作成者別アーカイブ: bambo

CHOCOLATEBANK

c4

c2

c3

c5

c6

c7

c1

「CHOCOLATEBANK」は、鎌倉発チョコレートブランド「ca ca o」が手掛ける旗艦店で、コンセプトショップとしても機能する新業態の店舗。チョコレートの原材料「カカオマス」は古代では貨幣としても使われる程の価値ある食料品だったことから、旧銀行跡地の環境となぞらえてこの名称となりました。観光地として常に賑わっている鎌倉駅付近に位置しながら、御成通りという鎌倉駅周辺でも地元の生活圏にもなっている環境を壊さないよう、出来る限り銀行の佇まいを残したファサードに。店内はATMがあった場所にキッチン、待ち受けや受付と銀行事務スペースを飲食スペースに変え、スケルトンになった空間でも銀行であったことを感じさせるような空間を残しました。店内奥はあえてそのままの金庫室を残して客席に。厚さ50cmのステンレス製のドアに触れ、ハンドルを回すことも出来るよう改修保存しました。鎌倉で生活する人、観光で訪れた人、チョコレートファンにも、元の銀行の環境を活かした空間をゆっくり楽しんでもらえたらと思います。(大園貴生/Salt.

 

CHOCOLATEBANK
所在地:神奈川県鎌倉市御成町11-8
オープン:2018年1月25日
設計:Salt. 大園貴生
床面積:152.24㎡
客席数:25席
Photo:下村康典

 

“CHOCOLATEBANK” is a flagship store handled by the chocolate brand “ca ca o” from Kamakura, and the shop of a new business style as its concept shop too. As “Cacao Mass” was as valuable as money in ancient times, which is the raw ingredients of chocolate, the shop name was given from that along with the location taking place at former bank site. Though it is located near the Kamakura station, which is always crowded as a sightseeing spot, the façade was designed with the remains of bank appearance not to disturb the environment of Onari street as the local living area.
Inside the store, we changed ATM space into kitchen, and the standby, receptionist, and the banking office space into the eating space, and left the feelings of bank even if the space became skeleton.
In the backward of shop, the vault which was intentionally left was designed into guest seats. The place was renovated to enable people to touch the stainless door of 50 cm thickness and turn the handle. I want all people living in Kamakura, people visiting there as tourists, and chocolate fans to calmly enjoy the space with the atmosphere of bank environment. (Takao Ozono / Salt.)

 

CHOCOLATEBANK
Address: 11-8, Onaricho, Kamakura-shi, Kanagawa
Open: Jan. 25th, 2018
Design: Salt. Takao Ozono
Floor Area: 152.24㎡
Seats: 25 Seats
Photo: Yasunori Shimomura

 

“CHOCOLATE BANK”是镰仓发迹的巧克力品牌“ca ca o”的旗舰店,这也是一家拥有概念店的新业种形态店铺。巧克力的原材料“可可膏”在古代是非常有价值的食品,甚至可以当钱使用,而呼应这前银行的遗址因此有了这个名字。它位于镰仓车站附近,该车站一直都是观光景点。御成通与镰仓车站附近也是当地居民的生活区,为了避免破坏周围环境,我们尽可能地保留了银行外观。我们把原是自动提款机的地方改为厨房,把接待处、临柜前台及银行办公室改为饮食区,保留了即使建筑物掏空成骨架,客人也能感受到这是一家银行的特点。店内的内部保留了保险库作为客席。我们翻新了那扇厚50厘米的不锈钢保险库门,甚至可以转动方向盘。我们希望镰仓的居民、来观光的游客、巧克力爱好者、都可以好好地享受这银行原始环境的空间感。 (大园貴生/Salt.

 

CHOCOLATE BANK
地址:神奈川県镰仓市御成町11-8
开业:2018年1月25日
设计:Salt. 大园貴生
实际面积:152.24平米
席位数:25
摄影:下村康典

Hoppiness

h1

PobleNou225-229

h3

h4

2017年7月、スペイン・バルセロナのホットな地区、ポブレ・ノウ(カタルーニャ語で新しい町)にクラフトビール店「Hoppiness(ホッピィネス)」がオープンした。19世紀にはカタルーニャ版マンチェスターとも呼ばれ、繊維業が盛んだった同地区は、年月の経過とともに工場が減少し、現在では建築家やデザイナーのアトリエ、事務所、デザイン専門学校などが集中する流行地区へと変貌を遂げた。プロジェクトはこの地区の歴史的背景、クラフトビールという商品、また店舗位置を総合性に見つめながら進めている。初めに、ペンキはがしなど空間本来の姿を取り戻す作業があり、次に、プロジェクトを完成させるための新たな施工を行った。床材と家具には空間の統一性を考慮し、松の木材を使用。この家具や照明は特注で制作している。また、クライアントの1人が鉄工場のオーナーでもあったため、アイアン部分はほとんどどクライアント自身が手がけた。吹き抜け部分には3つの鉄製大型回転式ランプを設置。木材とアイアンのコンビネーションにより、19世紀の産業繁栄時代を彷彿とさせるような、インダストリアル風の大衆居酒屋クラフトビール店に仕上がった。(JORDI GINABREDA STUDIO

 

Hoppiness
所在地:C/ Ramon Turró 180 08005 Barcelona SPAIN
オープン:2017年7月
設計:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda Ferrés
床面積:54.13㎡(キッチン、トイレ、倉庫部分を含まず)
客席数:47席
Photo:Marcela Grassi

 

Hoppiness opens its doors at the center of Poblenou, a popular Barcelona district. This craft beer bar is located in the area formerly known as Catalan Manchester because of its important role during nineteenth century industrial revolution. The very same place is nowadays known as 22@ district, and faces the new millennium turned into the brand new technological district of the city. The old humble and working-class neighborhood has become modernity’s most coveted piece, and old repairing shops and little industries have left its place to the newest architecture studios and designschools.
Jordi Ginabreda’s project is built on this rich context and pretends to be a melting pot where all these references converge. Interior spaces were totally stripped of all the unnecessary elements to show their bare walls, free of any artefact. By doing this, the exposed brickwork walls as well as the reminders of old plasters still attached to them, become the perfect background to give the whole place a genuine and authentic appearance. Ceilings also show their raw constructive finishing and cable trays run through them unashamed. An impressive wood beam and the grey cast iron pillar where it lies were the final unexpected surprises that the refurbishing works brought to light in terms of recovering original elements.
From here on, everything is new. From the pine wood flooring to all the furniture and lighting, which were specifically designed for the establishment by Jordi Ginabreda and manufactured by one of the owners. By doing this, the place somehow links with the traditional workshops that once occupy the space and it helps to lower project costs. Dyed pine wood and iron get to be the main materials and shape the different tables, benches and stools which, distributed all around the place, allow several ways to take over the space. All these objects, intentionally rough, speak the same language, one that gets rid of decoration in order to achieve a certain popular alehouse atmosphere. The bar, enclosed by a stone wall, also avoids any kind of decoration and transfers all the prominence to the twelve craft beer taps, actually the brewery’s real main characters.
Worth mentioning are the lamps that fill de double height space of the main area with their extremely simple, radically modern and absolutely functional design. Not only do the three pivoting lamps contribute to emphasize a global sense of industrial simplicity but they can also be turned around with a simple gesture to be placed where they’re most needed and truly become the highlights of the project.
The subtle use of painting, delimiting the bar area here or nuancing vertical surfaces there along with the bright orange ceiling fans bring in the unmistakable contemporary touch. Hoppiness aspires to reflect the radical transformation of the neighborhood where it’s located. Getting rid of unnecessary decorations, mixing industrial background with utterly modern elements, both in conception and design, to achieve that twenty-first century popular tavern mood. (JORDI GINABREDA STUDIO

 

Hoppiness
Location:C/ Ramon Turró 180 08005 Barcelona SPAIN
Open:July, 2017
Design:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda Ferrés
Floor area:54.13㎡ (excl. kitchen, bathroom, and storage)
Capacity:47
Photo:Marcela Grassi

 

2017年7月,西班牙的巴塞罗那内,最热门的地区Poblenou(加泰罗尼亚语中的新城镇),精酿啤酒店Hoppiness开业了。
在19世纪,这个地区被称为加泰罗尼亚版的曼彻斯特,纤维行业繁荣昌盛,随着岁月的流逝工厂日渐减少,现在已转换成建筑师和设计师的工作室、办公室以及设计专门学校集中的流行区域。
该项目重点在于这个地区的历史背景、精酿啤酒产品以及商店位置的综合性。作为工程的第一步,我们将壁面涂装卸除,让空间恢复原貌,其次才是进行新的建设以完成该项目。考虑到地板和家具整体空间的统一性,我们使用了松木进行装饰。家具和照明都是定制品。此外,由于其中一位客户也是铁工厂的老板,铁件的大部分都由客户亲自处理。
挑空的部分设置了三个铁制大型旋转灯,木头和铁件的工业风格造形,让人联想到19世纪工业繁华的时代,大众酒馆的精酿啤酒店就此诞生了。(JORDI GINABREDA STUDIO

 

Hoppines
地址:C/ Ramon Turró 180 08005 Barcelona, 西班牙
开业:2017年7月
设计:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda Ferrés
实用面积:54.13㎡(厨房、厕所、仓库部分不含在内)
客席数:47席
摄影:Marcela Grassi

青蓝 丸万

a1

a2

a3

a4

a5

a6

a7

喧騒の中の別世界「市中の山居」を表現した和食店「青藍 丸万」。かつて、千利休などの茶人たちは、都会の生活の中に自然に近い空間をつくることによって、理想の暮らしを仕立て、その対比を楽しみ、こころを解放していました。この店では、大都会の喧騒とガラス一枚隔てただけの空間に、心を静かに落ち着かせて集中できる別世界を創りたいと考えました。店内は店主にとって「もてなしの場」であり、「用途や客への配慮からの工夫」が至る所に施されます。一般的に言われる和風や数寄屋風とは違い、和の基本は守りつつ、精神的な個性を素材・影・光で表現しました。心が落ち着くのに、不思議と背筋がピンと伸びる。そんなもてなしの場を意識しています。(YLANGYLANG

 

「青藍 丸万」
所在地:愛知県名古屋市内
オープン:2018年2月
設計:YLANGYLANG
床面積:92.86㎡
席数:14席
Photo:Tomooki Kengaku

 

A Japanese restaurant “Seiran Maruman” expresses another world in the bustle of city; “a mountain hut in the city”. In the past, tea ceremonies such as Sen no Rikyu made the ideal living by creating a space close to nature in city life, enjoyed the contrast, and released the mind. In this restaurant, I wanted to create another world where guests could calm down and concentrated in a space separated by just a glass window from the bustle of a big city. The inside of the restaurant is a “hospitable place” for the owner, and “ingenuity from consideration for usage and customers” are arranged everywhere. Unlike typical Japanese style nor Sukiya-zukuri style, the spiritual uniqueness was expressed with material, shadow and light while keeping the basis of Japanese. Even though the mind settles down, the spine stretches out strangely. I intended to such a hospitable place. (YLANGY LANG)

 

【Sairan Maruman】
Address: Nagoya-shi, Aichi
Opening date: Feb, 2018
Design: YLANGYLANG
Floor area: 92.86㎡
Seats: 14 seats
Photo: Tomooki Kengaku

 

日式餐厅“青蓝 丸万”在喧嚣中表达出如“城市中的山居”般的另一个世界。 在以前,千利休等精通茶道的人们,通过在城市的生活中创造一个与大自然亲近的空间,享受了对比之余也释放了心灵,从而实现了理想生活。在这家商店里,我们仅用了一片玻璃隔去了大城市的喧嚣,试图创造一个让心灵沉静下来并能集中精神的另外一个世界。 对于店主而言,店內是一个“接待的场所”,“在用途上以及对客人的各项安排上所下的功夫”则随处可见。 一般而言与和风或茶室的风格不同,我们保留了日式的基础,用材料、阴影和光线来表达其精神个性。即使心灵安定下来,背脊也会情不自禁地直立起来。使之成为一个充满日式接待气氛的场所。(YLANGYLANG

 

【青蓝 丸万】
地址:爱知县名古屋市内
开业:2018年2月
设计:YLANGYLANG
实用面积:92.86平米
席位数:14
摄影:Tomooki Kengaku

クリエイターズスタジオ「OPRCT」が代々木上原にオープン

oprct

2019年1 月、アーティストやクリエイターも多く活動する代々木上原エリア(東京・渋谷)にクリエイターズスタジオ「OPRCT(オプレクト)」がオープンする。音楽や空間を中心に事業を展開するライフサウンド株式会社がプロデュースするOPRCTは、撮影スタジオ、イベントスペース、ライブスペースなどを備えた複合施設として、世界中のクリエイターとビジネス、消費者を繋ぐ場の創造を目指す。設計は建築家の清水勝広氏(MS4D)。1 月19 日には、一般向けのオープニングイベントとして、ニューヨークで活躍する日本人キーボーディストBIGYUKIを招いたライブも開催される。

OPRCT(オプレクト)
オープン:2019年1 月
住所:東京都渋谷区上原1 丁目29-10
設計監理:一級建築士事務所 株式会社エムエスフォーディー 清水勝広

オープニングライブイベント「BIGYUKI LIVE IN JAPAN FEAT. ANNA WISE」
日時:2019 年1 月19 日 16:30~
会場:OPRCT(東京都渋谷区上原1 丁目29-10)
予約URL:https://bigyuki-live.peatix.com
主催:SWEET SOUL RECORDS / ライフサウンド株式会社

OPRCT02

Photo: BAUHOUSNEO

OPRCT
https://www.oprct.com

オーディオスピーカーと京都伝統工芸のコラボレーション

オーディオスピーカーのデザインを手がけるDELTA BLUES AUDIOから、京都の伝統工芸「引箔(ひきばく)」とコラボレーションした新シリーズが発売された。
「引箔」は、和紙の上に接着剤として漆などを塗り、金箔や銀箔などさまざまな色の金属箔を貼ったり散らしたりする伝統的技法。色や柄を表現したものを裁断して糸状にしたものが主に着物の帯などに使われてきたが、化学的な処理や熱処理をすることで多様な色合いを表現することができるため、最近ではインテリアやアクセサリー、アートなどに用いられるようになっている。今回のDELTA BLUES AUDIOと京都・西村商店のコラボレーションによるメタリックアートのスピーカーは日本限定発売となる。
sketch-1542393764411のコピー

NX-2 京都の彩 HIKIBAKU LIMITED EDITION
デザイナー:Tony Tam/DELTA BLUES AUDIO
価格(税別):180,000円/1組 (送料込)
サイズ:W16×H47cm
重さ:約3.2kg
http://www.deltabluesaudio.com

 

武蔵野美術大学 ゼロスペース

zz1

zz2

zz3

zz4

zz5

この「ゼロスペース」は、武蔵野美術大学の学生の休憩の場として誕生した。東西2面が35mのガラスウインドウ、東西南北4つの方角に出入口がある大きなガラス張りの空間である。休み時間には学生が往来する通路空間の性質を持つ。中央導線を塞ぐようにベンチを並べて空間構成した。ベンチを移動させればオープンスペースにもなるよう、多目的な用途に応えられるシンプルな構成としている。ベンチは石ころをモチーフにしていて、ある程度の可動性を想起させる。天井の中心に白い“ゼロ”型の板が浮かんでおり、その内と外に異なる場所性が生まれる。内側は石ころの留まる所であり、人の居場所であることを感じさせる、柔らかな空間となっている。
石ころの形は、自然の川の流れの中でつくられた丸みを再現している。休み時間に起こる大勢の人の移動は、速い川の流れのようでもあり、丸みを持った石ころの集まりは、流れをやわらかくコントロールする。そこにできた合間や集合体は性質の違う領域をつくり出す。石ころのかたちやサイズ、色や質感は人の居場所として認識されるよう適度な柔らかさを感じられる表現を選んだ。座る・寝る行為にも様々なスタイルがあり、目的に沿うこと、感覚的にも使用できることなど、学生が共存できる自由度の高い場を模索し、一つの解となった。使う体験を通して、想像や気づきがあれば何より嬉しい。
また、ゼロスペースは常に緻密な光のコントロールがされている。日中の光は窓から入る自然光を主としつつも制御され、日暮れと共にゼロの形状を活かした演出モードにゆっくりと切り変わる。空間を学ぶ学生に向けて光と空間の関わりを体験する場となるよう、ライティングデザイナー山下裕子氏と検討を重ねた。(五十嵐久枝/イガラシデザインスタジオ

 

武蔵野美術大学 ゼロスペース
所在地:東京都小平市小川町1-736 武蔵野美術大学 鷹の台キャンパス9号館 1階
開設日:2018年6月7日
設計:イガラシデザインスタジオ 五十嵐久枝 稲垣竜也
照明計画:Y2 LIGHTING DESIGN 山下裕子
床面積:623.7㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“ZERO SPACE” was created as a relaxing space for students at Musashino Art University.
This space consists of glass windows with 35m in length from east to west and four entrances on each side.
During the break time, many students pass through this space as a flow path. The layout of bench seats is carefully planned to block the central flow that is a shortcut. The design motif of the bench is pebbles. White zero-shaped plate is floating at the center of ceiling, and it creates different characters of the place inside and outside the plate. The inside is an area where pebbles are gathered, and it indicates a sense of the place where one could belong.
The shape of pebbles reproduces the roundness created by the flow of a natural river. The expression of shape, size, color and textures of pebble benches suggests appropriate softness.
Everyone has their own styles of seating and sleeping, and having searched for an optimum solution, “ZERO SPACE” was created as a highly flexible space to suite each one’s purpose and let people use sensuously both alone and in a group. I would be pleased if user experience could stimulate one’s imagination and awareness.
Light in “ZERO SPACE” is controlled by carefully planned lightings at all time. During the daytime, natural light from window serves as a main light, and as the night is falling, making the most of the zero-shaped plate, the presentation mode of lightings starts and shifts slowly.
(Hisae Igarashi / IGARASHI DESIGN STUDIO

 

Musashino Art University Zero Space
Address: Musashino Art University Takanodai Campus Building 9 Ground Floor, 1-736 Ogawa-cho, Kodaira-shi, Tokyo
Open: June 7, 2018
Design: IGARASHI DESIGN STUDIO Hisae Igarashi Tatsuya Inagaki
Lighting plan: Y2 LIGHTING DESIGN Yuko Yamashita
Floor area: 623.7 m²
Photo: Nacasa & Partners

 

这个“ZERO SPACE(零空间)”是作为武藏野美术大学的休息处而诞生的。这个东南西北都设有出入口的巨型玻璃门打造的空间,也是休息时间学生们来来往往的通行之路。我们把长椅摆设在中心的位置像故意挡住通行路线一样,构成了空间的独特性。长椅以石块为主题。白色“ZERO(零)”字型的大板悬浮于天花板的中心,其内外各有不同的空间感,内侧停放着石块的地方,感觉是适合人们t停留休息的地方。
石块的形状,我们像再现大自然中受到河川洗礼而被磨去棱角的石形。大小、色彩、质感,为了让人们认为这里适合休息,选定了恰当的柔软度。坐下、躺下,各人有各人的使用方式,一直在研究学生们能共有并且自由度高的空间,这是我们得出的一个解答。我们希望他们通过使用体验展开想象有所发现。
另外,这个空间设有精密的光线控制系统。白天以透过窗户的自然光为主,随着太阳西下逐渐切换成灯光照明,在天花板上呈现出零字型的形状。(五十岚久枝/IGARASHI DESIGN STUDIO

 

武藏野美术大学 ZERO SPACE
地址:东京都小平市小川町1-736 武藏野美术大学 鹰之台校园9号楼1层
开设:2018年6月7日
室内设计:IGARASHI DESIGN STUDIO 五十岚久枝 稻垣龙也
照明规划:Y2 LIGHTING DESIGN 山下裕子
实用面积:623.7平米
摄影:Nacasa & Partners

山形緞通から千住博氏とのコラボカーペット「SUIJIN」発売

suijin_sekou_rgb1935年創業のじゅうたんメーカー、オリエンタルカーペットの自社ブランド「山形緞通」から、日本画家・千住博デザインによる「SUIJIN」が発売される。これまでも、奥山清行、隈研吾、佐藤可士和といったデザイナーとのコラボレーション製品を生み出してきたデザイナーライン。今回の「SUIJIN」は、2017年8月に完成した山形県鶴岡市の文化会館「荘銀タクト鶴岡」の緞帳製作をきっかけに千住氏とのコラボレーションが実現したもので、滝をモチーフとした氏の代表作「水神」をもとに、勢いよく流れる滝を62色の糸で表現したカーペットとなっている。


SUIJIN

価格(税別):300,000円(150×80cm)から
発売日:2018年11月中旬
取扱店舗:山形緞通オンラインショップ、IDC大塚家具、匠大塚他
問い合わせ:オリエンタルカーペット株式会社 東京支店(03)3297-0666
http://yamagatadantsu.co.jp

 

デザインをテーマにしたエキシビション「DESIGN INSPIRE」が香港で開催

「DESIGN INSPIRE」は、香港のデザイン業界が一年で最も盛り上がるイベントBODW(ビジネス・オブ・デザイン・ウィーク)の期間中に合わせて開催されるエキシビションで、今回が2回目の開催となる。暮らしを豊かにするアイデアやプロジェクト、ソリューションを世界に発信しようという目的のもと、220を超える世界中のクリエイターやブランド、団体が独創的な作品を展示、紹介し、創造性と交流を促進する。8000㎡を超える会場内には、 DESIGN、INNOVATE、BRAND、AWARD、ACADEMY、SHOP、DESIGN WITHOUT、BOUNDARIES、SUPPLIESという八つのテーマに沿ったインスタレーションやデザインプロダクト、プロジェクト等が展示されるほか、セミナーやワークショップ等も開催される。
DM_DesignInspire 2018「DESIGN INSPIRE」
会期:2018年12月6日(木)~8日(土)
時間:9:30〜20:00(最終日のみ〜18:30)
会場:香港コンベンション&エキシビションセンター
出展内容:デザインやイノベーションに関連するプロダクト、アイデア、ソリューション等
入場料:無料
主催:香港貿易発展局(https://www.hkdesigncentre.org
問い合わせ:香港貿易発展局 東京事務所/(03)5210-5850
DESIGN INSPIRE  http://www.hktdc.com/ncs/designinspire2018/en/main/index.html BODW https://bodw.com/en/

デザイナー山田佳一朗による新作家具発表

gazelle_trim
木工の産地・徳島で半世紀に渡り特注家具を作り続けてきた椅子徳製作所。そこで培われた技術をもとに、山田佳一朗による上質なデザインが特徴の家具ブランド「イストク」から新作が発表される。今回の新作は木の葉形の断面が緩やかにつながる「GAZELLE」。斜めに振られた脚が見る角度によって厚みを変え、全体の表情を豊かに演出。背だけでなく前座枠も無垢を曲げて作られ、座裏まで美しく仕上げられている。また、昨年より人気を集めている「BRANCH」のシリーズには新たにカウホーンタイプやテーブルが登場。
いずれも11月14日(水)〜16日(金)の3日間、東京ビッグサイト(東京・有明)で開催される「IFFTインテリア ライフスタイル リビング」(https://ifft-interiorlifestyle-living.jp.messefrankfurt.com/tokyo/ja/visitors/welcome.html)で発表の予定。

 

【イストク】
問合せ: KAICHI DESIGN/ http://kaichidesign.com/・有限会社 椅子徳製作所/http://isutoku.co.jp/

 

 

変なホテル 東京 浜松町

h1

h2

hennahotel_hmmt_011

h4

h5

H.I.S.が展開する世界初のロボットが働くホテルとしてギネス認定された「変なホテル」。「変なホテル」の変とは変わり続けるという意味で、サービスはもちろん、デザインも常に変化が必要とされる。今回は浜松町という土地柄、ビジネスユーザーをコアターゲットにロボットからインスパイアされる近未来要素を随所に散りばめた。ロビーではステンレスヘアラインの天井にLED照明でSF感を演出、カフェラウンジではサブウェイタイルに同じくステンレスヘアラインのボーダー、ステンレス製の大型冷蔵庫など近未来感とのバランスを考慮し融合させた。テーブルやチェアはサイズ感やモジュールを均一化することで自由度が高く、多様な利用人数にフレキシブルに対応できる空間とした。これまで区画化され閉鎖的だったロビーやレストラン、テラスに明確な枠決めをつくらず、ボーダレスにパブリックな共有スペースとして開放することで様々な変化をもたらし、宿泊客のみならず地域のハブとしての機能を備えた“コミュニティーホテル”の実現を目指した。(唐沢洋介/KARASAWA YOSUKE DESIGN OFFICE)

 

変なホテル 東京 浜松町
所在地:東京都港区浜松町1-24-11
オープン:2018年4月27日
設計:KARASAWA YOSUKE DESIGN OFFICE 唐沢洋介
床面積:106.23㎡(1階ロビー、カフェラウンジ)
客室数:118室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“Henn na hotel” is the hotel certified by Guinness as the world’s first robot operated hotel by H.I.S. company. The meaning of Hen in “Henn na hotel” is continuous change and the change is required in its design as well as service.
As the location took place in Hamamatsucho for this time, the core target was business user and the near future elements inspired by robot were scattered in many places.
In the lobby, the SF feeling was produced with the LED lighting on the ceiling of the stainless steel hairline, and, in the cafe lounge, the subway tile, the stainless steel hairline’s border, and the stainless steel large refrigerator were arranged in consideration of the balance with the near future feeling. The space was made to be flexible and suitable for diverse number of users by using the table and chairs with same size and modules.
By opening the place as a borderless and public shared space without creating clear framing on the lobby, restaurant and terrace which had been partitioned and closed usually, I tried to make it bring about various changes and become “community hotel” with the hub function not only for guests but also for the region. (Yosuke Karasawa / KARASAWA YOSUKE DESIGN OFFICE)

 

Henn na Hotel Tokyo Hamamatsucho
Location: 1-24-11 Hamamatsu-cho, Minato-ku, Tokyo
Open: Apr. 27th, 2018
Design: KARASAWA YOSUKE DESIGN OFFICE Yosuke Karasawa
Floor area: 106.23 ㎡ (1st floor lobby & cafe lounge)
Number of rooms: 118 rooms
Photo: Nacasa & Partners

 

H.I.S公司旗下的“Hen na Hotel(奇怪的酒店)”是被列入吉尼斯记录中世界上第一家由机器人操作的饭店。“奇怪的酒店”所谓的“奇怪”从某种意义上说,是持续不断改变的意思,服务和设计也必需经常的变化。这一次因为浜松町(Hamamatsucho)的地缘关系,商业客户是核心目标客群,我们以机器人为灵感,将近未来元素融入到各个角落。在酒店的大厅,我们在发纹不锈钢的天花板上,配合LED照明让空间具有科幻感,在咖啡交谊厅里,我们也在地铁砖上安装了相同的发纹不锈钢边框以及不锈钢制的大型冰箱等,来考虑及融合与近未来感之间的平衡。桌椅一律统一尺寸与模组化,使其具有高自由度,成为可以灵活应对不同客户的空间。到目前为止,一般酒店大堂、餐厅和露台都属于封闭式空间,我们打破这个明确的框架,通过打开各种区块变化作为无国界的公共共享空间,不仅是住宿的客人,作为区域的枢纽,更以实现机能完善的“社区型酒店”为目标。(唐泽洋介/KARASAWA YOSUKE DESIGN OFFICE)

 

Hen na Hotel Tokyo Hamamatsucho(奇怪的酒店 东京・浜松町)
地址:东京都港区浜松町1-24-11
开业:2018年4月27日
设计:KARASAWA YOSUKE DESIGN OFFICE 唐泽洋介
实用面积:106.23㎡(1F大厅、咖啡交谊厅)
客房数:118
摄影:Nacasa & Partners

「岩倉榮利の世界〜本能のデザイン〜」開催

名称未設定

家具デザイナー岩倉榮利の活動50年の軌跡を辿る展覧会が、リビングデザインセンターOZONE(東京・新宿)内の3会場を使って開催される。3階パークタワーホールでは、50年のデザインワークの中で生み出された50脚の椅子と5台のソファが展示される「50YEARS,50CHAIRS」展。1階では、水回り器具の新作展「MONOTON」展。6階では、家具シリーズ「Marilyn」と新潟県加茂市の伝統工芸、桐箪笥のブランド「KAMO」とのコーディネーションを提案する「KIRI-DANSU WORLD」展が開催される。今年で古希を迎えたデザイナー岩倉榮利の多岐にわたる活動の軌跡を一堂に集めた展覧会となる。(敬称略)

 

「岩倉榮利の世界〜本能のデザイン〜」
会期:2018年11月29日(木)〜12月6日(木) ※水曜休館(祝日を除く)
時間:10:30〜19:00
会場:リビングデザインセンターOZONE 3Fパークタワーホール、1Fギャラリー・1、 6Fロードサイドスクエア/東京都新宿区西新宿3−7–1 新宿パークタワー
入場:無料
主催:
3F「50YEARS,50CHAIRS」展/岩倉塾
1F「MONOTON」展/SANEI株式会社
6F「KIRI-DANSU WORLD」展/株式会社キタニジャパン
問い合わせ:リビングデザインセンターOZONE 03(5322)6500

 

【BAMBOO AWARD 2018】発表!!

BAMBOO MEDIAでは、過去1年間にご紹介した国内外の空間デザインの中から、特に読者の注目を集めた10のデザイン事例を、BAMBOO AWARDとして表彰しています。5回目となる今回の【BAMBOO AWARD 2018】受賞作品を発表いたします。
(※注目度は、PV数、検索数等から独自に算出しています)

 

GOLD:
「鎌倉 以ず美 銀座」(D:デザインスタジオ ユウ/乃村工藝社)

z2


受賞者プロフィール

奥山 裕(おくやま・ゆたか)/杉原正浩(すぎはら・まさひろ)
YU_profilephoto
おくやま・ゆたか。(株)デザインスタジオ ユウ代表取締役。1962年東京生まれ。1984年日本大学藝術学部美術科卒業。社会及び人々に対し「記憶」に残る「場」の創造を念頭に、商環境のフィールドにおいて複合商業施設、飲食店、ホテルを中心に創作活動を行っている。ただ単に施設造りを行うのではなく、施設の存続性と社会的価値を忘れず飽きの来ない本物志向のデザインを心掛け、商業施設全般において視野の広いデザインワークに努め、創作活動を続けている。

 

 

 

SILVER:
「Ode」(D:TYRANT Inc.)

s41

 

 

 

 

 

 

 

 

 

BRONZE:
「NICCA INNOVATION CENTER」(D:小堀哲夫建築設計事務所)

c81

 

 

 

 

 

 

 

 

入賞:
「MUJI HOTEL SHENZHEN」(D:スーパーポテト)

TATEGUYA_02

 

 

 

 

 

 

 

 

入賞:
「LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka」(D:デザインポスト)

TATEGUYA_02

 

 

 

入賞:
「銀座 結 中條」(D:サイドデザイン)

a

 

 

 

 

 

 

 

 

入賞:
「BAKE CHEESE TART ゴードゥッケー店」(D:07BEACH)

s2

 

 

 

 

 

 

 

入賞:
「Jour」(D:DESIGN STUDIO CROW)

j1_2

 

 

 

 

 

 

 

入賞:
「リブラささしまメディカルクリニック」(D:THE WHOLEDESIGN)

libra_sasashima_medical_clinic

 

 

 

 

 

 

 

 

入賞
「へんばや商店 伊勢市駅前店」(D:JA laboratory)

g7

 

 

 

 

 

 

なお、GOLDには賞金10万円、SILVERには同5万円、BRONZEには同3万円が授与されます。