FEATURE

豆皿茶屋

m1

m2

m3

m4

m5石川県金沢市には日本を代表する伝統的な城「金沢城」があり、毎日多くの観光客で賑わいます。その金沢城を中心とした広大な敷地は金沢城公園と呼ばれています。金沢城公園を訪れる人々のくつろぎの場として、鶴の丸休憩館が完成し、その中に「豆皿茶屋」がオープンしました。この茶屋では、城内の名所である橋爪門と五十間長屋を一望でき、石川県の名産品を豆皿に少しずつ盛付けた品を楽しむことができます。そこで、美しい景観に馴染むように、過度なデザインを避けた、くつろげる空間を計画しました。縁台のような「庭見の席」、車椅子対応もできるテーブル席、お年寄りや海外の方にも喜ばれる小上がり席の3つのエリアは、自然素材の竹で区分けしています。また、「高見の席」は一段高くつくり、見通しがきく席としました。
日本を訪れる観光客は年々増えており、特に城はアジアの方々に人気のスポットになっています。「豆皿茶屋」が日本の伝統文化と共に、美しい景色と建物の融合を楽しめる場となるようデザインしています。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

「豆皿茶屋」
所在地:石川県金沢市丸の内1
オープン:2017年4月23日
建築設計:五井建築研究所
内装設計:CONSCIOUS 江原まゆみ
店舗面積:約91㎡
客席数:43席
Photo:高山幸三

 

There is a traditional Japanese castle called “Kanazawa Jo”, crowded with many tourists every day, in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture, Japan. The vast site with Kanazawa Jo in its center is called Kanazawa Jo Park. As a place to relax for the people who visit Kanazawa Jo Park, “Tsurunomaru rest house” is completed, and “Mamezara cyaya” (Small dish teahouse) opened in it. In this teahouse, guests can overlook the Hashizume-mon and Gojikken-nagaya, that are the attractions of the castle, enjoying Ishikawa prefecture’s famous foods on the small dishes. We planned a relaxing space avoiding excessive design in order to create a good match with the beautiful scenery. Three seating areas are divided with natural bamboo materials; garden viewing bench seats, table seats which is also suitable for wheelchairs, and raised-floor seats which elderly people and overseas guests prefer.
Tourists who visit Japan are increasing year by year, and a castle is a especially popular spot for Asian visitors. “Mamezara cyaya” is designed to be a place to enjoy the beautiful scenery and fusion of buildings, along with traditional Japanese culture. (Mayumi Ehara / CONSCIOUS)

 

【Mamezara cyaya】
Location:1, Marunouchi, Kanazawa-shi, Ishikawa
Open:Apr. 23rd, 2017
Architect:GOI Architecture & Associates
Designer:CONSCIOUS  Mayumi Ehara
Floor area:91㎡
Capacity:43 seats
Photo:kozo Takayama

 

日本西部石川县金泽市拥有一栋日本传统建筑的代表城池——-金泽城,那里每天游客络绎不绝。以金泽城位中心,周围辽阔的土地被称为金泽城公园。最近那里刚建成一家名为“鹤之丸休憩馆”的休憩地,里面开设了“豆皿茶屋“。在这家茶屋,游客们既能一眼望到园里的名胜桥爪们和五十间大院的景观,也能享用到用”豆皿“(碟子)盛载的当地名产品。这次的设计着眼于不打扰眼前美丽的景色,避免流露出过度设计的痕迹,打造放松的空间。用天然材料的竹子来划分三个区域:像长板凳似的庭园席位;连轮椅也能推入的餐桌席位;对老人及外国人来说独具魅力的榻榻米席位。另外,我们把高位又拔高了一点,以便能有更开阔的视野。
近年访日游客一年年地增加,日本传统城池特别受亚洲游客青眯。为了让游客们感受到日本传统文化的同时,也能欣赏到景观和建筑的水乳交融,我们特意设计了这家豆皿茶屋。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

【豆皿茶屋】
地址:石川县金泽市丸之内1
开业:2017年4月23日
建筑设计:五井建筑研究所
室内设计:CONSCIOUS 江原まゆみ
实用面积:大约91平米
座位数:43
摄影:高山幸三