FEATURE

武蔵野美術大学 ゼロスペース

zz1

zz2

zz3

zz4

zz5

この「ゼロスペース」は、武蔵野美術大学の学生の休憩の場として誕生した。東西2面が35mのガラスウインドウ、東西南北4つの方角に出入口がある大きなガラス張りの空間である。休み時間には学生が往来する通路空間の性質を持つ。中央導線を塞ぐようにベンチを並べて空間構成した。ベンチを移動させればオープンスペースにもなるよう、多目的な用途に応えられるシンプルな構成としている。ベンチは石ころをモチーフにしていて、ある程度の可動性を想起させる。天井の中心に白い“ゼロ”型の板が浮かんでおり、その内と外に異なる場所性が生まれる。内側は石ころの留まる所であり、人の居場所であることを感じさせる、柔らかな空間となっている。
石ころの形は、自然の川の流れの中でつくられた丸みを再現している。休み時間に起こる大勢の人の移動は、速い川の流れのようでもあり、丸みを持った石ころの集まりは、流れをやわらかくコントロールする。そこにできた合間や集合体は性質の違う領域をつくり出す。石ころのかたちやサイズ、色や質感は人の居場所として認識されるよう適度な柔らかさを感じられる表現を選んだ。座る・寝る行為にも様々なスタイルがあり、目的に沿うこと、感覚的にも使用できることなど、学生が共存できる自由度の高い場を模索し、一つの解となった。使う体験を通して、想像や気づきがあれば何より嬉しい。
また、ゼロスペースは常に緻密な光のコントロールがされている。日中の光は窓から入る自然光を主としつつも制御され、日暮れと共にゼロの形状を活かした演出モードにゆっくりと切り変わる。空間を学ぶ学生に向けて光と空間の関わりを体験する場となるよう、ライティングデザイナー山下裕子氏と検討を重ねた。(五十嵐久枝/イガラシデザインスタジオ

 

武蔵野美術大学 ゼロスペース
所在地:東京都小平市小川町1-736 武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス9号館 1階
開設日:2018年6月7日
設計:イガラシデザインスタジオ 五十嵐久枝 稲垣竜也
照明計画:Y2 LIGHTING DESIGN 山下裕子
床面積:623.7㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“ZERO SPACE” was created as a relaxing space for students at Musashino Art University.
This space consists of glass windows with 35m in length from east to west and four entrances on each side.
During the break time, many students pass through this space as a flow path. The layout of bench seats is carefully planned to block the central flow that is a shortcut. The design motif of the bench is pebbles. White zero-shaped plate is floating at the center of ceiling, and it creates different characters of the place inside and outside the plate. The inside is an area where pebbles are gathered, and it indicates a sense of the place where one could belong.
The shape of pebbles reproduces the roundness created by the flow of a natural river. The expression of shape, size, color and textures of pebble benches suggests appropriate softness.
Everyone has their own styles of seating and sleeping, and having searched for an optimum solution, “ZERO SPACE” was created as a highly flexible space to suite each one’s purpose and let people use sensuously both alone and in a group. I would be pleased if user experience could stimulate one’s imagination and awareness.
Light in “ZERO SPACE” is controlled by carefully planned lightings at all time. During the daytime, natural light from window serves as a main light, and as the night is falling, making the most of the zero-shaped plate, the presentation mode of lightings starts and shifts slowly.
(Hisae Igarashi / IGARASHI DESIGN STUDIO

 

Musashino Art University Zero Space
Address: Musashino Art University Takanodai Campus Building 9 Ground Floor, 1-736 Ogawa-cho, Kodaira-shi, Tokyo
Open: June 7, 2018
Design: IGARASHI DESIGN STUDIO Hisae Igarashi Tatsuya Inagaki
Lighting plan: Y2 LIGHTING DESIGN Yuko Yamashita
Floor area: 623.7 m²
Photo: Nacasa & Partners

 

这个“ZERO SPACE(零空间)”是作为武藏野美术大学的休息处而诞生的。这个东南西北都设有出入口的巨型玻璃门打造的空间,也是休息时间学生们来来往往的通行之路。我们把长椅摆设在中心的位置像故意挡住通行路线一样,构成了空间的独特性。长椅以石块为主题。白色“ZERO(零)”字型的大板悬浮于天花板的中心,其内外各有不同的空间感,内侧停放着石块的地方,感觉是适合人们t停留休息的地方。
石块的形状,我们像再现大自然中受到河川洗礼而被磨去棱角的石形。大小、色彩、质感,为了让人们认为这里适合休息,选定了恰当的柔软度。坐下、躺下,各人有各人的使用方式,一直在研究学生们能共有并且自由度高的空间,这是我们得出的一个解答。我们希望他们通过使用体验展开想象有所发现。
另外,这个空间设有精密的光线控制系统。白天以透过窗户的自然光为主,随着太阳西下逐渐切换成灯光照明,在天花板上呈现出零字型的形状。(五十岚久枝/IGARASHI DESIGN STUDIO

 

武藏野美术大学 ZERO SPACE
地址:东京都小平市小川町1-736 武藏野美术大学 鹰之台校园9号楼1层
开设:2018年6月7日
室内设计:IGARASHI DESIGN STUDIO 五十岚久枝 稻垣龙也
照明规划:Y2 LIGHTING DESIGN 山下裕子
实用面积:623.7平米
摄影:Nacasa & Partners