作成者別アーカイブ: bambo

BAMBOO AWARD 2017 発表!!

BAMBOO MEDIAでは、過去1年間に紹介した国内外の空間デザインの中から、特に読者の注目を集めた10のデザイン事例をBAMBOO AWARDとして表彰しています。第三回目となるBAMBOO AWARD 2017の受賞作品を発表いたします。
※注目度はPV数、検索数等から独自に算出しています。

GOLD Prize:「ニクノトリコ」(D:家所亮二建築設計事務所)

4bb364af050460d4c97195d286b61686

 


受賞者プロフィール

家所亮二(いえどころ・りょうじ)
iedokoro
(株)家所亮二建築設計事務所代表。1977年横浜生まれ。2001年中央工学校建築工学科卒業。設計事務所での経験はもちろん、現場監督、職人の経験を経て、12年HOUSE PLACE ARCHITECTURE association設立。14年(株)家所亮二建築設計事務所に改組。建築、インテリア、アート等形あるものであればジャンルは問わず。固定観念にとらわれない考え方とデザインでクライアントを豊かに幸せにすることを目的に活動。
http://riao.co.jp/jp/index.html

 

賞金:10万円
副賞:パナソニック「Space Player(スペース プレーヤー)」

スポットライト型プロジェクター。配線ダクト取付方式に加え、傾斜天井への設置や天井への演出が可能な天井直付け型と床置き型も新たにラインアップ。明るさ2000 lmタイプも新登場。
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/shop/spaceplayer/

 

 

SILVER Prize:「SPARX House」(D:コクヨ)

s41

 

 

 

 

 

 

 

 

賞金:5万円
副賞Lumen Center Italia / LCI JAPANフロアーランプ「ASTOLFO(アストルフォ)」
LCI_ASTOLFO_02_CMYK

天然木の構造体に、ミニマルなラインのLED光源を融合させたフロアーランプ。精悍な槍のような印象の発光部は、木製の台座に刻まれた溝によって角度を変えることが可能。
http://lcij.jp/

 

 

BRONZE Prize:「光の邸宅」(D:曽根靖裕デザイン事務所)

c81

 

 

 

 

 

 

 

 

賞金:3万円
副賞KOKUYO 昇降テーブル「SEQUENCE(シークエンス)

img01


「立ち仕事」に関する多様な観察・研究をもとに開発された電動昇降テーブル。丸みをつけた天板、立ったまま手が届く収納類などを装備し、長時間の立ち仕事をここちよくサポート。
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/sequence/index.html

 

 

 

入賞:「BED AND CRAFT TATEGU-YA」(D:トモヤマカワデザイン)
TATEGUYA_02

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「茶禅華(さぜんか)」(D:DESIGN STUDIO CROW)
z2

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「LIVNEX・NASTA 本社」(D:SAMURAI )
a

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「らーめん山頭火 沖縄那覇店」(D:ZYCC)
s2

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「権八 浅草吾妻橋」(D:グローバルダイニング)
2b8f3b1472474b03da2ffbb4f54de4d6

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「優り草」(D:インフィクス
621c62c0dc89a579899424c4818aacec

 

 

 

 

 

 

 

10位:「GALLO GARAGE」(D:undesign)
g7

BAMBOO EXPO × KOKUYO まもなく開催!

P2-3_イベント2P4-5_ゲストprof
第9回目となるBAMBOO EXPOが、まもなく11月22日(水)~24日(金)の3日間、東京・品川の「コクヨ東京ショールーム」にて開催されます。今回も、豪華講師陣を招いての各種セミナー&トークイベントや「BAMBOO AWARD 2017」の表彰式等、盛り沢山の内容で皆様のご来場をお待ちしております。
BAMBOO EXPOは、「商環境」に関わる人や企業が集まり、新しい製品やサービス、プロジェクトなどを発表・共有するサロンとして2011年にスタートしました。回を追うごとに、さまざまな「異種交配」による「化学反応」が誕生しています。皆様お誘いの上、ぜひご来場ください。

BAMBOO EXPO × KOKUYO
開催期日:2017 年11月22日(水)/ 23日(木・祝)/ 24日(金)
開催時間:11:00~21:00
開催場所:コクヨ東京ショールーム http://www.kokuyo.co.jp/com/showroom/tokyo-sr/
     東京都港区港南1-8-35(JR・京急「品川」駅徒歩5分)
入場料:無料
出展企業:約80社
主催:BAMBOO MEDIA Co.Ltd. http://bamboo-media.jp/
協力:コクヨ株式会社 http://www.kokuyo.co.jp/

問い合わせ:株式会社バンブー・メディア
BAMBOO EXPO担当者
MAIL:info@bamboo-expo.jp

Ode

oo1_02 oo2_01

oo3_07

oo4_05

oo5_10

oo6_14
渋谷区広尾に計画された、ガストロノミーを提唱するフレンチレストランです。抒情詩を意味する「Ode」という店名には、フランス料理に日本の伝統や美意識を紡ぎ合わせ、ストーリー(詩)として表現するというオーナーシェフの想いが込められています。モルタルを塗り込んで仕上げたエントランスの扉を開け店内に一歩踏み入れると、Odeの世界が広がっています。まず目に飛び込んでくるのがサービス用のカウンターとグラス等を収納するための壁面什器。壁面什器の格段に配したライン照明の光がグラスに反射して妖艶な雰囲気を演出します。仕上げ素材には、グレーの色調で統一されたタイルやモルタル、木などを配しました。その他、13席のオープンカウンター、オープンキッチンを望む6席の半個室、4席の個室を設けています。さらに客席の頭上にはさまざまな色調や傾きを持った天井を設置。軒下のような空間をつくることで日本建築特有の美しさを表現すると同時に、異なる要素を紡ぎ合わせ一つのストーリーとして仕立てるOdeの世界観を体現させました。(松葉邦彦/TYRANT Inc.

 

Ode
所在地:東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾ビル2F
オープン:2017年9月23日
設計:TYRANT Inc. 松葉邦彦
床面積:114.05㎡
客席数:23席
Photo:藤井伸一郎

 

The French restaurant advocating gastronomy was planned in Hiroo, Shibuya-ku in Tokyo. The aspiration of the owner chef is put into the store name “Ode” which means lyric poetry, spinning Japanese tradition & aesthetic sense and French cuisine into a story (poetry). The world of Ode appears when guests open the entrance door finished with mortar and step into the store. The first things that grab guest’s attention are a serving counter table and a wall fixture for storing glasses. Light of the line lighting placed in the wall fixture reflects on the glasses, creating a fascinating atmosphere. For finishing materials, we selected tile, mortar, tree, etc. that were unified in a gray tone. Regarding capacity, the store has 13 open counter seats, a semi-private room with 6 seats where guests can see an open kitchen, and a private room with 4 seats. Furthermore, the ceiling with various color s and inclinations was installed above the guest seats. By creating a space like a room under eaves, we expressed the beauty of Japanese architecture. At the same time, we embodied the worldview of Ode, spinning different elements and making it as one story. (Kunihiko Matsuba / TYRANT Inc.)

 

Ode
Location:ST Hiroo Bld. 2F, 5-1-32, Hiroo, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 23rd, 2017
Designer:TYRANT Inc. Kunihiko Matsuba
Floor area:114.05㎡
Capacity:23 seats
Photo:Shinichiro Fujii

 

在东京・广尾被构想出一家追求绝味的法国餐厅,那就是Ode。“Ode”在古希腊语中是“抒情詩”的意思,借此表达老板也就是主厨的宏愿:把传统的日本审美融入到法国大餐中,以此来谱写一首餐桌上的“抒情詩”。客人打开用灰浆制的门扇一步踏入店内,就如同闯入了Ode的世界。首先印入眼帘的是服务台及收纳玻璃杯的墙面设计。墙面用具内设置的线状灯光反射到玻璃杯,打造出妖艳的氛围。在最后加工上我们统一采用了灰色瓷砖、灰浆、木头。
那家餐厅拥有13个开放式吧台座;面对开放式厨房的6席半包房;还有4席全包房。餐桌顶部的缤纷彩色和各种倾斜的天棚,不但打造出日式建筑特有的美感,让客人宛如置身于 屋檐下,同时也体现了Ode的世界观——把不同的元素完美地融合在一起。(松叶邦彥/TYRANT Inc.

 

Ode
地址:东京都涩谷区广尾5-1-32 ST广尾大厦2F
开业:2017年9月23日
室内设计:TYRANT Inc. 松叶邦彥
实用面积:114.05平米
座位数:23
摄影:藤井伸一郎

ファブリックのようなガラス照明BOCCI「73シリーズ」

IMG_6293IMG_6286スタジオノイの取り扱うBOCCIは、2005年にバンクーバーで設立された照明ブランド。クリエイティブディレクターのOmer Arbel(オマー・アーベル)氏のもと、物質に内在する機械的、物理的、化学的な特質を創造の源泉に、独創的なアイディアと巧みな手仕事を掛け合わせて挑戦を続ける。
73シリーズは、吹きガラスが熱いうちに、ひだを寄せておいた高耐熱のファブリックの上にゆっくりと落とし込んでガラスグローブを成型。ガラスが完全に冷えてからグラスファイバーのファブリックを取り除いて完成させる。ファブリックの布目模様が写りこんだ様子は、ファブリックそのもののように柔らかな印象を持つ。
2017年に発表された「73 Semi-Rigid」は、1つの電源から天井いっぱいに大きく広がるシャンデリアのように仕立てることも可能。グローブをコードで任意の位置まで バランス良く這わせ、ワイヤーで吊って固定する。日本国内では、東京・恵比寿にあるThe Viridi-anneのショップで初めて導入された。

 

【BOCCI 73.19 Semi-Rigid】
素材:ガラス
カラー:クリアー/グレー
価格(税別):2,560,000円
光源:2.3w x19 灯/2400〜2,600K
問い合わせ:noi@studio-noi.com(スタジオノイ株式会社)

 

Studio NOI

The Viridi-anne

Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店

m1m0 m3

m4m5「Mr.FARMER」は、イートウォークが運営するオールデイカフェレストラン。駒沢オリンピック公園店は、表参道、新宿、六本木に次いで4店舗目となる。野菜をふんだんに使い、素材を活かしたサラダやサンドイッチ、オムレツなどのメニューを提供する。
建物は「THE FOREST HOUSE」をコンセプトに、緑が豊かな公園の中に佇む大きな勾配屋根が印象的なつくり。開放的なテラス席とガラス張りの室内は植物で溢れ、まるで森の中のエスケープハウスにいるかような心地良さを味わえる。
また、レストランとしてだけでなく、地域のコミュニケーションの場としての役割も担い、定期的に生産農家による直売会、親子向けの食育や料理教室など様々なイベントが行われている。災害時には帰宅困難者や地域住民を支援する拠点となり、被災状況や公共交通機関などの情報提供、登録不要の無料Wi-Fiの開放を行うほか、充電器や備蓄品、水、トイレなどを提供を行う。今後、全国にある公園環境における「場」づくりのモデルケースとなることだろう。リックデザイン、文責BAMBOO)

 

Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店
所在地:東京都世田谷区駒沢公園1-1-2
オープン:2017年3月15日
設計:リックデザイン
床面積:199.25㎡
客席数:135席(うちテラス69席)
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“Mr. FARMER” is an all-day cafe restaurant run by eatwalk. The Komazawa Olympic Park store is the fourth store following Omotesando, Shinjuku and Roppongi. The store uses vegetables abundantly and offers menus such as salads, sandwiches, omelets etc bringing out the best in the ingredients.
The building has a impressive pitched roof and situated in a greeny park based on a concept “THE FOREST HOUSE”. Open-air terrace seats and glass-walled rooms flooded with plants give a comfortabel feeling to customers as they are in an escape house in the forest.
In addition to serving as a restaurant, the store functions as a place for a local community, providing various events regularly such as direct sales by farmers and food education and cooking classes for parent and child. In a time of disaster, it will be a regional hub to support local residents and people who are difficult to get home. The store provides disaster information, public transportation and other information, free Wi-Fi network, mobile charger, stockpile, water and also toilet. The store will be a model case of “place” in the park environment across Japan. (RIC DESIGN)

 

Mr.FARMER Komazawa Olympic Park
Location:1-1-2, Komazawakoen, Setagaya-ku, Tokyo
Open:Mar. 15th, 2017
Designer:RIC DESIGN
Floor area:199.25㎡
Capacity:135 seats (including 69 terrace seats)
Photo:Nacasa & Partners

 

Mr.FARMER是餐饮集团EATWALK经营的全天候西餐馆。他们经表参道店、新宿店、六本木店后,今年又开了第四家新店,那就是“驹泽奥运公园店”。他们使用大量的蔬菜,灵活搭配把它们变成菜单上的沙拉、三明治、煎蛋饼等等。建筑打造出“THE FOREST HOUSE”的概念,有着大斜坡屋顶的小屋伫立在满眼绿色的公园里,十分醒目。开放的露台席位和设在玻璃窗内的室内席位都被植物包围着,仿佛置身于远离尘世的森林中,让人心旷神怡。
这里不仅仅是餐厅,更是当地活动交流中心。在那里会定期举行各种活动,比如农户们蔬菜直销的集市;面向家长的有关子女饮食教育的讲座;烹饪教师等等。这里还是灾害时不能回家的人及当地居民的据点。给大家提供及时的灾害或交通信息,自由使用的洗手间及免费Wi-Fi。此外那里备有充电器、储备品、水。这家餐馆会成为未来全国公园“小屋”的示范吧。(RIC DESIGN)

 

Mr.FARMER 驹泽奥运公园店
地址:东京都世田谷区驹泽公园1-1-2
开业:2017年3月15日
设计:RIC DESIGN
实用面积:199.25平米
座位数:135(含露台69)
摄影:Nacasa & Partners

HOTEL LOVE

h1

h2 h3 h4 h5 h6 h7 h8「HOTEL LOVE」は、感度の高い大人の遊び場をコンセプトにデザインした。アプローチ、ホワイエはマイアミの温暖な気候の中にあるラグジュアリーなデザイナーズホテルをイメージ。アプローチのレッドカーペットのランウェイや、木製ドアの向こうにある異空間のホワイエとストーリー性を持たせ、お客様の気持ちが高まるデザインで客室への誘導を図っている。客室のデザインコンセプトは、パリ、モダン、モロッコ、リゾート、アメリカ、イタリア、シノワズリ、ゴールドと8タイプのデザインカテゴリーに分け、全40室を異なるデザインとした。例えばパリのコンセプトルームは、ビビッドなレッドの似合うパリの小さなブッティックホテル、シノワズリの客室はヨーロッパのチャイニーズデザインが好きなオーナーが貸し出しているアパルトマン、モロッコの客室ではエキゾジックで神秘的なイメージなど、非日常を感じる空間を表現。感度の高い大人を飽きずに楽しませることができる、ラグジュアリーなホテルに仕上がっている。(沼田行正/沼田行正デザインオフィス

 

「HOTEL LOVE」
所在地:福岡県北九州市小倉南区長野2-2-3
オープン:2017年6月30日
設計:沼田行正デザインオフィス 沼田行正 平田靖享
床面積:2620㎡(基準階面積795㎡)
客室数:40室
Photo:ad hoc inc. 志摩大輔

 

“HOTEL LOVE” was designed based on the concept of an adult playground with high-sensitivity. Approach and foyer have the image of luxury designer’s hotel in mild climate of Miami. We tried to raise the customer’s expectation by creating a story with the red carpet runway in the approach and the extraordinary unique foyer behind the wooden door. The design concept of the guest room is to divide it into 8 categories: Paris, Modern, Morocco, Resort, USA, Italy, Chinoiseri, and Gold. All 40 rooms were designed differently. For example, the room of Paris is a small boutique hotel in Paris which suits the vivid red, the room of Chinoiserie is an apartment rented out by the European owner who likes Chinese design, the room of Morocco is an exotic and mysterious atmosphere, etc. Guests can get an unusual feeling from each room. The luxury hotel, which can entertain sensitive adults without getting tired, has completed. (Yukimasa Numata / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc.)

 

【HOTEL LOVE】
Location:2-2-3, Nagano, Minami-ku, Kokura, Kitakyushu-shi, Fukuoka
Open:June. 30th, 2017
Design:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc. Yukimasa Numata Yasutaka Hirata
Floor area:Total 2620㎡(average floor area 795㎡)
Capacity:40 rooms
Photo:ad hoc inc. Daisuke Shima

 

这次我们以“时髦大人的游乐会所”为主题设计了HOTEL LOVE。这家酒店前廊及前厅以在温暖迈阿密的“奢侈酒店”为灵感。前廊和前厅各有完全不同的氛围,于中间木制门分开此两个空间。但客人经过铺设红地毯的前廊,打开木制门就进去前厅,到客房整个情节中走得很自然,同时他们情绪也会高涨起来。客房设计概念共有八个类别:巴黎、摩登、摩洛哥、度假地、美国、意大利、中国风、黄金,并全40间客房都有不同样式。我们表现非日常的空间,比方说:“巴黎”客房像是个适合鲜艳红色的精品酒店;“中国风”像是个在欧洲喜好中国风房东租出的公寓;“摩洛哥”像是个既非洲风又神秘的空间……。总之这家酒店成为了一家奢侈酒店,时髦大人来这里都会度过快乐时间。(沼田行正 / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE INC.

 

【HOTEL LOVE】
地址:福冈县北九州市小仓南区长野2-2-3
开业:2017年6月30日
室内设计:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE INC. 沼田行正 平田靖享
建筑面积:2620平米(标准楼面面积:795平米)
客房数:40
摄影:ad hoc inc. 志摩大辅

+DESIGN 2017 AGCリノベーション展

AGC_0922-2

AGC_STUDIO_JKS_0919

©JIN KURAMOTO STUDIO

AGC_0922_image

©NOMURA Co.,Ltd.

AGC_studio_ikmo

©ikmo

10月17日〜12月22日の期間、AGC旭硝子は、東京・京橋のショールームリニューアル第一回企画として、+ DESIGN 2017 AGCリノベーション展を開催する。3組の外部デザイナーと共に”HOME” “RETAIL” “LIFESTYLE”という三つのテーマに合わせた展示を通し、ますます拡大するリノベーション市場へ向けて、AGCの高機能ガラス、化学品、セラミックスを具体的な使用例、導入例と共に紹介。会期中にはデザイナー、建築家などのセミナーも予定している。

 

DESIGN 2017 AGCリノベーション展
会期:2017年10月17日(火)〜12月22日(金)
時間:10:00〜18:00
休館日:月曜日・日曜日・祝日
会場:AGC Studio(東京中央区京橋2-5-18京橋創生館1・2階)
主催:AGC旭硝子
参加デザイナー:倉本 仁、佐藤 友哉(乃村工藝社)、比護 結子(ikmo)
インテリアスタイリング:川合 将人
問い合わせ先:AGC Studio tel. 03-5524-5511 e-mail. agc-studio@agc.com

http://www.agcstudio.jp/2017agc_renovation/

 

 

 

「LIVING & DESIGN 2017」開催

スクリーンショット 2017-09-29 10.58.44
s_photo_01
s_photo_08
「LIVING & DSIGN 2017」が10月11日〜13日の3日間、大阪南港ATCホールで開催される。アメリカやデンマークなど、海外からの新規出展社を多く迎える9回目の今回は、「MATCHING-つながる、新たな可能性」をテーマに、住空間を創り上げる多彩な提案や商材が集う。開催中は、世界の第一線で活躍する建築家たちの講演会をはじめ、特別企画「木材を使った家具のデザインコンペ」や「LIVING & DESIGN 新素材20選」などの催しが開催される。

 

「LIVING & DESIGN 2017
会期:10月11日(水)〜13日(金)
時間:10:00〜18:00(最終日は17:00まで)
会場:大阪南港ATCホール(大阪市住之江区南港北 2-1-10)
入場料:1,000円(招待状持参者、事前登録者は無料)
主催:LIVING & DESIGN 実行委員会
問い合わせ:info@living-and-design.com

http://www.living-and-design.com

京都グランベルホテル

g1 g2_a

g3_a

g4

g5_a

g6

g7_a

g8

g9
「京都グランベルホテル」は、日本人のDNAや思想、海外の潮流や技術をキュレーションし、あらゆるホテル機能と掛け合わせることで、さまざまな“化学反応”を生むクリエイティブホテルだ。フロントバックやバーでは約150年の時を超え、古箪笥や古欄間がアートのように機能する。フロントカウンターでは瓦職人がつくったヘキサゴン瓦とエジソンバルブ照明がゲストを迎え、ラウンジでは、斉藤上太郎氏の着物ファブリックと、ビンテージと現代のコントラクトファニチャーがチャンプルされている。その他、約10mの長さをもつディスプレイ棚と一体になったブッフェカウンター、無開口の地下大浴場に降り注ぐPaolo di Trapani氏の太陽光照明、京都町家の坪庭と明るく静かな地下住宅の考え方を進化させた地下客室、はやしまりこ氏の壁画を床画に落とし込んだ歩くアート廊下などが展開する。これらの要素の“化学反応の連鎖”によってホテルシーンで繋ぐことで、日本人ゲストにも外国人ゲストにも新しい「日本クリエイティブなおもてなし空間」をつくり出した。(寶田 陵/the range design INC.

 

京都グランベルホテル
所在地:京都市東山区大和大路通四条下ル大和町27
オープン:2017年7月14日
建築・内装設計:UDSthe range design INC. 寶田 陵 鈴木直人
面積:敷地/998.32 ㎡ 建築/704.67㎡ 延べ床/3,359.51㎡
客室数:105室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“KYOTO GRANBELL HOTEL” is a creative hotel that produces various “chemical reactions” by curating Japanese DNA and thought, overseas trends and skills, and multiplying every hotel function.
In the reception desk wall and the bar, the old chest and the transom more than 150-year-old function as art works. At the front desk counter, hexagonal roof tiles made by a tile craftsman and Edison bulb lightings welcome guests, and at the lounge, Kimono fabric of Jotaro Saito are coordinated with the vintage and contemporary contract furniture. Besides, the 10 meters long buffet counter integrated with the display shelf, the solar lighting of Paolo di Trapani streaming down on the open-air underground large public bath, the underground guest room based on the idea of ​​the Tsuboniwa of Kyoto town house and the bright and quiet underground housing, and the walking art corridor that has Mariko Hayashi ‘s mural painting on floor are provided. By linking these elements with “chains of chemical reactions” in a hotel scene, we created a new “Japanese creative hospitality space” for both Japanese and foreign guests. (Ryo Takarada/the range design INC.)

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
Location:27 Yamatocho, Yamatooji-dori, Shijo sagaru, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:July. 14th, 2017
Architecture&Interior Design:UDS  + the range design INC. Ryo Takarada Naoto Suzuki
Floor area:Site area 998.32㎡ / Building area 704.67㎡ / Floor area 3,359.51㎡
Number of rooms:105 rooms
Photo:Nacasa & Partners

 

KYOTO GRANBELL HOTEL是一个集日本传统观念、日本式想法、国际潮流与技术为一体,囊括了酒店所有功能,并产生出一系列“化学连锁反应”的新概念宾馆。
前台的背景和酒吧特意采用了旧衣橱及旧隔窗,很艺术地把我们引领到了一个半世纪以前。在前台,瓦匠亲手制作的六边形瓦,爱迪生电泡欢迎着旅客们;在休息室,传统的和服布料,古典和现代家具演绎出混搭风。此外我们特设了长达10米的展示架兼自助餐柜台;Paolo di Trapani的采光让阳光毫无阻隔地直射到地下层的浴场;融入京都式庭院概念的地下客房被打造得既明亮又安静;地板用艺术家Mariko Hayashi的壁画铺设出一条艺术走廊・・・。正是这些元素有机结合才产生了所谓的“化学连锁反应”,呈现给客人一道道风景。不管是本国客人还是外国客人,都能身临其境地体验到充满新意的日式接待空间。(寳田 陵/the range design INC.

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
地址:京都府京都市东山区大和大路通与四条通交叉口往南大和町27
开业:2017年7月14日
建筑、室内设计:UDSthe range design INC. 寳田 陵 铃木直人
面积:用地面积/998.32平米 建筑面积/704.67平米 实用面积/3359.52平米
客房数:105室
Photo:Nacasa & Partners