FEATURE

ひとしずく

h00
h003
h03
h04目黒区池尻大橋に建つ巨大なジャンクションの近く、マンションに囲まれた静かな敷地にある日本料理店。自ら調理場で腕を振るう30代の主人が我々に求めたのは、年配のお客様に日常的に使っていただけるような、静かで居心地の良いお店でした。ビルの1階に位置する店舗区画の面積は約10坪。天井高は低く、空間として有効な躯体床から大梁下までの空間は2220㎜。そこから厨房の配管スペースとして350㎜を床上げすると、残りは僅か1870㎜しか残らず、平面・立面共に狭い空間でした。そこに9席のカウンターと4席のテーブルを2つ、合計17席を配置しています。
この狭い空間を欠点と捉えず、人と人、人と物の距離が近いことを魅力と感じられるような場所を目指して設計を進めました。厨房とカウンター席の天井は端部側面の鋭角な処理、および下面と側面の色の塗り分けによって、紙一枚が浮いているような表現とし、圧迫感を軽減させています。テーブル席の天井は壁へ向かって弓なりに連続することでこの区画を柔らかく包み込み、雪でつくられた「かまくら」のような親密な場所を創出しています。また、人と物との関係を優しくし、距離感を曖昧にするために平面上に現れる多くの角は丸めています。仕上げ材は質感が自然な風合いを持つものから選定することで、身体感覚に近い雰囲気を醸成。器や盛り付けにもこだった色どり鮮やかで繊細な料理を引き立つように、主素材を左官、磁器タイル、木の3種に絞り、それらの色味を調和させ、仕上げ材が主張することを抑えています。その他、屋外からも玄関扉のガラス窓越しに覗き見ることができる、カウンターの曲がり角に、叩き出して仕上げられた光沢のある金属支柱を設け、金属を削り出した鉤(かぎ)を取り付けました。鉤に掛けられた一輪挿しには毎日植物が生け変えられ、空間に季節感や艶めかしい生命感を与えています。この設えは茶室の床柱と花釘、そこに掛けられた一輪挿しの生け花を連想させ、空間全体に日本的な雰囲気を創り出しています。開店後に訪れた際、主人が鮮やかな所作で厨房内を立ち回る様子をカウンター越しに眺めていると、能舞台を鑑賞しているような気分になったことを覚えています。(小川裕之/小川都市建築設計事務所

 

「ひとしずく」
所在地:東京都目黒区大橋1-1-8 エバーヒルズ池尻大橋1階
オープン:2017年7月6日
設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳
床面積:34㎡
客席数:17席
Photo:大瀧 格

 

The floor area of the store is about 34㎡. Both floor area and ceiling height are small, but we placed 9 counter seats and 2 set of 4 table seats here. We aimed to create the space where guests can enjoy the close relationships between people and people or objects, decreasing the disadvantage of the smallness. The ceiling of kitchen and counter is processed with sharp edges and bottom and side colors are painted separately and differently so that it looks like a piece of paper floating in the space, freeing the feeling of oppression. The ceiling of the table seat is formed like “Kamakura”, Japanese style snow igloo. In order to make the relationship between people and objects gentler and create ambiguity of distance, many corners appearing in the space are rounded.
Finishing materials are selected based on the feeling of natural texture to create an atmosphere close to the physical sensation. I narrowed down the main materials to three kinds; plaster, porcelain tile, and tree so that the cuisine stands out. We harmonized their colors and suppressed the excessive claiming of finishing materials. In addition, at the corner of the counter, a hammer-finishing shiny metal pillar was set up with a hook where a single‐flower vase attached. Flowers in the vase are changed daily, giving a sense of season and glossy life to the space. This arrangement is reminiscent of pillar, vase, and flower in a Japanese tea room, creating a Japanese atmosphere across the space. (Hiroyuki Ogawa / Hiroyuki Ogawa Architects Inc.)

 

【HITOSHIZUKU】
Location: Ever-hills Ikejiriohashi 1F, 1-1-8, Ohashi, Meguro-ku, Tokyo
Open: July 6th, 2017
Designer: Hiroyuki Ogawa Architects Inc. Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto
Floor area: 34㎡
Capacity: 17 seats
Photo: Kaku Ohtaki

 

这是一家日料餐厅,周围环境清静,主厨也就是老板要求我们打造出既舒适又安静的空间。虽仅10坪,却摆设了9个吧台位和4张餐桌。为了把其”狭小压迫”的弱点变成优点,又能让客人感受到人与人、人与物之间的”亲密”,我们把厨房、吧台天棚造型成锐角,下面及侧面色彩化,使之像一张悬空的纸;又将餐桌天棚塑造成雪窑洞顶;且将大部分装饰角部造型成圆形。
我们采用亲肤的天然材料与考究的色调,以匹配这家餐厅对餐具和盛载的讲究,主要有:泥瓦,瓷砖,木头;此外,吧台角落的金属柱子上还挂着新鲜植物花瓶。如此富有季节感与生气的空间让客人联想起日本传统茶室的柱子、花钉、花瓶的……置身其中,我们都能感受到一股浓烈的日本气息。(小川裕之/小川都市建筑设计事务所

 

【一滴】
地址:东京都目黑区大桥1-1-8  Everhills池尻大桥1F
开业:2017年7月6日
室内设计:小川都市建筑设计事务所 小川裕之 冈本惠利佳
实用面积:34平米
席位数:17
摄影:大泷 格

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka

r1
r2
r4
r5
r6
r7
r9
r10店舗区画の前面にある70坪程のスペースをラウンジバーとして計画。午前中はコーヒーラウンジ、昼と夜はウエーティングバーとして機能する。レストランエリアは、個室よりもホールエリアを増やし、近隣のビジネスマンが接待やパワーディナーに安心して使えるよう構成。2〜4人客だけでなく、10〜12人のグループに対応する。多くの客に開放感がありダイナミックなダイニング空間を味わってもらうべく、様々なバリエーションの席をつくった。空間コンセプトは、「シンプル&スタイリッシュ」。全体的にシックで落ち着いたダークカラーを基調として、モダンに表現しながらも印象的なデコラティブな照明とアートワークで、ラグジュアリー感を演出。照明はNYのライティングデザイナー・David Singer氏と幾度となく打ち合わせを重ね、エリアごとにこの店を印象づける特徴的なデザインとした。アートワークは、SCÈNEの山本菜々子氏のコーディネートにより、4人のアーティストが担当。デザイン面においても常に10年20年先を見据えてつくったこの空間が、多くの人に愛されることを願う。(山際純平/デザインポスト

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
所在地:東京都港区赤坂1丁目8-1 赤坂インターシティAIR3階
オープン:2017年9月29日
設計:デザインポスト 山際純平 釘宮直也
床面積:1118.6㎡(うち厨房143.3㎡)
客席数:248席
撮影:ナカサ&パートナーズ

 

About 230 ㎡ front area of the restaurant “LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka” was planned as a lounge bar. It functions as a coffee lounge in the morning, and a waiting bar at lunch and dinner times. The restaurant area has more open table seats than private rooms so that neighborhood businessmen can use this place causally for client or power dinners. It makes the restaurant to accept not only 2 to 4 guests but also 10 to 12 groups. We planned a large variety of seats so that guests can enjoy a sense of openness and a dynamic dining space. The concept of space is “simple & stylish.” The entire space design is based on the chic and calm dark color. Modern, impressive, and decorative lightings and artworks give a luxurious feeling. The lighting was developed by the cooperation with a lighting designer in NY, Mr. David Singer. Each area is outstanding with different impressive lightings. Four artists were assigned for artworks, coordinated by Mr. Nanako Yamamoto from SCÈNE. We wish that many people will love this space created with an eye on 10 years and 20 years ahead on the design side as well. (Jumpei Yamagiwa / DESIGN POST)

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
Location:AKASAKA INTERCITY AIR 3F, 1-8-1, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Sep. 29th, 2017
Designer:DESIGN POST Jumpei Yamagiwa Naoya Kugimiya
Floor area:1118.6㎡(including kitchen area 143.3㎡)
Capacity:248 seats
Photo:Nacasa & Partners

我们构想利用那家餐厅前面大约70坪的空间,打造一个休闲吧,上午作咖啡厅,午后变身为等候吧。大厅比包房宽舒,以便周围办公室的商人招待客户或者跟客人用餐,不仅设有两到四位席位,还有十到十二位的团体席位。为了更多客人感受到开放及生动的氛围,我们摆设了各式各样的餐桌。整个空间概念既简单又有型,以低调的深色系为主基调,用既现代又有冲击力的照明设备和美术作品打造出奢华感。通过跟纽约照明设计家David Singer再三讨论,我们对各个区域的照明设计了不同的风格。美术作品是由SCÈNE山本菜菜子编辑的,四位艺术家亲手制造的。我们通过对未来的展望打造出这样一个空间,希望更多的客人会欢迎。(山际纯平/DESIGN POST

 

LAWRY’S THE PRIME RIB Akasaka
地址:东京都港区赤坂1-8-1 AKASAKA INTERCITY AIR 3F
开业:2017年9月29日
室内设计:DESIGN POST 山际纯平 钉宫直也
实用面积:1118.6平米(含厨房143.3平米)
席位数:248
摄影:Nacasa & Partners

NICCA INNOVATION CENTER

c1
c2
c3
c4「NICCA INNOVATION CENTER」は、国内有数の繊維産地・福井県に拠点を置く繊維用薬剤メーカー、日華化学の研究開発施設である。古代から諸外国の文化が流れ込み、地理的に清らかな水に恵まれた福井では、越前和紙や繊維産業を発達させ、その技術を全国に広めてきた。日華化学も、福井とともに発展を遂げ、その界面活性技術で世界に進出してきた企業である。私達もこの施設が「福井から世界へ」のイノベーションの源流となるようにとの思いがあり、情報や技術が交わる賑わいの都市空間「バザール」をつくろうと考えた。情報コミュニケーションを促す「大通り」に沿って、「研究者の家(実験室)」、様々な活動が可能な「広場(コモンズ)」を配置した。大通りに面する広場は3つあり、6m×8m×7mのキューブ空間が立体的に重なる。この立体広場にあるキューブ空間は、オフィス、ミーティング、ステージ、プレゼンテーション、イベント空間、カフェ、食堂の機能を持つ。すべての空間の視線が通り抜けるよう立体的に構成し、働き方がそのままミュージアムとなるオープンイノベーションセンターとした。(小堀哲夫/小堀哲夫建築設計事務所

 

「NICCA INNOVATION CENTER」
所在地:福井県福井市文京4-23-1
開設:2017年10月23日
設計:小堀哲夫建築設計事務所 小堀哲夫
床面積:7,296㎡
Photo:新井隆弘

 

“NICCA INNOVATION CENTER” is a research and development facility of NICCA CHEMICAL Co., Ltd., a textile chemical manufacturer based in Fukui Prefecture, one of the leading textile production areas in the country. In Fukui, where foreign cultures has flowed into from ancient times and pure water has been rich geographically, Echizen Washi(Japanese paper) and textile industry were developed and its technology has been spread nationwide. NICCA CHEMICAL has also been developed with Fukui and has gone global with its surfactant technology. We also thought that this facility would be the source of innovation symbolizing “Fukui to the world” and planned a bustling urban space “Bazaar” where information and technology intersect. In accordance with the “Boulevard(main street)” that encourages information communication, “Researcher’s house (laboratory)” and “Plaza (Commons)” where various activities are possible were placed. There are three plazas facing the main street, and the cube space of 6m×8m×7m stereoscopically overlaps. The cube space in this three-dimensional plaza has functions of office, meeting, stage, presentation, event space, cafe, restaurant. The facility was constructed three-dimensionally so that the line of sight of all the space passes through. The open innovation center where the working style is presented as in the museum was completed. (Tetsuo Kobori / Tetsuo Kobori Architects)

 

【NICCA INNOVATION CENTER】
Location:4-23-1, Bunkyo, Fukui-shi, Fukui
Open:Oct. 23rd, 2017
Designer:Tetsuo Kobori Architects Tetsuo Kobori
Floor area:7,296㎡
Photo:Takahiro Arai

 

NICCA INNOVATION CENTER是把日本国内屈指可数纤维产地福井县作为据点的纤维专用药剂厂商日华化学的研究开发室。福井县从古代一直受到外国文化的影响,并且因地理原因而富有清水,于是在那里越前日本纸及纤维行业就发达,那些技术传到全国了。日华化学也是随着福井县发展以界面活性技术为进入了世界。这次我们设计这所研究室之际为了成为技术革新的起点,要打造出来信息和技术交流的热闹集市。在室内沿着促进沟通的一条“大街”我们设置了研究员的房子和活动广场,这是“实验室”及“市民场”。面向大街共有三个广场,6米×8米×7米的立方空间交叉广场。此广场具有许多功能,像办公室、会议室、舞台、演示场所、活动空间、咖啡厅,食堂。我们都把那些空间立体地构成以便所有的视线穿过去,为了把研究员工作当做一种展品特意建造了开放式技术革新研究室。(小堀哲夫/小堀哲夫建筑设计事务所

 

【NICCA INNOVATION CENTER】
地址:福井县福井市文京4-23-1
开设:2017年10月23日
室内设计:小堀哲夫建筑设计事务所 小堀哲夫
实用面积:7,296平米
摄影:新井隆弘

nana’s green tea HEP FIVE店

n0
n1

n2

n3

n4

n5nana’s green teaを運営する株式会社七葉は、「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」。オーナーの言葉を借りれば、”日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店”をつくりたいという思いが表れている。
かつての茶人・小堀遠州は、千利休の「わび・さび」の心を受け継ぎながらも、そこに美しさ・明るさ・豊かさを加え、「綺麗さび」と呼ばれる「調和の美」をつくり上げた。具体的には、茶室に書院を加え、棚自体がデザインされていたり、広く王朝文化のデザインまで取り入れ、全てをひとくくりに茶室として取り込んでいる。
「nana’s green tea HEP FIVE店」では、古来から伝わるマテリアルである石・木・土と、現代のマテリアルの磁器タイル・ガラス・メラミン・ビニールクロス・塩ビタイル・ダイノックシートの融合を図り、現代の「調和の美」をつくり上げる設計を試みている。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所

 

nana’s green tea HEP FIVE店
所在地:大阪府大阪市北区角田町5-15
オープン:2017年7月21日
設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘 石井嘉恵 坂東美咲 堺 大紀
床面積:107.70㎡
客席数:49席
Photo:宮本啓介

 

Nanaha Co., Ltd., which runs nana’s green tea, is a company that transmits “New form of Japan” to the world with its specialty, green tea. High quality Matcha is offered in a menu arranged contemporarily such as Matcha latte. The space required in the store is not “Japanese style” but “modern tea room”. This plan reflects the owner’s idea “the store where customers can enjoy a traditional tea culture with contemporary interpretation”.
The 17th-century tea master, Enshu Kobori inherited the heart of “WABI SABI(quiet simplicity and subdued refinement)” of Sen no Rikyu, adding beauty, brightness, and richness into that, and created “beauty of harmony” known as “KIREI SABI(beautiful rust)”. Specifically, he added “Syoin(vestibule and several classy decorations)” to the tea room. In this new style, shelves themselves are designed, the design of dynasty culture is widely introduced, and everything is incorporated into one tea room.
In “Nana’s green tea HEP FIVE” we aim to fuse the traditional materials such as stone, wood and soil with the contemporary ones such as porcelain tile, glass, melamine, vinyl cloth, vinyl chloride and laminated plastic sheet, and attempt to create modern ” Beauty of harmony” design. (Masahiro Yoshida / KAMITOPEN

 

nana’s green tea HEP FIVE
Location:5-15, Kakuda-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:July 21st, 2017
Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida Yoshie Ishii Misaki Bando Daiki Sakai
Floor area:107.70㎡
Capacity:49 seats
Photo:Keisuke Miyamoto

 

经营nana’s green tea七叶和茶的七叶是一家以抹茶为桥梁,把“新日式”理念推送给全世界的公司。把高质量的抹茶融入现代风菜单,如:抹茶拿铁。他们追求的不是所谓日本式的店内气氛,而是现代风茶室。我们想表现出来的,借用老板的话来说就是“这是一家用现代语言解释日本传统的茶文化的店“。
曾经有一位精通茶道的茶艺师——一小堀远州,他不但继承千利休的“古色古香“的意境,而且自己加上了美丽、明亮、丰富的元素,打造出了被称为“漂亮的古雅风趣”的“和谐之美”。比如:茶室里加设了书院;装饰了搁板;采用了王朝时代设计,他把各种的元素都融合进了茶室。
我们在设计这家店之际要融合石、木、土等传统的材料以及瓷砖、玻璃、密胺、塑料布、氯乙烯花砖、单页胶片等的现代材料,就是要倾力打造传统与现代的“和谐之美”。(吉田昌弘/KAMITOPEN一级建筑师事务所

 

nana’s green tea 七叶和茶 HEP FIVE店
地址:大阪府大阪市北区角田町5-15
开业:2017年7月21日
室内设计:KAMITOPEN一级建筑师事务所 吉田昌弘 石井嘉惠 坂东美咲 堺大纪
实用面积:107.70平米
席位数:49
摄影:宫本启介

豆皿茶屋

m1

m2

m3

m4

m5石川県金沢市には日本を代表する伝統的な城「金沢城」があり、毎日多くの観光客で賑わいます。その金沢城を中心とした広大な敷地は金沢城公園と呼ばれています。金沢城公園を訪れる人々のくつろぎの場として、鶴の丸休憩館が完成し、その中に「豆皿茶屋」がオープンしました。この茶屋では、城内の名所である橋爪門と五十間長屋を一望でき、石川県の名産品を豆皿に少しずつ盛付けた品を楽しむことができます。そこで、美しい景観に馴染むように、過度なデザインを避けた、くつろげる空間を計画しました。縁台のような「庭見の席」、車椅子対応もできるテーブル席、お年寄りや海外の方にも喜ばれる小上がり席の3つのエリアは、自然素材の竹で区分けしています。また、「高見の席」は一段高くつくり、見通しがきく席としました。
日本を訪れる観光客は年々増えており、特に城はアジアの方々に人気のスポットになっています。「豆皿茶屋」が日本の伝統文化と共に、美しい景色と建物の融合を楽しめる場となるようデザインしています。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

「豆皿茶屋」
所在地:石川県金沢市丸の内1
オープン:2017年4月23日
建築設計:五井建築研究所
内装設計:CONSCIOUS 江原まゆみ
店舗面積:約91㎡
客席数:43席
Photo:高山幸三

 

There is a traditional Japanese castle called “Kanazawa Jo”, crowded with many tourists every day, in Kanazawa City, Ishikawa Prefecture, Japan. The vast site with Kanazawa Jo in its center is called Kanazawa Jo Park. As a place to relax for the people who visit Kanazawa Jo Park, “Tsurunomaru rest house” is completed, and “Mamezara cyaya” (Small dish teahouse) opened in it. In this teahouse, guests can overlook the Hashizume-mon and Gojikken-nagaya, that are the attractions of the castle, enjoying Ishikawa prefecture’s famous foods on the small dishes. We planned a relaxing space avoiding excessive design in order to create a good match with the beautiful scenery. Three seating areas are divided with natural bamboo materials; garden viewing bench seats, table seats which is also suitable for wheelchairs, and raised-floor seats which elderly people and overseas guests prefer.
Tourists who visit Japan are increasing year by year, and a castle is a especially popular spot for Asian visitors. “Mamezara cyaya” is designed to be a place to enjoy the beautiful scenery and fusion of buildings, along with traditional Japanese culture. (Mayumi Ehara / CONSCIOUS)

 

【Mamezara cyaya】
Location:1, Marunouchi, Kanazawa-shi, Ishikawa
Open:Apr. 23rd, 2017
Architect:GOI Architecture & Associates
Designer:CONSCIOUS  Mayumi Ehara
Floor area:91㎡
Capacity:43 seats
Photo:kozo Takayama

 

日本西部石川县金泽市拥有一栋日本传统建筑的代表城池--金泽城,那里每天游客络绎不绝。以金泽城位中心,周围辽阔的土地被称为金泽城公园。最近那里刚建成一家名为“鹤之丸休憩馆”的休憩地,里面开设了“豆皿茶屋“。在这家茶屋,游客们既能一眼望到园里的名胜桥爪们和五十间大院的景观,也能享用到用”豆皿“(碟子)盛载的当地名产品。这次的设计着眼于不打扰眼前美丽的景色,避免流露出过度设计的痕迹,打造放松的空间。用天然材料的竹子来划分三个区域:像长板凳似的庭园席位;连轮椅也能推入的餐桌席位;对老人及外国人来说独具魅力的榻榻米席位。另外,我们把高位又拔高了一点,以便能有更开阔的视野。
近年访日游客一年年地增加,日本传统城池特别受亚洲游客青眯。为了让游客们感受到日本传统文化的同时,也能欣赏到景观和建筑的水乳交融,我们特意设计了这家豆皿茶屋。(江原まゆみ/CONSCIOUS

 

【豆皿茶屋】
地址:石川县金泽市丸之内1
开业:2017年4月23日
建筑设计:五井建筑研究所
室内设计:CONSCIOUS 江原まゆみ
实用面积:大约91平米
席位数:43
摄影:高山幸三

Ode

oo1_02 oo2_01

oo3_07

oo4_05

oo5_10

oo6_14
渋谷区広尾に計画された、ガストロノミーを提唱するフレンチレストランです。抒情詩を意味する「Ode」という店名には、フランス料理に日本の伝統や美意識を紡ぎ合わせ、ストーリー(詩)として表現するというオーナーシェフの想いが込められています。モルタルを塗り込んで仕上げたエントランスの扉を開け店内に一歩踏み入れると、Odeの世界が広がっています。まず目に飛び込んでくるのがサービス用のカウンターとグラス等を収納するための壁面什器。壁面什器の格段に配したライン照明の光がグラスに反射して妖艶な雰囲気を演出します。仕上げ素材には、グレーの色調で統一されたタイルやモルタル、木などを配しました。その他、13席のオープンカウンター、オープンキッチンを望む6席の半個室、4席の個室を設けています。さらに客席の頭上にはさまざまな色調や傾きを持った天井を設置。軒下のような空間をつくることで日本建築特有の美しさを表現すると同時に、異なる要素を紡ぎ合わせ一つのストーリーとして仕立てるOdeの世界観を体現させました。(松葉邦彦/TYRANT Inc.

 

Ode
所在地:東京都渋谷区広尾5-1-32 ST広尾ビル2F
オープン:2017年9月23日
設計:TYRANT Inc. 松葉邦彦
床面積:114.05㎡
客席数:23席
Photo:藤井伸一郎

 

The French restaurant advocating gastronomy was planned in Hiroo, Shibuya-ku in Tokyo. The aspiration of the owner chef is put into the store name “Ode” which means lyric poetry, spinning Japanese tradition & aesthetic sense and French cuisine into a story (poetry). The world of Ode appears when guests open the entrance door finished with mortar and step into the store. The first things that grab guest’s attention are a serving counter table and a wall fixture for storing glasses. Light of the line lighting placed in the wall fixture reflects on the glasses, creating a fascinating atmosphere. For finishing materials, we selected tile, mortar, tree, etc. that were unified in a gray tone. Regarding capacity, the store has 13 open counter seats, a semi-private room with 6 seats where guests can see an open kitchen, and a private room with 4 seats. Furthermore, the ceiling with various color s and inclinations was installed above the guest seats. By creating a space like a room under eaves, we expressed the beauty of Japanese architecture. At the same time, we embodied the worldview of Ode, spinning different elements and making it as one story. (Kunihiko Matsuba / TYRANT Inc.)

 

Ode
Location:ST Hiroo Bld. 2F, 5-1-32, Hiroo, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 23rd, 2017
Designer:TYRANT Inc. Kunihiko Matsuba
Floor area:114.05㎡
Capacity:23 seats
Photo:Shinichiro Fujii

 

在东京・广尾被构想出一家追求绝味的法国餐厅,那就是Ode。“Ode”在古希腊语中是“抒情詩”的意思,借此表达老板也就是主厨的宏愿:把传统的日本审美融入到法国大餐中,以此来谱写一首餐桌上的“抒情詩”。客人打开用灰浆制的门扇一步踏入店内,就如同闯入了Ode的世界。首先印入眼帘的是服务台及收纳玻璃杯的墙面设计。墙面用具内设置的线状灯光反射到玻璃杯,打造出妖艳的氛围。在最后加工上我们统一采用了灰色瓷砖、灰浆、木头。
那家餐厅拥有13个开放式吧台座;面对开放式厨房的6席半包房;还有4席全包房。餐桌顶部的缤纷彩色和各种倾斜的天棚,不但打造出日式建筑特有的美感,让客人宛如置身于 屋檐下,同时也体现了Ode的世界观——把不同的元素完美地融合在一起。(松叶邦彥/TYRANT Inc.

 

Ode
地址:东京都涩谷区广尾5-1-32 ST广尾大厦2F
开业:2017年9月23日
室内设计:TYRANT Inc. 松叶邦彥
实用面积:114.05平米
席位数:23
摄影:藤井伸一郎

Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店

m1m0 m3

m4m5「Mr.FARMER」は、イートウォークが運営するオールデイカフェレストラン。駒沢オリンピック公園店は、表参道、新宿、六本木に次いで4店舗目となる。野菜をふんだんに使い、素材を活かしたサラダやサンドイッチ、オムレツなどのメニューを提供する。
建物は「THE FOREST HOUSE」をコンセプトに、緑が豊かな公園の中に佇む大きな勾配屋根が印象的なつくり。開放的なテラス席とガラス張りの室内は植物で溢れ、まるで森の中のエスケープハウスにいるかような心地良さを味わえる。
また、レストランとしてだけでなく、地域のコミュニケーションの場としての役割も担い、定期的に生産農家による直売会、親子向けの食育や料理教室など様々なイベントが行われている。災害時には帰宅困難者や地域住民を支援する拠点となり、被災状況や公共交通機関などの情報提供、登録不要の無料Wi-Fiの開放を行うほか、充電器や備蓄品、水、トイレなどを提供を行う。今後、全国にある公園環境における「場」づくりのモデルケースとなることだろう。リックデザイン、文責BAMBOO)

 

Mr.FARMER 駒沢オリンピック公園店
所在地:東京都世田谷区駒沢公園1-1-2
オープン:2017年3月15日
設計:リックデザイン
床面積:199.25㎡
客席数:135席(うちテラス69席)
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“Mr. FARMER” is an all-day cafe restaurant run by eatwalk. The Komazawa Olympic Park store is the fourth store following Omotesando, Shinjuku and Roppongi. The store uses vegetables abundantly and offers menus such as salads, sandwiches, omelets etc bringing out the best in the ingredients.
The building has a impressive pitched roof and situated in a greeny park based on a concept “THE FOREST HOUSE”. Open-air terrace seats and glass-walled rooms flooded with plants give a comfortabel feeling to customers as they are in an escape house in the forest.
In addition to serving as a restaurant, the store functions as a place for a local community, providing various events regularly such as direct sales by farmers and food education and cooking classes for parent and child. In a time of disaster, it will be a regional hub to support local residents and people who are difficult to get home. The store provides disaster information, public transportation and other information, free Wi-Fi network, mobile charger, stockpile, water and also toilet. The store will be a model case of “place” in the park environment across Japan. (RIC DESIGN)

 

Mr.FARMER Komazawa Olympic Park
Location:1-1-2, Komazawakoen, Setagaya-ku, Tokyo
Open:Mar. 15th, 2017
Designer:RIC DESIGN
Floor area:199.25㎡
Capacity:135 seats (including 69 terrace seats)
Photo:Nacasa & Partners

 

Mr.FARMER是餐饮集团EATWALK经营的全天候西餐馆。他们经表参道店、新宿店、六本木店后,今年又开了第四家新店,那就是“驹泽奥运公园店”。他们使用大量的蔬菜,灵活搭配把它们变成菜单上的沙拉、三明治、煎蛋饼等等。建筑打造出“THE FOREST HOUSE”的概念,有着大斜坡屋顶的小屋伫立在满眼绿色的公园里,十分醒目。开放的露台席位和设在玻璃窗内的室内席位都被植物包围着,仿佛置身于远离尘世的森林中,让人心旷神怡。
这里不仅仅是餐厅,更是当地活动交流中心。在那里会定期举行各种活动,比如农户们蔬菜直销的集市;面向家长的有关子女饮食教育的讲座;烹饪教师等等。这里还是灾害时不能回家的人及当地居民的据点。给大家提供及时的灾害或交通信息,自由使用的洗手间及免费Wi-Fi。此外那里备有充电器、储备品、水。这家餐馆会成为未来全国公园“小屋”的示范吧。(RIC DESIGN)

 

Mr.FARMER 驹泽奥运公园店
地址:东京都世田谷区驹泽公园1-1-2
开业:2017年3月15日
设计:RIC DESIGN
实用面积:199.25平米
席位数:135(含露台69)
摄影:Nacasa & Partners

HOTEL LOVE

h1

h2 h3 h4 h5 h6 h7 h8「HOTEL LOVE」は、感度の高い大人の遊び場をコンセプトにデザインした。アプローチ、ホワイエはマイアミの温暖な気候の中にあるラグジュアリーなデザイナーズホテルをイメージ。アプローチのレッドカーペットのランウェイや、木製ドアの向こうにある異空間のホワイエとストーリー性を持たせ、お客様の気持ちが高まるデザインで客室への誘導を図っている。客室のデザインコンセプトは、パリ、モダン、モロッコ、リゾート、アメリカ、イタリア、シノワズリ、ゴールドと8タイプのデザインカテゴリーに分け、全40室を異なるデザインとした。例えばパリのコンセプトルームは、ビビッドなレッドの似合うパリの小さなブッティックホテル、シノワズリの客室はヨーロッパのチャイニーズデザインが好きなオーナーが貸し出しているアパルトマン、モロッコの客室ではエキゾジックで神秘的なイメージなど、非日常を感じる空間を表現。感度の高い大人を飽きずに楽しませることができる、ラグジュアリーなホテルに仕上がっている。(沼田行正/沼田行正デザインオフィス

 

「HOTEL LOVE」
所在地:福岡県北九州市小倉南区長野2-2-3
オープン:2017年6月30日
設計:沼田行正デザインオフィス 沼田行正 平田靖享
床面積:2620㎡(基準階面積795㎡)
客室数:40室
Photo:ad hoc inc. 志摩大輔

 

“HOTEL LOVE” was designed based on the concept of an adult playground with high-sensitivity. Approach and foyer have the image of luxury designer’s hotel in mild climate of Miami. We tried to raise the customer’s expectation by creating a story with the red carpet runway in the approach and the extraordinary unique foyer behind the wooden door. The design concept of the guest room is to divide it into 8 categories: Paris, Modern, Morocco, Resort, USA, Italy, Chinoiseri, and Gold. All 40 rooms were designed differently. For example, the room of Paris is a small boutique hotel in Paris which suits the vivid red, the room of Chinoiserie is an apartment rented out by the European owner who likes Chinese design, the room of Morocco is an exotic and mysterious atmosphere, etc. Guests can get an unusual feeling from each room. The luxury hotel, which can entertain sensitive adults without getting tired, has completed. (Yukimasa Numata / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc.)

 

【HOTEL LOVE】
Location:2-2-3, Nagano, Minami-ku, Kokura, Kitakyushu-shi, Fukuoka
Open:June. 30th, 2017
Design:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc. Yukimasa Numata Yasutaka Hirata
Floor area:Total 2620㎡(average floor area 795㎡)
Capacity:40 rooms
Photo:ad hoc inc. Daisuke Shima

 

这次我们以“时髦大人的游乐会所”为主题设计了HOTEL LOVE。这家酒店前廊及前厅以在温暖迈阿密的“奢侈酒店”为灵感。前廊和前厅各有完全不同的氛围,于中间木制门分开此两个空间。但客人经过铺设红地毯的前廊,打开木制门就进去前厅,到客房整个情节中走得很自然,同时他们情绪也会高涨起来。客房设计概念共有八个类别:巴黎、摩登、摩洛哥、度假地、美国、意大利、中国风、黄金,并全40间客房都有不同样式。我们表现非日常的空间,比方说:“巴黎”客房像是个适合鲜艳红色的精品酒店;“中国风”像是个在欧洲喜好中国风房东租出的公寓;“摩洛哥”像是个既非洲风又神秘的空间……。总之这家酒店成为了一家奢侈酒店,时髦大人来这里都会度过快乐时间。(沼田行正 / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE INC.

 

【HOTEL LOVE】
地址:福冈县北九州市小仓南区长野2-2-3
开业:2017年6月30日
室内设计:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE INC. 沼田行正 平田靖享
建筑面积:2620平米(标准楼面面积:795平米)
客房数:40
摄影:ad hoc inc. 志摩大辅

京都グランベルホテル

g1 g2_a

g3_a

g4

g5_a

g6

g7_a

g8

g9
「京都グランベルホテル」は、日本人のDNAや思想、海外の潮流や技術をキュレーションし、あらゆるホテル機能と掛け合わせることで、さまざまな“化学反応”を生むクリエイティブホテルだ。フロントバックやバーでは約150年の時を超え、古箪笥や古欄間がアートのように機能する。フロントカウンターでは瓦職人がつくったヘキサゴン瓦とエジソンバルブ照明がゲストを迎え、ラウンジでは、斉藤上太郎氏の着物ファブリックと、ビンテージと現代のコントラクトファニチャーがチャンプルされている。その他、約10mの長さをもつディスプレイ棚と一体になったブッフェカウンター、無開口の地下大浴場に降り注ぐPaolo di Trapani氏の太陽光照明、京都町家の坪庭と明るく静かな地下住宅の考え方を進化させた地下客室、はやしまりこ氏の壁画を床画に落とし込んだ歩くアート廊下などが展開する。これらの要素の“化学反応の連鎖”によってホテルシーンで繋ぐことで、日本人ゲストにも外国人ゲストにも新しい「日本クリエイティブなおもてなし空間」をつくり出した。(寶田 陵/the range design INC.

 

京都グランベルホテル
所在地:京都市東山区大和大路通四条下ル大和町27
オープン:2017年7月14日
建築・内装設計:UDSthe range design INC. 寶田 陵 鈴木直人
面積:敷地/998.32 ㎡ 建築/704.67㎡ 延べ床/3,359.51㎡
客室数:105室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“KYOTO GRANBELL HOTEL” is a creative hotel that produces various “chemical reactions” by curating Japanese DNA and thought, overseas trends and skills, and multiplying every hotel function.
In the reception desk wall and the bar, the old chest and the transom more than 150-year-old function as art works. At the front desk counter, hexagonal roof tiles made by a tile craftsman and Edison bulb lightings welcome guests, and at the lounge, Kimono fabric of Jotaro Saito are coordinated with the vintage and contemporary contract furniture. Besides, the 10 meters long buffet counter integrated with the display shelf, the solar lighting of Paolo di Trapani streaming down on the open-air underground large public bath, the underground guest room based on the idea of ​​the Tsuboniwa of Kyoto town house and the bright and quiet underground housing, and the walking art corridor that has Mariko Hayashi ‘s mural painting on floor are provided. By linking these elements with “chains of chemical reactions” in a hotel scene, we created a new “Japanese creative hospitality space” for both Japanese and foreign guests. (Ryo Takarada/the range design INC.)

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
Location:27 Yamatocho, Yamatooji-dori, Shijo sagaru, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:July. 14th, 2017
Architecture&Interior Design:UDS  + the range design INC. Ryo Takarada Naoto Suzuki
Floor area:Site area 998.32㎡ / Building area 704.67㎡ / Floor area 3,359.51㎡
Number of rooms:105 rooms
Photo:Nacasa & Partners

 

KYOTO GRANBELL HOTEL是一个集日本传统观念、日本式想法、国际潮流与技术为一体,囊括了酒店所有功能,并产生出一系列“化学连锁反应”的新概念宾馆。
前台的背景和酒吧特意采用了旧衣橱及旧隔窗,很艺术地把我们引领到了一个半世纪以前。在前台,瓦匠亲手制作的六边形瓦,爱迪生电泡欢迎着旅客们;在休息室,传统的和服布料,古典和现代家具演绎出混搭风。此外我们特设了长达10米的展示架兼自助餐柜台;Paolo di Trapani的采光让阳光毫无阻隔地直射到地下层的浴场;融入京都式庭院概念的地下客房被打造得既明亮又安静;地板用艺术家Mariko Hayashi的壁画铺设出一条艺术走廊・・・。正是这些元素有机结合才产生了所谓的“化学连锁反应”,呈现给客人一道道风景。不管是本国客人还是外国客人,都能身临其境地体验到充满新意的日式接待空间。(寳田 陵/the range design INC.

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
地址:京都府京都市东山区大和大路通与四条通交叉口往南大和町27
开业:2017年7月14日
建筑、室内设计:UDSthe range design INC. 寳田 陵 铃木直人
面积:用地面积/998.32平米 建筑面积/704.67平米 实用面积/3359.52平米
客房数:105室
Photo:Nacasa & Partners

The Public Stand 歌舞伎町店

p1

p2

p3

p4

p5
「相席屋」など、出会いを創出するお店を展開する(株)セクションエイトの新業態「The Public Stand 歌舞伎町店」。テーマは、男女が格好良く飲めるカジュアルバー。 ある意味でお客も商品となり、出会いを売る仕組みが重要となる。レイアウトにもさまざま仕掛けを施し、このようなバー業態では珍しい円形ブース席も設けた。この席は、あえて狭い距離感で構成することで、初対面でも自然と親密度が深まり楽しんでもらうことを意図している。デザインは、レンガや金網といった無骨な質感をベースに、床から反り返った造形のバーカウンターなど、随所に有機的な曲線を用いて柔らかさと独創性をプラスした。照明計画は、女性が安心できるよう暗過ぎず、下方への間接照明を多くすることで軽やかさを演出している。天井のリングは鎖状に組み合わせることで、「出会いと繋がり」になぞらえた。出会いとは繰り返す生命の交差点。ここで素敵な出会いが生まれることを願っている。(二宮弘大/兼城祐作+造形集団

 

The Public Stand 歌舞伎町店
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-5-4 第22東ビル 地下1階
オープン:2017年7月7日
設計:兼城祐作+造形集団 兼城祐作 二宮弘大
床面積:110㎡
客席数:150席〜(スタンディング時)
Photo:石橋マサヒロ

 

“The Public Stand Kabukicho” is a new business of SECTION EIGHT that has developed stores providing meeting and dating opportunities, such as “Aisekiya”. The design theme is a casual bar where men and women can drink in a cool way. In a sense, customers also become products so it is important how to sell a dating system. Various gimmicks were also applied to the layout, and circular booth seats which are not so popular in a bar business style were also set up. By narrowing the seats daringly, customers can have more familiar feelings to each other and have fun. The interior design is based on the rugged texture such as bricks and wire mesh, while softness and creativity are added by organic curves found everywhere in the space, such as warped bar counter. The lighting plan is directing the appropriate brightness, not too dark, so that female customers feel at ease and lightness by increasing the indirect lighting downwards. By combining rings on the ceiling in chains, we compared them to “encounter and connection”. Meeting is the intersection of life to repeat. I hope that a wonderful meeting will be born here. (Mitsuharu Ninomiya / Yusaku Kaneshiro + ZOKEI-SYUDAN)

 

The Public Stand Kabukicho
Location:22nd Higashi Bld.B1F, 1-5-4, Kabukicho, Shinuku-ku, Tokyo
Open:July 7th, 2017
Designer:Yusaku Kaneshiro + ZOKEI-SYUDAN  Yusaku Kaneshiro  Mitsuharu Ninomiya
Capacity:150 people or more (standing)
Photo:Masahiro Ishibashi

 

以打造男女相遇会所闻名的餐饮集团SECTION EIGHT最近在东京・新宿又开了新店--The Public Stand歌舞伎店,这家店以“男女优雅饮酒休闲吧“为主题拉开了新业态的序幕。从某种意义上来说就是为客人营造良好的相识环境。
店内的所有设计都围绕“相遇”展开,像在酒吧不常见的圆形包厢座。这样局促的空间给了初次见面的男女近距离接触的机会,既能消除双方的距离感,又能让他们的亲密接触轻松自然。在石砖、金属丝网打造出来的粗犷氛围下选用了弯曲造型的吧台,采用随意的彼此牵扯的曲线增添了柔和感和独创性。在灯光方面,整体控制在让女性安心的亮度,还增加了向下的间接照明。天棚布置的连锁圈,表示“相遇”和“相连”。相遇就是生命中循环往复的交叉点。我们也祝你和你生命中的那一半在此有一个美丽的相遇!(二宫弘大 / 兼城佑作+造形集团)

 

The Public Stand 歌舞伎町店
地址:东京都新宿区歌舞伎町1-5-4 第22东大厦B1
开业:2017年7月7日
室内设计:兼城佑作+造形集团 兼城佑作 二宫弘大
实用面积:110平米
席位数:150〜(站立式)
摄影:Masahiro Ishibashi

RUNNER CAMP Flagship Concept Store

a1 a2 a3

a4

a5

a6
RUNNERCAMPは、上海発のランニングライフスタイルとプラットフォームを提供するスポーツブランド。デザイン面ではUrban Athleticsをテーマに、上海市の旧租界地区浦西地区から浦東の高層ビルが立ち並ぶ高低差のあるエリアを、軽やかかつ爽やかに通り過ぎるイメージで、大きな階段によって表現。空間全体に渡って、街中にある一般的な工業用資材を主要素材に採用しています。ブティックのシステムユニットは、排水口に使用されるグレーチング格子で構成。その他にも吸音材や断熱材、コンクリートなどの工業資材を用いて機能性との調和を試みています。オペレーション面では、新設した階段が1、2階の容易な流動性を促します。1階は販売および自社開発のシューズ分析・コンサルティングエリア、2階はランニングに特化したジムトレーニング機能、LEDディスプレイを用いた大規模なインタラクティブエクササイズ、シャワールーム・ロッカーなどランナーのためのプラットフォームとなっています。都会のワーカー達は日の出、日没とともに走ります。ブランドカラーのオレンジはその様子を表現したものです。上海から、健康でスタイリッシュな新しいライフスタイルを提案しています。(勝木知寛/PRISM DESIGN

 

「RUNNER CAMP Flagship Concept Store」
所在地:Infinite Plaza Shopping Center L1W07/L2W0708,Lake Road 168, Huangpu District, Shanghai, China
オープン:2017年6月
設計:PRISM DESIGN 勝木知寛
設計協力;office coastline
床面積:1階268㎡ 2階375㎡
Photo:Alessandro Wang

 

This project is Collaboration Design by PRISM DESIGN and OFFICE COASTLINE. It is a design concept called Urban Athletics from a desire to run healthy and stylishly throughout the city of Shanghai.
As a design aspect, express as a large staircase in the space as if to go through lightly and refreshingly the difference in height of the Upper Highs in Pudong area from Puxi area of Shanghai the scenery. And get inspired from general industrial materials in the town as a material we are adopting it. Adopted gratings metal used at drains as the main unit, fusing UNIT, which is required for Boutique. And we use general industrial materials such as sound absorbing material, heat insulating material, concrete.
As for the management side, with the 1 / 2F double layer stacking cut out, 1F is a store and shoes consulting experience area, 2F is a runner’s platform such as GYM training function specialized for running, large space interactive exercise using LED display, shower room · locker etc. Urban workers run with the Sunrise and run with the sunset. That scene is Orange which is a brand color.
They recommend start, a new lifestyle that is healthy and stylish in the Shanghai city. (Tomohiro Katsuki / PRISM DESIGN)

 

【RUNNER CAMP Flagship Concept Store】
Location:Infinite Plaza Shopping Center L1W07/L2W0708,Lake Road 168, Huangpu District, Shanghai ,China
Open:Jun, 2017
Design:PRISM DESIGN Tomohiro Katsuki
Collaboration;office coastline
Floor area:1F 268㎡ / 2F 375㎡
Photo:Alessandro Wang

 

RUNNER CAMP是个自上海的专业跑步装备品牌。他们提议跑步生活及装备配选平台,最近在上海新天地无限极荟购物广场开出了首家体验店。
我们设计这家店之际以“Urban Athletics”为概念主题,为了表现上海市内有建筑物的高低差,我们设置了巨大楼梯。在店内使用材料都是一般的工业材料,主体采用是排水沟作为使用的金属网子对融合展示柜UNIT。此外,用吸音材料、隔热材料、混凝土等来试行和功能性搭配。
这次新建造楼梯就促进了上下两个楼层紧密互动。1层是售卖店和运动鞋咨询体验区。2层是专业运行的 GYM 训练功能,LED 显示屏互动体验大型空间,会员俱乐部用淋浴房、储物柜等,运动的跑步者平台。
RUNNER CAMP的品牌颜色是橘色,表达城市跑者在日出时开始跑步,日落时也开始跑步的场景。他们由上海建议健康且时尚在都市新的生活方式。(胜木知宽 PRISM DESIGN

 

【RUNNER CAMP 跑步概念店】
地址:中国 上海市黄浦区湖滨路168号(近新天地) 无限极荟购物广场2层
开业:2017年6月
室内设计:PRISM DESIGN 胜木知宽
设计合作;office coastline
实用面积:1层:268平米 ・2层:375平米
摄影:Alessandro Wang

JOTARO SAITO GINZA SIX店

s1 s2 s3

s4

s5

s7s6
「伝統こそ最新」をテーマにモノづくりに挑戦し続ける、キモノデザイナー・斉藤上太郎氏。その世界観を、同氏が手掛けるプロダクトとのコラボレーションで生まれた織物の色彩を用い、その移ろいによって表現しました。エントランスは、「鎧×スチームパンク」をテーマに、コッパーサテンやクロム鋲、木と鉄と真鍮の象嵌を展開しています。売り場の壁面着物陳列棚は、白いセメント木毛板の乱貼りとし、システム什器を採用。1本アームの角度可変棚は、裏面のコッパー仕上げが影に温かみを溜め込みます。試着室は、21枚の襖で、大奥・御鈴廊下のように可変性を持たせました。島什器は、ミュージアムのイメージをベースとし、コッパーサテンのフレームに、グレーのセラミックスラブの収納を合わせ、繊細さと重厚さを表現しています。カフェは、H鋼の柱でS字を描き、売り場とを緩く隔てて空気感を影響し合わせ、商品を「見るだけ」から「お茶&スイーツ休憩」、そして「購入」という楽しみを店内で連続させ、完結させることを意図しました。カウンター席は紫のグラデーションの染色で色っぽく、テーブル席は銀座の空をモチーフにした織物を背景とし、蹴鞠をイメージした格子がレイヤーとなって、朝夕の逆光感を演出します。これらのデザインにより、お客様の着物姿が陰翳の中で美しさを増す空間になっています。(樋口泰輔/ベルリーナ

 

JOTARO SAITO GINZA SIX店
所在地:東京都中央区銀座6-10-1 ギンザシックス4階
オープン:2017年4月20日
設計:ベルリーナ 樋口泰輔 羽吉久美子 入山きらら
床面積:247㎡
撮影:ナカサ&パートナーズ

 

Jotaro Saito is a Kimono, Japanese traditional clothing, designer who continues to challenge creations based on his theme “Tradition is the latest”. I expressed his view of the world by the change of fabric’s colors which was born in collaboration with his products. Entrance is decorated with copper satin, chrome rivets, and damascening of wood, iron, and brass based on the theme of “armor x steam punk”. Wall Kimono display shelves used as store fixture have randomly affixed white wooden fibre cement boards on the surface. The angle changeable one arm shelf has the copper finish on the back which gives warmth in the shadow. The fitting room was made of 21 sliding doors, making it variable like the Edo period style. The independent fixture is based on the image of the museum and combines the storage of the gray ceramic slab with the frame of the copper satin to express the delicacy and the heaviness. The cafe draws an S character with H steel pillar, which separates the space loosely from the selling zone, and complete the continuous experience from “just watching” through “tea & sweets break” to “purchase”. The counter seat is made sexy with the purple gradation dyeing and the table seat has Ginza’s sky as its background. The layers of lattice works create the backlighting in the morning and the evening. Those design works and effects increase the beauty of Kimono. (Taisuke Higuchi / Berlina)

 

SAITO JOTARO
Location:GINZA SIX 4F, 6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 20th, 2017
Designer:Berlina Taisuke Higuchi Kumiko Hayoshi Kirara Iriyama
Floor area:247㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

齐藤上太郎是个和服设计家,以“传统才是最新”为主题坚持做衣服。我们这次设计他的新店之际为了表现他的新价值观就用了织物的色彩变化,那些织物是跟他们协作的。店铺门口“铠甲和科幻“为主题,铜色缎子、铬色铆钉以外客人也会看到木材、铁材、黄酮来做的镶嵌。墙面陈列架是把白水泥木丝板随意贴附的,并采用了配套式用具。可变角度架子只有一个扶手,背面的铜色加工给影子温暖的气息。在试穿间摆设了21把隔扇,就有灵活性像江户时代城堡内的走廊一样。独立架子以美术馆的形象为灵感,铜色缎子做的格子和灰色制陶的收存库搭配了,表现细腻且稳重。店内附设咖啡厅,用H型钢材来描绘S的字母,和气地隔开咖啡厅区和购买区。在店里客人不仅看商品,也会休息、买东西,都在同一空间享受。紫色浓淡的柜台带着妖媚的气质,餐桌背后有着银座天空为主题的织物和日本传统踢球游戏为主题的棂,它们体现早晨和傍晚的逆光。为了让客人及和服打扮得更美丽,我们演出了阴影空间。(桶口泰辅 Berlina

 

JOTARO SAITO GINZA SIX店
地址:东京都中央区银座6-10-1 GINZA SIX 4F
开业:2017年4月20日
室内设计:Berlina 桶口泰辅 羽吉久美子 入山きらら
实用面积:247平米
摄影:Nacasa & Partners