FEATURE

JOTARO SAITO GINZA SIX店

s1 s2 s3

s4

s5

s7s6
「伝統こそ最新」をテーマにモノづくりに挑戦し続ける、キモノデザイナー・斉藤上太郎氏。その世界観を、同氏が手掛けるプロダクトとのコラボレーションで生まれた織物の色彩を用い、その移ろいによって表現しました。エントランスは、「鎧×スチームパンク」をテーマに、コッパーサテンやクロム鋲、木と鉄と真鍮の象嵌を展開しています。売り場の壁面着物陳列棚は、白いセメント木毛板の乱貼りとし、システム什器を採用。1本アームの角度可変棚は、裏面のコッパー仕上げが影に温かみを溜め込みます。試着室は、21枚の襖で、大奥・御鈴廊下のように可変性を持たせました。島什器は、ミュージアムのイメージをベースとし、コッパーサテンのフレームに、グレーのセラミックスラブの収納を合わせ、繊細さと重厚さを表現しています。カフェは、H鋼の柱でS字を描き、売り場とを緩く隔てて空気感を影響し合わせ、商品を「見るだけ」から「お茶&スイーツ休憩」、そして「購入」という楽しみを店内で連続させ、完結させることを意図しました。カウンター席は紫のグラデーションの染色で色っぽく、テーブル席は銀座の空をモチーフにした織物を背景とし、蹴鞠をイメージした格子がレイヤーとなって、朝夕の逆光感を演出します。これらのデザインにより、お客様の着物姿が陰翳の中で美しさを増す空間になっています。(樋口泰輔/ベルリーナ

 

JOTARO SAITO GINZA SIX店
所在地:東京都中央区銀座6-10-1 ギンザシックス4階
オープン:2017年4月20日
設計:ベルリーナ 樋口泰輔 羽吉久美子 入山きらら
床面積:247㎡
撮影:ナカサ&パートナーズ

 

Jotaro Saito is a Kimono, Japanese traditional clothing, designer who continues to challenge creations based on his theme “Tradition is the latest”. I expressed his view of the world by the change of fabric’s colors which was born in collaboration with his products. Entrance is decorated with copper satin, chrome rivets, and damascening of wood, iron, and brass based on the theme of “armor x steam punk”. Wall Kimono display shelves used as store fixture have randomly affixed white wooden fibre cement boards on the surface. The angle changeable one arm shelf has the copper finish on the back which gives warmth in the shadow. The fitting room was made of 21 sliding doors, making it variable like the Edo period style. The independent fixture is based on the image of the museum and combines the storage of the gray ceramic slab with the frame of the copper satin to express the delicacy and the heaviness. The cafe draws an S character with H steel pillar, which separates the space loosely from the selling zone, and complete the continuous experience from “just watching” through “tea & sweets break” to “purchase”. The counter seat is made sexy with the purple gradation dyeing and the table seat has Ginza’s sky as its background. The layers of lattice works create the backlighting in the morning and the evening. Those design works and effects increase the beauty of Kimono. (Taisuke Higuchi / Berlina)

 

SAITO JOTARO
Location:GINZA SIX 4F, 6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 20th, 2017
Designer:Berlina Taisuke Higuchi Kumiko Hayoshi Kirara Iriyama
Floor area:247㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

齐藤上太郎是个和服设计家,以“传统才是最新”为主题坚持做衣服。我们这次设计他的新店之际为了表现他的新价值观就用了织物的色彩变化,那些织物是跟他们协作的。店铺门口“铠甲和科幻“为主题,铜色缎子、铬色铆钉以外客人也会看到木材、铁材、黄酮来做的镶嵌。墙面陈列架是把白水泥木丝板随意贴附的,并采用了配套式用具。可变角度架子只有一个扶手,背面的铜色加工给影子温暖的气息。在试穿间摆设了21把隔扇,就有灵活性像江户时代城堡内的走廊一样。独立架子以美术馆的形象为灵感,铜色缎子做的格子和灰色制陶的收存库搭配了,表现细腻且稳重。店内附设咖啡厅,用H型钢材来描绘S的字母,和气地隔开咖啡厅区和购买区。在店里客人不仅看商品,也会休息、买东西,都在同一空间享受。紫色浓淡的柜台带着妖媚的气质,餐桌背后有着银座天空为主题的织物和日本传统踢球游戏为主题的棂,它们体现早晨和傍晚的逆光。为了让客人及和服打扮得更美丽,我们演出了阴影空间。(桶口泰辅 Berlina

 

JOTARO SAITO GINZA SIX店
地址:东京都中央区银座6-10-1 GINZA SIX 4F
开业:2017年4月20日
室内设计:Berlina 桶口泰辅 羽吉久美子 入山きらら
实用面积:247平米
摄影:Nacasa & Partners