FEATURE

セント・ベルナルデュス

「セント・ベルナルデュス」は、ベルギービールの歴史に今も名を刻み続けている醸造所の名前です。またそこで造られる同名のビールは、他に類を見ない奥深い味わいが特徴で、評論家やビール通たちを魅了し世界中から輸出を懇願されるほど。そんな有名な醸造所の名を冠したブラッスリーが世界で初めて、ここ「東京」にオープンしました。(なぜ初出店の場として東京が選ばれたかは、また別の機会に。)お店のコンセプトは、醸造所と共につくる酒場。醸造所の歴史性やベルギー文化を大切にしつつも、食事や飲み会などの日常的なイベントを気軽に楽しめる場所。そのため全体としては、ベルギーに昔からあり、少しずつ手を加えて造られた、歴史的背景が見えるようなお店をイメージしつつ、その多くの意図からなるデザインに生じたわずかなブレを整える、という手法でまとめていきました。まず、キッチンやビールサーバースペースはオープンとし、どの席からも見えるキッチンの上部には、天井の高さを活かしてロフトを造り、ビールケースや空き樽をディスプレイすることで、醸造所の豊富な在庫量と、雑多な賑わいを演出しています。また、イスやシャンデリア、壁面に飾られたラベルやポスターなどは、すべてベルギーで買いそろえたアンティークで、その存在感とベルギー文化の再現能力が、お店の雰囲気に彩りを添えています。このように、一方では良い意味で不揃いな賑わいを随所にちりばめ、もう一方では、床に施したパターンや、オープンキッチンにあしらった光の帯など、店内を貫くデザインが、店全体に統一感を与え、心地よい清潔感とアイデンティティを創出しています。ファサードの上部にある、連続する木プレートが描くアーチのデザインは、醸造所の倉庫に用いられているデザインを模したもので、ビールの作り手の皆さんに敬意を表すと共に、このお店の精神的な構造を創る役割も担ったものです。(井上愛之/ドイルコレクション)

  

  • ブラッスリー「セント・ベルナルデュス」
  • 所在地:東京都千代田区内神田3-6-2
  • オープン:2012728
  • 設計:ドイルコレクション 井上愛之 金井雄生
  • 床面積:95.04
  • 客席数:54
  • photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

St.Bernardus is a name of a brewery that is still making an imprint in the history of Belgium beer. Since the beer made in this brewery has unique deep taste, enchanting the hearts of critics and connoisseurs of beer, export of this beer is implored from all over the world.  A brasserie named after such a famous brewery is open here in “Tokyo” for the first time in the world. The concept of this brasserie is “a bar designed along with brewery.” It is a place one can casually enjoy everyday events, such as meal and drinking parties, cherishing the Belgium culture and history of brewery. Therefore, the brasserie, as a whole, is built in the image of old shop in Belgium, additional buildings made a little by little, showing a sense of historical background. It is built by the technique of fixing the slight blurs arose from designs consisting of various intentions. First, the kitchen and the space for beer server are open space. Taking advantage of the height of the ceiling, a loft is built in the upper part of the kitchen where it is visible from every seat. The display of beer crates and empty barrels produces miscellaneous prosperity with abundant inventories of brewery. Moreover, chairs, chandeliers, posters and labels decorated on the wall are all antiques bought in Belgium, and its presence and art of reproducing Belgium culture add beauty to the atmosphere of the brasserie. Thus, irregular prosperity is everywhere inlaid in a good sense, and on the other hand, the designs penetrating through the brasserie, such as patterns found on the floor and band of light treated in the open kitchen, gives a feeling of unification to the brasserie, and creates comfortable feeling of cleanliness and identity. The design of arch outlined by the continuous wooden plates in the upper part of facade is imitated from the design used in the warehouse of brewery, and it also plays the role in creating mental structure of this brasserie while expressing respects to ones who make the beer.(Aiji Inoue/DOYLE COLLECTION)

  • Brassrie【St.Bernardus】
  • Location: 3-6-2, Uchi-kanda, Chiyoda-ku, Tokyo, Japan
  • Open: 28, July, 2012
  • Designer: DOYLE COLLECTION Aiji Inoue, Yuki Kanai
  • Floor area: 95.04sqm
  • Capacity:54 seats
  • Photo: Nacasa&Partners