タグ別アーカイブ: 2014

MOMENT KANDA 西口店

m1

m2

m3

m4

都心にある雑居ビル内の空中店舗に存在する、ウイスキー「白州」をメインに取り扱うバー。「白州」のブランドイメージである森をコンクリートジャングルの中に挿入することで、都市の時間の流れを忘れさせ、本当の癒しを得られるバーを目指した。ルーフバルコニーにつくられた生きた森は、白州蒸留所のある山梨の生息樹と富士砂で構成されており、12種もある美しくも珍しい枝振りのモミジたちがメインだ。室内も森をデフォルメしたデザインで、経年変化する素材が姿を変え続ける生きた森に呼応するもの。床には黒皮鉄を敷き、壁はこれまでの時を刻んだRCをスケルトンにし、天井のワイヤーメッシュにはエアプランツやツタを這わせることで、時間を意識させる仕上げとなっている。また、乱立させた黒皮鉄の丸棒には鉄の枝を生やし、緑色の白州のボトルをセットすることで木と葉の緑をイメージしている。存在感のある木の塊のようなカウンターは、米松材を集積させ、チェーンソーで大まかにシェーピング。最後は手で削り微調整をしながら丁寧に磨き、生命力を吹き込むように仕上げていった。その他、ヌメ革のチェアや黒皮鉄の棚など、存在するすべてがそれぞれの時間の流れを生む。訪れる方が、何かしらの「時間」を意識し、心の豊かさや癒しにつながればと期待している。(家所亮二)

 

MOMENT KANDA 西口店
所在地:東京都千代田区内神田3-13-3 タチバナビル7階
オープン:2014年6月6日
設計:家所亮二建築設計事務所 家所亮二
床面積:40㎡
客席数:9席
Photo:TSuKaMoTo

 

This is a bar where Japanese whisky “HAKUSHU” is featured. I planned to create a space that puts out the flow of urban time from customers and give them comfort by inserting “forests”, which is the “HAKUSHU” brand image, in a concrete building. The forests in a balcony consist of trees and sand from Yamanashi prefecture where HAKUSHU whisky distillery is located. 12 kinds of beautiful and rare maple trees are chosen. The interior design concept is deformed forests. The materials also being changed across the ages act in concert with the real forests. We put bare black steel on the floor, took off coverings from the concrete walls, and placed air plants and ivy vines on the wire mesh ceiling. We added steel branches to bare black steel poles to put HAKUSHU bottles on them, imagining green of trees and leaves. A chunky wooden counter is made of accumulated spruce, roughly shaped by a chainsaw and finished by the hand in the final process. Other materials such as leather chairs or bare black steel shelves also create the unique flow of time. I hope customers to be aware of “time” and it brings them comfortableness. (Ryoji Iedokoro)

 

MOMENT KANDA Nishiguchi
Location:Tachibana bld. 7F, 3-13-3, Uchikanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Open:Jun. 6th, 2014
Design:Ryoji IEDOKORO ARCHITECTURE OFFICE  Ryoji Iedokoro
Floor area:40 ㎡
Capacity:9 seats
Photo:TSuKaMoTo

表邸 はなれ

1_7Z2C8193

2_h_7Z2C8149

3_h2_7Z2C8159+

4_h_7Z2C8069

5_h_7Z2C8269

6_h_7Z2C8293

「表邸 はなれ」は、前身となる店舗が15年の節目を迎えたことを受け、店名を含めて全面リニューアルを行ったプロジェクトだ。店と共に時を重ねた顧客のニーズ、例えば、友人との集いの場から仕事仲間との交流の場への変化などに対応し、全面オープンであった客席から一転、全個室へとドラスティックな見直しを行った。環境面においては、それぞれの部屋に「個」としての特性を持たせると共に、シチュエーションに応じて連結された「間」においても一体感のあるデザインを試みた。具体的には、店中央の通路を堺にモチーフの異なる2つのベース空間を構成している。そのベースとなる空間を細分化し、木彫刻や石灯篭といった空間のテーマに沿った個別のエレメントを配することで、「個」としての特性を演出している。(友杉有紀/スピニフェックス)

 

表邸 はなれ
所在地:福岡県福岡市中央区大名1-8-31 リベルタス大名1階
リニューアルオープン:2014年4月20日
設計:スピニフェックス 友杉有紀 独鈷智宏
床面積:123.8㎡
客席数:52席
Photo:石井紀久

 

“Hyotei Hanare” is a full-scale renovation project including a store’s name for a 15-year-old restaurant. Customers’ needs have been gradually changed over the years, for example, from friends’ casual meetings to business networking dinners. Corresponding to the changes, we converted the open layout to the private room layout, drastically. As for the store environment, we created different characteristics for each private room and the unified design for the whole space when rooms are connected depending on situations. Concretely speaking, we divided the store in 2 different spaces with different motives, taking the center aisle as a border line. Individual elements such as wooden carvings or stone lanterns are placed according to the themes of the spaces that show up the character of each space. (Yuki Tomosugi/SPINIFEX)

 

Hyotei Hanare
Location: LIBERTAS Daimyo 1F, 1-8-31, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Renewal Open: Apr.20th, 2014
Designer: SPINIFEX Yuki Tomosugi Tomohiro Dokko
Floor area: 123.8㎡
Capacity: 52seats
Photo: Toshihisa Ishii

 

Bistro Bon

ARTTA_1

ARTTA_2

ARTTA_3

ARTTA_4

香港の九龍塘(Kowloon Tong)に位置する香港浸会大学(Hong Kong Baptist University)の学生食堂としてオープンしたレストラン「Bisrto Bon」。毎日数千人の学生がこの活気ある校舎を行き交うため、リラックスした雰囲気が不可欠でした。地中海風にデザインされた伝統的な学生食堂には、静けさと共に軽快な空気感がひねりとして加えられています。 デザインの主な構成要素は三つ。線構造、自然素材、それに白、青、茶といった心地良いカラーです。これらによって、学生たちは地中海のおおらかな優雅さを楽しんでいる間にリフレッシュすることができます。この学生食堂では、さらに特別な経験をしてもらえるよう、それぞれに個性を持った三つの区画に分かれています。 ウォッシュ加工が施された木の壁が特徴的なオープンキッチンは、交流や移動を促進し、食堂全体に見られる直線のモチーフが、空間に奥行きを生んでいます。また、天井やテーブルの天板に採用された木の柔らかいトーンが、空間の静けさを強調しています。 メインのダイニングラウンジは、シートの背もたれを格子状にすることによって空間に拡がりを感じられるようにしました。 半個室には特注の壁紙を採用し、ガラスと木のルーバーで区切った個室は、イベント時にはオープンスペースとしても利用できるようにしています。
(DEBBIE NG / ARTTA CONCEPT STUDIO)

 

「Bistro Bon」
所在地:G/F, Dr. Ng Tor Tai International House, 32 Renfrew Road, Kowloon Tong, Hong Kong
オープン:2014年9月3日
設計:ARTTA CONCEPT STUDIO LTD.
床面積:267.56㎡
席数:104席

 

 

Bistro Bon, a school canteen planted in Kowloon Tong Baptist University. An energetic school-ground with thousands of students crossing every day, thus a lay back atmosphere is out of question. The space was designed in Mediterranean style to bring a calm but buoyant atmosphere as a twist to the traditional school canteen. It is mainly designed by using lineation style, natural materials & comfortable colors such as white, blue and brown to provide a refreshing state of mind while users are enjoying their Mediterranean lavish delicacy. To provide additional experiences, the canteen is separated into 3 zones each with their own characteristics. The Open kitchen located at the side of dining lounge designed by washed wall wood panels in selected colors that follows the whole design motif throughout the canteen. Open design increases the communication and allows the atmosphere to transfer. A vertical line strikes from start to the end of the canteen to express the depth and spatial qualities within the area. It generates a tranquil atmosphere by using mild wooden tone throughout the ceiling and table top as a top and bottom spatial differentiation to other zones. Dining lounge, heart of canteen as main service area. The use of linear bar features on seating extends the space by see through effect. Semi-private zone with tailor made wallpaper designed right on spot to create this collage to go with the canteen. The zone is separated by glass and wooden louvers, it can be transformed as private or public space when events are held.
(DEBBIE NG / ARTTA CONCEPT STUDIO)

 

【Bistro Bon】
Location:G/F, Dr. Ng Tor Tai International House, 32 Renfrew Road, Kowloon Tong, Hong Kong
Open:Sep. 3rd, 2014
Design:ARTTA CONCEPT STUDIO LTD.
Floor area:267.56㎡
Capacity:104 seats

 

Billboard

ビルボード01ビルボード02 ビルボード03 ビルボード04
ビルボード05

関東に本拠を置く印刷会社の新社屋。地方都市の幹線道路沿いに建つこの社屋は、印刷サービスを行なう店舗兼事務所と社宅、また出張員が滞在するためのゲストハウスが主なプログラムです。
幹線道路沿いでは、派手な看板を掲げた店舗が建ち並ぶ姿はお決まりの光景ですが、上空に浮かぶ看板に価値を見出し、それをモチーフとした小屋を群居させ街を形成させました。
とある社屋の屋上に突如現れた空中都市は、無表情でありながら移ろう空や近隣環境の情報を編集し映し出す看板となり、周囲に認知されます。
各階内装もまた、紙や印刷基本色を表現した象徴的なオブジェクトにより、紙媒体を通じインプット・アウトプットを繰り返す印刷業そのものの具現化を試みています。(生田直人/knit)

 

「Billboard」
所在地:三重県鈴鹿市
オープン:2014年12月1日
設計:knit 生田直人 一級建築士事務所タスエス 松下慎太郎 鈴木崇志
床面積:442.11㎡
Photo:平井広行

 

 

The new office building of a printing company based in Kanto region (middle-east Japan). Located along an arterial highway, the main programs of the building are a printing factory, an office, an employees’ house and a guest house. Along the highway, stores with fancy signboards are the same old scenery but, in this case, we constructed a town with small huts, giving another value to the signboard in the sky. The aeropolice, which suddenly appears on an office building, is expressionless yet functions as a signboard to edit and show the changing sky or the neighbor environment, and then it gets recognized by people. We also tried to realize the printing works itself through basic printing colors and symbolic objects in each floor’s interior. (Naohito Ikuta / knit)

 

【Billboard】
Location:Suzuka-shi, Mie
Open:Dec. 1st, 2014
Designer:knit Naohito Ikuta +S Shintaro Matsushita Takashi Suzuki
Floor area:442.11㎡
Photo:Hiroyuki Hirai

 

Knit
http://knit-d.jimdo.com/

 

一級建築士事務所タスエス
http://www.tas-s.com/

 

平井広行
https://www.facebook.com/hiroyuki.hirai.73?fref=ts

 

 

 

La Bécasse

ラベカス01 ラベカス02 ラベカス03 ラベカス04渋谷圭紀シェフのグランメゾン「La Bécasse」(ラ・ベカス)が、わずか12席のレストランとして移転オープンした。ヨーロッパやアジアで古来より「無限大」「宇宙全体」「繁栄」の象徴として使われて来た八角形。これをメーンモチーフにデザインをまとめた。
ファサードは、エントランス扉を隠してバックライトの八角形とサインだけの壁面のように見せている。扉を開けると、白一色の細いアプローチでレセプションへと導く。レセプションからホールに入ると、八角形のベージュの空間が広がる。折り上げ天井、光のボーダー、ホール中央のディスプレイ台など、八角形に拘ってデザインした。
そして、オリジナルデザインのイス、ベージュの本革をパネル貼りした壁と、エントランス~入店~アプローチ~ホール~イス着座まで、シェフの料理同様、隅々までこだわりを感じでもらえる空間として仕上げた。(東 潤一郎/JA laboratory)

 

「La Bécasse」
所在地:大阪市中央区平野町3-3-9 湯木ビル1F
オープン:2014年10月4日
設計:JA laboratory 東潤一郎 椎野永稔
床面積:90㎡
客席数:12席
Photo:増田好郎

 

 

 

The French cuisine chef, Yoshinori Shibuya’s Grandmaison “La Bécasse” moved and newly opened with only 12 seats capacity. The octagon shape has been recognized as a symbol of “the infinite”, “the whole universe”, or “the prosperity” in both Europe and Asia through the ages. We planned the interior design, setting this shape as a main motif.
For the façade, we hid an entrance door and showed it like just a wall with only the octagonal back-lighting and the sign. After opening the door, guests will be guided to the reception by the solid white narrow approach. Next to the reception, the octagonal beige space opens in the hall.
The coved ceiling, border light, display table in the center, and also others are all designed based on octagonal shapes.
From the façade through the entrance, approach, and hall to the seat, including the made-to-measure chairs and walls covered with beige color real leather, guests can feel the characteristics of the space together with the cuisine. (Junichiro Azuma / JA laboratory)

 

【La Bécasse】
Location:Yuki Building 1F, 3-3-9, Hirano-cho, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Oct. 4th, 2014
Designer:JA laboratory Junichiro Azuma Hisatoshi Shiino
Floor area:90㎡
Capacity:12 seats
Photo:Yoshiro Masuda

 

 

 

La Bécasse
http://www.labecasse1990.com/

 

JA laboratory
http://www.ja-labo.jp/

 

増田好郎
http://yoshiro-masuda.net/

 

Mongolian DRUNK ARAKI-CHO

モンゴリアン01モンゴリアン02モンゴリアン03モンゴリアン04


新宿ゴールデン街に店を構える「Mongolian DRUNK」。その2号店となる場所は四谷荒木町。「Biker’s Nest(バイク乗りの隠れ家)」をコンセプトに、歴史的な文脈の中にストイックに佇むゴールデン街の店に対し、荒木町ではミニマムな中に知的な存在感を示す場を「レストア」というキーワードを軸に構成。バイクビルダーが用いる手法を空間に落とし込み、仕上げていくアプローチを試みた。 ファサードは、木材とステンレスというシンプルかつミニマムな構成としつつ、扉にはツイスト加工したハンドルグリップを用いることで、人が触れるものに象徴性と特別感を与えた。店内に入るとアンティークレースとレースストライプの柄が浮かび上がり、店内を映し出す鏡のようなカウンターテーブルとライトボックスが人々を迎え入れる。ハンドメイドペイントと幾重にも塗り重ね磨きあげた高硬度な鏡面塗装により、重厚感と浮遊感が共存する空間が生まれた。 空間レイアウトや素材はシンプルに、ディテールを象徴的にカスタムすることで、インパクトを生むシーンをデザインした。バイクの車体を組み上げていくイメージと空間のそれをリンクさせ、オーナー、職人、デザイナーがイメージを共有することで、バイクの存在を想起させ、語り合えるバーに仕上がった。 (田中健太郎/shirotokuro)
「Mongolian DRUNK」
所在地:東京都新宿区荒木町8番地 IAビル1F
オープン:2014年8月8日
設計:shirotokuro 田中健太郎
特殊ペイント:Lasers Paint
床面積:21.67㎡
客席数:13席

 

 

“Mongolian DRUNK” is located in Shinjuku-Golden-Gai (a famous drinking district in Shinjuku). This store is their 2nd branch store in Yotsuya-Arakicho. In Arakicho, we created the place which shows an intelligential existence in minimum space based on the keyword “Restore”. Meanwhile, the main store in Shinjuku stoically stands in a historical context with the concept “Biker’s Nest”. We tried to take the approach which bike-builders use and then interpret that and finish the space. For the façade, we adopted wood and stainless steel that are simple and minimum but the twisted handle for the door to give a symbolic and special character to the part people touch. When guests enter the store, the antique lace and striped lace patterns rise, and the counter table which reflects the interior like a mirror and righting boxes welcome them. Hand-painted patterns and polished multi-layers hard mirror finishing result in creating the space where dignity and floating feeling coexist. We designed the scene which create an impact by keeping the layout and material simple and customizing details symbolically. We linked the image of building a bike and a space. Therefore, the honor, craftsman, and designer could share the image. The bar, which is reminding the existence of a bike and talkative, is born.(Kentaro Tanaka / shirotokuro)
【Mongolian DRUNK ARAKI-CHO】
Location:IA building 1F, 8 Arakicho, Shinjuku-ku, Tokyo
Open:Aug. 8th, 2014
Designer:shirotokuro Kentaro Tanaka
Special Paint:Lasers Paint
Floor area:21.67㎡
Capacity:13 seats
shirotokuro
http://shirotokuro46.tumblr.com/

 

TSUNOHAZU

ツノハズ01ツノハズ02 ツノハズ03 ツノハズ04 ツノハズ05 ツノハズ06

ツノハズ08ツノハズ07
私たちは日常生活の中で快適に生活をするために自分の中にある種の方向性を定義づける。
しかし、「快適である」ということと「豊かである」ということは異なるものであることを意識しておかなければならない。
それは私たちデザイナーにとっては死活問題である。
私たちは豊かさを見出さなければならない。それは日常生活の中に存在する微かなザラつきや違和感の中にあると信じている。
また、私たちは日常生活の中で、人と人、物と物、人と物との関係性をわかりやすく解釈したいが故に安易に類別したがる。
しかし、時としてそれは、機会やタイミングを失し潜在的な可能性を見逃すこととなることを肝に命じておくべきだ。
私たちの営む世界は、もっと複雑に互いが相対しながら流動している。 類別されたものはそれまでの勢いを失い、のちに枯渇する。
たとえひとつの海として繋がっていようとも浅瀬で泳ぐ魚は沖には行かないものだし、逆に沖で泳ぐ魚は浅瀬へは行かないものなのである。
誤解を恐れずに述べるとすれば、ヒルトンにある、ここTSUNOHAZUには何の方向性もない。本来であればある筈の、類別し絞り込むターゲットも存在しない。
ここにあるものは全て相対する関係性と人の意識の中に潜む深度で成り立っているのである。(谷山直義)

 

「TSUNOHAZU」
所在地:東京都新宿区西新宿6-6-2 ヒルトン東京2階
オープン(リニューアル):2014年10月31日
設計:Nao Taniyama & Associates 谷山直義
床面積:2171㎡(厨房除く)
店舗数:5店舗/「メトロポリタングリル」「日本料理 十二颯」「中国料理 王朝」「バー&ラウンジ ZATTA」「パティスリー FILOU」
総客席数:579席/メトロポリタングリル120席、日本料理 十二颯141席、中国料理 王朝220席、ZATTA98席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

We define a sort of directionality in our daily life in order to get comfortableness.
However, we have to be aware of “being comfortable” and “being rich” are different.
That is a life-or-death matter for designers.
We have to find out the richness. We believe in that exists in a subtle texture or a sense of discomfort in the daily life.
We are also likely to do categorization without any careful consideration in order to interpret relationships between people and people, things and things, and people and things.
But we should keenly sense that behavior sometimes lose a timing and miss a potential opportunity.
The world we live in is in constant flux with everything facing each other in more complex ways. The categorized one loses its vigor and then runs out.
The fishes in shallow water don’t go offshore and the fishes in the offing don’t come to shallow water even if the sea is connected as one.
If I say without fear of misunderstanding, TSUNOHAZU here in the Hilton hotel has no directionality at all. There is no target which the place originally should have.
Everything in here consists of the relativity and the depth of people’s consciousness. (Nao Taniyama)

 

 

【TSUNOHAZU】
Location:Hilton Tokyo 2F, 6-6-2 Nishishinjuku, Shinjuku-ku, Tokyo
Open(renewal):Oct. 31st, 2014
Design:Nao Taniyama & Associates Nao Taniyama
Floor area:2171㎡(excluding the kitchen area)
Number of stores:5 / “METROPOLITAN GRILL”, “Japanese cuisine JUNISOH”, “Chinese cuisine DYNASTY”, “Bar&Lounge ZATTA”, and “Patisserie FILOU” Capacity:579 seats in total METROPOLITAN GRILL / 120 Japanese cuisine JUNISOH / 141 Chinese cuisine DYNASTY / 220 Bar&Lounge ZATTA / 98
Photo:Nacasa & Partners

 

 

TSUNOHAZU
http://tsunohazu-hilton.jp/

Nao Taniyama & Associates
http://www.nt-a.jp/design/

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

YUE

Yue02

Yue03 Yue04 Yue05 Yue06
このファインダイニングレストランは、中国・成都に新しくオープンしたブティックホテル内にあり、アジアンフュージョンフードとワインを提供する。 二つの異なるレストラン機能をホテルの利用客に提供するため、屋内と半屋内のダイニングエリアをつくることとなり、そのために既存の建築を拡張、新しい構造を計画した。 伝統的な風景画にインスパイアされてつくり出された抽象的な空間は、ここで提供されるアジアンフュージョンフードの特徴を反映している。スチールとガラスの張り出し屋根の下には、木材を利用した二次的な膜がつくられ、半屋内エリアの囲いを形成するとともに、元の屋内部分へと接続される。波形の天井兼壁面パネルにはスロット状の開口部を設けることで、自然光を採り入れつつも、空間全体に熱が伝わり過ぎることを防いでいる。 客席は、可動式のビュッフェテーブルを囲むオープンなプランとすることで、朝食時や特別イベント等の際、柔軟なレイアウトに対応できる。全面ガラスの回転扉は、屋内と半屋内の境界線を消失させている。 二つのダイニングエリアにおける絶妙な空気感の差異は、キーとなるマテリアルを木材から真鍮に変換していることで生み出されている。 風景をテーマにした地元のアーティストによる、天井から吊るした鳥のような形をした白いセラミックと、再生紙とLEDを用いた壁面彫刻の作品は、アーティスティックなフレーバーをダイニングの体験に加えるために、それぞれ導入された。
(Horace Pan/文責BAMBOO)

 

「YUE」
所在地:中国 四川省成都市武侯区火車南站西路15号 Skytel Hotel成都
オープン:2014年10月
設計:PANORAMA Horace Pan  Nick Wong  Kenny Hung
床面積:500㎡
Photo:Ng Siu Fung

 

 

This is a fine dining restaurant located in a newly opened boutique hotel in Chengdu China that serves Asian fusion food and wine. The project brief required construction of a new built structure to form extension to the existing building to provide indoor and semi-indoor dining areas for holding different catering functions to the hotel users. Inspired by traditional landscape painting, an abstracted landscape was created to reflect the nature of the Asian fusion cuisine served. Under the new steel and glass canopy, a secondary envelope in timber was created to form enclosure to the semi-indoor area and connect the original indoor part. The undulated ceiling-cum-wall panels with slot openings allow daylight penetration yet prevent high heat gain to the whole area. Open-plan seating pattern surrounding mobile buffet tables provide flexibility of layout during breakfast and special events. Full-height glass pivot doors further dissolve the boundary between indoor and outdoor area. Subtle atmospheric change of the two dining areas was created by transition of key materials from timber to brass. Landscape-themed local artist works including suspended birds-like feature in white ceramics and LED wall relief in recycle paper were respectively introduced to add artistic flavour to the dining experience. (Horace Pan / PANORAMA)

 

【YUE】
Location:Skytel Hotel Chengdu, No.15, West Road of Railway South Station, Wuhou District, Chengdu, Sichuan Province, China
Open:Oct, 2014
Designer:PANORAMA Horace Pan  Nick Wong  Kenny Hung
Floor area:500㎡
Photo:Ng Siu Fung

 

Skytel Hotel Chengdu
http://ssccd.skytelhotels.com/

PANORAMA
http://www.panoramahk.com

 

 

SMOKING ROOM グランツリー武蔵小杉

99 2131複合商業施設「グランツリー武蔵小杉」内の1階と4階にある喫煙室において、より空気を清浄にするために二つの具体策を用いました。一つ目は、大きく湾曲した壁面を設け、煙が壁面に引き寄せられる特性を用いて、天井の最終排気口へ煙を誘導すること。二つ目は、中間ファンを用いて、灰皿から出る副流煙や呼出煙を最終排気口へ速やかに吸い上げること。以上の方策によりタバコの煙は利用者の呼吸域から速やかに排除されます。
1階は、4m×3mの空間で、突き当たりの壁全面を鏡とし、鏡面に貼った白い網点を印刷したシートが霧のように虚像の空間を霞ませ、大きく湾曲した壁面とカウンターの映り込みが奥行き方向に空気が流れているような感覚を作り出しています。4階は、二つの壁面と天井にガラスが張られたサンルームになっており、憩いの場として用いられる外部テラスに面しています。大きく湾曲した壁面は外部テラスと、隣接するタワーマンションからの視線を遮る機能も果たしています。壁面に穿たれた大小の孔は、灰皿近くでは呼出煙を吸い上げ、天井に近い孔は外部の光を印象的に室内に導き、奥行きを感じさせるためのものです。この喫煙室は効果的な空気の流れを作り出す空間装置であると共に、視覚的な効果でも空気の流れを感じさせ、心地良い喫煙体験を提供することに成功しています。(小川裕之/小川都市建築設計事務所)

 

「smoking room グランツリー武蔵小杉」
所在地:神奈川県川崎市中原区新丸子東3-1135-1 グランツリー武蔵小杉
オープン:2014年11月
設計:小川都市建築設計事務所 小川裕之 岡本恵利佳
設計協力:御幸朋寿
床面積:1階/12㎡ 4階/13㎡
photo:大瀧 格

 

In order to have clean air in the smoking room in the 1st and 4th floors in “GRAND TREE MUSASHIKOSUGI”, the complex shopping mall, we took 2 specific measures. Firstly, by setting the carved wall and utilizing the character of the smoke -smoke is pulled to walls- we induce the smoke to the exhaust outlet on the ceiling. Secondly, by setting the fan between the ashtray and the exhaust outlet, the secondhand smoke and smoke from people’s mouth are quickly drawn in. With those measures, the smoke is immediately cleared out from user’s breathing area. The room in the 1st floor is a 4m×3m space. By putting a white halftone dots seat on the mirror-made end wall, the reflected space including the curved wall and counter looks foggy and thus users think as if the air flows to the deeper inside. The room in the 4th floor is a sunroom with 2 walls and a ceiling glass-made and faces an external terrace which is a place of relief. The curved wall also functions to block glances from the external terrace and an adjacent mansion. Big and small halls on the wall draw in the smoke around ashtrays and bring in external lights to the inside and then give a depth to the space. This smoking room creates an effective air flow as equipment and also by a visual effect. We successfully provided a smoking experience. (Hiroyuki Ogawa / Hiroyuki Ogawa Architects Inc)

 

【smoking room GRAND TREE MUSASHIKOSUGI】
Location:GRAND TREE MUSASHIKOSUGI, 3-1135-1, Higashi, Shinmaruko, Nakahara-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa
Open:Nov, 2014
Designer:Hiroyuki Ogawa Architects Inc Hiroyuki Ogawa Erika Okamoto
Cooperating Designer:Tomohisa Goco
Floor area:1F / 12㎡ 4F / 13㎡
Photo:Kaku Ohtaki

 

 

グランツリー武蔵小杉
http://www.grand-tree.jp/web/

 

小川都市建築設計事務所
http://www.ogawaoffice.com/

 

御幸朋寿
http://ghe.jp/c-v/

 

1 / 712345...最後 »