FEATURE

DIFFERENCE 青山店

difference1
difference2

difference3

difference4

difference5全く新しいオーダースーツ新ブランド「DIFFERENCE」がスタートします。初回はプロのテイラーが採寸、そのデータをベースに二着目以降はお客様自身がスマホで簡単にオーダー、カスタマイズが可能。誰もが自由に楽しくスーツを“パーソナライズ”できるという画期的なシステムで、事業コンセプトからネーミング、ロゴ、店舗デザイン、アプリのディレクションまでトータルプロデュースを手掛けました。10月1日、東京 青山に一号店がオープンしました。(佐藤可士和/SAMURAI

DIFFERENCE 青山店
所在地:東京都港区南青山3-10-41 ジュエル青山1F
オープン:2016年10月1日
ディレクション・デザイン:SAMURAI
インテリアデザイン:SAMURAI 佐藤可士和 齊藤良博 石渡菜央
面積:63.9㎡
Photo:蓑田圭介

 

The brand-new custom made suit brand “DIFFERENCE” has started. For the first order, a professional tailor measures a customer’s body and for the second and after, customers can order and custom their suits as they like with a mobile application. It is a sensational system that everyone can enjoy “personalizing” a suit. We have totally directed the project from making concept, naming, designing logo & store, and to developing application. The store opened in Aoyama, Tokyo on October first, 2016. (Kashiwa Sato / SAMURAI)

DIFFERENCE Aoyama store
Location:Jewel Aoyama 1F, 3-10-41, Minami-aoyama, Minato-ku, Tokyo
Open:Oct. 1st, 2016
Direction, design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito Nao Ishiwata
Floor area:63.9㎡
Photo:Keisuke Minoda

 

FT OFFICE

FToffice01
FToffice02
FToffice03
FToffice04
IT制作会社のオフィスをデザインしました。技術革新のスピードが早いこの業界では、組織規模の変化も早く、一つのオフィスに留まる期間も短くなっています。 そのため、本計画ではインテリアへの投資を抑えながらも、部屋ごとの要求を満たすべく、床・壁・天井の設えは最小限に留め、新たに計画した光の質の違いによって、特徴のある場所を創り出すことを意図しました。 エントランスには、木製天井のスリットから等間隔に鮮烈な光が降り注ぎ、来所者に強い印象を与えます。会議室の天井にはヒノキの角材を吊り、彫り込んだ内側を金色に塗装することで、そこからこぼれ落ちる光が木製天板を鮮やかに浮かび上がらせます。 執務室は、全体的に可変性の高い照明計画としましたが、ハイカウンターが設置された壁面は、ハーフシルバーランプの光で間接的に柔らかく照らされています。 こうして、光によって多様な環境を創り出すことで、活発な議論や集中した個人業務、集中の合間のリラックスなど、オフィスに必要な様々な行為を誘発させることを期待しました。
(小川裕之/小川都市建築設計事務所

「FT OFFICE」
所在地:東京都港区
開設:2015年9月
設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳
床面積:138㎡
Photo:吉次史成

 

We have designed an office for companies that make telecommunications related products. In this industry where technological innovation comes very fast, the change in scale of organizations also comes quickly and the period where they can be confined to 1 office is short. Therefore in this design, in order to fulfill the requirements for each room yet cut back on investment on the interior, I have designed it so that floor, wall, and ceiling installations are kept to a minimum and have created distinct spaces through differences in newly-designed lighting. In the entrance vivid light pours down in intervals from slits in the wooden ceiling to leave office visitors with a strong impression. Square beams of hinoki lumber hang from the ceiling of the office, and as the carved interiors are painted in a gold color, the light that falls through is reflected brightly on the surface of the wooden counter tops. Though the whole of the office itself is designed with highly-versatile lighting, the high counters attached to the walls are indirectly and softly bathed with the light of half-silver lamps. Through creating diverse environments using lighting in this way, you can expect to induce the various activities required by your office such as active discussion, concentrated individual work, and intermittent relaxation during breaks.(Hiroyuki Ogawa)

【FT OFFICE】
Location: Minato-ku, Tokyo, Japan
Open: Sep, 2015
Designer: Hiroyuki Ogawa Architects Inc. Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto
Floor area: 138㎡
Photo: Fuminari Yoshitsugu

 

優り草

優り草01

優り草02優り草03優り草04優り草05

戦火を逃れた京都には、古都の資源を連綿と受け継ぐ、暮らしの文化が存在します。それが形として今も色濃く残るのが京町家です。坪庭や虫籠窓等、自然に向き合い、環境と共生する知恵がそこにはありました。 昔ながらの箱階段を活かした大判陶版を壁に使用したキッチンスペース。箔と和紙の提灯のシルエットが映える、久住氏の左官で仕上げたダイニング。掻き落としの土壁と和紙のきめ細やかな質感のコントラストが特徴の和室。水と山をモチーフとしたモダンなデザインの唐紙の壁が目を惹く離れ等、たくさんの作家や職人の方々と協力し、京町家の文化的な要素は活かしながら、新しいものを取り入れた一棟貸しの宿となっています。(間宮吉彦/インフィクス、文責BAMBOO)

 

優り草
所在地:京都市左京区大菊町109
オープン:2016年12月
設計:インフィクス 間宮吉彦
協力:左官/久住有生 襖絵/島田由子 アート/STUDIO SAWADA DESIGN 版画/野田版画工房
床面積:98㎡
規模:地上2階建て
Photo:下村康典

 

 

In an old city Kyoto, which haven’t suffered from the fires of war, there still continue to exist a traditional culture of living. That can be vividly found in Kyomachiya. Spot garden or small window with a fine lattice are legacies of wisdom that let people to face the nature and live together with it. Making use of understair space, we created a practical kitchen with large ceramic tiles for its wall. Walls of the dining space are finished by a plaster master, Mr. Kusumi where a silhouette of partially gilded paper lantern contrast favorably with. The guest room is Japanese style and has a beautiful contrast of clay and Japanese paper in its wall. The annex has walls covered by China origin specific Japanese paper that depicts water and mountain in a modern style. “Masarigusa” inn, that rents the entire house, is completed with a lot of cooperation from artists and craftsmen, making use of Kyoto’s traditional cultures yet taking in many new things. (Yoshihiko Mamiya / infix)

 

Masarigusa
Location:109, Okiku-cho, Sakyo-ku, Kyoto
Open:Dec. 2016
Design:infix design inc. Yoshihiko Mamiya
Cooperation:Plaster/Naoki Kusumi, Door painting/Yoshiko Shimada, Art works/STUDIO SAWADA DESIGN, Engraving/NODA print motif workshop, etc.
Floor area:98㎡
Floor composition:2 stories
Photo:Yasunori Shimomura

PlayPlus

play_plus01 play_plus02 play_plus03
play_plus04 play_plus05
中国・深圳にオープンした幼稚園「PlayPlus」の教育理念は、自主的に考え、学び、そして行動できる子どもを育成することです。これを実現するため、遊び心と興奮に満ちた環境をデザインしました。 幼稚園全体の空間を、抽象的な「ランドスケープ」というものの比喩として表現しています。子どもたちは、空間の開放感、スケール、高さ、比率を自由に操ることで、読む、描く、遊ぶ、読み聞かせる、クラスで学ぶといった異なる活動のニーズを存分に満たすことができます。 教室、遊び場、読書コーナー、洗面所の要所は、化粧板とパステルカラーのクッションで仕上げています。力強く鮮明、そして学ぶ心を刺激する環境が子どもたち同士の交流を促進します。マルチメディアの投影に対応した壁面と伝統的な黒板を並列に置くことにより、柔軟で触覚的な教材を教師たちに提供しました。浮遊する十字型の照明は、空間の目印として機能するとともに、子どもたちの宇宙に対する空想を完成させています。(ホラス・パン/パノラマ)

 

「PlayPlus」
所在地:中国深圳市
オープン:2016年6月
設計:PANORAMA Horace Pan, Vivian Chan, Wing Chan
床面積:600㎡
Photo:Ng Siu Fun

 

 

A playful and exciting environment suitable for implementing this kindergarten’s educational policy was created which focuses on bringing up children that can think, learn and act independently. The overall kindergarten space depicts the metaphor of an abstract “landscape” in which different degrees of openness / scales / heights / proportions were manipulated and can be experienced to the fullest by the children to cater their different activity needs for reading / drawing / playing / story-telling / class-learning. Key zones of classrooms / playground / reading corner / washrooms in timber veneer finishes with pastel colored upholsteries were introduced to give dynamic, vivid and inspiring learning environments and promote children’s mutual interactions. Feature walls of multi-media projections and traditional chalkboards were juxtaposed to provide flexible and tactile teaching media for the teachers. Floating logo-inspired “crossed-shaped” featured lights acted as spatial directory and completed the children’s fantasy of the space. (Horace Pan / PANORAMA)

 

【PlayPlus】
Location:Shenzhen, China
Open:July, 2016
Designer:PANORAMA Horace Pan, Vivian Chan, Wing Chan
Floor area:600㎡
Photographer: Ng Siu Fung

らーめん山頭火 沖縄那覇店

s2
s1
s3
s0

「らーめん山頭火 沖縄那覇店」は、同系列店の沖縄初進出店舗として那覇市内の安謝という地に居抜き案件として出店。この店舗は観光地からは離れた場所に位置するため、“観光客”ではなく現地で生活する“ローカル”な人々をメインターゲットとしながら、既にアメリカやアジア圏での多店舗展開で外国人から絶大な人気を誇る当ブランドの認知度を考慮し“沖縄に住む外国人”もターゲットとして視野に入れています。
店内は、ローカルの店づくり合わせ“小上がり席”を多くとり、車移動の多い現地の方々が1人でも気軽に利用できるよう入ってすぐの位置にビッグテーブルを設置しました。また、北海道旭川市に本店を構える同ブランドを沖縄においてどのように話題性を持たせ、存在感を際立たせるかを考えた結果、旭川にある“大雪山連峰 旭岳”を何種かの古材を多用し、店内の意匠として表現しています。その他、外国人にもなじみやすく、沖縄の人には珍しいインダストリアルな要素と、日本人にはなじみがあり、外国人には珍しい“大雪山の水墨画”をインテリアデザインの中に取り込むことで、沖縄初出店店舗として、また“らーめん山頭火”のシンボリックな存在感を更に際立たせることを意図しています。(室谷丞一郎/ZYCC)

 

らーめん山頭火 沖縄那覇店
所在地:沖縄県那覇市安謝664-22
オープン:2016年10月14日
外装・内装デザイン:ZYCC 室谷丞一郎
照明計画:FORUM INC. 朝倉華子
施工:ZYCC 米田孝行
床面積:174㎡
客席数:50席
Photo:STUDIO PLANET 島袋 浩

 

“Ramen Santouka Okinawa Naha Store” is Santouka brand’s first branch store in Okinawa. We were requested to create a new store, making use of existing equipment and furnishings. The main target customers are locals because the store is located a bit far from famous sightseeing spots. Taking brand’s fame in overseas into consideration, that had been achieved by their stores in America and Asian countries, they also targeted foreign residents in Okinawa.
In this project, we set more raised seating areas than usual that are fit to a local store. The large shared table is placed near the entrance so that one can eat ramen alone without hesitation. Because the brand’s flagship store is in the northern end of Japan, Asahikawa Hokkaido, and this store is in the southern end, Naha Okinawa, we paid a big attention to how the store gets newsy and a presence in town. We adopted reclaimed wood materials to create an artwork of famous Mount Asahi in Asahikawa. In order to highlight the stores symbolic character, we also added some more factors, for example, industrial materials, that are familiar with foreigners and not with locals, or ink painting, familiar with Japanese and not with foreigners. (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

 

Ramen Santouka Okinawa Naha Store
Location:664-22, Aja, Naha-shi, Okinawa
Open:Oct. 14th, 2016
Design:ZYCC corporation Shoichiro Muroya
Lighting planning:FORUM INC. Hanako Asakura
Construction:ZYCC corporation Takayuki Yoneda
Floor area:174㎡
Capacity:50seats
Photo:STUDIO PLANET Hiroshi Shimabukuro

ŌYANE

41b3021e942b03966c87dd1dfcdc87f7
o2 o3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc o4 o5 o6
o7陶器の産地である、長崎県波佐見町にある西海陶器のギャラリー・ショップ。当初の目的は、元々地下にあったショップへの利用者導入の強化であった。倉庫として利用していた1Fの壁に入口を設け、搬入用のエレベーターと階段を利用して、2層の店舗となるように計画。新たにできた上階は、カフェカウンターのあるギャラリーとした。外部には、多目的に使用できる屋根だけの建築と屋外トイレを設け、陶器市やマルシェ、ワークショップ等に利用される。建材には「資を生かす。」という考えのもと、この地にある素材を利用した。原料である陶石、陶器の破片、輸送用のプラスチック製の籠の他、現在は使用されていない「ボシ」と呼ばれる陶器を焼く際に使う容器をギャラリー内の壁やカウンターに用いている。照明器具やサインも陶器で製作。象徴的な大屋根は、この地方でよく見られる工場のシルエットである。眠っていたものを見い出し、編集をしていくことで、波佐見の持つエネルギーや物語を表現することを考えた。(原田 圭/DO.DO.)

 

ŌYANE
所在地:長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷2210
オープン:2016年7月1日
設計:DO.DO. 原田 圭
床面積:内部/140㎡ 外部/1150㎡(屋外トイレ25.92㎡含む)
客席数:4席+ベンチ
Photo:太田拓実

 

“ŌYANE” is a gallery & shop of Japanese pottery company, SAIKAI TOKI, located in Hasami, Nagasaki which is well-known for a pottery production. The original plan was just to call in more customers to the shop on the basement floor. We figured out a better plan to convert the first floor’s storehouse into a new store space by adding a new entrance to the wall, elevator, and steps. The first floor’s new space became a gallery with a café counter. In the outside, we created an only-roof-structure and a bathroom to provide a space for an outdoor market or a workshop.
Regarding building materials, we picked up local materials based on the idea “making use of the local”. Pottery stones, broken pieces, plastic boxes for transportation, and old pottery mold are adopted for wall and counter. Lightings and signs are also made by pottery. The symbolic big roof has a shape frequently seen in this area. We tried to present energy or story of Hasami by discovering dormant potentialities and editing them. (KEI HARADA / DO.DO.)

 

ŌYANE
Location:2210, Orishikisego, Hasamicho, Higashisonogigun, Nagasaki
Open:July. 1st, 2016
Design:DO.DO. KEI HARADA
Floor area:Inside 140㎡ / Outside 1150㎡ (including 25.92㎡ bathroom)
Capacity:4 + bench seats
Photo:Takumi Ota

ロイヤルパークホテル高松

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab01

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab02%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab03

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab04

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab05

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab06

%e9%ab%98%e6%9d%be%e3%83%9b%e3%83%86%e3%83%ab07

高松市にある築27年のシティホテルのリノベーション。竣工当初からオーナーが大事にしているNYアールデコデザインを継承しながらも、高松らしいスタイルを掛けあわせ、新しい「高松アールデコ」の世界観を考えた。 客室はオールクラブフロア。アールデコが施されたウォールキャビネットに客室機能を集約し、ゆったりとしたソファ&デスクを設置して、アールデコデザインと日本の機能美を融合したコンパクトラグジュアリーな空間を目指した。 共用部は、高松をテーマにした書籍等とラウンジを兼ね備えた「Library Lounge」を新たに併設し、すべてのゲストがいつでも寛ぐことができる「おもてなし」空間をつくっている。 また、稼働が低くなっていた式場・バンケット機能を客室にコンバージョンして客室数を増やすなど、ホテル全体の価値再生と収益性を高めるモデルとして実現している。(UDS/寶田 陵〈現:the range design INC.〉、蛯原弘貴)

 

ロイヤルパークホテル高松
所在地:香川県高松市瓦町1-3-11
オープン:2016年8月25日(リニューアル)
設計:統括/穴吹興産 鵜野喜充 菊川宗紀
建築・インテリアデザイン/UDS株式会社 寶田 陵〈現 the range design INC.〉、蛯原弘貴
延べ床面積:4,615㎡
規模:地下1階 地上9階建て
客室数:73室
Photo:矢野紀行写真事務所

 

 

“ROYAL PARK HOTEL TAKAMATSU” is an all club floor hotel combining “Takamatsu Art Deco” and “hospitality”. It was a 27-year-old hotel in downtown Takamatsu and we were requested to renovate it. The owner of the hotel cherished Art Deco design style in New York which we could find in the original hotel. We tried to succeed it, adding new style, and created the new value of “Takamatsu Art Deco”. Guest rooms have the mixed style of Art Deco and Japanese beautility. The wall cabinets are decorated in Art Deco style and equipped with several functions. Sofa and desk are placed in a relaxed way. The space successfully achieved compact yet luxurious character. Regarding the common space, “Library Lounge” is newly added with books related to Takamatsu. All guests can relax their body and mind in this “Omotenashi (hospitality in Japanse)” space. We converted wedding and banquet hall, that had low operating rate, to guest rooms, trying to regenerate the hotel and improve its finances. (UDS / Ryo Takarada〈present-day: the range design INC. 〉Hiroki Ebihara)

 

ROYAL PARK HOTEL TAKAMATSU
Location:1-3-11, Kawaramachi, Takamatsu -shi, Kagawa
Renewal Open:Aug. 25th, 2016
Design:Direction / ANABUKI KOSAN INC. YOSHIMITSU UNO MUNENORI KIKUKAWA
Architectural & Interior design / UDS Ryo Takarada〈present: the range design INC. 〉 Hiroki Ebihara
Floor area:4,615㎡
Floor composition:9 stories above the ground and 1 underground story
Number of Rooms:73
Photo:Toshiyuki Yano

銭函バーベキュー

zenibakobbq04 zenibakobbq03 zenibakobbq02

zenibakobbq05
「銭函バーベキュー」原稿 新橋駅から歩くこと1分、東京のど真ん中銀座で、北海道を中心に仕入れた厳選された食材を卓上の炭火でバーベキュースタイルで豪快に焼いて食べる。シンプルに一番うまい食べ方で、いい食材を手軽に食べてもらいたい。そんなオーナーの思いが詰まった業態です。 北海道の港町銭函の「廃レンガ倉庫を改装した空間」をコンセプトに、高架下という特殊な立地に”馴染む”空間作りを目指しました。1階は半地下となっており、腰の高さまであるコンクリートの基礎に、構造柱に見立てた古材、アンティークレンガを用いることで、木造レンガ倉庫の世界観を構築。2階は、もともと天井高さが4mほどもある大空間で、その高さを強調する木造トラスの造作や、大型のインダストリアルライトを用いることで、廃倉庫の空気感たっぷりの客席空間を創出しています。(柴澤 淳/サイドデザイン

銭函バーベキュー
所在地:東京都中央区銀座8-3 西土橋ビル1階
オープン:2016年9月26日
設計:サイドデザイン 柴澤 淳 丸山航平
施工:タジマ創研株式会社 西野竜生 福永一平
床面積:390㎡
客席数:145席
Photo:佐藤振一

 

ZENIBAKO Barbecue is located in Ginza, the center of Tokyo. Customers can enjoy grilling selected foodstuff from Hokkaido on wood fire in barbecue style. This restaurant is filled with the owner’s aspiration to provide good foods in simple and nice serving ideas in a casual atmosphere. The design concept is “renovation of abandoned brick storehouse” in Zenibako, a port city in Hokkaido. We aimed to create space which goes well with the restaurant’s circumstance, underneath elevated railway tracks. On the semi-underground first floor, we constructed visual identity of brick storehouse with the concrete groundwork, reclaimed wood, and antique bricks. On the second floor, that has 4meter height, we tried to produce the air of abandoned storehouse with wooden truss and huge industrial lightings. (Jun Shibasawa / side design)

ZENIBAKO Barbecue
Location:Nishidobashi Bld. 1F, 8-3, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Sep. 26th, 2016
Designer:side design inc. Jun Shibasawa Kohei Maruyama
Constructor:TAJIMA SOKEN Corporation Tatsuo Nishino Ippei Fukunaga
Floor area:390 ㎡
Capacity:145 seats
Photo:Shinichi Sato

Cafe Habana TOKYO

c6c2 c3 c4c1
「Cafe Habana」は、Manhattan、Brooklyn、Barclay center、Malibu、Dubaiに店を構えていて、全て雰囲気が違います。それは無意識的なNewYorkerの持つ感覚であり、どの店も同じ内装ではなく、フランチャイズの感覚を一つ飛び越えたアイデンティティーを残しつつ、場所や町に密着したオリジナリティーがあるという事を、デザインと料理の両方における一番重要なコンセプトとして確立していきました。また、Cafe Habanaは、SOHOやLower East Sideが開発されていない時から続く老舗で、ローカリズムを大事にし、観光客だけではなく地域の人に愛され続けてきた、「ストリート」と「料理」を融合した店の先駆者です。これらを「Cafe Habana TOKYO」のインテリアに落とし込む時に、4つのキーワードを中心にデザインしました。
一つめは「地域の方が愛してもらえるようなダイナーの持つ暖かみ」。世界的な影響力のあるアーティストのイラスト(Sonic art)や、フードトラックとテイクアウトブースのデザインをつなぐイラスト(Elvis Rosa)をハンドペイントして、時と共に味が出るものにし、家具にはすべてハバナブルーのダイナーテーブルとチェアを取り入れました。また、バーバックの壁にはステンレスのダイアモンドカットのダイナーで使用される板を使いました。
二つめは「ラテンの陽気さ」。キューバ料理やラテンの空気を感じる、主張の強い3層の深みのあるオレンジのスタッコ塗装。Ayaka nishitani氏による南国の葉、ラテンの聖母マリアをオレンジの壁の上から描いてもらいました。
さらに「主張し過ぎないで出来る和のテイストを取り入れる」をキーワードに、自然素材を使用した暖かみがラテンと和の共通点であると考え、木を使った和天井のデザインと象徴的なCafe Habanaのグラフィックを取り入れ、オリジナルの天井をつくりました。また壁のブラケットも和紙の上からグラフィックを載せるなど、バランスを取りながら溶け込ませる事を意識しています。
四つめは「Sinatra’s booth」。NYの各店には一番奥にある半個室のブースにFrank Sinatraや影響力のあるスターがいつも座る場所があります。TOKYO店では、アンティークミラーを設ける事で部屋を大きく感じてもらいながら、外からはあまり見えない仕掛けとしました。
このプロジェクトに携わった人々のCafe Habanaブランドや地域対しての情熱を感じながら、長くこのお店が愛されることを願い、Brooklyn店の外壁にある言葉を引用した「Spread love its a TOKYO way」など、東京とNYをつなげるメッセージを所々に設けているので、ぜひ楽しんでもらえればと思います。(井上拓馬/everedge、文責BAMBOO)

 

Cafe Habana TOKYO
住所:東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1階
オープン:2016年5月28日
設計:everedge 井上拓馬
床面積:133㎡(うち厨房33㎡)
客席数:50席
Photo:SUZU from fresco

 

 

“Cafe Habana” stores are in Manhattan, Brooklyn, Barclay center, Malibu, and Dubai. Every store has different atmosphere and design. This style is an unconscious sense of New Yorker and an identity of the brand beyond its franchise formula. Cafe Habana, that values localism, is a pioneer which has successfully made a good blending of “street” and “cuisine” that has been loved not only by tourists but also local people. Each store was in a different location so they gave first priority to creating a community-based originality. In this Tokyo store we chose 4 keywords for its design, learning from the brands strategy.
1. “Warmth of diner that is loved by locals” Hand-painted illustrations and table & chair in Habana blue express it.
2. “Cheeriness of Latin cultures” Ayaka Nishitani’s art work, tropical tree leaves and Latin Saint Mary, on 3 layers of stucco in orange.
3. “Restrained Japanese taste” Japanese wooden ceiling with symbolic graphic of Cafe Habana. Graphic on Japanese paper-made lighting bracket.
4. “Frank Sinatra’s booth” The stores in New York have special seats for influential stars like Frank Sinatra. Tokyo store also has this space. The room is small but an antique mirror makes it look bigger.
We hope the Tokyo store will be loved by people for a long time. To connect Tokyo and New York, we wrote some messages such as quote from the Brooklyn store “Spread love its a Tokyo way”. (Takuma Inoue / everedge)

 

Cafe Habana TOKYO
Location:Hikawa Bld. 2F, 2-11, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 28th, 2016
Designer:everedge Takuma Inoue
Floor area:133 ㎡ (including kitchen space/33㎡)
Capacity:50 seats
Photo:SUZU from fresco