作成者別アーカイブ: bambo

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka

r1
r2
r4
r5
r6
r7
r9
r10店舗区画の前面にある70坪程のスペースをラウンジバーとして計画。午前中はコーヒーラウンジ、昼と夜はウエーティングバーとして機能する。レストランエリアは、個室よりもホールエリアを増やし、近隣のビジネスマンが接待やパワーディナーに安心して使えるよう構成。2〜4人客だけでなく、10〜12人のグループに対応する。多くの客に開放感がありダイナミックなダイニング空間を味わってもらうべく、様々なバリエーションの席をつくった。空間コンセプトは、「シンプル&スタイリッシュ」。全体的にシックで落ち着いたダークカラーを基調として、モダンに表現しながらも印象的なデコラティブな照明とアートワークで、ラグジュアリー感を演出。照明はNYのライティングデザイナー・David Singer氏と幾度となく打ち合わせを重ね、エリアごとにこの店を印象づける特徴的なデザインとした。アートワークは、SCÈNEの山本菜々子氏のコーディネートにより、4人のアーティストが担当。デザイン面においても常に10年20年先を見据えてつくったこの空間が、多くの人に愛されることを願う。(山際純平/デザインポスト

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
所在地:東京都港区赤坂1丁目8-1 赤坂インターシティAIR3階
オープン:2017年9月29日
設計:デザインポスト 山際純平 釘宮直也
床面積:1118.6㎡(うち厨房143.3㎡)
客席数:248席
撮影:ナカサ&パートナーズ

 

About 230 ㎡ front area of the restaurant “LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka” was planned as a lounge bar. It functions as a coffee lounge in the morning, and a waiting bar at lunch and dinner times. The restaurant area has more open table seats than private rooms so that neighborhood businessmen can use this place causally for client or power dinners. It makes the restaurant to accept not only 2 to 4 guests but also 10 to 12 groups. We planned a large variety of seats so that guests can enjoy a sense of openness and a dynamic dining space. The concept of space is “simple & stylish.” The entire space design is based on the chic and calm dark color. Modern, impressive, and decorative lightings and artworks give a luxurious feeling. The lighting was developed by the cooperation with a lighting designer in NY, Mr. David Singer. Each area is outstanding with different impressive lightings. Four artists were assigned for artworks, coordinated by Mr. Nanako Yamamoto from SCÈNE. We wish that many people will love this space created with an eye on 10 years and 20 years ahead on the design side as well. (Jumpei Yamagiwa / DESIGN POST)

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
Location:AKASAKA INTERCITY AIR 3F, 1-8-1, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Sep. 29th, 2017
Designer:DESIGN POST Jumpei Yamagiwa Naoya Kugimiya
Floor area:1118.6㎡(including kitchen area 143.3㎡)
Capacity:248 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

在那家餐厅前面有大约70坪的空间,这是我们构想出的休息室式酒吧,上午发挥咖啡厅的,中午到晚上等候吧的机能。大厅比包房宽舒,以便让周围办公室的商人随意来招待客户或者跟客人用餐。不仅有两到四位席位,十到十二位小组席位也有。为了更多客人感受到开放感及生动感,我们摆设了各种各式的餐桌。整个空间概念是简单且有型,以低调的深暗色为基调,既现代又印象的照明设备和美术作品打造出了奢侈感。照明是通过跟纽约照明设计家David Singer再三讨论的,我们采用了各个区域给客人不同印象的设计。美术作品是被SCÈNE山本菜菜子编辑的,四位艺术家亲手做的工作。我们在设计方面展望着未来打造了这家餐厅空间,愿意受更多客人的欢迎。(山际纯平/DESIGN POST

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
地址:东京都港区赤坂1-8-1 AKASAKA INTERCITY AIR 3F
开业:2017年9月29日
室内设计:DESIGN POST 山际纯平 钉宫直也
实用面积:1118.6平米(含厨房143.3平米)
席位数:248
摄影:Nacasa & Partners

呑むアート展

25395975_10214610636721134_1245440596759696161_n
2018年1月13日〜14日、東京・六本木のCafe THE SUNで「呑むアート展」が開催される。同展は、国内外で高い評価を受ける陶芸家・古賀崇洋のアート作品を用いて酒を呑む体験型のアートイベント。主催するのはThe Breakthrough Company GO。この展覧会を通し、人々の暮らしに非日常を出現させるきっかけとして、アートを捉え直すことを企図している。会場では、陶芸作品にインスピレーションを受けて選ばれた日本酒や甘酒を、その作品に入れて飲める他、作品を購入することも可能。

「呑むアート展 古賀崇洋展」
期間:2018年1月13日(土)〜14日(日)
時間:11:00〜22:00(入館 21:30まで)
入場料:ドリンクのみ/1000円、1500円(アート購入/10000〜300000円)
会場:六本木ヒルズ Cafe THE SUN(東京都港区六本木6-10−1 六本木ヒルズ 森タワー52階)

http://goinc.co.jp/

NICCA INNOVATION CENTER

c1
c2
c3
c4「NICCA INNOVATION CENTER」は、国内有数の繊維産地・福井県に拠点を置く繊維用薬剤メーカー、日華化学の研究開発施設である。古代から諸外国の文化が流れ込み、地理的に清らかな水に恵まれた福井では、越前和紙や繊維産業を発達させ、その技術を全国に広めてきた。日華化学も、福井とともに発展を遂げ、その界面活性技術で世界に進出してきた企業である。私達もこの施設が「福井から世界へ」のイノベーションの源流となるようにとの思いがあり、情報や技術が交わる賑わいの都市空間「バザール」をつくろうと考えた。情報コミュニケーションを促す「大通り」に沿って、「研究者の家(実験室)」、様々な活動が可能な「広場(コモンズ)」を配置した。大通りに面する広場は3つあり、6m×8m×7mのキューブ空間が立体的に重なる。この立体広場にあるキューブ空間は、オフィス、ミーティング、ステージ、プレゼンテーション、イベント空間、カフェ、食堂の機能を持つ。すべての空間の視線が通り抜けるよう立体的に構成し、働き方がそのままミュージアムとなるオープンイノベーションセンターとした。(小堀哲夫/小堀哲夫建築設計事務所

 

「NICCA INNOVATION CENTER」
所在地:福井県福井市文京4-23-1
開設:2017年10月23日
設計:小堀哲夫建築設計事務所 小堀哲夫
床面積:7,296㎡
Photo:新井隆弘

 

“NICCA INNOVATION CENTER” is a research and development facility of NICCA CHEMICAL Co., Ltd., a textile chemical manufacturer based in Fukui Prefecture, one of the leading textile production areas in the country. In Fukui, where foreign cultures has flowed into from ancient times and pure water has been rich geographically, Echizen Washi(Japanese paper) and textile industry were developed and its technology has been spread nationwide. NICCA CHEMICAL has also been developed with Fukui and has gone global with its surfactant technology. We also thought that this facility would be the source of innovation symbolizing “Fukui to the world” and planned a bustling urban space “Bazaar” where information and technology intersect. In accordance with the “Boulevard(main street)” that encourages information communication, “Researcher’s house (laboratory)” and “Plaza (Commons)” where various activities are possible were placed. There are three plazas facing the main street, and the cube space of 6m×8m×7m stereoscopically overlaps. The cube space in this three-dimensional plaza has functions of office, meeting, stage, presentation, event space, cafe, restaurant. The facility was constructed three-dimensionally so that the line of sight of all the space passes through. The open innovation center where the working style is presented as in the museum was completed. (Tetsuo Kobori / Tetsuo Kobori Architects)

 

【NICCA INNOVATION CENTER】
Location:4-23-1, Bunkyo, Fukui-shi, Fukui
Open:Oct. 23rd, 2017
Designer:Tetsuo Kobori Architects Tetsuo Kobori
Floor area:7,296㎡
Photo:Takahiro Arai

 

NICCA INNOVATION CENTER是把日本国内屈指可数纤维产地福井县作为据点的纤维专用药剂厂商日华化学的研究开发室。福井县从古代一直受到外国文化的影响,并且因地理原因而富有清水,于是在那里越前日本纸及纤维行业就发达,那些技术传到全国了。日华化学也是随着福井县发展以界面活性技术为进入了世界。这次我们设计这所研究室之际为了成为技术革新的起点,要打造出来信息和技术交流的热闹集市。在室内沿着促进沟通的一条“大街”我们设置了研究员的房子和活动广场,这是“实验室”及“市民场”。面向大街共有三个广场,6米×8米×7米的立方空间交叉广场。此广场具有许多功能,像办公室、会议室、舞台、演示场所、活动空间、咖啡厅,食堂。我们都把那些空间立体地构成以便所有的视线穿过去,为了把研究员工作当做一种展品特意建造了开放式技术革新研究室。(小堀哲夫/小堀哲夫建筑设计事务所

 

【NICCA INNOVATION CENTER】
地址:福井县福井市文京4-23-1
开设:2017年10月23日
室内设计:小堀哲夫建筑设计事务所 小堀哲夫
实用面积:7,296平米
摄影:新井隆弘

nana’s green tea HEP FIVE店

n0
n1

n2

n3

n4

n5nana’s green teaを運営する株式会社七葉は、「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」。オーナーの言葉を借りれば、”日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店”をつくりたいという思いが表れている。
かつての茶人・小堀遠州は、千利休の「わび・さび」の心を受け継ぎながらも、そこに美しさ・明るさ・豊かさを加え、「綺麗さび」と呼ばれる「調和の美」をつくり上げた。具体的には、茶室に書院を加え、棚自体がデザインされていたり、広く王朝文化のデザインまで取り入れ、全てをひとくくりに茶室として取り込んでいる。
「nana’s green tea HEP FIVE店」では、古来から伝わるマテリアルである石・木・土と、現代のマテリアルの磁器タイル・ガラス・メラミン・ビニールクロス・塩ビタイル・ダイノックシートの融合を図り、現代の「調和の美」をつくり上げる設計を試みている。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所

 

nana’s green tea HEP FIVE店
所在地:大阪府大阪市北区角田町5-15
オープン:2017年7月21日
設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘 石井嘉恵 坂東美咲 堺 大紀
床面積:107.70㎡
客席数:49席
Photo:宮本啓介

 

Nanaha Co., Ltd., which runs nana’s green tea, is a company that transmits “New form of Japan” to the world with its specialty, green tea. High quality Matcha is offered in a menu arranged contemporarily such as Matcha latte. The space required in the store is not “Japanese style” but “modern tea room”. This plan reflects the owner’s idea “the store where customers can enjoy a traditional tea culture with contemporary interpretation”.
The 17th-century tea master, Enshu Kobori inherited the heart of “WABI SABI(quiet simplicity and subdued refinement)” of Sen no Rikyu, adding beauty, brightness, and richness into that, and created “beauty of harmony” known as “KIREI SABI(beautiful rust)”. Specifically, he added “Syoin(vestibule and several classy decorations)” to the tea room. In this new style, shelves themselves are designed, the design of dynasty culture is widely introduced, and everything is incorporated into one tea room.
In “Nana’s green tea HEP FIVE” we aim to fuse the traditional materials such as stone, wood and soil with the contemporary ones such as porcelain tile, glass, melamine, vinyl cloth, vinyl chloride and laminated plastic sheet, and attempt to create modern ” Beauty of harmony” design. (Masahiro Yoshida / KAMITOPEN

 

nana’s green tea HEP FIVE
Location:5-15, Kakuda-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:July 21st, 2017
Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida Yoshie Ishii Misaki Bando Daiki Sakai
Floor area:107.70㎡
Capacity:49 seats
Photo:Keisuke Miyamoto

 

经营nana’s green tea七叶和茶的七叶是一家以抹茶为桥梁,把“新日式”理念推送给全世界的公司。把高质量的抹茶融入现代风菜单,如:抹茶拿铁。他们追求的不是所谓日本式的店内气氛,而是现代风茶室。我们想表现出来的,借用老板的话来说就是“这是一家用现代语言解释日本传统的茶文化的店“。
曾经有一位精通茶道的茶艺师——一小堀远州,他不但继承千利休的“古色古香“的意境,而且自己加上了美丽、明亮、丰富的元素,打造出了被称为“漂亮的古雅风趣”的“和谐之美”。比如:茶室里加设了书院;装饰了搁板;采用了王朝时代设计,他把各种的元素都融合进了茶室。
我们在设计这家店之际要融合石、木、土等传统的材料以及瓷砖、玻璃、密胺、塑料布、氯乙烯花砖、单页胶片等的现代材料,就是要倾力打造传统与现代的“和谐之美”。(吉田昌弘/KAMITOPEN一级建筑师事务所

 

nana’s green tea 七叶和茶 HEP FIVE店
地址:大阪府大阪市北区角田町5-15
开业:2017年7月21日
室内设计:KAMITOPEN一级建筑师事务所 吉田昌弘 石井嘉惠 坂东美咲 堺大纪
实用面积:107.70平米
席位数:49
摄影:宫本启介

豆皿茶屋

m1

m2

m3

m4

m5石川県金沢市には日本を代表する伝統的な城「金沢城」があり、毎日多くの観光客で賑わいます。その金沢城を中心とした広大な敷地は金沢城公園と呼ばれています。金沢城公園を訪れる人々のくつろぎの場として、鶴の丸休憩館が完成し、その中に「豆皿茶屋」がオープンしました。この茶屋では、城内の名所である橋爪門と五十間長屋を一望でき、石川県の名産品を豆皿に少しずつ盛付けた品を楽しむことができます。そこで、美しい景観に馴染むように、過度なデザインを避けた、くつろげる空間を計画しました。縁台のような「庭見の席」、車椅子対応もできるテーブル席、お年寄りや海外の方にも喜ばれる小上がり席の3つのエリアは、自然素材の竹で区分けしています。また、「高見の席」は一段高くつくり、見通しがきく席としました。
日本を訪れる観光客は年々増えており、特に城はアジアの方々に人気のスポットになっています。「豆皿茶屋」が日本の伝統文化と共に、美しい景色と建物の融合を楽しめる場となるようデザインしています。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

「豆皿茶屋」
所在地:石川県金沢市丸の内1
オープン:2017年4月23日
建築設計:五井建築研究所
内装設計:CONSCIOUS 江原まゆみ
店舗面積:約91㎡
客席数:43席
Photo:高山幸三

 

There is a traditional Japanese castle called “Kanazawa Jo”, crowded with many tourists every day, in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture, Japan. The vast site with Kanazawa Jo in its center is called Kanazawa Jo Park. As a place to relax for the people who visit Kanazawa Jo Park, “Tsurunomaru rest house” is completed, and “Mamezara cyaya” (Small dish teahouse) opened in it. In this teahouse, guests can overlook the Hashizume-mon and Gojikken-nagaya, that are the attractions of the castle, enjoying Ishikawa prefecture’s famous foods on the small dishes. We planned a relaxing space avoiding excessive design in order to create a good match with the beautiful scenery. Three seating areas are divided with natural bamboo materials; garden viewing bench seats, table seats which is also suitable for wheelchairs, and raised-floor seats which elderly people and overseas guests prefer.
Tourists who visit Japan are increasing year by year, and a castle is a especially popular spot for Asian visitors. “Mamezara cyaya” is designed to be a place to enjoy the beautiful scenery and fusion of buildings, along with traditional Japanese culture. (Mayumi Ehara / CONSCIOUS)

 

【Mamezara cyaya】
Location:1, Marunouchi, Kanazawa-shi, Ishikawa
Open:Apr. 23rd, 2017
Architect:GOI Architecture & Associates
Designer:CONSCIOUS  Mayumi Ehara
Floor area:91㎡
Capacity:43 seats
Photo:kozo Takayama

 

日本西部石川县金泽市拥有一栋日本传统建筑的代表城池--金泽城,那里每天游客络绎不绝。以金泽城位中心,周围辽阔的土地被称为金泽城公园。最近那里刚建成一家名为“鹤之丸休憩馆”的休憩地,里面开设了“豆皿茶屋“。在这家茶屋,游客们既能一眼望到园里的名胜桥爪们和五十间大院的景观,也能享用到用”豆皿“(碟子)盛载的当地名产品。这次的设计着眼于不打扰眼前美丽的景色,避免流露出过度设计的痕迹,打造放松的空间。用天然材料的竹子来划分三个区域:像长板凳似的庭园席位;连轮椅也能推入的餐桌席位;对老人及外国人来说独具魅力的榻榻米席位。另外,我们把高位又拔高了一点,以便能有更开阔的视野。
近年访日游客一年年地增加,日本传统城池特别受亚洲游客青眯。为了让游客们感受到日本传统文化的同时,也能欣赏到景观和建筑的水乳交融,我们特意设计了这家豆皿茶屋。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

【豆皿茶屋】
地址:石川县金泽市丸之内1
开业:2017年4月23日
建筑设计:五井建筑研究所
室内设计:CONSCIOUS 江原まゆみ
实用面积:大约91平米
席位数:43
摄影:高山幸三

「アクシスバザー 2017」開催

 

AXISBAZAAR2017_flyer

12月8日(金)・9日(土)の2日間、東京・六本木のAXISビルで「アクシスバザー 2017」が開催される。ビル内店舗の対象商品を特別価格で購入できる年一回のセールイベント。優れたデザインと上質なライフスタイルをテーマに1981年オープンしたAXISビルは、ショップ、ショールーム、ギャラリー、ブラッセリー、レストランなどで構成される。詳細は下記WEBサイト参照のこと。

 

「アクシスバザー 2017」
会期:12月8日(金)〜9日(土)※一部店舗は10日(日)まで
時間:11:00〜19:00
会場:東京都港区六本木5-17-1 AXISビル/参加店舗および特設会場

www.axisinc.co.jp

BAMBOO AWARD 2017 発表!!

BAMBOO MEDIAでは、過去1年間に紹介した国内外の空間デザインの中から、特に読者の注目を集めた10のデザイン事例をBAMBOO AWARDとして表彰しています。第三回目となるBAMBOO AWARD 2017の受賞作品を発表いたします。
※注目度はPV数、検索数等から独自に算出しています。

GOLD Prize:「ニクノトリコ」(D:家所亮二建築設計事務所)

4bb364af050460d4c97195d286b61686

 


受賞者プロフィール

家所亮二(いえどころ・りょうじ)
iedokoro
(株)家所亮二建築設計事務所代表。1977年横浜生まれ。2001年中央工学校建築工学科卒業。設計事務所での経験はもちろん、現場監督、職人の経験を経て、12年HOUSE PLACE ARCHITECTURE association設立。14年(株)家所亮二建築設計事務所に改組。建築、インテリア、アート等形あるものであればジャンルは問わず。固定観念にとらわれない考え方とデザインでクライアントを豊かに幸せにすることを目的に活動。
http://riao.co.jp/jp/index.html

 

賞金:10万円
副賞:パナソニック「Space Player(スペース プレーヤー)」

スポットライト型プロジェクター。配線ダクト取付方式に加え、傾斜天井への設置や天井への演出が可能な天井直付け型と床置き型も新たにラインアップ。明るさ2000 lmタイプも新登場。
http://www2.panasonic.biz/es/lighting/shop/spaceplayer/

 

 

SILVER Prize:「SPARX House」(D:コクヨ)

s41

 

 

 

 

 

 

 

 

賞金:5万円
副賞Lumen Center Italia / LCI JAPANフロアーランプ「ASTOLFO(アストルフォ)」
LCI_ASTOLFO_02_CMYK

天然木の構造体に、ミニマルなラインのLED光源を融合させたフロアーランプ。精悍な槍のような印象の発光部は、木製の台座に刻まれた溝によって角度を変えることが可能。
http://lcij.jp/

 

 

BRONZE Prize:「光の邸宅」(D:曽根靖裕デザイン事務所)

c81

 

 

 

 

 

 

 

 

賞金:3万円
副賞KOKUYO 昇降テーブル「SEQUENCE(シークエンス)

img01


「立ち仕事」に関する多様な観察・研究をもとに開発された電動昇降テーブル。丸みをつけた天板、立ったまま手が届く収納類などを装備し、長時間の立ち仕事をここちよくサポート。
http://www.kokuyo-furniture.co.jp/products/office/sequence/index.html

 

 

 

入賞:「BED AND CRAFT TATEGU-YA」(D:トモヤマカワデザイン)
TATEGUYA_02

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「茶禅華(さぜんか)」(D:DESIGN STUDIO CROW)
z2

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「LIVNEX・NASTA 本社」(D:SAMURAI )
a

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「らーめん山頭火 沖縄那覇店」(D:ZYCC)
s2

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「権八 浅草吾妻橋」(D:グローバルダイニング)
2b8f3b1472474b03da2ffbb4f54de4d6

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「優り草」(D:インフィクス
621c62c0dc89a579899424c4818aacec

 

 

 

 

 

 

 

入賞:「GALLO GARAGE」(D:undesign)

g7

BAMBOO EXPO × KOKUYO まもなく開催!

P2-3_イベント2P4-5_ゲストprof
第9回目となるBAMBOO EXPOが、まもなく11月22日(水)~24日(金)の3日間、東京・品川の「コクヨ東京ショールーム」にて開催されます。今回も、豪華講師陣を招いての各種セミナー&トークイベントや「BAMBOO AWARD 2017」の表彰式等、盛り沢山の内容で皆様のご来場をお待ちしております。
BAMBOO EXPOは、「商環境」に関わる人や企業が集まり、新しい製品やサービス、プロジェクトなどを発表・共有するサロンとして2011年にスタートしました。回を追うごとに、さまざまな「異種交配」による「化学反応」が誕生しています。皆様お誘いの上、ぜひご来場ください。

BAMBOO EXPO × KOKUYO
開催期日:2017 年11月22日(水)/ 23日(木・祝)/ 24日(金)
開催時間:11:00~21:00
開催場所:コクヨ東京ショールーム http://www.kokuyo.co.jp/com/showroom/tokyo-sr/
     東京都港区港南1-8-35(JR・京急「品川」駅徒歩5分)
入場料:無料
出展企業:約80社
主催:BAMBOO MEDIA Co.Ltd. http://bamboo-media.jp/
協力:コクヨ株式会社 http://www.kokuyo.co.jp/

問い合わせ:株式会社バンブー・メディア
BAMBOO EXPO担当者
MAIL:info@bamboo-expo.jp

Ode

oo1_02 oo2_01

oo3_07

oo4_05

oo5_10

oo6_14
渋谷区広尾に計画された、ガストロノミーを提唱するフレンチレストランです。抒情詩を意味する「Ode」という店名には、フランス料理に日本の伝統や美意識を紡ぎ合わせ、ストーリー(詩)として表現するというオーナーシェフの想いが込められています。モルタルを塗り込んで仕上げたエントランスの扉を開け店内に一歩踏み入れると、Odeの世界が広がっています。まず目に飛び込んでくるのがサービス用のカウンターとグラス等を収納するための壁面什器。壁面什器の格段に配したライン照明の光がグラスに反射して妖艶な雰囲気を演出します。仕上げ素材には、グレーの色調で統一されたタイルやモルタル、木などを配しました。その他、13席のオープンカウンター、オープンキッチンを望む6席の半個室、4席の個室を設けています。さらに客席の頭上にはさまざまな色調や傾きを持った天井を設置。軒下のような空間をつくることで日本建築特有の美しさを表現すると同時に、異なる要素を紡ぎ合わせ一つのストーリーとして仕立てるOdeの世界観を体現させました。(松葉邦彦/TYRANT Inc.

 

Ode
所在地:東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾ビル2F
オープン:2017年9月23日
設計:TYRANT Inc. 松葉邦彦
床面積:114.05㎡
客席数:23席
Photo:藤井伸一郎

 

The French restaurant advocating gastronomy was planned in Hiroo, Shibuya-ku in Tokyo. The aspiration of the owner chef is put into the store name “Ode” which means lyric poetry, spinning Japanese tradition & aesthetic sense and French cuisine into a story (poetry). The world of Ode appears when guests open the entrance door finished with mortar and step into the store. The first things that grab guest’s attention are a serving counter table and a wall fixture for storing glasses. Light of the line lighting placed in the wall fixture reflects on the glasses, creating a fascinating atmosphere. For finishing materials, we selected tile, mortar, tree, etc. that were unified in a gray tone. Regarding capacity, the store has 13 open counter seats, a semi-private room with 6 seats where guests can see an open kitchen, and a private room with 4 seats. Furthermore, the ceiling with various color s and inclinations was installed above the guest seats. By creating a space like a room under eaves, we expressed the beauty of Japanese architecture. At the same time, we embodied the worldview of Ode, spinning different elements and making it as one story. (Kunihiko Matsuba / TYRANT Inc.)

 

Ode
Location:ST Hiroo Bld. 2F, 5-1-32, Hiroo, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 23rd, 2017
Designer:TYRANT Inc. Kunihiko Matsuba
Floor area:114.05㎡
Capacity:23 seats
Photo:Shinichiro Fujii

 

在东京・广尾被构想出一家追求绝味的法国餐厅,那就是Ode。“Ode”在古希腊语中是“抒情詩”的意思,借此表达老板也就是主厨的宏愿:把传统的日本审美融入到法国大餐中,以此来谱写一首餐桌上的“抒情詩”。客人打开用灰浆制的门扇一步踏入店内,就如同闯入了Ode的世界。首先印入眼帘的是服务台及收纳玻璃杯的墙面设计。墙面用具内设置的线状灯光反射到玻璃杯,打造出妖艳的氛围。在最后加工上我们统一采用了灰色瓷砖、灰浆、木头。
那家餐厅拥有13个开放式吧台座;面对开放式厨房的6席半包房;还有4席全包房。餐桌顶部的缤纷彩色和各种倾斜的天棚,不但打造出日式建筑特有的美感,让客人宛如置身于 屋檐下,同时也体现了Ode的世界观——把不同的元素完美地融合在一起。(松叶邦彥/TYRANT Inc.

 

Ode
地址:东京都涩谷区广尾5-1-32 ST广尾大厦2F
开业:2017年9月23日
室内设计:TYRANT Inc. 松叶邦彥
实用面积:114.05平米
席位数:23
摄影:藤井伸一郎