タグ別アーカイブ: 2013

BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI

AG_1

AG_2AG_3 AG_4

AG_5佐賀県伊万里に建つ結婚式場の計画である。結婚式場としてのプライバシーを守りながらも外部空間を取り込み、そして街に対しても圧迫感なく溶け込んでいくようなデザインが求められた。
まず、敷地を2.5mの塀で囲み、高さが8mと一番高くなる披露宴会場を敷地中心に配置して、その中心に向かって四角い形態が内接しながら回転していくように徐々にボリュームを高くしていった。そして、これによって生まれた三角形のスペースを水盤、テラス、庭といった外部空間として、光や風といった自然環境を空間内部へと取り込んでいる。
四角い形態が内接しながら回転していくといった非常に単純なアイデアではあるが、それによって様々な隙間が出来き、そこに高さの変化も加わることによって、プライバシーを守りながらも、開放的で広がりのある豊かな空間が生まれている。
(小川博央)

 

「BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI」
所在地:佐賀県伊万里市新天町516-11
意匠設計:小川博央建築都市設計事務所
構造設計:我伊野構造設計室
設備設計:ZO設計室
敷地面積:2923.92㎡
建築面積:1000.37㎡
延床面積:909.75㎡
竣工:2013年10月
Photo:宮崎富嗣成

 

Wedding ceremony hall built in Imari city, Saga prefecture. As for the design, it was required to protect the privacy of the ceremony hall and take in the external space at the same time, and then make the hall fit in the city landscape without any pressure.
First of all, we surrounded the ground with 2.5 meter high walls and then placed the 8 meter high banquet hall in the center. Toward the center, inscribing square canopies get gradually higher in rotation. This structure produces triangular spaces that become the basin, terrace, and garden. These external spaces bring the natural environment such as the light or wind into the internal space.
It’s a very simple idea to have inscribing squares in rotation but it makes diverse interspaces. By adding a changing height to this structure, we successfully created the rich open space with protection of the privacy. (Hironaka Ogawa)

 

【BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI】
Location:516-11, Shinten-cho, Imari-shi, Saga
Architectural design:HIRONAKA OGAWA and ASSOCIATES
Structural design:Gaino structural design office
Facility design:ZO CONSULTING ENGINEERS
Site area:2923.92㎡
Building area:1000.37㎡
Floor area:909.75㎡
Open:Oct, 2013
Photo:Fujinari Miyazaki

 

BRIDAL AQUA GARDEN WHITE HOUSE IMARI
http://www.whitehouse-imari.jp/

小川博央建築都市設計事務所
http://www.ogaa.jp/

Fujinari Miyazaki
http://contrast.st/

BURLESQUE TOKYO

burlesque_1

burlesque_5

burlesque_3

burlesque_4

六本木という立地ではあるが、どこかの国や場所を連想させないことを念頭に置き、かつ国内外で観てきたショービジネスの店のイメージをちりばめて考えてみた。 ステージを大きく取ることでダンサーの表現が自由になることを主体に、客はあまり歩くことがないことからほとんど通路を取らず、長い花道を設けた。地型により、ステージから遠い席はひな壇に、観ることが難しいゾーンにはジャクジーバスカウンターを設け、多様で充実した店づくりとした。 過剰とも取れる表層の装飾が、本物のダンサーの素晴らしさの前では遥かにかすんでしまう事実に感動した。(鈴木克典/Fantastic Design Works)

 

「BURLESQUE TOKYO」
所在地:東京都港区六本木7-13-2 アーバンビル7F
オープン:2013年12月
設計:Fantastic Design Works 鈴木克典 丸山英一
床面積:244.1㎡
客席数:110席
Photo:ナカサ&パートナーズ 山本慶太

 

“BURLESQUE TOKYO” is located in Roppongi area but we kept in mind that the store does not let visitors reminding of any country or place and tried to spread the image of show business that we had seen in and out of Japan. By creating a wide stage, dancers can perform more freely. Because guests do not necessarily to walk around, we could set a long runway. According to the store form, the seats that are a bit away from the stage are set in tiers and the corner where guests can hardly watch the show has a jacuzzi bath with a drink counter. The store is filled with various facilities. We were touched by the fact that even too much superficial decorations get less represented in front of amazing dances.
(Katsunori Suzuki / Fantastic Design Works)

 

【BURLESQUE TOKYO】
Location:Urban Building 7F, 7-13-2 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:December, 2013
Design:Fantastic Design Works  Katsunori Suzuki  Eiichi Maruyama
Floor area:244.1㎡
Capacity:110 seats
Photo:Nacasa & Partners Keita Yamamoto

 

BURLESQUE TOKYO
http://burlesque-roppongi.com/

 

Fantastic Design Works
http://f-fantastic.com/

 

 

東北エモーション

tohoku-emotion_1

tohoku-emotion_2

tohoku-emotion_4

tohoku-emotion_3

tohoku-emotion_5

地元の琥珀のイメージや刺し子の文様等を採り入れ、非日常的な空間の中でも東北地方の空気が心地良く伝わるようイメージ。
1号車・個室
窓の開口部の関係で部屋割りが決まり、限られたエリアで圧迫感のない空間を。上部壁の仕上げはミラーを使用することで広がりを与え、間接照明の効果で落ち着きを演出した。
2号車・ライブキッチン
エントランスとしてお客様が最初に足を踏み入れる場所に対し、電車ということを忘れさせる驚きと、空間全体のトーンを抑え、品を出すことに重きを置いたデザインとした。
3号車・オープンフロア
すべての号車に言えることだが、各場所ごとにシーンを変えて演出している。3号車は空間の広がりを強調するため、天井に設けた円形の間接照明の連続で目線を奥へ流れさせている。

旅の始まりの高揚感とその気持ちをやさしく包むような、空間全体のトーンを抑え、「凛とした品」を醸し出すことをテーマにデザインした。(INTENTIONALLIES)

 

「東北エモーション」
区間:青森・八戸駅〜岩手・久慈駅間
運行開始日:2013年10月19日
デザイナー:INTENTIONALLIES
Photo:矢野紀行写真事務所

 

 

We tried to express Tohoku area’s atmosphere comfortably even in this extraordinary space by adopting local images such as umber or traditional quilting.
Car 1. Private room:
Room assignments are decided depending on window openings. We pursued no pressure in the limited space. Upper wall’s finishing is done by using mirrors in order to broaden the space and indirect lightings give calm and relaxing effects.
Car 2. Live kitchen:
The key factor of the design is to give a surprise to guests that they forget about they are stepping into a train through the entrance. We also paid attention to keep spatial tone down and create classy images.
Car 3. Open floor:
Each scene is differently produced up to places although it can be said to all cars. As for the car 3, in order to emphasize the broadening of the space, we lead guests’ line of sight to deeper inside of the train by serial circular indirect lightings on the ceiling.

The design theme is to create “chic dignity” in the space which softly hugs uplifting feeling of the beginning of the travel. (INTENTIONALLIES)

 

【TOHOKU EMOTION】
Route:Between Aomori Hachinohe station and Iwate Kuji Station
Start:Oct. 19th, 2013
Designer:INTENTIONALLIES
Photo:Toshiyuki Yano Photography

 

 

 

東北エモーション
http://www.jreast.co.jp/tohokuemotion/index.html

 

INTENTIONALLIES
http://www.intentionallies.co.jp/

 

矢野紀行写真事務所
http://www.yanofoto.com/

 

 

 

 

rock star hotel

RSホテル01

RSホテル02

RSホテル03

RSホテル04

RSホテル05

RSホテル06

RSホテル07

不動産価値の低い雑居ビルをコンセプトホテルへとコンバージョンすることで不動産価値を再生し、街の顔となるアイコンを目指したプロジェクト。 大阪の雑多で賑やかな街並みに馴染ませるのではなく、白くシンプルなファサードはシャープな印象を与え、その街並みから際立つ存在感を示している。
エントランスを抜けると、ファサードに持った印象とは対称的に化粧型枠を使用したモルタル、アンティークレンガ、古材などテクスチャーや密度を感じる素材へと切り替え、最大のコンセプトとなるロックスターに出迎えられる空間とし、お客様の期待感を膨らませる空間とした。
2Fは「café madonna」という名前の通り、白を基調とした空間にマドンナのアートを壁面に用いて、女性も利用しやすいポップで明るい空間を用意した。3〜6Fは客室となっており、スタンダードシングル17室、二人で利用出来るジュニアスイート2室、6Fフロア全体を使ったパーティ等でも利用出来るスイートルームで構成されており、
それぞれ各室ごとに異なるロックスターに迎えられ、宿泊する度に楽しむことができるホテルとなっている。
今回のプロジェクトを進めるにあたり、空間を彩るアクセントとなるロックアーティストのアートワークは大阪在住の若手アーティストbuggy氏が手掛けてくれた。
(cafe co.)

 

「roof top bar」と名付けられた7Fは、テラスを持ったクラシックでソフトロックテイストなラウンジ。ジョンレノンが過ごしたダコタハウスをテーマとし、クラシックなテイストをベースとしながら、全体をグレートーンにすることやスタッズ風のモール装飾などクラシックの重厚感の中に新たなデザインの展開を試みた。天井には分かりやすくキャッチーな“ロックスター“を象徴する星形のホリゾントを設置。家具は一点一点デザインを変え、クラシックかつビンテージ感漂う象徴的なものとし、ゆったりと座れて極上な居心地を味わえる。一人では少し大きな椅子も女性が加わるとちょうどいいサイズ感。
階段を上がるとグレイッシュなプランターで囲まれた屋上テラス(RF)がある。足元にはイタリア製の人工芝を敷き詰め、まるで絨毯のような弾力性と心地良さ。プランターにはハーブが植えられ、ビル群の中にありながらも、その香りや解放感がさらに心地良い。DJがかかると空間のサイズとデザインが相まって、ラグジュアリーでありながらもアットホームなシークレットパーティムード。夜の屋上に現れる映像はまさに秀逸である。
(FANTASTIC DESIGN WORKS CO.)

 

 

「rock star hotel」
所在地:大阪市西区阿波座1-4-11
オープン:2013年12月13日
全体設計:cafe co.
7F/RF設計:FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
床面積:820.15㎡
客室数:17室
客席数:2F(café madonna)/37席 7F(roof top bar)/34席 RF(テラス)/31席
Photo:下村康典

 

 

 

The project was launched to convert a multi-tenant building, which had a low value as a real estate, into a conceptual hotel in order to revitalize its value and make it to the symbol of Osaka city. Not by fitting in the miscellaneous and lively streets of the town, but by offering sharp impression of the simple white façade, the hotel has significant presence on the street.
On the contrary to the façade, we gave more texture and density feeling to interior materials, such as mortars using decorative frames, antique bricks and old items. When customers pass through the entrance, they are welcomed by rock stars that are the strongest concept of the hotel and their expectations grow.
“café madonna” on the second floor, as its name suggests, has the artworks featuring Madonna on the walls in the white-themed space. The pop and bright space is easily accessible to female customers. Guest rooms from 3rd to 6th floor consist of 17 standard singles, 2 junior suites that can accommodate 2 persons, and the suit room that can also be used as a party room using the 6th whole floor. Since each room has different rock stars welcoming customers, people will never get bored and enjoy their stay every time.
A young artist, Mr. buggy, from Osaka created the artworks of rock artists which are the accents to decorate the space. (cafe co.)

 

The 7th floor, named “roof top bar”, is a classical and soft-rock taste lounge with a terrace space. The theme of the floor is the Dakota House where John Lennon lived, based on the classical taste. Throughout the floor, the gray tone is adopted and the new design, such as stud-like molding, is developed in the classical dignity. On the ceiling, we set straightforward and catchy star-shape lighting which symbolizes a “rock star”. Each piece of furniture has different design so that they become symbolic and give classical and vintage atmosphere. Sofas are designed a bit large for a man and very comfortable. When woman join him, the sofa size gets adjusted.
On the roof terrace, there are grayish planters. The floor is paved with Italian made artificial grass which has comfortable elasticity like a carpet. Herbs are planted in the planters and they spread relaxing perfumes and feelings surrounded by buildings. When DJ gives music, the design and size of the space create luxurious but homey secret party mood. Movies appearing on the roof top are just amazing. (FANTASTIC DESIGN WORKS CO.)

 

 

【rock star hotel】
Location:1-4-11, Awaza, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Dec. 13th, 2013
Total Design:cafe co.
7F/RF Design:FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
Number of Rooms:17
Floor area:820.15㎡
Capacity:2F(café madonna) / 37 seats 7F(roof top bar) / 34 seats RF(terrace)/ 31 seats
Photo:Yasunori Shimomura

 

 

rock star hotel
http://rockstar-hotel.jp/

 

cafe co.
http://www.ca-fe.co.jp/

 

FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
http://f-fantastic.com

 

Urban

URBAN_1

URBAN_2

URBAN_3

URBAN_4

URBAN_5

香港の中環(セントラル)地区、CBDの高級ショッピングモールに、シックで都会的なカフェ「Urban」がオープンした。同店は、顧客に新しいテイクアウトベーカリーの体験を提供し、ベーカリーの地位を楽しくカジュアルで、手軽にグルメを味わえる場所へと押し上げている。また、ただ食欲を満たすだけではなく、都会的なビジネスライフスタイルの本質である、友人や同僚との交流ができる場所として機能している。
香港という街は、多くの明暗や矛盾に満ちている。店名が示す通り、今回のプロジェクトが目指したものは、ベーカリーカフェという限られた空間の中に、矛盾した都会のあり様を描くことであった。ロンドンのバラマーケット(Borough Market)からインスパイアされたカフェでは、朝食からランチ、ティータイム、そしてハッピーアワーまで、幅広くありとあらゆるメニューを扱っている。それらのメニューに加え、空間にもいきいきと心揺さぶられる雰囲気が与えられ、同時に都会に潜む暗い一面を暴き出すデザイン要素が取り入れられている。
カフェのインテリアには、都会の印象を要約したイメージが集められた。著名なポルトガル人のストリートアーティスト、VHILSが手掛けた壁面は、カフェに工業的なトーンを醸し出している。この独創的な壁画は、ドリルやのみ、ハンマーによって彫られ、空間をうまく活用することで、訪れる人々を魅惑するコラージュとなっている。他にも、とぼけた感じに電球が切れた「Bakery Open」というネオンサインや、地平線のシルエットが描かれた疑似天井、共用テーブルの上に吊られた水道管で作られた「シャンデリア」、マンホールの蓋を模して鋳造された鉄のテーブルと脚など、都会の暗い本質をとらえたデザインが細部にちりばめられている。
(Joey Ho/文責BAMBOO)

 

「Urban」
所在地:Shop 322, 3/F, Landmark Atrium, 15 Queen’s Road, Central, Hong Kong
オープン:2013年11月
設計:Joey Ho Design Limited
床面積:289.5㎡
客席数:69席
Photo:Dick Liu

 

 

Located in an exclusive luxury mall in the heart of Hong Kong’s CBD, Central, Urban is a chic, urbane cafe offering a new “bake n take” experience. The idea is to elevate bakery into a playful, casual and fast paced gourmet concept, and allowing customers not only a place to refuel, but to socialize with friends and colleagues, which is the true essence of urban business lifestyle.
A city is full of contrasts and contradictions. As suggested by its name, the challenge of this project is to portray the contradictory reality of the urbanscape within the physical confines of this bakery café. Inspired by London’s Borough Market, the café offers a wide gamut of food ranging from breakfast to lunch, teatime to even happy hours. To complement the menu, a lively and inspiring atmosphere has to be injected into the space, yet with design elements that also reveal the dark side of an urban city.
The café interior contains a collection of images that summarise the impression of an urban city. A feature wall by celebrated Portuguese street artist VHILS sets the industrial tone of the café. This unique mural is carved by using drills, chisels and hammers, using the negative space to shape a mesmerizing collage. Other design details that capture the dark essence of a city include: the hilarious burned out neon sign “Bakery Open”, the false ceiling with the silhouette of a skyline, the “chandelier” above the communal table constructed with water pipes, and the round cast iron legs of the tables that mimick manhole covers. (Joey Ho)

 

【Urban】
Location:Shop 322, 3/F, Landmark Atrium, 15 Queen’s Road, Central, Hong Kong
Open:Nov. 2013
Designer:Joey Ho Design Limited
Floor area:289.5㎡
Capacity:69 seats
Photo:Dick Liu
Urban
https://zh-hk.facebook.com/UrbanBakery

 

Joey Ho Design Limited
http://www.joeyhodesign.com

 

 

ヴァンローゼ/勝田台のいえ

vnrs_2

vnrs_4

vnrs_1

vnrs_3

千葉県勝田台の店舗兼住居。1Fは手前にパティスリーと、奥に厨房、2、3Fは住居となっている。店舗は手前1.8mの高さから奥に向かって3.1mの高さの塀に囲まれた、街路から連続する空き地のような場所となっている。塀内には樹木が植わり、塀の上にガラス屋根がかかり頭上に住居部分の底面がみえる。前面道路から見るとショーケースに並ぶケーキが目に入り、その上に住居のボリュームが浮いて見える。店舗と住居が断面的に切り離され、空気の層が差し挟まれている。この層は昼間には店内に自然光を落とす役割を持ち、夜は宝箱が開いたように店内の光が溢れ、それぞれの時間で光の層をつくりだす。断面的に配置された光庭のような場所である。(永山祐子/文責BAMBOO)

 

「ヴァンローゼ/勝田台のいえ」
所在地:千葉県八千代市勝田台1-36-10
オープン:2013年11月
設計:永山祐子建築設計 永山祐子 川嶋洋平
構造設計:昭和女子大学 森部康司研究室
床面積:152.59㎡(うち厨房84.28㎡)
Photo:阿野太一

 

 

A dwelling with a shop at Katsutadai, Chiba prefecture in Japan. The front of 1st floor is a patisserie and the back is a kitchen space. 2nd and 3rd floors are for a dwelling. The shop is surrounded by the wall and it has 1.8 meters height facing the street and then gradually gets higher toward the inside. The place is like an empty-lot along the street. Trees are planted inside of the wall and the roof of the shop is glass-made. Guests can see the bottom of the dwelling. Watching the building across the street, cakes in showcases come in sight first and then the dwelling part looks like floating. The shop and the dwelling are cross-sectionally split and a layer of air is wedged between them. The air layer functions to bring natural right into the shop in the day time. In the night time, light overflows like a jewelry box. The layer creates different light in each period of time. It is like a cross-sectionally placed garden of light. (Yuko Nagayama)

 

【VIN ROSÉ/Katsutadai House】
Location:1-36-10, Katsutadai, Yachiyo-shi, Chiba
Open:Nov, 2013
Designer:Yuko Nagayama & Associates Yuko Nagayama Yohei Kawashima
Structural design:Moribe Yasushi lab (SHOWA WOMEN’S UNIVERSITY)
Floor area:152.59㎡ (including kitchen area 84.28㎡ )
Photo:Daici Ano

 

 

ヴァンローゼ
http://www.katsutadai.info/vinrose/

永山祐子建築設計
http://www.yukonagayama.co.jp

阿野太一
http://www.fwdinc.jp

 

 

糸満漁民食堂ーみんなのレストラン

糸満食堂_7

糸満食堂_2

糸満食堂_3

糸満食堂_4糸満食堂_5

糸満食堂_6

糸満食堂_1

沖縄県糸満市に計画された「糸満漁民食堂」は、食を通じて地域の伝統や文化を残し、伝えることを目的として創られたレストランである。かつて糸満の漁民が琉球石灰岩を手で積み自分たちの漁場を作ったように、この計画では「石積みワークショップ」を開催し、のべ60人の地域住民と関係者の手によって「みんなでつくるレストラン」を実現させた。
「糸満漁民食堂」の試みは、カタチのデザインによって場に磁力をもたらすのではなく、コミュニティーを創造する理念によってカタチが与えられていることだ。この石積みの建物が、糸満漁民の誇りと愛着に支えられた場所の始まりとなることを願っている。(山﨑健太郎)

 

「糸満漁民食堂ーみんなのレストラン」
所在地:沖縄県糸満市西崎町4-17
オープン:2013年2月20日
設計:山﨑健太郎デザインワークショップ
床面積:83.78m²
客席数:34席
Photo:小出直穂子、大城 亘

 

 

 

“ITOMAN GYOMIN SHOKUDO”, in Japanese it means the restaurant for fishermen in Itoman city, opened in Itoman city in Okinawa prefecture. The restaurant was created to preserve and transmit local traditions and cultures through food. At a time in the past in Itoman, fishermen constructed their fisheries with limestone rocks by hand. We organized “stone masonry workshop” and realized “The restaurant made by everyone” with 60 local and concerned persons. The challenge of ITOMAN GYOMIN SHOKUDO can be characterized as being given the figure from the idea of creating the community and not as empowering the place by superficial design. We hope this stone masonry building will be the place backed up with pride and passion of Itoman fishermen. (Kentaro Yamazaki)

 

【ITOMAN GYOMIN SHOKUDO – The restaurant for everyone – 】Location:4-17, nishizaki-cho, Itoman-shi, Okinawa
Open:Mar. 20th, 2013
Designer:YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP
Floor area:83.78㎡
Capacity:34 seats
Photo:Naoko Koide, Wataru Oshiro

 

 

 

糸満漁民食堂
http://www.facebook.com/itomangyominshokudo

 

山﨑健太郎デザインワークショップ
http://ykdw.org

 

 

小出直穂子、大城亘
http://www.camenokostudio.com/

喜神

喜神03

喜神02

喜神04

喜神06

喜神05

ベトナム・ホーチミンで“ジャパニーズヌードルダイニング”の計画。東京・中野にあるラーメン屋の味を、ホーチミンで変わることなく味わえる店である。ラーメンの価格もベトナムの物価に合わせることなく、ほぼ日本と変わらない客単価に設定しているため、現地では高級レストランという位置づけになる。そのため、いかにベトナムの人々に「日本」を感じてもらえる空間にするかがメインコンセプトになった。そこで、さくら、富士山、忍者など、ベトナム人がイメージしやすい「日本」をキーエレメントに、和紙、組子、切子ガラスなど、日本独自の素材や技術で日本らしさを表現した。日本らしさとホーチミンの地域性が融合したNEWジャパンデザインがここに完成した。(藤井文彦/ファン)

 

「らーめんダイニング 喜神」
所在地:132 Nguyen Trai Str., BenThanh Ward, Dist 1, HCMC, Vietnam
オープン:2013年12月10日
設計:fan Inc. 藤井文彦
床面積:211.3㎡(GF/73.2㎡、1F/57.5㎡、2F/80.6㎡)
客席数:62席 (GF/13席、1F/23席、2F/26席)
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

 

“Japanese noodle dining” project in Ho Chi Minh City in Vietnam. In the restaurant guests can enjoy the same taste of the original one in Nakano, Tokyo. Because the price setting of meals is almost the same to Japan and not adjusted for the commodity price in Vietnam, the restaurant is positioned as a fine dining in there. Therefore, the main concept is creating the place where Vietnamese guests can feel “Japan”. We chose cherry blossom, Mt. Fuji, and Ninja, familiar image of Japan in Vietnam, as key elements to express Japaneseness, using Japanese traditional materials and techniques such as Washi-Japanese paper-, Kumiko- refined lattice works-, and Kiriko-glass cutting works-. New Japan design, blended Japan and Ho Chi Minh City, has completed here. (Fumihiko Fujii / fan)

 

【Ramen Dining  KISHIN】
Location:132 Nguyen Trai Str., BenThanh Ward, Dist 1, HCMC, Vietnam
Open:Dec. 10th, 2013
Designer:fan Inc. Fumihiko Fujii
Floor area:211.3㎡(GF/73.2㎡、1F/57.5㎡、2F/80.6㎡)
Capacity:62 seats (GF/13 seats、1F/23  seats、2F/26 seats)
Photo:Nacasa & Partners

 

 

 

fan Inc.
http://www.fan-inc.com/

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

 

イーグル建創

EAGLE_1

EAGLE_2

EAGLE_3

EAGLE_6

EAGLE_4

EAGLE_5

オフィスは、企業の顔であり、企業イメージを向上させると共にその姿勢が示される場でもある。訪れる人やそこで働く人たちに、それらを感じ取ってもらう空間創りが必要だと考えた。
天然素材を多用し、地球に優しい暮らし方を提案する「イーグル建創」。こうした企業コンセプトに基づき、自然の持つ開放感や心地良さをベースとしながら、オフィス空間が持つある種の緊張感と緩和、あるいは高揚感といった空気感を、天然素材と光の空間構成により、できる限りシンプルに構築的に見せた。
オフィスという空間に新たな価値観を生み出すことで、空間によって企業のモチベーションが高まる装置となることを目指した。(柿谷耕司)

 

「イーグル建創 本社ビル」
所在地:東京都町田市成瀬1400-1
開設日:2013年11月
設計:柿谷耕司アトリエ 柿谷耕司 安達豊明
床面積:480.88㎡
Photo:大瀧 格

 

 

An office is like a signboard of a company and it enhances an image and shows an attitude of the company. We thought it needs to create space for both visitors and workers to feel those things. EAGLE KENSO company suggests earth-friendly lifestyles using natural materials. Based on this corporate concept, we tried to show rising and easing tensions or uplifting feelings in the office space, as simple as possible and structurally, with a sense of openness and comfortableness. Our goal is to create a new value in the office space and make it as a device to heighten motivation of the company. (Koji Kakitani)

 

【EAGLE KENSO headquarter】
Location:1400-1, Naruse, Machida-shi, Tokyo
Open:Nov. 2013
Designer:Koji Kakitani Atelier, Ltd.  Koji Kakitani  Houmei Adachi
Floor area:480.88㎡
Photo:Kaku Ohtaki

 

 

イーグル建創
http://www.eaglekenso.com/

 

柿谷耕司アトリエ
http://www.kakitani-a.co.jp

 

 

1 / 512345