FEATURE

江戸前 鮨 服部

服部04

服部02

服部07

服部01

「江戸前鮨服部」は、「日本の食文化である鮨を世界に伝えるおもてなしの店」をコンセプトとし、内装は天然素材にこだわって江戸の“粋”や、日本の“わび・さび”を表現。東京・六本木から、世界に誇れる寿司文化を、日本建築の伝統美と共に世界に伝えるための旗艦店としてデザインしました。店舗の顔となる8mの一枚板でつくられた無垢材カウンターは、木曽の営林署から切り出された樹齢約500年のヒノキの官材を使用しています。カウンター上の光天井は七宝、かさね竜胆(りんどう)、龍目(かごめ)など日本の伝統文様による組み木で構成。個室のテーブルには、福島県産のヒノキとケヤキの一枚板を使用し、漆塗りを施した和紙、金箔貼りの壁により雅な空間を演出しました。また、建具を開放して使用することで、個室からも寿司職人の技を楽しめるように計画しています。この空間を訪れるお客様が、五感で日本の寿司文化を感じられるような店舗に仕上がりました。(須藤雅志/インヴィ

 

江戸前服部
所在地:東京都港区六本木7丁目4-12 ジャスミン六本木ビル1階
開店:2016年8月17日
設計者:インヴィ 須藤雅志 山田大介
床面積:93㎡(うち厨房21㎡)
客席数:28席
Photo:志摩大輔

 

The concept of “Edomae Sushi Hattori” is “the restaurant that shows Japanese food culture to the world with the mind of Omotenashi (hospitality in Japanse)”. The interior design expresses “Iki (smartness)”of Edo(Tokyo’s old name) and “WabiSabi (traditional Japanese beauty)”by using exquisite natural materials. The store was designed as a flagship store to transmit sushi culture and Japanese architectural beauty from Roppongi, Tokyo. We created an 8 meter counter table from 500-year-old solid Japanese cypress. The ceiling above the counter is made with traditional lattice works. The store has a gracious private room where a table is made of Japanese cypress & zelkova and walls are covered with lacquered Japanese paper and gold foil. When guests open the door of the room, they can watch and enjoy sushi chef’s techniques. We created the space where visitors can feel Japanese sushi culture through five senses. (Masashi Sudo / INVI)

 

Edomae Sushi Hattori
Location:Jasmine Roppongi bld. 1F, 7-4-12, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Aug. 17th, 2016
Design:INVI inc. Masashi Sudo Daisuke Yamada
Floor area:93㎡ (including 21㎡ kitchen area)
Capacity:28 seats
Photo:Daisuke Shima