タグ別アーカイブ: Kyoto

京都グランベルホテル

g1 g2_a

g3_a

g4

g5_a

g6

g7_a

g8

g9
「京都グランベルホテル」は、日本人のDNAや思想、海外の潮流や技術をキュレーションし、あらゆるホテル機能と掛け合わせることで、さまざまな“化学反応”を生むクリエイティブホテルだ。フロントバックやバーでは約150年の時を超え、古箪笥や古欄間がアートのように機能する。フロントカウンターでは瓦職人がつくったヘキサゴン瓦とエジソンバルブ照明がゲストを迎え、ラウンジでは、斉藤上太郎氏の着物ファブリックと、ビンテージと現代のコントラクトファニチャーがチャンプルされている。その他、約10mの長さをもつディスプレイ棚と一体になったブッフェカウンター、無開口の地下大浴場に降り注ぐPaolo di Trapani氏の太陽光照明、京都町家の坪庭と明るく静かな地下住宅の考え方を進化させた地下客室、はやしまりこ氏の壁画を床画に落とし込んだ歩くアート廊下などが展開する。これらの要素の“化学反応の連鎖”によってホテルシーンで繋ぐことで、日本人ゲストにも外国人ゲストにも新しい「日本クリエイティブなおもてなし空間」をつくり出した。(寶田 陵/the range design INC.

 

京都グランベルホテル
所在地:京都市東山区大和大路通四条下ル大和町27
オープン:2017年7月14日
建築・内装設計:UDSthe range design INC. 寶田 陵 鈴木直人
面積:敷地/998.32 ㎡ 建築/704.67㎡ 延べ床/3,359.51㎡
客室数:105室
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“KYOTO GRANBELL HOTEL” is a creative hotel that produces various “chemical reactions” by curating Japanese DNA and thought, overseas trends and skills, and multiplying every hotel function.
In the reception desk wall and the bar, the old chest and the transom more than 150-year-old function as art works. At the front desk counter, hexagonal roof tiles made by a tile craftsman and Edison bulb lightings welcome guests, and at the lounge, Kimono fabric of Jotaro Saito are coordinated with the vintage and contemporary contract furniture. Besides, the 10 meters long buffet counter integrated with the display shelf, the solar lighting of Paolo di Trapani streaming down on the open-air underground large public bath, the underground guest room based on the idea of ​​the Tsuboniwa of Kyoto town house and the bright and quiet underground housing, and the walking art corridor that has Mariko Hayashi ‘s mural painting on floor are provided. By linking these elements with “chains of chemical reactions” in a hotel scene, we created a new “Japanese creative hospitality space” for both Japanese and foreign guests. (Ryo Takarada/the range design INC.)

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
Location:27 Yamatocho, Yamatooji-dori, Shijo sagaru, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:July. 14th, 2017
Architecture&Interior Design:UDS  + the range design INC. Ryo Takarada Naoto Suzuki
Floor area:Site area 998.32㎡ / Building area 704.67㎡ / Floor area 3,359.51㎡
Number of rooms:105 rooms
Photo:Nacasa & Partners

 

KYOTO GRANBELL HOTEL是一个集日本传统观念、日本式想法、国际潮流与技术为一体,囊括了酒店所有功能,并产生出一系列“化学连锁反应”的新概念宾馆。
前台的背景和酒吧特意采用了旧衣橱及旧隔窗,很艺术地把我们引领到了一个半世纪以前。在前台,瓦匠亲手制作的六边形瓦,爱迪生电泡欢迎着旅客们;在休息室,传统的和服布料,古典和现代家具演绎出混搭风。此外我们特设了长达10米的展示架兼自助餐柜台;Paolo di Trapani的采光让阳光毫无阻隔地直射到地下层的浴场;融入京都式庭院概念的地下客房被打造得既明亮又安静;地板用艺术家Mariko Hayashi的壁画铺设出一条艺术走廊・・・。正是这些元素有机结合才产生了所谓的“化学连锁反应”,呈现给客人一道道风景。不管是本国客人还是外国客人,都能身临其境地体验到充满新意的日式接待空间。(寳田 陵/the range design INC.

 

KYOTO GRANBELL HOTEL
地址:京都府京都市东山区大和大路通与四条通交叉口往南大和町27
开业:2017年7月14日
建筑、室内设计:UDSthe range design INC. 寳田 陵 铃木直人
面积:用地面积/998.32平米 建筑面积/704.67平米 实用面积/3359.52平米
客房数:105室
Photo:Nacasa & Partners

優り草

優り草01

優り草02優り草03優り草04優り草05

戦火を逃れた京都には、古都の資源を連綿と受け継ぐ、暮らしの文化が存在します。それが形として今も色濃く残るのが京町家です。坪庭や虫籠窓等、自然に向き合い、環境と共生する知恵がそこにはありました。 昔ながらの箱階段を活かした大判陶版を壁に使用したキッチンスペース。箔と和紙の提灯のシルエットが映える、久住氏の左官で仕上げたダイニング。掻き落としの土壁と和紙のきめ細やかな質感のコントラストが特徴の和室。水と山をモチーフとしたモダンなデザインの唐紙の壁が目を惹く離れ等、たくさんの作家や職人の方々と協力し、京町家の文化的な要素は活かしながら、新しいものを取り入れた一棟貸しの宿となっています。(間宮吉彦/インフィクス、文責BAMBOO)

 

優り草
所在地:京都市左京区大菊町109
オープン:2016年12月
設計:インフィクス 間宮吉彦
協力:左官/久住有生 襖絵/島田由子 アート/STUDIO SAWADA DESIGN 版画/野田版画工房
床面積:98㎡
規模:地上2階建て
Photo:下村康典

 

 

In an old city Kyoto, which haven’t suffered from the fires of war, there still continue to exist a traditional culture of living. That can be vividly found in Kyomachiya. Spot garden or small window with a fine lattice are legacies of wisdom that let people to face the nature and live together with it. Making use of understair space, we created a practical kitchen with large ceramic tiles for its wall. Walls of the dining space are finished by a plaster master, Mr. Kusumi where a silhouette of partially gilded paper lantern contrast favorably with. The guest room is Japanese style and has a beautiful contrast of clay and Japanese paper in its wall. The annex has walls covered by China origin specific Japanese paper that depicts water and mountain in a modern style. “Masarigusa” inn, that rents the entire house, is completed with a lot of cooperation from artists and craftsmen, making use of Kyoto’s traditional cultures yet taking in many new things. (Yoshihiko Mamiya / infix)

 

Masarigusa
Location:109, Okiku-cho, Sakyo-ku, Kyoto
Open:Dec. 2016
Design:infix design inc. Yoshihiko Mamiya
Cooperation:Plaster/Naoki Kusumi, Door painting/Yoshiko Shimada, Art works/STUDIO SAWADA DESIGN, Engraving/NODA print motif workshop, etc.
Floor area:98㎡
Floor composition:2 stories
Photo:Yasunori Shimomura

EYEVAN 京都バル店

e4

e1

e2

e3

「輝きで構成された、透明感のある空間」をコンセプトにデザインした、アイウエアショップ「EYEVAN(アイヴァン)」の京都店。空間に広がる透明感のある輝きは、特殊なミラーガラスによって生み出されている。この空間で使用されているガラスの家具は、イタリアを代表する家具メーカーのひとつ、Glas Italia社の製品で、吉岡徳仁が2012年からミラノサローネで発表してきた「PRISM」シリーズを用いている。このプリズムミラーから生まれる輝きによって、EYEVANのイメージを表現している。(吉岡徳仁デザイン事務所、文責BAMBOO MEDIA)

 

「EYEVAN 京都バル店」
所在地:京都府京都市中京区山崎町251
オープン:2015年8月21日
設計:吉岡徳仁デザイン事務所 吉岡徳仁
床面積:102.2㎡
Photo:近藤泰岳

 

The eyewear shop “EYEVAN” Kyoto store is designed based on the concept “transparent space consisted of sparkle”. Transparent sparkle in the shop space is created from a special mirror glass. Glass furniture, that has been presented as “PRISM” series by Tokujin Yoshioka in Salone del Mobile.Milano since 2012, is made by a major Italian manufacturer, Glas Italia. The sparkle produced by the prism mirror describes the image of EYEVAN. (TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN)

 

【EYEVAN Kyoto BAL store】
Location:251, Yamazaki-cho, Nakagyo-ku, Kyoto-shi, Kyoto
Open:Aug. 21st, 2015
Designer:TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN Tokujin Yoshioka
Floor area:102.2㎡
Photo:Yasutake Kondo
EYEVAN
http://eyevan.main.jp 

GYOZA OHSHO 烏丸御池店

go1

003

go2

go4

go5

餃子を中心とした料理を提供する大手レストランチェーン「王将」が、今後の世界進出を視野に入れ「ジャパニーズカジュアル」をコンセプトとして、女性をメインターゲットに立ち上げた新ブランド「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」。王将の餃子が日本のソウルフード、“和食”として位置づけられていることを、ビジュアルの点からも国内外にアピールする空間となりました。従来の店舗とは違った女性やアッパーな顧客層を獲得するため、「和のエッセンスをプラスしたハイセンスなにぎわい空間」を目指しています。色彩の数は極力抑え、アイコンとなる和紋様のモチーフを用いたり、華奢なラインを強調することで女性らしさを表現。大テーブルやスタンディングスペースはお客様同士、 またはスタッフとお客様が出合うコミュニケーションスペースとなり、にぎわいを生み出します。(折原美紀/oriharamiki design office、文責BAMBOO MEDIA)

 

「GYOZA OHSHO 烏丸御池店」
所在地:京都市中京区両替町通姉小路上ル龍池町430
オープン:2016年3月3日
設計:oriharamiki design office  折原美紀
床面積:約226㎡/テーブルスペース約202㎡ スタンディングスペース約24㎡
客席数:63席
Photo:石田 篤

 

“GYOZA OHSHO Karasuma Oike store” is the new brand of the major Gyoza and Chinese food restaurant chain “Ohsho”. Having the concept “Japanese casual” and looking at the world market, the store is mainly targeting female customers. Gyoza is originally from China but this food is recognized as a Japanese soul food nowadays. The store tells this story also from its design. The designer aimed for “vibrant and fine space with Japanese essence” in order to acquire female and upper-class customers that the existing stores rarely have. Using limited colors, adopting iconic traditional Japanese patterns, and emphasizing dainty lines, a feminine atmosphere is created. Big table and standing area become the space for meeting up for customer-to-customer and also customer-to-store staff and then create vibrant scene. (Miki Orihara)

 

【GYOZA OHSHO Karasuma Oike store】
Location:430, Tatsuike-cho, Aneyakoji-agaru, Ryogaemachi-dori, Nakagyo-ku, Kyoto
Open:Mar. 3rd, 2016
Designer:oriharamiki design office Miki Orihara
Floor area:226㎡/ table space 202㎡ and standing space 24㎡
Capacity:63 seats
Photo:Atsushi Ishida

 

餃子の王将
http://www.ohsho.co.jp/

 

MALEBRANCHE 加加阿365 祇園店

cacao_1

cacao_2

cacao_3

cacao_4

cacao_5

「加加阿(カカオ)のある暮らし」。それは、Every day is a good day.
京都の毎日を大切にする生き方にカカオがそっと寄り添う暮らし方。
「あなたの毎日がちょっと素敵になりますように…」と思いを込めて。

加加阿365=京都クオリティを遊ぶ。
京都の花街、伝統的な茶屋建築はコンサバティブな秘密の色気を漂わせている。
チョコレートの持つ「可愛らしさ・愛情・エロティックな物語」を日本の伝統的な素材と技法をもって表現し、店売りの原点である「座売り」のスタイルで、お客様とのコミニュケーションを誘発する。
「日々是好日」を表現する365の紋が施された金蒔絵の天井は、艶やかな漆をチョコレートと見立て、とろーりと祇園の茶屋建築をコーティングする。
誰にも教えたくない媚薬の世界、「加加阿365」はチョコレートワンダーランド。
(辻村久信)

 

「MALEBRANCHE 加加阿365 祇園店」
所在地:京都市東山区祇園町570-150
オープン:2014年4月26日
設計:辻村久信デザイン事務所+株式会社ムーンバランス
床面積:1F85.8㎡ 2F80.39㎡ 3F17.85㎡
Photo:繁田諭写真事務所

 

 

“The life with cacao”. It tells you “Every day is a good day”.
Cacao cuddles up to your precious daily life in Kyoto, wishing you better days.

Cacao 365 = to play Kyoto quality.
In an entertainment quarter of Kyoto, the traditional teahouse building gives off an aura of conservative charms.
We expressed “cuteness, love, and erotic story” of chocolate by Japanese traditional materials and techniques, and triggered communication between the shop and customers by an original retail style in Japan “Zauri” (staff offers services, remaining seated).
The gold-lacquered ceiling where 365 armorial bearings are placed expresses “Every day is a good day”. The lacquer softly coats the teahouse building in Gion area just like a chocolate. “cacao 365″ is a secret chocolate wonderland of aphrodisiacs.
(Hisanobu Tsujimura)

 

【MALEBRANCHE cacao 365 Gion】
Location:570-150, Gion-cho, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:Apr. 26th, 2014
Design:TDO + moonbalance
Floor area:1F 85.8㎡ / 2F 80.39㎡ / 3F 17.85㎡
Photo:Satoshi Shigeta

 

MALEBRANCHE 加加阿365
http://www.malebranche.co.jp/cacao365.php

 

辻村久信デザイン事務所+株式会社ムーンバランス
http://www.tsujimura-hisanobu.com/

 

SANSHODO SELECTION SPACE笑顔

増加の一途をたどる要介護者数は、今や全国で約500万人とも言われている。国の対策においても医療から介護への転換が予想とされていますが、現実は多くの方が介護に対しては、まだマイナスのイメージを持たれがちです。当施設はシルバー世代を楽しむ、アイテム探しの場をコンセプトとし、楽しいショッピング感覚で介護用品が選べるポジティブエイジングステーションを目指したものである。「自分もこういったもの(介護用品)を使う歳になったか…」「必要だから揃えるか…」というネガティブな感情を抱かせない前向き(ポジティブ)に年をとる(エイジング)、おじいちゃん、おばあちゃんの行きつけの施設(ステーション)また、介護に関わる全ての情報を受発信出来る基地(介護ステーション)の役割を果たせる場所となります。施設としては明快な動線計画が必要です。全てのコーナーへアクセス可能な通路(メインストリート)を施設の中心に設けました。視線が通る事により管理がしやすく、また、車椅子での移動もしやすくなりました。シンボリックな列柱など施設全体をナチュラルな素材感で構成し、穏やかな空間を表現したものです。(北吉敏文/アッシュプランニング)

  

  • SANSHODO SELECTION SPACE 笑顔」
  • 所在地:京都市南区上鳥羽北塔ノ本町2番地 SMGビル1
  • オープン:2013123
  • 設計:アッシュプランニング 北吉敏文
  • 床面積:577.5
  • Photo:山田誠良

  

  

The numbers of people in need of nursing care are still increasing and estimated around 5 million in Japan. National policies seem to shift from medical services to nursing care but there are many people who have a negative image to the nursing care. This facility aims to be a positive aging station: the place where aged people can find and choose nursing care products by themselves as if they enjoy shopping. “Now I am old enough to use this kind of products (I’m not young anymore) “, “I buy it just because I need it (But I don’t want it)”. The facility was established to prevent people from saying those negative comments. On the contrary, it cheers up people to be “positive” to get “ageing” and becomes to the “station” where aged people gather and which also transmits and receives information regarding nursing. Since it’s a nursing care facility, this facility needs a clear circulation planning. We placed a main street in the center to be able to access to each area. It makes operators easy to oversee and wheel chairs to move. The entire space consists of natural textures including symbolic columns that result in the expression of the comfortable space. (Toshifumi Kitayoshi / A’SHPLANNING CO.LTD.)   

  

  • SANSHODO SELECTION SPACE ‘EGAO’
  • Location : SMG Building 1F, Kamitobakitatonomotocho 2, Minami-ku, Kyoto-shi, Kyoto
  • Open : January 23rd, 2013
  • Designer : A’SHPLANNING CO.LTD. Toshifumi Kitayoshi
  • Floor area : 577.5
  • PhotoSeiryo Yamada

  

  

  

 

 

remuage

典型的な古風な町家とワインブティックという和と洋をバランスよく調合したデザイン。FRPと和紙で造形された紫のワインボトルがアイキャッチとなり、抽象的に業種を表現。施主が帯屋を営んでいたことから、モザイクタイルの“帯”が、外部から店の中庭までお客様を誘う。グラフィック(studiokulta、井生景介)は、流水とワインを融合させたデザインで究極のシノワズリーを表現した。店内奥、中庭の見える位置に無垢のWALNUTの天板による試飲カウンターを設置。その柱に着物帯を巻き込むことにより、店に刻まれた歴史は残しつつ、新たに現代に蘇らせるアイコンとした。(井上拓馬/everedge.inc、文責BAMBOO)

  

  • ワインブティック「remuage(ルミアージュ)」
  • 所在地:京都市北区大宮北椿原町64
  • オープン:20111111
  • 設計:everedge.inc
  • 床面積:70
  • 試飲席:4
  • Photo:山田誠良(seiryo studio

 

The mixture of Japanese and European design; typical old Machiya, Japanese style wooden house which has a narrow frontage but deep capacity, and a wine boutique. Purple wine bottles created of FRP and WASHI, Japanese paper, are eye-catchers and expressing the shop’s business abstractly. The owner had also run an Obi, Japanese sash, shop in the same space. In this new shop, the Obi becomes mosaic tiled line and invites customers from outside to an inner garden. The graphic, created by studiokulta(Keisuke Io), expresses the ultimate Chinoiserie with the combined design of running water and a wine. I put a counter made of solid walnut in the back of the shop where customers can sample wines, watching the inner garden. By engulfing the columns with Obi, the shop could keep its engraved history and also resurrect it as an icon of today.(Takuma Inoue/ everedge.inc)

 

  • Wine boutique【remuage】
  • Location:64, Omiyakitatsubakiharacho, Kita-ku, Kyoto-shi, Kyoto
  • Open:November 11th, 2011
  • Designer:everedge.inc
  • Floor area:70㎡
  • Capacity:4 seats (For tasting)
  • Photo:Seiryo Yamada (seiryo studio)

  

  

 

ホテル アンテルーム 京都

“アート&カルチャーが集まる場所”をテーマに、築23年の学生寮をコンバージョンしたホテル&アパートメント「ホテル アンテルーム 京都」が開業した。客室61室のホテルと、入居用50室のアパートメント、レストラン、ギャラリー等で構成されている。アート・音楽・デザインなどのカルチャーが集まり、発信されていく場として、またホテルの非日常性(旅)とアパートメントの日常性(暮らし)を混在させることで、京都を目指して世界中から集まる旅行者が、入居者および京都に暮らす人々との新たなコミュニケーションを創り出す場としての提案がなされている。パブリックスペースや客室には京都を拠点として活躍するアーティストたちによる作品が置かれ、客室のアートワークなどは購入することも可能。(BAMBOO 

 

  • 「ホテル アンテルーム 京都」
  • 所在地:京都府京都市南区東九条明田町7 
  • 開業: 2011428
  • 設計:都市デザインシステム、コクヨファニチャー
  • 敷地面積:3,055m²
  • 延べ床面積:6,134m²(うちホテル/2,289m²、アパートメント/320m²、学生寮/1,278m²)
  • 規模:地上6
  • 客室数:61室(アパートメント/50室)
  • photo:増田好郎

 

 

 

 

 

花屋

Exif_JPEG_PICTURE

 

 

 

 

 

 

 

 

京都の町屋を楽しむのにうってつけの旅館がある。旅館の名は「花屋」。呉服屋を改装したこの宿は、隅々にまで手入れが行き届き、建物の古さをまったく感じさせない。今年10月、風呂とトイレをモダンに改装したせいもあるかもしれない。女将と息子さん二人で経営する旅館ゆえ、多人数の客には対応が難しいこともあるとのこと。ご了承いただきたい。感激の朝食も付いて一人1泊1万円でおつりが来ます。写真のルノー4(キャトル)はご主人の愛車。

 

  • 所在地:京都市下京区仏光寺通西洞院西入/(075)351-0870
  • 設計:花屋 設計部 伊藤真二

 

How to enjoy Machiya in Kyoto

Machiya is a traditional old housing in Kyoto. The inn, Hanaya is the best place where you can experience Machiya life.  Having renovated the former kimono shop, the owner maintains the inn very well so that you won’t feel the building is so old. They also renovated the bathroom in modern style.  Since the inn is managed by the landlady and her son only, they sometimes can’t take group guests and hopefully you understand that.  Room rate is less than 10,000 yen including attractive breakfast.  Renault 4 (Quatre) in the photo is the owner’s cherished possession.

  • Address: Nishino-toin-dori, Nishi-iru, Bukkoji-dori, Shimogyo-ku, Kyoto
  • TEL:  +81-75-351-0870
  • Design: Shinji Itoh, Hanaya Architectural Department