FEATURE

WOODY PARTS Factory Office

w1

w2

w3

w4

w5

富山県高岡市にあるプレカット工場の2階部分に新設されたオフィス。レセプション、ラウンジ、ショールームを併せてリノベーションした。工場の独特な雰囲気を活かしながらオフィスとしての役割、機能を満たす空間を目指している。「人が共に歩んでいく森林」「人が生活するための木材」「人が豊かに過ごせる木空間」をコンセプトに、木の成長を理解し、木材と人が共に歩んでいくことをサポートする場を生み出している。レセプションは、社員や来客が奥行きのある空間を眺められるよう計画。それを象徴しているのがライブラリーのテーブルと照明、書棚だ。例えばリビングに食卓があり、その上に食卓を照らす灯りがあればそこには自然と団欒が生まれ会話が弾む。そういった体験をオフィスの一部で誘発させることで利用者の潜在的ニーズを引き出せるのではいかと考えた。幅20mほどの書棚は、動的な佇まいでその存在感を表している。歩き、眺めながら木に関するヒントを見つけられる書棚となっている。ショールームは、展示壁面が元工場空間を邪魔しないようメッシュ素材を採用し、奥行き感のあるBtoB、BtoC向けのプレゼンテーションスペースとなっている。明快なプレゼンテーションのために、説明的なショールームではなく手仕事や技術をビジュアル化し、一見アートギャラリーのような空間を計画した。時間が経つにつれ陳腐化しないよう情報のアップデートのしやすさも重視。従来の「住まい」に関する木材を使った「モノづくり」以外に、「住まう」ことに関連した「コトづくり」が生まれる空間を目指している。(越膳博明/乃村工藝社

 

「WOODY PARTS Factory Office」
所在地:富山県高岡市能町750
オープン:2017年7月30日
設計:乃村工藝社 越膳博明
床面積:526.12㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The office was newly established on the second floor of the precut factory in Takaoka city, Toyama prefecture. While making full use of the unique atmosphere of the factory, the space was aimed to fulfill the role and function as an office. The reception was planned to allow employees and visitors to view the space with depth. The library table, lighting and bookshelf were symbolizing that. The combination of table and lighting produced a place making social circle. The bookshelf about 20m wide showed its presence in a dynamic appearance. It enabled people to find the hints about trees while walking and watching. The showroom became the presentation space for BtoB and BtoC usage with depth using mesh material to avoid the display wall obstructing the former factory space. For a clear presentation, rather than an explanatory showroom, an art- gallery-like space was planned with visualizing handicrafts and technologies. We also regarded the ease of updating information as important factor to prevent the space becoming obsolete over time. Apart from “making things” using timber related to conventional “living”, I aimed for a space where “koto creation” related to “living” was born. (Hiroaki Echizen / NOMURA)

 

【WOODY PARTS Factory Office】
Address:750, Noumachi, Takaoka-shi, Toyama
Open date:30, Jul, 2017
Design:NOMURA Hiroaki Echizen
Floor area:526.12㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

位于富山县高冈市一个precut(预切)裁切工厂的二楼新设的办公室。在充分利用工厂独特气氛的同时,以打造办公室的角色及充满机能的空间为目标。在接待处,我们规划了让员工和访客能眺望深处的空间。选用了具有象征性的图书馆桌子、照明和书架。通过桌子和照明的组合,创造出一个让人们聚集畅谈的场所。约20米长的书架,展现出动感以及存在感,让人边走边看的同时,还可以找到有关树木的提示。在展厅方面,采用了网状材料,除了使展示墙不妨碍原有的工厂空间外,更打造出具有深度感且适合BtoB、BtoC的展示空间。为了更明白通畅的呈現展示,而非说明性的陈列室,我们将手工制品和技术可视化,规划出一个乍看之下像艺术画廊般的空间。还强调了更新信息的便利性,让展示不会随着时间的推移而老旧过时。除了使用一直以来与“住宅”相关的木材来“制造东西”之外,与“生活”相关的“创造多元化附加值”的空间是我们的目标。(越膳博明/乃村工藝社

 

【WOODY PARTS Factory Office】
地址:富山県高岡市能町750
开业:2017年7月30日
设计:乃村工藝社 越膳博明
实用面积:526.12平米
摄影:Nacasa & Partners