FEATURE

ニクノトリコ

ニクノトリコ01

ニクノトリコ02

ニクノトリコ03

ニクノトリコ04

ニクノトリコ05

BBQは特別な仲間と自然の中で食べるからより美味しく、楽しく感じ、記憶に残るものだ。考えてみると、BBQの楽しさや気持ち良さは、狩猟をして、焼いて食べるという人間の原初的な行為とリンクし、その懐かしさや人間らしさからも来るのかもしれない。そんなことに想いを馳せながら、木々に囲まれて、河原で、時には雨風をしのぐ洞窟で、より人間的な本能や感覚で気持ちの良い空間をイメージした。
1階の洞窟は触れてみたくなるくらいリアルに。ヘリンボーン張りのガラスは、透明なものに方向性を与えることで流水をイメージした。煙というすぐに消えて無くなってしまうものすら、テーブルに封入。テーブルの下に敷かれたガラスの砂利は、河原にいるような足触りを、さらにはそもそも川に足を入れるかどうかといった心情的な感覚までをも、自然を想起させるデザインとして表現している。
2階は自然の中にいるかのような壁面緑化と木々に見立てたスチールパイプ。床やテーブルは等高線を意識したOSBパネルの積層。スチールパイプには枝に見立てたフックがあり、そこに上着やバッグが花や実のような彩りを与えるとともに、隣の席とのプライバシーをコントロールする。
どうしても視覚的な情報だけに頼りがちなデザインだが、そこに触覚や心の動きが相まることで、より記憶に刻まれる。そして、そんなお店には大事な人を連れて行きたくなるに違いない。そうすればまた美味しく楽しい記憶としてインプットされるだろう。結果、多くの人が『ニクノトリコ』の虜になっていくと信じている。(家所亮二

 
「ニクノトリコ」
所在地:東京都港区六本木4-5-11 ランド六本木ビル1・2階
オープン:2016年12月5日
デザイン:家所亮二建築設計事務所
床面積:1階/65.84㎡、2階/64.50㎡
客席数:1階/20席、2階/22席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

BBQ is a unique food style that can be enjoyed better in nature with friends. We thought it may come from human nature; human beings used to do hunting and grilling meat outside. When we planned interior design of this restaurant, we imagined ancient times and tried to create a comfortable space where customers can have primitive feelings surrounded by trees & creeks and sometimes in caves.
On the first floor, we made a super real cave tempting people to touch it. Herringbone grass floors depict running water. Even smoke, a thing that easily disappears, is enclosed within a grass table. Grass gravel are placed under the table that create an atmosphere of riverside. Guests may wonder whether they should put their feet into the water or not as if they were in real nature.
The second floor has green walls and steel pipes that resemble forests. Floors and tables are made of oriented strand boards inspired by contour lines. Steel pipes have hooks for jackets or bags and those objects can be looked as flowers or fruits controlling privacies against next tables.
Interior design is likely to focus on visual information but if you add tactile and emotional devices, customers get stronger impressions and keep the experiences in their memories. We believe that people who had good experiences in a certain store would try to invite others to the same store and then update their joyful memories. We hope, as a result, many people will become enthusiastic fans of this store “NIKUNOTORIKO”, in Japanese it means “under a spell of meat”.  (Ryoji Iedokoro)

 

【NIKUNOTORIKO】
Location:Land Roppongi bld. 1&2F, 4-5-11, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Dec. 5th, 2016
Design:Ryoji IEDOKORO ARCHITECTURE OFFICE
Floor area:1F/65.84㎡ & 2F/64.50㎡
Capacity:1F/20 seats & 2F/22 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

 

和好友在大自然里一起吃烧烤,感觉会更美味、有趣和令人留下深刻的回忆。我想,烧烤的乐趣和愉悦,可能与人类原始的狩猎、烧烤和饮食行为有关,也许源自于那种往日情怀和人的本性。沿着这个发想, 我预设了各种场景,例如被树木包围、在河川边、在偶尔会被风雨袭击的洞穴,刻划一个更接近人类本能和感觉的舒适空间。
一楼的洞穴真实得让人忍不住想要触碰。以人字型排列的玻璃,通过透明材质及一致的方向性来表现流水般的印象。即使是会消失的无影无踪的烟雾也被封存在长桌中。长桌的下方铺设了玻璃砂粒,仿佛置身于河川边,泛起一阵是不是该把脚伸入河川里踩踏的心情。我们以能够联想起大自然的元素来表现设计。二楼壁面的绿化和代表树木的铁管,让人仿佛置身于大自然中。地板和桌子则用等高线的概念,以OSB板(定向纤维板)组成。铁管上的挂勾既是树枝能让客人挂外套、包子,就像树木的花朵或果实般增添色彩的同时,也能隔离与邻桌客人之间的隐私。
虽然设计是往往倾向于视觉效果的,但加上触觉和心灵的悸动就能够刻画记忆。
然后,这样的店肯定会让人们想要带着重要的人前往。这样一来,美味、愉悦的记忆,就会深植在脑海中了吧。因此,我相信会有更多的人被“nikunotoriko”的魅力所虏获。(家所亮二

 

烧烤餐厅nikunotoriko
地址:东京都港区六本木4-5-11 land六本木大厦1・2F
开业:2016年12月5日
室内设计:Ryoji IEDOKORO ARCHITECTURE OFFICE
实用面积:1F:65.84平米,2F:64.50平米
席位数:1F:20,2F:22
摄影:Nacasa & Partners