作成者別アーカイブ: bambo

Slow Cook Fast Food

s1

s2

s3

s4

周辺のレストランとは異なり、インテリアが外に向かって最大限に伝わるよう、ファサードを最小限にそぎ落としている。ファサードの透明性が高まることで、通行人はボリュームのある店内へと引きつけられる。インテリアは、客がレストランの提供する「slow cook fast food(手軽に楽しめる丁寧な料理)」に集中できるよう、ニュートラルな空間が求められた。そのため、インテリアデザインは食事体験の邪魔にならないことを目的に、基本的な空間構成のみに留めている。T字型の間仕切りは店頭における入り口と注文カウンターの境界線となり、吹き抜けの天井部U字型に木板を貼ることでインテリアデザインを明瞭にしている。店内奥の壁には、グラフィカルなグリッド状のタイルを貼り、すべてのデザイン要素を結びつけ、ダイニングエリアの背後にあるキッチンをうまく隠している。(Plot Architecture Office

 

「Slow Cook Fast Food」
所在地:G/F, 12 Kau U Fong, Central, Hong Kong
オープン:2018年1月
設計:Plot Architecture Office
床面積:161.54㎡

 

Contrary to its neighboring restaurants, the shop-front is stripped down to a minimal portal that maximizes the exposure of its interior. The highly transparent shop-front directs the attention of passers-by towards the contrasting volume inside.
The brief asks for a neutral dining environment where the diners can focus on the “slow cook fast food” the restaurant serves, and therefore the design only defines the fundamental spatial forms of the interior intending for an undisturbed dining experience.
A T-shaped divider demarcates the entrance and the ordering counter at the depth of the shop-front, and above the entry, timber planks clad the double-height void in a “U” shape to articulate and enrich the interior. Lastly, a tiled graphical grid is projected onto the end wall, forming a background that ties together all the design elements and to conceal the kitchen behind the 260′ dining area. (Plot Architecture Office

 

【Slow Cook Fast Food】
Location:G/F, 12 Kau U Fong, Central, Hong Kong
Open:Jan. 2018
Designer:Plot Architecture Office
Floor area:161.54㎡

 

这家店为了室内装饰展现到外面,正面入口的设计控制到最低限度不像周围餐厅似的。入口部分接近透明,行人被店内容积吸引。为了让客人专心地欣赏餐厅提供的“slow cook fast food(虽是快餐,但精心做菜)“,客户要求我们“中立”地设计店内。于是我们在基本构成上才有装饰,以便客人能轻松愉快地用餐。丁字型的间壁作为入口与订单柜台的边界线,把木板贴在直通天花板U字型部分,就强调室内设计。把格子状瓷砖贴在店内深处的墙壁上,整个空间的各个设计因素互相连接,以便客人不注意到大厅后面厨房的存在。(Plot Architecture Office

 

【Slow Cook Fast Food】
地址:香港中环九如坊12,G/F
开业:2018年1月
室内设计:Plot Architecture Office
实用面积:161.54平米

PA PA YA – Modern Asian Bistro

pp1

pp2

pp3

pp4

pp5

pp6

インドのコルカタは、イギリス統治時代の首都であったデリーやムンバイに次ぐ大きな都市である。今回、この都市の繁華街にある商業ビルの11階にレストラン「PA PA YA – Modern Asian Bistro」を設計した。区画は3方向を大きなガラスのファサードで囲まれ、コルカタの景色を楽しめる環境。店内はエントランスからつながるウェイティングバーエリア、大きなアイランドカウンターとラウンジを持つバーエリア、日本食のカウンターと個室やバンケットシートからなるレストランエリアの3つのエリアに分かれている。それぞれラフな素材感の残る材料と、モダンに仕上げられた素材のギャップを壁やカウンターに表現し、3つのエリアに特徴を持たせながら、素材やカラースキームでレストラン全体としての統一感を生み出している。更に大きなガラスファサードから見える景観をインテリアデザインの一部として取り込んだ。ウエイティングバーは大理石の床とカウンター、ウォールナットの壁といったモダンで明るいイメージに統一。バーエリアへつながるドアはインドの枕木を用い、更に中へ入るとレンガや古材の素材感、花崗岩やスチールの素材感のギャップを感じさせるデザインを構成している。一方、レストランは自然肌の花崗岩とウォールナットのカウンター、花崗岩の磨き仕上げなどで素材の対比を強調した。(真田雅郁/M-style

 

PA PA YA – Modern Asian Bistro
所在地:Level 11, Magma House, 24, Park Street, Kolkata East, West Bengal, KOLKATA, INDIA #700016
オープン:2018年2月
設計:M-style 真田雅郁
床面積:550㎡
客席:150席

 

Kolkata is the third biggest city after Delhi, which were the capital cities of British rule era, and Mumbai.
This time, I designed a restaurant on the 11th floor of a commercial building in downtown of the city. Though big glass façade in three directions, guests can enjoy the scenery of Kolkata.
This restaurant is divided into three areas: a waiting bar area leading from the entrance, a bar area with a large island counter and a lounge space, and a restaurant area consisting of Japanese cuisine counter, private room, and banquet seat. The walls and counters are designed utilizing the gap between the material with rough texture and finished in a modern to give features to each area, but the united atmosphere for the entire space is also created by materials and a color scheme. We incorporated the landscape seen through the large glass façade as a part of the interior.
The waiting bar is unified with a modern and bright image adopting marble for the floor and the counter and walnut for the wall. The door leading to the bar area is made of reclaimed railroad crosstie in India, and inside of the bar is designed showing the gap between the texture of brick and old material and of granite and steel. Meanwhile, the restaurant emphasizes the gap between natural materials such as granite and walnut counters and polished finish of granite. (Masafumi Sanada / M-style)

 

PA PA YA – Modern Asian Bistro
Location:Level 11, Magma House, 24, Park Street, Kolkata East, West Bengal, KOLKATA, INDIA #700016
Open:February, 2018
Design:M-style Masafumi Sanada
Floor area:550㎡
Capacity:150 seats

 

印度・加尔各答是接着英国统治时代作为首都的德里、孟买的国内第三个大都市。这次我们设计了位于这里闹市商业大厦11层的餐厅。通过正面入口三个方向的巨大玻璃窗客人能观赏加尔各答的景色。这家餐厅,把整个空间划分为如下三个区域:从入口连接岛店内的等候吧区域;拥有岛台柜与休闲吧的吧台区域;日本料理吧台、包房、宴会席的大厅区域。我们利用粗糙朴素的材料和现代加工的材料的差异设计了墙壁及柜台,强调三个区域的差别,只是于材料及色彩方面演出整个餐厅的统一感。另外,我们认为隔着玻璃窗看到的景观也是室内设计的一部分。等候吧,大理石地板与吧台,以至核桃墙壁让整个空间既现代又明朗。连接到吧台区域的门,用印度垫木来制造,进过去的地方我们由砖、古木及和岗岩、钢铁的材料差异设计了。大厅区域,用天然花岗岩和核桃的柜台、花岗岩的琢磨加工去强调材料的差异。(真田雅郁/M-style

 

PA PA YA – Modern Asian Bistro
地址:Level 11, Magma House, 24, Park Street, Kolkata East, West Bengal, KOLKATA, #700016,印度
开业:2018年2月
室内设计:M-style 真田雅郁
实用面积:550平米
席位数:150

炉匠 -TAKUMI-

t01

t02

t03_1

t03_2

t04

上海の複合商業施設「陸家嘴ifc国金中心商場(IFCモール)」4階にある炉端焼き専門店「炉匠-TAKUMI-」のリニューアル。荘厳な面持ちのファサードと竹のアーチの廊下が店内への期待感を膨ませる。店内は2フロアあり、1階は素材感を押し出した豊かな和の表情を感じられる空間。カウンターに囲われた囲炉裏が、客席の視線を集めるステージのような空間になることを意図した。またカウンター上の躍動感のある下がり壁が、穏やかに力強く燃える炎を思わせ、炉端の熱や佇まいを空間全体に広げる。一方、2階は静けさとゆとりを感じる場所に。1階のにぎやかな空間と2階の落ち着いた空間が、動と静の異なる楽しみ方を演出し、“炉端”ならではの風情を感じられる店となった。(佐藤しげる/DESIGN LABEL KNOT

 

「炉匠 -TAKUMI-」
所在地:IFC Mall, 8 Century Ave, LuJiaZui, Pudong Xinqu, Shanghai Shi, 中華人民共和国
オープン(リニューアル):2017年1月
設計:DESIGN LABEL KNOT 佐藤しげる
床面積:1階245.4㎡ 2階88.6㎡
客席数:1階48席 2階26席

 

A renewal project of Japanese‐style barbecue restaurant “Takumi Robata & Sake Bar” located on the 4th floor of a commercial complex in Shanghai “ifc Mall”. A magnificent façade and a hallway with a bamboo arch raise customer expectations for the store. The store has 2 floors, and the 1st floor represents the rich Japanese sense by emphasizing texture of materials. A sunken hearth surrounded by a counter was set to create a space like a stage gathering the gaze of audiences. In addition, a clipped ceiling with lively dynamism above the counter reminds guests of a gently yet strongly burning flame, spreading the heat and appearance of the hearth throughout the space. On the other hand, the second floor is a place where guests can feel tranquility and comfortableness. The vibrant space on the first floor and the calm space on the second floor produce different ways of enjoying both dynamic and static atmospheres. This is the store where guests can experience the unique feeling of the “hearth-side” that combines the bustling and tranquility. (Shigeru Sato / DESIGN LABEL KNOT)

 

【Takumi Robata & Sake Bar】
Location: IFC Mall, 8 Century Ave, LuJiaZui, Pudong Xinqu, Shanghai, China
Open (Renewal): Jan. 2017
Design: DESIGN LABEL KNOT Shigeru Sato
Floor area: 1st floor 245.4㎡ & 2nd floor 88.6㎡
Capacity: 1st floor 48 seats & 2nd floor 26 seats

 

这是位于上海综合商场“陆家嘴IFC国金中心商场”内日本炉边端烧烤餐厅“炉匠炉端烧・酒”的改装计划。庄严的入口及竹拱门走道让客人心中充满期待。店内有2个楼层,1层我们强调原材料的味道,客人会感受到丰富的日本风格。地炉边被吧台围绕,我们计划将其地炉边作为众人注目的舞台。
吧台上面设有生气的垂璧,让客人想到熊熊的烈火,地炉的热度和样子展开到整个空间。2层作为宁静及宽裕的空间。1层热闹及2层平静,演出“动”和“静“都具有的空间。我们打造出了客人能感受到地炉边特有情趣的空间—— 兼有热闹及清静。(Shigeru Sato / DESIGN LABEL KNOT

 

【炉匠炉端烧・酒】
地址:上海市浦东新区陆家嘴世纪大道8号国金中心商场(近银城西路),中国
改装开张:2017年1月
室内设计:DESIGN LABEL KNOT Shigeru Sato
实用面积:1F:245.4平米  2F:88.6平米
席位数:1F:48, 2F:26

DESIGN小石川のラストエキシビション「architect meets karimoku」展

7月19日(木)から29日(日)まで、東京・文京区の「DESIGN小石川」で、家具メーカー・カリモクと3組の建築家(芦沢啓治、トラフ建築設計事務所、ノーム アーキテクツ)によるエキシビション「architect meets karimoku(アーキテクト・ミーツ・カリモク)」が開催される。
2年間限定だったスペース「DESIGN小石川」の解体前、最後のエキシビションとなる。
「家具は空間のために設計されるべきではないか」という意識を持った建築家と、「家具をもっと建築(空間)と連動させて考え、その空間、そこで生活する方それぞれに向き合ったものづくりはできないだろうか?」と考える家具メーカーが、様々なプロジェクトに対して頭と心を突き合わせて開発に取り組んだプロセスやダイアローグが紹介される。
初日には、トークイベントやレセプションパーティーが予定されている。

 

「architect meets karimoku」展
会期:2018年7月19日(木)〜29日(日) オープニングトーク19日18:00〜19:30、レセプションパーティー同19:30〜21:30
時間:11:00〜19:00
会場:DESIGN小石川/東京都文京区小石川2-5-7 佐々木ビルB棟2Fimage5862535

森の邸宅

c1

c2

c3

c4

c5-1

c5-2

c7

c8

故人や遺族の意志を尊重したプライベート性の高い葬儀を執り行う、1日1組貸し切り型の邸宅型葬儀場の計画である。葬儀場は、風習や儀式的な背景と近隣周辺への配慮もあり、周辺環境から閉ざされた空間構成が多く見られる。この建物は、全体を外部から閉じながら、それぞれをつなぐ空間を“空”へと開放している。エントランスの周囲は、ファサードとなる壁面で囲い、近隣周辺と内部との間にもう一つの外部をつくり、内部空間をつなぐ通路にはトップライトを設け、内と外の関係性をつくり出している。通夜や葬儀が執り行われる夕刻から夜にかけて、自然の生み出す静寂が訪れ、宿泊した翌朝には光溢れる空間へと表情が移り変わる。葬儀という行為を孤立した一つの空間に閉じ込めるのではなく、周辺環境と建物、内部のそれぞれの空間が、内と外の関係を通じてつながる。故人を偲ぶ時間を、その日の移り変わりと共に過ごしてもらえる空間を目指した。(曽根靖裕/曽根靖裕デザイン事務所

 

「森の邸宅」
所在地:神奈川県横須賀市大矢部2-8-14
オープン:2018年2月10日
設計:曽根靖裕デザイン事務所 曽根靖裕
床面積:311.62㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This project is a residential style funeral home that provides highly private funeral service with one day and one group respecting the will of a deceased person and bereaved families. A funeral home is likely to be a closed space from the surrounding environment due to customs, ceremonial backgrounds, and consideration to neighboring areas. While closing the whole building from the outside, this facility opens each space to “the sky”. We surrounded the entrance by a wall that becomes a façade and created another outside between the neighborhood and the inside. Top lights are set in a passage connecting the inside space, creating a relationship between inside and outside. A vigil and funeral are held from evening to night, silence produced by the nature comes, and the expression of the space changes into full of light in the morning over night. Instead of locking up the act of a funeral in a single isolated space, the surrounding environment, the building, and the interior space are connected through an inner and outer relationship. We aimed for creating a space to remember a deceased person with the change of the day. (Yasuhiro Sone / SONE YASUHIRO DESIGN)

 

【CASA DEL FORESTA】
Location:2-8-14, Ooyabe, Yokosuka-shi, Kanagawa
Open:Feb. 10th, 2018
Designer:SONE YASUHIRO DESIGN Yasuhiro Sone
Floor area:311.62 ㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

这是一个尊重死者和死者家属意愿的高度私密葬礼会馆,这里一天只接受一组客人的包场,属于住宅类型的殡仪馆计划。考虑到仪式背景、风俗习惯以及与周边地区环境的连接,会馆内许多空间都采用了封闭式的架构。从外面关闭整栋建筑物的同时,我们也开启了内部各个与天空连接的空间。入口的周围,在外观墙面的包围下,周边与内部之间的部份,我们规划出另一个外部的空间,并且在此外部空间与内部空间连结的走道上设置聚光灯,创造出一个内部和外部分明的关系。守夜或葬礼仪式从傍晚举行到深夜,被大自然中的寂静包围。一夜的住宿休息后,早晨阳光四溢的空间,会馆也随着时间和光线变化表情。我们的设计不是将葬礼会场隔离在单独空间中,而是要让周围环境及建筑物与内部的各个空间,通过内与外的关系产生连接。在追悼死者的同时,我们也期许创造一个让到访者感受到时间变化的空间。 (SONE YASUHIRO / SONE YASUHIRO DESIGN

 

【森之宅(葬礼会馆)】
地址:神奈川県横须贺市大矢部2-8-14
开业:2018年2月10日
设计:SONE YASUHIRO DESIGN 曾根靖裕
占地面积:311.62平米
摄影:Nacasa & Partners

鎌倉 以ず美 銀座

z1

z2

z3

z4

鎌倉の長谷で営業していた鮨店「鎌倉 以ず美」が、中央区や千代田区に顧客が多いことや馴染みのお客様の要望もあり、鎌倉の店も残して、平日銀座で営業するために出店。デザインは、よくある和風のヒノキカウンターではなく、落ち着いたデザインで居心地を重視したモダンかつ、ここにしかない空間を要望された。店内は、13.6坪と決して広くなはい空間。まず、竹やなぐりのフローリング、黒のスレートなど、自然素材を中心に空間を構成。カウンターは、富山の製材所でアフリカ桜の1本の無垢材を選び、本物志向を重視したデザインとした。また照明計画は、平坦な光ではなく、ピンポイントの鋭角な光を用いて空間にアクセントと明暗を表現。黒をベースとした空間に、無垢のカウンターが浮かび上がるよう空間構成を行った。(奥山 裕/デザインスタジオ ユウ、文責BAMBOO)

 

「鎌倉 以ず美 銀座」
所在地:東京都中央区銀座4-12-1 銀座12ビル8階
オープン:2018年3月20日
設計:デザインスタジオ ユウ 奥山 裕 乃村工藝社 杉原正浩
床面積:約45㎡
客席数:8席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

According to the many existing customers’ request, a sushi restaurant “Kamakura Izumi”, which had been run in Hase area of Kamakura, Kanagawa, decided to open the new branch store in Ginza, Tokyo. The design request was not a Japanese-style hinoki counter, which is usually common, but a modern design that emphasizes coziness with a calm atmosphere and outstanding uniqueness. The inside of the shop has about 45 ㎡ floor that is not so wide. We composed the space with mainly natural materials such as bamboo, specially hand-engraved wood flooring, and black slate etc. For a counter table, we selected solid wood of African cherry tree in a sawmill in Toyama, pursuing the genuine taste. With regards to the lighting plan, we represented an accent and contrast in the space, using a pinpoint and acute-angled light not a flat light. That makes the solid counter just like it is floating in the dark space. (Yutaka Okuyama / Design studio yu)

 

【Kamakura Izumi Ginza】
Address: Ginza 12 Bld. 8F, 4-12-1 Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open: Mar. 20th, 2018
Design: Design studio yu Yutaka Okuyama / NOMURA Co.,Ltd. Masahiro Sugihara
Floor area: 45 m²
Capacity: 8 seats
Photo: Nacasa & Partners

 

 

这是一家原来营业于神奈川县镰仓市的寿司店“镰仓IZUMI“,由于许多常客来自东京都市中心,b并且为答应常客的希望,这次开业于银座。只是镰仓店也还要营业,这家店平日才开门。客户要求我们不要采用常见日本式的扁柏吧台,而用低调的设计,打造出不但舒适,也既现代又唯一的空间。店内只有13.6坪,并不宽敞。我们以竹、名栗加工木地板,黑石板瓦等天然材料为主构成。吧台,于富山县锯木厂我们特选一根非洲樱原木运送过来,讲究正宗设计。照明计划,我们没用平坦的,而用了既精确又明锐的光线,强调空间内的强弱和明暗。我们实现了以黑色为基调里突出原木吧台的空间。(奥山裕/DESIGN STUDIO YU,文责由BAMBOO)

 

 

镰仓 IZUMI 银座
地址:东京都中央区银座4-12-1 银座12大厦8F
开业:2018年3月20日
室内设计:DESIGN STUDIO YU 奥山裕、乃村工藝社 杉原正浩
实用面积:约45平米
席位数:8
摄影:Nacasa & Partners Inc. 

BAMBOO SHOWROOMサテライト inバンコク開設

1 2

2016年10月のオープン以降、空間デザイナーにターゲットを絞った商空間エレメントの展示場として好評を博すBAMBOO SHOWROOM(東京・六本木)が、初の海外サテライトを開設する。サテライト展示場の立地は、2000年以降、目覚ましい経済成長を遂げ、現在ではアジア経済の一翼を担うタイの首都バンコク。スワンナプーム国際空港からバンコクの中心街へと向かう中間地点に建つオフィスビルの一角に、東京と同じく複数メーカーで合同出展する。サンプル、カタログなどを展示し、現地のデザイナー、建築家、デベロッパーなどに製品をPR、供給する。
オープンは、2018年7月中を予定。現在も出展社を募集中。

 

BAMBOO SHOWROOMサテライト inバンコク
オープン:2018年7月(予定)
住所:M’S DESIGNオフィス内 1 M.D. Tower Building, 19th Floor,C3,E, Bangna-Trad25,Bangna, Bangkok
出展社数:5〜10社(予定)
出展費用:月額3万円程度
詳細問い合わせ:info@bamboo-media.jp(「バンコク出展について」とお問い合わせください)

MUJI HOTEL SHENZHEN

m1

m2

m3

m5

m6

m7

m8

m9

中国・深圳にオープンした「無印良品」の初のホテル「MUJI HOTEL」。800坪の物販店舗とホテルをMUJI DINERが繋くかたちで一体的に計画され、「衣・食・住」の無印良品のライフスタイルの世界観を一度に体験できる。ホテルが目指すのは、簡素だが良質な空間。過剰な設備やサービスをシンプルにして、必要不可欠な機能的要素を絞り込むことで、茶室のような研ぎ澄まされた空気を創り出すことを狙った。木や土などのナチュラルで素朴な素材を基調とし、その中に現地で探し出した力強い古木材や船の甲板をリサイクルして用いて、空間の密度を増している。簡素ではあるが、MUJIの世界観を五感で感じられるホテルとなった。(新谷典彦/スーパーポテト

 

MUJI HOTEL SHENZHEN
所在地:広東省深圳市福田区華富街道皇崗路5001号,中国
オープン:2018年1月18日
設計:スーパーポテト
延べ床面積:10,237㎡
客室数:79室
画像提供:良品計画

 

The first hotel of “MUJI” brand, “MUJI HOTEL”, opened in Shenzhen, China. MUJI DINER is planned to connect the 2,640 ㎡ retail store area and the hotel space so that visitors can experience MUJI’s worldview of ” food, clothes, and shelter ” at the same time. The hotel aims for a simple but good quality space. We planned to create finely honed atmosphere like a Japanese tea room by simplifying facilities and services and narrowing down essential functional elements. The interior design is based on natural and rustic materials such as wood and mud, and the powerful reclaimed wood and recycled deck of a ship found on site are used to increase the density of the space. Although it is simple, this is the hotel where visitors can feel MUJI’s worldview with five senses. (Norihiko Shinya / Super Potato)

 

MUJI HOTEL SHENZHEN
Location: 5001 Huanggang Road, Futian District, Shenzhen, China
Open: Jan. 18, 2018
Design: Super Potato
Floor area: 10,237 m²
Number of rooms: 79 rooms
Image courtesy: Ryohin Keikaku

 

这是开业于深圳市,作为MUJI的全球首家酒店ーー-MUJI HOTEL。这次计划,餐厅区域MUJI Diner(無印餐堂)把卖场面积1726平米的店铺区域(MUJI 無印良品)与酒店区域(MUJI HOTEL)连起来,整个区域融成一体,以便客人一下子能体验MUJI特有的生活方式的世界观。他们的目标是朴素但优质的空间。我们把过剩的设施及服务尽量简化,必要的功能因素缩少到起码,构想打造出像日本茶室似的氛围。以木头、土等既天然又质朴的材料为基调,并再利用本地的废弃木料、船只甲板等充满活力的材料加上空间密度。我们实现了虽然朴素可是各个五感能感受到MUJI世界观的酒店。(新谷典彥  SUPER POTATO CO.,LTD. /超级土豆有限公司

 

MUJI HOTEL SHENZHEN
地址:广东省深圳市福田区皇岗路5001号 深业上城,中国
开业:2018年1月18日
设计:SUPER POTATO CO.,LTD. (超级土豆有限公司)
总面积:10237平米
客房数:79
提供图像:良品计划

「藤田えみ・牧野永美子二人展【カンショウ】する世界」開催

東京・広尾の「アルフレックス東京」で、ガラス作家の藤田えみ氏と、彫刻家の牧野永美子氏による「藤田えみ・牧野永美子二人展【カンショウ】する世界」が、6月14〜26日まで開催される。
ガラスを主材とした立体作品と、人間と動物の特徴に着眼したミクストメディア彫刻が並び、異なるモチーフを題材に作品を生み出す二人が”カンショウ”し合って作り出す世界を”カンショウ”できる。

 

藤田えみ・牧野永美子二人展【カンショウ】する世界
会期:2018年6月14日(木)〜26日(火)/オープニングレセプション 6/14 19:00 〜20:00(入場料・予約不要)
時間:11:00〜19:00
休業日:水曜日
会場:アルフレックス東京(渋谷区広尾1-1-40 恵比寿プライムスクェア 1F)

Curated by noie.cc

09-2emifujita                                驚きに満ちた泣きそうな世界#5」(藤田みき)

やぎちゃん2「オレは人でなし」(牧野永美子)






 

銀座 結 中條

GinzaYui01

GinzaYui02

GinzaYui03

GinzaYui04

GinzaYui06

GinzaYui08

四季折々の本格懐石を提供する会員制の個室和食店「銀座 結 中條」。場所は常に時代を牽引し続ける街、銀座。伝統の中に新しいものをいち早く取り込み更新され続ける、そんな街にあってもしっかりとその場所に根ざし、少しずつ街になじみ、親しまれ続ける存在となるような空間を構築したいと思い、日本建築特有の“凛として心静まる空間”の創出を試みました。70坪の床面積に対して5部屋のみのゆったりとしたレイアウトで、裏口からの直接導入が可能なトイレ付きVIPルームも1室設けています。程良い緊張感を持たせる直線的なディテールの木材や金属の設えと、その緊張を解く土壁や和紙、織物などの柔らかなマテリアルをバランス良く用いることで、来店客を凛とした空間へと導きます。モチーフとして、太い線を細い2本の線で挟み込んだ子持縞と、六角形(亀甲)を随所に用いることで、屋号である「結」が表す、人と人との絆、縁、そして、成長、繁栄などへの願いを込めた“新しき和を結ぶ空間”になったのではないかと思います。(柴澤 淳/サイドデザイン

 

銀座 結 中條
所在地:東京都中央区銀座7-12-7 B1F
オープン:2018年3月1日
設計:サイドデザイン 柴澤 淳
施工:タジマ創研
床面積:230㎡
客席数:個室5部屋 全36席
Photo:佐藤振一

 

The private space only Japanese restaurant “Ginza Yui Nakazyo” that offers authentic Kaiseki(traditional Japanese cuisine) from every season only for members. It takes place in Ginza, which is the place always leading era. We tried to create “dignified and relaxing space” as uniqueness of Japanese construction to make it rooted deeply in the place, adopted there little by little and loved by people continuously, even in the city which quickly take something new and refresh into the tradition. The layout is spacious with only 5 rooms for a floor space of 230㎡, and there is one VIP room with toilet into which the guest can directly go into from the back door. By balancing the setting of wood and metal with liner detail to keep the appropriate tension and the soft material such as mud wall, Washi paper, fabrics to unravel its tension, it guides the guests into the dignified space. By taking the motif, uneven striped pattern sandwiching thick lines between two thin lines and hexagons(tortoiseshell), into many places, I think the place with “new space to tie Japanese” is created with the thoughts of link between people, fate, and the wish of growth and prosperity which the name of restaurant “Yui (Japanese letter means “tie”)” expresses. (Jun Shibasawa / sidedesign)

 

Ginza Yui Nakazyo
Address: B1, 7-12-7, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open: March 1st, 2018
Design: sidedesign inc. Jun Shibasawa
Construction: Tajima Soken Corp.
Floor area: 230㎡
Capacity: 36 Seats in 5 Private rooms
Photo: Shinichi Sato

 

这是提供四季应时的正宗日本式精致菜肴,采取会员制包房日式餐厅“银座 结 中筱“,位于总是领先时代的城市,银座。银座是把最新融入到传统,不断更新的地方,我们构想在那里打造逐渐熟悉周围并一直受欢迎的餐厅,要创出日本独特的严肃及宁静的空间。实用面积70坪的店内我们只构设了5间包房,比较宽敞舒适,于是我们布置了一间贵宾室---经后门能直接出入,设有专用洗手间。为了保持恰好的紧张感,多用直线来设计的木料及金属,另外也选用了土墙、日本纸及织物等柔软的素材,来释放空间中的紧张感,达到平衡,让客人感受到严肃的空间。到处都用了“子持縞“(用细线夹粗线的条纹)和”龟甲“(六角形),此表达他们商号”结“说的人和人的纽带、缘分;对于生长、昌盛的愿望。我们实现了由新的纽带连接在一起的空间。(柴泽淳/sidedesign inc.

 

银座 结 中筱
地址:东京都中央区银座7-12-7 B1F
开业:2018年3月1日
室内设计:sidedesign inc. 柴泽淳
实用面积:230平米
席位数:36(拥有5个包房)
摄影:佐藤振一

「AOYAMA CREATORS STOCK 11 木住野彰悟展 色の立方体」開催

6D_色の立方体本日6月8日(金)から7月6日(金)まで、株式会社竹尾のショールーム「青山見本帖」(東京・渋谷)で、アートディレクター、グラフィックデザイナーの木住野彰悟氏(6D代表)の展示「AOYAMA CREATORS STOCK 11 木住野彰悟展 色の立方体」が開催されている。
前回のグラフィック展から3年、今回は同じモザイクで「立体」に挑戦。竹尾のファインペーパーを多用したプロダクトが並ぶ。
「青山見本帖」は、紙の専門商社として「ファインペーパー」の発展に寄与してきた竹尾が、プロフェッショナルユースに特化し、紙や印刷加工についての専門的な情報を提供するスペース。約300銘柄、7,000商品を閲覧することが可能で、1商品につき各3枚まで購入することもできる。

 

AOYAMA CREATORS STOCK 11 木住野彰悟展 色の立方体
会期:2018年6月8日(金)〜7月6日(金)
時間:11:00〜19:00 ※6月8日は18:30まで
休館日:土・日・祝日
会場:「青山見本帖」(渋谷区渋谷4-2-5 プレイス青山1F)
問い合わせ:03-3409-8931

 

AOYAMA CREATORS STOCK 11 木住野彰悟展 色の立方体

http://www.6d-k.com/

 

LIBRA SASASHIMA GRAND DIA

granddia_globalgatenagoya_001

granddia_globalgatenagoya_004

granddia_globalgatenagoya_018

granddia_globalgatenagoya_023

「LIBRA SASASHIMA GRAND DIA」は、同施設内にある「リブラささしまクリニック」のスタッフや検診センターをご利用するお客様のためのカフェテリア機能と、県内外の美食家をターゲットとしたファインダイニングという異なる2つのベクトルを併せ持ったレストランです。主役である料理はフレンチをベースに和食、オーストラリアンなど世界各地のレシピを織り交ぜたインターナショナルキュイジーヌであるため、空間デザインは地域性を排除し、料理の個性を引き立たせています。また医療や健康との関わりも重視されているため「Clean」「Warm」「Peaceful」などのキーワードも求められました。それらをビルインの立地で単にモダニズムデザインとして落とし込むと、既視感のある画一的な空間(病院的、ローコスト的)になる恐れもあります。そこで万国共通で気持ち良い食事の場所と考えられている、グランピングのテントをモチーフに選びました。テントの大屋根のモチーフをシンプルな空間に“ふわっと”乗せることによって、オリジナリティーのあるビジュアルでありながら全てのキーワードを満たしています。更に、テントのビジュアルが旅を連想させることで、食のコンセプトを最大化できたと考えます。(杉山敦彦/THE WHOLEDESIGN

 

LIBRA SASASHIMA GRAND DIA
所在地:愛知県名古屋市中村区平池町4-60-12 グローバルゲート3階
オープン:2017年10月5日
設計:THE WHOLEDESIGN 杉山敦彦
床面積:219.98㎡
客席数:58席(ダイニング36席、個室14席、キッチンスタジオ8席)
Photo:Nacasa & Partners Inc. 

 

“LIBRA SASASHIMA GRAND DIA” is the restaurant with two different vectors; the cafeteria function for the staff of “Libra Sasashima Clinic” in the same facility and the customers who use the checkup center, and the fine dining targeting gourmets inside and outside the prefecture. As the cuisine, the main content of restaurant, was international mixing the worldwide recipe including Japanese food and Australian based on French, the space design excluded the locality and complements the uniqueness of dishes. In addition, the relation with medical and health was an important factor, the keywords such as “Clean” “Warm” “Peaceful” were also requested. If those ideas were simply set as modernism design at the location inside of building, there was a risk that the space became the uniformed (hospital-like, low-cost) with a sense of deceit. Then, I chose the motif of tents in glamorous camping to express the idea of the pleasant meal place as the common idea to all over the world. By placing the motif of the tent ‘s large roof “fluffy” in a simple space, it satisfied all the keywords though the visual of it was unique. Furthermore, I believe that the concept of food was maximized as the visual of tent reminds of journey. (Atsuhiko Sugiyama / THE WHOLEDESIGN)

 

LIBRA SASASHIMA GRAND DIA
Address: 3F Global gate, 4-60-12, Hiraikecho, Nakamura-ku, Nagoya-shi, Aichi
Open: Oct. 5th, 2017
Design: THE WHOLEDESIGN Atsuhiko Sugiyama
Floor area: 219.98㎡
Capacity: 58 seats(Dining 36 seats, Private room 14 seats, Kitchen studio 8 seats)
Photo: Nacasa & Partners Inc. 

 

LIBRA SASASHIMA GRAND DIA是一家身兼两职的餐厅,一方面是为同一广场内的诊所“LIBRA SASASHIMA MEDICAL CLINIC”的员工及客人提供餐饮的自助食堂,另一方面又是捕获各地美食家的精致餐厅。主打法国菜,辅以日本菜、澳洲菜,打破地域限制,凸显出汇集国际美食的个性特征。
另外,为了强调那家餐厅对医疗、健康的注重,他们要求把设计围绕“Clean”“Warm”“Peaceful”这三个关键词展开。而现代主义风格的设计构想一旦选址于大广场内,恐怕会给人造成单一的(如:医院,低成本设计的)画面感。因此考虑要打造国际性的有良好用餐氛围的环境,我们采用了以野营用的奢华帐篷为主题的设计,在简洁的空间上,履以大大的顶蓬,是因为世界上谁都认为露营用餐很舒畅。把帐篷房顶的因素轻轻地盖上在简单的空间,用原创诠释了所有的关键词。再加上帐篷的视觉效果让人联想到旅游,这也在最大限度上展现他们的饮食理念。(杉山敦彦/THE WHOLEDESIGN

LIBRA SASASHIMA GRAND DIA
地址:爱知县名古屋市中村区平池町4-60-12 GLOBAL GATE 3F
开业:2017年10月5日
设计:THE WHOLEDESIGN杉山敦彥
实用面积:219.98平米
席位数:58(大厅36、包房14、厨房工作室8)
摄影:Nacasa & Partners Inc.