タグ別アーカイブ: 2012

LB6

lb6_001

lb6_004

lb6_007-2

lb6_008

lb6_010

「LB6」は、欧米、特にアメリカ西海岸の先進的料理を取り入れたカジュアルなグリルワインバーである。東京・六本木のメーン通りより一本入った場所に位置し、「Cafe La Boheme」(カフェ ラ・ボエム)のイノベーションという位置付けで、テストショップとしての一面を持つ。実験的思考を実践に移せるスタジオとしての機能を持ち、メニュー開発や講習なども行われる。空間計画は、店舗全体をキッチンとして捉え、厨房機能を中央にレイアウト。収納などの機能を持つエレメントを全体的に散りばめることにより、アクティビティーやオペレーションが交差し、全体にもれなくにぎわいを生むことを意図している。中心部に大きく配されたアルミ無垢の一枚板は、客席とオープンキッチンの明確な境界を消し、全体を緩やかにつなぐ。また、目線の高さを統一し、空間全体をつなぎ、キッチンの中にいるようなライブ感をつくり出している。装飾を極力排除してシンプルな空間構成にすることで、スタッフの動きや料理工程など行為そのものが演出となる舞台空間を目指した。天井にはエジソン球を反復させ、建具に銅板やアルミ板を用いるなど、レトロフューチャーな雰囲気をつくり出し、無機質な空間の中に相反する温かみを表現した。道路前面を大きく開口することにより、内部を露出。スチールサッシでフレーミングされたスクリーンは、ファサードに演出された風景を映し出す。(樋口琢匠/グローバルダイニング)

 

「LB6」
所在地:東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル1階
オープン:2012年6月11日
設計:グローバルダイニング 樋口琢匠
床面積:69.6㎡(うち厨房23.0㎡)
客席数:55席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

“LB6” is a casual wine bar also serving grills, adopted Eastern, especially the west coast, advanced cuisine. The shop is located besides a main street of Roppongi, Tokyo and a trial innovative model of existing brand “Cafe La Bohéme”. It also has a function of a studio where you can put experimental ideas in practice, develop new recipes, and train staff. We considered a whole shop as a big kitchen and placed a real kitchen function in the center. Our idea is to create bustle on every single seat by sprinkling several functional elements such as storage so that activities and operations are crossed in the space. The solid aluminum table in the center eliminates an obvious borderline between the dining hall and the open kitchen and connects them softly. We also unified the eye level so that the whole space get integrated and created a vigorous atmosphere just like guests are in the kitchen. Our aim is to make a shop like a theater stage where hall and kitchen staffs’ actions are seen as performances. In order to realize it, we cut off decorations and obtained a simple structure. On the ceiling, we placed several Edison lamp lightings and for the fitting copper and aluminum boards and then created the retro-future atmosphere. The contradicting warmness is expressed in the inorganic space. By making a big opening toward the street, the shop shows its interior and a huge screen framed with a steel sash stages a scene.

 

【LB6】
Location:Landic Roppongi Building 1F, 4-11-13, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Jun. 11th, 2012
Design:GLOBAL-DINING INC. Takuomi Higuchi
Floor area:69.6㎡ (including kitchen area 23.0㎡)
Photo:Nacasa & Partners

 

LB6
http://www.lb6.jp/roppongi/

 

GLOBAL-DINING,INC.
http://www.global-dining.com/

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

Wakiya 迎賓茶樓

wakiya_1

wakiya_3

wakiya_6

wakiya_2

wakiya_4

wakiya_9

中華の鉄人、脇屋友詞シェフの「トゥーランドット」がアークヒルズから現在の場所に移転したのが3年前。その後、4階に新たな空間を追加し、1・2階が「トゥーランドット 臥龍居」、3・4階が「迎賓茶楼」というコンセプトでグランドオープンを果たした。1階はカジュアルで居酒屋的中華、2階は多人数向けバンケットルーム、3階は少人数の会食、4階は6~8人の高級会食と、各階でコンセプトとターゲットが異なるところが他に例をみない。中でも4階は、3LDKの家的空間でゲストを迎える特別なフロアである。SalonはLDK的スイートルーム、Shin(真)はアートに囲まれるギャラリー的個室、Gyou(行)はLazy-Susanを象徴とするすべてが丸い円形個室、Sou(草)は揺れる煤竹に囲まれる庭的個室、まさにスタイルに縛られない脇屋氏の繊細な中華を象徴としたフロアとなっている。(白浜 誠)

 

「Wakiya 迎賓茶樓」
所在地:東京都港区赤坂6-16-10 Y’s Cross Road
オープン:2012年10月
設計:白浜誠建築設計事務所
床面積:300㎡(4Fのみ)
Photo:Jonathan Savoie

 

 

“Iron Chef of Chinese cuisine”, Mr. Yuji Wakiya’s restaurant “Turandot” moved from ARK Hills to the present place 3 years ago. The new space was added to forth floor and then, “Turandot Garyukyo” opened in first & second floors and “Geihin Charou” opened in third & forth floors with the new concepts. The first is a casual Chinese restaurant, the second is a banquet room for a large group, the third is for small meetings, and the forth is for 6 to 8 person’s luxurious meetings. It is a very rare case that each floor has a different concept and target. Especially, the forth is a special floor which has homey rooms to welcome guests. Salon is a suit room like a living-dining kitchen, Shin is a gallery like private room surrounded by arts, Gyou is a round-shape room where every item is round and the symbol is a Lazy-Susan, and Sou is a garden like private room surrounded by a bamboo forest. The floors reflect Mr. Wakiya’s delicate Chinese cuisine free from existing styles.
(Makoto Shirahama)

 

【Wakiya Geihin Charou】
Location:Y’s Cross Road 6-16-10, Akasaka, Minato-ku, Tokyo
Open:Oct. 2012
Design:Makoto Shirahama & Associates
Floor area:300㎡(4th floor)
Photo:Jonathan Savoie

 

 

Wakiya 迎賓茶樓
http://www.waiya.co.jp

 

白浜誠建築設計事務所
http://www.shaa.co.jp

 

Jonathan Savoie
http://www.jonathansavoie.com

 

 

 

 

大和心

大和心02

大和心01

大和心03

大和心04

 

「大和心」をデザインする上でもっとも意識したことは、安心感のある、至ってシンプルな日本の素材を使いながらも、舞台美術のようにそれぞれの視点でしっかりと絵になるように背景を構成することでした。店の中でのひとつひとつのシーンがより映えるよう、丁寧な設えを心掛けてデザインしました。機能面では、日本が誇る伝統的な寿司文化を陰で支えるべく、日本のメーカーが誇るさまざまな最先端設備機器を取り入れています。
人は常に進化を求めています。また逆に、変わらないものへの情緒的な欲求も持ち合わせていると感じます。それらを合わせ持つカタチを思い、デザインしました。今の“日本”を凝縮したのが「大和心」に表れている思います。(根本正夫/乃村工藝社、文責BAMBOO)


「大和心」
所在地:東京都港区麻布十番3-6-2 NS麻布十番ビル 地下1階
オープン:2012年10月
設計:乃村工藝社 根本正夫
床面積:85㎡
客席数:24席
Photo:Nacasa & Partners

 

 

When we started to design the sushi restaurant “Yamatogokoro”-Yamato is an ancient name of Japan and Gokoro means heart in Japanese-, we paid the biggest attention to use comfortable and simple Japanese materials. Like a scenic art, space constructed with those materials can be looked fascinating from various points of view. We gave a courteous attention to furniture and fixture design in order to make each scene look fabulous. In a functional point of view, we adopted the most advanced equipment made by Japanese makers to support Japanese traditional sushi culture. We always seek an evolution. At the same time, we think we have an emotional demand for the unchanged. We created “Yamatogokoro” imagining a united form of those two factors. We feel the restaurant expresses a condensed image of Japan. (Masao Nemoto / NOMURA)

 

【Yamatogokoro】
Location:NS Azabujuban Building B1F, 3-6-2, Azabujuban, Minato-ku, Tokyo
Open:Oct, 2012
Designer:Nomura Masao Nemoto
Floor area:85㎡
Capacity:24 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

 

 

乃村工藝社
http://www.nomurakougei.co.jp


ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp

 

 

Regalo Verita

001-800x532

003004010011大阪・難波OCATの5階飲食フロアに位置するITALIAN&BAR「Regalo Verita」。串揚げ店の居抜き工事で、和テイスト空間からのデザイン変更として始まったプロジェクトである。低予算でいかにイメージを変えられるか?これはデザイナーが常に挑戦し続けているテーマではあるが、本物件もその最たるものであった。空間構成をシンプル化すること、素材をモルタル、塗装、デザインクロスに絞ることで低予算を実現。全体的にモノトーンで構成し、ポイントとなる壁面と天井に赤を効かせ、ソファ生地にはかわいいチェック柄を採用。アイキャッチとして、イタリアンカラーをバックにした“スニーカーアート”がシンプルな空間にハマった。外観はもともと閉鎖的なファサード面であったが、ワインボトルを利用したディスプレイを見せることで、適度に見え隠れする店内の雰囲気がデザインのアクセントとなっている。(ワタナベユウキ/AREA CONNECTION、文責BAMBOO)

ITALIAN&BAR「Regalo Verita」
所在地:大阪市浪速区湊町1-4-1 OCATモール5階
オープン:2012年12月
設計:AREA CONNECTION ワタナベユウキ フジタマリコ
壁面アート:ART STOCK
床面積:86.51㎡
客席数:56席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

ITALIAN & BAR “Regalo Verita” is located in 5th floor of Namba OCAT building in Osaka prefecture in Japan. The place was previously Japanese style spit fried foods restaurant and the project started with transforming Japanese taste to Italian one. How we can change an image of the place with a small budget? This is a continued challenge for all designers but this time is the hardest. We realized the renovation with a small budget by simplifying a space composition and restricting materials only to mortar, paint, and designed wallpapers. We adopted a monotone for the total space, an effective red color for walls and ceilings, and checked fabric for sofas. An artwork in the motif of sneaker with an Italian tricolored background gives an eye-catching effect and fits well in the simple space. Previous closed appearance is replaced by displays of wine bottles coming in and out of passerby’s vision as a design accent. (Yuuki Watanabe / AREA CONNECTION)

  • ITALIAN&BAR【Regalo Verita】
  • Location : OCAT Mall 5F, 1-4-1, Minato-machi, Naniwa-ku, Osaka-shi, Osaka, Japan
  • Open : December, 2012
  • Desinger : AREA CONNECTION Yuuki Watanabe Mariko Fujita
  • Wall art : ART STOCK
  • Floor area : 86.51㎡
  • Capacity : 56 seats
  • Photo : Nacasa & Partners

   


AREA CONNECTION
http://www.areaconnection.net

Nacasa&Partners
http://www.nacasa.co.jp

 

nana’s green teaシンガポールプラザ店

002

003

007

株式会社七葉は「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。今回はシンガポールに出店するにあたり、日本と海外との精神性の違いに着目した。日本の茶の湯の文化には、極小空間の中で侘び寂びを追求することで、自身を見出し、無限の宇宙の広がりを感じるという精神がある。一方、外国においては、広く無限に広がる空間に神聖性を見出す精神がある。シンガポールは極小国土に多民族が在住する国家であることから、茶席を構成する極小空間を連続させることにより、茶室は宇宙であるという日本の「極小空間から無限を感じとることのできる感性」と海外の「広く整然と連続する空間に無限を感じる感性」との融合を考えた。また、囲われた空間は一つの最小単位となる「茶室」を表す。そこで茶室の床(畳)となる部位をテーブルレベルとすることで床座の空間で行う「点茶」を椅子座の空間内に表現した。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所)

  • 「nana’s green tea シンガポールプラザ店」
  • 所在地:68 Orchard Road #03-80/82 Plaza Singapura
  • 設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘
  • オープン:2012年12月17日
  • 床面積:193.3㎡
  • 客席数:92席
  • Photo:宮本啓介

Nanaha Co., Ltd. is a company transmitting “the new Japanese style” with the angle of “Maccha-Japanese green tea-”. This time the café is opened up in Singapore so we focused on a difference of mentality between Japan and overseas. Japanese tea culture has a specific philosophy called WABI & SABI; austere refinement and quiet simplicity. By investigating it, people can find themselves and limitless expansiveness of the universe. Meanwhile in foreign countries, people find out the divinity in the limitless universe. Singapore is a country with small a national land where multiethnic populations live. By creating extra small tea rooms in series, we combined two ideas, Japanese “feelings to sense the infinity from small spaces” and overseas “feelings to sense the infinity from wide continuous spaces”. The surrounded space expresses the tea room as a minimum unit. By setting a floor of a tearoom as a table in here, we expressed “Tencha” style, making tea on a floor, in the space. (Masahiro Yoshida/KAMITOPEN)

  • 【nana’s green tea Singapore Plaza】
  • Location:68 Orchard Road #03-80/82 Plaza Singapura, Singapore
  • Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida
  • Open:December 17th, 2012
  • Floor area:193.3㎡
  • Capacity:92 seats
  • Photo:Keisuke Miyamoto

ポニー小児歯科医院

001

002

003

小児歯科とは、一般に成人に至るまでの患者を担当する歯科のことである。そのため、小児歯科では、成長発育に関する知識はもとより、親への歯科指導などを行う必要性がある。そこで「ポニー小児歯科医院」では、「成長」を感じることができる空間を設計した。今回のプランでは動線分離を採用したため、一つのユニットに対して一つの部屋が現れ、すべての部屋が「壁」に囲まれた閉鎖的な空間構成となる。そこで、空間の開放性と、スタッフの視認性を確保するために、それぞれの壁面に半円形の開口を設けた。それぞれの壁面に設けられた開口は、直径が異なるため、開口の高さと面積が異なり、視線の高さの変化を感じることが出来る空間が現れる。また、壁面に設けられた開口はそのまま、ファサードの開口と連動しており、その開口は歯科医院にふさわしい「白い歯の見える笑顔」を連想させるファサードデザインとなっている。私は、この空間によって「子供の成長に伴って、見える景色が変わる」空間を提案する。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所、文責BAMBOO)

  • 「ポニー小児歯科医院」
  • 所在地:東京都江戸川区平井1-5-14
  • 開業:2012年10月10日
  • 設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘
  • 床面積:321㎡
  • Photo:宮本啓介

Pediatric dentistry is generally dentistry for under 20-year-old. Therefore pediatric dentistry needs knowledge about growth and development and to instruct parents. So I designed the space where people can feel “growth” for PONY pediatric dental clinic. Here I adopted separated circulation, and thus one room appears in one unit and all rooms are surrounded by “wall” in a closed space composition. To keep openness of the space and visibility of staff, I made a half-circle-shaped opening on each wall. Because each opening has a different diameter heights and superficial contents of openings are also different and people can feel changes of lines of sight in the space. In addition, openings on walls are coordinated with an opening of a façade and associate themselves with “smile with white teeth”. I hereby suggest the space where “children see different views according to their growth”. (Masahiro Yoshida/KAMITOPEN)

  • 【PONY pediatric dental clinic】
  • Location:1-5-14, Hirai, Edogawa-ku, Tokyo, Japan
  • Open:October 10th, 2012
  • Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida
  • Floor area:321㎡
  • Photo:Keisuke Miyamoto

KAMITOPEN一級建築士事務所 http://www.kamitopen.com

SHIRO sushi and sake bar

image

image

image

image

バリ島中心地、スミニャックエリアに新しく建てられたリゾート・ヴィラ「111one eleven)」の2階に立地する寿司屋のプロジェクト。新鮮な素材の旨味をシンプルに伝える寿司の表現を最大限引き立たせ、利用者にその味がしっかりと伝わる空間デザインを考えた。現地で採れるチーク材の小口をリズミカルに配列する事で、チーク材の小口が持っている自然な素材感を表現し、それが寿司の持っている素材感を効果的に引き出せないかと考えた。シンプルな構成の力強さと、落ち着いた統一感のある空間に囲まれながら、寿司を心から楽しめる場になって欲しい。(野井成正)

 

  • 「SHIRO sushi and sake bar」
  • 所在地:ONE ELEVEN内, JI. Pangkung Sari #3, Seminyak, Bali
  • オープン:2012年8月1日
  • 設計:野井成正デザイン事務所 野井成正 松本直也
  • 床面積:118㎡
  • 客席数:20席
  • Photo:Hendricus Lingawidjaja


   

In the center of Bali, there is an area called Seminyak. This sushi restaurant project is located in the 2nd floor of the newly-built resort villa “111-one eleven-” in there. Sushi is a cuisine to present a taste of a fresh material simply. We designed a space to make guests to feel it to the maximum extent. By putting the butt end of local teakwood in a rhythmical order, we tried to express a natural charm of the wood and then draw out the charm of sushi. We hope that guests enjoy tasting sushi surrounded by the simply and powerfully structured space which is also calm and integrated. (Shigemasa Noi)

  • 【SHIRO sushi and sake bar】
  • Location : ONE ELEVEN, JI. Pangkung Sari #3, Seminyak, Bali
  • Open : August 1st, 2012
  • Designer : shigemasa noi design office Shigemasa Noi Naoya Matsumoto
  • Floor area : 118㎡
  • Capacity:20 seats
  • Photo:Hendricus Lingawidjaja

 

 


 

 

 

ADRIANO GOLDSCHMIED/AG OMOTESANDO

L.A.セレブデニムの代表格と呼ばれるブランド” ADRIANO GOLDSCHMIED “の日本初出店。本国アメリカのAGのお店には店のアイコンのように巨大なスチール製の「A」と「G」のマークが棚に埋め込まれている。日本の店にもそれと同様の物を入れたいとの要望を受け、同様にアメリカのAG本社内の工場で日本の現場のサイズに合わせて製作し、日本に輸送して設置した。同じく木材もアメリカの店と同じ材料をAG本社から輸送し棚や什器に使用、素材感がアメリカの店と相違無いよう細心の注意をした。また、AG の西海岸のゆったりした雰囲気を日本のこの場所でも感じてもらえるよう、アメリカの店と異なりそれほど高くない日本の天井に高低差を付け、ロフトのような意匠を加えることで空間に広がりを持たせ、トップライトに見立てた光天井を奥のスペースに設けることで開放感のある空間を演出している。白とモルタルを基調とした内装の中にバランス良く施された木とスチール、レンガのマテリアル感が表情豊かなAGのデニムをより際立たせている。(三橋 崇/ペブル)



  • ADRIANO GOLDSCHMIEDAG OMOTESANDO
  • 所在地:東京都港区北青山3-5-25
  • オープン:2012316
  • 設計:PEBBLE Co.,Ltd. 三橋 崇 平山拓也
  • 床面積:124.7
  • Photo:高山幸三



This is the first store in Japan for the brand “ADRIANO GOLDSCHMIED”, known as the representative of L.A celebrity denim brand. By the request of the brand director in Japan, the huge steel logos “A” and “G”, that are embedded in the shelf of the main store in US, were specially made for the store in Japan at the factory in US, and was transported to Japan. Other wooden materials used for shelves, furniture and fixtures were also transported from US, with the utmost attention to make the feelings of the material in the store similar to that of US. In order to create a relaxed atmosphere just like to the main store in west coast, PEBBLE created up down on the ceiling which is not so high as the US, and added a loft style area to offer an extra wide open space. In addition, using a light ceiling to resemble a top light also provides the open feeling. An excellent balance of wood, steel and brick, greatly matching in the white and mortal based interior, even highlights the expressive denim of “AG”. (Takashi Mitsuhashi / peble)



  • ADRIANO GOLDSCHMIEDAG OMOTESANDO
  • Location:3-5-25, Kitaaoyama, Minato-ku, Tokyo
  • Open:March 16th, 2012
  • DesignerPEBBLE Co.,Ltd. Takashi Mitsuhashi、Takuya Hirayama
  • Floor area : 124.7
  • Photo:Kozo Takayama



   


  

KOKUYO FURNITURE Shanghai Flagship Showroom

中国上海の中心部である人民広場にコクヨファニチャーの「Shanghai Flagship Showroom」がオープンしました。このショールーム空間のコンセプトは「層」です。コクヨの歴史や技術、ものづくりへのこだわりなどこれまでの取り組みから、グローバルスタンダードな商品を次々と生み出していくコクヨのこれからの意志が、各ゾーン=「層」にメッセージとして込められ、それらの「層」をつなげていくことでこの空間は作られています。つまり、これらの「層」を体感することで、アウトプットとしてのプロダクトだけではなく、ものづくりの根底にあるコクヨの思想と創造的な活動を多面的に理解してもらうことを狙いとしています。さらに、中国のダイナミズムと日本の繊細さを掛け合わせることで、中国市場におけるインパクトハイブランドの両立した空間を目指しました。(佐藤 航/コクヨファニチャー)


  • KOKUYO FURNITURE Shanghai Flagship Showroom
  • 所在地:上海 新金橋広場 北京西路×西蔵中路 新金橋ビル
  • オープン:20121025
  • 設計:コクヨファニチャー 佐藤 航、国誉装飾技術 澤田直記、UDS 王 鋭
  • 床面積:1040
  • Photo:ナカサ&パートナーズ



KOKUYO FURNITURE Co., Ltd. opened its “Shanghai Flagship Showroom” in Shanghai people’s square located in the center of Shanghai city. The concept of the showroom space is “layers”. The space consists of many layers and each layer has a specific message; KOKUYO’s historical creativity, high technique, and continued productivity. The layers make visitors to be able to understand not only KOKUYO’s products as an output but also KOKUYO’s philosophy and creative activity from various perspectives. China’s “dynamism” and Japan’s “sensitiveness” are crossed in the space and it aims to achieve both “impact” and “high-class brand” in Chinese market. Wataru SatoKOKUYO FURNITURE Co., Ltd.


  • KOKUYO FURNITURE Shanghai Flagship Showroom
  • LocationNO7, West Beijing Road, Huangpu District, Shanghai, China
  • OpenOctober 25th, 2012
  • DesignerWataru SatoKOKUYO FURNITURE Co., Ltd.)、Naoki SawadaKOKUYO FURNITURE COMMERCE AND TRADINGShanghaiCo., Ltd.Wang RuiUDS
  • Floor area : 1040
  • PhotoNacasa & Partners





1 / 41234