FEATURE

ひとしずく

h00
h003
h03
h04目黒区池尻大橋に建つ巨大なジャンクションの近く、マンションに囲まれた静かな敷地にある日本料理店。自ら調理場で腕を振るう30代の主人が我々に求めたのは、年配のお客様に日常的に使っていただけるような、静かで居心地の良いお店でした。ビルの1階に位置する店舗区画の面積は約10坪。天井高は低く、空間として有効な躯体床から大梁下までの空間は2220㎜。そこから厨房の配管スペースとして350㎜を床上げすると、残りは僅か1870㎜しか残らず、平面・立面共に狭い空間でした。そこに9席のカウンターと4席のテーブルを2つ、合計17席を配置しています。
この狭い空間を欠点と捉えず、人と人、人と物の距離が近いことを魅力と感じられるような場所を目指して設計を進めました。厨房とカウンター席の天井は端部側面の鋭角な処理、および下面と側面の色の塗り分けによって、紙一枚が浮いているような表現とし、圧迫感を軽減させています。テーブル席の天井は壁へ向かって弓なりに連続することでこの区画を柔らかく包み込み、雪でつくられた「かまくら」のような親密な場所を創出しています。また、人と物との関係を優しくし、距離感を曖昧にするために平面上に現れる多くの角は丸めています。仕上げ材は質感が自然な風合いを持つものから選定することで、身体感覚に近い雰囲気を醸成。器や盛り付けにもこだった色どり鮮やかで繊細な料理を引き立つように、主素材を左官、磁器タイル、木の3種に絞り、それらの色味を調和させ、仕上げ材が主張することを抑えています。その他、屋外からも玄関扉のガラス窓越しに覗き見ることができる、カウンターの曲がり角に、叩き出して仕上げられた光沢のある金属支柱を設け、金属を削り出した鉤(かぎ)を取り付けました。鉤に掛けられた一輪挿しには毎日植物が生け変えられ、空間に季節感や艶めかしい生命感を与えています。この設えは茶室の床柱と花釘、そこに掛けられた一輪挿しの生け花を連想させ、空間全体に日本的な雰囲気を創り出しています。開店後に訪れた際、主人が鮮やかな所作で厨房内を立ち回る様子をカウンター越しに眺めていると、能舞台を鑑賞しているような気分になったことを覚えています。(小川裕之/小川都市建築設計事務所

 

「ひとしずく」
所在地:東京都目黒区大橋1-1-8 エバーヒルズ池尻大橋1階
オープン:2017年7月6日
設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳
床面積:34㎡
客席数:17席
Photo:大瀧 格

 

The floor area of the store is about 34㎡. Both floor area and ceiling height are small, but we placed 9 counter seats and 2 set of 4 table seats here. We aimed to create the space where guests can enjoy the close relationships between people and people or objects, decreasing the disadvantage of the smallness. The ceiling of kitchen and counter is processed with sharp edges and bottom and side colors are painted separately and differently so that it looks like a piece of paper floating in the space, freeing the feeling of oppression. The ceiling of the table seat is formed like “Kamakura”, Japanese style snow igloo. In order to make the relationship between people and objects gentler and create ambiguity of distance, many corners appearing in the space are rounded.
Finishing materials are selected based on the feeling of natural texture to create an atmosphere close to the physical sensation. I narrowed down the main materials to three kinds; plaster, porcelain tile, and tree so that the cuisine stands out. We harmonized their colors and suppressed the excessive claiming of finishing materials. In addition, at the corner of the counter, a hammer-finishing shiny metal pillar was set up with a hook where a single‐flower vase attached. Flowers in the vase are changed daily, giving a sense of season and glossy life to the space. This arrangement is reminiscent of pillar, vase, and flower in a Japanese tea room, creating a Japanese atmosphere across the space. (Hiroyuki Ogawa / Hiroyuki Ogawa Architects Inc.)

 

【HITOSHIZUKU】
Location: Ever-hills Ikejiriohashi 1F, 1-1-8, Ohashi, Meguro-ku, Tokyo
Open: July 6th, 2017
Designer: Hiroyuki Ogawa Architects Inc. Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto
Floor area: 34㎡
Capacity: 17 seats
Photo: Kaku Ohtaki

 

这是一家日料餐厅,周围环境清静,主厨也就是老板要求我们打造出既舒适又安静的空间。虽仅10坪,却摆设了9个吧台位和4张餐桌。为了把其”狭小压迫”的弱点变成优点,又能让客人感受到人与人、人与物之间的”亲密”,我们把厨房、吧台天棚造型成锐角,下面及侧面色彩化,使之像一张悬空的纸;又将餐桌天棚塑造成雪窑洞顶;且将大部分装饰角部造型成圆形。
我们采用亲肤的天然材料与考究的色调,以匹配这家餐厅对餐具和盛载的讲究,主要有:泥瓦,瓷砖,木头;此外,吧台角落的金属柱子上还挂着新鲜植物花瓶。如此富有季节感与生气的空间让客人联想起日本传统茶室的柱子、花钉、花瓶的……置身其中,我们都能感受到一股浓烈的日本气息。(小川裕之/小川都市建筑设计事务所

 

【一滴】
地址:东京都目黑区大桥1-1-8  Everhills池尻大桥1F
开业:2017年7月6日
室内设计:小川都市建筑设计事务所 小川裕之 冈本惠利佳
实用面积:34平米
席位数:17
摄影:大泷 格