NEWS

DESIGN小石川のラストエキシビション「architect meets karimoku」展

7月19日(木)から29日(日)まで、東京・文京区の「DESIGN小石川」で、家具メーカー・カリモクと3組の建築家(芦沢啓治、トラフ建築設計事務所、ノーム アーキテクツ)によるエキシビション「architect meets karimoku(アーキテクト・ミーツ・カリモク)」が開催される。
2年間限定だったスペース「DESIGN小石川」の解体前、最後のエキシビションとなる。
「家具は空間のために設計されるべきではないか」という意識を持った建築家と、「家具をもっと建築(空間)と連動させて考え、その空間、そこで生活する方それぞれに向き合ったものづくりはできないだろうか?」と考える家具メーカーが、様々なプロジェクトに対して頭と心を突き合わせて開発に取り組んだプロセスやダイアローグが紹介される。
初日には、トークイベントやレセプションパーティーが予定されている。

 

「architect meets karimoku」展
会期:2018年7月19日(木)〜29日(日) オープニングトーク19日18:00〜19:30、レセプションパーティー同19:30〜21:30
時間:11:00〜19:00
会場:DESIGN小石川/東京都文京区小石川2-5-7 佐々木ビルB棟2Fimage5862535