タグ別アーカイブ: Okinawa

らーめん山頭火 沖縄那覇店

s2
s1
s3
s0

「らーめん山頭火 沖縄那覇店」は、同系列店の沖縄初進出店舗として那覇市内の安謝という地に居抜き案件として出店。この店舗は観光地からは離れた場所に位置するため、“観光客”ではなく現地で生活する“ローカル”な人々をメインターゲットとしながら、既にアメリカやアジア圏での多店舗展開で外国人から絶大な人気を誇る当ブランドの認知度を考慮し“沖縄に住む外国人”もターゲットとして視野に入れています。
店内は、ローカルの店づくり合わせ“小上がり席”を多くとり、車移動の多い現地の方々が1人でも気軽に利用できるよう入ってすぐの位置にビッグテーブルを設置しました。また、北海道旭川市に本店を構える同ブランドを沖縄においてどのように話題性を持たせ、存在感を際立たせるかを考えた結果、旭川にある“大雪山連峰 旭岳”を何種かの古材を多用し、店内の意匠として表現しています。その他、外国人にもなじみやすく、沖縄の人には珍しいインダストリアルな要素と、日本人にはなじみがあり、外国人には珍しい“大雪山の水墨画”をインテリアデザインの中に取り込むことで、沖縄初出店店舗として、また“らーめん山頭火”のシンボリックな存在感を更に際立たせることを意図しています。(室谷丞一郎/ZYCC)

 

らーめん山頭火 沖縄那覇店
所在地:沖縄県那覇市安謝664-22
オープン:2016年10月14日
外装・内装デザイン:ZYCC 室谷丞一郎
照明計画:FORUM INC. 朝倉華子
施工:ZYCC 米田孝行
床面積:174㎡
客席数:50席
Photo:STUDIO PLANET 島袋 浩

 

“Ramen Santouka Okinawa Naha Store” is Santouka brand’s first branch store in Okinawa. We were requested to create a new store, making use of existing equipment and furnishings. The main target customers are locals because the store is located a bit far from famous sightseeing spots. Taking brand’s fame in overseas into consideration, that had been achieved by their stores in America and Asian countries, they also targeted foreign residents in Okinawa.
In this project, we set more raised seating areas than usual that are fit to a local store. The large shared table is placed near the entrance so that one can eat ramen alone without hesitation. Because the brand’s flagship store is in the northern end of Japan, Asahikawa Hokkaido, and this store is in the southern end, Naha Okinawa, we paid a big attention to how the store gets newsy and a presence in town. We adopted reclaimed wood materials to create an artwork of famous Mount Asahi in Asahikawa. In order to highlight the stores symbolic character, we also added some more factors, for example, industrial materials, that are familiar with foreigners and not with locals, or ink painting, familiar with Japanese and not with foreigners. (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

 

Ramen Santouka Okinawa Naha Store
Location:664-22, Aja, Naha-shi, Okinawa
Open:Oct. 14th, 2016
Design:ZYCC corporation Shoichiro Muroya
Lighting planning:FORUM INC. Hanako Asakura
Construction:ZYCC corporation Takayuki Yoneda
Floor area:174㎡
Capacity:50seats
Photo:STUDIO PLANET Hiroshi Shimabukuro

糸満漁民食堂ーみんなのレストラン

糸満食堂_7

糸満食堂_2

糸満食堂_3

糸満食堂_4糸満食堂_5

糸満食堂_6

糸満食堂_1

沖縄県糸満市に計画された「糸満漁民食堂」は、食を通じて地域の伝統や文化を残し、伝えることを目的として創られたレストランである。かつて糸満の漁民が琉球石灰岩を手で積み自分たちの漁場を作ったように、この計画では「石積みワークショップ」を開催し、のべ60人の地域住民と関係者の手によって「みんなでつくるレストラン」を実現させた。
「糸満漁民食堂」の試みは、カタチのデザインによって場に磁力をもたらすのではなく、コミュニティーを創造する理念によってカタチが与えられていることだ。この石積みの建物が、糸満漁民の誇りと愛着に支えられた場所の始まりとなることを願っている。(山﨑健太郎)

 

「糸満漁民食堂ーみんなのレストラン」
所在地:沖縄県糸満市西崎町4-17
オープン:2013年2月20日
設計:山﨑健太郎デザインワークショップ
床面積:83.78m²
客席数:34席
Photo:小出直穂子、大城 亘

 

 

 

“ITOMAN GYOMIN SHOKUDO”, in Japanese it means the restaurant for fishermen in Itoman city, opened in Itoman city in Okinawa prefecture. The restaurant was created to preserve and transmit local traditions and cultures through food. At a time in the past in Itoman, fishermen constructed their fisheries with limestone rocks by hand. We organized “stone masonry workshop” and realized “The restaurant made by everyone” with 60 local and concerned persons. The challenge of ITOMAN GYOMIN SHOKUDO can be characterized as being given the figure from the idea of creating the community and not as empowering the place by superficial design. We hope this stone masonry building will be the place backed up with pride and passion of Itoman fishermen. (Kentaro Yamazaki)

 

【ITOMAN GYOMIN SHOKUDO – The restaurant for everyone – 】Location:4-17, nishizaki-cho, Itoman-shi, Okinawa
Open:Mar. 20th, 2013
Designer:YAMAZAKI KENTARO DESIGN WORKSHOP
Floor area:83.78㎡
Capacity:34 seats
Photo:Naoko Koide, Wataru Oshiro

 

 

 

糸満漁民食堂
http://www.facebook.com/itomangyominshokudo

 

山﨑健太郎デザインワークショップ
http://ykdw.org

 

 

小出直穂子、大城亘
http://www.camenokostudio.com/