FEATURE

HIRAKUYA × LEGARE

g1

g2

g3

g4_1

g4_2

g4_3居酒屋ダイニング「ヒラクヤ」の3店舗目となる「HIRAKUYA × LEGARE」。東急大井町線・緑ヶ丘駅前の好立地に位置する、4坪弱の狭小空間にオーナーのこだわり満載のお店をつくることにしました。バーにはしたくない、居酒屋だけどカッコイイ趣味の店、「ちょっと大人の酒場」をテーマに、空間全体のコンセプトを「handsome chic」としました。それは、時間(とき)が経っても使い込まれた美しさ、錆や欠けさえも絵になるカッコよさにつながります。
ファサードサインと店内床のモザイクタイルは、店名でもあるLEGARE(=結ぶ、繋ぐ)の意味からヒラクヤの「これまでも、これからも…」を意識して生まれました。サッシ枠は黒スチールのグリッドをランダムにし、そこに表情の異なるデザインガラスをはめ込んでいます。カウンター天板はブラックウォールナットの幅ハギ、カウンター腰と立ち上がりは黒皮鉄板ウレタンクリア仕上げのビス止めとし、風化することで更に雰囲気を出したいと考えました。ホール壁はレンガ調ブリックタイルにエージング加工を施し、足場板のカウンターでスタンディングも楽しめます。オーナーの想いがギュッと詰まったお店が生まれたと感じます。(高田剛志/アトリエ・ボウ

 

「HIRAKUYA × LEGARE」
所在地:東京都目黒区緑ヶ丘3-2-1-101
オープン:2017年5月15日
設計:アトリエ・ボウ 高田剛志 高田みほこ
床面積:12.95㎡
客席数:8席(スタンディング含め12名収容)
Photo:荒木文雄

 

“HIRAKUYA × LEGARE” is the third store of the dining restaurant group “Hirakuya”. In about 13 square-meter small space in front of the Tokyu Oimachi line Midorigaoka station, we planned to create the store filled with owner’s aspiration. We did not want the store to be just a bar, but a cool tavern with uniqueness. The entire concept of the store was set as “Handsome chic” based on the theme “Mature bar”. It leads to beauty that is time-tested or attraction that may have rust and wane.
The facade sign and the floor are decorated with mosaic tiles inspired by the store name “LEGARE (To tie or connect in Italian)” and HIRAKUYA’s philosophy “Up until now and from now on”. The sash frame has random grids made of black steel and different design glasses fitted in. The counter tabletop is a processed black walnut, and the counter wainscot and the edge are made of bare black steel plates with urethane finishing. We wanted to add further powerful atmosphere by weathering. The walls of the main room are covered with old-brick-like tiles where guests can lean on and enjoy a standing bar style. I feel that the store is full of the owner’s passion. (Tsuyoshi Takada / Atelier BOW)

 

【HIRAKUYA × LEGARE】
Location:101, 3-2-1, Midorigaoka, Meguro-ku, Tokyo
Open:May 15th, 2017
Designer:Atelier BOW Tsuyoshi Takada Mihoko Takada
Floor area:12.95㎡
Capacity:8 seats(Total 12 persons including standing area)
Photo:Fumio Araki

 

这是餐吧HIRAKUYA的第三家店HIRAKUYA×LEGARE,选址于东京私营铁路东急大井町线绿丘站前。虽然面积仅4坪多,但我们却构想打造展现老板宏愿的店。我们的目标不是所谓的酒吧,也不是单纯的居酒屋,而是一家有型的餐吧,以“稍微带点儿成熟韵味的酒馆”为主题,整个空间以“handsome chic”为概念。就是说我们追求这样一个空间:时间越久越能让人品味它的成熟魅力,连锈斑和缺失也能融入整个环境,诉说着岁月的沧桑。
入口的霓虹灯和室内地板用镶嵌瓷砖表现店名LEGARE的意思———连接、结合,同时也表现出他们经营理念:“过去是,现在是,未来也是“。框格上随意摆设黑钢格子里镶入了花纹迥异的玻璃。吧台桌面采用了黑核桃木的横行拼接,为了加强时间推移、风化所带来的岁月感,侧面在黑铁板上特意钉上螺钉。室内墙壁选用红砖风的砖瓦,施以做旧处理,站席吧台采用了脚手架板材。终于我们把老板心目中的理想空间呈现在大家眼前。(高田刚志/Atelier BOW

 

【HIRAKUYA×LEGARE】
地址:东京都目黑区绿丘3-2-1-101室
开业:2017年5月15日
室内设计:Atelier BOW 高田刚志 高田みほこ
实用面积:12.95平米
席位数:8(含站席可容纳12)
摄影:荒木文雄

La Boca Centro

b1

b2

b3

b4

b5

b6

b6_2

b7

b8La Boca Centroは、スペインと日本の食をテーマとする文化交流を目的として、3年間限定でオープンしたBar & Food hall。バルセロナを訪れた際の活気、街の彩り、カタルーニャの明るくおおらかな人々とのふれあいにインスパイアされたデザインとした。完璧な再現性にこだわるよりも、部分的にローカライズすることにより、オリジナリティーを得られるよう試みている。
空間を分割しているのはパーティションや壁ではない。一見して分かる色の変化だけでなく、タイルの柄やペンダント照明のデザイン、テーブルの高さでエリア毎の特徴を顕在化させた。キッチンやBarも各所に点在させることで、各エリアのアイコンとなり、スペインの町並みや裏路地を思わせるコンテクストを創出した。カラースキームは、四季を引用した日本の伝統的なカラーコードとトーンで統一することで、カーニバルのような楽しげな雰囲気はそのままに、日本人にとっても心地良いテイストでまとめている。早い時間は若い人たちで溢れ、夜がふけていくにつれ、個性的で大人びた人たちが楽しむ場となった。その風景は、インタラクティブなことが今まさに生まれようとしているようだ。(井上愛之/ドイルコレクション

 

La Boca Centro
所在地:愛知県名古屋市中村区名駅4-4-25
オープン日:2016年11月4日
設計:ドイルコレクション 井上愛之
床面積:676.7㎡
客席数:200席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

La Boca Centro is a three-year-limited Bar & Food hall, aimed to cultivate cultural exchanges under the theme of Spanish and Japanese cuisine. When visiting the bustling Barcelona, beautiful addition of the city and interaction with cheerful, generous-hearted people in Catalonia have inspired our designs. Rather than insisting on complete reproduction, we focused on localizing partially to capture the originality.
Partitions and walls are not for dividing space. We visualized each area’s characters by adopting not only colour contrast that can be seen apparently, but also patterns of tiles, designs of pendant luminaries and table heights. In addition, we placed kitchens and Bar counters separately to make them as icon for each area to create context sceneries of Spanish cities and off-streets.
Mentioning the colour scheme, integrating Japan’s traditional colour code cited from the four seasons and tone colours enable to organize pleasant carnival-like atmosphere on the whole. Bar will be filled with young people during early hours and as night advances, characteristic adults will relish their respective time. This scenery will look as if some interactive thing is about to start. (Aiji Inoue / Doyle Collection

 

La Boca Centro
Location:4-4-25 Meieki, Nakamura-ku, Nagoya, Aichi
Open:Nov, 4th, 2016
Design:DOYLE COLLECTION Aiji Inoue
Floor Area:676.7㎡
Capacity:200 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

La Boca Centro是一家限定只营业3年的Bar & Food hall,他们的目的是通过餐饮推行西班牙和日本的文化交流。我们以既充满生气又彩色缤纷的城市巴塞罗那为灵感,在接触了热情奔放的加泰罗尼亚人后设计了这家餐厅。为了突出独创性,我们并没有原样复制,而只是摄取了部分当地元素。
我们没用隔板或墙壁分隔空间,而是通过彩色的变化、瓷砖的图案、垂饰灯的款式、餐桌的高低等设置,展现出每一个区域的差异。分散设置的厨房和吧台,作为各个区域的图标,让人仿佛置身于西班牙街道或小径。在色彩方面,尽管主张狂欢的氛围,但还是很接地气地融入了以四季为基调的日本传统色彩。总之,这里白天集满了年轻人,晚上又成了成熟人士的聚点,演绎着一首空间的变奏曲。(井上爱之/DOYLE COLLECTION

 

La Boca Centro
地址:爱知县名古屋市中村区名站4-4-25
开业:2016年11月4日
室内设计:DOYLE COLLECTION 井上爱之
实用面积:676.7平米
席位数:200
摄影:Nacasa & Partners

Jour

j1

j1_2

j2

j3

j4

j5スイスホテル南海大阪の9階に位置するチャペル「Jour(ジュール)」のリニューアル計画。”窓面を活かしたスケール感のある開放的な環境にすること”、そして”スイスホテルならではの演出と取り入れること” をテーマにデザインに取り組んだ。空間では、床の白い大理石や明るい天井とは対照的に、壁面には重厚感のあるグレー色の玄武岩を用いた。空間の雰囲気を引き締めるマテリアルを壁面に取り入れ、華やかなウエディングドレスとのメリハリと、ラグジュアリーで良い緊張感が生まれる。その他、座り心地の良いベンチシートを始め、説教台や署名台、入場扉などはオーク材を使用し、随所に素材感と温かみを取り入れた。外部には緑豊かなガーデンを設え、格子窓から緑を通して自然光がチャペル内に差し込み、開放的で気持ちの良い環境となっている。更に、このチャペルの売りでもある天井のインスタレーションは、フラワーシャワーをモチーフしたデザイン。計320枚の花びらを模した手作りの吹きガラスは、一枚一枚形状や模様が異なり、光を加えキラキラと反射させることで、スイスホテルらしいキャッチーで躍動感のある演出と、大阪らしい華やかな演出とした。(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW

 

Jour
所在地:大阪府大阪市中央区難波5-1-60 スイスホテル南海大阪9階
オープン:2017年9月2日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 末木なな子
床面積:177sqm (テラス含む)
収容人数:80名
Photo:長谷川健太

 

The renovation plan for the chapel “Jour” located on the 9th floor of SWISSOTEL NANKAI OSAKA. We planned the design under the theme of “Open environment with a sense of scale utilizing windows”, and “Unique direction of SWISSOTEL”. We selected heavy gray basalt for the wall in the space making a contrast with white marble on the floor and the bright ceiling. The good balance between elegant wedding dresses and the materials that tighten the atmosphere creates a luxurious sense of tension. By selecting comfortable bench seats and adopting oak wood for a pulpit, a signature table, and an entrance door, we brought in a warm feeling to the space. Natural light that is inserted into the chapel from the lattice window through the green in the outside lush garden makes the environment open and pleasant. The installation on the ceiling, which is a great feature of this chapel, is designed based on flower shower. In total 320 handmade blown glass petals have different shapes and patterns. They reflect light and sparkle, creating catchy, dynamic, and gorgeous atmospheres. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

 

Jour
Location:SWISSOTEL NANKAI OSAKA 9F, 5-1-60, Namba, Chuo-ku, Osaka
Open:Sep. 2nd, 2017
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto Nanako Sueki
Floor area:177㎡ (including terrace area)
Capacity:80 people
Photo:Kenta Hasegawa

 

这次的项目是瑞士酒店南海大阪9楼的教堂Jour的改造,我们的设计立足于一下两点:一是利用巨型窗户打造出极致的宽敞空间;二是展现瑞士酒店独特的味道。空间上对照白色的大理石地板和明亮的天顶,墙壁选用了稳重的灰色玄武岩。墙壁的材料反对着纯白的婚纱,打造出既奢华又庄严的空间。另外,从舒适的长椅,到说教台、签名台、门扇,我们都选用了橡木,给整个教堂带来大自然的温暖。外面设有绿荫繁茂的花园,阳光透过个字窗晒满室内,给人以开放舒适之感。

这间教堂在设计上还有一大亮点,就是以婚礼花淋浴为主题的320块仿花瓣玻璃的,形状及花纹迥异。闪耀的阳光反射到这些玻璃上,演绎出美轮美奂的大阪风;既有吸引力又充满生气的瑞士酒店风。(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW)

 

Jour
地址:大阪府大阪市中央区难波5-1-60 瑞士酒店南海大阪9F
开张:2017年9月2日
室内设计:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 末木なな子
实用面积:177平米
容纳人数:80
摄影:长谷川健太

RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN

r1

r2

r3

r4

r5「RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN」は日本ではもちろん、ベルギーやブルックリンにてオリジナルビールを醸造し、世界10カ国以上に輸出も行っているファントムブルワリー「RIO BREWING & CO.(リオ・ブルーイング・コー)」というクライアントの社名を冠した旗艦店です。
店づくりで求められたことは次の3点。①ビールを前面に押し出しビール文化を広めること。②大空間がお客で賑わう姿を創出できること。③六本木という地域性を伴う多様な客層に対応できる機能を有すること。これらを実現したエッセンスが“キッチンの配置”です。全体のレイアウトはこのキッチンの配置により、大きく4つに分割されています。空間の約半分を占める客席エリア、オープンキッチンエリア、ベンチシートと個室のエリア、そしてテラスに面するシェアテーブルのエリアです。エリア毎のデザインテイストに程良く差異を与えることで、空間に複雑さを織り交ぜ、空間体験のバリエーション、すなわち利用目的に対する柔軟性を持たせることを目指しました。(井上愛之/ドイルコレクション

 

RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN
所在地:東京都港区赤坂9-7-2 プラザ1階
オープン:2017年4月28日
設計:ドイルコレクション 井上愛之
床面積:183.59㎡
客席数:店内/102席 テラス/90席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN” is a flagship store of a phantom brewery “RIO BREWING & CO. ” which brews original beer in Belgium and Brooklyn, as well as in Japan, and exports to more than ten countries in the world.
What we were requested for store design are the following three points: 1. Push beer to the fore and spread beer culture. 2. Create a bustling space filled with customers. 3. Add functions to meet the needs of various customer groups in Roppongi. The essence that realizes these requirements is “kitchen positioning”. The total store layout is broadly divided into four areas by this kitchen place; main seating area which occupies about half of the space, open kitchen area, area of bench seats and private rooms, and a share table seats area facing the terrace. By giving modest differences to the design taste of each area, we interwoven the complexity with the space and aimed to create variations in the spatial experience, namely, flexibility for the purpose of use. (Aiji Inoue / DOYLE COLLECTION)

 

【RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN】
Location:PLAZA 1F, 9-7-2, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Apr. 28th, 2017
Design:DOYLE COLLECTION Aiji Inoue
FloorArea:183.59㎡
Capacity:Inside 102 seats & Terrace 110 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

RIO BREWING & CO. BISTRO AND GARDEN是一家由公司名来命名的啤酒酿造旗舰店。他们除了日本、比利时、美国布吕克林等地,酿造出独创的啤酒,还出口到全世界十几个国家。
就店铺的打造,他们提出了如下三个要求:1.推广在客户面前展示啤酒文化。2.打造能让顾客尽兴到翻天的宽敞空间。3.具有可以应对六本木这个地域多层面多样性顾客特性的机能。我们通过厨房的设置来实现这些目标。我们利用厨房把整个空间划分为四个区域。整体的大约1/2空间被餐桌区所占,另外还有开放式厨房、长凳和包房区域、面向露台的共享桌区域。每个区域的设计中添入了恰到好处的差异,把不同空间复杂地交织融合,上演出一部空间变奏曲。总之,我们的目标就是针对各个利用目的,打造出灵活性。(井上爱之/DOYLE COLLECTION

 

RIO BREWING & Co. BISTRO AND GARDEN
地址:东京都港区赤坂9-7-2 TOKYO MIDTOWN PLAZA 1F
开业:2017年4月28日
室内设计:DOYLE COLLECTION 井上爱之
席位数: 室内:102 露台:90
摄影:Nacasa & Partners

そうな

s1

s2

s3

s4和洋折衷&和魂洋才の劇場型和食店「そうな」。店内はコンクリートのスケルトン空間に、ステンレスの厨房を扇形に囲むブラックウォールナット一枚板のカウンターと、10席の客席のみ。劇場のような厨房の雰囲気を体感しながら、和洋折衷な料理を楽しめるお店です。銅製の吊り戸棚は、アジアをイメージしたパゴタルーフのデザイン。突き当たりに「そ・う・な」という青いネオンとぼんやりと光る障子の引き戸が、路地の先に別の店があるかのように奥行きを感じさせます。朱色フレームのスツールの生地は赤と金の龍の柄、カウンター左右で対になったステンドグラスは富士山と錦鯉をモチーフにしたもの。重要なポイントであるトイレは、天壁が青い盆栽柄のクロス、タイル目地は幸運の象徴と言われるラピスラズリ(瑠璃)色で仕上げ、皆既日食をイメージしたライティングのミラーで化粧を直せば、明るく美しい空間が客席と対比してより気分を盛り上げます。(樋口泰輔/Berlina

 

そうな
所在地:東京都中央区銀座8丁目2-10 銀座誠和シルバービル 地下1階
オープン:2017年5月6日
設計:Berlina 樋口泰輔
床面積:36㎡
客席数:10席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The theater style Japanese restaurant “SONA” has a blending taste of Japanese and Western styles. The simple concrete store space has only 10 counter seats along a black walnut solid counter table surrounding the stainless steel kitchen. It is a comfortable restaurant where guests can enjoy mixed Japanese and Western cuisine while experiencing the momentum of a kitchen like a theater. The copper hanging cupboard is designed based on Pagoda Roof that creates an Asian atmosphere. At the end of the hallway, shoji (Japanese paper sliding door) with a dim light and a blue neon sign “SONA” create the depth in the store and make an illusional image that there is another store behind the wall. The fabric of vermillion frame stools have red and golden dragon pattern, and the pair stained glass at the both ends of the counter depict Mt. Fuji and Nishikigoi(a varicolored Japanese carp). The bathroom which is a key factor in the space is decorated with the blue bonsai(Japanese dwarf tree pot) pattern cross on the ceiling and lapis lazuli colored tile joints which is known as a symbol color for good fortune. The mirror with the lighting inspired by a total solar eclipse in the bright and beautiful space creates a good contrast to the main room and makes female guests enjoy fixing makeup and enliven the dinner time. (Taisuke Higuchi / Berlina)

 

SONA
Location:Ginza Seiwa Silver Building B1F, 8-2-10, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:May 6th, 2017
Designer:Berlina Taisuke Higuchi
Floor area:36㎡
Capacity:10 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

SONA是一家融日本精神和西方文化于一体的剧院风日料店。在混凝土构建的空间里,仅设有10个吧台位,一整块黑核桃木板铺设的吧台成扇形围绕着不锈钢厨房。客人们可以一边感受厨房的热火朝天,一边欣赏日西合璧的美味佳肴。我们参考亚洲佛塔的样式设计了铜制吊橱。店内尽头店名”そうな”的青色霓虹灯与朦胧光照的移门,让客人以为后面路幽巷深。吧台凳选用朱红柜架并饰以赤金龙纹,吧台左右两边的彩色玻璃,采用了富士山与锦鲤的图案。重要的洗手间,天花板与墙壁选用了深蓝盆景纹饰;把象征幸运的琉璃色用于瓷砖拼接。以日全食为灵感的镜子照明,对比低调的餐饮区域,更显得光彩夺目。(桶口泰辅 / Berlina

 

SONA
地址:东京都中央区银座8-2-10 银座SEIWA SILVER BUILDING B1F
开业:2017年5月6日
室内设计:Berlina 桶口泰辅
实用面积:36平米
席位数:10
摄影:Nacasa & Partners

EATALY 丸の内GRANSTA店

e1

e2

e3

e7

e8

e9

e10近年流行のフードホールなる飲食・物販融合業態の先駆けでもあるイータリーが、東京駅地下構内のグランスタ第四期開発の最大規模の区画に日本旗艦店としてオープンした。イータリーは「食べる、買う、学ぶ」が体験できるビッグブランドで、既にイタリア本国をはじめ世界中に多くの店舗を構えているが、日本での消費者の認知度は高いとは言えず、今回の進出に際して、日本の習慣や文化、ニーズ、そして東京駅という立地を熟慮したリブランディングをすることからスタートした。まず本国を含めアメリカ、ヨーロッパ、アジアと既存店を周り、イータリーを体験。同時にその他の飲食・物販の融合する業態やマーケットを知り、学ぶ機会を得た。その中で日本にフィットするイータリーはどういった形式なのかを検討するため、業態の選定やレイアウトのシミュレーションを何度も重ねた。世界各国のイータリーは1000坪を超えるような規模の空間に多くの業態が点在している。1/10規模となる今回の出店に対してそれをどのようにリサイジングしていくか、かなり難しい判断が求められたが、各方面のプロフェッショナルの取り組みと挑戦によって少しずつ形になっていった。
空間として、白ベースのモダン志向の中で無機質になりすぎないように、木や石など本物の素材を配していくことで、ナチュラルで心地の良い空気感に昇華させるようにした。また照明器具ハードの使い分けやメリハリ、立体感を生むフォーカシングに配慮し、機能性と居住性の両立、スケール感をだせない低い天井レベルの緩和を目指した。
最終的に商品や材料、そして人が入ると、その空間には魅惑と躍動があふれ、まさにイータリーが創業時から掲げている「Eat Better, Live Better」を体感できる場となったように思う。(丸山英一/ファンタスティックデザインワークス

 

「EATALY 丸の内GRANSTA店」
所在地:東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅構内地下1階
オープン:2017年8月30日
設計:ファンタスティックデザインワークス
床面積:439㎡
客席数:120席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

EATALY is a pioneer of Food Hall, a hybrid store of restaurant and retail, that has become popular in recent years. There are many stores of EATALY throughout the world besides its home country, Italy where visitors can “eat, buy, and learn” food. To start planning, what we did first was to rebrand EATALY, considering Japanese customs, culture, needs, and the location of Tokyo station. Countries we visited to experience the existing stores of EATALY were America, Europe, Asia, and Italy. Among them, we examined which format would fit Japan the most. Many of EATALY food halls in the world have more than 3000 ㎡ and different shops are involved in the store space. We cooperated with professionals in various fields and tried to resize it to one-tenth floor area.
In order to make the space not too inorganic in the modern white-based color, we placed real materials such as wood and stone and created natural and comfortable atmosphere. In addition, considering proper use of lightings and focusing that produces a stereoscopic effect, we aimed to reduce the disadvantage of low ceiling height and strike a good balance between functionality and habitability.
As a result, when commodities, materials, and people entered, the space was filled with enchantment and dynamism. We think that it is a place where people can experience EATALY and its philosophy “Eat Better, Live Better”. (Eiichi Maruyama / FANTASTIC DESIGN WORKS)

 

【EATALY Marunouchi GRANSTA】
Location: Tokyo Station B1F, 1-9-1, Marunouchi, Chiyoda-ku, Tokyo
Open: Aug. 30h, 2017
Designer: FANTASTIC DESIGN WORKS
Floor area: 439㎡
Capacity: 120 seats
Photo: Nacasa & Partners

 

近年来流行的集餐饮与贩卖为一体的简餐吧的先驱就是意大利的EATALY。这是可以同时体验餐饮、购物、学习的大型品牌,从意大利本土起步,已向全世界蔓延,这次借进军日本市场之际,综合考虑到日本的习惯、文化、需求,决定以东京站入手打造品牌。我们开始设计之前去体验了EATALY包括意大利本土在内的欧洲、美州、亚洲各大门店,并讨论了EATALY该以何种方式融入日本市场。目前世界各国的EATALY占地面积均超过1000坪。但这家店铺合各方面专家之力,以十分之一的规模挑战一体式经营模式。
店内空间以白色为主基调,用木、石等元素注入活力,打造出一个自然舒适的环境。照明不能过于生硬,要聚焦柔和生动,美观与功能并举,打破墨守成规。最后,商品、食材、以及人的加入让这个空间焕发出勃勃生机,展示了EATALY的创立理念–”Eat Better,Live Better”。(丸山英一/FANTASTIC DESIGN WORKS

 

【EATALY 丸之内GRANSTA店】
地址:东京都千代田区丸之内1-9-1 东京站内地下1层
开业:2017年8月30日
室内设计:FANTASTIC DESIGN WORKS
实用面积:439平米
席位数:120
摄影:Nacasa & Partners

ひとしずく

h00
h003
h03
h04目黒区池尻大橋に建つ巨大なジャンクションの近く、マンションに囲まれた静かな敷地にある日本料理店。自ら調理場で腕を振るう30代の主人が我々に求めたのは、年配のお客様に日常的に使っていただけるような、静かで居心地の良いお店でした。ビルの1階に位置する店舗区画の面積は約10坪。天井高は低く、空間として有効な躯体床から大梁下までの空間は2220㎜。そこから厨房の配管スペースとして350㎜を床上げすると、残りは僅か1870㎜しか残らず、平面・立面共に狭い空間でした。そこに9席のカウンターと4席のテーブルを2つ、合計17席を配置しています。
この狭い空間を欠点と捉えず、人と人、人と物の距離が近いことを魅力と感じられるような場所を目指して設計を進めました。厨房とカウンター席の天井は端部側面の鋭角な処理、および下面と側面の色の塗り分けによって、紙一枚が浮いているような表現とし、圧迫感を軽減させています。テーブル席の天井は壁へ向かって弓なりに連続することでこの区画を柔らかく包み込み、雪でつくられた「かまくら」のような親密な場所を創出しています。また、人と物との関係を優しくし、距離感を曖昧にするために平面上に現れる多くの角は丸めています。仕上げ材は質感が自然な風合いを持つものから選定することで、身体感覚に近い雰囲気を醸成。器や盛り付けにもこだった色どり鮮やかで繊細な料理を引き立つように、主素材を左官、磁器タイル、木の3種に絞り、それらの色味を調和させ、仕上げ材が主張することを抑えています。その他、屋外からも玄関扉のガラス窓越しに覗き見ることができる、カウンターの曲がり角に、叩き出して仕上げられた光沢のある金属支柱を設け、金属を削り出した鉤(かぎ)を取り付けました。鉤に掛けられた一輪挿しには毎日植物が生け変えられ、空間に季節感や艶めかしい生命感を与えています。この設えは茶室の床柱と花釘、そこに掛けられた一輪挿しの生け花を連想させ、空間全体に日本的な雰囲気を創り出しています。開店後に訪れた際、主人が鮮やかな所作で厨房内を立ち回る様子をカウンター越しに眺めていると、能舞台を鑑賞しているような気分になったことを覚えています。(小川裕之/小川都市建築設計事務所

 

「ひとしずく」
所在地:東京都目黒区大橋1-1-8 エバーヒルズ池尻大橋1階
オープン:2017年7月6日
設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳
床面積:34㎡
客席数:17席
Photo:大瀧 格

 

The floor area of the store is about 34㎡. Both floor area and ceiling height are small, but we placed 9 counter seats and 2 set of 4 table seats here. We aimed to create the space where guests can enjoy the close relationships between people and people or objects, decreasing the disadvantage of the smallness. The ceiling of kitchen and counter is processed with sharp edges and bottom and side colors are painted separately and differently so that it looks like a piece of paper floating in the space, freeing the feeling of oppression. The ceiling of the table seat is formed like “Kamakura”, Japanese style snow igloo. In order to make the relationship between people and objects gentler and create ambiguity of distance, many corners appearing in the space are rounded.
Finishing materials are selected based on the feeling of natural texture to create an atmosphere close to the physical sensation. I narrowed down the main materials to three kinds; plaster, porcelain tile, and tree so that the cuisine stands out. We harmonized their colors and suppressed the excessive claiming of finishing materials. In addition, at the corner of the counter, a hammer-finishing shiny metal pillar was set up with a hook where a single‐flower vase attached. Flowers in the vase are changed daily, giving a sense of season and glossy life to the space. This arrangement is reminiscent of pillar, vase, and flower in a Japanese tea room, creating a Japanese atmosphere across the space. (Hiroyuki Ogawa / Hiroyuki Ogawa Architects Inc.)

 

【HITOSHIZUKU】
Location: Ever-hills Ikejiriohashi 1F, 1-1-8, Ohashi, Meguro-ku, Tokyo
Open: July 6th, 2017
Designer: Hiroyuki Ogawa Architects Inc. Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto
Floor area: 34㎡
Capacity: 17 seats
Photo: Kaku Ohtaki

 

这是一家日料餐厅,周围环境清静,主厨也就是老板要求我们打造出既舒适又安静的空间。虽仅10坪,却摆设了9个吧台位和4张餐桌。为了把其”狭小压迫”的弱点变成优点,又能让客人感受到人与人、人与物之间的”亲密”,我们把厨房、吧台天棚造型成锐角,下面及侧面色彩化,使之像一张悬空的纸;又将餐桌天棚塑造成雪窑洞顶;且将大部分装饰角部造型成圆形。
我们采用亲肤的天然材料与考究的色调,以匹配这家餐厅对餐具和盛载的讲究,主要有:泥瓦,瓷砖,木头;此外,吧台角落的金属柱子上还挂着新鲜植物花瓶。如此富有季节感与生气的空间让客人联想起日本传统茶室的柱子、花钉、花瓶的……置身其中,我们都能感受到一股浓烈的日本气息。(小川裕之/小川都市建筑设计事务所

 

【一滴】
地址:东京都目黑区大桥1-1-8  Everhills池尻大桥1F
开业:2017年7月6日
室内设计:小川都市建筑设计事务所 小川裕之 冈本惠利佳
实用面积:34平米
席位数:17
摄影:大泷 格

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka

r1
r2
r4
r5
r6
r7
r9
r10店舗区画の前面にある70坪程のスペースをラウンジバーとして計画。午前中はコーヒーラウンジ、昼と夜はウエーティングバーとして機能する。レストランエリアは、個室よりもホールエリアを増やし、近隣のビジネスマンが接待やパワーディナーに安心して使えるよう構成。2〜4人客だけでなく、10〜12人のグループに対応する。多くの客に開放感がありダイナミックなダイニング空間を味わってもらうべく、様々なバリエーションの席をつくった。空間コンセプトは、「シンプル&スタイリッシュ」。全体的にシックで落ち着いたダークカラーを基調として、モダンに表現しながらも印象的なデコラティブな照明とアートワークで、ラグジュアリー感を演出。照明はNYのライティングデザイナー・David Singer氏と幾度となく打ち合わせを重ね、エリアごとにこの店を印象づける特徴的なデザインとした。アートワークは、SCÈNEの山本菜々子氏のコーディネートにより、4人のアーティストが担当。デザイン面においても常に10年20年先を見据えてつくったこの空間が、多くの人に愛されることを願う。(山際純平/デザインポスト

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
所在地:東京都港区赤坂1丁目8-1 赤坂インターシティAIR3階
オープン:2017年9月29日
設計:デザインポスト 山際純平 釘宮直也
床面積:1118.6㎡(うち厨房143.3㎡)
客席数:248席
撮影:ナカサ&パートナーズ

 

About 230 ㎡ front area of the restaurant “LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka” was planned as a lounge bar. It functions as a coffee lounge in the morning, and a waiting bar at lunch and dinner times. The restaurant area has more open table seats than private rooms so that neighborhood businessmen can use this place causally for client or power dinners. It makes the restaurant to accept not only 2 to 4 guests but also 10 to 12 groups. We planned a large variety of seats so that guests can enjoy a sense of openness and a dynamic dining space. The concept of space is “simple & stylish.” The entire space design is based on the chic and calm dark color. Modern, impressive, and decorative lightings and artworks give a luxurious feeling. The lighting was developed by the cooperation with a lighting designer in NY, Mr. David Singer. Each area is outstanding with different impressive lightings. Four artists were assigned for artworks, coordinated by Mr. Nanako Yamamoto from SCÈNE. We wish that many people will love this space created with an eye on 10 years and 20 years ahead on the design side as well. (Jumpei Yamagiwa / DESIGN POST)

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
Location:AKASAKA INTERCITY AIR 3F, 1-8-1, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Sep. 29th, 2017
Designer:DESIGN POST Jumpei Yamagiwa Naoya Kugimiya
Floor area:1118.6㎡(including kitchen area 143.3㎡)
Capacity:248 seats
Photo:Nacasa & Partners

我们构想利用那家餐厅前面大约70坪的空间,打造一个休闲吧,上午作咖啡厅,午后变身为等候吧。大厅比包房宽舒,以便周围办公室的商人招待客户或者跟客人用餐,不仅设有两到四位席位,还有十到十二位的团体席位。为了更多客人感受到开放及生动的氛围,我们摆设了各式各样的餐桌。整个空间概念既简单又有型,以低调的深色系为主基调,用既现代又有冲击力的照明设备和美术作品打造出奢华感。通过跟纽约照明设计家David Singer再三讨论,我们对各个区域的照明设计了不同的风格。美术作品是由SCÈNE山本菜菜子编辑的,四位艺术家亲手制造的。我们通过对未来的展望打造出这样一个空间,希望更多的客人会欢迎。(山际纯平/DESIGN POST

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
地址:东京都港区赤坂1-8-1 AKASAKA INTERCITY AIR 3F
开业:2017年9月29日
室内设计:DESIGN POST 山际纯平 钉宫直也
实用面积:1118.6平米(含厨房143.3平米)
席位数:248
摄影:Nacasa & Partners

NICCA INNOVATION CENTER

c1
c2
c3
c4「NICCA INNOVATION CENTER」は、国内有数の繊維産地・福井県に拠点を置く繊維用薬剤メーカー、日華化学の研究開発施設である。古代から諸外国の文化が流れ込み、地理的に清らかな水に恵まれた福井では、越前和紙や繊維産業を発達させ、その技術を全国に広めてきた。日華化学も、福井とともに発展を遂げ、その界面活性技術で世界に進出してきた企業である。私達もこの施設が「福井から世界へ」のイノベーションの源流となるようにとの思いがあり、情報や技術が交わる賑わいの都市空間「バザール」をつくろうと考えた。情報コミュニケーションを促す「大通り」に沿って、「研究者の家(実験室)」、様々な活動が可能な「広場(コモンズ)」を配置した。大通りに面する広場は3つあり、6m×8m×7mのキューブ空間が立体的に重なる。この立体広場にあるキューブ空間は、オフィス、ミーティング、ステージ、プレゼンテーション、イベント空間、カフェ、食堂の機能を持つ。すべての空間の視線が通り抜けるよう立体的に構成し、働き方がそのままミュージアムとなるオープンイノベーションセンターとした。(小堀哲夫/小堀哲夫建築設計事務所

 

「NICCA INNOVATION CENTER」
所在地:福井県福井市文京4-23-1
開設:2017年10月23日
設計:小堀哲夫建築設計事務所 小堀哲夫
床面積:7,296㎡
Photo:新井隆弘

 

“NICCA INNOVATION CENTER” is a research and development facility of NICCA CHEMICAL Co., Ltd., a textile chemical manufacturer based in Fukui Prefecture, one of the leading textile production areas in the country. In Fukui, where foreign cultures has flowed into from ancient times and pure water has been rich geographically, Echizen Washi(Japanese paper) and textile industry were developed and its technology has been spread nationwide. NICCA CHEMICAL has also been developed with Fukui and has gone global with its surfactant technology. We also thought that this facility would be the source of innovation symbolizing “Fukui to the world” and planned a bustling urban space “Bazaar” where information and technology intersect. In accordance with the “Boulevard(main street)” that encourages information communication, “Researcher’s house (laboratory)” and “Plaza (Commons)” where various activities are possible were placed. There are three plazas facing the main street, and the cube space of 6m×8m×7m stereoscopically overlaps. The cube space in this three-dimensional plaza has functions of office, meeting, stage, presentation, event space, cafe, restaurant. The facility was constructed three-dimensionally so that the line of sight of all the space passes through. The open innovation center where the working style is presented as in the museum was completed. (Tetsuo Kobori / Tetsuo Kobori Architects)

 

【NICCA INNOVATION CENTER】
Location:4-23-1, Bunkyo, Fukui-shi, Fukui
Open:Oct. 23rd, 2017
Designer:Tetsuo Kobori Architects Tetsuo Kobori
Floor area:7,296㎡
Photo:Takahiro Arai

 

NICCA INNOVATION CENTER是把日本国内屈指可数纤维产地福井县作为据点的纤维专用药剂厂商日华化学的研究开发室。福井县从古代一直受到外国文化的影响,并且因地理原因而富有清水,于是在那里越前日本纸及纤维行业就发达,那些技术传到全国了。日华化学也是随着福井县发展以界面活性技术为进入了世界。这次我们设计这所研究室之际为了成为技术革新的起点,要打造出来信息和技术交流的热闹集市。在室内沿着促进沟通的一条“大街”我们设置了研究员的房子和活动广场,这是“实验室”及“市民场”。面向大街共有三个广场,6米×8米×7米的立方空间交叉广场。此广场具有许多功能,像办公室、会议室、舞台、演示场所、活动空间、咖啡厅,食堂。我们都把那些空间立体地构成以便所有的视线穿过去,为了把研究员工作当做一种展品特意建造了开放式技术革新研究室。(小堀哲夫/小堀哲夫建筑设计事务所

 

【NICCA INNOVATION CENTER】
地址:福井县福井市文京4-23-1
开设:2017年10月23日
室内设计:小堀哲夫建筑设计事务所 小堀哲夫
实用面积:7,296平米
摄影:新井隆弘

nana’s green tea HEP FIVE店

n0
n1

n2

n3

n4

n5nana’s green teaを運営する株式会社七葉は、「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」。オーナーの言葉を借りれば、”日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店”をつくりたいという思いが表れている。
かつての茶人・小堀遠州は、千利休の「わび・さび」の心を受け継ぎながらも、そこに美しさ・明るさ・豊かさを加え、「綺麗さび」と呼ばれる「調和の美」をつくり上げた。具体的には、茶室に書院を加え、棚自体がデザインされていたり、広く王朝文化のデザインまで取り入れ、全てをひとくくりに茶室として取り込んでいる。
「nana’s green tea HEP FIVE店」では、古来から伝わるマテリアルである石・木・土と、現代のマテリアルの磁器タイル・ガラス・メラミン・ビニールクロス・塩ビタイル・ダイノックシートの融合を図り、現代の「調和の美」をつくり上げる設計を試みている。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所

 

nana’s green tea HEP FIVE店
所在地:大阪府大阪市北区角田町5-15
オープン:2017年7月21日
設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘 石井嘉恵 坂東美咲 堺 大紀
床面積:107.70㎡
客席数:49席
Photo:宮本啓介

 

Nanaha Co., Ltd., which runs nana’s green tea, is a company that transmits “New form of Japan” to the world with its specialty, green tea. High quality Matcha is offered in a menu arranged contemporarily such as Matcha latte. The space required in the store is not “Japanese style” but “modern tea room”. This plan reflects the owner’s idea “the store where customers can enjoy a traditional tea culture with contemporary interpretation”.
The 17th-century tea master, Enshu Kobori inherited the heart of “WABI SABI(quiet simplicity and subdued refinement)” of Sen no Rikyu, adding beauty, brightness, and richness into that, and created “beauty of harmony” known as “KIREI SABI(beautiful rust)”. Specifically, he added “Syoin(vestibule and several classy decorations)” to the tea room. In this new style, shelves themselves are designed, the design of dynasty culture is widely introduced, and everything is incorporated into one tea room.
In “Nana’s green tea HEP FIVE” we aim to fuse the traditional materials such as stone, wood and soil with the contemporary ones such as porcelain tile, glass, melamine, vinyl cloth, vinyl chloride and laminated plastic sheet, and attempt to create modern ” Beauty of harmony” design. (Masahiro Yoshida / KAMITOPEN

 

nana’s green tea HEP FIVE
Location:5-15, Kakuda-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:July 21st, 2017
Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida Yoshie Ishii Misaki Bando Daiki Sakai
Floor area:107.70㎡
Capacity:49 seats
Photo:Keisuke Miyamoto

 

经营nana’s green tea七叶和茶的七叶是一家以抹茶为桥梁,把“新日式”理念推送给全世界的公司。把高质量的抹茶融入现代风菜单,如:抹茶拿铁。他们追求的不是所谓日本式的店内气氛,而是现代风茶室。我们想表现出来的,借用老板的话来说就是“这是一家用现代语言解释日本传统的茶文化的店“。
曾经有一位精通茶道的茶艺师——一小堀远州,他不但继承千利休的“古色古香“的意境,而且自己加上了美丽、明亮、丰富的元素,打造出了被称为“漂亮的古雅风趣”的“和谐之美”。比如:茶室里加设了书院;装饰了搁板;采用了王朝时代设计,他把各种的元素都融合进了茶室。
我们在设计这家店之际要融合石、木、土等传统的材料以及瓷砖、玻璃、密胺、塑料布、氯乙烯花砖、单页胶片等的现代材料,就是要倾力打造传统与现代的“和谐之美”。(吉田昌弘/KAMITOPEN一级建筑师事务所

 

nana’s green tea 七叶和茶 HEP FIVE店
地址:大阪府大阪市北区角田町5-15
开业:2017年7月21日
室内设计:KAMITOPEN一级建筑师事务所 吉田昌弘 石井嘉惠 坂东美咲 堺大纪
实用面积:107.70平米
席位数:49
摄影:宫本启介

豆皿茶屋

m1

m2

m3

m4

m5石川県金沢市には日本を代表する伝統的な城「金沢城」があり、毎日多くの観光客で賑わいます。その金沢城を中心とした広大な敷地は金沢城公園と呼ばれています。金沢城公園を訪れる人々のくつろぎの場として、鶴の丸休憩館が完成し、その中に「豆皿茶屋」がオープンしました。この茶屋では、城内の名所である橋爪門と五十間長屋を一望でき、石川県の名産品を豆皿に少しずつ盛付けた品を楽しむことができます。そこで、美しい景観に馴染むように、過度なデザインを避けた、くつろげる空間を計画しました。縁台のような「庭見の席」、車椅子対応もできるテーブル席、お年寄りや海外の方にも喜ばれる小上がり席の3つのエリアは、自然素材の竹で区分けしています。また、「高見の席」は一段高くつくり、見通しがきく席としました。
日本を訪れる観光客は年々増えており、特に城はアジアの方々に人気のスポットになっています。「豆皿茶屋」が日本の伝統文化と共に、美しい景色と建物の融合を楽しめる場となるようデザインしています。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

「豆皿茶屋」
所在地:石川県金沢市丸の内1
オープン:2017年4月23日
建築設計:五井建築研究所
内装設計:CONSCIOUS 江原まゆみ
店舗面積:約91㎡
客席数:43席
Photo:高山幸三

 

There is a traditional Japanese castle called “Kanazawa Jo”, crowded with many tourists every day, in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture, Japan. The vast site with Kanazawa Jo in its center is called Kanazawa Jo Park. As a place to relax for the people who visit Kanazawa Jo Park, “Tsurunomaru rest house” is completed, and “Mamezara cyaya” (Small dish teahouse) opened in it. In this teahouse, guests can overlook the Hashizume-mon and Gojikken-nagaya, that are the attractions of the castle, enjoying Ishikawa prefecture’s famous foods on the small dishes. We planned a relaxing space avoiding excessive design in order to create a good match with the beautiful scenery. Three seating areas are divided with natural bamboo materials; garden viewing bench seats, table seats which is also suitable for wheelchairs, and raised-floor seats which elderly people and overseas guests prefer.
Tourists who visit Japan are increasing year by year, and a castle is a especially popular spot for Asian visitors. “Mamezara cyaya” is designed to be a place to enjoy the beautiful scenery and fusion of buildings, along with traditional Japanese culture. (Mayumi Ehara / CONSCIOUS)

 

【Mamezara cyaya】
Location:1, Marunouchi, Kanazawa-shi, Ishikawa
Open:Apr. 23rd, 2017
Architect:GOI Architecture & Associates
Designer:CONSCIOUS  Mayumi Ehara
Floor area:91㎡
Capacity:43 seats
Photo:kozo Takayama

 

日本西部石川县金泽市拥有一栋日本传统建筑的代表城池--金泽城,那里每天游客络绎不绝。以金泽城位中心,周围辽阔的土地被称为金泽城公园。最近那里刚建成一家名为“鹤之丸休憩馆”的休憩地,里面开设了“豆皿茶屋“。在这家茶屋,游客们既能一眼望到园里的名胜桥爪们和五十间大院的景观,也能享用到用”豆皿“(碟子)盛载的当地名产品。这次的设计着眼于不打扰眼前美丽的景色,避免流露出过度设计的痕迹,打造放松的空间。用天然材料的竹子来划分三个区域:像长板凳似的庭园席位;连轮椅也能推入的餐桌席位;对老人及外国人来说独具魅力的榻榻米席位。另外,我们把高位又拔高了一点,以便能有更开阔的视野。
近年访日游客一年年地增加,日本传统城池特别受亚洲游客青眯。为了让游客们感受到日本传统文化的同时,也能欣赏到景观和建筑的水乳交融,我们特意设计了这家豆皿茶屋。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

【豆皿茶屋】
地址:石川县金泽市丸之内1
开业:2017年4月23日
建筑设计:五井建筑研究所
室内设计:CONSCIOUS 江原まゆみ
实用面积:大约91平米
席位数:43
摄影:高山幸三

Ode

oo1_02 oo2_01

oo3_07

oo4_05

oo5_10

oo6_14
渋谷区広尾に計画された、ガストロノミーを提唱するフレンチレストランです。抒情詩を意味する「Ode」という店名には、フランス料理に日本の伝統や美意識を紡ぎ合わせ、ストーリー(詩)として表現するというオーナーシェフの想いが込められています。モルタルを塗り込んで仕上げたエントランスの扉を開け店内に一歩踏み入れると、Odeの世界が広がっています。まず目に飛び込んでくるのがサービス用のカウンターとグラス等を収納するための壁面什器。壁面什器の格段に配したライン照明の光がグラスに反射して妖艶な雰囲気を演出します。仕上げ素材には、グレーの色調で統一されたタイルやモルタル、木などを配しました。その他、13席のオープンカウンター、オープンキッチンを望む6席の半個室、4席の個室を設けています。さらに客席の頭上にはさまざまな色調や傾きを持った天井を設置。軒下のような空間をつくることで日本建築特有の美しさを表現すると同時に、異なる要素を紡ぎ合わせ一つのストーリーとして仕立てるOdeの世界観を体現させました。(松葉邦彦/TYRANT Inc.

 

Ode
所在地:東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾ビル2F
オープン:2017年9月23日
設計:TYRANT Inc. 松葉邦彦
床面積:114.05㎡
客席数:23席
Photo:藤井伸一郎

 

The French restaurant advocating gastronomy was planned in Hiroo, Shibuya-ku in Tokyo. The aspiration of the owner chef is put into the store name “Ode” which means lyric poetry, spinning Japanese tradition & aesthetic sense and French cuisine into a story (poetry). The world of Ode appears when guests open the entrance door finished with mortar and step into the store. The first things that grab guest’s attention are a serving counter table and a wall fixture for storing glasses. Light of the line lighting placed in the wall fixture reflects on the glasses, creating a fascinating atmosphere. For finishing materials, we selected tile, mortar, tree, etc. that were unified in a gray tone. Regarding capacity, the store has 13 open counter seats, a semi-private room with 6 seats where guests can see an open kitchen, and a private room with 4 seats. Furthermore, the ceiling with various color s and inclinations was installed above the guest seats. By creating a space like a room under eaves, we expressed the beauty of Japanese architecture. At the same time, we embodied the worldview of Ode, spinning different elements and making it as one story. (Kunihiko Matsuba / TYRANT Inc.)

 

Ode
Location:ST Hiroo Bld. 2F, 5-1-32, Hiroo, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 23rd, 2017
Designer:TYRANT Inc. Kunihiko Matsuba
Floor area:114.05㎡
Capacity:23 seats
Photo:Shinichiro Fujii

 

在东京・广尾被构想出一家追求绝味的法国餐厅,那就是Ode。“Ode”在古希腊语中是“抒情詩”的意思,借此表达老板也就是主厨的宏愿:把传统的日本审美融入到法国大餐中,以此来谱写一首餐桌上的“抒情詩”。客人打开用灰浆制的门扇一步踏入店内,就如同闯入了Ode的世界。首先印入眼帘的是服务台及收纳玻璃杯的墙面设计。墙面用具内设置的线状灯光反射到玻璃杯,打造出妖艳的氛围。在最后加工上我们统一采用了灰色瓷砖、灰浆、木头。
那家餐厅拥有13个开放式吧台座;面对开放式厨房的6席半包房;还有4席全包房。餐桌顶部的缤纷彩色和各种倾斜的天棚,不但打造出日式建筑特有的美感,让客人宛如置身于 屋檐下,同时也体现了Ode的世界观——把不同的元素完美地融合在一起。(松叶邦彥/TYRANT Inc.

 

Ode
地址:东京都涩谷区广尾5-1-32 ST广尾大厦2F
开业:2017年9月23日
室内设计:TYRANT Inc. 松叶邦彥
实用面积:114.05平米
席位数:23
摄影:藤井伸一郎