タグ別アーカイブ: 2015

春夏冬 蕎麦

9619-2

9499-2

9450-2

9475-2

9597-2

9872-2

9901-2

ベトナム・ホーチミン市内の中心地、在住日本人でにぎわうエリアにオープンした蕎麦専門店である。間口5m、奥行き25mの建物で、1階はカウンター席と厨房、2階はテーブル席と個室で構成。既存建物の天井高3.6mを2.4mまで落とすことで目線を下げ、食事や会話に集中できる空間を計画した。カウンター席は長さ10mの無垢板を使用し、透過性のある木組の下がり壁で空間の広がりを確保しつつ客席とキッチンを適度に仕切った。テーブル席は客同士で視線ができるだけ交差しないよう、また閉塞感を感じさせない形状と仕上げ、抜け感のある木製パーティションで区切り、居心地の良さを確保している。ファサードには木枝を束ねた箒のような柱を並べ、雑踏のなかでも人の目を引くようなインパクトのあるものを考えた。過度な装飾を避け、より素朴でより粗野な材料を選定し、上質な素材をなるべく無垢のまま使用することで、潔い空間となることを目指した。素材はすべてベトナム国内で容易に入手できる一般的な素材を使用し、加工の方法や見せ方、素材の組み合わせなど、創意工夫によって洗練された仕上げ材へと昇華させることができたと考えている。(川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd.)

 

春夏冬 蕎麦
所在地:9 Le Thanh Ton, Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
オープン:2015年10月
設計:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd. 川口淳志
床面積:170㎡
客席数:43席
Photo:大木宏之

 

Japanese Soba noodle restaurant opened in Ho Chi Minh City. The building is 5 meters width and 25 meters depth in size. The ground floor consists of counter seats and a kitchen and the second floor table seats and private rooms. The floor originally had 3.6 meters ceiling height but we lowered it to 2.4 meters so that customers’ eye level also got lowered and were able to concentrate on meals and conversations. The counter table is made of 10 meters solid wood board and customers’ seats and the kitchen are divided by transparent wooden lattices on the ceiling. In order to keep comfortableness in table seats, we placed gappy wooden partitions. Because of the partitions, customers do not see each other yet feel a sense of openness. The store façade has broom-like pillars that make a strong impression even in a crowded street. We aimed to create a gracious space by using natural, wild and high quality solid materials and avoiding too much decoration. All materials can be available in Vietnam but we tried to make them look sophisticated with originality and ingenuity. (Atsushi Kawaguchi / DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd.)

 

SYUNKATO SOBA
Location:9 Le Thanh Ton, Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
Open:Oct, 2016
Designer:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd. Atsushi Kawaguchi
Floor area:170㎡
Capacity:43 seats
Photo:OKI Hiroyuki

代官山焼肉 kintan

k1

k2

k3

k4

k5

k6

2013年に恵比寿で営業し始めた「焼肉kintan」の5店舗目がこの代官山店。kintanは、常にその地域に受け入れられる店舗を模索し、デザインやサービス内容を変化させてきた。代官山店は大人の顧客を想定し、キーカラーはBLACK × WHITEのモノトーンを選定。店内は自然の豊かさが感じられる代官山の街並みを意識し、木やコンクリートブロックといった自然素材にこだわった。また、アクセントにグリーンのアートを取り入れることで、モノトーンの中に温かみを感じさせるよう工夫。メインダイニングの壁には大きな牛のオブジェを大胆に配置し、広いホール全体を引き締め、強い印象を発している。今後も地域とターゲット層に支持され続けるkintanであることを大切にしながら、進化を促すことが重要だと考えている。(小川訓央/Red Unit)

 

代官山焼肉 kintan
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-21-8 レジディア恵比寿2
オープン:2015年9月11日
設計:Red Unit 小川訓央 延川聡志
床面積:235.8㎡
客席数:75席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Japanese yakiniku restaurant “kintan”, started in Ebisu in 2013, opened their 5th store in Daikanyama. kintan has always been trying to modify their store design and service to fit each location. We chose black and white for key colors, considering adult customers in this area. Natural materials such as wood or concrete blocks are chosen to make the store suit Daikanyama’s scenery. The green art works are made for adding a warm feeling in monochrome space as an accent. The big cowy object is placed on the wall of the main dining hall, giving off a strong impression to the large space. We think it is very important to keep kintan’s popularity and accelerate its evolution. (Norio Ogawa / Red Unit)

 

Daikanyama yakiniku kintan
Location:RESIDIA EBISU 2, 1-21-8, Ebisu-nishi, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 11th, 2015
Designer:Red Unit Norio Ogawa Satoshi Nobekawa
Floor area:235.8 ㎡
Capacity:75 seats
Photo:Nacasa&Partners

根津たけもと

t_1

t_2

t_3

t_4

和食店「根津たけもと」は、近年、観光地として人気の文京区根津の事問通りに面するビル、その地下1階にある。店内は、オープンキッチンとローカウンター、ベンチシートによる18席の小空間。客席部分と、ウェイティングスペース、パントリーの境界を曖昧にし、店内に一体感と広がりを持たせている。ローカウンターのタモ無垢材をはじめ、銅板や御影石など仕上げに用いた4つの素材は、料理を構成するさまざまな素材をイメージしたもの。レイアウトの都合で客席として有効に使えないベンチシートの背後のスペースは、あえて塞がず、腰高の床の間をつくって空間に広がりを与え、季節演出のスペースとした。京町家の間仕切格子や信州の蔵戸など、部分的に古材を用い、新しさの中に貫禄のある時間を取り入れている。また、「料理やサービスに完璧は無い」との思いから、洗面のミラーは真円ではなく三日月状に。ディッシュアップカウンターの天板は石材とし、「提供前にもう一度皿の中身を確かめる」場として適度な緊張感を持たせている。そのほか、アイキャッチとなるシルクのペンダントライトが、空間全体に落ち着きと暖かみを添えている。(佐藤琢磨)

 

「根津たけもと」
所在地:東京都文京区根津2-14-10 地下1階
オープン:2015年12月17日
設計:佐藤琢磨設計事務所 佐藤琢磨
床面積:50.04㎡
客席数:18席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Japanese restaurant “Nezu Takemoto” is in a basement floor of a building in Nezu, Bunkyo area that is lately popular for sightseeing. The compact restaurant has in total 18 seats with open kitchen, low counter table, and bench seat. We purposely made a border between guest seats and a pantry vague in order to create unity and expansion in the store. Main materials are solid Japanese ash, copper panel, and granite stone that are adopted to be suited with various foodstuffs. The back of the bench seats could be dead space but we utilized it for an alcove and planned to stage a sense of the season with flowers and plants. The front of the alcove has partially old materials such as a latticework in Kyoto or an old storehouse’ door in Shinshu. We added the old materials in the new store to create time of dignity. Based on the idea that “there are no perfect services or cuisine”, we made a mirror in a bathroom crescent shape not true circle. A dish up counter’s top board is made of stone in order to create a certain feeling of tension where staff should “check the dish before it’s served”. Eye-catching pendant lightings give comfortableness and warmness to the entire space. (Takuma Sato)

 

【Nezu Takemoto】
Location:B1F, 2-14-10, Nezu, Bunkyo-ku, Tokyo
Open:Dec. 17th, 2015
Designer:Takuma Sato Design Office  Takuma Sato
Floor area:50.04㎡
Capacity:18seats
Photo:Nacasa & Partners

 

FLUX CONDITIONINGS

flux_1

flux_2

flux_3

flux_architecture_032

flux_6

flux_023

flux_5

2015年にオープンした極真会館によるトレーニング、フィットネスジム、空手道場、流水プール、カフェの複合施設。施設全体のコンセプト構築を含むクリエイティブ面のプロデュースからインテリア・グラフィックデザインまでを担当。武道やフィットネス、トレーニングを「コンディショニング」という概念でとらえ、「気の流れ(=FLUX)」を通して最適なバランスを整えることをコンセプトに設定。ネーミング、ロゴ、空間やWebサイトのディレクションを一気通貫で手掛けた。白木を用いたミニマルな空間の中で、極真会館の根幹を成す「空手」「武道」の精神を現代的な意匠に置き換えることで、多様化するライフスタイルにフィットする統合型トレーニングソリューションを実現させた。
栗の床や檜の壁で構成される空手道場は、この施設の象徴として神棚を一からデザイン。照明は色温度と照度を変更するシステムを採用し、多様化する道場の使用法(稽古・審査・ヨガのトレーニング・スタジオなど)に適応し、様々なシーンを創出している。
フィットネスエリアは、無着色のオーク、黒、白、人口芝のグリーンという色調の素材計画を施して、「気の流れ」を感じられる淀みのない清涼な印象と道場の持つ緊張感を両立。
カフェエリアは、12mの一本のカウンターのみで構成された潔い空間ながら、木質素材に包まれることで飲食店ならではの安らぎを表現。天井の照明器具と店内のイス、スツールもオリジナルでデザインしている。(佐藤可士和/サムライ)

 

FLUX CONDITIONINGS
所在地:東京都渋谷区猿楽町3-7 代官山木下ビル
オープン:2015年10月
ディレクション・デザイン:サムライ
インテリアデザイン:サムライ 佐藤可士和 齊藤良博
床面積:1802㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

FLUX CONDITIONINGS, opened in 2015, is a commercial complex run by International Karate organization “Kyokushin-kaikan”. It has training room, fitness gym, Karate room, river pool, and also café. We took charge of several areas of this project from the total concept building to detailed interior and graphic designing. The concept is to adjust the best balance through a flux of life energy based on the idea that martial arts, fitness, and training are “conditioning”. Naming, logo design, and direction of space and website had been projected with consistency. The space consisted of plain woods is minimal. The spirits of “Karate” and “martial arts” are realized in modern design. The integrated training solution that fits diversified lifestyles was completed. (Kashiwa Sato / SAMURAI)

 

FLUX CONDITIONINGS
Location:Daikanyama-Kinoshita building, 3-7, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Oct 10th, 2015
Direction, Design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito
Floor area:1802㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

CITRON

c0

c3

c44

c1

「シトロン」は、オーガニックベジタリアンレストランである。野菜という生の素材を扱うお店を設計する上で、クライアントが望み、我々が考えたことは、空間においても素材を丁寧に扱うお店であること。それをクライアントは“インダストリアル”と呼んだが、既存のコンクリートや黒皮の鉄のようなラフな素材においても、生の素材のように丁寧に扱うことを念頭においた。例えば、照明器具や家具のディテール(部品や金具など)をエントランスのまわりにも反復させるように使用。また、ショーケースとそれを照らす照明はスチールのアングル材を加工しているが、棚、エントランスの扉にも同様のディテールを反復した。エントランスから2階まで続く素材とディテールのつながりは、お店としての一体感をつくり出している。イス、タイル、照明器具の一部はクライアントがフランスから買い付けたもの。それらのアンティークが、レストランとしてはやや素朴で冷たくなりすぎるスケルトン空間に彩りを与える。同時にその家具と空間をつなぐモノとして、我々が丁寧に扱いデザインした“インダストリアルな部品たち”が役に立っている。(芦沢啓治/芦沢啓治建築設計事務所)

 

CITRON
所在地:東京都港区 南青山2-27-21 セイリンビル1階、2階
オープン:2015年7月4日
設計:芦沢啓治建築設計事務所
床面積:1階39.16㎡ 2階59.84m2
客席数:42席
Photo:太田拓実

 

“CITRON” is an organic vegetarian restaurant. Planning a restaurant that handles with fresh vegetable, what the client wanted and we thought about was to create space where materials are handled with care. The client called this style industrial and we paid careful attention even to rough materials such as existing concrete or black iron coating. For example, we repeatedly used lighting equipment and furniture details (small parts or hardware) also in the entrance area. Showcases and lightings to light them are made with processed angle materials that are also used repeatedly in shelves and the entrance door. The sequence of materials and details from the entrance to the second floor results in the unity of the store.
Some of chairs, tiles, and lightings are imported from France by the client. These antiques add a nice touch in the simple space that may become too much rustic or cool. The industrial parts we designed function to connect those antique items and the space. (Keiji Ashizawa / Keiji Ashizawa Design)

 

CITRON
Location:Seirin building 1F & 2F, 2-27-21, Minamiaoyama, Minato-ku, Tokyo
Open:Jul. 4th, 2015
Designer:Keiji Ashizawa Design
Floor area:1F/39.16㎡ 2F/59.84㎡
Capacity:42 seats
Photo:Takumi Ota

 

日本號

n01

n02

n03

n04

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ、新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字形のカウンターで囲んだ。マテリアルには落ち着いたチークを、その背景には一枚板から切り出したコントラストの強い大理石を用い、空間構成はシンプルながらも過去のスナック文化をデフォルメした。カウンターに並ぶ9席のチェアは、片アームと円形のベロア座面で構成。スナックに見るボリュームあるソファを再解釈し、新たなチェアとしてデザインした。過去の「スナックらしさ」を探求しつつも、現代の新しい在り方を模索した。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「日本號」
所在地:福岡市中央区大名2-1-50 第一公健ビル3階
オープン:2015年10月10日
設計者名:ケース・リアル 二俣公一 下平康一
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
家具製作:Acht
サイン計画:village® 長嶋りかこ
床面積:20.0㎡
客席数:9席
Photo:水崎浩志

 

“Nihongo” is the new snack bar project in a multi-tenant building. The owner’s father also ran a snack bar with the same name in the past. The owner took over the bar name and opened his own one. The beginning of a Japanese snack bar history dates back to 1960s. This specific bar style has been developed through Showa and bubble periods. The biggest feature is that guests come to see “Mama”, a popular name for an experienced bar proprietress, and enjoy having communication with her. Because “Mama” is a symbol of a snack bar, we placed her in the center of the store and surrounded with U-shape counter table. We deformed a snack bar culture with a simple structure by using teakwood for main material and marble with strong contrast, which was hewed out from a monolith, for the liquor shelf background. 9 counter seats consist of one-arm and round shape velour seating face. We reinterpreted a voluminous sofa, frequently seen in snack bars, and designed a new chair. The new way of snack bar had been sought out yet the old snack style was investigated. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

【Nihongo】
Location:Daiichikouken building 3F, 2-1-50, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Open:Oct. 10th, 2015
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd. Koichi Futatsumata  Koichi Shimohira
Lighting plan:BRANCH lighting design Tatsuki Nakamura
Furniture production:Acht
Sign design:village Rikako Nagashima
Floor area:20.0㎡
Capacity:9 seats
Photo:Hiroshi Mizusaki

 

EYEVAN 京都バル店

e4

e1

e2

e3

「輝きで構成された、透明感のある空間」をコンセプトにデザインした、アイウエアショップ「EYEVAN(アイヴァン)」の京都店。空間に広がる透明感のある輝きは、特殊なミラーガラスによって生み出されている。この空間で使用されているガラスの家具は、イタリアを代表する家具メーカーのひとつ、Glas Italia社の製品で、吉岡徳仁が2012年からミラノサローネで発表してきた「PRISM」シリーズを用いている。このプリズムミラーから生まれる輝きによって、EYEVANのイメージを表現している。(吉岡徳仁デザイン事務所、文責BAMBOO MEDIA)

 

「EYEVAN 京都バル店」
所在地:京都府京都市中京区山崎町251
オープン:2015年8月21日
設計:吉岡徳仁デザイン事務所 吉岡徳仁
床面積:102.2㎡
Photo:近藤泰岳

 

The eyewear shop “EYEVAN” Kyoto store is designed based on the concept “transparent space consisted of sparkle”. Transparent sparkle in the shop space is created from a special mirror glass. Glass furniture, that has been presented as “PRISM” series by Tokujin Yoshioka in Salone del Mobile.Milano since 2012, is made by a major Italian manufacturer, Glas Italia. The sparkle produced by the prism mirror describes the image of EYEVAN. (TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN)

 

【EYEVAN Kyoto BAL store】
Location:251, Yamazaki-cho, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto
Open:Aug. 21st, 2015
Designer:TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN Tokujin Yoshioka
Floor area:102.2㎡
Photo:Yasutake Kondo
EYEVAN
http://eyevan.main.jp 

AXCEL E’LEVER 佐野店

w1

w2

w3

w4

w5

パッション&アートをテーマにデザインしたヘアサロン。はじめに「スペインカタルーニャ地方バルセロナ郊外の高級リゾートにある、レンガ造りの倉庫を増改築してリゾートホテルをオープンさせた」というストーリーを設定。カタルーニャ地方で活躍したガウディー、ダリ、ピカソ、から影響を受けた力強い何種類ものアートやオブジェを配し、ミュージアムのようなエンターテイメント性のある演出を心がけた。スタイリングスペースは2つの異なるテーマでデザインしており、お客様が自分で好きなブースをチョイス出来る「空間を楽しむサロン」を提案した。ホテルのヴィラをイメージした開放感のあるシャンプーブースや、トップライトの日差しが降り注ぐ中庭などリゾートを感じられる空間になっている。(大谷浩二/ルーツオブスタイル)

 

「AXCEL E’LEVER 佐野店」
所在地:栃木県佐野市高萩町1216-4
オープン:2015年11月5日
設計:ルーツオブスタイル 大谷浩二
床面積:270.13㎡
客席数:セット12席 シャンプー5席 VIPルーム1部屋
Photo:岩井佑人 (川澄・小林研二写真事務所)

 

This is a hair salon designed based on the theme of passion & art. First of all, we made up a story like “A brick warehouse stands in the suburbs of Barcelona of Catalonia in Spain. We are here to renovate this building to a classy resort hotel”. According to the story, we tried to produce a museum-like entertainment by placing several powerful art pieces and objects that were inspired by Antonio Gaudi, Salvador Dalí, and Pablo Picasso, artists lived in Catalonia. Styling spaces were designed with two different themes so that customers could choose their favorite one and enjoy “the salon space itself”. Shampoo booths have the image of an open hotel villa and a patio is in strong sunshine. From these factors customers can feel a resort atmosphere. (Koji Otani / roots of style)

 

【AXCEL E’LEVER Sano store】
Location:1216-4, Takahagi-cho, Sano-shi, Tochigi
Open:Nov. 5th, 2015
Designer:roots of style Koji Otani
Floor area:270.13㎡
Capacity:12 styling seats, 5 shampoo seats, and 1 VIP room
Photo:Yuto Iwai

AXCEL E’LEVER
http://www.axcel.ne.jp/

Four Points by Sheraton Guilin, Lingui

c1

c2

b8

c3

c5

b10

c7

c6

c8

「フォーポイントバイシェラトン桂林,臨桂」は、既存のビジネスホテルの枠を超えた、快適さとラグジュアリーを併せ持つインテリアデザインが特徴。中国の伝統的な意匠を現代的なデザインに落とし込んだ計画は、地元の職人への敬意と、ゲストを現代における最高のスタイルで迎えるというもてなしの心からスタートしている。桂林は色彩豊かな民族文化遺産を持つ観光名所であり、デザインチームはこの地の伝統的な紙細工や高品質の織物、そして繊細な木工芸品から大いに美的刺激を受けた。技巧を駆使した職人芸から、ホテル内の家具什器類は、深みのある色と質感を幾重にも重ね合わせ、有機的な輪郭を持たせるに至った。例えば、メインダイニングルームでは、中国の伝統的なデザイン要素を一段上のレベルで取り入れ、壮大な金天井の下、白い壁面に優雅に泳ぐ鯉が彫り込まれている。この輪郭と形状の競演は、そのほかの空間にも展開。ロビーからレストランまでの天井を覆う植物のツルをモチーフにした間接照明は、ダイナミックな空気感を生み出している。また、光沢感や硬質感のある仕上げ、そしてベルベットといった異なる表装の壁を連続させることで、パブリックからプライベートな空間への流れるような導入を演出している。そのほか、天井には照明が連なって見えるように配置。リズム感ある脈動がゲストを順路に案内するような仕掛けを施した。歴史上、中国のデザインは朱色を多用してきたが、この場のレジャーのシーンにはそぐわないと考え、ライムグリーンやコクリコレッド(ひなげしの花の赤色)、エジプシャンブルーという、活気を感じさせる理想のカラー展開を行った。多くの要素が威圧的に主張することなく、空間全体がゲストを温かく迎え、思い出に残る滞在を楽しめるデザインとした。(PAL)

 

フォーポイントバイシェラトン桂林,臨桂
所在地:中国廣西桂林臨桂區西城南路 1號
オープン:2015年1月
設計者:PAL Design Consultants Ltd. Patrick Leung Doris Chiu Julieto Taytayon AVELINO Portia Leung
床面積:18,902㎡
客室数:242室
Photo:陳維忠

 

Four Points by Sheraton Guilin, Lingui has been more than just a business hotel completed with comfortable and luxurious interiors. Its overarching concern to bring lively patterns typical of traditional Chinese culture into its contemporary design stem not from the respect for local artisan know-how, but also the dedication to welcome guests with the best in contemporary style.
Guilin has indeed been known as a popular tourist destination with colourful ethnic and cultural heritage, which has inspired the design team to draw from diverse aesthetic sources from traditional paper-cutting craft, fine fabric details to intricate woodwork.
The result is its intricate craftsmanship to maintain an organic contour throughout — with finely-turned and well-polished edges across its tailor-made fixtures — expressed through both textures and colours in myriad layers. The main dining room is exemplary in taking traditional Chinese elements to another level in particular, with eye-catching carp-shaped cut-outs in elegant white curving beneath its spectacular golden ceiling.
The interplay of forms and shapes does not stop there. The dynamic vibe throughout its interiors is taken further through its iconic tendril lighting across the ceiling from the lobby to the restaurant.
Meanwhile, the exquisite juxtaposition of polished, rugged and velvety wall surfaces ensures a fluid transition between public and private spaces. The careful choice of eye-catching lighting strips dotted across the ceilings and corridors further delight and guide guests in their paths in rhythmic pulsations.
While vermillion dominates the palette of Chinese designs in history, the design team has decided that it might not sit well with the leisurely holiday touch. The focus on other vibrant colours instead comes perfectly together in an imaginative palette as diverse as lime green, coquelicot red and Egyptian blue. Without appearing as an overbearing mess, the overall atmosphere remains always welcoming and warm for guests to enjoy a memorable stay. (PAL)

 

Four Points by Sheraton Guilin, Lingui
Location:No.1 Xicheng South Road, Lingui District Guilin,Guangxi, China
Open:Jan. 2015
Designer:PAL Design Consultants Ltd. Patrick Leung Doris Chiu Julieto Taytayon AVELINO Portia Leung
Floor area:18,902㎡
Capacity:242 rooms
Photo:Green Chen

 

1 / 41234