タグ別アーカイブ: Fukuoka

HOTEL LOVE

h1

h2 h3 h4 h5 h6 h7 h8「HOTEL LOVE」は、感度の高い大人の遊び場をコンセプトにデザインした。アプローチ、ホワイエはマイアミの温暖な気候の中にあるラグジュアリーなデザイナーズホテルをイメージ。アプローチのレッドカーペットのランウェイや、木製ドアの向こうにある異空間のホワイエとストーリー性を持たせ、お客様の気持ちが高まるデザインで客室への誘導を図っている。客室のデザインコンセプトは、パリ、モダン、モロッコ、リゾート、アメリカ、イタリア、シノワズリ、ゴールドと8タイプのデザインカテゴリーに分け、全40室を異なるデザインとした。例えばパリのコンセプトルームは、ビビッドなレッドの似合うパリの小さなブッティックホテル、シノワズリの客室はヨーロッパのチャイニーズデザインが好きなオーナーが貸し出しているアパルトマン、モロッコの客室ではエキゾジックで神秘的なイメージなど、非日常を感じる空間を表現。感度の高い大人を飽きずに楽しませることができる、ラグジュアリーなホテルに仕上がっている。(沼田行正/沼田行正デザインオフィス

 

「HOTEL LOVE」
所在地:福岡県北九州市小倉南区長野2-2-3
オープン:2017年6月30日
設計:沼田行正デザインオフィス 沼田行正 平田靖享
床面積:2620㎡(基準階面積795㎡)
客室数:40室
Photo:ad hoc inc. 志摩大輔

 

“HOTEL LOVE” was designed based on the concept of an adult playground with high-sensitivity. Approach and foyer have the image of luxury designer’s hotel in mild climate of Miami. We tried to raise the customer’s expectation by creating a story with the red carpet runway in the approach and the extraordinary unique foyer behind the wooden door. The design concept of the guest room is to divide it into 8 categories: Paris, Modern, Morocco, Resort, USA, Italy, Chinoiseri, and Gold. All 40 rooms were designed differently. For example, the room of Paris is a small boutique hotel in Paris which suits the vivid red, the room of Chinoiserie is an apartment rented out by the European owner who likes Chinese design, the room of Morocco is an exotic and mysterious atmosphere, etc. Guests can get an unusual feeling from each room. The luxury hotel, which can entertain sensitive adults without getting tired, has completed. (Yukimasa Numata / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc.)

 

【HOTEL LOVE】
Location:2-2-3, Nagano, Minami-ku, Kokura, Kitakyushu-shi, Fukuoka
Open:June. 30th, 2017
Design:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc. Yukimasa Numata Yasutaka Hirata
Floor area:Total 2620㎡(average floor area 795㎡)
Capacity:40 rooms
Photo:ad hoc inc. Daisuke Shima

 

这次我们以“时髦大人的游乐会所”为主题设计了HOTEL LOVE。这家酒店前廊及前厅以在温暖迈阿密的“奢侈酒店”为灵感。前廊和前厅各有完全不同的氛围,于中间木制门分开此两个空间。但客人经过铺设红地毯的前廊,打开木制门就进去前厅,到客房整个情节中走得很自然,同时他们情绪也会高涨起来。客房设计概念共有八个类别:巴黎、摩登、摩洛哥、度假地、美国、意大利、中国风、黄金,并全40间客房都有不同样式。我们表现非日常的空间,比方说:“巴黎”客房像是个适合鲜艳红色的精品酒店;“中国风”像是个在欧洲喜好中国风房东租出的公寓;“摩洛哥”像是个既非洲风又神秘的空间……。总之这家酒店成为了一家奢侈酒店,时髦大人来这里都会度过快乐时间。(沼田行正 / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE INC.

 

【HOTEL LOVE】
地址:福冈县北九州市小仓南区长野2-2-3
开业:2017年6月30日
室内设计:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE INC. 沼田行正 平田靖享
建筑面积:2620平米(标准楼面面积:795平米)
客房数:40
摄影:ad hoc inc. 志摩大辅

表邸 はなれ

1_7Z2C8193

2_h_7Z2C8149

3_h2_7Z2C8159+

4_h_7Z2C8069

5_h_7Z2C8269

6_h_7Z2C8293

「表邸 はなれ」は、前身となる店舗が15年の節目を迎えたことを受け、店名を含めて全面リニューアルを行ったプロジェクトだ。店と共に時を重ねた顧客のニーズ、例えば、友人との集いの場から仕事仲間との交流の場への変化などに対応し、全面オープンであった客席から一転、全個室へとドラスティックな見直しを行った。環境面においては、それぞれの部屋に「個」としての特性を持たせると共に、シチュエーションに応じて連結された「間」においても一体感のあるデザインを試みた。具体的には、店中央の通路を堺にモチーフの異なる2つのベース空間を構成している。そのベースとなる空間を細分化し、木彫刻や石灯篭といった空間のテーマに沿った個別のエレメントを配することで、「個」としての特性を演出している。(友杉有紀/スピニフェックス)

 

表邸 はなれ
所在地:福岡県福岡市中央区大名1-8-31 リベルタス大名1階
リニューアルオープン:2014年4月20日
設計:スピニフェックス 友杉有紀 独鈷智宏
床面積:123.8㎡
客席数:52席
Photo:石井紀久

 

“Hyotei Hanare” is a full-scale renovation project including a store’s name for a 15-year-old restaurant. Customers’ needs have been gradually changed over the years, for example, from friends’ casual meetings to business networking dinners. Corresponding to the changes, we converted the open layout to the private room layout, drastically. As for the store environment, we created different characteristics for each private room and the unified design for the whole space when rooms are connected depending on situations. Concretely speaking, we divided the store in 2 different spaces with different motives, taking the center aisle as a border line. Individual elements such as wooden carvings or stone lanterns are placed according to the themes of the spaces that show up the character of each space. (Yuki Tomosugi/SPINIFEX)

 

Hyotei Hanare
Location: LIBERTAS Daimyo 1F, 1-8-31, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Renewal Open: Apr.20th, 2014
Designer: SPINIFEX Yuki Tomosugi Tomohiro Dokko
Floor area: 123.8㎡
Capacity: 52seats
Photo: Toshihisa Ishii

 

日本號

n01

n02

n03

n04

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ、新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字形のカウンターで囲んだ。マテリアルには落ち着いたチークを、その背景には一枚板から切り出したコントラストの強い大理石を用い、空間構成はシンプルながらも過去のスナック文化をデフォルメした。カウンターに並ぶ9席のチェアは、片アームと円形のベロア座面で構成。スナックに見るボリュームあるソファを再解釈し、新たなチェアとしてデザインした。過去の「スナックらしさ」を探求しつつも、現代の新しい在り方を模索した。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「日本號」
所在地:福岡市中央区大名2-1-50 第一公健ビル3階
オープン:2015年10月10日
設計者名:ケース・リアル 二俣公一 下平康一
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
家具製作:Acht
サイン計画:village® 長嶋りかこ
床面積:20.0㎡
客席数:9席
Photo:水崎浩志

 

“Nihongo” is the new snack bar project in a multi-tenant building. The owner’s father also ran a snack bar with the same name in the past. The owner took over the bar name and opened his own one. The beginning of a Japanese snack bar history dates back to 1960s. This specific bar style has been developed through Showa and bubble periods. The biggest feature is that guests come to see “Mama”, a popular name for an experienced bar proprietress, and enjoy having communication with her. Because “Mama” is a symbol of a snack bar, we placed her in the center of the store and surrounded with U-shape counter table. We deformed a snack bar culture with a simple structure by using teakwood for main material and marble with strong contrast, which was hewed out from a monolith, for the liquor shelf background. 9 counter seats consist of one-arm and round shape velour seating face. We reinterpreted a voluminous sofa, frequently seen in snack bars, and designed a new chair. The new way of snack bar had been sought out yet the old snack style was investigated. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

【Nihongo】
Location:Daiichikouken building 3F, 2-1-50, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Open:Oct. 10th, 2015
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd. Koichi Futatsumata  Koichi Shimohira
Lighting plan:BRANCH lighting design Tatsuki Nakamura
Furniture production:Acht
Sign design:village Rikako Nagashima
Floor area:20.0㎡
Capacity:9 seats
Photo:Hiroshi Mizusaki

 

WINE&SWEETS tsumons

ツモン_1

ツモン_2

ツモン_3

ツモン_4

ツモン_5

ツモン_6

洋菓子とワインという新しい組み合わせを提案する店舗「WINE&SWEETS TSUMONS(ツモン)」の計画。福岡市中心部にあり、中層ビルやマンションが密集するエリアに建つ平屋の建物である。オーナーはパティシエでありソムリエールでもあり、彼女の新しい食の場が謙虚さと凛とした強さを持ち合わせる職人そのもののような佇まいで現れることを目指すと共に、用途や階数もばらばらな街並にあえて平屋建てを建てることの意義を考えた。建物は、敷地なりに外壁を建てて出来る箱の内側に、小さな通り庭を持つ片流れ屋根のボリュームを取り込んでいる。そして道路側に販売スペース、その奥にカウンタースペースを設け、これら2つのスペースに面するよう南側に通り庭を配置している。これによって雑多な環境に対して店内の落ち着きを確保すると同時に、2つのメインスペースの背景を柔らかな光の入る半屋外の風景としている。また、通り庭の壁には予め一部にマメツタなどの植物を植え込んでいて、時間をかけて壁や屋根を植物が徐々に覆ってゆく。やがてはこの屋根がもうひとつの「ファサード」となり、周囲に住まう人々の「坪庭」のような存在となることを期待している。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「WINE&SWEETS tsumons」
所在地:福岡市中央区高砂1-21-3
オープン:2014年3月22日
設計:ケース・リアル 二俣公一 片田友樹
床面積:65.3㎡
客席数:9席
Photo:水崎浩志

 

 

 

A design for both shop and bar with an original concept to provide a new combination of western confectionery and wine. The site is located in the central part of Fukuoka city and is surrounded by the sprawl of densely-packed residential and mid-rise buildings. The site is very small and is dominated by multistory apartments. However, it is the owner’s earnest desire to build a one-story building. The owner is both patissier and sommelier. As a result of many meetings with her, we decided to create architecture as if it presented her character as an artisan. In other words, we aimed at providing architecture which has an earnest and dignified sight contracting with the bustle of the city. Additionally, we are making a conscious decision to build a one-story, ”oasis” against the city “ jungle” with its multi-storey buildings.
The building incorporates a pent roof being broadly sloped southward in a box-shaped volume. The retail space is located on the road side and the counter space is in the rear. The courtyard is located on the south side facing these spaces and being as a staff workflow line. These space compositions allow the shop to retain a calm atmosphere, contrasting with the busy street. Additionally, the background of both main spaces becomes an annex letting mild light in. In addition, the horizontal continuous windows to trim the view are designed outside of the fire spread line, which enabled these windows to be wire-free regarding regulations. Consequently, a clear view of surroundings was retained. The finish used in the courtyard includes large-fruit asphalt single materials continuing to the roof. These materials can store water, so plants such as small ivy, which are planted on the wall, will build up gradually in the uneven wall and roof surface. The roof will eventually become another “façade” and it will have a presence of a “spot garden” for the people who live in the neighbourhood. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL Co.,Ltd.)

 

【WINE&SWEETS tsumons】
Location:1-21-3, Takasago, Chuo-ku, Fukuoka
Open:Mar. 22th, 2014
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd.  Koichi Futatsumata Tomoki Katada
Floor area:65.3 ㎡
Capacity:9 seats
Photo:Hiroshi Mizusaki

 

 

tsumons
http://wine-sweets.com
ケース・リアル
http://www.casereal.com/
水崎浩志
http://www.loop-pc.jp

 

 

LOTT annibirth

lott annibirth_年に数回訪れる、美容室での一日。新しい自分に生まれ変わる、特別な一日。
そしてこの一日が、自分自身へのプレゼント。オーナーの思いの込められた言葉を聞いたときにふと思い起こされたのは、自分の中の幼少の記憶でした。
幼かった頃、美容師さんにかわいくしてもらうことがただうれしくて、楽しみだったあの頃の気持ち。
幼少時の気持ちとリンクする情景、親に手を引かれて行った、サーカスのテントの中に広がる不思議な世界。
日の当たる教室の寄せ木作りの床、なつかしいにおい。記憶の断片を手繰り集め空間を再構築しました。入り口には、床からさまざまな方向へ伸びるランダムな木壁。一枚一枚違った表情のヴィンテージオークが空間に程よいコントラストを奏でます。
不思議な感覚を覚えるように立ち並んだ木壁をくぐり抜けて広がるのは、これから生まれ変わる新しい一日。
そこにはこれからの自分が描かれる、さまざまな形をしたキャンバスが立ち並び、アトリエのような空間に光が降り注ぎます。エントランスから続く壁に施されたナナメのラインは、昼から夜へ、刻々と刻む時計針のように明るい空間から暗い闇の空間へと誘い込みます。
光と影、裏と表、直線と曲線の織りなす空間の中に、どこか詩的なイメージを纏った不思議な空間を表現しました。(手島紗夜/tgd)

  

  • ヘアサロン「LOTT annibirth
  • 所在地:福岡市中央区天神2-4-11 パシフィーク天神701
  • オープン:2012630
  • 設計:tgd タカスガクデザイン 手島紗夜、高須 学
  • 床面積:108.26
  • 席数:カット8席、カラー6席、シャンプー5
  • Photophoto office overhaul

 

 

“Lott annibirth”. People visit a hair salon several times a year. At the day you visit the salon, you become a brand new person. That is a present for yourself. When I heard these words from the owner of the salon, I was remembering my childhood. When I was small, I just enjoyed having my hair cut and cute by a stylist. The childhood is linked to sceneries; a wonderful world opened under a tent of a circus where my parents took me and a nostalgic scent of a classroom with a wooden mosaic floor in the sun. I reconstructed the space by gathering a piece of my memory. I set wooden walls stretching randomly at an entrance. Each vintage oak wood has different faces and makes appropriate contrast in the space. After passing through wooden walls with wonder you see a brand new day where you will be reborn. There are canvases with different shapes where your future will be drawn in the atelier like space filled with sun lights. A slanted line on the wall from the entrance invites you from the bright space to the dark space just like a clock hand. I created a wonderful world with a poetic image in the space of the light and the shadow, the front and the back, and the straight line and curved line. (Sayo Teshima / tgd)

  • Location:Pacifique Tenjin 701, 2-4-11, Tenjin, Chuo-Ku, Fukuoka-Shi, Fukuoka
  • Designer:tgd Sayo Teshima Gaku Takasu
  • Floor area:108.26㎡
  • Capacity:40 seats for cutting/ 6 seats for coloring / 5 seats for shampoo
  • Photo: photo office overhaul

  

  

  

  

 

JR九州ホテルブラッサム福岡

『クラシックな博多センスのホテル』をコンセプトに、建物から感じられる西洋のカタチと博多らしさとを融合させ、新しく再生させることをコンセプトとした。粋を感じさせるオレンジを基調に落ち着きのあるロビー空間・客室の雰囲気を目指したインテリアデザインとしリニューアルを行った。客室のベッドサイドにはコントロールパネルを図式表示(意匠登録申請中)してわかりやすいデザインとし、デスク機能も充実させ、ゲストの用途に合わせご利用いただけるよう工夫をした。ロビーの行燈照明や客室の照明のデザインを統一させホテル全体の雰囲気に融合性をもたせたデザインとした。〈イリア〉

  

  • JR九州ホテルブラッサム福岡」
  • 所在地:福岡市博多区博多駅東2-2-4
  • オープン:201172日(リニューアル)
  • 設計:イリア 沖野俊則 平田瑞絵 渡邉宏子
  • 客室数:90

 

 

The concept is “Hotel with classic Hakata taste”. Based on this concept, we regenerated the hotel by integrating a western figure coming from an architecture and Hakata taste. We renewed the interior design of a lobby and guest rooms, aiming to achieve a poised atmosphere with the base of orange color and smartness. We designed a new control panel, which is easy to understand and under design registration, and displayed it at bed side in guest rooms. In addition, we also enhanced a function of a desk and made it to be utilized by each guest’s purpose. By unifying the taste of lamps in the lobby and guest rooms, we integrated whole atmosphere of the hotel design. (ILYA)

  • 【JR Kyushu hotel Blossom Fukuoka】
  • Location: 2-2-4, Hakataeki higashi, Hakata-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
  • Open:Renewed in July 2nd, 2011
  • Designer:ILYA Toshinori Okino, Mizue Hirata, Hiroko Watanabe
  • Capacity:90 rooms

  

  

 

 

BIZCOLI

財団法人の運営する経済図書館が福岡市の中心地、渡辺通りへの移転を機にビジネスパーソンをターゲットとした会員制図書館「BIZCOLI -BIZCOMMUNICATION LIBRARY-」として新たに生まれ変わった。資料閲覧や自己啓発、情報交換など多様な目的を持つ来館者と、交流させる空間と集中させる空間の二つ空間を、本のゲート「知の回廊」を介して空間的に曖昧に分断することで利用者同士の偶発的なコミュニケーションを誘発させるよう計画。また、火山灰を再利用した煉瓦タイルや手漉和紙、間伐桧突板など地域特有の素材感溢れる材料に、LEDによる指向性の強い間接照明を施した壁面を連続させることと、全体の照明計画をタスク&アンビエントにて意識的に空間の陰影の幅を大きくすることで、空間全体をドラマティックかつスムーズに繋げながら、利用者同士の新しいコミュニケーションを誘発する新しい図書館の在り方を目指した。(高須 学)

  

  • BIZCOLI -BIZ COMMUNICATION LIBRARY-
  • 所在地:福岡市中央区渡辺通2-1-82 電気ビル共創館3
  • オープン:201243
  • 設計:タカスガクデザイン 高須 学 手島紗夜
  • 床面積:567
  • 席数:ラウンジ40席/閲覧26席/会議室24席/自習室15
  • Photo:山本育憲(TRANSPARENCY

 

 

This is the membership library named “BIZCOLI-BIZCOMMUNICATION LIBRARY-”. It had been organized by a foundation as a business books library and was reborn to target more business person triggered by a relocation to the city center of Fukuoka-shi on Watanabe-dori. The visitors have different purposes such as inspection of documents, self-development, and exchange of information. Therefore I divided the space vaguely with certain themes, the communicating space and the concentrating space, and joint 2 spaces with a gate of books “the corridor of interigence” so that visitors might have communication accidentally. I adopted local materials; brick-tiles made of volcanic ashes, hand-made Japanese papers, and Japanese cypress come from forest thinning. The walls decorated with indirect LED lighting with a strong directional characteristics and “task&ambient” lighting plan making a contrast of the space wider connect the whole space dramatically and smoothly. My goal was to create a new style library which provokes a new communication of users. (Gaku Takasu)

  • 【BIZCOLI -BIZ COMMUNICATION LIBRARY-】
  • Location:Denki-building Kyosokan 3F, 2-1-82, Watanabe-Dori, Chuo-Ku, Fukuoka-Shi, Fukuoka
  • Designer:takasu gaku design Gaku Takasu Sayo Teshima
  • Floor area:567㎡
  • Capacity:Lounge 40 seats / Inspection 26 seats / Meeting 24 seats / study 15 seats
  • Photo: Ikunori Yamamoto(TRANSPARENCY)

  

  

  

 

 

 

frame福岡店

福岡天神、大名エリアにあるジュエリーブティック。ウエディングジュエリーを中心に扱う商品構成のため、主に1階に商品、2階には接客スペースを設けています。新しく始まる二人の生活のモチーフとして「鳥かご」をショップのテーマとして設定し、各種ディスプレイ/照明器具/2階のパーティション等はこのモチーフを展開して製作されています。吹き抜けにはミラーフィニッシュのステンレスを用いた照明器具をデザイン。乱反射する光りが祝福するかのように降り注ぎます。照明やディスプレイに使用した鳥かごや鳥の彫刻はバリ島へオーダーし、買い付けたものを加工して使用。 椅子、ハイバックのソファ共にオリジナルのデザインで製作しました。ショップの「どこか」に、青い鳥をそっと置いてきました。 お帰りになるお客様が、ふと気がついてほんの少し幸せな気分になるような、ささやかなプレゼントです。(齊藤良博/エイスタディ、文責BAMBOO

 

  • frame 福岡店」
  • 所在地:福岡市中央区大名1-12-27 パシオン大名1
  • オープン: 2011923
  • 設計:エイスタディ
  • 床面積:183.04㎡ 252.39㎡ 計135.43
  • 客席数:14席 26
  • photo:米津 光

 

 

 

 

 

 


デンタルプラザ福岡

歯科医療総合商社モリタ福岡支店のショールーム。すべてのテクノロジーは“人”中心であるべきという製品開発の哲学「pd style」から生まれた水平位診療システムは、今日の歯科医療に大きな変革をもたらした。その「モリタのもの、機器・知識・情報」を展示するショールームを「モリタのこと、企業の本質」でデザインしたショールームである。不変性と先進性をインテリアの手法、シームレスと水平に置き換えて「もの」と「こと」の両方を結びながら大切な事を未来へつないでいく。エントランスから右へ回り込み、デンタルプラザへ1歩入ると約2.5m角、高さ6m、ハイサイドの光が降りそそぐメタルボックスをくぐりぬけることになる。企業の戦略を担う製品を見ながら中へと進むうちに外と内の中間領域で心がゼロセットされて、高揚感と集中力が高まりマーケットとショールームをつなげてくれる仕掛けとなる。目指すのは展示する「もの」だけ見えるショールーム。全てのテクノロジーは人中心であるべきというpdの思想を企業の本質をインテリアでも実践、必要な時のみ対応可能なテクノロジーを備えた空間と展示する機器の間のものがない、という事が見る人にストレスを与えないだけでなく、機器を求めて来場する開業医にとっても機器と空間を切り離すことなく考えるきっかけとなる。(志村美治/フィールドフォー・デザインオフィス)

 

  • 「デンタルプラザ福岡」
  • 所在地:福岡市東区松島1丁目9141
  • 開院:20115
  • 設計:フィールドフォー・デザインオフィス 志村美治
  • 床面積:195㎡(ショールーム)
  • photo:後藤晃人

 

  

 


1 / 212