FEATURE

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

go1

003

go2

go4

go5

餃子を中心とした料理を提供する大手レストランチェーン「王将」が、今後の世界進出を視野に入れ「ジャパニーズカジュアル」をコンセプトとして、女性をメインターゲットに立ち上げた新ブランド「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」。王将の餃子が日本のソウルフード、“和食”として位置づけられていることを、ビジュアルの点からも国内外にアピールする空間となりました。従来の店舗とは違った女性やアッパーな顧客層を獲得するため、「和のエッセンスをプラスしたハイセンスなにぎわい空間」を目指しています。色彩の数は極力抑え、アイコンとなる和紋様のモチーフを用いたり、華奢なラインを強調することで女性らしさを表現。大テーブルやスタンディングスペースはお客様同士、 またはスタッフとお客様が出合うコミュニケーションスペースとなり、にぎわいを生み出します。(折原美紀/oriharamiki design office、文責BAMBOO MEDIA)

 

「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」
所在地:京都市中京区両替町通姉小路上ル龍池町430
オープン:2016年3月3日
設計:oriharamiki design office  折原美紀
床面積:約226㎡/テーブルスペース約202㎡ スタンディングスペース約24㎡
客席数:63席
Photo:石田 篤

 

“GYOZA OHSHO Karasuma Oike store” is the new brand of the major Gyoza and Chinese food restaurant chain “Ohsho”. Having the concept “Japanese casual” and looking at the world market, the store is mainly targeting female customers. Gyoza is originally from China but this food is recognized as a Japanese soul food nowadays. The store tells this story also from its design. The designer aimed for “vibrant and fine space with Japanese essence” in order to acquire female and upper-class customers that the existing stores rarely have. Using limited colors, adopting iconic traditional Japanese patterns, and emphasizing dainty lines, a feminine atmosphere is created. Big table and standing area become the space for meeting up for customer-to-customer and also customer-to-store staff and then create vibrant scene. (Miki Orihara)

 

【GYOZA OHSHO Karasuma Oike store】
Location:430, Tatsuike-cho, Aneyakoji-agaru, Ryogaemachi-dori, Nakagyo-ku, Kyoto
Open:Mar. 3rd, 2016
Designer:oriharamiki design office Miki Orihara
Floor area:226㎡/ table space 202㎡ and standing space 24㎡
Capacity:63 seats
Photo:Atsushi Ishida

 

餃子の王将
http://www.ohsho.co.jp/