FEATURE

Cafe Habana TOKYO

c6c2 c3 c4c1
「Cafe Habana」は、Manhattan、Brooklyn、Barclay center、Malibu、Dubaiに店を構えていて、全て雰囲気が違います。それは無意識的なNewYorkerの持つ感覚であり、どの店も同じ内装ではなく、フランチャイズの感覚を一つ飛び越えたアイデンティティーを残しつつ、場所や町に密着したオリジナリティーがあるという事を、デザインと料理の両方における一番重要なコンセプトとして確立していきました。また、Cafe Habanaは、SOHOやLower East Sideが開発されていない時から続く老舗で、ローカリズムを大事にし、観光客だけではなく地域の人に愛され続けてきた、「ストリート」と「料理」を融合した店の先駆者です。これらを「Cafe Habana TOKYO」のインテリアに落とし込む時に、4つのキーワードを中心にデザインしました。
一つめは「地域の方が愛してもらえるようなダイナーの持つ暖かみ」。世界的な影響力のあるアーティストのイラスト(Sonic art)や、フードトラックとテイクアウトブースのデザインをつなぐイラスト(Elvis Rosa)をハンドペイントして、時と共に味が出るものにし、家具にはすべてハバナブルーのダイナーテーブルとチェアを取り入れました。また、バーバックの壁にはステンレスのダイアモンドカットのダイナーで使用される板を使いました。
二つめは「ラテンの陽気さ」。キューバ料理やラテンの空気を感じる、主張の強い3層の深みのあるオレンジのスタッコ塗装。Ayaka nishitani氏による南国の葉、ラテンの聖母マリアをオレンジの壁の上から描いてもらいました。
さらに「主張し過ぎないで出来る和のテイストを取り入れる」をキーワードに、自然素材を使用した暖かみがラテンと和の共通点であると考え、木を使った和天井のデザインと象徴的なCafe Habanaのグラフィックを取り入れ、オリジナルの天井をつくりました。また壁のブラケットも和紙の上からグラフィックを載せるなど、バランスを取りながら溶け込ませる事を意識しています。
四つめは「Sinatra’s booth」。NYの各店には一番奥にある半個室のブースにFrank Sinatraや影響力のあるスターがいつも座る場所があります。TOKYO店では、アンティークミラーを設ける事で部屋を大きく感じてもらいながら、外からはあまり見えない仕掛けとしました。
このプロジェクトに携わった人々のCafe Habanaブランドや地域対しての情熱を感じながら、長くこのお店が愛されることを願い、Brooklyn店の外壁にある言葉を引用した「Spread love its a TOKYO way」など、東京とNYをつなげるメッセージを所々に設けているので、ぜひ楽しんでもらえればと思います。(井上拓馬/everedge、文責BAMBOO)

 

Cafe Habana TOKYO
住所:東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1階
オープン:2016年5月28日
設計:everedge 井上拓馬
床面積:133㎡(うち厨房33㎡)
客席数:50席
Photo:SUZU from fresco

 

 

“Cafe Habana” stores are in Manhattan, Brooklyn, Barclay center, Malibu, and Dubai. Every store has different atmosphere and design. This style is an unconscious sense of New Yorker and an identity of the brand beyond its franchise formula. Cafe Habana, that values localism, is a pioneer which has successfully made a good blending of “street” and “cuisine” that has been loved not only by tourists but also local people. Each store was in a different location so they gave first priority to creating a community-based originality. In this Tokyo store we chose 4 keywords for its design, learning from the brands strategy.
1. “Warmth of diner that is loved by locals” Hand-painted illustrations and table & chair in Habana blue express it.
2. “Cheeriness of Latin cultures” Ayaka Nishitani’s art work, tropical tree leaves and Latin Saint Mary, on 3 layers of stucco in orange.
3. “Restrained Japanese taste” Japanese wooden ceiling with symbolic graphic of Cafe Habana. Graphic on Japanese paper-made lighting bracket.
4. “Frank Sinatra’s booth” The stores in New York have special seats for influential stars like Frank Sinatra. Tokyo store also has this space. The room is small but an antique mirror makes it look bigger.
We hope the Tokyo store will be loved by people for a long time. To connect Tokyo and New York, we wrote some messages such as quote from the Brooklyn store “Spread love its a Tokyo way”. (Takuma Inoue / everedge)

 

Cafe Habana TOKYO
Location:Hikawa Bld. 2F, 2-11, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 28th, 2016
Designer:everedge Takuma Inoue
Floor area:133 ㎡ (including kitchen space/33㎡)
Capacity:50 seats
Photo:SUZU from fresco