FEATURE

八百万ダイニング/つえたて温泉ひぜんや

yy1

yy2

yy3

yy4

yy5

yy6

yy7

yy8

「つえたて温泉ひぜんや」のビュッフェダイニング「八百万ダイニング」。杖立温泉は九州の福岡県・熊本県・大分県の中央に位置し、「ひぜんや」は杖立温泉郷を代表する旅館として、熊本県阿蘇郡と大分県日田市の県境にまたがる珍しい立地のホテルです。
店内は、ホテルの最大の特徴である「熊本県と大分県の県境をまたがっている」ことを活かし、各エリアを熊本と大分の伝統工芸や伝統技術を使ってデザインしました。熊本であれば「肥後まり」や「来民うちわ」を使った照明、「い草」で編み込んだパーティション。大分であればエントランスアプローチの竹灯籠の他、竹細工や竹編み技術を使った照明やパーティションなど、それぞれが広い店内でコントラストを効かせながらリズミカルに配置されています。さらにビュッフェエリアと客席を間仕切る格子組造作には、福岡の八女提灯を500個以上吊ることで、にぎやかでライブ感のあるビュッフェエリアと、落ち着いて食事のできる客席エリアそれぞれに一体感を持たせながら区分けしています。
また、杖立温泉は杖立川を挟んだ街並みが特徴的で、毎年その川を横切るように吊られる何千匹もの鯉のぼりが川の上空を泳ぐ「鯉のぼり祭り」が有名です。ビュッフェエリアのボーダータイルのグラフィック壁面は、そんな無数の鯉のぼりが泳ぐ感動の光景をイメージしたもので、杖立温泉ならではのオリジナリティーを生み出しています。
有名な温泉街でなくとも地方の旅館やホテルには、必ずその地域ならではのオリジナリティーが存在します。国内旅行でもインバウンドでも、お客様がわざわざその場所や施設に訪れてくれる意味をつくっていくことが、今後の旅館やホテルに必要なデザインだと再認識するプロジェクトとなりました。(藤井文彦/fan Inc.

 

八百万ダイニング/つえたて温泉ひぜんや
所在地:熊本県阿蘇郡小国町下城4223
オープン:2018年4月21日
設計:fan Inc. 藤井文彦
床面積:881.2㎡
客席数:223席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is the buffet dining of ‘Tsuetate Hot Spring Hinzenya’, ‘Yaoyorozu Dining’. Tsuetate hot spring is located at the center of Fukuoka prefecture, Kumamoto prefecture, and Oita prefecture in Kyushu, and “Hizenya” is a hotel with unusual location spanning the prefectural border of Aso county in Kumamoto Prefecture and Hita City in Oita Prefecture as a representative hotel of Tsuetate hot spring city.
Lighting using Kumamoto’s “Higo ball” and “Kutami Japanese fan”, Partitioned with “Igusa”, entrance approach using Oita’s bamboo lantern, and lighting and partition using bamboo crafts and bamboo knitting technique, were rhythmically arranged. In addition, more than 500 Yame lanterns of Fukuoka were hung for the latticework structure which partitioned the buffet area and the audience seating.
Also, in the buffet area, graphic wall surface of border tiles, which imaged “carp streamers festival” in which thousands of carp streamers are hung on the river as the specialty of Tusetate hot spring, were installed.
Even though it is not a famous hot spring town, local Japanese inns and hotels always have originality unique to that area. I rediscover that making the reason for guests to visit the place and facilities is necessary for the design of future Japanese inns and hotels. (Fumihiko Fujii / fan Inc.)

 

Yaoyorozu Dining/ Tsuetate Hot Spring Hizenya
Address:4233, Shimojo, Ogunimachi, Aso-gun, Kumamoto
Open date:21, Apr, 2018
Design:fan Inc. Fumihiko Fujii
Floor area:881.2㎡
Capacity:223 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

“杖立温泉肥前屋观光酒店”内的自助餐厅“八百万餐厅”。杖立温泉位于九州的福冈县、熊本县和大分县的交界处,“肥前屋”是杖立温泉区酒店的代表,此酒店的所在位置横跨了熊本县阿苏郡和大分县的日田市,实属难得的地理位置。
这家餐厅,借由“熊本县和大分县这个跨县边境地区”的特质,在设计方面充分将熊本县和大分县的传统工艺和传统技术等运用在各个领域。我们使用熊本县的“肥后手球(higo temari)”和“来民団扇(kutami uchiwa)”来装饰照明,使用灯心草编织屏风。并选用了大分县的竹灯笼,装置于餐厅入口处。同时竹子的工艺品与竹子的编织技术被巧妙地运用在照明与隔间区画上。另外,在自助餐区和坐席区的木作隔间里,我们设置了超过500个的福冈县著名的八女灯笼。
此外,我们运用了杖立温泉“鲤鱼旗节”的特色,在自助餐区的墙面上拼贴了大量的彩色磁砖,象征在河川上数以千计的鲤鱼旗图像。
即使不是著名的温泉镇,地区性的旅馆和酒店总有些独特的区域魅力和独创性。无论是国人的国内旅游亦或是海外旅客到日本旅游,我们必须创造出一个能让旅客们千里迢迢来到各个场所及设施的意义,我确信,这将会是今后旅馆和酒店所需要的设计。(藤井文彥/fan Inc.

 

八百万餐厅/杖立温泉肥前屋观光酒店 Tsuetate Kanko Hotel Hizenya
地址:熊本県阿苏郡小国町下城4223
开业:2018年4月21日
室内设计:fan Inc. 藤井文彦
实用面积:881.2平米
席位数:223
摄影:Nacaca & Partners