FEATURE

manica camicia

Share on Facebook

m1

m2

m3

m4

m5
店名の「manica camicia(マニカ カミーチャ)」とは、ジャケット製作の技法で、容姿にこだわりを持つイタリア人による、肩回りが窮屈にならず着心地を良くする技法である。この店もまた本格的なイタリアンレストランでありながら、「ゆったりとした気持ちで食事を堪能できる」というオーナーシェフの思いが店名になっており、日本全国の旬な食材を生かした料理を提供する。
名古屋のオフィス街の裏通りを歩くと、突如、和風の情緒ある門が現れる。この門は庭の中で使われる中門を正門として使用したもので、ひっそりと茶室へ入っていくような、まさに隠れ家の佇まい。庭では大きな紅葉が客を出迎え、四季を感じさせる。店内は和素材で構成した空間に北欧の家具や照明が共存し、伝統的な和の風格を持ちながら温かみのある心地良い空間となっている。一枚板のナラ材のカウンター上部には、垂れ壁に無数の竹の輪切りが施され、反対側のワインセラーに映り込む。各所に配置されたシェフの趣味である盆栽も見どころの一つだ。(神田健太郎/DESIGN OFFICE KENTARO)

 

「manica camicia」
所在地:愛知県名古屋市東区東桜1-3-22 ヴィア―レアルベルゴ 1階
オープン:2016年12月8日
設計:DESIGN OFFICE KENTRAO 神田健太郎
施工:SPW TAHARA
床面積:88.94㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The store’s name “manica camicia” means a special technique of jacket tailoring in Italian that enables your shoulders to move more comfortably. The name was decided by chef/owner of the restaurant who wanted his store to be a place where “customers can enjoy Italian cuisine in a relaxing atmosphere”.
In the backstreet of an office area in Nagoya, Japanese style romantic gate suddenly appears. This kind of gate is widely used as an inner gate in a garden. By using it as a main entrance, we created a hideaway air as if customers were stepping into a hidden teahouse. A huge maple tree welcomes guests in the garden, showing different faces in each season. The store interior consists of several Japanese materials. Nordic furniture and lightings coexist with them and create a classy yet heartwarming and comfortable feeling in the space. A large number of sliced bamboo objects are set above a counter table made of oak, reflected in a wine cellar. Bonsai(miniature potted plant), that is a chef’s hobby, placed in the store also pleases the eye. (Kentaro Kanda / DESIGN OFFICE KENTARO)

 

【manica camicia】
Location:Viare ARBERGO 1F, 1-3-22, Higashisakura, Higashi-ku, Nagoya-shi, Aichi
Open:Dec. 8th, 2016
Designer:DESIGN OFFICE KENTRAO Kentaro Kanda
Construction:SPW TAHARA
Floor area:88.94㎡
Photo:Nacasa & Partners