FEATURE

江戸前 鮨 服部

服部04

服部02

服部07

服部01

「江戸前鮨服部」は、「日本の食文化である鮨を世界に伝えるおもてなしの店」をコンセプトとし、内装は天然素材にこだわって江戸の“粋”や、日本の“わび・さび”を表現。東京・六本木から、世界に誇れる寿司文化を、日本建築の伝統美と共に世界に伝えるための旗艦店としてデザインしました。店舗の顔となる8mの一枚板でつくられた無垢材カウンターは、木曽の営林署から切り出された樹齢約500年のヒノキの官材を使用しています。カウンター上の光天井は七宝、かさね竜胆(りんどう)、龍目(かごめ)など日本の伝統文様による組み木で構成。個室のテーブルには、福島県産のヒノキとケヤキの一枚板を使用し、漆塗りを施した和紙、金箔貼りの壁により雅な空間を演出しました。また、建具を開放して使用することで、個室からも寿司職人の技を楽しめるように計画しています。この空間を訪れるお客様が、五感で日本の寿司文化を感じられるような店舗に仕上がりました。(須藤雅志/インヴィ

 

江戸前服部
所在地:東京都港区六本木7丁目4-12 ジャスミン六本木ビル1階
開店:2016年8月17日
設計者:インヴィ 須藤雅志 山田大介
床面積:93㎡(うち厨房21㎡)
客席数:28席
Photo:志摩大輔

 

The concept of “Edomae Sushi Hattori” is “the restaurant that shows Japanese food culture to the world with the mind of Omotenashi (hospitality in Japanse)”. The interior design expresses “Iki (smartness)”of Edo(Tokyo’s old name) and “WabiSabi (traditional Japanese beauty)”by using exquisite natural materials. The store was designed as a flagship store to transmit sushi culture and Japanese architectural beauty from Roppongi, Tokyo. We created an 8 meter counter table from 500-year-old solid Japanese cypress. The ceiling above the counter is made with traditional lattice works. The store has a gracious private room where a table is made of Japanese cypress & zelkova and walls are covered with lacquered Japanese paper and gold foil. When guests open the door of the room, they can watch and enjoy sushi chef’s techniques. We created the space where visitors can feel Japanese sushi culture through five senses. (Masashi Sudo / INVI)

 

Edomae Sushi Hattori
Location:Jasmine Roppongi bld. 1F, 7-4-12, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Aug. 17th, 2016
Design:INVI inc. Masashi Sudo Daisuke Yamada
Floor area:93㎡ (including 21㎡ kitchen area)
Capacity:28 seats
Photo:Daisuke Shima

opposite cellar

o6o1o3o4o5 北京市三里屯地区に建つインターコンチネンタルホテル内のバー。クライアントの要求は「昼間はワインを販売、夜はバーとして運営する場所」であり、高級品から安価な品まで豊富にそろえる店舗。また、外国人も集まる立地のため、その富裕層をもてなす高級感を持った空間にしてほしいということであった。区画は、90㎡の面積で上階スラブまでの高さが4.8mある空間だが、鉄骨の大梁や、梁下の消防設備や排水設備の配管などが本来の空間のポテンシャルを下げてしまっている印象を受けた。また、簡単に解決しようと天井板を貼ってしまうと、せっかくの高さと開放感が損なわれてしまう。この問題点とオーナーから要求を昇華させた空間が実現できないものかと塾考した。
その矛盾を解消し空間を美しく解くためのキーワードは「空中に浮かぶワインセラー」。まず、存在感の強い鉄骨梁を覆うようにスティール角パイプで組んだスペースフレームのワインラックを吊るし、2.4mより上部の吹き抜け空間をワインラックで満たすことで梁の存在を弱めている。ラックと木パネルの連続で作られた全体立面は美しいプロポーションを形成すると同時に、吊り式を採用したことでバーとしての十分な客席面積を実現している。壁面の仕上げは赤レンガタイル、樽を連想させる古材と黒鉄板、焼印が押された木箱木材の再利用など、よく連想されがちな「小洒落たワインセラー的情景」を意図的に再現した。
従来は床に置かれて整然と並ぶワインラックとボトルによる情景が、重厚感のある落ち着いた印象を与えるのに対し、それを反転させて上部から吊り上げ、更にワインセラー的世界から取り出すことで、別世界をつくり出し、訪れた人々にこれまでにない不思議な感覚と感動を与えている。(勝田規央/STUDIO+0601

 

「opposite cellar」
所在地:中国北京市朝陽区三里屯南路1号 インターコンチネンタルホテル3階
オープン:2016年7月16日
設計:STUDIO+0601 勝田規央 江藤 廉
床面積:86㎡
Photo:広松美佐江(北京鋭景撮影)

 

This is a bar in InterContinental Beijing Sanlitun in China. In the day time the store sells wine and in the night time serves various drinks from casual to premium. As for the interior design, creating a luxuriousness was requested by the owner to welcome rich international guests. The site had 90㎡ floor area and 4.8 meter ceiling height. We found that huge iron beams, firefighting equipment, and drain facilities are too much outstanding and decreasing the potential value of the space. It was easy to hide them with ceiling boards but that could eliminate openness. We sought the way to solve this problem and satisfy owner’s request.
The keyword for the solution is “Wine cellar in the air”. Wine racks made of steel pipes were hung from the ceiling surrounding the beams. The open ceiling space above 2.4 meters are filled with the wine racks, keeping enough space for guest seat areas. Reclaimed wood, black iron boards, and branded wooden boxes create an aura of “fancy wine cellar”. By placing wine racks and bottles in the air, that are usually on the floor, we successfully created the store that gives wonderful impressions to the guests. (Norio Katsuta / STUDIO+0601)

 

【opposite cellar】
Location:InterContinental hotel 3F, No. 1 South Sanlitun Road, Chaoyang District, Beijing, China
Open:Jul. 16th, 2016
Designer:STUDIO+0601  Norio Katsuta  Ren Eto
Floor area:86㎡
Photo:Misae Hiromatsu

GALLO GARAGE

g7 g2 g3 g4 g5 g6神戸・三宮、飲食店がひしめき合う狭いエリア。肉ビストロ「GALLO GARAGE(ギャロ ガレージ)」はその中で、一歩前に出た若きオーナーの“毒”ある3店舗目だ。デザインをするにあたり、遊びのある淫靡さを最も意識した。カウンターとビックテーブルを潔くシンプルなレイアウトにすることでマテリアルを強調。真鍮に鋲打ちしたカウンター、床には黒皮鉄板のフローリング、アンティーク品と縞鋼板を組み合わせたビックテーブルを設置。壁と床には躯体モルタルを用い、固く強いイメージを演出し、同時に壁面の装飾やビジュアルにより、ユーモアと優しさをプラスした。これらのアンバランスな要素を組み合わせることで、バランスのとれたにぎわいのある空間が生まれた。(キンヒロアキ/undesign

 

「GALLO GARAGE」
所在地:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-5-17 メープル三宮 3階
オープン:2016年12月22日
設計:undesign キンヒロアキ
床面積:63.5㎡(うち厨房14.0㎡)
客席数:22席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 


The small area in Kobe-Sannomiya where many restaurants are packed. The meat bistro “GALLO GARAGE” in here is a young owner’s challenging store that contains “poison”. To start panning the store’s design, we paid the biggest attention to playful eroticism. We emphasized materials through simple and straightforward layout of counter and big table. The brass counter is decorated with studs. The big counter made with antique item and checkered steel plate is placed on the bare black steel floor. Mortar walls and floors give hard and strong impressions yet decorations and visual expressions add humor and softness. We coordinated unbalanced items carefully and created the balanced bustling space. (Hiroaki Kim / undesign

 

【GALLO GARAGE】
Location:Maple Sannomiya bld. 3F, 2-5-17, Kitanagasa-dori, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Open:Dec. 22nd, 2016
Designer:Undesign Hiroaki Kim
Floor area:63.5㎡(including kitchen area 14.0㎡)
Capacity:22seats
Photo:Nacasa & Partners

Möbius loop production office of unbot inc.

u9
u3
u4 u5 u6 u7 u8上海で情報技術サービスを扱う「unbot」社のオフィスデザイン。IT業界は、物凄い速さで技術が更新され、企業のサービスや体制も随時変化を求められています。また、IT業界の人々にとって直接的なビジネスコミュニケーションが改めて重要になっています。そのことからunbot社のオフィスにも将来の変動する市場や提供するサービスに合わせた柔軟性、さらに誰もが集い対話できる気負わないリラックスした環境、さまざまなコミュニケーションを生むことに対応できる空間が求められました。これには、かけがえのない事業パートナーであるスタッフが、日々創造的で心身共に健康であるようにとのunbot代表・中町氏の願いも込められています。
unbotの企業理念は、顧客へ素晴らしいサービスを提供し、その結果の記憶を数多く残し、それをまた新しい課題に向き合うエネルギーに変え、限りのないサイクルをつくること。そこからデザインコンセプトは、メビウスの「無限の輪」を採用。社内で創造、交換、製造、成功、挑戦の無限のサイクルが生まれるように席配置がシームレスなゾーニング計画をしています。
また、人は企業を支える根本的な支柱であり、人の成長は企業の成長でもあります。それは樹木が茂り森を形成する成長過程に酷似しています。彼らは成長する為に多くの課題を共に乗り越え、その経験と時間と共に絆もより強くなります。その成長と絆のシンボルとして “菩提樹”をデザインに取り入れました。
Mobiusの輪のようにさまざまな創作やコミュニケーション、素敵な思い出が限りなく生まれ、樹木が森となるようなunbot社の繁栄を願います。(勝木知寛/PRISM DESIGN、文責BAMBOO)

 

「Möbius loop production office of unbot inc.」
所在地:中国上海市長寧区鎮寧路456弄 上海愚園里創意園D棟2楼
オープン:2017年3月27日
設計:PRISM DESIGN 勝木知寛
床面積:440㎡
Photo:Studio W Wataru Ishida

 

PRISM DESIGN provided an office design for UNBOT—an information technology service company. In IT industry, technology is renewed in a very fast speed. So that the scale of a company would also expands quickly. That requires the office design to leave the elasticity space for the future expansion. Also, communication is significantly important for people in IT industry. The easier a conversation would be held, the more productive people would work here. In this design, we’d like to create a space that could accommodate both various communicating and relaxing atmosphere to release the stresses from work. So that staff would be much more creative and cooperative. UNBOT’s policy is letting customers leave with infinite of great memories for their cooperation and always facing new challenges. Therefore in this design, we used the “infinity” concept of Mobius circle. An infinite cycle was designed in the office as a symbol of creation, exchange, manufacturing, success and challenge. Individuals are the fundamental support of a company and each person’s growing path were extremely similar to the growing of trees. They both suffered a lot to grow up, while they also becoming stronger with time passing by. So that we used “tree” as a symbol of the columns. A Mobius circle, made by groups of excellent staff, various conversations and infinite wonderful memories, was PRISM DESIGN’s best wishes for UNBOT’s new office.
(Tomohiro Katsuki / PRISM DESIGN)

 

【Möbius loop production office of unbot inc.】
Location:2nd floor – TOWER_D ,No.465 J Zhenning Road,Changning District,Shanghai,China
Open:Mar. 27th, 2017
Designer:PRISM DESIGN Tomohiro Katsuki
Floor area:440㎡
Photo:Studio W Wataru Ishida

光の邸宅

c8

c9
c3
c4
c5c6
横浜市に建つ、邸宅型葬儀場の設計。故人・遺族の親しい親族、友人と共に、少人数でゆったりと
故人を偲ぶ時間を過ごすための葬儀場として、しきたりやマナーにとらわれず、故人や遺族の意思を尊重した「別れの時間」を生み出すことができる空間が求められた。葬儀場という場には、遺族・参列者としてその場に「入っていく別れ」と、故人が出棺され「出ていく別れ」が存在する。この建築は、間口10m、奥行き20mの敷地に建つ、一本の「別れの道」をコンセプトとしている。間口2mのエントランスを入ると、一番奥に飾られた遺影が目に入る。そして一切の開口部のない内部を奥へ奥へと進むにつれ、建物の形状は広がり、たどり着いた祭壇の間口は敷地いっぱいとなり、四方に開かれたスリットから、その時々の外光が差し込む。幻想的にも感じる静寂の空間だ。その空間の手前には、常に故人を近くに感じながら、「その日だけの日常」を過ごすことができる空間構成を行った。(曽根靖裕/曽根靖裕デザイン事務所

 

「光の邸宅」
所在地:神奈川県横浜市南区二葉町2-18-4
オープン:2017年2月18日
設計:曽根靖裕デザイン事務所 曽根靖裕
床面積:建築面積/147.20㎡ 延べ床面積/210.97㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

A house-type funeral hall in Yokohama city. We were requested to create a space for “Time for farewell” where family, relatives, and friends can commemorate the deceased without being bothered by rules and manners. A funeral hall usually has entrance and exit for both funeral attendants and the deceased. This architecture’s concept is one “farewell road” created on 10-meter width and 20-meter depth site. When you walk into the building through the 2-meter width entrance, you will find a portrait of the deceased in the innermost. There is no window in the inside and the deeper you walk into, the wider space you will find. In the innermost with the alter, space is fully stretched in the lot area and seasonal natural light comes from slits made in four corners. This is fantastic and tranquil space. The attendants can feel the deceased close on this “usual day”. (Yasuhiro Sone / SONE YASUHIRO DESIGN Inc.)

 

【CASA del LUZ】
Location:2-18-4, Futabacho, Minami-ku, Yokohama, Kanagawa
Open:Feb. 18th, 2017
Designer:SONE YASUHIRO DESIGN Inc.  Yasuhiro Sone
Building area:147.20㎡
Floor area:210.97㎡
Photo:Nacasa & Partners

ART PHOTO TOKYO

21
a2
a310
a5
a6

「アートフォト東京」の会場となった茅場町にある空きオフィスビルは、ところどころ古き良き昭和の丁寧なディティールがあるが、良くも悪くも「廃ビル」といった感じ。このビルの1~3階、8~9階を使い、30以上ある各階の部屋のレイアウトはそのままに、ギャラリーやフォトグラファーの作品を展示するため、各展示室をつなぐ動線計画と共用部分をデザインした。
同イベントは、アートとしての写真だけでなく、ファッションやコマーシャルの世界で活躍するフォトグラファーの作品を並列にパッケージした見本市で、さらにイベント自体を東京発信のコンテンツとしてプレゼンテーションする必要があった。そこで、廃ビルのコンテクストや様々な作家の個性や多様性を受け入れられる、ニュートラルだがラグジュアリーブランドと赤ちょうちんが同居しているような、アクの強いプラットフォームを目指そうと考えた。
また、同イベントは4日間だけのため、設営に手間がかからない工事現場で足場を作る単管パイプを採用。組立が簡単で、何より安い。ラフな仕上げのままでもカッコいいが、ピカピカの金メッキに仕上げた。ローファイな材料とゴールドを掛け合わせることで、ラグジュアリーさとラフさ、どちらかの価値観を否定せずに同居させることを狙った。また、単管パイプとベニヤ板のピカピカとザラザラという質感のコントラストもつけている。
エントランス、受付、スポンサーブースなどがある明るく上品に設えられた1階から、展示室がある2階へと続く階段以降は、壁紙と床を剥がしただけのラフな状態。照明はサインを兼ねた撮影機材だけにし、ここでもコントラストを付けている。また展示室だけ綺麗になることで、そこに至る廊下や階段が、楽屋裏のように感じてしまうのを避けるため、2階の最初の展示スペースは、残置物を積み上げてパーティションをつくり、いきなり楽屋裏に展示がしてあるような状態をつくった。
「誰かに見せるためにデザインされたもの」と、「たまたまそこにあったもの」を等価に感じる体験を通してあらゆるものを面白がることができるきっかけになってくれれば嬉しい。(元木大輔/Daisuke Motogi Architecture

 

【ART PHOTO TOKYO】
会場:東京都中央区日本橋茅場町1-6-12 茅場町共同ビルディング
会期:2016年11月
設計:Daisuke Motogi Architecture 元木大輔
施工:TANK
床面積:4502.05㎡
Photo:長谷川健太

 

We were commissioned to design an art fair venue using a vacant building in Kayaba-cho. Basically, the building was composed of a typical office building layout where the office compartments line up on both sides of the central corridor. You can find some good “retro” architectural details from the 70’s in some of the rooms, while there are other rooms littered with random bits and pieces, as if someone had to ran away under the cover of the night– it was more or less a “run-down” building.
The exhibition would take place on the 1st to 3rd floors, and 8th to 9th floors, where art galleries and photographers exhibit their works at the existing 30-plus office compartments on each floor. The client’s request for us was to plan the circulation route, design the passage and the common area.
It is interesting to note that there are two types of architectural or space design commissions; one is that the client asks you to design “contents” based on a certain story or a concept, such as in the case of shop design; the other is to design a “container” or platform” serving as a background, like art museums or houses. Although in my view, a container could also serve as a content at the same time. 
ART PHOTO TOKYO like a “trade fair” of photographic works; we were requested to design an exhibition venue where not only artistic photographic works, but also all kinds of photographic works, from fashion to advertisement, are displayed side by side in multiple packages. In other words, the venue was expected to serve a platform as well as packaged contents.
Since ART PHOTO TOKYO was a four-day event, an easy construction method and materials were preferable. For this reason, we decided to tube pipes used for scaffolding; they are cheap and can be assembled easily. We decided to finish them with shiny gold plating, because the roughness of the material and the joint detail did not match the atmosphere of the place dealing with high-priced art works; and also I didn’t want to exaggerate temporariness and roughness associated with steel pipes. The counter was made of steel pipes finished with gold; here luxury and roughness were integrated without negating each other. Then, the plywood countertop was placed on top of the steel pipe legs, creating the contrasting effect of smooth and rough materials.
Entrance, reception counters, and sponsor booths were designed with lightness and elegance. In contrast, we maintained the rough texture of the stripped-off walls and floor of the stair and passage leading to the exhibition spaces on the second floor; the space is kept dark, illuminated only with ambient lighting for photo shooting, marked with the direction arrow sign.
We wanted to provide an ambiguous experience where we can hardly tell which parts are designed and which parts are garbage by reversing the “front” and the “back” from the beginning, because such space would accommodate diverse works in a more generous way. By doing so, we wanted to transform the existing corridor and stair into a space where all kinds of elements are juxtaposed, rather than simply treating them as circulation routes. By equally appreciating “what is designed” and “what happened to exist there”, we hope to provide an opportunity where people develop an eye to discover and appreciate diverse things without preconception.(Daisuke Motogi / Daisuke Motogi Architecture

 

【ART PHOTO TOKYO】
Location:Kayabacho Kyodo Building, 2-13-13, Kayabacho, Nihonbashi , Chuo-ku, Tokyo
Period:November, 2016
Designer:Daisuke Motogi Architecture  Daisuke Motogi
Construction:TANK
Floor area:4502.05 m²(including Exhibition Area)
Photo:Kenta Hasegawa

THE BODY RIDE #GETOVER

b1b2


b3
b4 b5 b6
b7b2東京・六本木にあるパーソナルトレーニングジム「THE BODY RIDE(ザ ボディー ライド)」は、一人ひとりの目的やスタイルに合わせてオーダーメイドされた“サードウェーブワークアウト”を提供する会員制の完全オーダーメイドジムである。日本初導入の「スキルミル」を始めとした最先端のマシンの数々、そしてシャワールームなども完全貸し切り型でアメニティーも充実し、まさにワンランク上のプライベートジムと言える。
「THE BODY RIDE」のサテライトジム「#GETOVER(ゲットオーバー)」は、地下2階に位置する秘密基地のような空間だ。ここでは数名でのグループトレーニングを主とし、トレーナーがスタートボタンを押すとスタジオの照明が消え、トレーニングに連動して数分の間カラーLEDの光が動き出し、重低音の効いたBGMが鳴り響く。そのカラーLEDとBGMで利用者が気持ちを高めながら、暗闇の中で自分の限界を出し切る効果を狙っている。日々様相が変化していくトレーニングジムの中で、世界的に見ても新しいジム空間の在り方を表現できたのではないかと思う。(藤井文彦/fan Inc.

 

THE BODY RIDE #GETOVER
所在地:東京都港区六本木7-4-12 ジャスミン六本木ビル 地下2階
オープン:2016年11月15日
設計:fan Inc. 藤井文彦 古村浩一
床面積:94.9㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

“THE BODY RYDE”, a personal training gym located in Roppongi, Tokyo, is a membership gym that provides custom made “third wave workout” according to each user’s purpose or style. Equipped with most-advanced training machines such as SKILLMILL, introduced for the first time in Japan, private shower rooms, and various amenity items, the gym offers a higher-grade training menus and services. “#GETOVER”, a satellite of “THE BODY RYDE”, is in the second basement floor that has a secret base atmosphere. The satellite mainly provides a group training with a few people. The light goes off when a trainer push a start button and then colorful LED lightings linked with training illuminate the space with deep bass background music. Trainees get cheered up with LED&BGM and can go all out to train.
Now there are many styles of gym in the world. We believe that we could put a new face on this field with “THE BODY RIDE #GETOVER”. (Fumihiko Fujii / fan Inc.)

 

THE BODY RIDE #GETOVER
Location:Jasmine Roppongi Bld. B2F, 7-4-12, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Nov. 15th, 2016
Designer:fan Inc. Fumihiko Fujii  Koichi Furumura
Floor area:94.9㎡
Photo:Nacasa & Partners

manica camicia

m1

m2

m3

m4

m5
店名の「manica camicia(マニカ カミーチャ)」とは、ジャケット製作の技法で、容姿にこだわりを持つイタリア人による、肩回りが窮屈にならず着心地を良くする技法である。この店もまた本格的なイタリアンレストランでありながら、「ゆったりとした気持ちで食事を堪能できる」というオーナーシェフの思いが店名になっており、日本全国の旬な食材を生かした料理を提供する。
名古屋のオフィス街の裏通りを歩くと、突如、和風の情緒ある門が現れる。この門は庭の中で使われる中門を正門として使用したもので、ひっそりと茶室へ入っていくような、まさに隠れ家の佇まい。庭では大きな紅葉が客を出迎え、四季を感じさせる。店内は和素材で構成した空間に北欧の家具や照明が共存し、伝統的な和の風格を持ちながら温かみのある心地良い空間となっている。一枚板のナラ材のカウンター上部には、垂れ壁に無数の竹の輪切りが施され、反対側のワインセラーに映り込む。各所に配置されたシェフの趣味である盆栽も見どころの一つだ。(神田健太郎/DESIGN OFFICE KENTARO)

 

「manica camicia」
所在地:愛知県名古屋市東区東桜1-3-22 ヴィア―レアルベルゴ 1階
オープン:2016年12月8日
設計:DESIGN OFFICE KENTRAO 神田健太郎
施工:SPW TAHARA
床面積:88.94㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The store’s name “manica camicia” means a special technique of jacket tailoring in Italian that enables your shoulders to move more comfortably. The name was decided by chef/owner of the restaurant who wanted his store to be a place where “customers can enjoy Italian cuisine in a relaxing atmosphere”.
In the backstreet of an office area in Nagoya, Japanese style romantic gate suddenly appears. This kind of gate is widely used as an inner gate in a garden. By using it as a main entrance, we created a hideaway air as if customers were stepping into a hidden teahouse. A huge maple tree welcomes guests in the garden, showing different faces in each season. The store interior consists of several Japanese materials. Nordic furniture and lightings coexist with them and create a classy yet heartwarming and comfortable feeling in the space. A large number of sliced bamboo objects are set above a counter table made of oak, reflected in a wine cellar. Bonsai(miniature potted plant), that is a chef’s hobby, placed in the store also pleases the eye. (Kentaro Kanda / DESIGN OFFICE KENTARO)

 

【manica camicia】
Location:Viare ARBERGO 1F, 1-3-22, Higashisakura, Higashi-ku, Nagoya-shi, Aichi
Open:Dec. 8th, 2016
Designer:DESIGN OFFICE KENTRAO Kentaro Kanda
Construction:SPW TAHARA
Floor area:88.94㎡
Photo:Nacasa & Partners

SPARX House

s4
s3
s2

s1 のコピー

「SPARX」は、“世界で最も信頼、尊敬されるインベストメント・カンパニー”を目指す、日本を代表する独立系の上場投資会社だ。日本企業などの潜在価値を徹底的なリサーチで明らかにした上で投資することで、国内外の投資家から幅広い支持を得ている。そこで、オフィスのテーマを “日本が持つポテンシャルからオフィスをつくる” とした。
コンセプトは“SPARX House”。さまざまな個性や才能を持つ社員が、家族のように一丸となり心新たに出発することを意味する。空間はLiving、Dining、Kitchen、Court(中庭)といった家の要素で構成。玄関口には新たな出発のエンブレムとして企業のポリシーを表現した暖簾を掲げた。また日本独自のレイヤーによる空間構成からヒントを得て、Stageとよばれる階段状の空間では、その奥にあるLivingと高低差を設け、両者がお互いの視線を気にすることなく景色を楽しめるよう計画している。天井には、三軸織物という日本の最先端素材を用いて3次元に型押しされた膜を掛けた。オフィス全体にわたり、随所に日本の潜在力を活かした環境が広がる。(佐藤 航/コクヨ

 

SPARX House
所在地: 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス6階
開設:2016年
設計:コクヨ 佐藤 航 大島さえ子
プロジェクトマネジメント:オフィスブレイン 長島篤史(現クラウドナイン・コンサルタンツ) 山崎二郎
照明デザイン:Modulex 森田大介
アート:壁画さ組 佐倉康之
写真:瀬尾泰章
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

SPARX is a leading listed investing company in Japan that aims to be “the world’s most trusted and respected company”. The company is favored by investors both at home and overseas because of its thorough research of potential values of Japanese companies before investing. Therefore, we decided the design theme of their office as “creating the office based on Japan’s potential”.
The concept is “SPARX House”. It means members with various personalities or talents work as one family. The office space consists of living, dining, kitchen, and court just like a house. Japanese style store curtain is set as an emblem of a new beginning at the entrance. Inspired by Japanese unique layer structure, we made a height difference between stage, space with steps, and living so that workers can enjoy sceneries, avoiding other workers’ gazes. The ceiling is decorated with Japanese traditional textile processed in three dimensions with the cutting-edge technology. Japanese potentials can be found across the office. (Wataru Sato/KOKUYO

 

SPARX House
Location:Sinagawa Seasons Terrace 6F, 1-2-70, Konan, Minato-ku, Tokyo
Open:2016
Direction & Design:KOKUYO  Wataru Sato  Saeko Oshima
Project management:office brain Atsushi Nagashima(currently Cloud Nine Consultants)  Jiro Yamazaki
Lighting Design:Modulex Daisuke Morita
Art:Hekiga SAgumi Yasuyuki Sakura
Picture:Hiroaki Seo
Photo:Nacasa & Partners

1 / 3512345...最後 »