FEATURE

乃村工藝社 Reset Space

n1

n2

n3

n4

n5

n6

n7-2

n8

東京・台場に本社を置く乃村工藝社が、執務スペースであった1フロアを社員用コミュニケーションスペースとして改装したプロジェクト。若手の社員から企画を募り、採用されたチームが主体となりデザイン、設計、施工の全てを手掛けた。(1)会話する、(2)くつろぐ、(3)飲食する、(4)集中する、(5)体を動かす、という5つのゾーンをつくり、社員一人ひとりが活力を取り戻し、つながりを深められるような空間構成としている。気持ちをリセットできる空間であるために「かっちりキメすぎないゆるさ」をテーマに、機能性ばかりを追求するのではなく、ムダや遊びの感覚もちりばめ、ヌケ感を大事にしてデザインした。普段の設計業務では提案できない節のある木材や、床材をテーブルの天板に使用するなど自分たちの実験の場としても機能するよう心掛けた。空間を創って終わりではなく、社員が自発的にこの空間を活用し、成長し続ける場になればと思う。(山野辺 学/乃村工藝社

 

「乃村工藝社 Reset Space」
所在地:東京都港区台場2-3-4
開設(リニューアル):2018年6月28日
設計:乃村工藝社 山野辺 学 小杉今日子 深野友規
床面積:590㎡
Photo:木村文平

 

This project was the renovation of Nomura Co., Ltd. Office, having head quarter in Daiba, Tokyo, and this was to remake an office space floor into a communication space for employees. The plan of the project was recruited from young employees and the owner of the selected project worked on all of design, planning and construction. The space was organized to make each employee could regain vitality and deepen the connection by creating five zones of (1) talking, (2) relaxing, (3) eating and drinking, (4) concentrating, (5) moving the body. To design the space for people to reset their feelings, the theme of design was “the looseness not to be too formal” and it was created not only pursuing functionalities but also inlaying the useless things and pieces of joy to express effortlessness as an important factor. I also tried to utilize the project as the experimental place of using materials which we cannot use in daily design project such as wood with knots and flooring materials on the table top. I hope that the space become not only a completed design but also the place in which each employee can keep growing using the space spontaneously. (Manabu Yamanobe / NOMURA)

 

【NOMURA Reset Space】
Address:2-3-4, Daiba, Minato-ku, Toky
Renewal date:28, Jun, 2018
Design:NOMURA Manabu Yamanobe Kyoko Kosugi Tomonori Fukano
Floor area:590㎡
Photo:Bunpei Kimura

 

这是总公司位于东京・台场的乃村工藝社将原来的办公楼层改装成员工沟通室的项目。从年轻的员工中征集企划,被采用的团队作为主体全面负责设计、施工。我们根据不同的功能把空间划分成了5大区域:交流、休息、餐饮、静思、健身,以便全体员工既能在那里恢复活力、又能进一步加深关系。为了让员工们“复活”,以“不过于严实(恰到好处)的宽松感”为主题,我们不是刻意追求其功能性,而是想点缀以消遣、游乐的感觉,设计上注重宽松度。而且我们有意趁这个机会去尝试,如采用平时不能用的节子多的木材;把地板材料用于桌面等。我们希望这个空间的创立并不是终点,而是员工自主利用这个空间,不断成长的起点。(山野边学/乃村工藝社

 

【乃村工藝社 Reset Space】
地址:东京都港区台场2-3-4
改装开设:2018年6月28日
室内设计:乃村工藝社 山野边 学 小杉今日子 深野友规
实用面积:590平米
摄影:木村文平

京都二条苑 銀座八丁目店

001

002

003

004

005

006

「京都二条苑 銀座八丁目店」は、慶長16年に建設された日本庭園をもつ御屋敷料理店「がんこ 高瀬川二条苑」の新店舗。銀座中央通りにありながら、伝統ある京都二条苑の雰囲気と京料理を味わえることをコンセプトに計画された。エントランスにはプロジェクターを使用し、格子の奥に二条苑の庭の昼景・夜景を動画で映し出し、格子窓の向こうに日本庭園が広がっているように演出。メインホールは中央に存在感のあるアンティークの屏風絵を設置し、インパクトと落ち着きのある空間としている。また、大人の街、銀座に必要な個室空間も意識したつくりも特徴。各個室は木の温かみを感じさせ、デザインが主張しすぎないことで、銀座の客層と、二条苑の京料理に相応する空間になったと思う。(沼田行正/沼田行正デザインオフィス

 

京都二条苑 銀座八丁目店
所在地:東京都中央区銀座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 8階
オープン:2018年3月16日
設計者名:沼田行正デザインオフィス 沼田行正 平田靖享
床面積:265.62㎡
客席数:82席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“Kyoto Nijoen Ginza 8-chome shop” is a new store of “Ganko Takasegawa Nijoen”, a Turf-House restaurant with a Japanese garden built in 1611. It was planned with the concept that guests can enjoy traditional atmosphere of Kyoto Nijoen and Kyoto cuisine while being in Ginza center street. The projector at the entrance reflects the movie of Nijoen garden both during daytime and nighttime onto the wall behind the lattice, directing as if the Japanese garden is spreading over the lattice window. The main hall is designed to be a space with impact and calm with an antique folding screen painting with a sense of presence in the center. In addition, it is also specialty of the restaurant that the space design includes private rooms, which is necessary for Ginza, the city of adults. The space become suitable to the customer range of Ginza and Kyoto cuisine of Nijoen as each private room produces the warmth of the tree and the design is not too assertive. (Yukimasa Numata / numata design office)

 

Kyoto Nijoen Ginza 8-chome shop
Address: 8F, JEWEL BOX GINZA, 8, 9, 15, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Opening date: 16, Mar, 2018
Design: numata design office Yukimasa Numata Yasutaka Hirata
Floor area: 265.62㎡
Capacity: 82 seats
Photo: Nacasa & Partners

 

于西元1611年建成并且拥有一座日式庭园的日式宅邸餐厅「GANKO 高濑川二条苑」旗下所开设的一家新店舖「京都二条苑 银座八丁目店」位于银座中央通,我们计划以品尝京都菜肴及感受京都二条苑的传统气氛作为设计概念。我们在入口处使用投影仪,将二条苑庭园白天和夜晚的景观作成动画投影在木格栅内,彷彿能透过格子窗感受到日式庭园的美景及延伸视野。在主厅设置了一个古色古香的屏风画,除了吸晴的存在感外,也使其成为一个充满冲击和平静的空间。此外,我们也意识到在银座这个成年人聚集的地方, 设置独立包间也是空间里必需的。每个包间採用木头元素做设计,让客人感觉到树木的温暖以及不过份装饰的沉稳内敛,打造一个符合银座客群,也与二条苑的京都菜肴相呼应的空间。(沼田行正/numata design office

 

京都二条苑 银座八丁目店
地址:东京都中央区银座8-9-15 JEWEL BOX GINZA 8F
开业:2018年3月16日
室内设计:numata design office 沼田行正 平田靖享
实用面积:265.62㎡
席位数:82
摄影:Nacasa & Partners

お好み焼 千房 セレオ八王子

c1

c2

c3

c4

今回のプロジェクトは、JR八王子駅から直結の駅ビル、セレオ八王子のレストランフロアのリニューアルに伴った「お好み焼 千房」の新規出店。シニア層が多い施設のため、和風で情緒を感じるデザインベースにスタイリッシュでモダンなラインの引き直しを行いデザインした。ファサードは木札の表札、入口の暖簾、坪庭を感じさせる笹の目隠し。どこか町家を連想させる店舗の顔づくりを目指した。店内には「千房」の由来である千の房を表現する、瓢箪をモチーフに光の壁を計画し、店外からも効果的なアイキャッチを計画した。(平野大偉/イチミリデザイン

 

お好み焼 千房 セレオ八王子
所在地:東京都八王子市旭町1-1 セレオ八王子北館9階
オープン:2017年9月1日
設計:イチミリデザイン 平野大偉
床面積:86.56㎡
客席数:38席
Photo:adhoc 志摩大輔

 

This project was for the new opening of “Okonomiyaki Chibou” accompanied by the renovation of the restaurant floor of Celeo Hachioji which is the station building directly connected to JR Hachioji Station. As there are many senior customers, it was designed based on Japanese taste and traditional atmosphere with newly drawn stylish and modern lines. Façade was created with the wooden nameplate, the goodwill of the entrance, and the bamboo blindfold that made the feel of Japanese court yard, and aimed to make the shop front to have somewhat a town house taste. In the store, the light wall with motif of gourd, expressing a thousand tassels which is the origin of “Chibou”, was designed to be an effective eye catch from outside the restaurant. (Hirano Dai / Ichimiri Design)

 

Okonomiyaki Chibou Celeo Hachioji
Address:9F, North, Celeo Hachioji, 1, 1, Asahicho, Hachioji-shi, Tokyo
Opening date:1, Sep, 2017
Designer:Ichimiri Design Hirano Dai
Floor area:86.56㎡
Capacity:38 seats
Photo:adhoc Daisuke Shima

 

这个项目是伴随着JR八王子站直接连接的车站大楼「Celeo Hachioji」的餐厅楼层翻新之际, “大阪烧(御好烧)千房(Okonomiyaki Chibo)”的新店也开业了。 因为这是一个备受银发族喜爱的设施,我们以日式情感为基底,并且运用时尚和现代的线条来设计。店家的门口挂了块木质铭牌,入口处的布帘,以及利用竹叶做为屏风来遮掩内部的空间。 我们希望创造出一个能够让人联想起某个铺面房的商店。 为了体现店名「千房」的由来,我们在商店里规划了一面带有葫芦图案的光墙。这个设计即使是从店外观看也能达到吸睛的效果。(平野大偉/Ichimiri Design

 

大阪烧(御好烧)千房(Okonomiyaki Chibo)Celeo Hachioji
地址:東京都八王子市旭町1-1 Celeo八王子北館9階
开业:2017年9月1日
设计:Ichimiri Design 平野大偉
实用面积:86.56平米
席位数:38
摄影:adhoc 志摩大辅

WOODY PARTS Factory Office

w1

w2

w3

w4

w5

富山県高岡市にあるプレカット工場の2階部分に新設されたオフィス。レセプション、ラウンジ、ショールームを併せてリノベーションした。工場の独特な雰囲気を活かしながらオフィスとしての役割、機能を満たす空間を目指している。「人が共に歩んでいく森林」「人が生活するための木材」「人が豊かに過ごせる木空間」をコンセプトに、木の成長を理解し、木材と人が共に歩んでいくことをサポートする場を生み出している。レセプションは、社員や来客が奥行きのある空間を眺められるよう計画。それを象徴しているのがライブラリーのテーブルと照明、書棚だ。例えばリビングに食卓があり、その上に食卓を照らす灯りがあればそこには自然と団欒が生まれ会話が弾む。そういった体験をオフィスの一部で誘発させることで利用者の潜在的ニーズを引き出せるのではいかと考えた。幅20mほどの書棚は、動的な佇まいでその存在感を表している。歩き、眺めながら木に関するヒントを見つけられる書棚となっている。ショールームは、展示壁面が元工場空間を邪魔しないようメッシュ素材を採用し、奥行き感のあるBtoB、BtoC向けのプレゼンテーションスペースとなっている。明快なプレゼンテーションのために、説明的なショールームではなく手仕事や技術をビジュアル化し、一見アートギャラリーのような空間を計画した。時間が経つにつれ陳腐化しないよう情報のアップデートのしやすさも重視。従来の「住まい」に関する木材を使った「モノづくり」以外に、「住まう」ことに関連した「コトづくり」が生まれる空間を目指している。(越膳博明/乃村工藝社

 

「WOODY PARTS Factory Office」
所在地:富山県高岡市能町750
オープン:2017年7月30日
設計:乃村工藝社 越膳博明
床面積:526.12㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The office was newly established on the second floor of the precut factory in Takaoka city, Toyama prefecture. While making full use of the unique atmosphere of the factory, the space was aimed to fulfill the role and function as an office. The reception was planned to allow employees and visitors to view the space with depth. The library table, lighting and bookshelf were symbolizing that. The combination of table and lighting produced a place making social circle. The bookshelf about 20m wide showed its presence in a dynamic appearance. It enabled people to find the hints about trees while walking and watching. The showroom became the presentation space for BtoB and BtoC usage with depth using mesh material to avoid the display wall obstructing the former factory space. For a clear presentation, rather than an explanatory showroom, an art- gallery-like space was planned with visualizing handicrafts and technologies. We also regarded the ease of updating information as important factor to prevent the space becoming obsolete over time. Apart from “making things” using timber related to conventional “living”, I aimed for a space where “koto creation” related to “living” was born. (Hiroaki Echizen / NOMURA)

 

【WOODY PARTS Factory Office】
Address:750, Noumachi, Takaoka-shi, Toyama
Open date:30, Jul, 2017
Design:NOMURA Hiroaki Echizen
Floor area:526.12㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

位于富山县高冈市一个precut(预切)裁切工厂的二楼新设的办公室。在充分利用工厂独特气氛的同时,以打造办公室的角色及充满机能的空间为目标。在接待处,我们规划了让员工和访客能眺望深处的空间。选用了具有象征性的图书馆桌子、照明和书架。通过桌子和照明的组合,创造出一个让人们聚集畅谈的场所。约20米长的书架,展现出动感以及存在感,让人边走边看的同时,还可以找到有关树木的提示。在展厅方面,采用了网状材料,除了使展示墙不妨碍原有的工厂空间外,更打造出具有深度感且适合BtoB、BtoC的展示空间。为了更明白通畅的呈現展示,而非说明性的陈列室,我们将手工制品和技术可视化,规划出一个乍看之下像艺术画廊般的空间。还强调了更新信息的便利性,让展示不会随着时间的推移而老旧过时。除了使用一直以来与“住宅”相关的木材来“制造东西”之外,与“生活”相关的“创造多元化附加值”的空间是我们的目标。(越膳博明/乃村工藝社

 

【WOODY PARTS Factory Office】
地址:富山県高岡市能町750
开业:2017年7月30日
设计:乃村工藝社 越膳博明
实用面积:526.12平米
摄影:Nacasa & Partners

八百万ダイニング/つえたて温泉ひぜんや

yy1

yy2

yy3

yy4

yy5

yy6

yy7

yy8

「つえたて温泉ひぜんや」のビュッフェダイニング「八百万ダイニング」。杖立温泉は九州の福岡県・熊本県・大分県の中央に位置し、「ひぜんや」は杖立温泉郷を代表する旅館として、熊本県阿蘇郡と大分県日田市の県境にまたがる珍しい立地のホテルです。
店内は、ホテルの最大の特徴である「熊本県と大分県の県境をまたがっている」ことを活かし、各エリアを熊本と大分の伝統工芸や伝統技術を使ってデザインしました。熊本であれば「肥後まり」や「来民うちわ」を使った照明、「い草」で編み込んだパーティション。大分であればエントランスアプローチの竹灯籠の他、竹細工や竹編み技術を使った照明やパーティションなど、それぞれが広い店内でコントラストを効かせながらリズミカルに配置されています。さらにビュッフェエリアと客席を間仕切る格子組造作には、福岡の八女提灯を500個以上吊ることで、にぎやかでライブ感のあるビュッフェエリアと、落ち着いて食事のできる客席エリアそれぞれに一体感を持たせながら区分けしています。
また、杖立温泉は杖立川を挟んだ街並みが特徴的で、毎年その川を横切るように吊られる何千匹もの鯉のぼりが川の上空を泳ぐ「鯉のぼり祭り」が有名です。ビュッフェエリアのボーダータイルのグラフィック壁面は、そんな無数の鯉のぼりが泳ぐ感動の光景をイメージしたもので、杖立温泉ならではのオリジナリティーを生み出しています。
有名な温泉街でなくとも地方の旅館やホテルには、必ずその地域ならではのオリジナリティーが存在します。国内旅行でもインバウンドでも、お客様がわざわざその場所や施設に訪れてくれる意味をつくっていくことが、今後の旅館やホテルに必要なデザインだと再認識するプロジェクトとなりました。(藤井文彦/fan Inc.

 

八百万ダイニング/つえたて温泉ひぜんや
所在地:熊本県阿蘇郡小国町下城4223
オープン:2018年4月21日
設計:fan Inc. 藤井文彦
床面積:881.2㎡
客席数:223席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is the buffet dining of ‘Tsuetate Hot Spring Hinzenya’, ‘Yaoyorozu Dining’. Tsuetate hot spring is located at the center of Fukuoka prefecture, Kumamoto prefecture, and Oita prefecture in Kyushu, and “Hizenya” is a hotel with unusual location spanning the prefectural border of Aso county in Kumamoto Prefecture and Hita City in Oita Prefecture as a representative hotel of Tsuetate hot spring city.
Lighting using Kumamoto’s “Higo ball” and “Kutami Japanese fan”, Partitioned with “Igusa”, entrance approach using Oita’s bamboo lantern, and lighting and partition using bamboo crafts and bamboo knitting technique, were rhythmically arranged. In addition, more than 500 Yame lanterns of Fukuoka were hung for the latticework structure which partitioned the buffet area and the audience seating.
Also, in the buffet area, graphic wall surface of border tiles, which imaged “carp streamers festival” in which thousands of carp streamers are hung on the river as the specialty of Tusetate hot spring, were installed.
Even though it is not a famous hot spring town, local Japanese inns and hotels always have originality unique to that area. I rediscover that making the reason for guests to visit the place and facilities is necessary for the design of future Japanese inns and hotels. (Fumihiko Fujii / fan Inc.)

 

Yaoyorozu Dining/ Tsuetate Hot Spring Hizenya
Address:4233, Shimojo, Ogunimachi, Aso-gun, Kumamoto
Open date:21, Apr, 2018
Design:fan Inc. Fumihiko Fujii
Floor area:881.2㎡
Capacity:223 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

“杖立温泉肥前屋观光酒店”内的自助餐厅“八百万餐厅”。杖立温泉位于九州的福冈县、熊本县和大分县的交界处,“肥前屋”是杖立温泉区酒店的代表,此酒店的所在位置横跨了熊本县阿苏郡和大分县的日田市,实属难得的地理位置。
这家餐厅,借由“熊本县和大分县这个跨县边境地区”的特质,在设计方面充分将熊本县和大分县的传统工艺和传统技术等运用在各个领域。我们使用熊本县的“肥后手球(higo temari)”和“来民団扇(kutami uchiwa)”来装饰照明,使用灯心草编织屏风。并选用了大分县的竹灯笼,装置于餐厅入口处。同时竹子的工艺品与竹子的编织技术被巧妙地运用在照明与隔间区画上。另外,在自助餐区和坐席区的木作隔间里,我们设置了超过500个的福冈县著名的八女灯笼。
此外,我们运用了杖立温泉“鲤鱼旗节”的特色,在自助餐区的墙面上拼贴了大量的彩色磁砖,象征在河川上数以千计的鲤鱼旗图像。
即使不是著名的温泉镇,地区性的旅馆和酒店总有些独特的区域魅力和独创性。无论是国人的国内旅游亦或是海外旅客到日本旅游,我们必须创造出一个能让旅客们千里迢迢来到各个场所及设施的意义,我确信,这将会是今后旅馆和酒店所需要的设计。(藤井文彥/fan Inc.

 

八百万餐厅/杖立温泉肥前屋观光酒店 Tsuetate Kanko Hotel Hizenya
地址:熊本県阿苏郡小国町下城4223
开业:2018年4月21日
室内设计:fan Inc. 藤井文彦
实用面积:881.2平米
席位数:223
摄影:Nacaca & Partners

BBTower 5G Workplace / TRANSIT TUNNEL

b1

b2

b3

b4

b5

b6

b7

5G(第5世代移動通信システム)対応のインフラを構築し、AI、IoT時代を先導するBBTowerのオフィスである。インターネットの根幹である自律・分散・協調という概念を社員の働き方に採用した。コンセプトはTRANSIT TUNNEL。細長いビルの躯体をさらに4層にスライスし、細長いトンネル状の空間構成とした。それぞれ特徴のあるトンネルをゲートで結ぶことで、社員は働き方にあわせ多様な環境を、自由に旅を楽しむようにトランジットしながら働く。この軌跡は自律・分散・協調のネットワークモデルを想起させるドロネーラインに通じる。そのドロネーを働き方のシンボルメッセージとして照明やグラフィックなど様々なところにデザインとして取り込んでいる(佐藤航/コクヨ

 

「BBTower 5G Workplace _ TRANSIT TUNNEL」
所在地: 東京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷パークフロント9階
開設:2017年12月
設計:コクヨ 佐藤 航 原田 怜
ワークプレイスストラテジー・デザイン監修・チェンジマネジメント:CBRE 金子千夏 本多宏明 光山実穂
プロジェクトマネジメント:コクヨ 今井秀和
グラフィックデザイン:KARAPPO 三尾康明 斉藤真弥子
照明デザイン:ModuleX 森田大介 後藤ゆり
床面積:2,080㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is the office of BBTower that builds infrastructure compatible with 5G (5th generation mobile communication system) and leads the AI / IoT era. We adopted the concept of autonomy, distribution and cooperation as the basis of the internet, for employee’s way of working. Concept was TRANSIT TUNNEL. The space was composed as an elongated tunnel by slicing slim building into 4 layers.
By connecting gates of distinctive tunnels, employees work in diverse environments as if they transit to enjoy traveling freely, according to how they work. This trajectory reminds of Delaunay line reminiscing the autonomous, distributed and cooperative network model. This space is incorporating Delaunay as a symbol message of how to work in various places such as lighting and graphics as design. (Wataru Sato / KOKUYO)

 

【BBTower 5G Workplace _ TRANSIT TUNNEL】
Address:9F Hibiya Park Front, 2, 1, 6, Uchisaiwai-cho, Chiyoda-ku, Tokyo
Establishment:Dec. 2017
Design:KOKUYO Wataru Sato Satoshi Harada
Workplace strategy/ Design supervise/ Change management:CBRE Chinatsu Kaneko Hiroaki Honda Miho Mitsuyama
Project management:KOKUYO Hidekazu Imai
Graphic design:KARAPPO Yasuaki Mio Mayako Saito
Lighting design:Modulex Daisuke Morita Yuri Goto
Floor Area:2,080㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

这是构筑适应5G(第五世代移动通信系统)的基础设施,并领先人工智能及物联网时代的公司BBTower的办公室。以互联网的根本精神“自主、分散、协调”为员工们的工作方式,主题是“TRANSIT TUNNNEL”。将狭长大厦切成片四层,构建了更狭长的隧道状的空间。各个隧道各有特色,用门户连接各个隧道,员工们随着自己方式去选择空间,随时“换车”,好像自在旅游。那些动线令人联想到互联网具有“自主,分散,协调”的模式,以至通到所谓“德劳内图(几何学上的图形之一)”。我们以其德劳内图为象征,采用设计了照明、平面等各个地方。(佐藤航/KOKUYO

 

【BBTower 5G Workspace_TRANSIT TUNNEL】
地址:东京都千代田区内幸町2-1-6 日比谷park front 9F
开设:2017年12月
室内设计:KOKUYO 佐藤 航 原田 怜
战略・监修设计・管理:CBRE 金子千夏 本多宏明 光山实穗
综合管理:KOKUYO 今井秀和
平面设计:KARAPPO 三尾康明 齐藤真弥子
照明设计:ModuleX 森田大介 后藤YURI
实用面积:2080平米
摄影:Nacasa & Partners

KINTON RAMEN TOKYO

kk1

k3

k4

kk5

カナダのトロント、モントリオールで10店舗、韓国ソウルに1店舗展開しているラーメンバー「KINTON RAMEN」が、東京の三軒茶屋にオープンしたアジア地域の第2号店。人通りの多い道路から30mほど入った袋小路の奥にある立地的なハンデから、いかにお客さんをお店まで誘導するかを第一優先課題として設計しました。店先にある奥行き1000mmの空きスペースに、大きなキャノピー(庇)を設置し、軒下をかなり明るく照らすことで、暗い印象だった袋小路の道を明るく安心感のあるエリアに変えることを試みています。また、キャノピーは北米のビル建築に見られる特徴的なデザインにすることで、カナダ発祥のラーメン店というアイデンティティーを表現しました。軒下のラインライトは外部、客席、厨房へと繋げていくことで、お客さんの意識を奥へ奥へと誘導し、厨房のライブ感に目が向くようにしています。ダクトエアコンやリクレイムド天井、モルタルなどで北米のインダストリー感を演出しつつも、禅を意識したミニマルな表現に抑え、日本ではまだ馴染みがなけれど海外で大人気のラーメンバー・スタイルを、日本に提案する足がかりとなるデザインとしました。(橋本洋二/MODERAGE INC.

 

KINTON RAMEN TOKYO
所在地:東京都世田谷区三軒茶屋2-15-6 プラスキューブ三軒茶屋B棟1階
オープン:2018年5月18日
設計:MODERAGE INC. 橋本洋二
床面積:43.02㎡
客席:22席
Photo:佐藤 功

 

It is the second store in the Asian region opened in Sangenjaya, Tokyo. KINTON RAMEN is a ramen bar that has 10 stores in Toronto and Montreal, Canada and one in Seoul, Korea. This store located in a back of blind alley that entered about 30 meters from a busy road. How to guide customers to the store was designed as a first priority issue. Then there is a vacant space of 1000 mm in depth from alley to store front, and it was possible to use it freely. We installed a large canopy and illuminating the eaves a lot of brightly. Thereby I tried to change to area brightly and safety, from an alley had dark impression. The canopy expresses the identity of the ramen store originated in Canada by making it a distinctive design in North American building. The line light of the eaves extends from outside directly to the kitchen. Because, people notice to watch making ramen dynamic. We designed industry style in North America (duct air conditioning, reclaimed ceiling, mortar etc.), mixed Japanese ZEN. I try to design an original ramen bar even in Japan. I’m now trying to build on this. (Yoji Hashimoto / MODERAGE INC.)

 

KINTON RAMEN TOKYO
Location:Plus Cube Sangenjaya B-Bld 1F, 2-15-6, Sangenjaya, Setagaya-ku, Tokyo
Open:May 15th, 2018
Design:MODERAGE INC. Yoji Hashimoto
Floor area:43.02㎡
Capacity:22seats
Photo:Isao Sato

 

这是于加拿大・多伦多及蒙特利尔经营10家,于韩国・首尔经营1家的拉面吧“KINTON RAMEN”的亚洲地域第二家店。这次开业于东京・三轩茶屋。位于从大道走进死路30米左右的尽头,我们以如何让客人走到这家店为头等重要的课题。在这家店前面有进深1米的空间。我们被允许自在地利用这块地,设置了巨大的房檐,照耀了屋檐下,使这种死路阴沉的形象变到既明朗又安全。那个房檐,用北美建筑的特色设计,也表现这家店发源是加拿大。屋檐下的线状灯具有从外面连接到大厅区、厨房的效果,于是客人的意识被诱导到店内部,以便他们自然注意到厨房的生气。管道空调、古木天花板,灰泥等的因素让客人想象到北美的工厂,只是同时采用了能感受到“禅”的低调设计。总之,我们这次设计之际计划了把这家店作为国内介绍的开端,是因为他们在国外已经受欢迎,但日本国内还不太著名。(橋本洋二/MODERAGE INC.

 

KINTON RAMEN TOKYO
地址:东京都世田谷区三轩茶屋2-15-6 Plus Cube三軒茶屋B栋楼1F
开业:2018年5月18日
室内设计:MODERAGE INC. 桥本洋二
实用面积:43.02平米
席位数:22
摄影:佐藤功

Cozi Lounge

c1

c2

c3

c4

c5

c6

Hotel Cozi内に位置するCozi Loungeは、訪問者を別次元へと誘います。お客様は明るい昼の雰囲気を持つ壮大な自然をテーマとしたレセプションから、より暗く夜のようなレストランやバーへと歩を進め、くつろぎの時間を過ごすことができます。インテリアには、異なる金属を使用してつくり出した独特のパターンを配し、天井を高く見せる効果を狙っています。また、アールデコをテーマに、金と様々な石材を組み合わせ、エレガントかつ洗練された仕上げで、レストランとバーを装飾しました。Cozi Loungeを設計する際、店舗が工業地域に位置することが課題でしたが、多様なパターンと素材の組み合わせにより、壮大でエレガントな空間を生み出し、お客様が楽しんで時間を過ごせる、リラックスした雰囲気と環境を提供できたのではないでしょうか。(ARTTA Concept Studio

 

Cozi Lounge
所在地:443 Castle Peak Road, Kwai Chung, Hong Kong
オープン:2018年
設計:ARTTA Concept Studio
床面積:188㎡
客席数:64席
Photo:Gigantic Forehead

 

Situated inside Hotel Cozi – Cozi Lounge will take you into another dimension. As the customers walk in from the grand and nature-themed reception with a day time ambience through into a much darker and evening-like environment restaurant and bar for people to relax and unwind in.
A unique pattern was created and used around the interiors surrounding, from the use of the different metals to form layers and help enhance the height of this restaurant. We have decorated the restaurant and bar with an Art Deco theme in mind, with a combination of gold and different variety of stones for a sophisticated and elegant finish.
There is a design challenge that Cozi Lounge is located in an industrial area. To provide a relaxing atmosphere and environment to customers, several patterns and combination uses of materials are adopted to create a grand and elegant space, so that customers can enjoy their time in the lounge even in an urban area. (ARTTA Concept Studio

 

Cozi Lounge
Address: 443 Castle Peak Road, Kwai Chung, Hong Kong
Open: 2018
Design: ARTTA Concept Studio
www.arttaconceptstudio.com
Floor area: 188㎡
Capacity: 64席
Photo: Gigantic Forehead

 

位于Hotel Cozi内的Cozi Lounge将带您们进入另一个次元。客人从拥有白天气氛的壮观自然主题前台,步行到較暗的夜晚气氛的餐厅及酒吧,可以放松身心,享受轻松的时光。使用不同金属制作的独特图腾设置在空间中,产生使天花板看起来很高的效果。另外,以装饰艺术为主题,我们将黄金和各种石材相结合,以优雅精致的饰面,装饰餐厅和酒吧。在设计Cozi Lounge之际,虽然存在着店铺位于工业区内的问题,但通过多种方式和材料组合,营造出隆重而优雅的空间,提供客人一个可以享受时光及放松身心的气氛和环境。(ARTTA Concept Studio

 

Cozi Lounge
地址:香港葵涌青山公路葵涌段443號
开业:2018年
设计:ARTTA Concept Studio
实用面积:188平米
席位数:64
摄影:Gigantic Forehead

菊池市中央図書館

k1

k2

k3

k4

k5

豊かな水と渓谷を誇る、熊本県菊池市に計画された図書館。「デザインされた空間に本棚がある」のではなく、「デザインされた本棚によって空間をつくる」という、従来とは異なる発想の図書館を目指した。市のアイデンティティーである菊池渓谷をモチーフに、川の流れのように曲線を描く長さ100mの本棚によって空間を構成。本棚の高さは様々に変化し、ベンチやカウンター、時には壁となって空間を包み込む。本棚には13箇所の穴が空き、通り抜けトンネルや遠くを望むマド、読書席を囲むカプセルなどになり、多様なスペースを生み出している。背板をなくした本棚により、光と視線が通り抜け、空間を柔らかく繋げることで、本と人、人と人との豊かなコミュニケーションを生み出す場を表現した。このプロジェクトの目標は、地元の子供たちが誇りに思う図書館をつくること、そして、その子供たちが将来まで何度も訪れたくなるような場所となる図書館を実現することだった。菊池市図書館が地方創生の一助として、かけがえのない市のシンボルとなっていくことを願っている。(中村和延/乃村工藝社

 

「菊池市中央図書館」
所在地:熊本県菊池市隈府872 菊池市生涯学習センターKiCROSS 1階
オープン:2017年11月25日
設計:乃村工藝社 中村和延
床面積:2415㎡
Photo:石田篤写真事務所

 

This is a building plan of the library in Kikuchi city, Kumamoto Prefecture. The city is famous for rich water and valleys. I aimed for a library, that was different from the conventional idea, with “creating a space with a designed bookshelves” instead of “the designed space with bookshelves.” With the motif of the Kikuchi Valley, as the identity of city, the space was constructed by bookshelves of 100 m in length that drew a curve like the flow of a river. The height of the bookshelf changed variously, wraps up the space as a bench, a counter, sometimes a wall. There were thirteen holes on the bookshelves, becoming tunnels passing through, windows overlooking distant, capsules surrounding reading seats, etc., and creating a variety of spaces. By bookshelves without a back board, light and sight line passed through and a space was softly connected to express a place creating rich communication between people and books as well as people and people. The goal of this project was to create a library that local children were proud of, and to realize a library that would make the children want to visit many times until the future. I am hoping that the Kikuchi City Library will become an irreplaceable symbol of the city as an aid to regional revitalization. (Nakamura Kazunobu / Nomura)

 

【Kikuchi City Central Library】
Address: 1F Lifelong Learning Center KiCROSS, 872, Waifu, Kikuchi city, Kumamoto
Opening data: Nov. 25th, 2017
Design: NOMURA Co. Ltd, Kazunobu Nakamura
Floor Area: 2415㎡
Photo: Atsushi ISHIDA Photography

 

这个图书馆位于熊本县的菊池市,丰沃的溪流和山谷之中。图书馆的发想概念异于往常,我们希望创造一个“有设计感的书架里的空间”,而非“有设计感的空间里的书架”。以城市的象征菊池溪流为主题,描绘出如同河水流动的曲线,建构出长100米的书架空间。我们用书架的高低让空间产生变化,并借由长凳、柜台,甚至是墙壁来包围整个空间。我们在书架上的13个地方开孔,设计出连通的隧道以及可以眺望远处的窗户,还有围绕着阅览座位的胶囊等各种创意的空间。因为书架没有背板,光线和视线都能自由穿透,使空间能够柔和的连接起来,创造出人与书,甚至人与人之间丰富的交流场所。这个项目的目标是创建一个能让当地的孩子们感到自豪的图书馆,并让孩子们直至未来也想要一再的到访。我们希望菊池市图书馆能够成为区域活化政策的一股力量,更希望它能成为城市无可取代的象征。(中村和延/乃村工藝社

 

【菊池市中央図书馆】
地址:熊本县菊池市隈府872 菊池市生涯学习中心 KiCROSS 1楼
开业:2017年11月25日
设计:乃村工藝社 中村和延
实用面积:2415㎡
摄影:石田笃写真事务所

M Social Auckland

m1

m2

m3

m4

m5

m6

m7

ニュージーランド北東部のオークランドで、1970年代に建てられたホテルをヒップな空間へと再生させるプロジェクト。ホテルはリニューアルに伴いブランドが変更され、2016年のシンガポール店に続く、2軒目の「M Social」となった。ミレニアル世代や更に新しい世代の旅行者をターゲットに、若々しく、活気に溢れ、社会とつながることのできる場づくりを目指している。オーナーはロンドンに本社を置くミレニアム&コプトーン・ホテルズで、同社の親会社であるホンリョン・グループ(シンガポール)のKwek leng beng氏が掲げる「地元客と旅行者の双方に、休息と遊びを提供する」というビジョンを実現することに注力した。インテリアでは、主にオーク材や再生材などを用い、家具や照明は地元企業と協力して特注。ファン、ユーモア、アート、そしてカルチャーを重要な要素として盛り込み、「Kiwiana(キウィアナ:ニュージーランドらしさの象徴)」を表現したホテルとなった。(Aedas Interiors

 

M Social Auckland
所在地:196-200 Quay Street, Auckland, New Zealand
オープン:2017年
設計:Aedas Interiors Greg Farrell
面積:10,250㎡
客室数:198室
Photo:Emma Smales

 

Kiwiana cool – Aedas Interiors transforms a 70s hotel into a hip hotspot for the second edition of M Social in Auckland, New Zealand.
At the heart of the downtown waterfront, Millennium & Copthorne Hotels (M&C) decided that it would be the perfect venue for its second M Social, a four star lifestyle brand first launched in 2016 in Singapore. Hong Kong based Aedas Interiors developed its new brand aesthetic to reflect vibrant, young, socially engaging spaces aimed at targeted millennial and contemporary traveller markets.
Collaborating closely with the Chairman of M&C and Executive Chairman of M&C’s parent company Hong Leong Group, Mr Kwek Leng Beng, Aedas Interiors strived to realise his vision of a standout lifestyle concept that embraces technology and allows people to socialise and interact with one another. “I envisioned M Social as a trendsetting venue that offers travellers and locals a place to both rest and play,” said Mr Kwek.
Aedas Interiors developed a concept to showcase a distinctly down under sense of place dubbed kiwiana. Greg Farrell, Executive Director with Aedas Interiors said “We tried to weave a sense of fun, humour, art and culture—all key aspects of kiwiana—into M Social’s interior design. Creating sense of place along with social and community based spaces were key focuses for our team at Aedas Interiors. Here, we injected social spaces that connect the community with a dynamic new look for a 70s building that at the same time continued to develop M Social’s aspirations and brand DNA.”
Materials were carefully selected to reinforce Aedas Interiors’ design concepts. Natural oak was used throughout as flooring, wall cladding and in custom furnishings. Wherever possible, reclaimed hardwood was utilised; this can be seen in the pendant swing lighting in the lobby. Aedas Interiors’ custom furnishings and lighting were realised by local furniture maker Furnwerks. Textiles were sourced locally through New Zealand weaver Maxwell Rodgers along with Elitis, Clarke & Clarke and Brentano, with an emphasis on fabrics that can be used both inside and outdoors.
All of the property’s signage was custom designed by Aedas Graphics. A popular board game in New Zealand, oversized Scrabble tiles were used on columns as directional signage. The kiwiana concept continued in signage through the use of number eight fencing wire, another icon of New Zealand rural life. (Aedas Interiors

 

M Social Auckland
Location:196-200 Quay Street, Auckland, New Zealand
Open:2017
Designer:Aedas Interiors Greg Farrell
Floor area:10,250㎡
Capacity:198 rooms
Photo:Emma Smales

 

这个计划是再生70年代建于新西兰东北部奥克兰的宾馆,改到时髦空间的改装。同时他们改变了自己酒店品牌,这是接着新加坡第二家“M Social”。对象是千禧一代等新世代,我们要打造不仅朝气蓬勃也能衔接社会的空间。业主是把总公司设于伦敦的Millennium & Copthorne Hotels plc,他们注重实现母公司丰隆集团(新加坡)的领导 Kwek Leng Beng提出来的“本地人及游客,我们都提供休息和娱乐”。
室内装饰采用了橡木、再生木,和当地企业协作订做家具、照明器,以乐趣、幽默、美术、文化为重要的因素设计了。总之,这个项目明显地表现“Kiwiana(新西兰风的象征)“。(Aedas Interiors

 

M Social Auckland
地址:196-200 Quay Street, Auckland,新西兰
开业:2017年
室内设计:Aedas Interior  Greg Farrell
面积:10250平米
客房数:198
摄影:Emma Smales

https://www.millenniumhotels.com/ja/auckland/m-social-auckland/

Slow Cook Fast Food

s1

s2

s3

s4

周辺のレストランとは異なり、インテリアが外に向かって最大限に伝わるよう、ファサードを最小限にそぎ落としている。ファサードの透明性が高まることで、通行人はボリュームのある店内へと引きつけられる。インテリアは、客がレストランの提供する「slow cook fast food(手軽に楽しめる丁寧な料理)」に集中できるよう、ニュートラルな空間が求められた。そのため、インテリアデザインは食事体験の邪魔にならないことを目的に、基本的な空間構成のみに留めている。T字型の間仕切りは店頭における入り口と注文カウンターの境界線となり、吹き抜けの天井部U字型に木板を貼ることでインテリアデザインを明瞭にしている。店内奥の壁には、グラフィカルなグリッド状のタイルを貼り、すべてのデザイン要素を結びつけ、ダイニングエリアの背後にあるキッチンをうまく隠している。(Plot Architecture Office

 

「Slow Cook Fast Food」
所在地:G/F, 12 Kau U Fong, Central, Hong Kong
オープン:2018年1月
設計:Plot Architecture Office
床面積:161.54㎡

 

Contrary to its neighboring restaurants, the shop-front is stripped down to a minimal portal that maximizes the exposure of its interior. The highly transparent shop-front directs the attention of passers-by towards the contrasting volume inside.
The brief asks for a neutral dining environment where the diners can focus on the “slow cook fast food” the restaurant serves, and therefore the design only defines the fundamental spatial forms of the interior intending for an undisturbed dining experience.
A T-shaped divider demarcates the entrance and the ordering counter at the depth of the shop-front, and above the entry, timber planks clad the double-height void in a “U” shape to articulate and enrich the interior. Lastly, a tiled graphical grid is projected onto the end wall, forming a background that ties together all the design elements and to conceal the kitchen behind the 260′ dining area. (Plot Architecture Office

 

【Slow Cook Fast Food】
Location:G/F, 12 Kau U Fong, Central, Hong Kong
Open:Jan. 2018
Designer:Plot Architecture Office
Floor area:161.54㎡

 

这家店为了室内装饰展现到外面,正面入口的设计控制到最低限度不像周围餐厅似的。入口部分接近透明,行人被店内容积吸引。为了让客人专心地欣赏餐厅提供的“slow cook fast food(虽是快餐,但精心做菜)“,客户要求我们“中立”地设计店内。于是我们在基本构成上才有装饰,以便客人能轻松愉快地用餐。丁字型的间壁作为入口与订单柜台的边界线,把木板贴在直通天花板U字型部分,就强调室内设计。把格子状瓷砖贴在店内深处的墙壁上,整个空间的各个设计因素互相连接,以便客人不注意到大厅后面厨房的存在。(Plot Architecture Office

 

【Slow Cook Fast Food】
地址:香港中环九如坊12,G/F
开业:2018年1月
室内设计:Plot Architecture Office
实用面积:161.54平米

PA PA YA – Modern Asian Bistro

pp1

pp2

pp3

pp4

pp5

pp6

インドのコルカタは、イギリス統治時代の首都であったデリーやムンバイに次ぐ大きな都市である。今回、この都市の繁華街にある商業ビルの11階にレストラン「PA PA YA – Modern Asian Bistro」を設計した。区画は3方向を大きなガラスのファサードで囲まれ、コルカタの景色を楽しめる環境。店内はエントランスからつながるウェイティングバーエリア、大きなアイランドカウンターとラウンジを持つバーエリア、日本食のカウンターと個室やバンケットシートからなるレストランエリアの3つのエリアに分かれている。それぞれラフな素材感の残る材料と、モダンに仕上げられた素材のギャップを壁やカウンターに表現し、3つのエリアに特徴を持たせながら、素材やカラースキームでレストラン全体としての統一感を生み出している。更に大きなガラスファサードから見える景観をインテリアデザインの一部として取り込んだ。ウエイティングバーは大理石の床とカウンター、ウォールナットの壁といったモダンで明るいイメージに統一。バーエリアへつながるドアはインドの枕木を用い、更に中へ入るとレンガや古材の素材感、花崗岩やスチールの素材感のギャップを感じさせるデザインを構成している。一方、レストランは自然肌の花崗岩とウォールナットのカウンター、花崗岩の磨き仕上げなどで素材の対比を強調した。(真田雅郁/M-style

 

PA PA YA – Modern Asian Bistro
所在地:Level 11, Magma House, 24, Park Street, Kolkata East, West Bengal, KOLKATA, INDIA #700016
オープン:2018年2月
設計:M-style 真田雅郁
床面積:550㎡
客席:150席

 

Kolkata is the third biggest city after Delhi, which were the capital cities of British rule era, and Mumbai.
This time, I designed a restaurant on the 11th floor of a commercial building in downtown of the city. Though big glass façade in three directions, guests can enjoy the scenery of Kolkata.
This restaurant is divided into three areas: a waiting bar area leading from the entrance, a bar area with a large island counter and a lounge space, and a restaurant area consisting of Japanese cuisine counter, private room, and banquet seat. The walls and counters are designed utilizing the gap between the material with rough texture and finished in a modern to give features to each area, but the united atmosphere for the entire space is also created by materials and a color scheme. We incorporated the landscape seen through the large glass façade as a part of the interior.
The waiting bar is unified with a modern and bright image adopting marble for the floor and the counter and walnut for the wall. The door leading to the bar area is made of reclaimed railroad crosstie in India, and inside of the bar is designed showing the gap between the texture of brick and old material and of granite and steel. Meanwhile, the restaurant emphasizes the gap between natural materials such as granite and walnut counters and polished finish of granite. (Masafumi Sanada / M-style)

 

PA PA YA – Modern Asian Bistro
Location:Level 11, Magma House, 24, Park Street, Kolkata East, West Bengal, KOLKATA, INDIA #700016
Open:February, 2018
Design:M-style Masafumi Sanada
Floor area:550㎡
Capacity:150 seats

 

印度・加尔各答是接着英国统治时代作为首都的德里、孟买的国内第三个大都市。这次我们设计了位于这里闹市商业大厦11层的餐厅。通过正面入口三个方向的巨大玻璃窗客人能观赏加尔各答的景色。这家餐厅,把整个空间划分为如下三个区域:从入口连接岛店内的等候吧区域;拥有岛台柜与休闲吧的吧台区域;日本料理吧台、包房、宴会席的大厅区域。我们利用粗糙朴素的材料和现代加工的材料的差异设计了墙壁及柜台,强调三个区域的差别,只是于材料及色彩方面演出整个餐厅的统一感。另外,我们认为隔着玻璃窗看到的景观也是室内设计的一部分。等候吧,大理石地板与吧台,以至核桃墙壁让整个空间既现代又明朗。连接到吧台区域的门,用印度垫木来制造,进过去的地方我们由砖、古木及和岗岩、钢铁的材料差异设计了。大厅区域,用天然花岗岩和核桃的柜台、花岗岩的琢磨加工去强调材料的差异。(真田雅郁/M-style

 

PA PA YA – Modern Asian Bistro
地址:Level 11, Magma House, 24, Park Street, Kolkata East, West Bengal, KOLKATA, #700016,印度
开业:2018年2月
室内设计:M-style 真田雅郁
实用面积:550平米
席位数:150