDE公司旗下所打造出的新形态烤肉餐厅,在这家店里可以享用最高级技术烹制的最顶级肉类。
餐厅以“阁楼内的烤肉酒吧”为设计概念,为了不让客人感觉自己在烤肉店里,我们打造了一个低天花的黑暗空间,室内灯光只照射在需要的地方,让客人彷彿置身于酒吧般,轻松惬意的度过美好时光。设置在店中央用来处理肉类的开放式厨房,不但不会打扰到客人们的重要时间,反而在营造沉稳气氛的同时也给空间带来律动感。
在入口处的衣帽寄放柜台上,特别设计了牛的立体造形灯饰,在那里欢迎着每一位客人。在大厅里还有以各种皮革拼接而成的牛造形艺术装置。包间里的牛艺术灯饰也为空间画龙点睛。另外, 因应各种需求而规划出的各式包间及窗边吧台座席, 让使用者感到舒适,更在心里产生共鸣,将空间的魅力传播出去。这样的烤肉酒吧,您觉得如何呢?(藤井文彥/fan Inc.

 

USHIDOKI TOKYO
地址:东京都涩谷区神宫前5-50-3 Urban Terrace青山2F
开业:2018年8月9日
室内设计:fan Inc. 藤井文彥 古村浩一 细野夏美
实用面积:186.3平米
席位数:63
摄影:Nacasa & Partners

イソップ 日本橋髙島屋S.C.

Share

Aesop JP Store Nihonbashi 01

Aesop JP Store Nihonbashi 02

Aesop JP Store Nihonbashi 05

Aesop JP Store Nihonbashi 06

「橋」としての「日本橋」が出来たのは1603 年。江戸時代に建設されて以降、この場所は日本の交通網の「起点」とされ、その地理的な特徴を背景に、金融、文化、流通、情報などあらゆる都市機能の「中心地」として発展してきた。それと同時に、木造から石造、さらにはその橋の上に人工的なハイウェイを仰ぐに至り、姿や風景を変えてきた日本橋は、常に様々なものを取り込みながら変化してきた同エリアの象徴的な存在でもある。私たちはこのストアで、日本橋の中心性や歴史的なグラデーションを感じられるような空間をつくりたいと考えた。それは明快な中心となる箇所を起点にボリュームを構成する、とてもコンセプチュアルな空間である。各ボリュームに配された機能やプロダクトによって、イソップの世界観とこの都市の空気感とが重なり合うような場所を目指した。(二俣公一/ケース・リアル

 

イソップ 日本橋髙島屋S.C.
所在地:東京都中央区日本橋2-5-1 日本橋髙島屋S.C. 新館5階
オープン:2018年9月25日
設計:ケース・リアル 二俣公一 大仁田雄輝
床面積:42.93㎡
写真提供:イソップ

 

It was 1603 that “Nihonbashi” as a “bridge” was born. Since the construction in Edo era, this place has been regarded as the “starting point” of the Japanese transportation network and has developed as a “center” of all city functions such as finance, culture, distribution, information, etc. with the background of its geographical features. At the same time, Nihonbashi, which has changed its appearance and landscape, from wooden made to stone, and even to have the artificial highway above the bridge, is the symbolic existence of the area which has always been involving various things. We wanted to create a space that could feel the centrality of Nihonbashi and historical gradation in this store. It is a very conceptual space that constitutes a volume from a clear starting point. We aimed to design the space to show the overlap of the world of Aesop and the atmosphere of this city by functions and products arranged in each volume. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

Aesop Nihonbashi Takashimaya S.C.
Address: Nihonbashi Takashimaya S.C. Annex 5F, 2-5-1, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo
Open: Sep. 25th, 2018
Design: CASE-REAL Koichi Futatsumata, Yuki Onita
Floor area: 42.93㎡
Photo: Aesop

 

身为「桥」的「日本桥」于1603年盖好。自从江戶時代建设以来,这个地方都是日本交通网的起点,地理的特色为它的背景于金融、文化、物流、咨询等各种都市功能的中心为发展。与此同時由木造到石造甚至能在桥上仰望人工的高速公路,日本桥变化了它的样貌及风景,也就是于採取多样因素变化的周围区域的象征。我们想在这个地方创造能感受日本桥的起点性及历史性的层次感的空间。这就是明确构成中心場所价值的起点,是非常有概念的空间。希望能依配置在各量体中的功能及产品展现出“Aesop”的世界观及这个城市的空气的重叠。(二俣公一/CASE-REAL

 

Aesop 日本桥高岛屋S.C.
地址:东京都中央区日本桥2-5-1 日本桥高岛屋S.C新馆5F
开业:2018年9月25日
室内设计:CASE-REAL 二俣公一 大仁田雄辉
实用面积:42.93平米
图片提供:Aesop

BALL DONUT PARK 那覇OPA店

Share

d1

d2

d3

d4

ドーナツ専門店「BALL DONUT PARK」の沖縄直営店2店舗目であり、またブランド初のインモール出店。同店は、創業60年の歴史を持つサーターアンダギーやソーキソバの原料粉の製造・販売を手掛ける老舗製粉メーカー沖縄製粉のブランドだ。立地特性から若いターゲット層、近年沖縄で増加傾向にあるアジアインバウンド顧客、そしてインモールである事を考慮した空間とした。カウンターの腰にはタイのイラストレーター、タムくんを起用したオリジナルの女の子達のイラストを散りばめ、目に留まりやすいメニュー表記と購買動線サインを打ち出している。また、もう一つのブランドカラーである色鮮やかなスペインタイルは、インモールの空間に合わせて特注プリントタイルとして施した。訪れたお客様が、ドーナツを巡る楽しそうな女の子達のイラストそのままに、ボールドーナツを楽しんでもらえる様イメージしデザインしている。(室谷丞一郎/ジーク

 

BALL DONUT PARK 那覇OPA店
所在地:沖縄県那覇市泉崎 1-20-1 カフーナ旭橋A街区
オープン:2018年10月13日
ブランディング・プロデュース:THAT’S ALL LIGHT 梅田武志 須藤晃弘
設計:ジーク 室谷丞一郎
床面積:21.5㎡
客席数:5席
Photo:井田佳明

 

This is the second directly managed store in Okinawa of a donut specialty shop “BALL DONUT PARK” and its first in-mall store. The brand has 60 years history of flour mill manufacturer in Okinawa, providing raw material powders of local foods: Sata Andagi, Soki Soba, etc. Considering its in-mall location characteristics, we targeted young customers and Asian inbound tourists increasing in Okinawa in recent years. The counter has original illustrations of girls created by a popular Thai illustrator, Tam-kun. It functions as a purchase flow line that helps customers to find menus. In addition, colorful Spanish tiles which is another brand color has a custom printing that suits well with the in-mall space. Our design plan aims to have customers enjoy ball donuts as it is illustrated on the counter. (Shoichiro Muroya / ZYCC)

 

BALL DONUT PARK Naha OPA store
Location: Kafuna Asahibashi Block A, 1-20-1, Izumizaki, Naha-shi, Okinawa
Open: Oct. 13th, 2018
Branding&Produce: THAT’S ALL LIGHT Takeshi Umeda Akihiro Sudo
Design: ZYCC Shoichiro Muroya
Floor area: 21.5 m²
Capacity: 5 seats
Photo: Yoshiaki Ida

 

这是面包圈专卖店“BALL DONUT PARK”的第二家冲绳直营店,同时对他们而言是第一家底商形式的店铺。他们本来是制造及贩卖沙翁、冲绳排骨面原料粉的老号牌子“冲绳制粉”。因地点的特色而我们规划了打造适合年轻人、访日亚洲游客们的空间,而且考虑到作为商场内底商之一的处境。采用了泰国插图画家小Tam画的少女们插图,镶嵌了柜台侧面,显出菜单内容及购买的动线。另外,用了牌子的形象颜色、鲜明的西班牙瓷砖,我们为了搭配商场空间,特别印花了那些瓷砖。总之以我们想象客人来欣赏面包圈的情景为设计了,像插画上高兴似的少女们。(室谷丞一郎/ZYCC

 

BALL DONUT PARK 那霸OPA店
地址:冲绳县那霸市泉崎1-20-1 Kafuhna 旭桥A街区
开业:2018年10月13日
品牌策略:THAT’S ALL LIGHT 梅田武志 须藤晃弘
室内设计 ZYCC 室谷丞一郎
实用面积:21.5平米
席位数:5
摄影:井田佳明

SUTEKI LIVING TERRACE

Share

s1

s2

s3

s4

s5

s6

s7

「SUTEKI LIVING TERRACE」は、ライブラリーカフェ兼、住宅ショールームである。駒沢公園近辺には住宅展示場が多く建ち並ぶが、それらとは全く別の角度で住宅を捉え、本来リビング、ダイニング、キッチンの空間には見えてこない梁・柱の構造体をデザインとして露にした。本計画のクライアントである住宅メーカーは、耐震性の高い構造を特徴としている。そのため、梁・柱の構造体を見せ、光によって浮かび上がらせることで空間全体に浮遊感をもたらした。非現実的な空間でありながら、構造的な美しさと信頼感を表現することを試みている。1階は住宅を含めた建築の情報を発信するライブラリーと一般のお客さんがくつろげるカフェを、光と多様な木の積み上げによって構成している。自然要素である木と光により気持ちが開放され、木を積み上げることで人の手の痕跡を感じられる暖かい空間となった。(松原裕太/柿谷耕司アトリエ

 

SUTEKI LIVING TERRACE
所在地:東京都世田谷区深沢4-8-13
オープン:1階カフェ/2018年6月29日 2階ショールーム/2018年4月24日
設計:柿谷耕司アトリエ 柿谷耕司 松原裕太
床面積:1階/100.57㎡ 2階/91.76㎡
客席数:1階カフェ/26席
Photo:大瀧 格

 

“SUTEKI LIVING TERRACE” is a library café and residential showroom. In the vicinity of Komazawa Park, many housing exhibition halls stand, but we caught houses at completely different angles from them and revealed the structure of beams and pillars which were originally invisible to the living room, dining room and kitchen space. As the housing manufacture, the clients of this project, features the structures with high earthquake resistance, the structures of beams and pillars are displayed and floated with light to bring the floating feeling. Although it is an unrealistic space, it is trying to express structural beauty and credibility at the same time. The first floor consists of a library as information center of construction including houses and a cafe with lights and various method of stacking trees to make guests relaxed. The feeling was released by the natural element, tree and light, and it became a warm space where people can feel traces of hand made by stacking trees. (Yuta Matsubara / Koji Kakitani Atelier)

 

SUTEKI LIVING TERRACE
Address:4-8-13, Fukasawa, Setagaya-ku, Tokyo
Design:Koji Kakitani Atelier Koji Kakitani Yuta Matsubara
Floor area:1F/100.57㎡ 2F/91.76㎡
Capacity:1F Café/ 26 Seats
Photo:Kaku Otaki

 

“SUTEKI LIVING TERRACE”是一家兼具图书馆及咖啡厅功能的住宅展示场。有别于驹沢公园附近许多的住宅展示场,“SUTEKI LIVING TERRACE”除了用完全不同的角度去补捉住宅的特点外,更将原本在客厅、餐厅以及厨房空间里看不见的梁柱结构体,作为设计的一部份而显露出来。这个项目的业主本身就是住宅建商,为了彰显高度抗震的特徵,我们刻意露出梁柱结构,通过光线的变化带来浮动的感觉。虽然这是一个非现实的空间,但它试图表达了结构的美与信任感。1楼是提供包括住宅等建筑相关信息的图书馆,此外,我们还以灯光及各种木材堆叠的方式打造出一个让一般顾客可以放松的咖啡厅。木头和光线等自然元素使心情得到释放,透过木头的堆叠,可以感受到人们手的痕迹,形成一个温暖的空间。 (松原裕太/Koji Kakitani Atelier

 

SUTEKI LIVING TERRACE
地址:东京都世田谷区深泽4-8-13
开业:1F咖啡厅/2018年6月29日 2F 展示室/2018年4月24日
室内设计:Koji Kakitani Atelier 柿谷耕司 松原裕太
实用面积:1F/100.57平米 2F/91.76平米
席位数:1F咖啡厅/26
摄影:大泷 格

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿

Share

k5

k3

k4

KNOCK_ebisu014

k2

 

「KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA (ノック クッチーナ ボナ イタリアーナ)恵比寿店」は、六本木、東京ミッドタウンに続く3号店。肉やチーズ、たくさんの野菜を使ったパスタなど、オリジナルイタリアンを楽しむことができるカジュアルスタイルの店である。「古いものを暮らしに取り入れ、大切にするヨーロッパの雰囲気」をコンセプトに、大切な人達と時を分かち合う日常的なサードプレイスになるよう取り組んだ。古材の武骨感とアイアンの粗野感を基調に、要所には手触り感と手仕事を感じるデザインの温かみと、躯体スケルトンの雰囲気を共存させた。店内は14席程度のビッグテーブルを象徴的に配し、周囲にはカウンター席、個室、ベンチシード席のエリアを、そして、エントランスにはテラス席を配置した構成している。オーナー始め、KNOCKスタッフチームは、常にお客様を楽しませる仕掛けや志の高いサービスを探求し提供している。店舗にハード、ソフトそれぞれの面から息を吹き込むことで、とっておきの店舗をつくり出すことができた。(飯島彩子/REVEL DESIGN

 

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 恵比寿
所在地:東京都渋谷区恵比寿南1-17-17 Time Zone テラスビル 1階
オープン:2016年9月11日
設計:REVEL DESIGN 飯島彩子
床面積:91.91㎡
客席数:60席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA (Ebisu store)” is the third store following Roppongi and Tokyo Midtown stores. It is a casual style restaurant where the guests can enjoy original Italian food such as meat, cheese, and pasta with lots of vegetables. Under the concept of “European atmosphere to take in and care for the old ones”, we worked to create a daily third place to share the time with precious people. Based on the sense of roughness of the old material and the rusticity of the iron, the warmth of the design feels handy and handwork and the atmosphere of the framework skeleton were mixed in some point of the space. In the restaurant, big table for 14 people was symbolically arranged surrounded by counter seat, private room, and bench seat area, as well as the terrace seat at the entrance. The owner and the KNOCK staff team are constantly searching for and providing the trick to amuse the guests and services with high aspirations. By breathing in from both hardware and software, the special restaurant has been created. (Saiko Iijima / REVEL DESIGN)

 

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA Ebisu
Address: Time Zone Terrace building 1F, 1-17-17, Ebisu Minami, Shibuya-ku, Tokyo
Open: 11th, 2016
Design: REVEL DESIGN Saiko Iijima
Floor area: 91.91㎡
Capacity: 60 Seats
Photo:Nacasa & Partners

 

“KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA惠比寿店”是继六本木和东京中城之后的第三家店。这是一家休闲风格的餐厅,您可以享受原汁原味的意大利菜,如肉类和起司奶酪,以及加入大量新鲜蔬菜的意大利面。在“珍藏欧洲氛围,融入怀旧生活”的设计概念下,试图打造出与亲友们分享时光的日常据点。
我们以旧建材的朴素感和钢铁的粗犷感为基调,在重点部位加入有温暖感及手部触感的设计,与毛坯框架的建筑气氛融合在一起。在店内配置了一张可容纳14个席位的大桌子作为象征,周围另有吧台席位、私人包间,以及卡座沙发区,并且在入口露台处也设置了客席。从老闆开始到KNOCK的员工团队, 皆不断寻找能让客人感到有趣的设置,以及提供更高水平的服务。我们从硬件到软件,在不同层面中融入相应的设计,成功打造出一家风格独特的店舖。(饭岛彩子/ REVEL DESIGN

 

KNOCK CUCINA BUONA ITALIANA 惠比寿
地址:东京都涩谷区惠比寿南1-17-17 Time Zone Terrace bldg. 1F
开业:2016年9月11日
室内设计:REVEL DESIGN 饭岛彩子
实用面积:91.91平米
席位数:60
Photo:Nacasa & Partners

edomachi

Share

e1

e2

江戸川区のシンボルとして、その中心に位置する複合施設「タワーホール船堀」。同施設1階パブリックスペースの一角に、江戸川区のアンテナショップ「edomachi」は計画されました。江戸川区には古くから伝わる伝統、文化、工芸品が数多くあります。それらは昔ながらの技術を受け継ぎながら、匠によって今もつくり続けられています。この空間は、東京2020に向けて江戸川の工芸品を紹介し、販売することで江戸川区が誇る文化を再認識し伝える場としてデザインしました。この町の文化を守り、今と未来を結ぶ架け橋をテーマとして、情報発信サテライトedomachiは機能していきます。(笠原英里子/カサハラデザインワーク

 

「edomachi」
所在地:東京都江戸川区船堀4−1−1 タワーホール船堀1階
オープン:2018年8月21日
設計:カサハラデザインワーク 笠原英里子 福岡 渚
床面積:24.3㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

As a symbol of Edogawa district, a complex facility “Tower Hall Funabori” is located at the city center. A store that specializes in local products of Edogawa “edomachi” was planned at a corner of the public space on the 1st floor of the facility. Edogawa district has many traditions, cultures and crafts with a long history. They are still made by artisans who succeed old technique passed from generation to generation. This space was designed as a place to re-recognize and introduce the culture that Edogawa district is proud of by presenting and selling handicrafts of Edogawa towards Tokyo 2020 Olympic game. The theme of this store is a bridge that connects the present and the future. “edomachi” will function, keeping the culture of this area as a base for the transmission of information. (Eriko Kasahara / Kasahara Design Work)

 

【Edomachi】
Location:Tower Hall Funabori 1F, 4-1-1, Funabori, Edogawa-ku, Tokyo
Open:Aug. 21st, 2018
Design:KASAHARA DESIGN WORK Eriko Kasahara Nagisa Fukuoka
Floor area:24.3 m²
Photo:Nacasa & Partners

 

这是一个位于江户川区的中心位置,也是作为江户川区象征的複合设施“Tower Hall船堀(Funabori)”。他们在这栋设施的1楼公共空间的一角,规划了一个江户川区的物产店「edomachi」。江户川区有许多古老的传统、文化和工艺品,早已为人所知,这些工艺品至今仍由传承传统技术的工匠们所制造。我们设计这个空间,主要是藉由东京2020奥运会的热潮,通过介绍及销售江户川的手工艺品,让大众重新认识和传播江户川区的文化。并且以保护这个城镇的文化,及连接现在和未来的桥梁为主题,让这个信息传播卫星站「edomachi」发挥最大的功用。(笠原英里子/Kasahara Design Work

 

【edomachi】
地址:东京都江戸川区船堀4−1−1 Tower Hall船堀1F
开业:2018年8月21日
室内設計:Kasahara Design Work 笠原英里子 福冈渚
实用面积:24.3㎡
摄影:Nacasa & Partners

Gallery AaMo

Share

a1

a2

a3

a4

a5

アートとエンターテインメントの融合をコンセプトにつくられた「Gallery AaMo」のデザイン。新しい文化発信の場として、訪れる人々の好奇心をくすぐるようなコミュニケーションデザインを目指しました。ロゴマークはAAMOの文字を抽象化した三角と丸でデザインし、積み木のようなシルエットで、どこか懐かしさも感じさせながら現代的な印象を与えるものとしました。ファサードは光の屈折を利用することで、見る角度や距離に応じて表情が変わる不思議な光壁を実現しました。また、ロゴマークを立体化した発光オブジェや、ギャラリーの導入となる三角ゲートが遊び心を演出しています。(川﨑敏弘/WALTZ.

 

Gallery AaMo
所在地:東京都文京区後楽1-3-61
オープン:2017年4月15日
設計:WALTZ. 川﨑敏弘
床面積:830㎡
Photo:矢野紀行

 

“Gallery AaMo” is designed based on the concept of fusion of art and entertainment. As a place of introducing new culture, we aimed at communication design that stimulates the curiosity of visitors. The logo was designed with triangles and circles abstracting the characters of AAMO. Its silhouette looks like a building block, giving a modern impression with a nostalgic feeling. By utilizing the refraction of light, the facade becomes a mysterious light wall. Its expression changes according to angles and distance. A lighting three-dimensional logo object and triangle gate that is an entrance of gallery represent a playful spirit. (Toshihiro Kawasaki / WALTZ.)

 

Gallery AaMo
Address: 1-3-61, koraku, Bunkyo-ku, Tokyo
Open: April 15, 2017
Design: WALTZ. Toshihiro Kawasaki
Floor area: 830 m²
Photo: Toshiyuki Yano

 

“Gallery(画廊) AaMo” 是一款融艺术与娱乐为一体的设计。我们的目标是设计一个新文化的发报地,勾起来访者好奇心的“沟通平台“。
Logo标志采用了我们用“AAMO”这四个字的抽象三角形和圆形,像积木似的轮廓,给人以既怀旧又现代的印象。门前,我们利用光线的折射,随着视角与距离的变化,呈现出不可思议的光线墙壁。另外,Logo标志的立体化发光材料、把客人引入画廊的三角形门庭,都充满童趣。(川崎敏弘/WALTZ.

 

Gallery AaMo
地址:东京都文京区后乐1-3-61
开业:2017年4月15日
室内设计:WALTZ. 川崎敏弘
实用面积:830平米
摄影:矢野纪行