FEATURE

萬亭 横浜ランドマーク店

man

tumblr_inline_mtclknHmK01qd6neb

tumblr_inline_mtcll6gt7a1qd6neb

tumblr_inline_mtcllj2hlY1qd6neb

 

ワインと牛串を提供するダイニングのデザイン。クライアントの希望として、施設のワイガヤ感から店内の落ち着き感へと導きたい、ワインという洋のイメージに和を折衷させたい等、相反するイメージがあったため、インテリアの要素にしっかりとしたコントラストを付け、店内のイメージを構築していくこととした。小規模店でありながらもメインダイニング、カウンター、個室等、プランニングでさまざまなシーンを創出し、風景の幅を持たせた。そこへさらに、素材やカラー、光等のさまざまなアプローチで緩やかなものから強めのものまで、それぞれのシーンに沿ったコントラストや、メインダイニングに設置された日本地図のレリーフ、カウンターの円弧形状、個室の框戸意匠等の印象的なモティーフにより特徴付けすることで、それぞれのシーンを強調させている。ファサードの入りやすいイメージから、店内の落ち着きある風景へのコントラストを感じ、さまざまなシーンへの誘導による演出は、提供される料理やサービスへの期待感を強め、いつ来ても新鮮な時間を過ごしてもらえることと期待している。(橋谷 昇)

 

  • 「萬亭 横浜ランドマーク店」
  • 所在地:神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1ランドマークプラザ ドッグヤードガーデン地下2階
  • オープン:2013年7月16日
  • 設計:848Design 橋谷 昇 中村晴菜
  • 床面積:67.5㎡
  • 客席数:35席
  • Photo:淺川 敏

 

The design is of a restaurant serving wine and spit roasted beef. The client wanted to lead guests to the calm and relaxing restaurant compared to cheerful surroundings in a building and to mix an image of Europe and Japan. These were contradicting images so we decided to construct a robust contrast in the interior. The restaurant is small but has a main dining space, counter and private rooms that can create several scenes and varieties of views according to plans. Each scene is emphasized by different approaches including materials, colors and lightings which create weak and strong contrast. The relief of a Japanese map placed in the main dining area, a circle shape counter and impressive frame works of doors of private rooms add specific characteristics to the each scene. We hope guests to feel the contrast between a casual image of the façade and the chic interior and have always fresh impression to the space created by several scenes. (Noboru Hashiya)

 

  • 【YOROZUTEI Yokohama Landmark】
  • Location: DOCKYARD GARDEN B2, Landmark Plaza, Minatomirai 2-2-1, Nishi-ku, Yokohama-shi, Kanagawa, Japan
  • Open: July 16th, 2013
  • Designer: 848Design  Noboru Hashiya, Haruna Nakamura
  • Floor area: 67.5㎡
  • Capacity:35 seats
  • Photo:Satoshi Asakawa