タグ別アーカイブ: clinic

HKIRC 香港國際再生醫學中心

p1

p1-2 p2 p3-1 p3-2 p4 p5 p6
医療センター「HKIRC」は、快適と健康のオアシスとして、単なる美容の施術を超えた再生医学や細胞療法をはじめとする最先端美容テクノロジーを提供する施設です。デザインのインスピレーションはすべて自然から得ました。開放感と温かみのあるエントランスでは、照明の意匠が来訪を誘導します。フォーマルな受付をなくし、また、カラフルで柔らかい床マットを採用することで、伝統的なクリニックとは異なるストレスのない環境を生み出しています。天井にあるハニカム状に切り取った光は、太陽光が木の葉を通して森の中に小道を創り出している様子を表現しました。待合室は「屋内庭園」をテーマに、滑らかなサーフェイス、透明なパーティション、植栽のグリーンなどの異なる要素を星座のように調和させて配置し、ソファに座って施術を待つ間、快適に過ごせるように設計しています。また空間全体において、暗闇や鋭いエッジなど、恐怖心を煽るようなものはなるべく避けるようにしました。同時に安全性とスタッフの利便性に配慮して機器を配置するとともに、明るさと衛生面にも気を配っています。美しさと若さの「再生」という使命を果たし、健康と幸せをもたらす環境を生み出すことができました。(PAL Design Group

 

HKIRC 香港國際再生醫學中心
所在地:香港尖沙咀美麗華商場23樓
オープン:2017年3月
設計:PAL Design Group Joey Ho Portia Leung
床面積:1,211㎡
Photo:Dick Liu

 

As an oasis of comfort and well-being, this medical centre (HKIRC) offers more than just another beautifying procedure, as each client is pampered with the foremost technologies in cosmetics including tissue engineering and cell therapy in a revitalising journey – both inside and out in a garden of happiness.
It all comes down to inspirations from nature. On arriving at its entrance, an interesting mix of lighting fixtures in an open and welcoming layout purposefully guides visitors in a warm palette. Stripped free of formal reception tables, a stress-free environment meets with colourful soft floor mats, unlike traditional clinics.
For example, in addition to the honeycomb-like hexagonal lightboxes across its ceiling, the designer recalls the intention to create a forest path with sunlight permeating down through leaves, not dissimilar to the Japanese poetics of komoreb. An “indoor garden” – a concept which continues into its waiting area – thoughtfully prepared for clients as await treatment and medications.
A constellation of harmonious elements – from smooth polished surface, transparent partitions to the greenies atop of fixtures – has been juxtaposed against form-fitting lounge sofas where clients can comfortably rest to prepare for their rejuvenating process, as they continue into the well-lit corridors also completed in undulating contours.
Claustrophobic darkness and sharp edges have been cleverly avoided, especially for each treatment room. Not only its neat cabinet arrangement to securely house individual equipment is welcomed by staff, but its uninhibited city view has also been carefully planned, in addition to having cleanliness and hygiene in mind, for its access to panoramic views.
Fulfilling the mission to be “reborn” with the beauty and bliss of youth, the design team has successfully created an environment to open up the experience of clients to be radiant from within to without – bringing together a holistic approach from design to health and well-being. (PAL Design Group

 

HKIRC
Location:23/F, Miramar Shopping Centre, Tsim Sha Tsui, HK
Open:Mar. 2017
Designer:PAL Design Group Joey Ho Portia Leung
Floor area:1,211㎡
Photo:Dick Liu

 

設計是一個美化的過程,空間透過設計的技巧與理論而昇華,將空間美學注入位於香港尖沙咀的HKIRC醫療中心,春在綠蕪中,兼具獨創性和實用性熏染用戶的感官增添視覺享受;這個醫學中心異曲同工地以專業醫療美容及細胞再生等技術,為顧客提供身、心美化的體驗。
這一切該歸功於大自然的靈感,醫療中心的正門萃取最純然的木材,配合溫暖的燈光分佈,流線型的空間引導訪客步進全開放的接待處,拋棄傳統診所的冰冷,俯瞰一整面繁盛都市,自然色調洗滌心神壓力,享受明亮而健康的療愈氣息。
蜂窩形狀滲進天花至墻身的燈箱及屏風,體現出大自然的親和力讓人心沉靜,宛若森林小徑,葉縫間穿過而灑落的陽光,體現日本韻文中的「Komorebi」靜謐而悠閒,蘊含希望。治療室煥然明亮的視覺,引入無與倫比的城市景觀,純淨的白色襯托木作特殊的色澤與紋理,細緻的收納功能,溫潤而乾淨俐落。
波浪起伏的輪廓舒適宜人,以材質和色彩轉換空間的調性,薈萃最恬適的元素塑造循序漸進的氛圍體驗,猶如休憩時分的花園迴廊,緩和心靈才能得以配合各種療程。開闢從內至外的再生醫療體驗,把專業、自然與健康結合,展現了「再生」雋永的美麗與幸福。(PAL Design Group

 

尖沙咀醫療中心HKIRC
地址:香港尖沙咀美麗華商場23樓
开业:2017年3月
室内设计:PAL Design Group 設計總監 何宗憲 梁德盈
实用面积:1,211平米
摄影:Dick Liu

鼻のクリニック東京

鼻クリ01

鼻クリ02

鼻クリ03

鼻クリ04

鼻クリ05

鼻クリ06

「鼻のクリニック東京」が他の耳鼻科と違うのは、「鼻」に特化しているということである。鼻機能の回復によって、生きるために一番大切な呼吸機能を改善し、生活の質を向上させることを目的として、最新の研究、技術、治療法開発を続けている。理事長の未来志向で患者本位の積極的な姿勢や信頼性が、来院者に期待感と安心感を提供している。 来院者も、生活の質や身体機能を改善するという強い前向きな意志を持って訪れ、先生やスタッフの皆さんと相談し、診察・治療・手術といったプロセスを経て、自分自身を理想の身体に近づけようとする。この未知なる体験を追及する行為は、勇気と決意をもって旅に出ることに似ている。言い換えれば、来院者は「鼻のクリニック東京」とともに一つのJOURNEYをする。これを明確なメッセージとして発信するために「未来からやってきた医療チームと一緒に希望と夢に向って旅をする」ことをイメージし、「SPACESHIP」をデザインコンセプトとした。 「鼻のクリニック東京」は、3フロアから構成されている。機能的には3階は外来診察・おとなの鼻ユニット、こどもの鼻ユニット、4階は手術ユニット、5階はシアター&ラウンジという構成である。デザインにあたっては、来院者がクリニックにいるという緊張感と不安感を和らげることを目指した。異空間に身をおくことで心が刺激され、同時に心地よい緊張感を体験して欲しいと願った。(瀬戸 檀/エムエス・パートナー)

 

「鼻のクリニック東京」
所在地:東京都中央区京橋1-3-1 八重洲口大栄ビル3〜5F
開業:2014年7月1日
設計:エムエス・パートナー 瀬戸 檀 朱 宇煥
床面積:3F/609.78㎡ 4F/607.47㎡ 5F/592.82㎡
Photo:写真工房坂本 坂本博和

 

What makes “NOSE CLINIC TOKYO” different from other otolaryngological clinic is its specialty of “nose”. By recovering a function of nose, we improve a respiratory function which is the most important for our lives. We keep doing the latest research and technique & cure development, aiming to uplift the quality of life. The president of the clinic provides expectations and feelings of security to patients because of his future-minded and patient-oriented attitude.
Visitors have clear and positive idea to improve their lives or function of nose. They try to pursue their ideal bodies based on discussions with doctors and staff and through the processes of diagnosis, cure, and surgery. Seeking an unknown experience is like taking off on a journey that needs courage and determination. Or to put it another way, visitors take a journey with NOSE CLINIC TOKYO. To transmit this idea as a clear message, we set the design concept as “SPACESHIP” with an image of “taking a journey toward the hope and dream with a medical team from the future”.
NOSE CLINIC TOKYO consists of 3 floors. As for functions, the 3rd floor is an outpatient clinic for an adult’s nose and children’s nose. The 4th floor is for a surgery and the 5th floor is a theatre and lounge. Throughout the design we paid attention to ease visitor’s feeling of tension and anxiety that comes from the fact that they are in a clinic. We hope the visitors to feel comfortable and excited in this special space. (Mayumi Seto/MS Partner)

 

【NOSE CLINIC TOKYO】
Location:Yaesuguchi-daieibuilding 3F-5F, 1-3-1, Kyobashi, Chuo-ku, Tokyo
Open:July 1st, 2014
Designer:MS Partner Mayumi Seto Syu Ukan
Floor area:3F/609.78㎡ 4F/607.47㎡ 5F/592.82㎡
Photo:Shashinkobo Sakamoto Hirokazu Sakamoto

 

 

鼻のクリニック東京
http://nose-clinic.jp/

エムエス・パートナー
http://www.ms-partners.co.jp/

 

 

ポニー小児歯科医院

001

002

003

小児歯科とは、一般に成人に至るまでの患者を担当する歯科のことである。そのため、小児歯科では、成長発育に関する知識はもとより、親への歯科指導などを行う必要性がある。そこで「ポニー小児歯科医院」では、「成長」を感じることができる空間を設計した。今回のプランでは動線分離を採用したため、一つのユニットに対して一つの部屋が現れ、すべての部屋が「壁」に囲まれた閉鎖的な空間構成となる。そこで、空間の開放性と、スタッフの視認性を確保するために、それぞれの壁面に半円形の開口を設けた。それぞれの壁面に設けられた開口は、直径が異なるため、開口の高さと面積が異なり、視線の高さの変化を感じることが出来る空間が現れる。また、壁面に設けられた開口はそのまま、ファサードの開口と連動しており、その開口は歯科医院にふさわしい「白い歯の見える笑顔」を連想させるファサードデザインとなっている。私は、この空間によって「子供の成長に伴って、見える景色が変わる」空間を提案する。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所、文責BAMBOO)

  • 「ポニー小児歯科医院」
  • 所在地:東京都江戸川区平井1-5-14
  • 開業:2012年10月10日
  • 設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘
  • 床面積:321㎡
  • Photo:宮本啓介

Pediatric dentistry is generally dentistry for under 20-year-old. Therefore pediatric dentistry needs knowledge about growth and development and to instruct parents. So I designed the space where people can feel “growth” for PONY pediatric dental clinic. Here I adopted separated circulation, and thus one room appears in one unit and all rooms are surrounded by “wall” in a closed space composition. To keep openness of the space and visibility of staff, I made a half-circle-shaped opening on each wall. Because each opening has a different diameter heights and superficial contents of openings are also different and people can feel changes of lines of sight in the space. In addition, openings on walls are coordinated with an opening of a façade and associate themselves with “smile with white teeth”. I hereby suggest the space where “children see different views according to their growth”. (Masahiro Yoshida/KAMITOPEN)

  • 【PONY pediatric dental clinic】
  • Location:1-5-14, Hirai, Edogawa-ku, Tokyo, Japan
  • Open:October 10th, 2012
  • Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida
  • Floor area:321㎡
  • Photo:Keisuke Miyamoto

KAMITOPEN一級建築士事務所 http://www.kamitopen.com

松本小児歯科医院

キッズデンタルの専門医院「松本小児歯科医院」の設計にあたって、子供が怖がらずに治療を受けられる楽しい空間が求められました。治療を受けるこどもと付き添いのおかあさんが安心できるよう、また、おかあさんが治療中に目の届くところで子供が遊べるように、待合室と診察室を視覚的に一体化したり、遊具が壁と一体化したような空間を提案しました。「1/100建築模型用添景セット(テラダモケイ)」の動物たちが原寸=1/1になってこどもたちを出迎えます。(寺田尚樹)

  

  

  • 「松本小児歯科医院」
  • 所在地:東京都練馬区東大泉2-8-1
  • 設計:テラダデザイン 寺田尚樹+平手健一
  • 床面積:57.17
  • 開院日:201181
  • 診療室:2
  • photo:大森有起

  

  

 

上本町ヒロミレディースクリニック

女性のためのトータルヘルスケアを行うクリニックのデザイン。不妊治療、内診、漢方、ブライダルチェック、鍼灸など、多岐に渡って女性をケアするクリニックである。ここでは月並みな女性っぽさや癒し感ではなく、女性として人として、生きる力を感じる空間にしたいと思った。そんな中、強い木目柄を持つガムウッドの木目に生命力を感じ、待合室と診療エリアを隔てる4枚の引戸に貼ることにした。しかし単に貼るのではつまらない。この木から感じた力をこの木を使って表現しよう。木目を繋ぎ、構成し、大きな柄と流れを新たに作り、強い生命力を表現した。まるで自らの背丈ほどの筆を持ち、大きな紙に勢いよく字を書き殴る書家のように。曲線や間接光で包まれた柔らかな空間にアンバランスなほどの強い表情が加わり、空間に凛とした雰囲気が生まれた。(横井慎一郎/ハイジクリエイティブパートナー)

 

  • 「上本町ヒロミレディースクリニック」
  • 所在地:大阪市天王寺区上本町6-6-26 上六光陽ビル3
  • 開業日:2011121
  • 設計:ハイジクリエイティブパートナー 横井慎一郎
  • 床面積:93.6
  • 診療ブース:6
  • photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

 

 

にしかわデンタルクリニック

オーナーは、フレンチエレクトロのクラブDJであり歯科医でもある。ジャック・タチ監督『プレイタイム』のようなモダニズムと、スタンリー・キューブリック監督『2001年宇宙の旅』のようなスペースシップのイメージからインスパイア。LCDモニターに口腔内のアップがグロテスクに映る合間、ディズニーやPVが流れ、BGMはフレンチエレクトロ。外では天変地異が起きているがスムースに航行し続けるクリニック。グレイッシュな空間に美人スタッフの制服はレモンイエロー。オープニングではDJ、ライブ、飲食ケータリング。歯の治療そのものが楽しいパフォーマンスになる、皆のライフスタイルを持ち込んだ革命的クリニック。インテリアはそれを包み込むシェルターとなる。(樋口泰輔/ベルリーナ、文責BAMBOO 

  

  • 「にしかわデンタルクリニック」
  • 所在地:東京都世田谷区桜新町1-11-5 ハナキクビル2
  • 開院:20103
  • 設計:ベルリーナ 樋口泰輔
  • 床面積:110
  • 診察台:3
  • photo:下村康典

 

 

 

 

 

 

丸岡正典消化器内科

 

移転や仮設診療所設計を経て、今回の3件目が本院となる消化器内科診療所である。外壁は、耐候性と診療所の存在感を訴求。内部空間は全体を白くシンプルな要素で包み込み、院内の各エリアで求められる“役割り”に合わせたカラートーン3種類の天然木を配し、それらを全体空間と対比させることで各エリアの存在感を主張しながら居心地を向上させる考えを提案。機能面では、複雑な動線計画を整理し、効率の良い平面計画と各部屋の遮音性能および掃除のしやすさに配慮し、設計した。各部のディテールを含め、できるだけ余計な要素を抑え、清潔さを維持した白い全体空間に対比させた3種類の天然木(端切れ材)を壁、天井に大きく使用。呼吸をしながらいまだ生き続ける天然木素材の持つ魅力を最大限に生かし、その先にある診療所の本質である「信頼性」「安堵感」「清潔感」を、空間を通して伝えることをデザインコンセプトとした。(河野知二/コングデザインオフィス、文責BAMBOO

 

  • 「丸岡正典消化器内科」
  • 所在地:大阪府寝屋川市香里本通町9-8 かほりまちテラス3階
  • 開業日:2011年3月1日
  • 設計:コングデザインオフィス 河野知二
  • 床面積:336㎡
  • photo:下村康典

 

 

This was the third time I was given the opportunity to design the clinic for the same owner. After going through relocation and the designing of temporary clinic, this one as the third time, is to be the main office of his gastroIntestinal clinic (347.18sqm) . The exterior wall is made weather-resistant as well as to have a great deal of presence. The white and simple factors are enfolding the overall interior space having a striking contrast with the wooden work placed in each section within the clinic. Those natural wood comes in three different colour-tones and are placed in accordance with the “required roles” of each section of the clinic, so they serve different purpose and have unique presence yet they are all to help improving the comfortability in their own area. As for functional aspects, the main focus was on managing the conducting wires to provide the effective flat working space.  Also featured is the noise barrier performance in each room, and the whole clinic is designed for easy daily cleaning and maintenance. Any additional elements and extra details are cut off but the whole space is kept simple and gives clean atmosphere with the overall white, and there comes the dynamic of the 3 types of natural wood (;scrap peaces) boldly allocated on the walls and ceiling as the contrast to the white.  The design concept is to deliver the the essence of a clinic which are “reliability”, “a sense of relief”,  and “cleanliness” through the practice space, in which the charms of the natural wood that is still living and breathing, are maximised.Tomoji  KawanoCong Design Office)