FEATURE

へんばや商店 伊勢市駅前店

h1

h2

h3

h4

「へんばや商店」は、安永四年(1775年)に創業し、三重県・伊勢参宮街道最後の宿場町の小俣で、今も変わらぬ名物・へんば餅を販売しています。本プロジェクトは、伊勢市駅前にオープンした新店舗。ブランディングカンパニーのTCDによるプロデュースのもと、従来の店舗にない役割を持つ同店の空間デザインを担当しました。
「へんばや商店 伊勢市駅前店」は、現在のお伊勢参りの起点である伊勢市駅から外宮への参道沿いに位置します。コンセプトは「古の旅人へのおもてなしを今に伝える」。観光客へのお土産販売や、創業以来の商いである(旅人を癒す餅を提供する)茶店を体験できる店として、更にお伊勢参りの歴史、餅街道の名所紹介等の情報を楽しめる空間としました。餅を販売する窓口はへんば餅をイメージした丸窓にし、ファサードのポイントとしています。歴史や名所の情報は、壁面2面すべてを使いグラフィカルに展示。海と日本列島、雲のイメージをレーザーカットした2枚の布と、解説のグラフィックをプリントしたガラスによりレイヤードで表現し、間接照明で浮かび上がらせました。テキストを読まずとも、伊勢神宮をイメージさせる静謐で美しいシーンを体感できることに留意しています。観光客や地域の人々に、名物・へんば餅と共に、伊勢の魅力を楽しんでいただける空間となりました。(東潤一郎/JA laboratory

 

へんばや商店 伊勢市駅前店
所在地:三重県伊勢市本町17-16
オープン:2017年10月8日
設計:JA laboratory 東潤一郎
プロデュース:TCD
床面積:29.8㎡
Photo:川合勝士

 

“Henbaya Shoten”, founded in 1775, has been selling an unchanged local specialty, Henba Mochi (rice cake), at Omata, the historic post-town in central Japan Mie Prefecture. This project is a new store opened in front of Ise city station. Based on the branding agency TCD’s direction, we were in charge of the spatial design of the store with a new role which has not been set in other existing stores.
“Henbaya Shoten Iseshiekimae store” is located along the approach from the Ise city station that is the starting point of the current Ise shrine pilgrimage. The design concept is “to tell the historic hospitality in ancient times to the present”. Visitors can experience how a race cake have been offered to pilgrims that is the company’s original business and also learn a history of pilgrimage and local sightseeing spots. The counter for selling rice cakes has a round window that is inspired by a shape of rice cake and becomes a feature of facade. Descriptions of history and sights are displayed graphically on throughout two walls. We realized it with layered glasses and laser cut textiles that have the sea, the Japanese archipelago, and cloud motif shapes and printed graphical captions emerging by an indirect lighting. I paid attention to create a tranquil and beautiful scene where visitors can experience an atmosphere of Ise shrine even without reading the descriptions. The store became a space where visitors and local people can enjoy the charm of Ise city together with the local specialty, Henba Mochi. (Junichiro Azuma / JA laboratory)

 

Henbaya Shoten Iseshiekimae store
Location: 17-16 Honmachi, Ise-shi, Mie
Open: Oct. 8th, 2017
Design: JA laboratory Junichiro Azuma
Direction: TCD
Floor area: 29.8 m²
Photo: Katsushi Kawai

 

HENBAYA(还马屋)商店1775年创立于三重县伊势参拜大道最后驿站的小俣,迄今在当地还销售名产品HENBA(还马)年糕。这次项目是开业于伊势市站前的新店铺,被品牌策略公司TCD策划。我们设计了其具有特殊作用的店。位于参拜伊势神宫的大道上,从起点伊势市站到外宫的中途。设计概念是“把古代的接待旅客的心意传到现在”。一方面是销售观光礼物,一方面是能体验传统茶摊,就是创业当时以来的生意——-给旅客提供年糕。再加上,在那里能享受参拜伊势神宫的历史,给游客介绍附近的名胜。销售年糕的窗口是以HENBA年糕为主题的圆窗,作为正面入口的关键。历史和名胜消息,两个全壁面上用平面设计展现。采用两条用激光剪开的布料、把讲解文印出来的玻璃,都两件套得表现大海、日本列岛、以及云彩,并用间接照明突出它们。我们注重尽管没看文字,还能体验伊势神宫具有既宁静又美丽的情景。我们实现了打造出观光客和当地人都感受到伊势市的魅力的空间。(东润一郎/JA laboratory

HENBAYA  伊势市站前店
地址:三重县伊势市本町17-16
开业:2017年10月8日
室内设计:JA laboratory 东润一郎
策划:TCD
实用面积:29.8平米
摄影:川合胜士