FEATURE

ロイヤルパークホテル高松

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab01

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab02%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab03

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab04

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab05

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab06

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab07

高松市にある築27年のシティホテルのリノベーション。竣工当初からオーナーが大事にしているNYアールデコデザインを継承しながらも、高松らしいスタイルを掛けあわせ、新しい「高松アールデコ」の世界観を考えた。 客室はオールクラブフロア。アールデコが施されたウォールキャビネットに客室機能を集約し、ゆったりとしたソファ&デスクを設置して、アールデコデザインと日本の機能美を融合したコンパクトラグジュアリーな空間を目指した。 共用部は、高松をテーマにした書籍等とラウンジを兼ね備えた「Library Lounge」を新たに併設し、すべてのゲストがいつでも寛ぐことができる「おもてなし」空間をつくっている。 また、稼働が低くなっていた式場・バンケット機能を客室にコンバージョンして客室数を増やすなど、ホテル全体の価値再生と収益性を高めるモデルとして実現している。(UDS/寶田 陵〈現:the range design INC.〉、蛯原弘貴)

 

ロイヤルパークホテル高松
所在地:香川県高松市瓦町1-3-11
オープン:2016年8月25日(リニューアル)
設計:統括/穴吹興産 鵜野喜充 菊川宗紀
建築・インテリアデザイン/UDS株式会社 寶田 陵〈現 the range design INC.〉、蛯原弘貴
延べ床面積:4,615㎡
規模:地下1階 地上9階建て
客室数:73室
Photo:矢野紀行写真事務所

 

 

“ROYAL PARK HOTEL TAKAMATSU” is an all club floor hotel combining “Takamatsu Art Deco” and “hospitality”. It was a 27-year-old hotel in downtown Takamatsu and we were requested to renovate it. The owner of the hotel cherished Art Deco design style in New York which we could find in the original hotel. We tried to succeed it, adding new style, and created the new value of “Takamatsu Art Deco”. Guest rooms have the mixed style of Art Deco and Japanese beautility. The wall cabinets are decorated in Art Deco style and equipped with several functions. Sofa and desk are placed in a relaxed way. The space successfully achieved compact yet luxurious character. Regarding the common space, “Library Lounge” is newly added with books related to Takamatsu. All guests can relax their body and mind in this “Omotenashi (hospitality in Japanse)” space. We converted wedding and banquet hall, that had low operating rate, to guest rooms, trying to regenerate the hotel and improve its finances. (UDS / Ryo Takarada〈present-day: the range design INC. 〉Hiroki Ebihara)

 

ROYAL PARK HOTEL TAKAMATSU
Location:1-3-11, Kawaramachi, Takamatsu -shi, Kagawa
Renewal Open:Aug. 25th, 2016
Design:Direction / ANABUKI KOSAN INC. YOSHIMITSU UNO MUNENORI KIKUKAWA
Architectural & Interior design / UDS Ryo Takarada〈present: the range design INC. 〉 Hiroki Ebihara
Floor area:4,615㎡
Floor composition:9 stories above the ground and 1 underground story
Number of Rooms:73
Photo:Toshiyuki Yano

銭函バーベキュー

zenibakobbq04 zenibakobbq03 zenibakobbq02

zenibakobbq05
「銭函バーベキュー」原稿 新橋駅から歩くこと1分、東京のど真ん中銀座で、北海道を中心に仕入れた厳選された食材を卓上の炭火でバーベキュースタイルで豪快に焼いて食べる。シンプルに一番うまい食べ方で、いい食材を手軽に食べてもらいたい。そんなオーナーの思いが詰まった業態です。 北海道の港町銭函の「廃レンガ倉庫を改装した空間」をコンセプトに、高架下という特殊な立地に”馴染む”空間作りを目指しました。1階は半地下となっており、腰の高さまであるコンクリートの基礎に、構造柱に見立てた古材、アンティークレンガを用いることで、木造レンガ倉庫の世界観を構築。2階は、もともと天井高さが4mほどもある大空間で、その高さを強調する木造トラスの造作や、大型のインダストリアルライトを用いることで、廃倉庫の空気感たっぷりの客席空間を創出しています。(柴澤 淳/サイドデザイン

銭函バーベキュー
所在地:東京都中央区銀座8-3 西土橋ビル1階
オープン:2016年9月26日
設計:サイドデザイン 柴澤 淳 丸山航平
施工:タジマ創研株式会社 西野竜生 福永一平
床面積:390㎡
客席数:145席
Photo:佐藤振一

 

ZENIBAKO Barbecue is located in Ginza, the center of Tokyo. Customers can enjoy grilling selected foodstuff from Hokkaido on wood fire in barbecue style. This restaurant is filled with the owner’s aspiration to provide good foods in simple and nice serving ideas in a casual atmosphere. The design concept is “renovation of abandoned brick storehouse” in Zenibako, a port city in Hokkaido. We aimed to create space which goes well with the restaurant’s circumstance, underneath elevated railway tracks. On the semi-underground first floor, we constructed visual identity of brick storehouse with the concrete groundwork, reclaimed wood, and antique bricks. On the second floor, that has 4meter height, we tried to produce the air of abandoned storehouse with wooden truss and huge industrial lightings. (Jun Shibasawa / side design)

ZENIBAKO Barbecue
Location:Nishidobashi Bld. 1F, 8-3, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Sep. 26th, 2016
Designer:side design inc. Jun Shibasawa Kohei Maruyama
Constructor:TAJIMA SOKEN Corporation Tatsuo Nishino Ippei Fukunaga
Floor area:390 ㎡
Capacity:145 seats
Photo:Shinichi Sato

Cafe Habana TOKYO

c6c2 c3 c4c1
「Cafe Habana」は、Manhattan、Brooklyn、Barclay center、Malibu、Dubaiに店を構えていて、全て雰囲気が違います。それは無意識的なNewYorkerの持つ感覚であり、どの店も同じ内装ではなく、フランチャイズの感覚を一つ飛び越えたアイデンティティーを残しつつ、場所や町に密着したオリジナリティーがあるという事を、デザインと料理の両方における一番重要なコンセプトとして確立していきました。また、Cafe Habanaは、SOHOやLower East Sideが開発されていない時から続く老舗で、ローカリズムを大事にし、観光客だけではなく地域の人に愛され続けてきた、「ストリート」と「料理」を融合した店の先駆者です。これらを「Cafe Habana TOKYO」のインテリアに落とし込む時に、4つのキーワードを中心にデザインしました。
一つめは「地域の方が愛してもらえるようなダイナーの持つ暖かみ」。世界的な影響力のあるアーティストのイラスト(Sonic art)や、フードトラックとテイクアウトブースのデザインをつなぐイラスト(Elvis Rosa)をハンドペイントして、時と共に味が出るものにし、家具にはすべてハバナブルーのダイナーテーブルとチェアを取り入れました。また、バーバックの壁にはステンレスのダイアモンドカットのダイナーで使用される板を使いました。
二つめは「ラテンの陽気さ」。キューバ料理やラテンの空気を感じる、主張の強い3層の深みのあるオレンジのスタッコ塗装。Ayaka nishitani氏による南国の葉、ラテンの聖母マリアをオレンジの壁の上から描いてもらいました。
さらに「主張し過ぎないで出来る和のテイストを取り入れる」をキーワードに、自然素材を使用した暖かみがラテンと和の共通点であると考え、木を使った和天井のデザインと象徴的なCafe Habanaのグラフィックを取り入れ、オリジナルの天井をつくりました。また壁のブラケットも和紙の上からグラフィックを載せるなど、バランスを取りながら溶け込ませる事を意識しています。
四つめは「Sinatra’s booth」。NYの各店には一番奥にある半個室のブースにFrank Sinatraや影響力のあるスターがいつも座る場所があります。TOKYO店では、アンティークミラーを設ける事で部屋を大きく感じてもらいながら、外からはあまり見えない仕掛けとしました。
このプロジェクトに携わった人々のCafe Habanaブランドや地域対しての情熱を感じながら、長くこのお店が愛されることを願い、Brooklyn店の外壁にある言葉を引用した「Spread love its a TOKYO way」など、東京とNYをつなげるメッセージを所々に設けているので、ぜひ楽しんでもらえればと思います。(井上拓馬/everedge、文責BAMBOO)

 

Cafe Habana TOKYO
住所:東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1階
オープン:2016年5月28日
設計:everedge 井上拓馬
床面積:133㎡(うち厨房33㎡)
客席数:50席
Photo:SUZU from fresco

 

 

“Cafe Habana” stores are in Manhattan, Brooklyn, Barclay center, Malibu, and Dubai. Every store has different atmosphere and design. This style is an unconscious sense of New Yorker and an identity of the brand beyond its franchise formula. Cafe Habana, that values localism, is a pioneer which has successfully made a good blending of “street” and “cuisine” that has been loved not only by tourists but also local people. Each store was in a different location so they gave first priority to creating a community-based originality. In this Tokyo store we chose 4 keywords for its design, learning from the brands strategy.
1. “Warmth of diner that is loved by locals” Hand-painted illustrations and table & chair in Habana blue express it.
2. “Cheeriness of Latin cultures” Ayaka Nishitani’s art work, tropical tree leaves and Latin Saint Mary, on 3 layers of stucco in orange.
3. “Restrained Japanese taste” Japanese wooden ceiling with symbolic graphic of Cafe Habana. Graphic on Japanese paper-made lighting bracket.
4. “Frank Sinatra’s booth” The stores in New York have special seats for influential stars like Frank Sinatra. Tokyo store also has this space. The room is small but an antique mirror makes it look bigger.
We hope the Tokyo store will be loved by people for a long time. To connect Tokyo and New York, we wrote some messages such as quote from the Brooklyn store “Spread love its a Tokyo way”. (Takuma Inoue / everedge)

 

Cafe Habana TOKYO
Location:Hikawa Bld. 2F, 2-11, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 28th, 2016
Designer:everedge Takuma Inoue
Floor area:133 ㎡ (including kitchen space/33㎡)
Capacity:50 seats
Photo:SUZU from fresco

BED AND CRAFT TATEGU-YA

tateguya_02

tateguya_03 tateguya_04 tateguya_05 tateguya_07 tateguya_08

「木彫刻の町」として有名な富山県南砺市井波に計画された、元建具屋の店舗併用住宅をリノベーションしたゲストハウス。井波は、彫刻師が200人を超える全国一の産業規模を誇る木彫刻産業地であり、欄間をはじめ、獅子頭など多くの伝統工芸品を生産している。そんな、昔ながらの技を現代に伝える職人達と手を組むことで、今までにない体験を提供したいという想いから、宿泊しながら職人とものをつくる喜びを体感する新しいカタチのゲストハウスとして立ち上げた。
同施設は井波の名刹、瑞泉寺につながる旧街道沿いに位置する。したがって外部のにぎわいが内部へと続いていくような構成を考えた。エントランス部分の吹き抜けの壁には焼き杉板のささら子張り仕上げを採用。また階段下のパーテーションには、透かしブロックを利用するなど外部環境のエッセンスを取り入れ、どこか懐かしさを感じる演出とした。それらの仕上げにより、旅人や地域の人々が自由に出入りできるような心地良さが生まれている。施設のコンセプトである「ONEゲストハウス+ONE職人」を受け、空間から彫刻家・田中孝明氏がインスピレーションを得て制作した作品も展示されるほか、様々な職人が、それぞれのゲストハウスで協働し、また職人の工房でのワークショップにも参加することで、泊まる度に発見がある。
今回、プロジェクトの立ち上げから企画、設計、ブランディングまですべてのディレクションにかかわり、従来の建築家の職域を大幅に超えた様々なことを行った。「町を活かし、古民家を活かし、職人を活かす」、伝統工芸の継承から、空き家問題、まちづくりまで多くのセグメントにコミットできる建築としての新たな領域を開拓できたと感じている。(山川智嗣/トモヤマカワデザイン)

 

BED AND CRAFT TATEGU-YA
所在地:富山県南砺市井波1896-1
オープン:2016年9月16日
設計:トモヤマカワデザイン 山川智嗣 山川さつき
施工者名:山秀木材 山田 孝
床面積:85.96㎡
客室数:3室(最大宿泊人数5名)
Photo:前 康輔

 

 

This is a converted hostel opened in Inami city in Toyama prefecture. The town is famous for wood curving and the hostel had been a joinery until the conversion. The project started with local craftsmen to create a new accommodation which provides a new experience to guests.
The entrance is decorated with Japanese traditional techniques and products such as wood-board-joining or block-open-working. We tried to take in essences of the outer environment to the inside in order to create a nostalgic atmosphere. The outside and the inside are softly connected due to these finishing and ideas and both travelers and local people can freely come and go.
Based on the concept of the hostel “ONE hostel + one craftsman”, the works of sculptor Komei Tanaka are exhibited and guests can find a lot of other artists’ works, too.
“To fully utilize town, old house, and craftsman” is a key idea of the project and the hostel functions beyond just an accommodation. We think we created a new architecture that engages succession of traditional craftworks, abandoned house problem, town management, etc. (Tomo Yamakawa/Tomo Yamakawa Design)

 

BED AND CRAFT TATEGU-YA
Location:1896-1, Inami, Nanto-shi, Toyama
Open:Sep. 16th, 2016
Designer:Tomo Yamakawa Design  Tomo Yamakawa  Satsuki Yamakawa
Constructor:Yamahide home Takashi Yamada
Floor area:85.96㎡
Capacity:3 rooms(Maximum 5 persons)
Photo:Kosuke Mae

SOGOKAGU 本社オフィス

s1 s2 s3 s4

エントランスから導かれる通路は、ショールーム同様にブルーの間接照明で「SOGOKAGU」の企業カラーであるブルーで統一を図っています。業務部・企画室・総務と複数の部署が60坪の空間を共有していますが、それぞれ性質の異なる業務を行うため、腰壁やガラススクリーンで明確な結界を計画。同時に、すべての部署エリアは目線の通る設計として、コミュニケーションの図れる空間構成になっています。業務部の結界となる壁は、来客が通路を進むにつれて傾斜し、内部が見えなくなっていく仕掛けで、これは日常業務で煩雑になりがちなデスクまわりを極力目につかないようにするためのもの。また、これが空間に大きな変化を生む要素にもなっています。ショールームと違いオフィスという日常業務を行う場所のため木の質感を入れ、スタイリッシュな中にも少し緊張感が和らぐ空間としました。その他、オフィス内には社員のコミュニケーションスペースを設け、会議室とは違う意見交換の場となるよう計画しました。オフィス環境をきっかけに更なる社員のモチベーションの向上、仕事の効率化、対外的なイメージの向上を狙っています。私達の行ったすべてのデザインがブランディングとなり情報発信されるものと捉えて取り組みました。(平野大偉/イチミリデザイン)

 

SOGOKAGU 本社オフィス
所在地:大阪府大阪市平野区加美北3-17-37
開設:2016年6月27日
設計:イチミリデザイン 平野大偉
照明計画:大光電機 村西貴洋 大塚恵理子
施工:ラックランド 林 昇
床面積:198.9㎡
Photo:A.P.FIRST 荒木義久

 

The passageway from the entrance to the inside of the office has indirect lightings in blue color that is the corporate color of SOGOKAGU. Operation, planning, administration, and other divisions share around 200㎡ space but they do different works so we divided each area with wainscots and glass screens. However, we thought it’s also important for each division to have smooth communication therefore we created the space with an unbroken vista at the same time. The operation division has diagonal walls toward the passageway that make visitors not to see messy desks. This Gimmick also creates a big impact to the space. We took in soft texture of wood to the office in order to make workers relaxed where they do daily tasks unlike showroom. We also placed a communication space, not an ordinary meeting room, for employees in the office that develops a relationship between them. The office environment can make improvements in motivation of workers, work efficiency, and public image of a company. We thought everything we created could affect the company’s branding so we put our all into the design. (Dai Hirano/ICHIMIRI DESIGN)

 

SOGOKAGU Head Office
Location:3-17-37, Kamikita, Hirano-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Jun. 27th, 2016
Designer:ICHIMIRI DESIGN  Dai Hirano
Lighting planning:DAIKO ELECTRIC Takahiro Muranishi Eriko Otsuka
Construction:LUCKLAND Noboru Hayashi
Photo:A.P.FIRST Yoshihisa.Araki

La Bona Sort

j1 j2 j3 j3-2 j4 j5 j7

タパス系レストラン、La Bona Sort(ラ・ボナソルト。カタルーニャ語で幸運であれ)はバルセロナの旧市街・ボルネ地区のカルデラス通りに面しており、昔ながらの切り石構造でつくられたファサードが特徴。建物は16世紀の面影と、かつて宿やワインカーブとして経営されていた時代の名残りが、中庭、中二階、そして馬小屋として使用されていたアーチ型のアーケード部分などに見ることができる。我々は、この歴史背景がレストランのデザインの方向性を決定づけるものと考え、昨年度はレストラン内部、今年は外部に位置するパティオ(中庭)のリノベーションを実施。コンセプトを「中世から現代へのアクセス」とした。レストラン内部は3つのアーチ型ゲートで、エントランスからカウンター席、2つの客席エリアの計3箇所の空間を区切りながら、全体の統一感を持たせデザインした。素材は元来の石材壁にふさわしいオークの古材を使用し、多くの植物を配した。照明はかつて旅人が実際に経験したであろう空間をイメージし、淡い間接照明としている。レストランの外部パティオは、内部とレンガ造りの巨大なアーチで隔てられ、床材にオリジナルの石材を使用したテラス席へと続く。外部空間も店内と同じオークの古材を使用し植物を配置。照明も淡くやさしい色合いのLED間接照明にし、天井は電球色のボール花飾りのLEDグローブストリングライト、壁にはフランス製アンティークのウォールランプを設置して、古き良き時代の面影を照らし出している。また一部のエリアにモミの木の合板製の2つの大きなボックス席を設置。床部分を10cm浮かせ、まるで宙に浮かんでいるかのように仕上げた。ランプはモダンなウォールランプを、ボックス上部には無数の縄を下げている。石畳の中庭は、クライアントからの要望でポップな色のチェアーを選び、テーブルは大理石と鉄で出来たレトロなデザインを採用している。(JORDI GINABREDA STUDIO)

 

LA BONA SORT
所在地:C/Carders N° 12, 08003 Barcelona, SPAIN
リニューアルオープン:2016年2月
設計:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda
床面積:パティオ内/255.54㎡
客席数:パティオ内/120席
Photo:MARCELA GRASSI

 

“La Bona Sort” tapa’s restaurant is sited in an old manor house documented since the sixteenth century; a large ashlar work frontage that overlooks Carders street, the old road from Barcelona to the Valles county. Because of its privileged location, between Born and Santa Caterina districts, the building soon became a well-known hostel, “el Hostal de la Bona Sort”, departure point for stagecoaches and couriers and accommodation for travelers bustling from and to Barcelona. After that, it was occupied by a bulk wine shop first, and a restaurant then, which has made it to present days run by the third generation of the same family. It preserves the typical Catalan hostel structure: a big courtyard, its attic and the stables. All this historical record was determinant when Jordi Ginabreda interior design studio took care of the project for updating the appearance of the courtyard of the place. Nowadays, the business is located in the old stables and it extends through the old hallway and courtyard its huge partially covered terrace. A series of ashlar work and brick diminished arches link up both the inner space and the different parts of the courtyard. The sixteenth century stone walls and arches are the perfect backdrop in a proposal that centers its strategy in covering the whole place with a sort of old patina giving it a sense of antiquity. A travel to the present departing from the rich history of the place. The first step of the refurbishing consisted in cleaning up thoroughly the original stone walls after decades of neglect. A huge brickwork arch allows the access to an open air patio from where you can get to the three different porches, each one with its own identity, which form the terrace of the restaurant. The same vocabulary, shared with the covered part of the restaurant, defines the whole proposal. The original stone pavement works as a visually unifier for the several covered and uncovered spaces that shape the 300 square meters of the courtyard. The old entrance from the street is now occupied with a covered corridor that can be seen from the outside. Its walls are covered with the same layer of aged oak wood that line the main interior dining area creating a bond between the two spaces for the passers-by. Mosses and lichens grow on these walls, as an echo of years of dampness and closure. Dim lighting and the inclusion of old rickety Jielde lamps recrafted specially for the occasion complete the dialogue with the past. At the back of the terrace, the patio opens to two more porches. One of them takes to the limit the years of abandonment concept. Mosses and lichens grow out of control here, conquering a whole wall and hanging brutally from the ceiling. A perimeter aged wood bench completes this area. The other porch is placed in the old warehouse. The ropes that once tied luggage and cargo to the carriages dangle now from the roof creating a texture that not only gives the place a distinctive atmosphere but also helps to hide the technical installations. This part of the terrace, that in the past was plenty of boxes containing the goods of travelers and traders, is now filled with two big containers, two huge cubes lined with three layer fir wood and lacquered in matt blue. They house a table and two benches. These big sort of private rooms seem to float over the stone pavement, help to define the space and become, without a doubt, the most audacious proposal of the whole project. This journey that leads us to the present couldn’t obviate today’s language which is strongly shown up in the choice of furniture and lighting elements. The heterogeneous mix of contemporary chairs (including He by Hay & Form Chair by Normann-Copenhagen) in different colors and tables with varied material finishes help to emphasise the jumbled spirit of and old working class tavern. The illumination of the different areas, in deliberate warm tones, includes indirect lighting with LED, Disc and Sphere Wall Light by Areti to light the “private-cubes” and Lambert’s Switch On floor lamp. Past and present shake hands to face the future in this old Catalan hostel turned into a restaurant. A place where nowadays travellers, as those in the older days, find a cozy shelter in their never-ending bustle from and to Barcelona.  (JORDI GINABREDA STUDIO)

 

LA BONA SORT
Location:C/Carders N° 12, 08003 Barcelona, SPAIN
Renewal open:Feb, 2016
Design:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda
Floor area:255.54㎡ in patio
Capacity:120 seats in patio
Photo:MARCELA GRASSI

鮮や一夜 府中店

f1

f2

f3

f4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2

f5

f6

都内を中心に全国20店舗以上で展開される「鮮や一夜」は、旬の魚介を味わうことができる個室ダイニングとして知られる。府中店は、他店舗と比較してよりラグジュアリーな環境づくりが求められたため、素材感と繊細さをうまく共存させることを軸とした。共用部は床、壁、天井をグレーアウトすることで、主役である白木の縦格子が長いエントランスに一直線に浮かび上がり、格子から漏れる光と、連続する行灯の光をたよりに先へ進むと、「鮮や一夜」をイメージした和紙のグラフィック壁が広がっている。ダイニングの構成は大きく4ブロックに分かれており、グラフィック、アートワーク、縦格子、光などを用いて、一貫されたデザインコンセプトの中でもそれぞれ個性のある環境をつくり、ターゲットや用途などフレキシブルな使い分けを可能とした。洗練された個室ダイニングとはどういうものかを考えさせられたプロジェクトであった。(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW)

 

鮮や一夜 府中店
所在地:東京都府中市宮西町1-3-3 Bビル5階
オープン:2016年8月25日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士
床面積:140㎡
席数:72席
Photo:長谷川健太

 

“SENYA-ICHIYA” is known as a private room dining restaurant where customers enjoy seasonal seafood dishes. The brand has more than 20 stores across Japan and this newly opened Fuchu store has more luxurious interior environments compared to others. In order to create luxuries, we focused on coexistence of material and delicacy. The common use space: floor, wall, and ceiling are colored in gray so that white wooden lattice on the long straight hallway emerges in the space. Leaking light from the lattice and a series of lanterns guide customers to the deeper inside of the store where a graphic work made of Japanese paper is placed. The dining space consists of 4 blocks: graphic, art work, vertical lattice, and light. These blocks have the united image yet individual characteristics enabling the store to be used in different purposes and by various customers. This project asked us to think about what a sophisticated private room dining is. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

 

SENYA-ICHIYA Fuchu
Location:B bld.5F, 1-3-3, Miyanishi-cho, Fuchu-shi, Tokyo
Open:Aug. 25th, 2016
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto
Floor area:140㎡
Capacity:72 seats
Photo:Kenta Hasegawa

東急ステイ銀座

t1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t5-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

中長期滞在にも対応する都市型ホテル・東急ステイの17店舗目である「東急ステイ銀座」の新築計画。共用部のコンセプトはシンプル・ジャパネスク。宿泊施設にふさわしい「和の灯り」をモチーフにした大型の照明器具や市松模様をアレンジした飾り棚で、今の銀座らしさを感じる、和のニュアンスを表現した。客室のコンセプトはスーペリア・カジュアル。東急ステイらしい気軽さと、銀座にふさわしい上質さの両立を狙った。織物クロス、突板などの素材づかいや、空間の密度感にこだわって快適なゲストの滞在を演出している。(高木教子・河内利文/東急ホームズ)

 

東急ステイ銀座
所在地:東京都中央区銀座4-10-5
オープン:2016年3月7日
建築設計:清水建設 五ノ井浩二
インテリアデザイン:東急ホームズ 高木教子 河内利文 馬場芳美
延べ床面積:6328.85㎡
基準階床面積:395.92㎡
階数:地下1階地上15階建て
客室数:191室
Photo:青木勝洋

 

“TOKYU STAY GINZA” is a new building project for TOKYU STAY’s 17th branch. The hotel has an urban style and welcomes medium and long stay guests. The public space is designed based on simple Japanesque concept. We expressed Japanese atmospheres and Ginza’s taste by placing huge Japanese style lightings that is appropriate for an accommodation facility and checkerboard pattern shelves. The concept of guest rooms is superior casual. We tried to achieve both lightheartedness, TOKYU STAY’s characteristics, and a high quality, Ginza’s mood. We carefully selected materials such as fabric or sliced veneer to create comfortable density of the space. (Kyoko Takagi & Toshifumi Kochi / Tokyu Homes)

 

TOKYU STAY GINZA
Location:4-10-5, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Mar. 7th, 2016
Architectural designer:SHIMIZU CORPORATION  Koji Gonoi
Interior designer:Tokyu Homes Kyoko Takagi Toshifumi Kochi  Yoshimi Baba
Floor composition:15 stories above the ground and 1 underground story
Total floor area:6328.85㎡
Standard floor area:395.92㎡
Photo:Katsuhiro Aoki

春夏冬 蕎麦

9619-2

9499-2

9450-2

9475-2

9597-2

9872-2

9901-2

ベトナム・ホーチミン市内の中心地、在住日本人でにぎわうエリアにオープンした蕎麦専門店である。間口5m、奥行き25mの建物で、1階はカウンター席と厨房、2階はテーブル席と個室で構成。既存建物の天井高3.6mを2.4mまで落とすことで目線を下げ、食事や会話に集中できる空間を計画した。カウンター席は長さ10mの無垢板を使用し、透過性のある木組の下がり壁で空間の広がりを確保しつつ客席とキッチンを適度に仕切った。テーブル席は客同士で視線ができるだけ交差しないよう、また閉塞感を感じさせない形状と仕上げ、抜け感のある木製パーティションで区切り、居心地の良さを確保している。ファサードには木枝を束ねた箒のような柱を並べ、雑踏のなかでも人の目を引くようなインパクトのあるものを考えた。過度な装飾を避け、より素朴でより粗野な材料を選定し、上質な素材をなるべく無垢のまま使用することで、潔い空間となることを目指した。素材はすべてベトナム国内で容易に入手できる一般的な素材を使用し、加工の方法や見せ方、素材の組み合わせなど、創意工夫によって洗練された仕上げ材へと昇華させることができたと考えている。(川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd.)

 

春夏冬 蕎麦
所在地:9 Le Thanh Ton, Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
オープン:2015年10月
設計:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd. 川口淳志
床面積:170㎡
客席数:43席
Photo:大木宏之

 

Japanese Soba noodle restaurant opened in Ho Chi Minh City. The building is 5 meters width and 25 meters depth in size. The ground floor consists of counter seats and a kitchen and the second floor table seats and private rooms. The floor originally had 3.6 meters ceiling height but we lowered it to 2.4 meters so that customers’ eye level also got lowered and were able to concentrate on meals and conversations. The counter table is made of 10 meters solid wood board and customers’ seats and the kitchen are divided by transparent wooden lattices on the ceiling. In order to keep comfortableness in table seats, we placed gappy wooden partitions. Because of the partitions, customers do not see each other yet feel a sense of openness. The store façade has broom-like pillars that make a strong impression even in a crowded street. We aimed to create a gracious space by using natural, wild and high quality solid materials and avoiding too much decoration. All materials can be available in Vietnam but we tried to make them look sophisticated with originality and ingenuity. (Atsushi Kawaguchi / DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd.)

 

SYUNKATO SOBA
Location:9 Le Thanh Ton, Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
Open:Oct, 2016
Designer:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd. Atsushi Kawaguchi
Floor area:170㎡
Capacity:43 seats
Photo:OKI Hiroyuki

錢屋カフヱ

z1

z2

z3

z4

z5

1960年代に竣工した錢屋本舗本館。事務所と倉庫、住居が入っていたその自社ビルが、2016年3月、街に開かれた複合テナントビルにリノベーションされた。「錢屋カフヱ」は、その1階のロビーエリアにある。昼間は近隣や3階の賃貸オフィスの人々のランチや打ち合わせ場所として、夜は1階の飲食テナントのアフターバーとして、さまざまなシーンに対応する空間となっている。オープンキッチンのカウンターやペンダント照明、ローテーブルといった空間を構成する各要素は、素材、ディテールにこだわってデザイン。ニューヨークの地下鉄構内のタイル、古いヨーロッパの工場で使われていた照明器具、船舶旅行用トランクなどを採り入れたほか、マッキントッシュ真空管アンプとJBLスピーカーが奏でるBGMは、アナログの温かみで空間を満たし、ひと味違ったダンディズムを感じさせる。50年以上にわたって佇む存在感ある建物にこれらの要素を溶け込ませ、リノベーションならではの魅力を引き出した。(東 潤一郎/JA laboratory)

 

錢屋カフヱ
所在地:大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6
オープン:2016年3月5日
設計:JA laboratory 東 潤一郎 椎野永稔
床面積:76.6㎡(うちカフェ45.9㎡、厨房17.6㎡)
客席数:22席
Photo:山田誠良

 

ZENIYA HOMPO HONKAN was established in 1960s. It started as an owner’s office, warehouse, and residence and in March, 2016, renovated to a building complex open to the town. This “ZENIYA CAFE” is located in the lobby area on the ground floor. The café functions in many ways, for example, a lunch or meeting place for locals and third floor’s tenants in the daytime and a late-night bar for ground floor’s restaurant workers in the nighttime. Factors that constitute the space such as open kitchen style counter, pendant lamps, and coffee tables are carefully designed and have special materials and details: tiles from New York subway stations, lightings from old European factories, and some cruising trunks. Background music played by McIntosh vacuum tube amplifier and JBL speakers fills the space warmly and makes customers feel defunct dandyism. More than 50 years old unique building achieved new characteristics by renovated with carefully selected factors. (Junichiro Azuma / JA laboratory)

 

ZENIYA CAFE
Location:14-6, Ishigatsuji-cho, Tennoji-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Mar. 5th, 2016
Designer:JA laboratory Junichiro Azuma Hisatoshi Shiino
Floor area:76.6㎡ (including café 45.9㎡ and kitchen 17.6㎡)
Capacity:22 seats
Photo:Seiryo Yamada

代官山焼肉 kintan

k1

k2

k3

k4

k5

k6

2013年に恵比寿で営業し始めた「焼肉kintan」の5店舗目がこの代官山店。kintanは、常にその地域に受け入れられる店舗を模索し、デザインやサービス内容を変化させてきた。代官山店は大人の顧客を想定し、キーカラーはBLACK × WHITEのモノトーンを選定。店内は自然の豊かさが感じられる代官山の街並みを意識し、木やコンクリートブロックといった自然素材にこだわった。また、アクセントにグリーンのアートを取り入れることで、モノトーンの中に温かみを感じさせるよう工夫。メインダイニングの壁には大きな牛のオブジェを大胆に配置し、広いホール全体を引き締め、強い印象を発している。今後も地域とターゲット層に支持され続けるkintanであることを大切にしながら、進化を促すことが重要だと考えている。(小川訓央/Red Unit)

 

代官山焼肉 kintan
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-21-8 レジディア恵比寿2
オープン:2015年9月11日
設計:Red Unit 小川訓央 延川聡志
床面積:235.8㎡
客席数:75席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Japanese yakiniku restaurant “kintan”, started in Ebisu in 2013, opened their 5th store in Daikanyama. kintan has always been trying to modify their store design and service to fit each location. We chose black and white for key colors, considering adult customers in this area. Natural materials such as wood or concrete blocks are chosen to make the store suit Daikanyama’s scenery. The green art works are made for adding a warm feeling in monochrome space as an accent. The big cowy object is placed on the wall of the main dining hall, giving off a strong impression to the large space. We think it is very important to keep kintan’s popularity and accelerate its evolution. (Norio Ogawa / Red Unit)

 

Daikanyama yakiniku kintan
Location:RESIDIA EBISU 2, 1-21-8, Ebisu-nishi, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 11th, 2015
Designer:Red Unit Norio Ogawa Satoshi Nobekawa
Floor area:235.8 ㎡
Capacity:75 seats
Photo:Nacasa&Partners

MOMENT KANDA 西口店

m1

m2

m3

m4

都心にある雑居ビル内の空中店舗に存在する、ウイスキー「白州」をメインに取り扱うバー。「白州」のブランドイメージである森をコンクリートジャングルの中に挿入することで、都市の時間の流れを忘れさせ、本当の癒しを得られるバーを目指した。ルーフバルコニーにつくられた生きた森は、白州蒸留所のある山梨の生息樹と富士砂で構成されており、12種もある美しくも珍しい枝振りのモミジたちがメインだ。室内も森をデフォルメしたデザインで、経年変化する素材が姿を変え続ける生きた森に呼応するもの。床には黒皮鉄を敷き、壁はこれまでの時を刻んだRCをスケルトンにし、天井のワイヤーメッシュにはエアプランツやツタを這わせることで、時間を意識させる仕上げとなっている。また、乱立させた黒皮鉄の丸棒には鉄の枝を生やし、緑色の白州のボトルをセットすることで木と葉の緑をイメージしている。存在感のある木の塊のようなカウンターは、米松材を集積させ、チェーンソーで大まかにシェーピング。最後は手で削り微調整をしながら丁寧に磨き、生命力を吹き込むように仕上げていった。その他、ヌメ革のチェアや黒皮鉄の棚など、存在するすべてがそれぞれの時間の流れを生む。訪れる方が、何かしらの「時間」を意識し、心の豊かさや癒しにつながればと期待している。(家所亮二)

 

MOMENT KANDA 西口店
所在地:東京都千代田区内神田3-13-3 タチバナビル7階
オープン:2014年6月6日
設計:家所亮二建築設計事務所 家所亮二
床面積:40㎡
客席数:9席
Photo:TSuKaMoTo

 

This is a bar where Japanese whisky “HAKUSHU” is featured. I planned to create a space that puts out the flow of urban time from customers and give them comfort by inserting “forests”, which is the “HAKUSHU” brand image, in a concrete building. The forests in a balcony consist of trees and sand from Yamanashi prefecture where HAKUSHU whisky distillery is located. 12 kinds of beautiful and rare maple trees are chosen. The interior design concept is deformed forests. The materials also being changed across the ages act in concert with the real forests. We put bare black steel on the floor, took off coverings from the concrete walls, and placed air plants and ivy vines on the wire mesh ceiling. We added steel branches to bare black steel poles to put HAKUSHU bottles on them, imagining green of trees and leaves. A chunky wooden counter is made of accumulated spruce, roughly shaped by a chainsaw and finished by the hand in the final process. Other materials such as leather chairs or bare black steel shelves also create the unique flow of time. I hope customers to be aware of “time” and it brings them comfortableness. (Ryoji Iedokoro)

 

MOMENT KANDA Nishiguchi
Location:Tachibana bld. 7F, 3-13-3, Uchikanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Open:Jun. 6th, 2014
Design:Ryoji IEDOKORO ARCHITECTURE OFFICE  Ryoji Iedokoro
Floor area:40 ㎡
Capacity:9 seats
Photo:TSuKaMoTo

also Soup Stock Tokyo

a3

a4

a2

a1

02_alsoSoupStockTokyo

自由が丘の中心地、西面と南面が接道する角地に立つスープ専門のレストラン。自由が丘はヒューマンスケールの街並みが魅力の街であり、敷地の面する道はその自由が丘の中でも特に賑わいのある通りである。町の魅力である道がそのまま店内に続き、2階、3階テラスへと立体的につながっていく構成を考えた。2層分の高さを持つ1、2階店舗部分が、1層分ずれたスキップフロアとなり、1階から2階、さらに2階の吹き抜けから3階のテラスまでを見通せる。接道面は特注のスチールサッシに覆われ、遠くからでも中の様子がよく見える。1階のサッシはコーナーを両サイド4連引きの引き戸にすることによって大きく開け放すことができ、道とフラットにつながる。南面は同じ角度に開く連続した片開きの窓によって、外壁に楽しげな表情が生まれる。見通しと風通しの良い店内を人が流動的に動く姿が見え、その活気ある様子が道を行き交う人々に伝わっていく。1階奥のキッチンの窓からは、美味しそうなスープの匂いが流れてくる。道の持つにぎわいと店内から溢れる活気が合わさり、自由が丘の街並みの魅力がさらに増すことを期待している。(永山祐子)

 

オルソ スープストックトーキョー
所在地:東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL
オープン:2016年4月30日
設計:永山祐子建築設計 永山祐子 花摘知祐
床面積:77.53㎡
客席数:30席+テラス12席
Photo:表 恒匡

 

 

This is a soup specialty restaurant located in the center of Jiyugaoka town. The town’s appeal is its size and the streets that the store faces are especially bustling. In our architectural plan, town’s attractive streets continue into the store and they go on also on the second and third terrace floors sterically. By adopting a split-level system (called a skip-floor in Japan), customers can see the second floor from the first and the third from the second. The store façade is covered with custom-made steel sash so that people can see the inside from a distance. The first floor can be seamlessly connected to the streets when sliding doors are fully opened. The south face of the store has single swing doors that make amusing expression. Because both visibility and ventilation are good in this space, a vibrant atmosphere can be seen by passersby and it infects them. We hope the bustle streets and the vibrant store increase the appeal of Jiyugaoka’s scenery together in harmony. (Yuko Nagayama)

 

also Soup Stock Tokyo
Location:POOL 1-26-13, Jiyugaoka, Meguro-ku, Tokyo
Open:Apr. 30th, 2016
Design:YUKO NAGAYAMA & ASSOCIATES Yuko Nagayama Tomosuke Hanatsumi
Floor area:77.53 ㎡
Capacity:30 seats + 12 terrace seats
Photo:Nobutada Omote

ウッドバーニンググリル リグニス

g1

g2

g3

g4

グローバルダイニングの新業態「ウッドバーニンググリル リグニス」は、アメリカ・西海岸から直輸入した回転式薪火グリル機で料理を提供するディナーレストランです。恵比寿駅東口から続くバス通りに面したビルの1階にあり、「裏恵比寿」と呼ばれるエリアに位置します。テナント躯体の床面積は34坪と大きくはありませんが、5m弱もある天井高が広がりを感じさせると共にラスティックな魅力を備えています。
平面計画は、主に客席スペースと厨房スペースからなるシンプルな構成です。なるべく席数を多く、かつ間隔も広く確保できるよう、経済効率とホスピタリティーの最大化を図っています。また、客席スペースと厨房スペースを分け隔てない明快なオープンキッチンとし、食事と料理のシーンを一望できるよう空間を一体化しました。一方で、席数とその間隔の確保やオープンキッチンといった複数の条件を成立させた時に、装飾物・什器・ディスプレイを配置するスペースが無くなり、深みのあるブランドイメージが打ち出しにくくなります。その解決策として、テナントの天井高をフル活用した立体構成を採用。客席フロア上部にキャットウォークを新設して、緩やかな複層空間に仕立てました。この「キャットウォーク層」には、ブランドイメージのコンテンツとなる装飾物やワインボトル棚、本棚、オーディオ、スイング窓をレイアウトし、客席フロアを上部から演出的に囲い込んでいます。「オープンキッチンへの水平シークエンス」と「物的ブランドイメージへの垂直シークエンス」の二つが相反することなく、相乗するテナント躯体だからこそ可能な空間体験の提供を目指しました。(樋口琢匠/グローバルダイニング

 

ウッドバーニンググリル リグニス
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-27-1 pagoda SKビル 1F
オープン:2016年5月2日
設計:グローバルダイニング 樋口琢匠
アートワーク:グローバルダイニング 佐久間美智夫
ディスプレイ:グローバルダイニング 中里文香
床面積:105.76㎡(うち厨房27.36㎡)
客席数:50席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is the restaurant which uses imported grill machines with natural wood fires. The machines are directly imported from the West Coast of the United States. The floor area is 105.76 square meters, not so big, but the around 5 meters ceiling height gives a broadening and rustic characteristics to the store.
The floor plan is a simple structure consisted of guest seats space and kitchen space. Two scenes, dinning and cooking, are united and can be seen as a single view because of the open kitchen style. Although we balanced the open kitchen with the enough numbers of seats and spaces, it made less space for other objects, fixture, and displays. In order to solve this problem, we adopted a three-dimensional structure, making use of the high ceiling height. Catwalks are newly created above the guest seats floor and the space achieved layers. This catwalks layer has objects that show the store’s brand image, wine bottle shelves, book shelves, audio equipment, and swing windows to set the mood for the dinner. “Horizontal sequence to the open kitchen” and “Vertical sequence for the material brand image” coexist and create a synergetic effect. (Takuomi Higuchi / GLOBAL-DINING)

 

Wood Burning Grill L’IGNIS
Location:pagoda SK Bld. 1F, 4-27-1, Ebisu, Sibuya-ku, Tokyo
Open:May. 2nd, 2016
Design:GLOBAL-DINING INC. Takuomi Higuchi
Art work:GLOBAL-DINING INC. Michio Sakuma
Display:GLOBAL-DINING INC. Fumika Nakazato
Floor area:105.76㎡ (including kitchen area 27.36㎡)
Capacity:50 seats
Photo:Nacasa & Partners

RICCA

r1

r2

r3

r4

r5

花の持つ美しさや艶やかさ、あるいは散り舞う瞬間の強さと儚さにインスピレーションを得て、このバーをデザインした。店内はラウンジエリアと個室で構成。それぞれの空間の天井を覆っているのは、花をデフォルメしたオブジェだ。このオブジェは、ホログラムシートを貼った樹脂板をレーザーカットしたもので、ライティングによって反射した光がさまざまな色を放っている。ホログラムは視線の角度によって色が違って見えるため、さまざまな色の花が舞っているかのように空間へリフレクションする。ラウンジエリアはより魅惑的な雰囲気をつくるため、ホログラムシートの上にさらに赤い半透明のカラーフィルムを施した。一方、個室のカラオケルームはホログラムの色をそのまま空間にリフレクションさせ、よりアクティビティーを感じる空間とした。部屋の中央にシャンデリアのようにオブジェを吊り、外側と内側からライティングしている。外からの光はオブジェに乱反射し、また内からの光は壁面や天井に花を投影したような表情を映し出す。“花”に対して抱くさまざまな美意識を再解釈したバー空間となった。(神田亮平/Roito)

 

「RICCA」
所在地:東京都新宿区神楽坂5-1 神楽坂テラスB1F
オープン:2016年4月27日
設計:Roito 神田亮平
床面積:75.9㎡
客席数:19席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Getting inspired by flowers, I designed this bar. Beauty and coquetry or strength and evanescence of Flowers. The store consists of lounge area and private room. The ceilings of both spaces are covered with deformed flower objects. The objects are made of resin with hologram sheets and cut with a laser. Guests can see various colors and reflected lights because of the feature of the hologram sheets and they appear to be fluttering flowers. I added half-transparent red color film on the resin objects to create a more bewitching atmosphere in the lounge area. Meanwhile, in the private karaoke room I had the hologram to reflect the lights naturally in order to produce more active feelings. In the center of the room I hung the hologram objects from the ceiling and put the light from both inside and outside. The light from the outside gets reflected randomly in the room and from inside projects flower-like expression onto the ceiling and the wall. Esthetics for flowers is reinterpreted in various ways in the bar. (Ryohei Kanda / Roito)

 

【RICCA】
Location:Kagurazaka terrace B1F, Kagurazaka, Shinjuku-ku, Tokyo
Open:Apr. 27th, 2016
Designer:Roito Ryohei Kanda
Floor area:75.9㎡
Capacity:19seats
Photo:Nacasa & Partners

L,ARRIVO

a0

a1

a2

a3

a4

岐阜市に建つ結婚式場の「L,ALLIVO」(エル・アリーヴォ)の建て替え計画。建物構成は低く伸びる水平ラインを基調とし、その中にキャンドルをモチーフにしたチャペル構成。誰しもが結婚式場と認識できるデザインとした。外装は、全体的に白をベースに、柔らかい印象となるよう左官コテ押さえで仕上げている。内部構成は、中央にガーデンを配置した内向きの空間で、外部と切り離された非日常空間となっている。施設内は、結婚式の列席者が中へ進むにつれて新たな感動が沸き起こり日常を忘れ楽しめる、もてなしの空間となるようデザイン。結婚式場に降り注ぐ「神聖な光」をテーマに、各シーンごとにアート性豊かな表現を試みた。ホワイエにある暖炉のフードには、天へ昇っていくようなブロンズリングを設置。チャペルは、R状の壁面をいくつもの間接照明が走り、天井まで光が包み込む。その天井からは、チャペルの外観を型どった天吊りアートが煌めき、新郎新婦へと降り注ぐ。バンケットの高さ7mの天井には、木、石、照明の光といったマテリアルを用いたボックスが下がり、空間に重厚感を演出。高砂の背面からは、斜めにせり出した壁面から光がこぼれる。各シーンごとで「神聖な光」の表現をし、列席者の祝福にと共に幸せに包まれる、大切なひと時を生む空間となった。(西村和起/UDA建築設計、神田健太郎/DESIGN OFFICE KENTARO)

L,ARRIVO
所在地:岐阜県岐阜市薮田南1-1-1
オープン:2016年1月23日
建築設計:UDA建築設計 西村和起
デザイン・内装設計:DESIGN OFFICE KENTRAO 神田健太郎
施工:大洞工務店
協力:照明計画/マックスレイ 天吊りアート/STUDIO SAWADA DESIGN 壁面アート/箔一 特注オブジェ・スクリーン・照明/ザ・ビンテージハウス 家具/オリバー
床面積:1383.68㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is a rebuilding project of the wedding hall “L,ARRIVO” in Gifu city. The new structure is a chapel style which has a horizontal line for its base with a candle motif in it. External finishing is plaster in white color. Internal structure, which has a garden in the center, is introversive and separated from outwards, offering extraordinary experiences. The facility is a space of hospitality where attendants get new sensations as they walk through a hall. The design theme is “heavenly light” and we tried to create an artistic effect for each scene. The hood of fireplace in the lobby wears heavenward bronze rings. In the chapel, indirect lighting lines run on the R shape walls and floating art pieces glitter under the ceiling. In the banquet hall, several art boxes with different themes such as wood, stone, and light are suspended from the ceiling. Guests can also see the light from the background of bride and groom seats. “Heavenly light” get realized in each scene and the space became very special. (Kazuki Nishimura / UDA architectural design, Kentaro Kanda / DESIGN OFFICE KENTARO)

 

L,ARRIVO
Location:1-1-1, Yabutaminami, Gifu-shi, Gifu
Open:Jan. 23rd, 2016
Architectural design:UDA architectural design  Kazuki Nishimura
Interior design:DESIGN OFFICE KENTARO Kentaro Kanda
Construction:Obora Construction company
Collaboration: Lighting planning / MAXRAY, Hanging art / STUDIO SAWADA DESIGN, Wall art / HAKUICHI, Custom-made object & screen & lighting / THE VINTAGE HOUSE, Furniture / OLIVER
Floor area:1383.68㎡
Photo:Nacasa & Partners

根津たけもと

t_1

t_2

t_3

t_4

和食店「根津たけもと」は、近年、観光地として人気の文京区根津の事問通りに面するビル、その地下1階にある。店内は、オープンキッチンとローカウンター、ベンチシートによる18席の小空間。客席部分と、ウェイティングスペース、パントリーの境界を曖昧にし、店内に一体感と広がりを持たせている。ローカウンターのタモ無垢材をはじめ、銅板や御影石など仕上げに用いた4つの素材は、料理を構成するさまざまな素材をイメージしたもの。レイアウトの都合で客席として有効に使えないベンチシートの背後のスペースは、あえて塞がず、腰高の床の間をつくって空間に広がりを与え、季節演出のスペースとした。京町家の間仕切格子や信州の蔵戸など、部分的に古材を用い、新しさの中に貫禄のある時間を取り入れている。また、「料理やサービスに完璧は無い」との思いから、洗面のミラーは真円ではなく三日月状に。ディッシュアップカウンターの天板は石材とし、「提供前にもう一度皿の中身を確かめる」場として適度な緊張感を持たせている。そのほか、アイキャッチとなるシルクのペンダントライトが、空間全体に落ち着きと暖かみを添えている。(佐藤琢磨)

 

「根津たけもと」
所在地:東京都文京区根津2-14-10 地下1階
オープン:2015年12月17日
設計:佐藤琢磨設計事務所 佐藤琢磨
床面積:50.04㎡
客席数:18席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Japanese restaurant “Nezu Takemoto” is in a basement floor of a building in Nezu, Bunkyo area that is lately popular for sightseeing. The compact restaurant has in total 18 seats with open kitchen, low counter table, and bench seat. We purposely made a border between guest seats and a pantry vague in order to create unity and expansion in the store. Main materials are solid Japanese ash, copper panel, and granite stone that are adopted to be suited with various foodstuffs. The back of the bench seats could be dead space but we utilized it for an alcove and planned to stage a sense of the season with flowers and plants. The front of the alcove has partially old materials such as a latticework in Kyoto or an old storehouse’ door in Shinshu. We added the old materials in the new store to create time of dignity. Based on the idea that “there are no perfect services or cuisine”, we made a mirror in a bathroom crescent shape not true circle. A dish up counter’s top board is made of stone in order to create a certain feeling of tension where staff should “check the dish before it’s served”. Eye-catching pendant lightings give comfortableness and warmness to the entire space. (Takuma Sato)

 

【Nezu Takemoto】
Location:B1F, 2-14-10, Nezu, Bunkyo-ku, Tokyo
Open:Dec. 17th, 2015
Designer:Takuma Sato Design Office  Takuma Sato
Floor area:50.04㎡
Capacity:18seats
Photo:Nacasa & Partners

 

THE PARK・ING GINZA

a1

a2

a3

a4

a5

a6

a7 のコピー

「THE PARK・ING GINZA」は、藤原ヒロシ氏のディレクションによるショップ「the POOL aoyama」に続くプロジェクトとして進められてきたコンセプトストア。藤原氏は、the POOL aoyamaの時期から3つの“プール構想”があった。青山でのプール、新宿伊勢丹でのプールバー、そして、駐車場を使ったモータープールだ。
ロケーションは、銀座・数寄屋橋の交差点に面する銀座ソニービルの地下3〜4階。今回のスペースの特筆すべきポイントは、地下3階部分が「西銀座駐車場」に隣接しており、利用者が(車でさえも)直接アプローチすることができること。この特殊なロケーションが、今回のプロジェクトの中心となっている。
この駐車場は、数寄屋橋交差点から新橋駅まで長く続く外堀通りの地下にあり、800台の車を収容しながら、レンタカー受付、休憩スペース、飲食店などのテナントが同居している。我々は、この駐車場の都市の中での独特の存在感、テナントとの共存の仕方に着目し、それらといかに共存しながらストアとして成立していけるかに注力した。ストアの構成は、カフェや物販、展示のスペースをあえて混在させている。それぞれのスペースは、不定期に用途が変わったり、さまざまなイベントが展開できるようになっている。東京の魅力の一つである刹那的な感じを空間化することで、利用者を刺激し、魅力と感じてもらえる存在(空間)とした。また、その刹那的なフレキシビリティに追従するために、建設現場で使われている仮設材を用いて空間を構成。それらは、西銀座駐車場でもともと多く使われている材料から着想したものであった。
「THE PARK・ING GINZA」は、都市の状況に共存し、“違和感なく違和感をつくりだしている”、まさに東京そのものを表現したストアである。(荒木信雄/アーキタイプ、文責BAMBOO MEDIA)

 

THE PARK・ING GINZA
所在地:東京都中央区銀座5-3-1 ソニービル地下3階/地下4階
オープン:2016年3月26日
ディレクション:藤原ヒロシ
設計:荒木信雄/アーキタイプ 荒木信雄 岡村健太
設計協力:丹青社
床面積:725.63㎡/地下3階247.89㎡、地下4階477.74㎡
Photo:Atsushi Fuseya (magnet)

 

“THE PARK・ING GINZA” is located in the third and fourth basement floors of Sony Building in Ginza, Tokyo. The characteristics of this location are that the third floor is connected to “West Ginza parking lot” so customers can directly approach to the store by car.
The parking lot has a capacity of 800 cars and several tenants: auto rental service counter, rest space, and restaurant. We focused on the unique existence of this parking lot in a city and the way of coexistence with other tenants.
The store consists of café, retail section, and gallery space. We intentionally mixed those factors. Use of each space can be changed on irregular bases so that various events can be held. An ephemerality, which is one of Tokyo’s appeals, gets spatialized and then inspires and attracts customers. We adopted temporary materials that are used in a construction site throughout the store. The same materials were also originally used in the parking lot. The store coexists with a city and “creates a feeling of strangeness in no strange way”. The store is Tokyo itself. (Nobuo Araki / The Archetype)

 

THE PARK・ING GINZA
Location:3/4F basement floors of Sony Building, 5-3-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:March. 26th, 2016
Direction:Hiroshi Fujiwara
Designer:Nobuo Araki / The Archetype Nobuo Araki Kenta Okamura
Design cooperation:Tanseisha
Floor area:725.63㎡ / B3F 247.89㎡ & B4F 477.74㎡
Photo: Atsushi Fuseya (magnet)

 

TAOMEN

to1_1DS_8504-Edit

to2_1DS_8529-Edit

to3_1DS_8480-Edit

to4_5D2_5685

to5_1DS_8477

神戸で17年続く担々麺専門店「TAOMEN」。神戸旧居留地から少し離れたファッションブランド街とオフィス街、その狭間の立地にマッチさせることを意識したプロジェクトだ。ローカルイメージを維持しつつ、女性も利用しやすいポップで洗練された空間を目指した。店内にアンティークタイルや木材などテクスチャー、密度を感じる素材の切りかえしを配置。この店の象徴でもある神戸在住アーティストjunjiro氏の動きのある壁面アートと、調理キッチンカウンターを全面に配置することでライブ感、にぎわい感を演出した。ファサードはフルオープンにすることが可能で、バルカウンターがカジュアルな印象の中に活気あるローカル神戸らしさを発信している。(キンヒロアキ/undesign)

 

「TAOMEN」
所在地:兵庫県神戸市中央区東町116-2 オールドブライトビル1階
オープン:2016年6月6日
設計:undesign キンヒロアキ
床面積:79.8㎡
客席数:42席
Photo:坂本憲和

 

“TAOMEN” is a Dandan noodles specialty store that has 17-year-old history in Kobe city. The project was focusing on trying to fit the store to its site location which is located between fashion and office districts. We aimed to create popular and sophisticated space where female customers can enter with no hesitation, keeping a local image. The store is decorated with antique tiles and wooden materials from that customers feel the difference of texture and density. Kobe’s local artist, Junjiro’s work covers the wall and the kitchen counter runs through the store that create vibrant and bustle atmosphere. The façade, which can be full-open, together with the bar counter transmit lively and casual image of local Kobe ambience.(Hiroaki Kim/undesign)

 

【TAOMEN】
Location:Old Bright bld. 1F, 116-2, Higashicho, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Open:Jun. 6th, 2016
Designer:Undesign Hiroaki Kim
Floor area:79.8㎡
Capacity:42seats
Photo:Norikazu Sakamoto

 

CoorsTek Gallery & Office

c1

c2

c3

c4

c5


エンジニアリングセラミックス企業である「クアーズテック」のギャラリー兼オフィス。リブランディングを図る中で、「Pure・Repeat・Clarity」という三つのキーワードが浮かび上がった。これは純度の高いセラミック(Pure)が明快な構造を持ち(Clarity)、無限に続くさま(Repeat)を表す。この要素は新C.I.のDot(ドット)にも通じる。そこで三つのキーワードを貫くことで、人々にクアーズテックを体感してもらうことを考えた。ギャラリーに展開する光のDotは無限に続き、まるで光の中に迷い込んだような感覚を覚える。この光はインタラクティブに動き出し、映像となり、クアーズテックのブランドと製品を表現する。オフィスも同様にPure・Repeat・Clarityをコンセプトに作られた。新たな働き方から機能を整理し、純度の高いアイコン群としている。アイコンをリピートさせゾーンをつくり、そのゾーンを明快に配置することで空間を構成した。(佐藤 航/コクヨ)

 

「CoorsTek Gallery & Office」
所在地:東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズシティー9階、10階
開設:2016年1月
ディレクション・設計:コクヨ 佐藤 航
プロジェクトマネジメント:CWファシリティソリューション 住田 薫
映像・音楽コンテンツ(LEDウォール):グラトリ 和田竜治 岡田敏己 福嶋清彦
照明コンテンツ(LEDウォール):オスラム 三宅 洋
照明計画、アドバイザリー(LEDウォール):ミューズ・ディ 今津慎也 土橋政博
床面積:1350㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is gallery & office of CoorsTek, engineering ceramics company. The keywords for their rebranding project were described as “Pure, Repeat, and Clarity”. Those words express their product, namely, pure ceramics that repeatedly has clarity. This idea is also reflected to their new corporate identity, Dot. We planned to make people to experience CoorsTek by carrying through 3 keywords. Because lighting dots continue unlimitedly, people get confused just like they get lost in the light. The light moves interactively and shows a movie of CoorsTek’s brand and product. The office is designed also based on the same concept, “Pure, Repeat, and Clarity”. Functions of new working style are organized and very pure icons are created. We made zones with repeating icons and constructed the space by placing the zones. (Wataru Sato/KOKUYO)

 

【CoorsTek Gallery & Office】
Location:OSAKI WIZ CITY 9F & 10F, 2-11-1, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo
Open:April, 2016
Direction & Design:KOKUYO Wataru Sato
Project management:CW Facility Solution Kaoru Sumida
Movie & Music contents(LED wall):GRATRI Ryuji Wada Toshimi Okada Kiyohiko Fukushima
Lighting contents(LED wall):OSRAM Hiroshi Miyake
Lighting planning & advisory(LED wall):muse-D Shinya Imazu Masahiro Tsuchihashi
Floor area:1350㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

CoorsTek
http://www.coorstek.co.jp/

 

表邸 はなれ

1_7Z2C8193

2_h_7Z2C8149

3_h2_7Z2C8159+

4_h_7Z2C8069

5_h_7Z2C8269

6_h_7Z2C8293

「表邸 はなれ」は、前身となる店舗が15年の節目を迎えたことを受け、店名を含めて全面リニューアルを行ったプロジェクトだ。店と共に時を重ねた顧客のニーズ、例えば、友人との集いの場から仕事仲間との交流の場への変化などに対応し、全面オープンであった客席から一転、全個室へとドラスティックな見直しを行った。環境面においては、それぞれの部屋に「個」としての特性を持たせると共に、シチュエーションに応じて連結された「間」においても一体感のあるデザインを試みた。具体的には、店中央の通路を堺にモチーフの異なる2つのベース空間を構成している。そのベースとなる空間を細分化し、木彫刻や石灯篭といった空間のテーマに沿った個別のエレメントを配することで、「個」としての特性を演出している。(友杉有紀/スピニフェックス)

 

表邸 はなれ
所在地:福岡県福岡市中央区大名1-8-31 リベルタス大名1階
リニューアルオープン:2014年4月20日
設計:スピニフェックス 友杉有紀 独鈷智宏
床面積:123.8㎡
客席数:52席
Photo:石井紀久

 

“Hyotei Hanare” is a full-scale renovation project including a store’s name for a 15-year-old restaurant. Customers’ needs have been gradually changed over the years, for example, from friends’ casual meetings to business networking dinners. Corresponding to the changes, we converted the open layout to the private room layout, drastically. As for the store environment, we created different characteristics for each private room and the unified design for the whole space when rooms are connected depending on situations. Concretely speaking, we divided the store in 2 different spaces with different motives, taking the center aisle as a border line. Individual elements such as wooden carvings or stone lanterns are placed according to the themes of the spaces that show up the character of each space. (Yuki Tomosugi/SPINIFEX)

 

Hyotei Hanare
Location: LIBERTAS Daimyo 1F, 1-8-31, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Renewal Open: Apr.20th, 2014
Designer: SPINIFEX Yuki Tomosugi Tomohiro Dokko
Floor area: 123.8㎡
Capacity: 52seats
Photo: Toshihisa Ishii

 

88食堂NIPPON

s1

s2

s3

s4

s5

s6「88食堂NIPPON」は、バンコク伊勢丹の食品フロアリニューアルに伴い企画されたプレミアムフードコート。すべてタイ初進出の飲食ブランドで構成されている。バンコクには日本食を扱うお店が多々あるが、このように多様な食文化が一堂に会し、さらにそれを一括運営してオペレーションする施設は初めてで、今までにないアプローチだ。クライアントは、このフードコートをこの場所やタイ国内だけではなく、アジアを中心とした海外で展開するためのプラットフォームとして構築し、日本の食文化の魅力を発信することを目的としている。その1号店がこの「88食堂NIPPON」だ。これら条件をふまえ、レイアウトの計画段階でかなりの時間を割いたが、その結果として創出したアイランド型の店舗は平面的にも立面的にも効果を発揮している。寿司や鉄板焼き、やきとりの店舗には「本物」の日本食であることをライブで感じてもらえるようカウンター席を設けた。食い入るように調理工程を見つめるお客様の姿をみて、その効果を改めて実感している。全体のデザインは日本を想起させるモジュールを用いつつ、風変わりなことはせず、日本独特でありながら海外でも違和感を感じさせない「藍染め」を、のれんや日除け幕、ウォールデコレーションとして鏤めることで、施設のビジュアルを整えた。結果、押し付けがましくなく説明的でもないが、確実に日本を感じるプラットフォームを創出できた。(井上愛之/ドイルコレクション)

 

88食堂NIPPON
所在地:4/1-4/2 Central World, Rajdamri Road, Pathumwan, Bangkok 10330, Thailand
オープン:2015年12月18日
クライアント:エポック 佐藤信之
ディレクション:カフェカンパニー 楠本修二郎
設計:ドイルコレクション 井上愛之
VI計画、グラフィック:ドゥービー・カンパニー 飯島広昭 淺川和敏 大谷信広
施工:タイアルス 上林順一
床面積:1000㎡
客席数:350席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“88 Hachi-Hachi Shokudo Nippon” is a premium food court planed for the renewal of ISETAN BANGKOK department store’ s restaurant floor. Every restaurant brand in the food court hasn’t had its store in Thailand until the completion of this project. There are many restaurants that serve Japanese food in Bangkok but this kind of facility where various Japanese food cultures gather in one place and operated collectively is completely new and an innovative approach. The client wanted this food court to be a platform for more expansion not only in Thailand but also in other Asian and overseas markets in order to transmit charms of Japanese food cultures. The first facility to accomplish the goal is this “88 Hachi-Hachi Shokudo Nippon”.
We spent a long time for layout planning, trying to satisfy those conditions and finally figured out an island type layout that functions both in two-dimensional and three-dimensional ways. Sushi, Teppanyaki(grilled food on iron plates), and yakitori(grilled chicken skewers) restaurants have counter seats so that customers feel real Japanese cuisine live. We realized the success of this idea when we saw customers scrutinizing the cooking process. We adopted modules reminding people of Japan and avoided fanciful design throughout the store. Because “Aizome(Japanese indigo dye)” is Japanese original yet familiar with overseas cultures, we straightened the visual image of the facility by sprinkling Aizome textile as short split curtains, shading devices, and wall decorations. We believe that we successfully created the platform that gives a remarkable impression of Japan to customers with absolute certainty and without intrusiveness and explanatory texts.(Aiji Inoue/Doyle Collection)

 

88 Hachi-Hachi Shokudo Nippon
Location: 4/1-4/2 Central World, Rajdamri Road, Pathumwan, Bangkok 10330, Thailand
Open: Dec.18th, 2016
Client: epoc Inc./ Nobuyuki Sato
Direction: Cafe Company Inc./ Shujiro Kusumoto
Designer: Doyle Collection co.ltd./ Aiji Inoue
VI, Graphics: Do Be Company Inc./ Hiroaki Iijima, Kazutoshi Asagawa, Nobuhiro Otani
Constractor: THAI ARUSU CO., LTD./ Junichi Kambayashi
Floor area: 1000㎡
Capacity: 350seats
Photo: Nacasa & Partners

 

今治タオル 松山エアポートストア

ima_1

ima_2

ima_3

愛媛県今治の玄関口の一つである松山空港に出店する「今治タオル」のショップをデザイン。「白木の箱」をモチーフに、空間全体を柔らかい木肌の白木の素材で包み込むことで、上質な今治タオルの世界観を表現している。整然とタオルが陳列されている家具も「箱」をモチーフにデザインしており、安心・安全・高品質な今治タオルの丁寧なものづくりを感じてもらいたいという願いを込めている。(佐藤可士和/サムライ)

 

「今治タオル 松山エアポートストア」
所在地:愛媛県松山市南吉田町2731 松山空港内
オープン:2016年3月19日
ディレクション・デザイン:サムライ
インテリアデザイン:サムライ 佐藤可士和 齊藤良博
床面積:28㎡
Photo:中対 明

 

We designed the interior of “imabari towel” store in Matsuyama airport which is one of the gateways to Imabari city in Ehime prefecture. Reflecting the perspective of fine imabari towel products, the entire store space is wrapped with plain wood materials with the design motif “plain wood box”. Furniture to display towels is also designed with the same “box” motif. We hope customers to feel comfortable, safety, high quality, and complaisant creation of imabari towel brand. (Kashiwa Sato / SAMURAI)

 

【imabari towel Matsuyama airport store】
Location:Matsuyama airport, 2731, Minamiyoshida-machi, Matsuyama-shi, Ehime
Open:Mar. 19th, 2016
Direction, design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito
Floor area:28㎡
Photo:AKIRA NAKATSUI

今治タオル
http://www.imabaritoweljapan.jp

 

WOLF MARKET

wm1

wm2

wm3

wm4

アジアの株式市場がコンセプトのバー「ウルフマーケット」。香港でも多くの金融系企業がオフィスを構える中環(セントラル)エリア、蘭桂坊(ランカイフォン)の中心に位置するこのバーは、ドリンクの値段が各ドリンクの需要によってリアルタイムに変動する独自のアルゴリズムを採用している。
壁面のディスプレイには、店内でオーダー可能な全てのドリンクの種類と価格を表示。ドリンクの価格がその日の最高値を超えると、マーケットが「崩壊」し、瞬間的に全てのドリンク価格が最安値となる。情報通の顧客はこのタイミングを見計らって買い注文を入れる。
店内は2層に分かれており、下階が取引所、上階が投資家の部屋をイメージしたデザインとなっている。上階では、ヘッドバーテンダーのLuis Leeによる、最高クラスのウイスキーやオリジナルのカクテルを楽しむことができる。(DEFT)

 

WOLF MARKET
所在地:UG/F – 1/F, The Plaza, 21 D’Aguilar St, Central, HK
オープン:2016年3月
設計:DEFT (Design Eight Five Two)
床面積:232㎡
客席数:44席
Photo:Fred Cheung

 

Wolf Market – Asia’s Stock Market Bar
Located in the heart of Lan Kwai Fong in Central, Wolf Market uses a custom pricing algorithm to adjust drink prices in real-time depending on the demand of drinks at that moment.
Wolf Market features a video wall which displays the real-time prices of all available drinks. If drink prices rise to a trading-day high, the market will “crash” causing all prices to momentarily fall to extreme lows, where the savvy customers will place their orders.
Wolf Market is divided into a lower level (The Trading Floor) and an upper level (The Trader’s Room), where Head Bartender Luis Lee serves a wide variety of top-shelf whiskies and signature cocktails.(DEFT)

 

WOLF MARKET
Location:UG/F – 1/F, The Plaza, 21 D’Aguilar St, Central, HK
Open:Mar. 2016
Designer:DEFT (Design Eight Five Two)
Floor area:232㎡
Capacity:44 seats
Photo:Fred Cheung

 

青森りんごキッチン

ao1

ao2

ao3

ao4

ao5

青森の「星野リゾート 奥入瀬渓流ホテル」内にオープンした「青森りんごキッチン」。青森と言えば、生産量日本一の“りんご”。宿泊客の8割は東京から訪れることから、その青森の最大の特徴を味わえるビュッフェレストランとなっています。
店内は木を多用し、ホテルに合わせた山のリゾート感とカジュアル感を出しながら、随所に青森を感じるエレメントを配しています。エントランスエリアでは、約1800個のりんごとオリジナルシードルを貯蔵するりんごセラー、津軽びいどろのガラスのりんごのアートが店内への導入部を演出。ビュッフェエリアでは、ブナ製プロダクト「ブナコ」のりんごをイメージさせる巨大なペンダントと、奥入瀬渓流の水の流れを表現したビュッフェ台のカーブが、オープンキッチンのシェフの動きと相まって空間にリズムを作り出します。また、奥入瀬の木々をレストランにも引き込むイメージで生まれた木の間仕切り造作が、活動的なビュッフェエリアと居心地の良い客席エリアを絶妙なバランスで両立させ、この間仕切りと照明が連動することで、朝食と夕食時の光と影が反転し、客席エリアの雰囲気を一変させます。客席エリアでは津軽びいどろのりんごの木が象徴的に迎え、その他、伝統工芸の南部裂織の壁面アートや、羽越しな布を使ったフロアスタンドがくつろぎの空間を提供。青森に行くなら寄ってみたい、そんな青森の魅力が詰まったりんごのレストランが誕生しました。(藤井文彦/ファン)

 

青森りんごキッチン
所在地:青森県十和田市大字奥瀬字栃久保231 星野リゾート奥入瀬渓流ホテル内
オープン:2016年4月15日
設計:ファン 藤井文彦 古村浩一
床面積:831.62㎡
客席数:220席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“Aomori Apple Kitchen” is a newly opened buffet restaurant in Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel. Aomori is famous for its largest production of apples in Japan. As about 80% of its guests come from Tokyo area, it adopted apples as motif so that guests could feel one of the most remarkable features of Aomori.
The interior apply a lot of wood to be harmonized with atmosphere of the resort lodge in the mountain, placing elements those feature Aomori everywhere. In the entrance area, a large apple cellar, which stores approximately 1,800 apples and original cidre, and Tsugaru vidro (traditional glass working in Aomori) on the ceiling warmly welcome guests to the restaurant. In the buffet area, under the huge Bunaco pendant lamps reminding apples (Bunaco is traditional wood handicrafts in Aomori), the serving counters shape curves like streams of Oirase Keiryu, It creates rhythms in the space with moves of chefs in behind.
The wooden partition has been created with concept of “drawing Oirase woods into the restaurant” and exquisitely create two spaces of active buffet area and comfortable dining area. Also with this wooden partition and lighting adjustment, light and shadow flip around from morning to night and it produces completely different atmospheres for breakfasts and dinners. In the dining area, the art of Tsugaru vidro apple trees are symbolically placed on the ceiling, and the floor lamps using Uetsu Shinaori (traditional woven handicrafts) and the wall art of Nambu Sakiori (traditional local craft textile in Aomori) provide guests with comfortable space.
You would love to stop by Apple Kitchen if you go to Aomori. Here comes the new restaurant of apples with full of essence of Aomori. (Fumihiko Fujii/ fan Inc.)

 

Aomori Apple Kitchen
Location: Hoshino Resorts Oirase Keiryu Hotel, 231, Okusetochikubo, Towada City, Aomori, Japan
Open: Apr.15th, 2016
Designer: fan Inc. Fumihiko Fujii Koichi Furumura
Floor area: 831.62㎡
Capacity: 220seat
Photo: Nacasa & Partners

 

FLUX CONDITIONINGS

flux_1

flux_2

flux_3

flux_architecture_032

flux_6

flux_023

flux_5

2015年にオープンした極真会館によるトレーニング、フィットネスジム、空手道場、流水プール、カフェの複合施設。施設全体のコンセプト構築を含むクリエイティブ面のプロデュースからインテリア・グラフィックデザインまでを担当。武道やフィットネス、トレーニングを「コンディショニング」という概念でとらえ、「気の流れ(=FLUX)」を通して最適なバランスを整えることをコンセプトに設定。ネーミング、ロゴ、空間やWebサイトのディレクションを一気通貫で手掛けた。白木を用いたミニマルな空間の中で、極真会館の根幹を成す「空手」「武道」の精神を現代的な意匠に置き換えることで、多様化するライフスタイルにフィットする統合型トレーニングソリューションを実現させた。
栗の床や檜の壁で構成される空手道場は、この施設の象徴として神棚を一からデザイン。照明は色温度と照度を変更するシステムを採用し、多様化する道場の使用法(稽古・審査・ヨガのトレーニング・スタジオなど)に適応し、様々なシーンを創出している。
フィットネスエリアは、無着色のオーク、黒、白、人口芝のグリーンという色調の素材計画を施して、「気の流れ」を感じられる淀みのない清涼な印象と道場の持つ緊張感を両立。
カフェエリアは、12mの一本のカウンターのみで構成された潔い空間ながら、木質素材に包まれることで飲食店ならではの安らぎを表現。天井の照明器具と店内のイス、スツールもオリジナルでデザインしている。(佐藤可士和/サムライ)

 

FLUX CONDITIONINGS
所在地:東京都渋谷区猿楽町3-7 代官山木下ビル
オープン:2015年10月
ディレクション・デザイン:サムライ
インテリアデザイン:サムライ 佐藤可士和 齊藤良博
床面積:1802㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

FLUX CONDITIONINGS, opened in 2015, is a commercial complex run by International Karate organization “Kyokushin-kaikan”. It has training room, fitness gym, Karate room, river pool, and also café. We took charge of several areas of this project from the total concept building to detailed interior and graphic designing. The concept is to adjust the best balance through a flux of life energy based on the idea that martial arts, fitness, and training are “conditioning”. Naming, logo design, and direction of space and website had been projected with consistency. The space consisted of plain woods is minimal. The spirits of “Karate” and “martial arts” are realized in modern design. The integrated training solution that fits diversified lifestyles was completed. (Kashiwa Sato / SAMURAI)

 

FLUX CONDITIONINGS
Location:Daikanyama-Kinoshita building, 3-7, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Oct 10th, 2015
Direction, Design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito
Floor area:1802㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

CITRON

c0

c3

c44

c1

「シトロン」は、オーガニックベジタリアンレストランである。野菜という生の素材を扱うお店を設計する上で、クライアントが望み、我々が考えたことは、空間においても素材を丁寧に扱うお店であること。それをクライアントは“インダストリアル”と呼んだが、既存のコンクリートや黒皮の鉄のようなラフな素材においても、生の素材のように丁寧に扱うことを念頭においた。例えば、照明器具や家具のディテール(部品や金具など)をエントランスのまわりにも反復させるように使用。また、ショーケースとそれを照らす照明はスチールのアングル材を加工しているが、棚、エントランスの扉にも同様のディテールを反復した。エントランスから2階まで続く素材とディテールのつながりは、お店としての一体感をつくり出している。イス、タイル、照明器具の一部はクライアントがフランスから買い付けたもの。それらのアンティークが、レストランとしてはやや素朴で冷たくなりすぎるスケルトン空間に彩りを与える。同時にその家具と空間をつなぐモノとして、我々が丁寧に扱いデザインした“インダストリアルな部品たち”が役に立っている。(芦沢啓治/芦沢啓治建築設計事務所)

 

CITRON
所在地:東京都港区 南青山2-27-21 セイリンビル1階、2階
オープン:2015年7月4日
設計:芦沢啓治建築設計事務所
床面積:1階39.16㎡ 2階59.84m2
客席数:42席
Photo:太田拓実

 

“CITRON” is an organic vegetarian restaurant. Planning a restaurant that handles with fresh vegetable, what the client wanted and we thought about was to create space where materials are handled with care. The client called this style industrial and we paid careful attention even to rough materials such as existing concrete or black iron coating. For example, we repeatedly used lighting equipment and furniture details (small parts or hardware) also in the entrance area. Showcases and lightings to light them are made with processed angle materials that are also used repeatedly in shelves and the entrance door. The sequence of materials and details from the entrance to the second floor results in the unity of the store.
Some of chairs, tiles, and lightings are imported from France by the client. These antiques add a nice touch in the simple space that may become too much rustic or cool. The industrial parts we designed function to connect those antique items and the space. (Keiji Ashizawa / Keiji Ashizawa Design)

 

CITRON
Location:Seirin building 1F & 2F, 2-27-21, Minamiaoyama, Minato-ku, Tokyo
Open:Jul. 4th, 2015
Designer:Keiji Ashizawa Design
Floor area:1F/39.16㎡ 2F/59.84㎡
Capacity:42 seats
Photo:Takumi Ota

 

Aesop 札幌ステラプレイス店

a1

a2
a3

a4

雪の中にひしめくシラカバの原生林。街を取り囲む雪化粧の山々と、その霞がかった山際のぼんやりとしたライン。そして、そこに広がる建築物などの人工物…。札幌、広くは北海道で見られるそれらの風景にインスピレーションを受け、ある種ポエティックであり、情景的な空間をストアの世界観として表現したいと思いました。その風景は、ダイナミックでありながらどこか脆さを持ち、荒々しさがありながら繊細である、といった相反するものを抱えた風景です。メインマテリアルには、札幌市南区で採掘される「札幌軟石」と呼ばれる石材を使用し、壁面、カウンターをこの素材で構成しました。札幌軟石は非常に軽く加工性が高いこと、防火性が良いことから、100年以上前から公共建築など建設資材として広く用いられています。わたしたちはこの「札幌軟石」の質感や荒らした際のアブストラクトな表情に、この場所特有の風景を重ねました。ディスプレイの棚板や各什器など、機能が求められる部分にはバイブレーション仕上げのステンレスを使用し、自然の荒々しさと同居する、人工物や雪景色のような光をイメージすると共に、空間全体が製品の受け皿のような一つのプロダクトとなることを目指しました。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「Aesop 札幌ステラプレイス店」
所在地:北海道札幌市中央区北5条西2丁目 札幌ステラプレイス イースト2階
オープン:2016年3月7日
設計:ケース・リアル 二俣公一 柴田りつ
施工:アンドエス
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
石材加工:辻石材工業
床面積:48.6㎡
Photo:太田拓実

 

Virgin forests of white birch are in snow. Snow mountains surrounds towns and ridge lines of the mountains look hazy. Artificial objects such as architectures spread in a field.
We decided to create a poetic and scenic space for this store, inspired by those sceneries seen in Sapporo city and also across Hokkaido prefecture. The sceneries contain two conflicting factors such as dynamic yet fragile and wild yet delicate.
We adopted “Sapporo freestone” for the main material and made wall and counter with this unique stone which were mined in the south area of Sapporo. Sapporo freestone has been used for building materials of public architectures since more than 100 years ago because of its extremely light, easy-to-process, and also fire-safety features. We associated the vernacular scenery in this area with rough and abstract face and texture of Sapporo freestone. We made display shelves and fixture with vibration finish stainless steel, forming an impression of the light in artificial objects or snowscape that are coexisting with the wild nature. We aimed to create the store space just like one product to display merchandise. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

【Aesop SAPPORO STELLAR PLACE store】
Location:SAPPORO STELLAR PLACE east 2F, Kita5jonishi, Chuo-ku, Sapporo–shi, Hokkaido
Open:Mar. 7th, 2016
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd. Koichi Futatsumata  Ritsu Shibata
Construction:&S co.,ltd
Lighting plan:BRANCH lighting design Tatsuki Nakamura
Stone Work:Tsuji Sekizai Kogyo
Floor area:48.6㎡
Photo:Takumi Ota

Aesop
http://www.aesop.com/jp/

CASA AfeliZ GINZA

ca0

ca1

ca2

ca4

ca5

ca6

ca7

「カーサ・アフェリス 銀座」は、多種多様な空間で大人の時間を楽しめ、銀座ならではの“食時”を演出のテーマとした、華やかで繊細なスペイン料理を堪能できるダイニングレストランです。
空間デザインは「HANA」というテーマのもと、プロジェクションマッピングと連動するように計画。それぞれのマッピングデザインと意匠をマッチさせるように考えています。このテーマを示す表現方法として、それぞれのゾーンを異なるデザインの意匠で構成させることで、多種多様な空間を創り出すように設計しました。主たる空間のディテールに、花びらを連想させる多角形な構成のデザインを施し、銀座に構えるレストランの華やかさを表現しています。(尾崎大樹/BaNANA OFFICE、文責BAMBOO)

 

CASA AfeliZ GINZA
所在地:東京都中央区銀座7-9-15 GINZA gCUBE 8階
オープン:2016年1月6日
設計:BaNANA OFFICE 尾崎大樹
床面積:297.02㎡
客席数:100席
Photo:Nacasa&Partners

 

CASA AfeliZ GINZA is a dining restaurant where you can enjoy glamorous yet delicate Spanish cuisine. The restaurant has a theme that is “creating a special dining time for adult with various spaces in Ginza”.
Interior design was planned based on the idea “HANA (flower in Japanese)” and to be linked to projection mapping. We made every design different to be matched to each projection mapping design. In order to create various spaces, we constructed each zone with different design concepts. The details of the main space have the flower-shape polygonal design. We tried to create a floridness of the restaurant located in Ginza. (Daiki Ozaki / BaNANA OFFICE)

 

CASA AfeliZ GINZA
Location:GINZA gCUBE 8F, 7-9-15, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Jan. 6th, 2016
Designer:BaNANA OFFICE Daiki Ozaki
Floor area:297.02 ㎡
Capacity:100 seats
Photo:Nacasa&Partners

 

日本號

n01

n02

n03

n04

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ、新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字形のカウンターで囲んだ。マテリアルには落ち着いたチークを、その背景には一枚板から切り出したコントラストの強い大理石を用い、空間構成はシンプルながらも過去のスナック文化をデフォルメした。カウンターに並ぶ9席のチェアは、片アームと円形のベロア座面で構成。スナックに見るボリュームあるソファを再解釈し、新たなチェアとしてデザインした。過去の「スナックらしさ」を探求しつつも、現代の新しい在り方を模索した。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「日本號」
所在地:福岡市中央区大名2-1-50 第一公健ビル3階
オープン:2015年10月10日
設計者名:ケース・リアル 二俣公一 下平康一
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
家具製作:Acht
サイン計画:village® 長嶋りかこ
床面積:20.0㎡
客席数:9席
Photo:水崎浩志

 

“Nihongo” is the new snack bar project in a multi-tenant building. The owner’s father also ran a snack bar with the same name in the past. The owner took over the bar name and opened his own one. The beginning of a Japanese snack bar history dates back to 1960s. This specific bar style has been developed through Showa and bubble periods. The biggest feature is that guests come to see “Mama”, a popular name for an experienced bar proprietress, and enjoy having communication with her. Because “Mama” is a symbol of a snack bar, we placed her in the center of the store and surrounded with U-shape counter table. We deformed a snack bar culture with a simple structure by using teakwood for main material and marble with strong contrast, which was hewed out from a monolith, for the liquor shelf background. 9 counter seats consist of one-arm and round shape velour seating face. We reinterpreted a voluminous sofa, frequently seen in snack bars, and designed a new chair. The new way of snack bar had been sought out yet the old snack style was investigated. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

【Nihongo】
Location:Daiichikouken building 3F, 2-1-50, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Open:Oct. 10th, 2015
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd. Koichi Futatsumata  Koichi Shimohira
Lighting plan:BRANCH lighting design Tatsuki Nakamura
Furniture production:Acht
Sign design:village Rikako Nagashima
Floor area:20.0㎡
Capacity:9 seats
Photo:Hiroshi Mizusaki

 

3 / 1212345...最後 »