FEATURE

いづものSAKABA

いづもの01いづもの02いづもの03いづもの04いづもの05

神々が集まる出雲に出店した「いづものSAKABA」。松江に1号店を出し、その2号店目となる大事なお店のデザインを任されることなり、気合の入る物件だった。 クライアントからは「インパクトのあるファサードをお願いしたい!後はお任せします」という一言。そこでわれわれは“出雲らしさ”を形にすべく、リサーチを兼ねて訪れた出雲大社で、屋根の両端で交差する千木を見た時「これだ!!」と閃いた。 その感覚を元に、ダイナミックかつ繊細な格子をファサードのビジュアルに採用した。店内は、完全個室で落ち着いたジャパニーズモダンをベースに、アイキャッチとして日本神話にも出てくる八雲をビジュアライズして空間に散りばめ、幻想的に仕上げた。 (ワタナベユウキ/エリアコネクション)

 

「いづものSAKABA」
所在地:島根県出雲市今市町971-27
オープン:2015年1月21日
設計:エリアコネクション ワタナベユウキ フジタマリコ
床面積:1階118.66㎡(厨房40.3㎡) 2階(厨房)118.66㎡
客席数:70席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 
“IZUMONO SAKABA” opened in Izumo city ― according to Japanese myth, gods gather in this town. The first store was opened in Matsue city and it was the important 2nd one. We were very much motivated to be in charge of its design. The client requested us just like this “Please design the store façade with a big impact. We will leave other factors to you” So we visited Izumo taisha shrine for a research to investigate “Izumo identity” and then found Chigi, traditional forked roof finials in Japanese religious architecture. We thought “This is it!” We adopted dynamic but delicate latticework for the façade visual on the basis of the inspiration we got there. The interior is based on peaceful Japanese modern style ― each rooms are completely separated and private. We visualized Yakumo, Japanese mythological clouds, and sprinkled this motif throughout the store, adding fantastic atmosphere to the space.
(Yuuki Watanabe / AREA CONNECTION)

 

【IZUMONO SAKABA】
Location:971-27, Imaichi-cho, Izumo-shi, Shimane
Open:Jan. 21st, 2015
Designer:AREA CONNECTION Yuuki Watanabe Mariko Fujita
Floor area:1F 118.66㎡(including kitchen area 40.3㎡) & 2F kitchen area 118.66㎡
Capacity:70 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

エリアコネクション
http://www.areaconnection.net

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

PASSO NOVITA

32 41

5千葉県・八千代緑が丘駅前の商業施設内に移転したイタリアンレストランの計画である。バンケットルームとダイニングを併せて最大250人規模のパーティーが見込まれることと、柱スパンの大きい既存空間を生かすべく、固定壁は極力設けずに“天井”と“光”で空間を分節したダイニングスペースを考えた。客席の天井は、FL2.2mまで下りた垂れ壁により8つに分かれており、天井裏を通る施設の既存インフラと折り合いをつけながら、形と高さを設定して、仕上げの色やライティングを変えている。ダイニングエリアはひとつながりの空間だが、時間帯や光の具合によって明暗の場所が隣り合ったり、つながったりと多様な印象のスペースが集合することで豊かな場所となった。(大平貴臣+関口翔/OSKA&PARTNERS)

 

「PASSO NOVITA」
所在地:千葉県八千代市緑が丘1-1-1 公園都市プラザ1階
オープン:2015年1月15日
意匠設計:OSKA&PARTNERS 大平貴臣 関口翔
照明計画:L・GROW lighting planning room
床面積:497.43㎡
客席数:108席(テラス12席) ※バンケットルーム利用時70席
Photo:kentahasegawa

 

The Italian restaurant “PASSO NOVITA” moved to the shopping center in front of Yachiyo-midorigaoka station in Chiba prefecture. Because the banquet and dining halls need to accept a big party with 250 people in maximum, we decided not to create many new fixed walls and created the dining space divided by the ceiling and light, utilizing the existing space which didn’t have many columns. The ceiling of the dining hall is divided in 8 by the hanging partition walls that are 2.2 meter to the floor. The 8 ceilings differ in shape and height, and also colors and lightings based on background equipment and pipework. The dining area is the united space, but depending on timings and lightings, the light-dark change is appeared in the space and it creates various impressions. The various spaces get together and result in the rich place. (Takanori Ohira+Sho Sekiguchi / OSKA&PARTNERS)

 

【PASSO NOVITA】
Location:Kouen-Toshi Plaza 1F, 1-1-1 Midorigaoka, Yachiyo-shi, Chiba
Open:Jan. 15th, 2015
Architectural Design:OSKA&PARTNERS Takanori Ohira Sho Sekiguchi
Lighting Design:L・GROW lighting planning room
Floor area:497.43㎡
Capacity:108 seats (12 seats in the terrace area) / 70 seats for the banquet use
Photo:kentahasegawa

 

PASSO NOVITA
http://passo.sunkajiro.co.jp/

OSKA&PARTNERS
http://oska.jp/

kentahasegawa
http://o-f-p.jp/

Mongolian DRUNK ARAKI-CHO

モンゴリアン01モンゴリアン02モンゴリアン03モンゴリアン04


新宿ゴールデン街に店を構える「Mongolian DRUNK」。その2号店となる場所は四谷荒木町。「Biker’s Nest(バイク乗りの隠れ家)」をコンセプトに、歴史的な文脈の中にストイックに佇むゴールデン街の店に対し、荒木町ではミニマムな中に知的な存在感を示す場を「レストア」というキーワードを軸に構成。バイクビルダーが用いる手法を空間に落とし込み、仕上げていくアプローチを試みた。 ファサードは、木材とステンレスというシンプルかつミニマムな構成としつつ、扉にはツイスト加工したハンドルグリップを用いることで、人が触れるものに象徴性と特別感を与えた。店内に入るとアンティークレースとレースストライプの柄が浮かび上がり、店内を映し出す鏡のようなカウンターテーブルとライトボックスが人々を迎え入れる。ハンドメイドペイントと幾重にも塗り重ね磨きあげた高硬度な鏡面塗装により、重厚感と浮遊感が共存する空間が生まれた。 空間レイアウトや素材はシンプルに、ディテールを象徴的にカスタムすることで、インパクトを生むシーンをデザインした。バイクの車体を組み上げていくイメージと空間のそれをリンクさせ、オーナー、職人、デザイナーがイメージを共有することで、バイクの存在を想起させ、語り合えるバーに仕上がった。 (田中健太郎/shirotokuro)
「Mongolian DRUNK」
所在地:東京都新宿区荒木町8番地 IAビル1F
オープン:2014年8月8日
設計:shirotokuro 田中健太郎
特殊ペイント:Lasers Paint
床面積:21.67㎡
客席数:13席

 

 

“Mongolian DRUNK” is located in Shinjuku-Golden-Gai (a famous drinking district in Shinjuku). This store is their 2nd branch store in Yotsuya-Arakicho. In Arakicho, we created the place which shows an intelligential existence in minimum space based on the keyword “Restore”. Meanwhile, the main store in Shinjuku stoically stands in a historical context with the concept “Biker’s Nest”. We tried to take the approach which bike-builders use and then interpret that and finish the space. For the façade, we adopted wood and stainless steel that are simple and minimum but the twisted handle for the door to give a symbolic and special character to the part people touch. When guests enter the store, the antique lace and striped lace patterns rise, and the counter table which reflects the interior like a mirror and righting boxes welcome them. Hand-painted patterns and polished multi-layers hard mirror finishing result in creating the space where dignity and floating feeling coexist. We designed the scene which create an impact by keeping the layout and material simple and customizing details symbolically. We linked the image of building a bike and a space. Therefore, the honor, craftsman, and designer could share the image. The bar, which is reminding the existence of a bike and talkative, is born.(Kentaro Tanaka / shirotokuro)
【Mongolian DRUNK ARAKI-CHO】
Location:IA building 1F, 8 Arakicho, Shinjuku-ku, Tokyo
Open:Aug. 8th, 2014
Designer:shirotokuro Kentaro Tanaka
Special Paint:Lasers Paint
Floor area:21.67㎡
Capacity:13 seats
shirotokuro
http://shirotokuro46.tumblr.com/

 

TSUNOHAZU

ツノハズ01ツノハズ02 ツノハズ03 ツノハズ04 ツノハズ05 ツノハズ06

ツノハズ08ツノハズ07
私たちは日常生活の中で快適に生活をするために自分の中にある種の方向性を定義づける。
しかし、「快適である」ということと「豊かである」ということは異なるものであることを意識しておかなければならない。
それは私たちデザイナーにとっては死活問題である。
私たちは豊かさを見出さなければならない。それは日常生活の中に存在する微かなザラつきや違和感の中にあると信じている。
また、私たちは日常生活の中で、人と人、物と物、人と物との関係性をわかりやすく解釈したいが故に安易に類別したがる。
しかし、時としてそれは、機会やタイミングを失し潜在的な可能性を見逃すこととなることを肝に命じておくべきだ。
私たちの営む世界は、もっと複雑に互いが相対しながら流動している。 類別されたものはそれまでの勢いを失い、のちに枯渇する。
たとえひとつの海として繋がっていようとも浅瀬で泳ぐ魚は沖には行かないものだし、逆に沖で泳ぐ魚は浅瀬へは行かないものなのである。
誤解を恐れずに述べるとすれば、ヒルトンにある、ここTSUNOHAZUには何の方向性もない。本来であればある筈の、類別し絞り込むターゲットも存在しない。
ここにあるものは全て相対する関係性と人の意識の中に潜む深度で成り立っているのである。(谷山直義)

 

「TSUNOHAZU」
所在地:東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京2階
オープン(リニューアル):2014年10月31日
設計:Nao Taniyama & Associates 谷山直義
床面積:2171㎡(厨房除く)
店舗数:5店舗/「メトロポリタングリル」「日本料理 十二颯」「中国料理 王朝」「バー&ラウンジ ZATTA」「パティスリー FILOU」
総客席数:579席/メトロポリタングリル120席、日本料理 十二颯141席、中国料理 王朝220席、ZATTA98席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

We define a sort of directionality in our daily life in order to get comfortableness.
However, we have to be aware of “being comfortable” and “being rich” are different.
That is a life-or-death matter for designers.
We have to find out the richness. We believe in that exists in a subtle texture or a sense of discomfort in the daily life.
We are also likely to do categorization without any careful consideration in order to interpret relationships between people and people, things and things, and people and things.
But we should keenly sense that behavior sometimes lose a timing and miss a potential opportunity.
The world we live in is in constant flux with everything facing each other in more complex ways. The categorized one loses its vigor and then runs out.
The fishes in shallow water don’t go offshore and the fishes in the offing don’t come to shallow water even if the sea is connected as one.
If I say without fear of misunderstanding, TSUNOHAZU here in the Hilton hotel has no directionality at all. There is no target which the place originally should have.
Everything in here consists of the relativity and the depth of people’s consciousness. (Nao Taniyama)

 

 

【TSUNOHAZU】
Location:Hilton Tokyo 2F, 6-6-2 Nishishinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo
Open(renewal):Oct. 31st, 2014
Design:Nao Taniyama & Associates Nao Taniyama
Floor area:2171㎡(excluding the kitchen area)
Number of stores:5 / “METROPOLITAN GRILL”, “Japanese cuisine JUNISOH”, “Chinese cuisine DYNASTY”, “Bar&Lounge ZATTA”, and “Patisserie FILOU” Capacity:579 seats in total METROPOLITAN GRILL / 120 Japanese cuisine JUNISOH / 141 Chinese cuisine DYNASTY / 220 Bar&Lounge ZATTA / 98
Photo:Nacasa & Partners

 

 

TSUNOHAZU
http://tsunohazu-hilton.jp/

Nao Taniyama & Associates
http://www.nt-a.jp/design/

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

YUE

Yue02

Yue03 Yue04 Yue05 Yue06
このファインダイニングレストランは、中国・成都に新しくオープンしたブティックホテル内にあり、アジアンフュージョンフードとワインを提供する。 二つの異なるレストラン機能をホテルの利用客に提供するため、屋内と半屋内のダイニングエリアをつくることとなり、そのために既存の建築を拡張、新しい構造を計画した。 伝統的な風景画にインスパイアされてつくり出された抽象的な空間は、ここで提供されるアジアンフュージョンフードの特徴を反映している。スチールとガラスの張り出し屋根の下には、木材を利用した二次的な膜がつくられ、半屋内エリアの囲いを形成するとともに、元の屋内部分へと接続される。波形の天井兼壁面パネルにはスロット状の開口部を設けることで、自然光を採り入れつつも、空間全体に熱が伝わり過ぎることを防いでいる。 客席は、可動式のビュッフェテーブルを囲むオープンなプランとすることで、朝食時や特別イベント等の際、柔軟なレイアウトに対応できる。全面ガラスの回転扉は、屋内と半屋内の境界線を消失させている。 二つのダイニングエリアにおける絶妙な空気感の差異は、キーとなるマテリアルを木材から真鍮に変換していることで生み出されている。 風景をテーマにした地元のアーティストによる、天井から吊るした鳥のような形をした白いセラミックと、再生紙とLEDを用いた壁面彫刻の作品は、アーティスティックなフレーバーをダイニングの体験に加えるために、それぞれ導入された。
(Horace Pan/文責BAMBOO)

 

「YUE」
所在地:中国 四川省成都市武侯区火車南站西路15号 Skytel Hotel成都
オープン:2014年10月
設計:PANORAMA Horace Pan  Nick Wong  Kenny Hung
床面積:500㎡
Photo:Ng Siu Fung

 

 

This is a fine dining restaurant located in a newly opened boutique hotel in Chengdu China that serves Asian fusion food and wine. The project brief required construction of a new built structure to form extension to the existing building to provide indoor and semi-indoor dining areas for holding different catering functions to the hotel users. Inspired by traditional landscape painting, an abstracted landscape was created to reflect the nature of the Asian fusion cuisine served. Under the new steel and glass canopy, a secondary envelope in timber was created to form enclosure to the semi-indoor area and connect the original indoor part. The undulated ceiling-cum-wall panels with slot openings allow daylight penetration yet prevent high heat gain to the whole area. Open-plan seating pattern surrounding mobile buffet tables provide flexibility of layout during breakfast and special events. Full-height glass pivot doors further dissolve the boundary between indoor and outdoor area. Subtle atmospheric change of the two dining areas was created by transition of key materials from timber to brass. Landscape-themed local artist works including suspended birds-like feature in white ceramics and LED wall relief in recycle paper were respectively introduced to add artistic flavour to the dining experience. (Horace Pan / PANORAMA)

 

【YUE】
Location:Skytel Hotel Chengdu, No.15, West Road of Railway South Station, Wuhou District, Chengdu, Sichuan Province, China
Open:Oct, 2014
Designer:PANORAMA Horace Pan  Nick Wong  Kenny Hung
Floor area:500㎡
Photo:Ng Siu Fung

 

Skytel Hotel Chengdu
http://ssccd.skytelhotels.com/

PANORAMA
http://www.panoramahk.com

 

 

BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI

AG_1

AG_2AG_3 AG_4

AG_5佐賀県伊万里に建つ結婚式場の計画である。結婚式場としてのプライバシーを守りながらも外部空間を取り込み、そして街に対しても圧迫感なく溶け込んでいくようなデザインが求められた。
まず、敷地を2.5mの塀で囲み、高さが8mと一番高くなる披露宴会場を敷地中心に配置して、その中心に向かって四角い形態が内接しながら回転していくように徐々にボリュームを高くしていった。そして、これによって生まれた三角形のスペースを水盤、テラス、庭といった外部空間として、光や風といった自然環境を空間内部へと取り込んでいる。
四角い形態が内接しながら回転していくといった非常に単純なアイデアではあるが、それによって様々な隙間が出来き、そこに高さの変化も加わることによって、プライバシーを守りながらも、開放的で広がりのある豊かな空間が生まれている。
(小川博央)

 

「BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI」
所在地:佐賀県伊万里市新天町516-11
意匠設計:小川博央建築都市設計事務所
構造設計:我伊野構造設計室
設備設計:ZO設計室
敷地面積:2923.92㎡
建築面積:1000.37㎡
延床面積:909.75㎡
竣工:2013年10月
Photo:宮崎富嗣成

 

Wedding ceremony hall built in Imari city, Saga prefecture. As for the design, it was required to protect the privacy of the ceremony hall and take in the external space at the same time, and then make the hall fit in the city landscape without any pressure.
First of all, we surrounded the ground with 2.5 meter high walls and then placed the 8 meter high banquet hall in the center. Toward the center, inscribing square canopies get gradually higher in rotation. This structure produces triangular spaces that become the basin, terrace, and garden. These external spaces bring the natural environment such as the light or wind into the internal space.
It’s a very simple idea to have inscribing squares in rotation but it makes diverse interspaces. By adding a changing height to this structure, we successfully created the rich open space with protection of the privacy. (Hironaka Ogawa)

 

【BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI】
Location:516-11, Shinten-cho, Imari-shi, Saga
Architectural design:HIRONAKA OGAWA and ASSOCIATES
Structural design:Gaino structural design office
Facility design:ZO CONSULTING ENGINEERS
Site area:2923.92㎡
Building area:1000.37㎡
Floor area:909.75㎡
Open:Oct, 2013
Photo:Fujinari Miyazaki

 

BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI
http://www.whitehouse-imari.jp/

小川博央建築都市設計事務所
http://www.ogaa.jp/

Fujinari Miyazaki
http://contrast.st/

SMOKING ROOM グランツリー武蔵小杉

99 2131複合商業施設「グランツリー武蔵小杉」内の1階と4階にある喫煙室において、より空気を清浄にするために二つの具体策を用いました。一つ目は、大きく湾曲した壁面を設け、煙が壁面に引き寄せられる特性を用いて、天井の最終排気口へ煙を誘導すること。二つ目は、中間ファンを用いて、灰皿から出る副流煙や呼出煙を最終排気口へ速やかに吸い上げること。以上の方策によりタバコの煙は利用者の呼吸域から速やかに排除されます。
1階は、4m×3mの空間で、突き当たりの壁全面を鏡とし、鏡面に貼った白い網点を印刷したシートが霧のように虚像の空間を霞ませ、大きく湾曲した壁面とカウンターの映り込みが奥行き方向に空気が流れているような感覚を作り出しています。4階は、二つの壁面と天井にガラスが張られたサンルームになっており、憩いの場として用いられる外部テラスに面しています。大きく湾曲した壁面は外部テラスと、隣接するタワーマンションからの視線を遮る機能も果たしています。壁面に穿たれた大小の孔は、灰皿近くでは呼出煙を吸い上げ、天井に近い孔は外部の光を印象的に室内に導き、奥行きを感じさせるためのものです。この喫煙室は効果的な空気の流れを作り出す空間装置であると共に、視覚的な効果でも空気の流れを感じさせ、心地良い喫煙体験を提供することに成功しています。(小川裕之/小川都市建築設計事務所)

 

「smoking room グランツリー武蔵小杉」
所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1 グランツリー武蔵小杉
オープン:2014年11月
設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳
設計協力:御幸朋寿
床面積:1階/12㎡ 4階/13㎡
photo:大瀧 格

 

In order to have clean air in the smoking room in the 1st and 4th floors in “GRAND TREE MUSASHIKOSUGI”, the complex shopping mall, we took 2 specific measures. Firstly, by setting the carved wall and utilizing the character of the smoke -smoke is pulled to walls- we induce the smoke to the exhaust outlet on the ceiling. Secondly, by setting the fan between the ashtray and the exhaust outlet, the secondhand smoke and smoke from people’s mouth are quickly drawn in. With those measures, the smoke is immediately cleared out from user’s breathing area. The room in the 1st floor is a 4m×3m space. By putting a white halftone dots seat on the mirror-made end wall, the reflected space including the curved wall and counter looks foggy and thus users think as if the air flows to the deeper inside. The room in the 4th floor is a sunroom with 2 walls and a ceiling glass-made and faces an external terrace which is a place of relief. The curved wall also functions to block glances from the external terrace and an adjacent mansion. Big and small halls on the wall draw in the smoke around ashtrays and bring in external lights to the inside and then give a depth to the space. This smoking room creates an effective air flow as equipment and also by a visual effect. We successfully provided a smoking experience. (Hiroyuki Ogawa / Hiroyuki Ogawa Architects Inc)

 

【smoking room GRAND TREE MUSASHIKOSUGI】
Location:GRAND TREE MUSASHIKOSUGI, 3-1135-1, Higashi, Shinmaruko, Nakahara-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa
Open:Nov, 2014
Designer:Hiroyuki Ogawa Architects Inc Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto
Cooperating Designer:Tomohisa Goco
Floor area:1F / 12㎡ 4F / 13㎡
Photo:Kaku Ohtaki

 

 

グランツリー武蔵小杉
http://www.grand-tree.jp/web/

 

小川都市建築設計事務所
http://www.ogawaoffice.com/

 

御幸朋寿
http://ghe.jp/c-v/

 

セント ヴォワール

セントヴォワール01

セントヴォワール02

セントヴォワール04

セントヴォワール03

このチャペルのコンセプトは「ウェディングベール」。昔から白は宗教的にも大切な色とされ、特にベールは花嫁を邪悪なものから守るものとして伝えられてきた。新しいチャペルは神聖な儀式を柔らかいベールが包み、二人を祝福するように舞う清らかな空間。そのイメージを実現するため28.6φのパイプを一本一本結合して組合せ、布のような形状をつくっている。これらはすべて同じ5000Rの円弧を反転させながら長手方向に組み合わせている。そして円弧の交点の位置を少しずつずらし、角度を変えることで一枚一枚の布がひらめくような動きを表現している。布は天井からの光を受けて、さらに全体に光のフレアーをまわす。柔らかい光を受けてまさにベールが空間全体を優しく包み込んでいるかのようである。複雑な位相の違いを作りながら、極めてシンプルな空間をつくることができた。 (笠原英里子)

「セント ヴォワール」
所在地:新潟県新潟市上所2-11-33ハミングプラザ VIP新潟
オープン:2014年9月3日
設計:カサハラデザインワーク 笠原英里子 太田裕美子
建築面積:161.86㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

This chapel’s concept is “Wedding Veil”. A white color has been recognized as an important color in religion since early times and a veil has been handed down to protect a bride from the evil. The new chapel is the space which softly veils a sacred ceremony and celebrates a bride and groom. In order to realize that image, we jointed pipes 28.6mm in diameter one by one and then created a fabric like shapes. The same 5000R curves are lined up in a longitudinal direction with some are inverted. By displacing the cross-points of the curves and changing the angles, they look like a veil flapping in the breeze. The veil receives the light from the ceiling and sprinkles the flare of the light to the floor. It’s just like the veil softly veils the entire space, receiving the light. Situating complex differences in position we successfully created the very simple space. (Eriko Kasahara)

 

【St.Voile】
Location:Humming Plaza VIP Niigata, 2-11-33, Kamitokoro, Niigata-shi, Niigata
Open:Sep. 3rd, 2014
Design:Kasahara Design Work Eriko Kasahara  Yumiko Oota
Building area:161.86㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

 

Humming Plaza VIP Niigata
http://www.vip-group.co.jp/niigata/

Kasahara Design Work
http://www.kasahara-design.com/

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

 

Hokkaido Daily Farm Restaurant

h1 h2 h3 h4香港の中でも人通りの多い一画にあって、このレストランは静寂なオアシスのように際立っている。デザインの意図は、この飲食店が地域の活気ある環境と多様な食文化を表現するだけではなく、それらを超越し、個性的な料理が注目されることにある。
デザインレイアウトにおいては、キャッチーではあるがこの場所にそぐわない装飾よりも、酪農場らしい要素を取り入れた。利用者は空間のアレンジを通じて、繊細かつ自然な環境とともに、休息のひと時と新鮮な料理が楽しめる。過剰な装飾から離れ、農場を訪れたようなリラックスした環境をひとりひとりに体験してもらうことを目指した。
まずベースのデザインをレストランのスタイルに合わせつつ、環境と完璧に織り合うよう考えた。ミニマルなレイアウトに繊細な手法を取り入れ、酪農小屋を思わせるようなデザインを計画した。その基礎となる構造は、農場でよく見かけられるロープを用いて表現。壁面の有機的な模様は、牛乳瓶と水滴の形を描いたものだ。また、自然のランドスケープをもとに、客席のスカイブルーのシートや壁、レストラン全体で色彩のバリエーションを持たせたフェンスを配置することで、空間体験にいくつものレイヤーをつくり出している。木の素材感を生かしたイエロー基調の壁やテーブルも含め、結果として、近隣の若々しくもあり歴史的でもある複雑な環境の中に、太陽の光が射すような自然的な風景をつくり出すこととなり、メインテーマである「農場を訪れたような感覚」を利用者に意識させる。
素材の選定は、ディテールに気を取られ過ぎないよう、自然かつシンプルであることを意識した。そのインテリアは、自然光と牛乳瓶を使用した照明器具の光に照らされて浮かび上がる。個別の空間は外部の生き生きとした魅力とコントラストを描くよう、装飾を通してではなく、そのオーラがもの語るような静かなレストランのインテリアとしてまとめた。この忙しない通りで、出勤前、また仕事の合間に、おなかと心の両方を満たし、安らかなひと時を提供する店舗となることを願う。
(Joey Ho/文責BAMBOO)

 

「Hokkaido Daily Farm Restaurant」
所在地:G/F, No.8 Wing Lok Street, Sheung Wan, Hong Kong
オープン:2014年6月
設計:Joey Ho Design Limited Joey Ho Joslyn Lam
床面積:60㎡
Photo:Dick Liu

 

This restaurant stands out as a tranquil oasis in one of the bustling districts in the city.
It was the designer’s intention that this eatery would not only interpret, but also rise above its buzzing environment and the diverse local food culture, and to speak for its unique culinary triumph.
The designer inspired the owner to adopt those very elements of a dairy farm rather than any eye-catching yet out-of-place decorations in design layout. Through spatial arrangements, customers would enjoy a moment of rest and freshest food available with its subtle, natural settings. Free from over decoration, the goal was for each customer to experience a relaxing environment like entering a farm.
The design approach begins with the basics to match the restaurant style and to become perfectly interwoven with its environment throughout. It was intended to introduce subtle dynamics in the minimalist layout, reminiscent of the farm hut for livestock. Its underlying structure is expressed by the ropes commonly found in farms. The organic pattern on wall traces the outline of milk bottles and water droplets. Also referencing the natural landscape are the sky-blue booth seats and walls, as well as fences of varying hue throughout the restaurant, strategically placed to create multiple layers of experiences. Together with the canary yellow tone of the wall and desks, the result is a sun-lit natural landscape within the complex neighborhood that is both youthful and historic, taking the customer’s perception back to the functional fundamentals of design.
Material selection is kept natural and simple without comprising the attention to details. The interior appears well-lit with sunlight with lighting fixtures made of actual milk bottles. The designer has also deliberately organized individual spaces to contrast the lively glamour on the outside against the serene restaurant interiors that speak through its aura instead of decorations. The design aims to offers a peaceful corner on the busy street to enjoy before and in between work hours, satisfying both the stomach and the mind. (Joey Ho)

 

【Hokkaido Daily Farm Restaurant】
Location:G/F, No.8 Wing Lok Street, Sheung Wan, Hong Kong
Open:Jun. 2014
Designer:Joey Ho Design Limited Joey Ho Joslyn Lam
Floor area:60㎡
Photo:Dick Liu

 

Joey Ho Design Limited
http://www.joeyhodesign.com/

渋谷グランベルホテル

DSC_7714

DSC_7723

DSC_7735

DSC_7747

DSC_7760

2006年に『ミニマム』『ポップ』『アーティスティック』というデザインキーワードで、渋谷らしいホテルデザインでオープンした「渋谷グランベルホテル本館」。今回は、次の更なるステージに向かい、客室リノベーションによって新しく生まれ変わった。 リノベーションテーマは、まだ誰も見たことのない〈Next Shibuya〉。渋谷からまた新しいホテルデザインカルチャーを発信したいという思いから、アートと機能の融合をテーマにプロダクト製作活動をしている「デザインスタジオYOY(ヨイ)」とコラボレーションして空間づくりを行い、プロダクトアートとホテル機能が融合された全く新しい空間をつくることを試みた。 世界から訪れるゲストに、日本独特の感性によって作られた完成度の高いプロダクトアートを見て・触れる体験を提供する、そんな新しいホテル空間が渋谷に完成した。(寶田 陵/UDS)

 

渋谷グランベルホテル
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-17
オープン(リニューアル):2015年2月2日
設計:UDS  A.I.design 寶田 陵 菓子麻奈美
協力アーティスト:デザインスタジオYOY(ヨイ)
客室数:105室

 

 

“SHIBUYA GRANBELL HOTEL” was born in 2006 with the design keywords “MINIMUM”, “POP”, “ARTISTIC”. This time the hotel was reborn through the guest room renovation, toward the next stage. The theme of renovation is “Next Shibuya” which is never-seen-before. We wanted to transmit a new hotel design culture from Shibuya and tried to create a brand new space where product-art and hotel-function are blended. Therefore we collaborated with “design studio YOY” who creates products under the theme of blending art and function. The new hotel space was accomplished in Shibuya where guests from all over the world can watch and touch high-quality finished product-art made by Japanese unique sense.
(Ryo Takarada / UDS)

 

【SHIBUYA GRANBELL HOTEL】
Location:15-17 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open (Renewal):Feb. 2nd, 2015
Design:UDS  A.I.design Ryo Takarada Manami Kashi
Cooperating artist:design studio YOY
Number of rooms:105 rooms

 
渋谷グランベルホテル
http://www.granbellhotel.jp/shibuya/

UDS
http://www.uds-net.co.jp/

YOY
http://yoy-idea.jp/

DISTRICT 6

District6_002

District6_004District6_003
District6_006District6_001バンガロールは、インド南部に位置する世界的な都市の一つである。今回、その中心部に建つ「Sheraton Hotel Bangalore」地階にあるマイクロブリュワリーレストランをデザインした。
まず考えたことは、作りたてのビールを飲んでいるような臨場感やシズル感を出すこと。そのため醸造に必要な機器はできる限り客席に置いた。中心にデザインされたカウンターは、ブリュワリータンクを囲むように設計され、レストランの象徴になっている。全体に配置された古煉瓦の柱や壁、ラフな仕上げの厚板壁、現地で調達した枕木をカットしてデザインしたパーティションなどのナチュラルなテクスチャーは、ステンレスや銅などの金属で仕上げられたインダストリーなタンクたちとの強いコントラストを作り出している。インドでの施工精度を考え、きれいなディテールを積み上げるよりも大胆なコントラストを店舗全体に作り、印象に残るような環境をデザインした。
バンガロールは比較的過ごしやすい気候のため、外で飲食を楽しむことが好まれているが、この店舗のファサード全面が営業できない広場に面している。そのため、外席のイメージを内部に引き込んで、バッファとなる“外中エリア”を作った。またファサードの壁はすべて引き戸に改修し、床はモルタル床と古レンガを使用して内部とは異なる印象を持たせた。
〈真田雅郁/M-style〉

 

「DISTRICT 6 – Micro Brewery Restaurant & Pub」
所在地:Sheraton Hotel, 26/1 Dr. Rajkumar Road, Malleswaram, Rajajinagar, Bangalore, INDIA
オープン:2014年4月
設計:M-style 真田雅郁 矢島綾子
床面積:920㎡
客席:200席

 

 

Bangalore is one of world-famous cities located in south India. In the center of the city there is “Sheraton Hotel Bangalore” and this time we designed a microbrewery-restaurant in a basement floor of the hotel.
First of all, we tried to create the vigorous atmosphere to let customers to enjoy drinking the freshest beer. Therefore we situated brewing apparatuses close to customer seats. Counter tables in the center are designed to surround brewery tanks and then become the symbol of the restaurant. Old brick pillars and walls placed overall, roughly finished thick walls, and partitions made of locally procured cut crossties, those materials with natural textures create a strong contrast with stainless or copper metal-finished industrial tanks. Taking construction accuracy in India into consideration, we prioritized creating the adventurous contrast across the store rather than building up good-looking details in order to make a strong impression in the store environment.
People like to have meals outside in Bangalore because of its relatively comfortable weather but the store façade faces business-prohibited open space. Therefore we brought the image of outside into inside and created an “outside-inside area” as a buffer. We also renovated all façade walls to sliding doors and used mortar and old bricks for the floor which make a different impression from the inside area.(Masafumi Sanada / M-style)

 

【DISTRICT 6 – Micro Brewery Restaurant & Pub】
Location:Sheraton Hotel, 26/1 Dr. Rajkumar Road, Malleswaram, Rajajinagar, Bangalore, INDIA
Open:April, 2014
Design:M-style Masafumi Sanada Ayako Yajima
Floor area:920㎡
Capacity:200 seats

 

 

DISTRICT 6
http://www.thedistrict6.com/

 

M-style
http://www.mstyle-inc.jp/

HIS MASTER’S VOICE

1

2

3

4

5HMVideal社は、このフラッグシップストア「HIS MASTER’S VOICE」でライフスタイル提案型音楽ソリューションを提供することにより、人々の暮らしに刺激を与えようと試みている。この店舗の狙いは、多くの他のCDチェーン店と異なり、売り場での単純な購入体験を超えた、洗練されたO2O(Online to Offline)体験ができるライフスタイル空間へ顧客たちを導くことにある。デザイン面では、エンターテインメント愛好家たちのコミュニティーと連携することで、多角的なゾーニングを行い、音楽の境界線を超えられるような、ライフスタイル空間の創造を目指した。人々の持つ音楽への情熱を入り口に、古いものと新しいもの、デジタルとノンデジタルの心躍る相互作用をデザインコンセプトとし、大都市・香港のコミュニティーに、まったく新しいエンターテイメントハブをもたらすべく計画された。(Joey Ho/文責BAMBOO)

 

「HIS MASTER’S VOICE」
所在地:3F & 4/F, Entertainment Building, No. 30 Queen’s Road, Central, Hong Kong
オープン:2014年8月
設計:Joey Ho Design Limited Joey Ho Joe Wong Vincent Chan
床面積:1,124㎡
Photo:Dick Liu

 

 

Adopted a lifestyle character, HMVideal is motivated to inspire people’s lives with integrative music solutions. Unlike a large proportion of chained record shop, this flagship store intends to move people beyond their simple retail shopping experience to a lifestyle space that fuels sophisticated online-to-offline experience.
The design is intended to create a lifestyle space that connects a community of entertainment lovers and transcend the music boundaries in multiple zones. Using people’s passion for music as a gateway, the design concept orchestrates an exciting interplay between old and new, digital and non digital to bring in a brand new, lifestyle oriented entertainment hub to the greater Hong Kong community. (Joey Ho)

 

【His Master’s Voice】
Location:3F & 4/F, Entertainment Building, No. 30 Queen’s Road, Central, Hong Kong
Open:Aug. 2014
Designer:Joey Ho Design Limited Joey Ho Joe Wong Vincent Chan
Floor area:1,124㎡
Photo:Dick Liu

 

Joey Ho Design Limited
http://www.joeyhodesign.com/

小肥羊 大阪本店

1

3

2

小肥羊_02

小肥羊_01

本場中国で展開されている火鍋専門店「小肥羊(シャオフェイヤン)」は、日本では関東地方を中心に展開されています。火鍋というジャンル自体が関西ではまだまだ認知度が低く、まずは火鍋の店ということが分かりやすいファサードデザインが重要であると考え、店舗前面のどの通路からも見えるよう、コーナー部分に火鍋を象ったサインを設置しています。大阪の街が一望できるビルの29階という最高のロケーションを生かしたゾーニングプランとし、木・土・石といった風土を感じさせる素材感のあるものを用いることを心がけて、長く愛されるお店になるよう考えました。また、高々とした中国の山々をイメージしたグラフィックで壁面をデザインし、柱に刻み込んだ漢字で火鍋の歴史と味の奥深さを表現しています。(室谷丞一郎/ジーク)

 

「小肥羊 大阪本店」
所在地:大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル29階
オープン:2014年12月9日
設計:ジーク 室谷丞一郎
床面積:258.5㎡
客席数:103席
Photo:上田太作

 

 

“Shaofeiyan” is a specialty restaurant of Hinabe, Chinese hot pot. So far the brand has opened their shops mainly in Eastern area in Japan. Because this hot pot culture is not so popular in Western area, we thought the façade design is the most important part of this project which enables people to understand what they can eat in here. Therefore we created the hot pot-shape sign and put it on the front corner so that passersby can see it from every passageway. The restaurant is located on the 29th floor of a building where guests can have a panoramic view of Osaka city. We tried to maximize its locational characteristics when we planned the inside zoning and make the shop beloved for a long time by using natural materials, such as wood, soil, and stone. Walls are decorated with graphics of Chinese high mountains and engraved Chinese letters on columns represents the deepness of the hot pot’s history and its taste.  (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

 

【SHAO FEI YUN Osaka】
Location:Hankyu Grand Building 29F, 8-47, Kakuta-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Dec. 9th, 2014
Design:zycc corporation Shoichiro Muroya
Floor area:258.5㎡
Photo:Tasaku Ueda
SHAO FEI YUN Osaka
http://www.hinabe.net

zycc corporation
http://www.zycc.co.jp

Tasaku Ueda
http://www.photocraft.co.jp

 

LB6

lb6_001

lb6_004

lb6_007-2

lb6_008

lb6_010

「LB6」は、欧米、特にアメリカ西海岸の先進的料理を取り入れたカジュアルなグリルワインバーである。東京・六本木のメーン通りより一本入った場所に位置し、「Cafe La Boheme」(カフェ ラ・ボエム)のイノベーションという位置付けで、テストショップとしての一面を持つ。実験的思考を実践に移せるスタジオとしての機能を持ち、メニュー開発や講習なども行われる。空間計画は、店舗全体をキッチンとして捉え、厨房機能を中央にレイアウト。収納などの機能を持つエレメントを全体的に散りばめることにより、アクティビティーやオペレーションが交差し、全体にもれなくにぎわいを生むことを意図している。中心部に大きく配されたアルミ無垢の一枚板は、客席とオープンキッチンの明確な境界を消し、全体を緩やかにつなぐ。また、目線の高さを統一し、空間全体をつなぎ、キッチンの中にいるようなライブ感をつくり出している。装飾を極力排除してシンプルな空間構成にすることで、スタッフの動きや料理工程など行為そのものが演出となる舞台空間を目指した。天井にはエジソン球を反復させ、建具に銅板やアルミ板を用いるなど、レトロフューチャーな雰囲気をつくり出し、無機質な空間の中に相反する温かみを表現した。道路前面を大きく開口することにより、内部を露出。スチールサッシでフレーミングされたスクリーンは、ファサードに演出された風景を映し出す。(樋口琢匠/グローバルダイニング)

 

「LB6」
所在地:東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル1階
オープン:2012年6月11日
設計:グローバルダイニング 樋口琢匠
床面積:69.6㎡(うち厨房23.0㎡)
客席数:55席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

“LB6” is a casual wine bar also serving grills, adopted Eastern, especially the west coast, advanced cuisine. The shop is located besides a main street of Roppongi, Tokyo and a trial innovative model of existing brand “Cafe La Bohéme”. It also has a function of a studio where you can put experimental ideas in practice, develop new recipes, and train staff. We considered a whole shop as a big kitchen and placed a real kitchen function in the center. Our idea is to create bustle on every single seat by sprinkling several functional elements such as storage so that activities and operations are crossed in the space. The solid aluminum table in the center eliminates an obvious borderline between the dining hall and the open kitchen and connects them softly. We also unified the eye level so that the whole space get integrated and created a vigorous atmosphere just like guests are in the kitchen. Our aim is to make a shop like a theater stage where hall and kitchen staffs’ actions are seen as performances. In order to realize it, we cut off decorations and obtained a simple structure. On the ceiling, we placed several Edison lamp lightings and for the fitting copper and aluminum boards and then created the retro-future atmosphere. The contradicting warmness is expressed in the inorganic space. By making a big opening toward the street, the shop shows its interior and a huge screen framed with a steel sash stages a scene.

 

【LB6】
Location:Landic Roppongi Building 1F, 4-11-13, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Jun. 11th, 2012
Design:GLOBAL-DINING INC. Takuomi Higuchi
Floor area:69.6㎡ (including kitchen area 23.0㎡)
Photo:Nacasa & Partners

 

LB6
http://www.lb6.jp/roppongi/

 

GLOBAL-DINING,INC.
http://www.global-dining.com/

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

BURLESQUE TOKYO

burlesque_1

burlesque_5

burlesque_3

burlesque_4

六本木という立地ではあるが、どこかの国や場所を連想させないことを念頭に置き、かつ国内外で観てきたショービジネスの店のイメージをちりばめて考えてみた。 ステージを大きく取ることでダンサーの表現が自由になることを主体に、客はあまり歩くことがないことからほとんど通路を取らず、長い花道を設けた。地型により、ステージから遠い席はひな壇に、観ることが難しいゾーンにはジャクジーバスカウンターを設け、多様で充実した店づくりとした。 過剰とも取れる表層の装飾が、本物のダンサーの素晴らしさの前では遥かにかすんでしまう事実に感動した。(鈴木克典/Fantastic Design Works)

 

「BURLESQUE TOKYO」
所在地:東京都港区六本木7-13-2 アーバンビル7F
オープン:2013年12月
設計:Fantastic Design Works 鈴木克典 丸山英一
床面積:244.1㎡
客席数:110席
Photo:ナカサ&パートナーズ 山本慶太

 

“BURLESQUE TOKYO” is located in Roppongi area but we kept in mind that the store does not let visitors reminding of any country or place and tried to spread the image of show business that we had seen in and out of Japan. By creating a wide stage, dancers can perform more freely. Because guests do not necessarily to walk around, we could set a long runway. According to the store form, the seats that are a bit away from the stage are set in tiers and the corner where guests can hardly watch the show has a jacuzzi bath with a drink counter. The store is filled with various facilities. We were touched by the fact that even too much superficial decorations get less represented in front of amazing dances.
(Katsunori Suzuki / Fantastic Design Works)

 

【BURLESQUE TOKYO】
Location:Urban Building 7F, 7-13-2 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:December, 2013
Design:Fantastic Design Works  Katsunori Suzuki  Eiichi Maruyama
Floor area:244.1㎡
Capacity:110 seats
Photo:Nacasa & Partners Keita Yamamoto

 

BURLESQUE TOKYO
http://burlesque-roppongi.com/

 

Fantastic Design Works
http://f-fantastic.com/

 

 

iGUANEYE Aoyama Main Store

イグアナアイ_1

イグアナアイ_2

イグアナアイ_3

イグアナアイ_5

この「iGUANEYE」(イグアナアイ)は、僕自身が発想した空間的イメージをもっとストレートに立体として現実化できないかと考え、デザインした空間です。つまり、僕自身の身体が持つ原始の記憶のイメージを、アルゴリズムというコンピュータシステムで、頭の中を解析したと言っても良いかもしれません。我々は、ある想像空間を実現化する場合、モダニズムという概念に基づき、縦、横、奥行きを単純な数値に置き換え、抽象表現として現実化する方法をこれまで採用してきました。ただ、曲線や三次元曲線を短期間で計算する方法は、コンピュータに頼るしかありません。その計算方法にアルゴリズムシステムを使うことで、複雑な形が現実化できるわけです。CGのレンダリングが現実化するのとは、似て非なるものです。それは、立体構造体として、構造力学においても成り立つものとしてのCGだからです。 今回敢えてこの手法を用いたのは、「iGUANEYE」の考えが、原始の人間の身体によるアイデアをモチーフにしているからであり、そのメッセージをより強く伝えるためです。この「iGUANEYE」からインスパイアされた僕の空間イメージは、もしかしたら我々先祖のシェルターである“洞窟”かもしれません。それは決して正円のテントではないはずです。複雑な岩肌が飛び出ていたかもしれません。 現代の最新テクノロジーを使い、その空間の具現化を図ることにより、「iGUANEYE FSシリーズ」に住処を与え、デザイナーのオリビエ・タコ氏とそのアイデアを未来に引き渡すことができると考えたからです。それは同時に、90年代僕自身が着想し、以来長い間考え続けて来た“建築の中のもう一つの箱”という空間概念の新たなかたちなのです。(水谷壮市)

 

「iGUANEYE Aoyama Main Store」
所在地:東京都港区南青山5-6-14
オープン:2014年9月20日
設計:水谷壮市デザイン事務所 水谷壮市
床面積:36.3㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ
I tried to realize my spatial image as straight as possible when I committed the design project of this “iGUANEYE”. In other words, I analyzed a primitive image of a memory which my body has through an algorithmic treatment. We have adopted a method that replaces height, wide, and depth by simple numbers based on the concept of modernism in order to create an imaginable space to be real. However, we have to rely on a computer when we calculate curve or three-dimensional curve in a short time. By using the algorithmic treatment, a complicated figure can be realized. It looks like a CG rendering becoming real, but not. Because that stereoscopic CG is constructed based on structural dynamics. Why I adopt this method in this project is that the idea of “iGUANEYE” has a motif of a primitive human body and to transmit this message more strongly. My spatial image inspired by the “iGUANEYE” may be a “cave” which once was a shelter for our ancestors. They must not have been an exact circle tent. They might have complicated bare rock. By using the latest technology at our age and trying to realize the space, I thought I could give a place to live to “iGUANEYE FS series” and pass on the designer Mr. Olivier Taco and his idea to the future. At the same time, this is a new figure of a spatial concept “another box inside architecture” which I have been thinking about for a long time since 90s. (Soichi Mizutani)

 

【iGUANEYE Aoyama Main Store】
Location:5-6-14, Minamiaoyama, Minato-ku, tokyo
Open:Sep. 20th, 2014
Design:Soichi Mizutani Design Office Soichi Mizutani
Floor area:36.3㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

iGUANEYE
http://www.iguaneye.jp

水谷壮市デザイン事務所
http://soichi-mizutani.com/

ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp/

 

鼻のクリニック東京

鼻クリ01

鼻クリ02

鼻クリ03

鼻クリ04

鼻クリ05

鼻クリ06

「鼻のクリニック東京」が他の耳鼻科と違うのは、「鼻」に特化しているということである。鼻機能の回復によって、生きるために一番大切な呼吸機能を改善し、生活の質を向上させることを目的として、最新の研究、技術、治療法開発を続けている。理事長の未来志向で患者本位の積極的な姿勢や信頼性が、来院者に期待感と安心感を提供している。 来院者も、生活の質や身体機能を改善するという強い前向きな意志を持って訪れ、先生やスタッフの皆さんと相談し、診察・治療・手術といったプロセスを経て、自分自身を理想の身体に近づけようとする。この未知なる体験を追及する行為は、勇気と決意をもって旅に出ることに似ている。言い換えれば、来院者は「鼻のクリニック東京」とともに一つのJOURNEYをする。これを明確なメッセージとして発信するために「未来からやってきた医療チームと一緒に希望と夢に向って旅をする」ことをイメージし、「SPACESHIP」をデザインコンセプトとした。 「鼻のクリニック東京」は、3フロアから構成されている。機能的には3階は外来診察・おとなの鼻ユニット、こどもの鼻ユニット、4階は手術ユニット、5階はシアター&ラウンジという構成である。デザインにあたっては、来院者がクリニックにいるという緊張感と不安感を和らげることを目指した。異空間に身をおくことで心が刺激され、同時に心地よい緊張感を体験して欲しいと願った。(瀬戸 檀/エムエス・パートナー)

 

「鼻のクリニック東京」
所在地:東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル3〜5F
開業:2014年7月1日
設計:エムエス・パートナー 瀬戸 檀 朱 宇煥
床面積:3F/609.78㎡ 4F/607.47㎡ 5F/592.82㎡
Photo:写真工房坂本 坂本博和

 

What makes “NOSE CLINIC TOKYO” different from other otolaryngological clinic is its specialty of “nose”. By recovering a function of nose, we improve a respiratory function which is the most important for our lives. We keep doing the latest research and technique & cure development, aiming to uplift the quality of life. The president of the clinic provides expectations and feelings of security to patients because of his future-minded and patient-oriented attitude.
Visitors have clear and positive idea to improve their lives or function of nose. They try to pursue their ideal bodies based on discussions with doctors and staff and through the processes of diagnosis, cure, and surgery. Seeking an unknown experience is like taking off on a journey that needs courage and determination. Or to put it another way, visitors take a journey with NOSE CLINIC TOKYO. To transmit this idea as a clear message, we set the design concept as “SPACESHIP” with an image of “taking a journey toward the hope and dream with a medical team from the future”.
NOSE CLINIC TOKYO consists of 3 floors. As for functions, the 3rd floor is an outpatient clinic for an adult’s nose and children’s nose. The 4th floor is for a surgery and the 5th floor is a theatre and lounge. Throughout the design we paid attention to ease visitor’s feeling of tension and anxiety that comes from the fact that they are in a clinic. We hope the visitors to feel comfortable and excited in this special space. (Mayumi Seto/MS Partner)

 

【NOSE CLINIC TOKYO】
Location:Yaesuguchi-daieibuilding 3F-5F, 1-3-1, Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo
Open:July 1st, 2014
Designer:MS Partner Mayumi Seto Syu Ukan
Floor area:3F/609.78㎡ 4F/607.47㎡ 5F/592.82㎡
Photo:Shashinkobo Sakamoto Hirokazu Sakamoto

 

 

鼻のクリニック東京
http://nose-clinic.jp/

エムエス・パートナー
http://www.ms-partners.co.jp/

 

 

美味酒楼 佐勘

佐勘01

佐勘02

佐勘03

佐勘04

コンセプトは「和中折衷」。オーナーは、梅田界隈に四つの和食店を展開している「佐勘大阪」。化学調味料を使わない自然派中華とお酒をテーマにした佐勘オリジナルの中華料理店である。店内は、レンガ、木、左官等の自然素材を生かした落ち着きのある空間の中にスチールのフレームを組み合わせた照明やパーテーションを設置し、中国から輸入したレンガやアースカラーの中に香辛料を連想させる赤いセードの照明が雰囲気をつくり出す。「佐勘」のベースとなる「和」と料理の「中華」の異なるエッセンスをバランスを保ちながらも自由に取り入れること、また「和」「中」に限らず異なるものを組み合わせることで賑わいのある空間を創出した。(infix)

 

「美味酒楼 佐勘」
所在地:大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワーB1F
オープン:2014年9月9日
設計:infix
床面積:131.77㎡
客席数:44席
Photo:下村康典

 

 

The concept is “a blending of Japanese and Western styles”. The parent company of this restaurant is “Sakan Osaka” that runs 4 Japanese restaurants in Umeda area in Osaka. “Bimishuro Sakan” provides the original organic Chinese cuisine without chemical seasonings. We adopted natural materials such as bricks, wood, and plaster for interior that make a relaxed atmosphere. Among them, we put lightings and partitions combined with steel made frames. The red lampshade that reminds of spiceries surrounded by bricks imported from China and earth-tone colors creates a certain mood. The harmonization of different essences, “The Japanese” and “The Chinese” that are the base of Sakan, and the mixture of different factors other than Japanese and Chinese result in creating the joyous space. (infix)

 

【Bimishuro Sakan】
Location:Applause Tower B1F, 19-19, Chayamachi, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Sep. 9th, 2014
Design:infix
Floor area:131.77㎡
Capacity:44 seats
Photo:Yasunori Shimomura
美味酒楼 佐勘
http://www.t-cb.co.jp

infix
http://www.infix-design.com

 

 

 

 

GENIE’S TOKYO

ジーニーズ01

ジーニーズ02

ジーニーズ06

ジーニーズ04

ジーニーズ05

「GENIE’S TOKYO」は、東京ミッドタウンの“離れ”で、赤坂「マキシム・ド・パリ」の仕掛け人たちが作る、最高のホスピタリティーと料理をカジュアルに楽しめる「大人の遊び場」的な空間である。 遊び慣れた大人たちが人を連れて行きたくなる店にするため、ちょっとした驚きや大人の遊び心を感じさせるデザインを各所にちりばめ、スタッフとお客様のコミュニケーションが生まれるようにした。 エントランスには、店名の由来でコンセプトでもある“黄金のランプ”が出迎え、その先のワインセラーではシャンパンの泡をイメージした映像が気持ちを高揚させる。バーエリアは、銅色に輝くバーカウンターとソファ越しに広がるテラスからなり、正面には絵画の女性をモチーフにしたチェーンのアートワーク。そのチェーン越しに揺ぐ炎は、水蒸気を使った暖炉である。 レストランエリアでの仕掛けは、空中に揺らぐペンダント照明のリアルな炎と、キッチン上部の「YOU GOT LAID?」の花文字である。可憐な造花で作られたスラングは、まさに大人の会話のきっかけになり、コンセプトにピッタリなアートワークとなった。 奥にはソファを配した個室もあり、さまざまな利用シーンで大人が楽しめる店となった。 「SPACE PLAYER」(Panasonic)、インゴマウラーの「Flying Flames」(スタジオNoi)、「Kriska DECOR」(チェルシー・インターナショナル)など、「まだ他にはない」という新しい要素を入れるため各社に協力いただいた。(宮里貴司/A.N.D.)

 

「GRILL&WINE GENIE’S TOKYO」
所在地:東京都港区赤坂9-7-2  東京ミッドタウンプラザ1F
オープン:2014年7月18日
設計:A.N.D. 宮里貴司 吉村峰人
床面積:213.4㎡(うち厨房34.7㎡)
客席:79席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 
“GENIE’S TOKYO” is an “annex” of Tokyo Midtown, created by producers of “Maxim’s de Paris” in Akasaka, where adults can enjoy the best hospitality and cuisine in a casual atmosphere. We placed small surprises and sense of fun in each design spot so that staff and guests communicate with each other which result in making them want to invite their friends. In the entrance, “the golden lamp” welcomes the guests that is the concept of the shop and also responsible for the shop name. The wine cellars show a movie of bubbles of champagne and that uplifts guests’ minds. The bar area consists of a copper-colored shiny bar counter and terrace space behind the sofa. In front of them there is an artwork made of chains which has a motif of a lady in painting. Through the chain art guests can see fire of steam fireplace. The gimmicks in the restaurant area are real flames of pendant lightings in the air and flower letters of “YOU GOT LAID?” at the head of the kitchen. The slung made of beautiful flowers give a trigger of adult conversation which fits in the restaurant’s concept. “SPACE PLAYER” from Panasonic, INGO MAURER’s “Flying Flames” from Studio NOI, and “Kriska DECOR” from CHELSEA INTERNATIONAL are adopted through collaboration in order to add “something new” factors. (Takashi Miyazato / A.N.D.)
【GRILL&WINE  GENIE’S TOKYO】
Location:Tokyo Midtown Plaza 1F, 9-7-2, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Jul. 18th, 2014
Design:A.N.D.  Takashi Miyazato  Mineto Yoshimura
Floor area:213.4㎡ (includeing kitchen area 34.7㎡)
Photo:Nacasa & Partners

 

 

GENIE’S TOKYO
http://genies-tokyo.com

 

A.N.D.
http://www.and-design.jp

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

CALDO

カルド_1

カルド_2

カルド_3

カルド_4

カルド_5

カルド_6

「CALDO(カルド)」は、ホットヨガをメインプログラムに、フィットネスやピラティス、加圧トレーニングなどが手軽にできる施設として全国展開しています。 プログラムには”静”と”動”が混在するため、個々の空間やそれぞれの関係性をどのようにデザインするか。この課題に対し私たちは、その場所を利用する際、心理的に想起される【色】を主軸として、発想を展開することとしました。 まず、フロント周りやロッカーは特徴的な空間の緩衝帯となるエリアのため、機能として必要な清潔感を意識しつつ、気持ちが落ち着く【紫色】と木目の柔らかい印象を利用し整えました。そこからホットヨガスタジオに移ると”静”のエリアとなり、ここでは集中と解放、現実と非現実、を行き来する心理的な面を意識し、【緑色】【無彩色】などの中性色を使い、幻想的とも捉えられる空間の創出を目指しました。さらに”動”のエリアとしてのジムは、暖色の【橙色】を用いるとともに、天井に300足を超えるスニーカーを配すことで、無機質で固い印象になりがちな場を、有機的で躍動感のある空間となるよう注力しました。 このように【色】を多用すると、時に子供っぽさやポップさが前面に出てしまいますが、ポイント使いをしたり、グラデーションや無彩色と組み合わせることで抑揚を与え、またファサードを店内よりワントーン落ち着いた色味にしつつシャープに整えることで、全体のグレード感を引き上げ、洗練された施設としてまとめ上げました。
(井上愛之/ドイルコレクション)

 

「Hot & Shape CALDO 溝の口」
所在地:神奈川県川崎市高津区溝口1-14-5
オープン:2014年3月16日
設計:ドイルコレクション 井上愛之 中原義人
床面積:643.18㎡/1階271.21㎡、2階371.97㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

CALDO runs several fitness clubs providing mainly a hot yoga program and also Pilates and pressure increased training throughout Japan. The program contains the static and dynamic states therefore our task was how to design individual spaces and the relationship between them. We developed our imagination based on “Color” which is psychologically-recalled by the space among users. Because the front and locker areas are the characteristic buffer zone, we made them with relaxing “Purple” and soft impression of a wood grain, paying attention to cleanliness which was necessary as a function. When users move into the hot yoga studio, which is a “static” place, the space gets colored in “Green” and “Neutral”. In here we were aware of a psychological aspect of the concentration & diffusion and real & unreal and then aimed to create the fantastic space. For the gym as a “dynamic” space, which is likely to give a cold and hard impression, we focused on making it an organic and vibrant by using “Orange” color and placing more than 300 sneakers on the ceiling. If we use “color” too much like this, sometimes the space gets childish or pop feeling. By using it in points, as gradations, or with neutral colors, we could keep inflections down. The color of the façade which is mellower than the interior and the sharpen figures uplift the grade of the entire space. We succeeded in creating the sophisticated facility. (Aiji Inoue/Doyle Collection)

 

【Hot & Shape CALDO Mizonokuchi】
Location:1-14-5, Mizonokuchi, Takatsu-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa
Open:March 16th, 2014
Designer:Doyle Collection  Aiji Inoue  Yoshito Nakahara
Floor area:643.18㎡/1F271.21㎡, 2F371.97㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

 

Hot & Shape CALDO 溝の口
http://www.caldo-mizonokuchi.com/

Doyle Collection
http://www.doylecollection.jp

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

MALEBRANCHE 加加阿365 祇園店

cacao_1

cacao_2

cacao_3

cacao_4

cacao_5

「加加阿(カカオ)のある暮らし」。それは、Every day is a good day.
京都の毎日を大切にする生き方にカカオがそっと寄り添う暮らし方。
「あなたの毎日がちょっと素敵になりますように…」と思いを込めて。

加加阿365=京都クオリティを遊ぶ。
京都の花街、伝統的な茶屋建築はコンサバティブな秘密の色気を漂わせている。
チョコレートの持つ「可愛らしさ・愛情・エロティックな物語」を日本の伝統的な素材と技法をもって表現し、店売りの原点である「座売り」のスタイルで、お客様とのコミニュケーションを誘発する。
「日々是好日」を表現する365の紋が施された金蒔絵の天井は、艶やかな漆をチョコレートと見立て、とろーりと祇園の茶屋建築をコーティングする。
誰にも教えたくない媚薬の世界、「加加阿365」はチョコレートワンダーランド。
(辻村久信)

 

「MALEBRANCHE 加加阿365 祇園店」
所在地:京都市東山区祇園町570-150
オープン:2014年4月26日
設計:辻村久信デザイン事務所+株式会社ムーンバランス
床面積:1F85.8㎡ 2F80.39㎡ 3F17.85㎡
Photo:繁田諭写真事務所

 

 

“The life with cacao”. It tells you “Every day is a good day”.
Cacao cuddles up to your precious daily life in Kyoto, wishing you better days.

Cacao 365 = to play Kyoto quality.
In an entertainment quarter of Kyoto, the traditional teahouse building gives off an aura of conservative charms.
We expressed “cuteness, love, and erotic story” of chocolate by Japanese traditional materials and techniques, and triggered communication between the shop and customers by an original retail style in Japan “Zauri” (staff offers services, remaining seated).
The gold-lacquered ceiling where 365 armorial bearings are placed expresses “Every day is a good day”. The lacquer softly coats the teahouse building in Gion area just like a chocolate. “cacao 365″ is a secret chocolate wonderland of aphrodisiacs.
(Hisanobu Tsujimura)

 

【MALEBRANCHE cacao 365 Gion】
Location:570-150, Gion-cho, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:Apr. 26th, 2014
Design:TDO + moonbalance
Floor area:1F 85.8㎡ / 2F 80.39㎡ / 3F 17.85㎡
Photo:Satoshi Shigeta

 

MALEBRANCHE 加加阿365
http://www.malebranche.co.jp/cacao365.php

 

辻村久信デザイン事務所+株式会社ムーンバランス
http://www.tsujimura-hisanobu.com/

 

Wakiya 迎賓茶樓

wakiya_1

wakiya_3

wakiya_6

wakiya_2

wakiya_4

wakiya_9

中華の鉄人、脇屋友詞シェフの「トゥーランドット」がアークヒルズから現在の場所に移転したのが3年前。その後、4階に新たな空間を追加し、1・2階が「トゥーランドット 臥龍居」、3・4階が「迎賓茶楼」というコンセプトでグランドオープンを果たした。1階はカジュアルで居酒屋的中華、2階は多人数向けバンケットルーム、3階は少人数の会食、4階は6~8人の高級会食と、各階でコンセプトとターゲットが異なるところが他に例をみない。中でも4階は、3LDKの家的空間でゲストを迎える特別なフロアである。SalonはLDK的スイートルーム、Shin(真)はアートに囲まれるギャラリー的個室、Gyou(行)はLazy-Susanを象徴とするすべてが丸い円形個室、Sou(草)は揺れる煤竹に囲まれる庭的個室、まさにスタイルに縛られない脇屋氏の繊細な中華を象徴としたフロアとなっている。(白浜 誠)

 

「Wakiya 迎賓茶樓」
所在地:東京都港区赤坂6-16-10 Y’s Cross Road
オープン:2012年10月
設計:白浜誠建築設計事務所
床面積:300㎡(4Fのみ)
Photo:Jonathan Savoie

 

 

“Iron Chef of Chinese cuisine”, Mr. Yuji Wakiya’s restaurant “Turandot” moved from ARK Hills to the present place 3 years ago. The new space was added to forth floor and then, “Turandot Garyukyo” opened in first & second floors and “Geihin Charou” opened in third & forth floors with the new concepts. The first is a casual Chinese restaurant, the second is a banquet room for a large group, the third is for small meetings, and the forth is for 6 to 8 person’s luxurious meetings. It is a very rare case that each floor has a different concept and target. Especially, the forth is a special floor which has homey rooms to welcome guests. Salon is a suit room like a living-dining kitchen, Shin is a gallery like private room surrounded by arts, Gyou is a round-shape room where every item is round and the symbol is a Lazy-Susan, and Sou is a garden like private room surrounded by a bamboo forest. The floors reflect Mr. Wakiya’s delicate Chinese cuisine free from existing styles.
(Makoto Shirahama)

 

【Wakiya Geihin Charou】
Location:Y’s Cross Road 6-16-10, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Oct. 2012
Design:Makoto Shirahama & Associates
Floor area:300㎡(4th floor)
Photo:Jonathan Savoie

 

 

Wakiya 迎賓茶樓
http://www.waiya.co.jp

 

白浜誠建築設計事務所
http://www.shaa.co.jp

 

Jonathan Savoie
http://www.jonathansavoie.com

 

 

 

 

東北エモーション

tohoku-emotion_1

tohoku-emotion_2

tohoku-emotion_4

tohoku-emotion_3

tohoku-emotion_5

地元の琥珀のイメージや刺し子の文様等を採り入れ、非日常的な空間の中でも東北地方の空気が心地良く伝わるようイメージ。
1号車・個室
窓の開口部の関係で部屋割りが決まり、限られたエリアで圧迫感のない空間を。上部壁の仕上げはミラーを使用することで広がりを与え、間接照明の効果で落ち着きを演出した。
2号車・ライブキッチン
エントランスとしてお客様が最初に足を踏み入れる場所に対し、電車ということを忘れさせる驚きと、空間全体のトーンを抑え、品を出すことに重きを置いたデザインとした。
3号車・オープンフロア
すべての号車に言えることだが、各場所ごとにシーンを変えて演出している。3号車は空間の広がりを強調するため、天井に設けた円形の間接照明の連続で目線を奥へ流れさせている。

旅の始まりの高揚感とその気持ちをやさしく包むような、空間全体のトーンを抑え、「凛とした品」を醸し出すことをテーマにデザインした。(INTENTIONALLIES)

 

「東北エモーション」
区間:青森・八戸駅〜岩手・久慈駅間
運行開始日:2013年10月19日
デザイナー:INTENTIONALLIES
Photo:矢野紀行写真事務所

 

 

We tried to express Tohoku area’s atmosphere comfortably even in this extraordinary space by adopting local images such as umber or traditional quilting.
Car 1. Private room:
Room assignments are decided depending on window openings. We pursued no pressure in the limited space. Upper wall’s finishing is done by using mirrors in order to broaden the space and indirect lightings give calm and relaxing effects.
Car 2. Live kitchen:
The key factor of the design is to give a surprise to guests that they forget about they are stepping into a train through the entrance. We also paid attention to keep spatial tone down and create classy images.
Car 3. Open floor:
Each scene is differently produced up to places although it can be said to all cars. As for the car 3, in order to emphasize the broadening of the space, we lead guests’ line of sight to deeper inside of the train by serial circular indirect lightings on the ceiling.

The design theme is to create “chic dignity” in the space which softly hugs uplifting feeling of the beginning of the travel. (INTENTIONALLIES)

 

【TOHOKU EMOTION】
Route:Between Aomori Hachinohe station and Iwate Kuji Station
Start:Oct. 19th, 2013
Designer:INTENTIONALLIES
Photo:Toshiyuki Yano Photography

 

 

 

東北エモーション
http://www.jreast.co.jp/tohokuemotion/index.html

 

INTENTIONALLIES
http://www.intentionallies.co.jp/

 

矢野紀行写真事務所
http://www.yanofoto.com/

 

 

 

 

BEEF & LIBERTY

BEEF&LIBERTY_01

BEEF&LIBERTY_02

BEEF&LIBERTY_03

BEEF&LIBERTY_04

BEEF&LIBERTY_05

香港の「BEEF&LIBERTY」はグルメバーガーの専門店で、上海のポートマンに次ぐ2軒目の出店です。香港の出店場所であるこの地域は、2011 年に改装されたパシフィックプレイスが中心となり、コンテンポラリーでラグジュアリーなショップが集中し、お店の山側にあたる裏路地には近年お洒落なブティックやカフェが増え、人気のスポットとなっています。近隣のビジネスマンや休日のファミリーなどこの地域に集まる感度の高い客層をターゲットとしています。
店舗は建物の3階に位置し、入り口であるエレベーターのドアが開くと、最初に目に飛び込んでくるバーは、エジソンランプの照明がアイキャッチとなり、バーガーと一緒に提供されるカクテルや様々なビールを一目で認識でき、印象的で人々を引きつけるものとなっています。
店内は調理のライブ感を感じることができるキッチンを中心に席がレイアウトされ、この店の象徴でもある壁面のアートを引き立たせるために、焦げ茶からグレイッシュなトーンでシンプルにまとめています。
アートは、バーカウンターを超えると一部が目に飛び込み、店内に進むにつれて壁一面に描かれたその物語の全容を見ることができ、インパクトのあるものとなっています。
今回のテーマである、シンプルなインテリアとアートをバランスよく配置し、カジュアルな印象の中にも質の高いサービスを提供するスタイルをインテリアでも表現しました。(塩見一郎/spinoff)

 

「BEEF & LIBERTY」
所在地:Star St. Precinct, 2/F, 23 Wing Fung St., Wanchai, Hong Kong
オープン:2014 年1月
設計:spinoff
床面積:186.3㎡
客席数:83席
Photo:Jonathan Leijonhufvud

 
“BEEF&LIBERTY”, opened in Hong Kong, is a gourmet burger specialty restaurant following their 1st store in the Portman Shanghai (Shanghai Center). The location has the Pacific Place in the center which was renovated in 2011 and many contemporary and luxury shops are concentrated in this area. The backstreet in the mountainside of the store has also become popular in recent years and many fancy boutiques and cafés has been increased. Those stores are targeting highly sensitive neighborhood business people and also families in weekends.
The store is on the 3rd floor. When the entrance door of the elevator opens, Edison lamp lightings in the bar area attract customers as an impressive eye-catching items which enable guests to recognize various cocktails and beers at first sight.
We placed sheets around the lively kitchen and chose simple dark brown and greyish colors in order to highlight the wall artwork that is also the symbol of the store.
The guests can see a part of the artworks over the bar counter. As they go deeper to the restaurant, the artwork gradually shows its whole story with the big impact. We also expressed the restaurant’s theme in the interior design which is to provide high quality services in casual atmosphere by placing simple interior and artworks. (Ichiro Shiomi / spinoff)

 

【BEEF & LIBERTY】
Location:Star St. Precinct, 2/F, 23 Wing Fung St., Wanchai, Hong Kong
Open:Jan. 2014
Designer:spinoff
Floor area:186.3㎡
Capacity:83 seats
Photo:Jonathan Leijonhufvud

 

 

BEEF & LIBERTY
http://www.beef-liberty.com/hk

spinoff
http://www.spinoff.cc

Jonathan Leijonhufvud
http://www.jlap.com

 

 

 

恩の時 -別邸-

恩の時別邸_01

恩の時別邸_04

恩の時別邸_02

恩の時別邸_03

山梨県の甲府市内にオープンした「恩の時-別邸-」(おんのじ べってい)は、昨年の本店に続き、2店舗目となる割烹/小料理店である。
まず、店内に上がる階段の壁面において、縁起物の象徴である亀と鶴のアートディスプレイが迫力ある姿で来客者を迎え入れる。今回デザインするにあたり最も価値のある場所をカウンターと捉え、特注製作した組子パネルを下がり天井面に施し、洗練された仕上がりで演出。また、肘掛の付いた着物柄の椅子は、ゆったりした座り心地で「食」を楽しむことができる。そして通路天井には、長さの異なる約1000本の黒竹を18列に分けて細かく寸法調整をしながら縦に配列、天井面を躍動しながら波打つように表現した。個室の天井にも、水平にした黒竹を曲線に沿って天井から壁面へ連続性を持たせながら配置し、黒竹の持つ素材感を生かした。
今回、お店で提供される料理は、「和」をコンセプトにしながらもジャンルにとらわれない創作割烹なので、店内も「和」を背景にしながらも、伝統にとらわれない新たな切り口でのデザインを心がけた。(一之瀬暁洋)

 

「恩の時 -別邸-」
所在地:山梨県甲府市丸の内1-8-9 2F
オープン:2014年8月6日
設計:一之瀬DesignOffice 一之瀬暁洋
床面積:56㎡
客席数:22席
Photo:石橋マサヒロ

 

 

“ONNNOJI -BETTEI-”, opened in Kofu city in Yamanashi prefecture, is a Japanese style fine restaurant following its main store which opened last year. The impressive art display of a tortoise and a crane, symbols of good fortune, on the wall of stairs to the restaurant welcomes customers. We highlighted the counter as the most valuable space by setting custom-made muntin panels on the ceiling with sophisticated finishing. The arm chairs covered by Japanese Kimono fabrics let customers to enjoy the cuisine comfortably. We lined around a thousand of black bamboo pieces with different lengths up to 18 rows on the ceiling of a corridor. They are all strictly placed in order expressing ripples dynamically. Moreover, in private rooms, we placed black bamboo pieces horizontally along with continuous curves of the ceiling and the wall and then make use of the material.
In accordance with the store’s unique cuisine, which is free from the genre although the concept is based on the Japanese, we aimed to design the restaurant from a new viewpoint, detached from a tradition but still having the Japanese background. (Akihiro Ichinose)

 

【ONNNOJI -BETTEI-】
Location:2F, 1-8-9, Marunouchi, Kofu-shi, Yamanashi
Open:Aug. 6th, 2014
Design : ICHINOSE DESIGN OFFICE Akihiro Ichinose
Floor area : 56㎡
Capacity : 22 seats
Photo:Masahiro Ishibashi

 

 

一之瀬DesignOffice
http://www.ichi-design.com

 

 

 

Culfe

calfe_1

calfe_2

calfe_7

calfe_8

calfe_4

calfe_5

calfe_6

静岡駅前の呉服町タワーに移転した「TSUTAYAすみや静岡本店」のカフェ計画である。この店は、静岡で80余年に渡って音楽を届けてきた「すみや」を継承する「TSUTAYAすみや」の旗艦店であり、カフェ「Culfe(カルフェ)」は、“BOOK&CAFÉ”というスタイルのTSUTAYAが手掛けるスペシャルティコーヒーの店である。店内はBOOK&CAFEスタイルを体現すべく、書籍棚とカフェ席が混ざり合ったゾーニングとなっており、気軽に本を選びながらコーヒーを飲むことができる。また、連続するライトブルーのアーチ造作やペンダント照明がエリア全体の環境を作り出し、鉄骨組みガラスブロックのカウンターや、書籍棚、天井から吊り込まれた巨大な本棚などの無骨なデザインが、シンプルでありながらカフェゾーンに強い存在感を与えている。静岡の街に、コーヒーを飲むという行為と本を選ぶという行為を豊かにするための空間が誕生した。(藤井文彦/fan Inc.)

 

 

「Culfe」
所在地:静岡市葵区呉服町1-20 呉服町タワー1F
オープン:2014年4月5日
設計:fan Inc. 藤井文彦
床面積:469㎡
客席数:81席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

In accordance with the relocation of TSUTAYA SUMIYA to Gofukucho Tower in front of Shizuoka station, this café project was launched. SUMIYA is the company which has offered music in Shizuoka for more than 80 years and the store is a flagship shop of TSUTAYA SUMIYA, a successor of SUMIYA. Café brand “Culfe” is a specialty coffee shop organized by TSUTAYA and its style is “BOOK&CAFÉ”.
In order to embody the concept of “BOOK&CAFÉ,” café space intermingles with bookshelves so that customers can enjoy having coffee and choosing books at a time. Also light blue continuous arched structures and pendant lightings create the entire environment. The roughly designed glass block counter in steel-flame, bookshelves, and the huge bookcases suspended from a ceiling are simple but create the strong presence in the café zone. The space to enrich the experience of having coffee and choosing books was born in Shizuoka city.
(Fumihiko Fujii / fan Inc.)

 
【Culfe】
Location:Gofukucho Tower 1F, 1-20, Gofuku-cho, Aoi-ku, Shizuoka-shi
Open:April 5th, 2014
Designer:Fumihiko Fujii fan Inc.
Floor area:496㎡
Capacity:81seats
Photo:Nacasa&Partners

 

 

fan Inc.
http://www.fan-inc.com/
Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

SUSgallery

SUS_1

SUS_2

SUS_3

SUS_5

新潟・燕市の産業技術で出来た陶器を思わせるチタンカップを扱う「SUSgallery」での、初めてのインショップとなるCOREDO室町では、新しい価値を提案する場所として考えた。9.22坪とコンパクトな空間に、垂直と水平に伸びてゆく素材としてシワ加工した0.005mm厚のステンレス箔と風化した板材を選んだ。自然界を思わす柔らかな色や豊かな表情のチタンカップは、その二つの素材を背景にすることでこれまでと違う価値を見出すことが出来た。(山本達雄)

 

「SUSgallery コレド室町店」
所在地:東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3  2階
オープン:2014年3月20日
設計:Tatsuo Yamamoto Design Inc. 山本達雄
床面積:30.48㎡
Photo:淺川 敏

 

 

“SUSgallery”, which sells titanium cups inspired by the pottery and made by the industrial technology of Tsubame city in Niigata prefecture, opened their first in-store shop in COREDO Muromachi. The shop is designed to provide a new value. In the 30.48㎡small space, we chose 0.005mm stainless foil with crease effect and weathered lumber as materials which stretches both vertically and horizontally. The titanium cups with soft colors or rich expressions suggestive of the natural world show a brand-new value against the background of the two materials. (Tatsuo Yamamoto)

 

【SUSgallery COREDO Muromachi】
Location:COREDO Muromachi 3-2F, 1-5-5, Nihonbashi-muromachi, Chuo-ku, Tokyo
Open:March 20th, 2014
Designer:Tatsuo Yamamoto Tatsuo Yamamoto Design Inc.
Floor area:30.48㎡
Photo:Satoshi Asakawa

 

 

SUSgallery
http://susgallery.jp

 

Tatsuo Yamamoto Design
http://www.tatsuoyamamoto.jp/

 

淺川 敏
http://www.tosh-a.com

 

 

TORIBA COFFEE

toriba_1

toriba_2

toriba_3

toriba_4

toriba_5

銀座の真ん中に以前からそこにあったかのように街になじみつつ、特別な空気を放つ場所ができた。施主のオーダーは、1階にコーヒー豆の高級贈答ショップ、2階に焙煎ファクトリーをつくり、その世界観が表れるような建築外観のデザインをするというもの。農園のある「ハワイ」というコンセプトを表現するため、様式を用いた権威的な外観ではなく、通りに対して開放的なデザインとし、コーヒーの香りが通りにも流れてくるような贅沢な空間づくりを目指した。吹き抜けに設置した7.3mの壁面緑化は、街に新しい景色を提供し、店内に穏やかな空気感を産んでいる。またファクトリーとショップをつなぐオリジナルのリフトやハワイアンコアを使ったカウンターは、ブティックロースターとしてのこだわりやシズル感を出す演出にもなっている。(宮里貴司/A.N.D.)

 

「TORIBA COFFEE 銀座本店」
所在地:東京都中央区銀座7-8-13 Brown Place 1,2F
オープン:2014年4月25日
設計:A.N.D.  小坂 竜 宮里貴司
床面積:1F売り場/52㎡(その他13㎡) 2Fファクトリー/50㎡
客席:試飲スペースにスタンディングのみ
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

The new place was born in the center of Ginza area. The coffee shop “TORIBA COFFEE” has a unique character but at the same time blends right in with the surroundings just like it has been here for a long time. The owner requested us to create a high quality coffee beans shop on the 1st floor and a roasting factory on the second floor and he wanted exterior appearance to show the shop’s philosophy.
The shop’s concept is “Hawaii” with farms. In order to express this concept, we adopted a luxurious open design facing to a street and dismissed a traditional authoritarian figure. Due to this open design, people can smell the coffee even on the street. The 7.3 meters high green wall beside the atrium offers new scenery to the city and creates comfortable atmosphere in the shop. The original lift connecting the factory and the shop and the counter table made of Hawaiian Koa wood show up the taste and personality of the shop as a “boutique roaster”. (Takashi Miyazato / A.N.D.)

 

【TORIBA COFFEE Ginza Honten】
Location:Brown Place 1/2F, 7-8-13, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 25th, 2014
Designer:A.N.D. Ryu Kosaka Takashi Miyazato
Floor area:1F retail space / 52㎡ (other 13㎡) 2F factory / 50㎡
Capacity:Only standing area in tasting space
Photo:Nacasa & Partners

 

 

TORIBA COFFEE
http://www.toriba-coffee.com

 

A.N.D.
http://www.and-design.jp

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

 

 

WINE&SWEETS tsumons

ツモン_1

ツモン_2

ツモン_3

ツモン_4

ツモン_5

ツモン_6

洋菓子とワインという新しい組み合わせを提案する店舗「WINE&SWEETS TSUMONS(ツモン)」の計画。福岡市中心部にあり、中層ビルやマンションが密集するエリアに建つ平屋の建物である。オーナーはパティシエでありソムリエールでもあり、彼女の新しい食の場が謙虚さと凛とした強さを持ち合わせる職人そのもののような佇まいで現れることを目指すと共に、用途や階数もばらばらな街並にあえて平屋建てを建てることの意義を考えた。建物は、敷地なりに外壁を建てて出来る箱の内側に、小さな通り庭を持つ片流れ屋根のボリュームを取り込んでいる。そして道路側に販売スペース、その奥にカウンタースペースを設け、これら2つのスペースに面するよう南側に通り庭を配置している。これによって雑多な環境に対して店内の落ち着きを確保すると同時に、2つのメインスペースの背景を柔らかな光の入る半屋外の風景としている。また、通り庭の壁には予め一部にマメツタなどの植物を植え込んでいて、時間をかけて壁や屋根を植物が徐々に覆ってゆく。やがてはこの屋根がもうひとつの「ファサード」となり、周囲に住まう人々の「坪庭」のような存在となることを期待している。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「WINE&SWEETS tsumons」
所在地:福岡市中央区高砂1-21-3
オープン:2014年3月22日
設計:ケース・リアル 二俣公一 片田友樹
床面積:65.3㎡
客席数:9席
Photo:水崎浩志

 

 

 

A design for both shop and bar with an original concept to provide a new combination of western confectionery and wine. The site is located in the central part of Fukuoka city and is surrounded by the sprawl of densely-packed residential and mid-rise buildings. The site is very small and is dominated by multistory apartments. However, it is the owner’s earnest desire to build a one-story building. The owner is both patissier and sommelier. As a result of many meetings with her, we decided to create architecture as if it presented her character as an artisan. In other words, we aimed at providing architecture which has an earnest and dignified sight contracting with the bustle of the city. Additionally, we are making a conscious decision to build a one-story, ”oasis” against the city “ jungle” with its multi-storey buildings.
The building incorporates a pent roof being broadly sloped southward in a box-shaped volume. The retail space is located on the road side and the counter space is in the rear. The courtyard is located on the south side facing these spaces and being as a staff workflow line. These space compositions allow the shop to retain a calm atmosphere, contrasting with the busy street. Additionally, the background of both main spaces becomes an annex letting mild light in. In addition, the horizontal continuous windows to trim the view are designed outside of the fire spread line, which enabled these windows to be wire-free regarding regulations. Consequently, a clear view of surroundings was retained. The finish used in the courtyard includes large-fruit asphalt single materials continuing to the roof. These materials can store water, so plants such as small ivy, which are planted on the wall, will build up gradually in the uneven wall and roof surface. The roof will eventually become another “façade” and it will have a presence of a “spot garden” for the people who live in the neighbourhood. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL Co.,Ltd.)

 

【WINE&SWEETS tsumons】
Location:1-21-3, Takasago, Chuo-ku, Fukuoka
Open:Mar. 22th, 2014
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd.  Koichi Futatsumata Tomoki Katada
Floor area:65.3 ㎡
Capacity:9 seats
Photo:Hiroshi Mizusaki

 

 

tsumons
http://wine-sweets.com
ケース・リアル
http://www.casereal.com/
水崎浩志
http://www.loop-pc.jp

 

 

HYPER MARKET

hypermarket_1

hypermarket_2

hypermarket_3

hypermarket_4

hypermarket_6

渋谷区・神宮前に位置するモバイルアクセサリーの最新ガジェットを集めたコンセプトショップ「HYPER MARKET(ハイパーマーケット)」。コンセプトは、「路地に連なる活気と賑わいに満ち、整然とモノが陳列されるマーケット」。誰もが見たことのある、モノの売り買いの場としての原初的な風景をベースに、モバイル関連の商品を扱う場として設えを同居させた空間。懐かしさと新しさのコントラストをマテリアルや光の操作で表現し、よい意味での違和感を与えることで、誰もが知っているようで体感したことのない空間であるスーパーマーケットを超えた、ハイパーマーケットとして、少し先の未来を想像させる新しいマーケットの場となる。
(谷尻 誠/SUPPOSE DESIGN OFFICE)

 

「HYPER MARKET」
所在地:東京都渋谷区神宮前6-5-6 サンポウ綜合ビル1F
オープン:2014年4月19日
設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE 谷尻 誠 吉田 愛
床面積:230㎡
Photo:矢野紀行

 

 

“HYPER MARKET”, located in Jingumae-Shibuya, is a conceptual shop of the latest gadgets of mobile accessories. The shop’s concept is “the market with many items displayed in order, filled with a spark and bustle”. The space design is based on the primitive scenery of business, the place of selling & buying, which anyone has seen before and has equipment to deal with mobile related items. We expressed the contrast of the nostalgic and the new by lightings and brought in a sense of discomfort in a good way. Everyone knows a supermarket but we created the HYPER MARKET which is beyond and let customers imagine the futuristic new type of a market. (Makoto Tanijiri / SUPPOSE DESIGN OFFICE)

 

【HYPER MARKET】
Location:Sampou sogo building 1F, 6-5-6, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 19th, 2014
Design : SUPPOSE DESIGN OFFICE  Makoto Tanijiri Ai Yoshida
Floor area : 230㎡
Photo:Toshiyuki Yano

 

 

HYPER MARKET
http://www.hyper-m.jp/

 

Suppose design office
http://www.suppose.jp/

 

矢野紀行
http://www.yanofoto.com/