FEATURE

茶禅華

z2
z3
z4 z5 z6

z1広尾の閑静な住宅街に佇む中華レストラン「茶禅華」は、元大使館員の住まいであった民家を改装し、わずか12席と個室2部屋のみで構成された、ラグジュアリーかつ落ち着いたダイニングだ。コンセプトは「和魂漢才」。これは平安時代中期に生まれた日本の思想上の言葉である。中国料理と日本料理の第一線で研鑽を積んだ料理長が、中国料理の大胆な「旨さ」、そして日本料理の滋味深い「美味しさ」の双方を引き出せるような新しい中国料理を、日本の食材、風土嗜好に合わせて提供する。
空間デザインを手掛ける立場として、この「和魂漢才」をどう表現すべきかというのが当初の課題であった。竹林に囲まれた外観を抜け、エントランスまで進むと、店名の由来でもある中国茶器のディスプレイと柔らかい光がゲストを出迎え、ダイニングエリアへと続く。店内は風合いのある漆喰、温かみのあるウォールナットの木、モルタルの壁など、極めてミニマムで質の高い素材を選定した。そこに照明計画による光と影、また、さり気ないディテールが加わることで、それらがより洗練された空間が生まれる。ティーカウンターとディスプレイの壁面には、この店を表現する風景となるように、中国の思想に基づいたフォルムを用いた。
我々が出した結論は、思想は空間だけで完結するのではなく、明確に形にすべきものでもないということ。空間がつくられた段階では未完成であり、そこに洗練された料理が並び、ハイエンドなおもてなしが一体となることで、ようやく見えてくるものなのかもしれないということだ。是非この店で「和魂漢才」の素晴らしさに魅了されてほしい。
(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW

 

茶禅華(さぜんか)
所在地:東京都港区南麻布4-7-5
オープン:2017年2月10日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 末木なな子
床面積:180㎡
客席数:24席
Photo:長谷川健太

 

Chinese restaurant “sazenka” is a renovated fine dining restaurant which used to be an attache’s house. The concept is “mixture of Japanese spirit and Chinese talent”. The executive chef who studied at the forefront of Chinese and Japanese culinary fields provides a new Chinese cuisine that brings out both the flamboyant “taste” of Chinese cuisine and the deep “daintiness” of Japanese cuisine customized for Japanese climate, using Japanese food.
Our first challenge was how to express the concept “mixture of Japanese spirit and Chinese talent” as a spatial designer. The conclusion we reached is that the store’s philosophy is not complete in space only and should not be clearly formed. It is finally realized and becomes visible after sophisticated cuisine is set in space and high-end hospitality are integrated.
When guests pass through bamboo groves of the exterior, they are welcomed by the display of Chinese teaware which is also the origin of the store name and subdued light. We chose high quality and minimum materials such as plaster, walnut trees and mortar walls for the interior. By adding light & shadow based on the lighting plan and restrained details, more sophisticated space is produced. We also applied specila forms based on Chinese philosophy to the walls of tea counter and display. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

sazenka
Location:4-7-5, Minamiazabu, Minato-ku, Tokyo
Open:Feb. 10th, 2017
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto Nanako Sueki
Floor area:180㎡
Capacity:24 seats
Photo:Kenta Hasegawa

 

中国餐厅“茶禅华”坐落在广尾的幽静私人住宅区里,由原本大使馆人员的住房改造而成,餐厅内仅有12个座席和两个包间,是间既奢华又稳重的餐厅。餐厅的理念是“和魂汉才”,这是在平安时代中期日本在思想文化层面上所衍生出来的一个词汇。站在第一线钻研中华料理和日本料理的厨师长,潜心汲取中华料理大胆奔放的美味与日本料理绵长深邃的滋味,并将日本的食材与传统风俗相结合,提供创新的中华料理。
站在空间设计的立场,如何表达这种“和魂汉才”是最初的课题。穿越店外的一片竹林进到店内,首先能看见同时也是店名由来的中国茶具陈设于此,与柔和的灯光一起迎接每一位贵宾,气氛则一直延续至用餐区。店内装饰采用极具触感的灰泥粉刷、温暖的胡桃木、水泥砂浆壁面等高级的材质,通过照明计划呈现出光线和阴影,加上不经意的细节,创造出更精致的空间。以中国的思想文化为根基,运用茶水柜以及茶具陈设墙做成店内景观,表达出这个店的理念。
我们得出的结论是,所谓的文化思想,并非在空间设计里就能完整呈现,也不应该被附予明确清晰的形式。单在创造空间的阶段里还尚未完整,必需搭配上精致的料理,和一流的待客之道,方可体现出文化思想所代表的意义。衷心期盼您也能来感受一下这家店“和魂汉才”的魅力。 (藤本泰士/ DESIGN STUDIO CROW)

 

茶禅华
地址:东京都港区南麻布4-7-5
开业:2017年2月10日
室内设计: DESIGN STUDIO CROW  藤本泰士、末木菜菜子
实用面积:180平米
席位数:24
摄影:長谷川健太