タグ別アーカイブ: showroom

ŌYANE

41b3021e942b03966c87dd1dfcdc87f7
o2 o3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc o4 o5 o6
o7陶器の産地である、長崎県波佐見町にある西海陶器のギャラリー・ショップ。当初の目的は、元々地下にあったショップへの利用者導入の強化であった。倉庫として利用していた1Fの壁に入口を設け、搬入用のエレベーターと階段を利用して、2層の店舗となるように計画。新たにできた上階は、カフェカウンターのあるギャラリーとした。外部には、多目的に使用できる屋根だけの建築と屋外トイレを設け、陶器市やマルシェ、ワークショップ等に利用される。建材には「資を生かす。」という考えのもと、この地にある素材を利用した。原料である陶石、陶器の破片、輸送用のプラスチック製の籠の他、現在は使用されていない「ボシ」と呼ばれる陶器を焼く際に使う容器をギャラリー内の壁やカウンターに用いている。照明器具やサインも陶器で製作。象徴的な大屋根は、この地方でよく見られる工場のシルエットである。眠っていたものを見い出し、編集をしていくことで、波佐見の持つエネルギーや物語を表現することを考えた。(原田 圭/DO.DO.)

 

ŌYANE
所在地:長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷2210
オープン:2016年7月1日
設計:DO.DO. 原田 圭
床面積:内部/140㎡ 外部/1150㎡(屋外トイレ25.92㎡含む)
客席数:4席+ベンチ
Photo:太田拓実

 

“ŌYANE” is a gallery & shop of Japanese pottery company, SAIKAI TOKI, located in Hasami, Nagasaki which is well-known for a pottery production. The original plan was just to call in more customers to the shop on the basement floor. We figured out a better plan to convert the first floor’s storehouse into a new store space by adding a new entrance to the wall, elevator, and steps. The first floor’s new space became a gallery with a café counter. In the outside, we created an only-roof-structure and a bathroom to provide a space for an outdoor market or a workshop.
Regarding building materials, we picked up local materials based on the idea “making use of the local”. Pottery stones, broken pieces, plastic boxes for transportation, and old pottery mold are adopted for wall and counter. Lightings and signs are also made by pottery. The symbolic big roof has a shape frequently seen in this area. We tried to present energy or story of Hasami by discovering dormant potentialities and editing them. (KEI HARADA / DO.DO.)

 

ŌYANE
Location:2210, Orishikisego, Hasamicho, Higashisonogigun, Nagasaki
Open:July. 1st, 2016
Design:DO.DO. KEI HARADA
Floor area:Inside 140㎡ / Outside 1150㎡ (including 25.92㎡ bathroom)
Capacity:4 + bench seats
Photo:Takumi Ota

CoorsTek Gallery & Office

c1

c2

c3

c4

c5


エンジニアリングセラミックス企業である「クアーズテック」のギャラリー兼オフィス。リブランディングを図る中で、「Pure・Repeat・Clarity」という三つのキーワードが浮かび上がった。これは純度の高いセラミック(Pure)が明快な構造を持ち(Clarity)、無限に続くさま(Repeat)を表す。この要素は新C.I.のDot(ドット)にも通じる。そこで三つのキーワードを貫くことで、人々にクアーズテックを体感してもらうことを考えた。ギャラリーに展開する光のDotは無限に続き、まるで光の中に迷い込んだような感覚を覚える。この光はインタラクティブに動き出し、映像となり、クアーズテックのブランドと製品を表現する。オフィスも同様にPure・Repeat・Clarityをコンセプトに作られた。新たな働き方から機能を整理し、純度の高いアイコン群としている。アイコンをリピートさせゾーンをつくり、そのゾーンを明快に配置することで空間を構成した。(佐藤 航/コクヨ)

 

「CoorsTek Gallery & Office」
所在地:東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズシティー9階、10階
開設:2016年1月
ディレクション・設計:コクヨ 佐藤 航
プロジェクトマネジメント:CWファシリティソリューション 住田 薫
映像・音楽コンテンツ(LEDウォール):グラトリ 和田竜治 岡田敏己 福嶋清彦
照明コンテンツ(LEDウォール):オスラム 三宅 洋
照明計画、アドバイザリー(LEDウォール):ミューズ・ディ 今津慎也 土橋政博
床面積:1350㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is gallery & office of CoorsTek, engineering ceramics company. The keywords for their rebranding project were described as “Pure, Repeat, and Clarity”. Those words express their product, namely, pure ceramics that repeatedly has clarity. This idea is also reflected to their new corporate identity, Dot. We planned to make people to experience CoorsTek by carrying through 3 keywords. Because lighting dots continue unlimitedly, people get confused just like they get lost in the light. The light moves interactively and shows a movie of CoorsTek’s brand and product. The office is designed also based on the same concept, “Pure, Repeat, and Clarity”. Functions of new working style are organized and very pure icons are created. We made zones with repeating icons and constructed the space by placing the zones. (Wataru Sato/KOKUYO)

 

【CoorsTek Gallery & Office】
Location:OSAKI WIZ CITY 9F & 10F, 2-11-1, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo
Open:April, 2016
Direction & Design:KOKUYO Wataru Sato
Project management:CW Facility Solution Kaoru Sumida
Movie & Music contents(LED wall):GRATRI Ryuji Wada Toshimi Okada Kiyohiko Fukushima
Lighting contents(LED wall):OSRAM Hiroshi Miyake
Lighting planning & advisory(LED wall):muse-D Shinya Imazu Masahiro Tsuchihashi
Floor area:1350㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

CoorsTek
http://www.coorstek.co.jp/

 

SUSgallery

SUS_1

SUS_2

SUS_3

SUS_5

新潟・燕市の産業技術で出来た陶器を思わせるチタンカップを扱う「SUSgallery」での、初めてのインショップとなるCOREDO室町では、新しい価値を提案する場所として考えた。9.22坪とコンパクトな空間に、垂直と水平に伸びてゆく素材としてシワ加工した0.005mm厚のステンレス箔と風化した板材を選んだ。自然界を思わす柔らかな色や豊かな表情のチタンカップは、その二つの素材を背景にすることでこれまでと違う価値を見出すことが出来た。(山本達雄)

 

「SUSgallery コレド室町店」
所在地:東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3  2階
オープン:2014年3月20日
設計:Tatsuo Yamamoto Design Inc. 山本達雄
床面積:30.48㎡
Photo:淺川 敏

 

 

“SUSgallery”, which sells titanium cups inspired by the pottery and made by the industrial technology of Tsubame city in Niigata prefecture, opened their first in-store shop in COREDO Muromachi. The shop is designed to provide a new value. In the 30.48㎡small space, we chose 0.005mm stainless foil with crease effect and weathered lumber as materials which stretches both vertically and horizontally. The titanium cups with soft colors or rich expressions suggestive of the natural world show a brand-new value against the background of the two materials. (Tatsuo Yamamoto)

 

【SUSgallery COREDO Muromachi】
Location:COREDO Muromachi 3-2F, 1-5-5, Nihonbashi-muromachi, Chuo-ku, Tokyo
Open:March 20th, 2014
Designer:Tatsuo Yamamoto Tatsuo Yamamoto Design Inc.
Floor area:30.48㎡
Photo:Satoshi Asakawa

 

 

SUSgallery
http://susgallery.jp

 

Tatsuo Yamamoto Design
http://www.tatsuoyamamoto.jp/

 

淺川 敏
http://www.tosh-a.com

 

 

KAMISM

KAMISM_1

KAMISM_3

KAMISM_2

KAMISM_4

KAMISM_5

新旧が混在する街、浅草橋。ここに、オリジナル和紙メーカー「KAMISM」の新しい試みを企てる発信地としてショールームを改装することになった。日本の伝統的な素材を和紙を全く新しい見せ方をする実験的ラボを、ミニマムかつフレキシブルに表現する空間ということが設計のポイントとなった。今回の空間では、小さなサンプルでしか確認が出来なかった素材のパーツをギャラリーとして見せることはもちろん、和紙のさまざまな可能性を提案すべく、その展示が重要なポイントとなった。入ってすぐの壁面にはVitra社のVisplayのシステムを利用し(日本総代理店/株式会社岡村製作所)、A4サイズの和紙を何種類も規則的に並べ、フレキシブルかつカラーストーリーをもって並べることにより出来る風景をポイントとした。鏡に移り込む鏡像と共に空間に広がりを与えている。また、簡単に手に取る、また定期的に交換をすることが可能なため、ショールームの表情の演出もし易い。中央部には、天井高まである実際に使う壁面と同等の大きさのパネルに和紙を貼り込んだものを、スライドレールに設置出来る仕組みにより、可動かつ取り外し可能な壁を作った。広い面積でインテリアとして和紙を使用したイメージを伝わりやすくした。また、ショールーム奥には「ブラックボックス」と呼ばれる空間を設置し、黒い空間内に、パネルにはめ込んだ和紙に光を透過させることにより、和紙の表情を際立たせた。その中には、パネルと同じ大きさのモニターを内蔵し、制作過程の映像等を見ながらバー感覚で検討出来る場所とした。ファサードは「紙」をイメージした形状にて構築し、わかり易さと共に真白なボディと間接照明にて夕刻以降の遠目からの風景も象徴的に演出した。(西脇一郎)

 

「KAMISM(カミズム)」
所在地:東京都中央区日本橋馬喰町2-3-4
オープン:2014年4月11日
設計:西脇一郎デザイン事務所 西脇一郎
床面積:77.3㎡
Photo:山本育憲

 

 

Nowadays, both new and old exist in Asakusabashi area, Tokyo. The renewal of the showroom of “KAMISM”, the company of Japanese paper, took place here and the fundamental aim was to make the best place for visitors to create something new. The key for the design was to make the minimum and flexible space to show traditional Japanese material in a totally new way. In this space, it was important to suggest many usage of Japanese paper as well as to display them beautifully like gallery.
On the wall near to the entrance, many small pieces of various paper were arranged in a row using Visplay system by Vitra company and this allow the space to create a scene with color story.
Also, the mirror, reflecting those papers, gave expanse to the space. It made easy for visitors to see products closely and for staffs to change display regularly. In the middle of showroom, the ceiling-height removable wall of Japanese paper was set. This too was one of the equipment to allow visitors to imagine the actual interior using this traditional material. At the inner part of the showroom, the special space called “black box” was set. In the bar-like space, paneled Japanese paper transmitted light and let visitors feel the expression of Japanese paper. Finally, the facade was designed with the image of “paper” and its snow-white body and indirect light was visible enough from distance, especially at night; it made this place easy to be identified both visually and conceptually. (Ichiro Nishiwaki)

 

【KAMISM】
Address:2-3-4, Bakuro-cho, Nihonbashi, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 11th, 2014
Designer : ICHIRO NISHIWAKI DESIGN OFFICE Ichiro Nishiwaki
Floor area:77.3㎡
Photo:Ikunori Yamamoto

 

 

KAMISM
http://kamism.co.jp/

 

西脇一郎デザイン事務所
http://www.nishi-d.co.jp/

自転車文化センター

bcc_1

bcc_2

bcc_3

bcc_4

bcc_5

bcc_6

オープンで親しみやすい施設にするため、展示室と収蔵室を同じ部屋にまとめ、家具を建築的なスケールまで引き延ばすことで空間を覆い尽くしました。
高さ5mの巨大な棚は所蔵量を可視化し、この施設の調査収集等、活動の豊富さを空間的に表現しています。また54段の引き出しは、自転車や部品の展示、収蔵の役割を果たし、ガラスのショーケースとは異なった、見る楽しさや親しみやすさを演出しています。引き出しの上部は、床としての強度も備え、巡り回る動線を作ると同時に観る楽しさを演出しています。
こうした造作家具により、展示と収蔵が一体となり、訪れた人が自転車の歴史や文化をより身近に感じられることを望んでいます。(柴田祐希/加藤直樹/住吉かほり

 

「自転車文化センター」
所在地:東京都品川区上大崎3‐3‐1 自転車総合ビルB1F/1F
オープン:2014年4月2日
設計: TANK 柴田祐希 + 建築設計 加藤住吉一級建築士事務所 加藤直樹/住吉かほり
床面積:233㎡
Photo:長谷川健太

 

 

In order to create an open and friendly space, we covered the entire space by combining the showroom and storage and also expanding the furniture size to a structural scale. The huge 5 meters high shelf, which visualizes the amount of collection, spatially expresses the affluent investigation and activities of this bicycle culture center. The 54 wooden drawers exhibits and stores bicycles and several parts, presenting the fun to see and familiarity differently from glass-made showcases. The top panels of the drawers have enough strength to function as floors, creating traffic lines of guests and the fun to watch them at the same time. By placing the custom-made furniture, we hope the exhibition and storage get united and thus visitors will feel more familiarity with the history and culture of bicycles.
(Yuki Shibata / Naoki Kato / Kahori Sumiyoshi)

 

【Bicycle Culture Center】
Location:Jitensha sogo building B1F/1F, 3-3-1, Kamiosaki, Shinagawa-ku, Tokyo
Open:Apr. 2nd, 2014
Designer:TANK Yuki Shibata + katosumiyoshi architects Naoki Kato Kahori Sumiyoshi
Floor area:233㎡
Photo:Kenta Hasegawa

 

 

自転車文化センター
http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/

 

TANK
http://tank-tokyo.jp/

 

加藤住吉一級建築士事務所
http://katosumiyoshi.com/

 

長谷川健太
http://o-f-p.jp/

トライテラスビル

トライテラス01

トライテラス02

トライテラス03

トライテラス04

トライテラス05

トライテラス06

LEDと導光技術を駆使した照明を独自開発し、新しい“あかりのカタチ”を創造する「トライテラス」。秋葉原駅前への本社社屋移転にあたり、ビル一棟のリノベーションを手掛けた。光が生み出す「現象」をコンセプトに、建物自体がトライテラスブランド発信の場となるべく、様々な光の体験を提供する。
同社の主力商品である導光板。通常看板の光源など裏方の材料であるが、ここでは表層の仕上げ材として採用し、空間を構成する主要要素として置き換えた。流れる光の帯、混ざり合い溶けゆく色彩、実像と虚像の連続・・・同社の強みであるLEDと導光技術を多様に掛け合わせ、様々な意匠や仕掛けで光の生み出す現象を体験させる空間を、外部、エントランス、ロビーから上階のオフィスまで点在させた。
光が空間へもたらす現象を考察する研究施設“ラボ”としての機能を建物全体で果たし、カタチのあるものを作り出すのではなく、無形のものから生まれる光の現象をデザインすることに成功した。
街との境界を曖昧にし、秋葉原のエネルギーを内に取り込むこの建物から、トライテラスの新しいあかりの文化を発信してゆく。(垂見和彦/LADAKH DESIGN ASSOCIATES)

 

「トライテラスビル」
所在地:東京都千代田区神田佐久間町1-10
開業日:2014年2月10日
設計:LADAKH DESIGN ASSOCIATES 垂見和彦
照明計画:ICE都市環境照明研究所 武石正宣
床面積:2,451.26㎡(地下1階〜地上9階)
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“TRi TERASU” creates a new form of light by developing light devices using LED and light guiding technologies. It was a renovation project of their new head office relocated to a building in front of Akihabara station. The design concept is “Phenomenon” of light. The building itself provides several experiences of light as a place for transmitting Tri TERASU brand. Their major item is a light guide plate. Usually this item is used for a light source of signboards so it takes a background role. But here we adopted it as a finishing material for a surface which is a major factor of space compositions. There are streaming light belts, mixed and dissolved colors, sequences of the real and fake, etc. We sprinkled spaces where you can experience phenomenon created from several lighting effects made by Tri TERASU’s advantages, LED and light guide plates. The entire building functions as a laboratory where phenomenon of light in space is investigated. We successfully designed not a certain figure but phenomenon of light which is born from incorporeality. The building makes a borderline of a town and itself vague and takes in energy of Akihabara. The space transmits a new light culture of Tri TERASU. (Kazuhiko Tarumi / LADAKH DESIGN ASSOCIATES)

 

【TRi TERASU building】
Location:1-10, Kanda sakuma cho, Chiyoda-ku, Tokyo
Open:Feb. 10th, 2014
Designer:LADAKH DESIGN ASSOCIATES  Kazuhiko Tarumi
Floor area:2,451.26㎡ ( 10 stories including 1 story underground )
Photo:Nacasa&Partners

 

 

トライテラス
http://www.triterasu.co.jp

 

LADAKH DESIGN ASSOCIATES
http://www.ladakh.co.jp

 


ICE
http://www.ice-pick.jp

 

ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp

 

 

YAMAGIWA Osaka Showroom

ヤマギワ4

ヤマギワ36

ヤマギワ11

ヤマギワ2

ヤマギワ1

ヤマギワ24

「光の本質を究める」という理念を持つヤマギワの大阪ショールームは、情報や文化を拡散、分解、反射する場所として「プリズム」をコンセプトに計画された。ダイナミックな赤い階段通路は視点の変化をつけるだけでなく、壁面として展示空間を豊かに区切っている。また奥のスペースでは、プロフェッショナルがいろいろな実験ができる、さまざまな仕掛けが施されている。センサーで流れる光、プリズムフィルムによる不思議な錯覚、作られる虹、サインなど、光にまつわるさまざまな遊び心が溢れる空間とした。(米澤研二/日建スペースデザイン)


「YAMAGIWA Osaka Showroom」
所在地:大阪市中央区本町4-1-7 大阪第二有楽ビル1階
設計:日建スペースデザイン 米澤研二、中院麻央
オープン:2014年1月24日
面積:430㎡
写真:ナカサ&パートナーズ

 

“The pursuit of the essence of light” is a philosophy of “Yamagiwa Osaka Showroom” which was established based on the concept, “Prism” that diffuses, dissolves, and reflects informations and cultures. A dynamic red stairway not only changes point of sight but also splits space efficiently as a wall. In a back room there are many devices with that professionals can make different experiments. Space is filled with various playful spirits such as a streaming light operated by sensors, an illusion made by prism films, and artificial rainbows. (Kenji Yonezawa / NIKKEN SPACE DESIGN)


【YAMAGIWA Osaka Showroom】
Location:Osaka daini yuraku building 1F, 4-1-7 Honmachi, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Jan 24th, 2014
Designer:NIKKEN SPACE DESIGN Kenji Yonezawa, Mao Nakanoin
Floor area:430㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

 

ヤマギワ
http://www.yamagiwa.co.jp

 

日建スペースデザイン
http://www.nspacedesign.co.jp

 

ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp

 

INTERSECT BY LEXUS -TOKYO

L_1

L_2

L_3

L_4

L_5

レクサスにとってのグローバルブランド旗艦スペースの世界第一店舗目。レクサスを取り巻く現象や人にスポットを当てた新しい概念の「場所」を創造するプロジェクトであり、さまざまな情報や活動が蓄積・発信されるプラットフォームとなるべく、クラブハウスやサロンをイメージしてデザインしている。3層からなる施設内にはカフェ、ギャラリーとして使えるガレージ、ラウンジ、クラブルームがあり、スピンドルグリルにインスピレーションを受けたファサードのスクリーンやカーパーツの壁など、レクサスの要素や匠の技を再編集してデザインに取り込んでいる。すべてがレクサスを体現しながら、主張しすぎないバランスある空間が、青山を訪れる多種多様な人々にアピールする。(片山正通/Wonderwall)

  • 「INTERSECT BY LEXUS -TOKYO」
  • 所在地:東京都港区南青山4-21-26
  • インテリアデザイン:Wonderwall Inc. 片山正通
  • オープン:2013年8月
  • 床面積:1・2階 各165.52㎡
  • 客席数:1階16席、2階31席
  • Photo:Kozo Takayama

Lexus has opened its very first flagship space as a global brand. This was a project to create a new conceptual “space” to cast the spotlight on the phenomena and people surrounding Lexus. The design evokes the feeling of a clubhouse or salon that can serve as a platform for gathering and sharing a variety of information and activities. Inside the three story building are a café, a garage that can be utilized as a gallery, a lounge, and a clubroom. The various Lexus elements and technologies are incorporated in the design in a subtle, understated way from the screen on the façade that is inspired by the Lexus spindle grille to the wall made up of car parts. The space achieves a fine balance, embodying Lexus throughout without being overly assertive, appealing to the diverse population that visits Aoyama. (Masamichi Katayama / Wonderwall)

  • 【INTERSECT BY LEXUS -TOKYO】
  • Location:4-21-26, Minamiaoyama, Minato-ku, Tokyo, Japan
  • Designer:Wonderwall Inc. Masamichi Katayama
  • Open:August, 2013
  • Floor area:1F 165.52㎡ 2F 165.52㎡
  • Capacity:1F 16seats 2F 31seats
  • Photo:Kozo Takayama

KLOS コイズミ照明オペレーションスタジオ

005
002 012025

 

コイズミ照明によるLED特化型のショールームが誕生した。場所は、梅田にあるグランフロント大阪という高層ビルの12階。三方が窓に囲まれ自然光に恵まれた区画であり、この特性を計画に生かしたいと考えた。自然光は人間にとって必要不可欠なもので、生活する上での明かりの確保はもちろん、生態リズムなど健康面でも大きな役割を果たし、上手く利用することでエネルギー消費の節減にもつながる。人間はこの自然光が足りなくなると明かりを灯し、光を補ってきた。照明のショールームでは一般的に、自然光をシャットアウトし、器具の明かりを強調することが多いが、この “人の暮らしにとって当たり前のような自然光との関わり”を、ショールーム全体で体感できる空間をつくりたいと考えた。そこで、透過率の高い霧のようなファブリックで、空間全体を四つの層に分割。窓側は自然光が最も強く、内側にいくにつれて自然光が届きにくくなり、照明器具による人工の明かりが強くなるよう段階的に自然光をコントロールした。こうすることで光の質の違いが空間ごとに生じ、四つの“あかりの層”ができる。また、光を吸収したファブリックは、明るく柔らかい表情をつくり出し、自然光の存在を視覚的に伝える効果も生じた。明かり本来のあり方から見つめ直したことで、コイズミ照明の “こだわり”や“想い”をショールーム全体で伝えるメッセージ性のある空間になると同時に、独自性を鮮明に伝える新しいスタイルのショールームに仕上がった。(松浦竜太郎/乃村工藝社)

  • 【KLOS コイズミ照明オペレーションスタジオ】
  • 所在地:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪タワーA 12階
  • 設計:株式会社 乃村工藝社 松浦竜太郎 日野寿一 菟原亜矢子
  • テキスタイル:安東陽子
  • オープン:2013年11月12日
  • 床面積:1279㎡
  • Photo:ナカサ&パートナーズ

A showroom of KOIZUMI Lighting Technology Corp was newly born. The showroom is specialized for LED lightings and located in 12th floor of Grand Front Osaka Tower in Umeda, Osaka prefecture. Three sides are windows through which natural light come in to the room and we planned to take advantage of its characteristics. In general, showrooms of lightings shut out natural light and emphasize light of lighting equipment. However, natural light are necessary for human beings and important in daily lives. It also affects our life rhythm and health and we can save energy by using it efficiently. People have covered shortage of natural light by lighting up lightings. We wanted to people to experience “the true relationship between daily lives and natural light” throughout the showroom. First we put fabrics with high transmission looking like fog in order to split the whole room in 4 layers by controlling natural light gradually. Window sides have the strongest natural light and it becomes progressively weaker with distance from the window and contrarily artificial light becomes stronger. It results in making 4 layers of light that have different quality of light in the space. The fabrics absorbing light can make soft and bright expressions and transmit an existence of natural light visually. We redefined the light itself and investigated “passion” and “obsessiveness” for the light of KOIZUMI company. The showroom tells characteristics of the company and its massage clearly.( Ryutaro Matsuura / NOMURA Co., Ltd.)

  • 【KLOS KOIZUMI Lighting Technology Corp operation studio】
  • Location:Grand Front Osaka Tower A 12F, 4-20 Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka, Japan
  • Designer:NOMURA Co., Ltd. Ryutaro Matsuura Toshikazu Hino Ayako ・Uhara
  • Textile:Yoko Ando
  • Open:November 12th, 2013
  • Floor area:1279㎡
  • Photo:Nacasa & Partners

・KLOS コイズミ照明オペレーションスタジオ http://www.koizumi-lt.co.jp/klos/

・乃村工藝社 http://www.nomurakougei.co.jp/

・ナカサ&パートナーズ http://www.nacasa.co.jp/

1 / 212