タグ別アーカイブ: hotel

京都グランベルホテル

g1 g2_a

g3_a

g4

g5_a

g6

g7_a

g8

g9
「京都グランベルホテル」は、日本人のDNAや思想、海外の潮流や技術をキュレーションし、あらゆるホテル機能と掛け合わせることで、さまざまな“化学反応”を生むクリエイティブホテルだ。フロントバックやバーでは約150年の時を超え、古箪笥や古欄間がアートのように機能する。フロントカウンターでは瓦職人がつくったヘキサゴン瓦とエジソンバルブ照明がゲストを迎え、ラウンジでは、斉藤上太郎氏の着物ファブリックと、ビンテージと現代のコントラクトファニチャーがチャンプルされている。その他、約10mの長さをもつディスプレイ棚と一体になったブッフェカウンター、無開口の地下大浴場に降り注ぐPaolo di Trapani氏の太陽光照明、京都町家の坪庭と明るく静かな地下住宅の考え方を進化させた地下客室、はやしまりこ氏の壁画を床画に落とし込んだ歩くアート廊下などが展開する。これらの要素の“化学反応の連鎖”によってホテルシーンで繋ぐことで、日本人ゲストにも外国人ゲストにも新しい「日本クリエイティブなおもてなし空間」をつくり出した。(寶田 陵/the range design INC.

 

京都グランベルホテル
所在地:京都市東山区大和大路通四条下ル大和町27
オープン:2017年7月14日
建築・内装設計:UDSthe range design INC. 寶田 陵 鈴木直人
面積:敷地/998.32 ㎡ 建築/704.67㎡ 延べ床/3,359.51㎡
客室数:105室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“KYOTO GRANBELL HOTEL” is a creative hotel that produces various “chemical reactions” by curating Japanese DNA and thought, overseas trends and skills, and multiplying every hotel function.
In the reception desk wall and the bar, the old chest and the transom more than 150-year-old function as art works. At the front desk counter, hexagonal roof tiles made by a tile craftsman and Edison bulb lightings welcome guests, and at the lounge, Kimono fabric of Jotaro Saito are coordinated with the vintage and contemporary contract furniture. Besides, the 10 meters long buffet counter integrated with the display shelf, the solar lighting of Paolo di Trapani streaming down on the open-air underground large public bath, the underground guest room based on the idea of ​​the Tsuboniwa of Kyoto town house and the bright and quiet underground housing, and the walking art corridor that has Mariko Hayashi ‘s mural painting on floor are provided. By linking these elements with “chains of chemical reactions” in a hotel scene, we created a new “Japanese creative hospitality space” for both Japanese and foreign guests. (Ryo Takarada/the range design INC.)

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
Location:27 Yamatocho, Yamatooji-dori, Shijo sagaru, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:July. 14th, 2017
Architecture&Interior Design:UDS  + the range design INC. Ryo Takarada Naoto Suzuki
Floor area:Site area 998.32㎡ / Building area 704.67㎡ / Floor area 3,359.51㎡
Number of rooms:105 rooms
Photo:Nacasa & Partners

 

KYOTO GRANBELL HOTEL是一个集日本传统观念、日本式想法、国际潮流与技术为一体,囊括了酒店所有功能,并产生出一系列“化学连锁反应”的新概念宾馆。
前台的背景和酒吧特意采用了旧衣橱及旧隔窗,很艺术地把我们引领到了一个半世纪以前。在前台,瓦匠亲手制作的六边形瓦,爱迪生电泡欢迎着旅客们;在休息室,传统的和服布料,古典和现代家具演绎出混搭风。此外我们特设了长达10米的展示架兼自助餐柜台;Paolo di Trapani的采光让阳光毫无阻隔地直射到地下层的浴场;融入京都式庭院概念的地下客房被打造得既明亮又安静;地板用艺术家Mariko Hayashi的壁画铺设出一条艺术走廊・・・。正是这些元素有机结合才产生了所谓的“化学连锁反应”,呈现给客人一道道风景。不管是本国客人还是外国客人,都能身临其境地体验到充满新意的日式接待空间。(寳田 陵/the range design INC.

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
地址:京都府京都市东山区大和大路通与四条通交叉口往南大和町27
开业:2017年7月14日
建筑、室内设计:UDSthe range design INC. 寳田 陵 铃木直人
面积:用地面积/998.32平米 建筑面积/704.67平米 实用面积/3359.52平米
客房数:105室
Photo:Nacasa & Partners

優り草

優り草01

優り草02優り草03優り草04優り草05

戦火を逃れた京都には、古都の資源を連綿と受け継ぐ、暮らしの文化が存在します。それが形として今も色濃く残るのが京町家です。坪庭や虫籠窓等、自然に向き合い、環境と共生する知恵がそこにはありました。 昔ながらの箱階段を活かした大判陶版を壁に使用したキッチンスペース。箔と和紙の提灯のシルエットが映える、久住氏の左官で仕上げたダイニング。掻き落としの土壁と和紙のきめ細やかな質感のコントラストが特徴の和室。水と山をモチーフとしたモダンなデザインの唐紙の壁が目を惹く離れ等、たくさんの作家や職人の方々と協力し、京町家の文化的な要素は活かしながら、新しいものを取り入れた一棟貸しの宿となっています。(間宮吉彦/インフィクス、文責BAMBOO)

 

優り草
所在地:京都市左京区大菊町109
オープン:2016年12月
設計:インフィクス 間宮吉彦
協力:左官/久住有生 襖絵/島田由子 アート/STUDIO SAWADA DESIGN 版画/野田版画工房
床面積:98㎡
規模:地上2階建て
Photo:下村康典

 

 

In an old city Kyoto, which haven’t suffered from the fires of war, there still continue to exist a traditional culture of living. That can be vividly found in Kyomachiya. Spot garden or small window with a fine lattice are legacies of wisdom that let people to face the nature and live together with it. Making use of understair space, we created a practical kitchen with large ceramic tiles for its wall. Walls of the dining space are finished by a plaster master, Mr. Kusumi where a silhouette of partially gilded paper lantern contrast favorably with. The guest room is Japanese style and has a beautiful contrast of clay and Japanese paper in its wall. The annex has walls covered by China origin specific Japanese paper that depicts water and mountain in a modern style. “Masarigusa” inn, that rents the entire house, is completed with a lot of cooperation from artists and craftsmen, making use of Kyoto’s traditional cultures yet taking in many new things. (Yoshihiko Mamiya / infix)

 

Masarigusa
Location:109, Okiku-cho, Sakyo-ku, Kyoto
Open:Dec. 2016
Design:infix design inc. Yoshihiko Mamiya
Cooperation:Plaster/Naoki Kusumi, Door painting/Yoshiko Shimada, Art works/STUDIO SAWADA DESIGN, Engraving/NODA print motif workshop, etc.
Floor area:98㎡
Floor composition:2 stories
Photo:Yasunori Shimomura

BED AND CRAFT TATEGU-YA

tateguya_02

tateguya_03 tateguya_04 tateguya_05 tateguya_07 tateguya_08

「木彫刻の町」として有名な富山県南砺市井波に計画された、元建具屋の店舗併用住宅をリノベーションしたゲストハウス。井波は、彫刻師が200人を超える全国一の産業規模を誇る木彫刻産業地であり、欄間をはじめ、獅子頭など多くの伝統工芸品を生産している。そんな、昔ながらの技を現代に伝える職人達と手を組むことで、今までにない体験を提供したいという想いから、宿泊しながら職人とものをつくる喜びを体感する新しいカタチのゲストハウスとして立ち上げた。
同施設は井波の名刹、瑞泉寺につながる旧街道沿いに位置する。したがって外部のにぎわいが内部へと続いていくような構成を考えた。エントランス部分の吹き抜けの壁には焼き杉板のささら子張り仕上げを採用。また階段下のパーテーションには、透かしブロックを利用するなど外部環境のエッセンスを取り入れ、どこか懐かしさを感じる演出とした。それらの仕上げにより、旅人や地域の人々が自由に出入りできるような心地良さが生まれている。施設のコンセプトである「ONEゲストハウス+ONE職人」を受け、空間から彫刻家・田中孝明氏がインスピレーションを得て制作した作品も展示されるほか、様々な職人が、それぞれのゲストハウスで協働し、また職人の工房でのワークショップにも参加することで、泊まる度に発見がある。
今回、プロジェクトの立ち上げから企画、設計、ブランディングまですべてのディレクションにかかわり、従来の建築家の職域を大幅に超えた様々なことを行った。「町を活かし、古民家を活かし、職人を活かす」、伝統工芸の継承から、空き家問題、まちづくりまで多くのセグメントにコミットできる建築としての新たな領域を開拓できたと感じている。(山川智嗣/トモヤマカワデザイン)

 

BED AND CRAFT TATEGU-YA
所在地:富山県南砺市井波1896-1
オープン:2016年9月16日
設計:トモヤマカワデザイン 山川智嗣 山川さつき
施工者名:山秀木材 山田 孝
床面積:85.96㎡
客室数:3室(最大宿泊人数5名)
Photo:前 康輔

 

 

This is a converted hostel opened in Inami city in Toyama prefecture. The town is famous for wood curving and the hostel had been a joinery until the conversion. The project started with local craftsmen to create a new accommodation which provides a new experience to guests.
The entrance is decorated with Japanese traditional techniques and products such as wood-board-joining or block-open-working. We tried to take in essences of the outer environment to the inside in order to create a nostalgic atmosphere. The outside and the inside are softly connected due to these finishing and ideas and both travelers and local people can freely come and go.
Based on the concept of the hostel “ONE hostel + one craftsman”, the works of sculptor Komei Tanaka are exhibited and guests can find a lot of other artists’ works, too.
“To fully utilize town, old house, and craftsman” is a key idea of the project and the hostel functions beyond just an accommodation. We think we created a new architecture that engages succession of traditional craftworks, abandoned house problem, town management, etc. (Tomo Yamakawa/Tomo Yamakawa Design)

 

BED AND CRAFT TATEGU-YA
Location:1896-1, Inami, Nanto-shi, Toyama
Open:Sep. 16th, 2016
Designer:Tomo Yamakawa Design  Tomo Yamakawa  Satsuki Yamakawa
Constructor:Yamahide home Takashi Yamada
Floor area:85.96㎡
Capacity:3 rooms(Maximum 5 persons)
Photo:Kosuke Mae

東急ステイ銀座

t1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t2-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

t5-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

中長期滞在にも対応する都市型ホテル・東急ステイの17店舗目である「東急ステイ銀座」の新築計画。共用部のコンセプトはシンプル・ジャパネスク。宿泊施設にふさわしい「和の灯り」をモチーフにした大型の照明器具や市松模様をアレンジした飾り棚で、今の銀座らしさを感じる、和のニュアンスを表現した。客室のコンセプトはスーペリア・カジュアル。東急ステイらしい気軽さと、銀座にふさわしい上質さの両立を狙った。織物クロス、突板などの素材づかいや、空間の密度感にこだわって快適なゲストの滞在を演出している。(高木教子・河内利文/東急ホームズ)

 

東急ステイ銀座
所在地:東京都中央区銀座4-10-5
オープン:2016年3月7日
建築設計:清水建設 五ノ井浩二
インテリアデザイン:東急ホームズ 高木教子 河内利文 馬場芳美
延べ床面積:6328.85㎡
基準階床面積:395.92㎡
階数:地下1階地上15階建て
客室数:191室
Photo:青木勝洋

 

“TOKYU STAY GINZA” is a new building project for TOKYU STAY’s 17th branch. The hotel has an urban style and welcomes medium and long stay guests. The public space is designed based on simple Japanesque concept. We expressed Japanese atmospheres and Ginza’s taste by placing huge Japanese style lightings that is appropriate for an accommodation facility and checkerboard pattern shelves. The concept of guest rooms is superior casual. We tried to achieve both lightheartedness, TOKYU STAY’s characteristics, and a high quality, Ginza’s mood. We carefully selected materials such as fabric or sliced veneer to create comfortable density of the space. (Kyoko Takagi & Toshifumi Kochi / Tokyu Homes)

 

TOKYU STAY GINZA
Location:4-10-5, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Mar. 7th, 2016
Architectural designer:SHIMIZU CORPORATION  Koji Gonoi
Interior designer:Tokyu Homes Kyoko Takagi Toshifumi Kochi  Yoshimi Baba
Floor composition:15 stories above the ground and 1 underground story
Total floor area:6328.85㎡
Standard floor area:395.92㎡
Photo:Katsuhiro Aoki

Four Points by Sheraton Guilin, Lingui

c1

c2

b8

c3

c5

b10

c7

c6

c8

「フォーポイントバイシェラトン桂林,臨桂」は、既存のビジネスホテルの枠を超えた、快適さとラグジュアリーを併せ持つインテリアデザインが特徴。中国の伝統的な意匠を現代的なデザインに落とし込んだ計画は、地元の職人への敬意と、ゲストを現代における最高のスタイルで迎えるというもてなしの心からスタートしている。桂林は色彩豊かな民族文化遺産を持つ観光名所であり、デザインチームはこの地の伝統的な紙細工や高品質の織物、そして繊細な木工芸品から大いに美的刺激を受けた。技巧を駆使した職人芸から、ホテル内の家具什器類は、深みのある色と質感を幾重にも重ね合わせ、有機的な輪郭を持たせるに至った。例えば、メインダイニングルームでは、中国の伝統的なデザイン要素を一段上のレベルで取り入れ、壮大な金天井の下、白い壁面に優雅に泳ぐ鯉が彫り込まれている。この輪郭と形状の競演は、そのほかの空間にも展開。ロビーからレストランまでの天井を覆う植物のツルをモチーフにした間接照明は、ダイナミックな空気感を生み出している。また、光沢感や硬質感のある仕上げ、そしてベルベットといった異なる表装の壁を連続させることで、パブリックからプライベートな空間への流れるような導入を演出している。そのほか、天井には照明が連なって見えるように配置。リズム感ある脈動がゲストを順路に案内するような仕掛けを施した。歴史上、中国のデザインは朱色を多用してきたが、この場のレジャーのシーンにはそぐわないと考え、ライムグリーンやコクリコレッド(ひなげしの花の赤色)、エジプシャンブルーという、活気を感じさせる理想のカラー展開を行った。多くの要素が威圧的に主張することなく、空間全体がゲストを温かく迎え、思い出に残る滞在を楽しめるデザインとした。(PAL)

 

フォーポイントバイシェラトン桂林,臨桂
所在地:中国廣西桂林臨桂區西城南路 1號
オープン:2015年1月
設計者:PAL Design Consultants Ltd. Patrick Leung Doris Chiu Julieto Taytayon AVELINO Portia Leung
床面積:18,902㎡
客室数:242室
Photo:陳維忠

 

Four Points by Sheraton Guilin, Lingui has been more than just a business hotel completed with comfortable and luxurious interiors. Its overarching concern to bring lively patterns typical of traditional Chinese culture into its contemporary design stem not from the respect for local artisan know-how, but also the dedication to welcome guests with the best in contemporary style.
Guilin has indeed been known as a popular tourist destination with colourful ethnic and cultural heritage, which has inspired the design team to draw from diverse aesthetic sources from traditional paper-cutting craft, fine fabric details to intricate woodwork.
The result is its intricate craftsmanship to maintain an organic contour throughout — with finely-turned and well-polished edges across its tailor-made fixtures — expressed through both textures and colours in myriad layers. The main dining room is exemplary in taking traditional Chinese elements to another level in particular, with eye-catching carp-shaped cut-outs in elegant white curving beneath its spectacular golden ceiling.
The interplay of forms and shapes does not stop there. The dynamic vibe throughout its interiors is taken further through its iconic tendril lighting across the ceiling from the lobby to the restaurant.
Meanwhile, the exquisite juxtaposition of polished, rugged and velvety wall surfaces ensures a fluid transition between public and private spaces. The careful choice of eye-catching lighting strips dotted across the ceilings and corridors further delight and guide guests in their paths in rhythmic pulsations.
While vermillion dominates the palette of Chinese designs in history, the design team has decided that it might not sit well with the leisurely holiday touch. The focus on other vibrant colours instead comes perfectly together in an imaginative palette as diverse as lime green, coquelicot red and Egyptian blue. Without appearing as an overbearing mess, the overall atmosphere remains always welcoming and warm for guests to enjoy a memorable stay. (PAL)

 

Four Points by Sheraton Guilin, Lingui
Location:No.1 Xicheng South Road, Lingui District Guilin,Guangxi, China
Open:Jan. 2015
Designer:PAL Design Consultants Ltd. Patrick Leung Doris Chiu Julieto Taytayon AVELINO Portia Leung
Floor area:18,902㎡
Capacity:242 rooms
Photo:Green Chen

 

HOTEL EDIT YOKOHAMA

edit_1 edit_2 edit_3 edit_4 edit_5 edit_6 edit_7 edit_8

ホテル名の「EDIT=編集」をデザインにも踏襲し、ホテルに集まる人々がそれぞれの目的やスタイルに合わせ、思い思いの時間を編集したり、カスタマイズができる空間を目指しています。 ホテルの顔になる1階部分は、フロントやレストラン、ライフスタイルショップ、ライブラリー、会議室などの機能を備えつつ、それらの間にはあえて仕切りを設けずに、ひとつの大きな空間の中で、泊まる・働く・食べる・暮らすといった様々なシーンがゆるやかにつながるシームレスな空間としました。家具や什器は全て可動式になっており、日常のサービスやイベントなどの目的に応じて、フレシキブルに対応できる機能も備えています。 また、共用部や客室の随所にレンガサイズのタイルや落ちつきのあるブルーのカーペットなど、かつて港町として栄えた横浜らしい独自の雰囲気をモダンに表現し、まちに馴染むデザインとすることで、旅行者だけでなく、そのまちに暮らしている人も気軽に訪れやすい空間を目指しています。(杤尾直也/UDS)

 

「HOTEL EDIT YOKOHAMA」
所在地:神奈川県横浜市中区住吉町6-78-1
開業: 2015年4月1日
設計:株式会社UDS 中原典人 寶田 陵 杤尾直也
フロア構成:1階/フロント、ラウンジ、レストラン&デリ、ライブラリー、ライフスタイルショップ、会議室 2階/客室、サービスオフィス 3階・4階/客室
室数:ホテル客室129室、事務所7室
延べ床面積:4035.27㎡(ホテル+サービスオフィス)
Photo:ナカサアンドパートナーズ

 

 

We aimed to create the space that can be customized or edited by each user according to purposes or styles, taking on the name of the hotel “EDIT”. The ground floor, that is the face of the hotel, has several functions such as restaurant, lifestyle shop, library, and conference room. We ventured to put no partition among them and made it as one seamless space where diverse scenes softly connect such as staying, working, eating, and living. All furniture is movable and the space is equipped with many functions that flexibly satisfy demands like daily services or events. We expressed the unique atmosphere of the harbor city Yokohama by using brick-sized tiles or deep blue color carpets for public spaces or guest rooms. The design is familiar with the town therefore not only travelers but also local people can easily visit.
(Naoya Tochio / UDS)

 

【HOTEL EDIT YOKOHAMA】
Location:6-78-1, Sumiyoshi-cho, Naka-ku, Yokohama-shi, Kanagawa
Open:Apr. 1st, 2015
Designer:UDS Norito Nakahara Ryo Takarada Naoya Tochio
Floor composition:1F / front, rounge, restaurant&deli, library, lifestyle shop, and conference room 2F / guest room and service office 3F&4F / guest room
Capacity:129 hotel guest rooms and 7 office rooms
Floor area:4035.27㎡ (hotel and service office)
Photo:Nacasa & Partners

 

 

HOTEL EDIT YOKOHAMA
http://hotel-edit.com/

 

UDS
http://www.uds-net.co.jp/

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

 

 

GRIDS HOSTEL+LOUNGE AKIHABARA

grids_1grids_2grids_3grids_4grids_5grids_6grids_7

観光拠点として好立地な秋葉原において築34年のオフィスを宿泊施設へコンバージョン。外国人旅行客にとって優れた旅の拠点となることと共に、地域とのつながりの拠点にもなる「THE TRAVELLERS HUB」としてのホステルを計画した。
デザインは「Terminal(ターミナル)」をコンセプトとして、日本のデザイン手法における「繊細さ」「風合い」、そして地域性を鑑みた「ネオン」をベースコードにして日本の魅力を伝えることを目指した。つながりの場として計画したエントランスバーラウンジはスチールコラム(柱)・カンテラ等のターミナルにある要素を解釈・アレンジしてデザイン。宿泊施設は寝台列車をイメージしたPOD(2段ベッド)や最大4名宿泊可能な機能完結型個室等を複合している。
多様化するステイスタイルに呼応しつつ「日本における新しいホステル」のあり方を提案する計画である。(高宮大輔/UDS)

 

「GRIDS HOSTEL+LOUNGE AKIHABARA(グリッズホステルラウンジ秋葉原)」
所在地:東京都千代田区東神田二丁目8-16
オープン:2015年4月21日
設計:UDS 寶田 陵 高宮大輔 蛯原弘貴
設計協力:HEZERAAF 櫻井由子
照明計画:sola associates 川村和広
グラフィック:デザインバーコード 武藤一矢
床面積:998.30㎡
客室数: PODタイプ(2段ベッド)124床/プライベートシングル4室/プライベートダブル1室/ドミトリー4室/プレミアムルーム2室/ジャパニーズルーム1室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

This is the project of the conversion of a 34-year-old office to a hostel. The concept is “THE TRAVELLERS HUB” which can be used as a base for foreign travelers and also a hub for locals. We aimed to transmit the charms of Japan based on the design concept “Terminal” and through Japanese design techniques “delicacy”, “texture” and also “neon lighting” that reflects the regional characteristic. The design of the entrance bar lounge, planned as a place for communication, consists of steel columns, lanterns, etc. that are factors seen in a terminal. This accommodation also includes POD(bunk bed), which reminds you of a sleeper train, and functional private room where 4 guests can stay in maximum. In this project we are trying to suggest “new hostel in Japan” in concert with diverse staying styles. (Daisuke Takamiya / UDS)

 

【GRIDS HOSTEL+LOUNGE AKIHABARA】
Location:2-8-16, Higashikanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Open:Apr. 21st, 2015
Designer:UDS Ryo Takarada Daisuke Takamiya Hiroki Ebihara
Cooperating Designer:HEZERAAF Yuko Sakurai
Lighting Design:sola associates Kazuhiro Kawamura
Graphic Design:Design Barcode, Inc. Kazuya Muto
Floor area:998.30㎡
Capacity:POD(bunk bed)124beds/Private single 4rooms/Private double 1room/Dormitory 4room/Premium room 2rooms/Japanese rooms 1room
Photo:Nacasa & Partners

 

GRIDS HOSTEL+LOUNGE AKIHABARA
http://grids-hostel.com/hostels/akihabara/

 

UDS
http://www.uds-net.co.jp

 

Nacasa&Partners
http://www.nacasa.co.jp

渋谷グランベルホテル

DSC_7714

DSC_7723

DSC_7735

DSC_7747

DSC_7760

2006年に『ミニマム』『ポップ』『アーティスティック』というデザインキーワードで、渋谷らしいホテルデザインでオープンした「渋谷グランベルホテル本館」。今回は、次の更なるステージに向かい、客室リノベーションによって新しく生まれ変わった。 リノベーションテーマは、まだ誰も見たことのない〈Next Shibuya〉。渋谷からまた新しいホテルデザインカルチャーを発信したいという思いから、アートと機能の融合をテーマにプロダクト製作活動をしている「デザインスタジオYOY(ヨイ)」とコラボレーションして空間づくりを行い、プロダクトアートとホテル機能が融合された全く新しい空間をつくることを試みた。 世界から訪れるゲストに、日本独特の感性によって作られた完成度の高いプロダクトアートを見て・触れる体験を提供する、そんな新しいホテル空間が渋谷に完成した。(寶田 陵/UDS)

 

渋谷グランベルホテル
所在地:東京都渋谷区桜丘町15-17
オープン(リニューアル):2015年2月2日
設計:UDS  A.I.design 寶田 陵 菓子麻奈美
協力アーティスト:デザインスタジオYOY(ヨイ)
客室数:105室

 

 

“SHIBUYA GRANBELL HOTEL” was born in 2006 with the design keywords “MINIMUM”, “POP”, “ARTISTIC”. This time the hotel was reborn through the guest room renovation, toward the next stage. The theme of renovation is “Next Shibuya” which is never-seen-before. We wanted to transmit a new hotel design culture from Shibuya and tried to create a brand new space where product-art and hotel-function are blended. Therefore we collaborated with “design studio YOY” who creates products under the theme of blending art and function. The new hotel space was accomplished in Shibuya where guests from all over the world can watch and touch high-quality finished product-art made by Japanese unique sense.
(Ryo Takarada / UDS)

 

【SHIBUYA GRANBELL HOTEL】
Location:15-17 Sakuragaoka-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open (Renewal):Feb. 2nd, 2015
Design:UDS  A.I.design Ryo Takarada Manami Kashi
Cooperating artist:design studio YOY
Number of rooms:105 rooms

 
渋谷グランベルホテル
http://www.granbellhotel.jp/shibuya/

UDS
http://www.uds-net.co.jp/

YOY
http://yoy-idea.jp/

rock star hotel

RSホテル01

RSホテル02

RSホテル03

RSホテル04

RSホテル05

RSホテル06

RSホテル07

不動産価値の低い雑居ビルをコンセプトホテルへとコンバージョンすることで不動産価値を再生し、街の顔となるアイコンを目指したプロジェクト。 大阪の雑多で賑やかな街並みに馴染ませるのではなく、白くシンプルなファサードはシャープな印象を与え、その街並みから際立つ存在感を示している。
エントランスを抜けると、ファサードに持った印象とは対称的に化粧型枠を使用したモルタル、アンティークレンガ、古材などテクスチャーや密度を感じる素材へと切り替え、最大のコンセプトとなるロックスターに出迎えられる空間とし、お客様の期待感を膨らませる空間とした。
2Fは「café madonna」という名前の通り、白を基調とした空間にマドンナのアートを壁面に用いて、女性も利用しやすいポップで明るい空間を用意した。3〜6Fは客室となっており、スタンダードシングル17室、二人で利用出来るジュニアスイート2室、6Fフロア全体を使ったパーティ等でも利用出来るスイートルームで構成されており、
それぞれ各室ごとに異なるロックスターに迎えられ、宿泊する度に楽しむことができるホテルとなっている。
今回のプロジェクトを進めるにあたり、空間を彩るアクセントとなるロックアーティストのアートワークは大阪在住の若手アーティストbuggy氏が手掛けてくれた。
(cafe co.)

 

「roof top bar」と名付けられた7Fは、テラスを持ったクラシックでソフトロックテイストなラウンジ。ジョンレノンが過ごしたダコタハウスをテーマとし、クラシックなテイストをベースとしながら、全体をグレートーンにすることやスタッズ風のモール装飾などクラシックの重厚感の中に新たなデザインの展開を試みた。天井には分かりやすくキャッチーな“ロックスター“を象徴する星形のホリゾントを設置。家具は一点一点デザインを変え、クラシックかつビンテージ感漂う象徴的なものとし、ゆったりと座れて極上な居心地を味わえる。一人では少し大きな椅子も女性が加わるとちょうどいいサイズ感。
階段を上がるとグレイッシュなプランターで囲まれた屋上テラス(RF)がある。足元にはイタリア製の人工芝を敷き詰め、まるで絨毯のような弾力性と心地良さ。プランターにはハーブが植えられ、ビル群の中にありながらも、その香りや解放感がさらに心地良い。DJがかかると空間のサイズとデザインが相まって、ラグジュアリーでありながらもアットホームなシークレットパーティムード。夜の屋上に現れる映像はまさに秀逸である。
(FANTASTIC DESIGN WORKS CO.)

 

 

「rock star hotel」
所在地:大阪市西区阿波座1-4-11
オープン:2013年12月13日
全体設計:cafe co.
7F/RF設計:FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
床面積:820.15㎡
客室数:17室
客席数:2F(café madonna)/37席 7F(roof top bar)/34席 RF(テラス)/31席
Photo:下村康典

 

 

 

The project was launched to convert a multi-tenant building, which had a low value as a real estate, into a conceptual hotel in order to revitalize its value and make it to the symbol of Osaka city. Not by fitting in the miscellaneous and lively streets of the town, but by offering sharp impression of the simple white façade, the hotel has significant presence on the street.
On the contrary to the façade, we gave more texture and density feeling to interior materials, such as mortars using decorative frames, antique bricks and old items. When customers pass through the entrance, they are welcomed by rock stars that are the strongest concept of the hotel and their expectations grow.
“café madonna” on the second floor, as its name suggests, has the artworks featuring Madonna on the walls in the white-themed space. The pop and bright space is easily accessible to female customers. Guest rooms from 3rd to 6th floor consist of 17 standard singles, 2 junior suites that can accommodate 2 persons, and the suit room that can also be used as a party room using the 6th whole floor. Since each room has different rock stars welcoming customers, people will never get bored and enjoy their stay every time.
A young artist, Mr. buggy, from Osaka created the artworks of rock artists which are the accents to decorate the space. (cafe co.)

 

The 7th floor, named “roof top bar”, is a classical and soft-rock taste lounge with a terrace space. The theme of the floor is the Dakota House where John Lennon lived, based on the classical taste. Throughout the floor, the gray tone is adopted and the new design, such as stud-like molding, is developed in the classical dignity. On the ceiling, we set straightforward and catchy star-shape lighting which symbolizes a “rock star”. Each piece of furniture has different design so that they become symbolic and give classical and vintage atmosphere. Sofas are designed a bit large for a man and very comfortable. When woman join him, the sofa size gets adjusted.
On the roof terrace, there are grayish planters. The floor is paved with Italian made artificial grass which has comfortable elasticity like a carpet. Herbs are planted in the planters and they spread relaxing perfumes and feelings surrounded by buildings. When DJ gives music, the design and size of the space create luxurious but homey secret party mood. Movies appearing on the roof top are just amazing. (FANTASTIC DESIGN WORKS CO.)

 

 

【rock star hotel】
Location:1-4-11, Awaza, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Dec. 13th, 2013
Total Design:cafe co.
7F/RF Design:FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
Number of Rooms:17
Floor area:820.15㎡
Capacity:2F(café madonna) / 37 seats 7F(roof top bar) / 34 seats RF(terrace)/ 31 seats
Photo:Yasunori Shimomura

 

 

rock star hotel
http://rockstar-hotel.jp/

 

cafe co.
http://www.ca-fe.co.jp/

 

FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
http://f-fantastic.com

 

1 / 3123