FEATURE

代官山焼肉 kintan

Share on Facebook

k1

k2

k3

k4

k5

k6

2013年に恵比寿で営業し始めた「焼肉kintan」の5店舗目がこの代官山店。kintanは、常にその地域に受け入れられる店舗を模索し、デザインやサービス内容を変化させてきた。代官山店は大人の顧客を想定し、キーカラーはBLACK × WHITEのモノトーンを選定。店内は自然の豊かさが感じられる代官山の街並みを意識し、木やコンクリートブロックといった自然素材にこだわった。また、アクセントにグリーンのアートを取り入れることで、モノトーンの中に温かみを感じさせるよう工夫。メインダイニングの壁には大きな牛のオブジェを大胆に配置し、広いホール全体を引き締め、強い印象を発している。今後も地域とターゲット層に支持され続けるkintanであることを大切にしながら、進化を促すことが重要だと考えている。(小川訓央/Red Unit)

 

代官山焼肉 kintan
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-21-8 レジディア恵比寿2
オープン:2015年9月11日
設計:Red Unit 小川訓央 延川聡志
床面積:235.8㎡
客席数:75席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Japanese yakiniku restaurant “kintan”, started in Ebisu in 2013, opened their 5th store in Daikanyama. kintan has always been trying to modify their store design and service to fit each location. We chose black and white for key colors, considering adult customers in this area. Natural materials such as wood or concrete blocks are chosen to make the store suit Daikanyama’s scenery. The green art works are made for adding a warm feeling in monochrome space as an accent. The big cowy object is placed on the wall of the main dining hall, giving off a strong impression to the large space. We think it is very important to keep kintan’s popularity and accelerate its evolution. (Norio Ogawa / Red Unit)

 

Daikanyama yakiniku kintan
Location:RESIDIA EBISU 2, 1-21-8, Ebisu-nishi, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 11th, 2015
Designer:Red Unit Norio Ogawa Satoshi Nobekawa
Floor area:235.8 ㎡
Capacity:75 seats
Photo:Nacasa&Partners