タグ別アーカイブ: office

LIVNEX・NASTA 本社

a

b

c

3

4
生活提案カンパニー・NASTAを始め、住空間に関するさまざまな分野を統合するホールディングス・LIVNEX。そのCI計画と本社オフィスのインテリアデザインを担当しました。フロアを一つの敷地に見立て、広い緑の庭、同社のロゴと対比するアイコニックな赤い屋根を設けることで、オフィス全体がショールームとして機能するように計画しています。住宅を想起させる赤い屋根のエリアには、リビング・ダイニング・書斎をモチーフにしたスペースが用意され、ミーティングなどの業務に必要な機能を充足させています。グリーンのカーペットを敷いたワークスーペースには、木の塊のベンチ、物干し竿にヒントを得た照明器具、オリジナルデザインの柵を設置することで、より屋外らしさを感じられる設えとしています。(SAMURAI

 

LIVNEX・NASTA 本社
所在地:東京都港区新橋1-1-1 日比谷ビルディング2階
開設:2017年4月7日
ディレクション・デザイン:SAMURAI
インテリアデザイン:SAMURAI 佐藤可士和 齊藤良博 石渡菜央
床面積:675.8㎡
Photo:ナカサアンドパートナーズ

 

LIVNEX is a holding company that consolidates various fields related to living space including lifestyle proposition company, NASTA. We were in charge of their CI planning and the interior design of the head office. We created the entire office to function as a showroom by setting up a floor as one site with a large green garden and an iconic red roof that reminds visitors of the company’s logo. In the area of the red roof which evokes an image of house, a space in the motif of living, dining and study is provided, and it satisfies the function necessary for business such as meeting. The workspace with a green carpet creates more outdoor feeling by installing wooden benches, lighting equipment inspired by clotheslines, original fences. (SAMURAI)

 

LIVNEX・NASTA Head Office
Location:Hibiya Bld. 2F, 1-1-1, Shinbashi, Minato-ku, Tokyo Open:Apr. 7th, 2017
Direction & Design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito Nao Ishiwata
Floor area:675.8㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

LIVNEX公司是一家包括NASTA等涉及家居环境各个领域的控股公司。这次就由我们负责他们的企业形象策划及他们总公司办公室的装修设计。 为了使他们办公室起到展示室的作用,我们采用了绿地红顶的设计——-宽阔的绿色庭园和象征他们企业标志的红色屋顶。 红屋顶的建筑物就像家一样,起居、用餐、放松,都有各自的空间,也适合办公。为搭配铺设了绿地毯的地板,特别选用木质长椅,像晒衣架的照明器具,独特设计的栅栏,给人以仿佛在露天工作之感。(SAMURAI

 

LIVNEX・NASTA 总公司
地址:东京都港区新桥1-1-1 日比谷大厦2楼
开业于:2017年4月7日
创意总监/设计:SAMURAI
室内设计:SAMURAI 佐藤可士和、齐藤良博、石渡菜央
实用面积:675.8平米
摄影:Nacása & Partners

Möbius loop production office of unbot inc.

u9
u3 u4 u5 u6 u7 u8上海で情報技術サービスを扱う「unbot」社のオフィスデザイン。IT業界は、物凄い速さで技術が更新され、企業のサービスや体制も随時変化を求められています。また、IT業界の人々にとって直接的なビジネスコミュニケーションが改めて重要になっています。そのことからunbot社のオフィスにも将来の変動する市場や提供するサービスに合わせた柔軟性、さらに誰もが集い対話できる気負わないリラックスした環境、さまざまなコミュニケーションを生むことに対応できる空間が求められました。これには、かけがえのない事業パートナーであるスタッフが、日々創造的で心身共に健康であるようにとのunbot代表・中町氏の願いも込められています。
unbotの企業理念は、顧客へ素晴らしいサービスを提供し、その結果の記憶を数多く残し、それをまた新しい課題に向き合うエネルギーに変え、限りのないサイクルをつくること。そこからデザインコンセプトは、メビウスの「無限の輪」を採用。社内で創造、交換、製造、成功、挑戦の無限のサイクルが生まれるように席配置がシームレスなゾーニング計画をしています。
また、人は企業を支える根本的な支柱であり、人の成長は企業の成長でもあります。それは樹木が茂り森を形成する成長過程に酷似しています。彼らは成長する為に多くの課題を共に乗り越え、その経験と時間と共に絆もより強くなります。その成長と絆のシンボルとして “菩提樹”をデザインに取り入れました。
Mobiusの輪のようにさまざまな創作やコミュニケーション、素敵な思い出が限りなく生まれ、樹木が森となるようなunbot社の繁栄を願います。(勝木知寛/PRISM DESIGN、文責BAMBOO)

 

「Möbius loop production office of unbot inc.」
所在地:中国上海市長寧区鎮寧路456弄 上海愚園里創意園D棟2楼
オープン:2017年3月27日
設計:PRISM DESIGN 勝木知寛
床面積:440㎡
Photo:Studio W Wataru Ishida

 

PRISM DESIGN provided an office design for UNBOT—an information technology service company. In IT industry, technology is renewed in a very fast speed. So that the scale of a company would also expands quickly. That requires the office design to leave the elasticity space for the future expansion. Also, communication is significantly important for people in IT industry. The easier a conversation would be held, the more productive people would work here. In this design, we’d like to create a space that could accommodate both various communicating and relaxing atmosphere to release the stresses from work. So that staff would be much more creative and cooperative. UNBOT’s policy is letting customers leave with infinite of great memories for their cooperation and always facing new challenges. Therefore in this design, we used the “infinity” concept of Mobius circle. An infinite cycle was designed in the office as a symbol of creation, exchange, manufacturing, success and challenge. Individuals are the fundamental support of a company and each person’s growing path were extremely similar to the growing of trees. They both suffered a lot to grow up, while they also becoming stronger with time passing by. So that we used “tree” as a symbol of the columns. A Mobius circle, made by groups of excellent staff, various conversations and infinite wonderful memories, was PRISM DESIGN’s best wishes for UNBOT’s new office.
(Tomohiro Katsuki / PRISM DESIGN)

 

【Möbius loop production office of unbot inc.】
Location:2nd floor – TOWER_D ,No.465 J Zhenning Road,Changning District,Shanghai,China
Open:Mar. 27th, 2017
Designer:PRISM DESIGN Tomohiro Katsuki
Floor area:440㎡
Photo:Studio W Wataru Ishida

SPARX House

s4
s3s2

s1 のコピー

「SPARX」は、“世界で最も信頼、尊敬されるインベストメント・カンパニー”を目指す、日本を代表する独立系の上場投資会社だ。日本企業などの潜在価値を徹底的なリサーチで明らかにした上で投資することで、国内外の投資家から幅広い支持を得ている。そこで、オフィスのテーマを “日本が持つポテンシャルからオフィスをつくる” とした。
コンセプトは“SPARX House”。さまざまな個性や才能を持つ社員が、家族のように一丸となり心新たに出発することを意味する。空間はLiving、Dining、Kitchen、Court(中庭)といった家の要素で構成。玄関口には新たな出発のエンブレムとして企業のポリシーを表現した暖簾を掲げた。また日本独自のレイヤーによる空間構成からヒントを得て、Stageとよばれる階段状の空間では、その奥にあるLivingと高低差を設け、両者がお互いの視線を気にすることなく景色を楽しめるよう計画している。天井には、三軸織物という日本の最先端素材を用いて3次元に型押しされた膜を掛けた。オフィス全体にわたり、随所に日本の潜在力を活かした環境が広がる。(佐藤 航/コクヨ

 

SPARX House
所在地: 東京都港区港南1-2-70 品川シーズンテラス6階
開設:2016年
設計:コクヨ 佐藤 航 大島さえ子
プロジェクトマネジメント:オフィスブレイン 長島篤史(現クラウドナイン・コンサルタンツ) 山崎二郎
照明デザイン:Modulex 森田大介
アート:壁画さ組 佐倉康之
写真:瀬尾泰章
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

SPARX is a leading listed investing company in Japan that aims to be “the world’s most trusted and respected company”. The company is favored by investors both at home and overseas because of its thorough research of potential values of Japanese companies before investing. Therefore, we decided the design theme of their office as “creating the office based on Japan’s potential”.
The concept is “SPARX House”. It means members with various personalities or talents work as one family. The office space consists of living, dining, kitchen, and court just like a house. Japanese style store curtain is set as an emblem of a new beginning at the entrance. Inspired by Japanese unique layer structure, we made a height difference between stage, space with steps, and living so that workers can enjoy sceneries, avoiding other workers’ gazes. The ceiling is decorated with Japanese traditional textile processed in three dimensions with the cutting-edge technology. Japanese potentials can be found across the office. (Wataru Sato/KOKUYO

 

SPARX House
Location:Sinagawa Seasons Terrace 6F, 1-2-70, Konan, Minato-ku, Tokyo
Open:2016
Direction & Design:KOKUYO  Wataru Sato  Saeko Oshima
Project management:office brain Atsushi Nagashima(currently Cloud Nine Consultants)  Jiro Yamazaki
Lighting Design:Modulex Daisuke Morita
Art:Hekiga SAgumi Yasuyuki Sakura
Picture:Hiroaki Seo
Photo:Nacasa & Partners

SOGOKAGU 本社オフィス

s1 s2 s3 s4

エントランスから導かれる通路は、ショールーム同様にブルーの間接照明で「SOGOKAGU」の企業カラーであるブルーで統一を図っています。業務部・企画室・総務と複数の部署が60坪の空間を共有していますが、それぞれ性質の異なる業務を行うため、腰壁やガラススクリーンで明確な結界を計画。同時に、すべての部署エリアは目線の通る設計として、コミュニケーションの図れる空間構成になっています。業務部の結界となる壁は、来客が通路を進むにつれて傾斜し、内部が見えなくなっていく仕掛けで、これは日常業務で煩雑になりがちなデスクまわりを極力目につかないようにするためのもの。また、これが空間に大きな変化を生む要素にもなっています。ショールームと違いオフィスという日常業務を行う場所のため木の質感を入れ、スタイリッシュな中にも少し緊張感が和らぐ空間としました。その他、オフィス内には社員のコミュニケーションスペースを設け、会議室とは違う意見交換の場となるよう計画しました。オフィス環境をきっかけに更なる社員のモチベーションの向上、仕事の効率化、対外的なイメージの向上を狙っています。私達の行ったすべてのデザインがブランディングとなり情報発信されるものと捉えて取り組みました。(平野大偉/イチミリデザイン)

 

SOGOKAGU 本社オフィス
所在地:大阪府大阪市平野区加美北3-17-37
開設:2016年6月27日
設計:イチミリデザイン 平野大偉
照明計画:大光電機 村西貴洋 大塚恵理子
施工:ラックランド 林 昇
床面積:198.9㎡
Photo:A.P.FIRST 荒木義久

 

The passageway from the entrance to the inside of the office has indirect lightings in blue color that is the corporate color of SOGOKAGU. Operation, planning, administration, and other divisions share around 200㎡ space but they do different works so we divided each area with wainscots and glass screens. However, we thought it’s also important for each division to have smooth communication therefore we created the space with an unbroken vista at the same time. The operation division has diagonal walls toward the passageway that make visitors not to see messy desks. This Gimmick also creates a big impact to the space. We took in soft texture of wood to the office in order to make workers relaxed where they do daily tasks unlike showroom. We also placed a communication space, not an ordinary meeting room, for employees in the office that develops a relationship between them. The office environment can make improvements in motivation of workers, work efficiency, and public image of a company. We thought everything we created could affect the company’s branding so we put our all into the design. (Dai Hirano/ICHIMIRI DESIGN)

 

SOGOKAGU Head Office
Location:3-17-37, Kamikita, Hirano-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Jun. 27th, 2016
Designer:ICHIMIRI DESIGN  Dai Hirano
Lighting planning:DAIKO ELECTRIC Takahiro Muranishi Eriko Otsuka
Construction:LUCKLAND Noboru Hayashi
Photo:A.P.FIRST Yoshihisa.Araki

CoorsTek Gallery & Office

c1

c2

c3

c4

c5


エンジニアリングセラミックス企業である「クアーズテック」のギャラリー兼オフィス。リブランディングを図る中で、「Pure・Repeat・Clarity」という三つのキーワードが浮かび上がった。これは純度の高いセラミック(Pure)が明快な構造を持ち(Clarity)、無限に続くさま(Repeat)を表す。この要素は新C.I.のDot(ドット)にも通じる。そこで三つのキーワードを貫くことで、人々にクアーズテックを体感してもらうことを考えた。ギャラリーに展開する光のDotは無限に続き、まるで光の中に迷い込んだような感覚を覚える。この光はインタラクティブに動き出し、映像となり、クアーズテックのブランドと製品を表現する。オフィスも同様にPure・Repeat・Clarityをコンセプトに作られた。新たな働き方から機能を整理し、純度の高いアイコン群としている。アイコンをリピートさせゾーンをつくり、そのゾーンを明快に配置することで空間を構成した。(佐藤 航/コクヨ)

 

「CoorsTek Gallery & Office」
所在地:東京都品川区大崎2-11-1 大崎ウィズシティー9階、10階
開設:2016年1月
ディレクション・設計:コクヨ 佐藤 航
プロジェクトマネジメント:CWファシリティソリューション 住田 薫
映像・音楽コンテンツ(LEDウォール):グラトリ 和田竜治 岡田敏己 福嶋清彦
照明コンテンツ(LEDウォール):オスラム 三宅 洋
照明計画、アドバイザリー(LEDウォール):ミューズ・ディ 今津慎也 土橋政博
床面積:1350㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is gallery & office of CoorsTek, engineering ceramics company. The keywords for their rebranding project were described as “Pure, Repeat, and Clarity”. Those words express their product, namely, pure ceramics that repeatedly has clarity. This idea is also reflected to their new corporate identity, Dot. We planned to make people to experience CoorsTek by carrying through 3 keywords. Because lighting dots continue unlimitedly, people get confused just like they get lost in the light. The light moves interactively and shows a movie of CoorsTek’s brand and product. The office is designed also based on the same concept, “Pure, Repeat, and Clarity”. Functions of new working style are organized and very pure icons are created. We made zones with repeating icons and constructed the space by placing the zones. (Wataru Sato/KOKUYO)

 

【CoorsTek Gallery & Office】
Location:OSAKI WIZ CITY 9F & 10F, 2-11-1, Osaki, Shinagawa-ku, Tokyo
Open:April, 2016
Direction & Design:KOKUYO Wataru Sato
Project management:CW Facility Solution Kaoru Sumida
Movie & Music contents(LED wall):GRATRI Ryuji Wada Toshimi Okada Kiyohiko Fukushima
Lighting contents(LED wall):OSRAM Hiroshi Miyake
Lighting planning & advisory(LED wall):muse-D Shinya Imazu Masahiro Tsuchihashi
Floor area:1350㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

CoorsTek
http://www.coorstek.co.jp/

 

Wantedly, Inc.

w1

w2

w3

w4

「シゴトでココロオドル人をふやす」というミッションを掲げ、ビジネスSNSサービス「Wantedly」を展開しているWantedly, Inc.のオフィス空間。2010年の設立後、4度目となる今回のオフィス移転では、創造性や新しい価値観を活性化させるような「新しいオフィスのかたち」を意識した。成長企業を支えるオフィスは、増員にも対応できる広い執務スペースを確保しながらも、メインエントランスからロビーにかけての、アンティーク家具をゆったりと配置した広々とした空間が特徴的だ。デザインは特定のジャンルにこだわることなく、エッジの効いたセンスを感じさせる空間をイメージした。ロビー中央の巨大な階段は、腰を掛けて対面のスクリーンを眺めることができ、社内イベントにも柔軟に対応可能なイベント会場兼セミナールームとして計画している。また、ロビーから直接アクセスできるように配置した7つのミーティングルームでは、白金台の豊かな緑が窓全面に広がる。自然の風景と数々のマテリアルやネオンサインが融合した、驚きと遊び心溢れるWantedlyならではのインテリアデザインが完成した。(山下泰樹/DRAFT)

 

Wantedly, Inc.
所在地:東京都港区白金台5-12-7 MG白金台ビル 4階
オープン:2015年6月15日
設計者:DRAFT Inc.
床面積:1100㎡
Photo:遠藤 宏

 

“To increase people who truly enjoy their jobs”. This is the mission of Wantedly, Inc. which provides a business SNS service, named “Wantedly”. Since their foundation year 2010, they have moved their office 3 times and decided 4th time relocation. We paid attention to creating “a new type of office” which revitalizes creativities or new values. The biggest feature of this office is a wide and open space with antique furniture in a main entrance and lobby area. The wide working space can accept increasing number of staff in a growth corporation. The design concept is an edgy space with a good sense, having no specific genre. Employees can sit down on the large stair placed in the center of the lobby and watch a screen right in front of their eyes. This space was planned to be used also as event space or seminar room. 7 meeting rooms directly connected to the lobby have windows through which you can see leafy scenery of Shirokanedai area. Surprising and playful interior design with natural scenery, diverse materials and neon signs was completed, showing Wantedly’s philosophy well. (Taiju Yamashita / DRAFT)

 

Wantedly, Inc.
Location:MG Shirokanedai building 4F, 5-12-7, Shirokanedai, Minato-ku, Tokyo
Open:Jun. 15th, 2015
Designer:DRAFT Inc.
Floor area:1100㎡
Photo:Hiroshi Endo

 

Billboard

ビルボード01ビルボード02 ビルボード03 ビルボード04
ビルボード05

関東に本拠を置く印刷会社の新社屋。地方都市の幹線道路沿いに建つこの社屋は、印刷サービスを行なう店舗兼事務所と社宅、また出張員が滞在するためのゲストハウスが主なプログラムです。
幹線道路沿いでは、派手な看板を掲げた店舗が建ち並ぶ姿はお決まりの光景ですが、上空に浮かぶ看板に価値を見出し、それをモチーフとした小屋を群居させ街を形成させました。
とある社屋の屋上に突如現れた空中都市は、無表情でありながら移ろう空や近隣環境の情報を編集し映し出す看板となり、周囲に認知されます。
各階内装もまた、紙や印刷基本色を表現した象徴的なオブジェクトにより、紙媒体を通じインプット・アウトプットを繰り返す印刷業そのものの具現化を試みています。(生田直人/knit)

 

「Billboard」
所在地:三重県鈴鹿市
オープン:2014年12月1日
設計:knit 生田直人 一級建築士事務所タスエス 松下慎太郎 鈴木崇志
床面積:442.11㎡
Photo:平井広行

 

 

The new office building of a printing company based in Kanto region (middle-east Japan). Located along an arterial highway, the main programs of the building are a printing factory, an office, an employees’ house and a guest house. Along the highway, stores with fancy signboards are the same old scenery but, in this case, we constructed a town with small huts, giving another value to the signboard in the sky. The aeropolice, which suddenly appears on an office building, is expressionless yet functions as a signboard to edit and show the changing sky or the neighbor environment, and then it gets recognized by people. We also tried to realize the printing works itself through basic printing colors and symbolic objects in each floor’s interior. (Naohito Ikuta / knit)

 

【Billboard】
Location:Suzuka-shi, Mie
Open:Dec. 1st, 2014
Designer:knit Naohito Ikuta +S Shintaro Matsushita Takashi Suzuki
Floor area:442.11㎡
Photo:Hiroyuki Hirai

 

Knit
http://knit-d.jimdo.com/

 

一級建築士事務所タスエス
http://www.tas-s.com/

 

平井広行
https://www.facebook.com/hiroyuki.hirai.73?fref=ts

 

 

 

SIMONE INC.

SIMONE_1

SIMONE_2

SIMONE_3

SIMONE_5

SIMONE_6

「SIMONE INC.」は、さまざまな企業やファッションブランド、アーティストに至るまでのブランディングを手掛ける会社である。そのオフィスをデザインするにあたり、高級感と柔らかさの共有をもっとも意識した。
黒の天井から均整の取れたペンダントライトを下ろすことにより、空間にモジュールを与えた。これにより、上階から見下ろしても下階から見上げても、意識せず誰もがボリュームと間を感じることの出来る空間となった。床や家具にはナチュラルオークを、壁面には躯体モルタルを用い、徹底的にマテリアルを制限した。
この相対する色の組み合わせが、空間に力強い規律をつくり出し、緊張感を感じながらも柔らかく包まれる空間が生まれた。(小坂井裕司/cafe co.)

 

「SIMONE INC.」
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-30-10
開設:2014年3月
設計:cafe co. 森井良幸 小坂井裕司
床面積:480㎡(B1F/230㎡、1F/250㎡)
Photo:髙山幸三

 

 

“SIMONE INC.” supports branding of various companies, apparel brands, and also artists. When we were requested to design their office, we paid the biggest attention to share classy taste and softness in the space.
By hanging balanced pendant lightings from the ceiling, we added modules to the space. Anyone can feel a volume and an interval unconsciously whether they look down from the upper floor or look up from the lower floor. We drastically restricted materials by adopting natural oak for floors and furniture and mortar for walls.
The contrast of these colors creates the strong discipline in the space. You can feel a sense of tension, being softly enveloped at the same time. (Yuji Kozakai / cafe co.)

 

【SIMONE INC.】
Address:1-30-10, Ebisunishi, Shibuya-ku, Tokyo
Open:March, 2014
Designer : cafe co. Yoshiyuki Morii Yuji Kozakai
Floor area:480㎡ (B1F/230㎡, 1F/250㎡)
Photo:Kozo Takayama

 

 

SIMONE INC.
http://www.ilovesimone.com/

cafe co.
http://www.ca-fe.co.jp/

KOZO TAKAYAMA
http://www.kozotakayama.jp/

 

イーグル建創

EAGLE_1

EAGLE_2

EAGLE_3

EAGLE_6

EAGLE_4

EAGLE_5

オフィスは、企業の顔であり、企業イメージを向上させると共にその姿勢が示される場でもある。訪れる人やそこで働く人たちに、それらを感じ取ってもらう空間創りが必要だと考えた。
天然素材を多用し、地球に優しい暮らし方を提案する「イーグル建創」。こうした企業コンセプトに基づき、自然の持つ開放感や心地良さをベースとしながら、オフィス空間が持つある種の緊張感と緩和、あるいは高揚感といった空気感を、天然素材と光の空間構成により、できる限りシンプルに構築的に見せた。
オフィスという空間に新たな価値観を生み出すことで、空間によって企業のモチベーションが高まる装置となることを目指した。(柿谷耕司)

 

「イーグル建創 本社ビル」
所在地:東京都町田市成瀬1400-1
開設日:2013年11月
設計:柿谷耕司アトリエ 柿谷耕司 安達豊明
床面積:480.88㎡
Photo:大瀧 格

 

 

An office is like a signboard of a company and it enhances an image and shows an attitude of the company. We thought it needs to create space for both visitors and workers to feel those things. EAGLE KENSO company suggests earth-friendly lifestyles using natural materials. Based on this corporate concept, we tried to show rising and easing tensions or uplifting feelings in the office space, as simple as possible and structurally, with a sense of openness and comfortableness. Our goal is to create a new value in the office space and make it as a device to heighten motivation of the company. (Koji Kakitani)

 

【EAGLE KENSO headquarter】
Location:1400-1, Naruse, Machida-shi, Tokyo
Open:Nov. 2013
Designer:Koji Kakitani Atelier, Ltd.  Koji Kakitani  Houmei Adachi
Floor area:480.88㎡
Photo:Kaku Ohtaki

 

 

イーグル建創
http://www.eaglekenso.com/

 

柿谷耕司アトリエ
http://www.kakitani-a.co.jp

 

 

1 / 212