タグ別アーカイブ: osaka

nana’s green tea HEP FIVE店

n0
n1

n2

n3

n4

n5nana’s green teaを運営する株式会社七葉は、「抹茶」という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している会社である。良質の抹茶を、抹茶ラテなど現代的にアレンジしたメニューで提供している。その店内に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」。オーナーの言葉を借りれば、”日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店”をつくりたいという思いが表れている。
かつての茶人・小堀遠州は、千利休の「わび・さび」の心を受け継ぎながらも、そこに美しさ・明るさ・豊かさを加え、「綺麗さび」と呼ばれる「調和の美」をつくり上げた。具体的には、茶室に書院を加え、棚自体がデザインされていたり、広く王朝文化のデザインまで取り入れ、全てをひとくくりに茶室として取り込んでいる。
「nana’s green tea HEP FIVE店」では、古来から伝わるマテリアルである石・木・土と、現代のマテリアルの磁器タイル・ガラス・メラミン・ビニールクロス・塩ビタイル・ダイノックシートの融合を図り、現代の「調和の美」をつくり上げる設計を試みている。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所

 

nana’s green tea HEP FIVE店
所在地:大阪府大阪市北区角田町5-15
オープン:2017年7月21日
設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘 石井嘉恵 坂東美咲 堺 大紀
床面積:107.70㎡
客席数:49席
Photo:宮本啓介

 

Nanaha Co., Ltd., which runs nana’s green tea, is a company that transmits “New form of Japan” to the world with its specialty, green tea. High quality Matcha is offered in a menu arranged contemporarily such as Matcha latte. The space required in the store is not “Japanese style” but “modern tea room”. This plan reflects the owner’s idea “the store where customers can enjoy a traditional tea culture with contemporary interpretation”.
The 17th-century tea master, Enshu Kobori inherited the heart of “WABI SABI(quiet simplicity and subdued refinement)” of Sen no Rikyu, adding beauty, brightness, and richness into that, and created “beauty of harmony” known as “KIREI SABI(beautiful rust)”. Specifically, he added “Syoin(vestibule and several classy decorations)” to the tea room. In this new style, shelves themselves are designed, the design of dynasty culture is widely introduced, and everything is incorporated into one tea room.
In “Nana’s green tea HEP FIVE” we aim to fuse the traditional materials such as stone, wood and soil with the contemporary ones such as porcelain tile, glass, melamine, vinyl cloth, vinyl chloride and laminated plastic sheet, and attempt to create modern ” Beauty of harmony” design. (Masahiro Yoshida / KAMITOPEN

 

nana’s green tea HEP FIVE
Location:5-15, Kakuda-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:July 21st, 2017
Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida Yoshie Ishii Misaki Bando Daiki Sakai
Floor area:107.70㎡
Capacity:49 seats
Photo:Keisuke Miyamoto

 

经营nana’s green tea七叶和茶的七叶是一家以抹茶为桥梁,把“新日式”理念推送给全世界的公司。把高质量的抹茶融入现代风菜单,如:抹茶拿铁。他们追求的不是所谓日本式的店内气氛,而是现代风茶室。我们想表现出来的,借用老板的话来说就是“这是一家用现代语言解释日本传统的茶文化的店“。
曾经有一位精通茶道的茶艺师——一小堀远州,他不但继承千利休的“古色古香“的意境,而且自己加上了美丽、明亮、丰富的元素,打造出了被称为“漂亮的古雅风趣”的“和谐之美”。比如:茶室里加设了书院;装饰了搁板;采用了王朝时代设计,他把各种的元素都融合进了茶室。
我们在设计这家店之际要融合石、木、土等传统的材料以及瓷砖、玻璃、密胺、塑料布、氯乙烯花砖、单页胶片等的现代材料,就是要倾力打造传统与现代的“和谐之美”。(吉田昌弘/KAMITOPEN一级建筑师事务所

 

nana’s green tea 七叶和茶 HEP FIVE店
地址:大阪府大阪市北区角田町5-15
开业:2017年7月21日
室内设计:KAMITOPEN一级建筑师事务所 吉田昌弘 石井嘉惠 坂东美咲 堺大纪
实用面积:107.70平米
席位数:49
摄影:宫本启介

SOGOKAGU 本社オフィス

s1 s2 s3 s4

エントランスから導かれる通路は、ショールーム同様にブルーの間接照明で「SOGOKAGU」の企業カラーであるブルーで統一を図っています。業務部・企画室・総務と複数の部署が60坪の空間を共有していますが、それぞれ性質の異なる業務を行うため、腰壁やガラススクリーンで明確な結界を計画。同時に、すべての部署エリアは目線の通る設計として、コミュニケーションの図れる空間構成になっています。業務部の結界となる壁は、来客が通路を進むにつれて傾斜し、内部が見えなくなっていく仕掛けで、これは日常業務で煩雑になりがちなデスクまわりを極力目につかないようにするためのもの。また、これが空間に大きな変化を生む要素にもなっています。ショールームと違いオフィスという日常業務を行う場所のため木の質感を入れ、スタイリッシュな中にも少し緊張感が和らぐ空間としました。その他、オフィス内には社員のコミュニケーションスペースを設け、会議室とは違う意見交換の場となるよう計画しました。オフィス環境をきっかけに更なる社員のモチベーションの向上、仕事の効率化、対外的なイメージの向上を狙っています。私達の行ったすべてのデザインがブランディングとなり情報発信されるものと捉えて取り組みました。(平野大偉/イチミリデザイン)

 

SOGOKAGU 本社オフィス
所在地:大阪府大阪市平野区加美北3-17-37
開設:2016年6月27日
設計:イチミリデザイン 平野大偉
照明計画:大光電機 村西貴洋 大塚恵理子
施工:ラックランド 林 昇
床面積:198.9㎡
Photo:A.P.FIRST 荒木義久

 

The passageway from the entrance to the inside of the office has indirect lightings in blue color that is the corporate color of SOGOKAGU. Operation, planning, administration, and other divisions share around 200㎡ space but they do different works so we divided each area with wainscots and glass screens. However, we thought it’s also important for each division to have smooth communication therefore we created the space with an unbroken vista at the same time. The operation division has diagonal walls toward the passageway that make visitors not to see messy desks. This Gimmick also creates a big impact to the space. We took in soft texture of wood to the office in order to make workers relaxed where they do daily tasks unlike showroom. We also placed a communication space, not an ordinary meeting room, for employees in the office that develops a relationship between them. The office environment can make improvements in motivation of workers, work efficiency, and public image of a company. We thought everything we created could affect the company’s branding so we put our all into the design. (Dai Hirano/ICHIMIRI DESIGN)

 

SOGOKAGU Head Office
Location:3-17-37, Kamikita, Hirano-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Jun. 27th, 2016
Designer:ICHIMIRI DESIGN  Dai Hirano
Lighting planning:DAIKO ELECTRIC Takahiro Muranishi Eriko Otsuka
Construction:LUCKLAND Noboru Hayashi
Photo:A.P.FIRST Yoshihisa.Araki

錢屋カフヱ

z1

z2

z3

z4

z5

1960年代に竣工した錢屋本舗本館。事務所と倉庫、住居が入っていたその自社ビルが、2016年3月、街に開かれた複合テナントビルにリノベーションされた。「錢屋カフヱ」は、その1階のロビーエリアにある。昼間は近隣や3階の賃貸オフィスの人々のランチや打ち合わせ場所として、夜は1階の飲食テナントのアフターバーとして、さまざまなシーンに対応する空間となっている。オープンキッチンのカウンターやペンダント照明、ローテーブルといった空間を構成する各要素は、素材、ディテールにこだわってデザイン。ニューヨークの地下鉄構内のタイル、古いヨーロッパの工場で使われていた照明器具、船舶旅行用トランクなどを採り入れたほか、マッキントッシュ真空管アンプとJBLスピーカーが奏でるBGMは、アナログの温かみで空間を満たし、ひと味違ったダンディズムを感じさせる。50年以上にわたって佇む存在感ある建物にこれらの要素を溶け込ませ、リノベーションならではの魅力を引き出した。(東 潤一郎/JA laboratory)

 

錢屋カフヱ
所在地:大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6
オープン:2016年3月5日
設計:JA laboratory 東 潤一郎 椎野永稔
床面積:76.6㎡(うちカフェ45.9㎡、厨房17.6㎡)
客席数:22席
Photo:山田誠良

 

ZENIYA HOMPO HONKAN was established in 1960s. It started as an owner’s office, warehouse, and residence and in March, 2016, renovated to a building complex open to the town. This “ZENIYA CAFE” is located in the lobby area on the ground floor. The café functions in many ways, for example, a lunch or meeting place for locals and third floor’s tenants in the daytime and a late-night bar for ground floor’s restaurant workers in the nighttime. Factors that constitute the space such as open kitchen style counter, pendant lamps, and coffee tables are carefully designed and have special materials and details: tiles from New York subway stations, lightings from old European factories, and some cruising trunks. Background music played by McIntosh vacuum tube amplifier and JBL speakers fills the space warmly and makes customers feel defunct dandyism. More than 50 years old unique building achieved new characteristics by renovated with carefully selected factors. (Junichiro Azuma / JA laboratory)

 

ZENIYA CAFE
Location:14-6, Ishigatsuji-cho, Tennoji-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Mar. 5th, 2016
Designer:JA laboratory Junichiro Azuma Hisatoshi Shiino
Floor area:76.6㎡ (including café 45.9㎡ and kitchen 17.6㎡)
Capacity:22 seats
Photo:Seiryo Yamada

総本家 浪花そば 北浜店

n1

n2

n3

n4

n5

大阪の心斎橋で、昭和32年から創業する老舗そば屋が展開する店舗の一つ「総本家 浪花そば」。デザインはその老舗感を残しつつ、どうやってモダンに「日本美」を表現するかを考えた。もともと木造3階建ての旧家であった建物を改装し、1階はカウンターとテーブル席、個室1部屋、2階は座敷席、3階はスタッフルームの構成とした。1階は、柱や梁の構造が歴史を感じさせる良い風合いであったため、天井はそのまま木構造を見せるスケルトン仕上げにして老舗感を表現した。マテリアルは、建物の歴史に負けないよう本物の自然な素材を使用し、壁面にはアクセントとしてアンティークの菓子型を額装しディスプレイ。テーブルの木部の塗装は、飴色の木目の美しさと奥深さのある艶感や触れた時の木の感触を追求している。1階の奥の中庭は、日本の四季が感じられるように、紅葉の木をメーンにした庭をプランニングした。2階は個室を中心とした座敷で、接待などに対応出来るようにシックな日本美に仕上げている。大阪の金融街である北浜のビジネスマンに、ひと時の安らぎを感じていただける「日本美」を表現できたように思う。(沼田行正/沼田行正デザインオフィス)

 

「総本家 浪花そば 北浜店」
所在地:大阪市中央区北浜2-4-14
オープン:2015年8月17日
設計:沼田行正デザインオフィス 沼田行正 平田靖享
床面積:195.14㎡
客席数:68席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

“SOHONKE NANIWA SOBA” is one of the stores operated by a historical soba company founded in 1957 in Shinsaibashi, Osaka. We tried to express “Japanese Beauty” in a modern manner yet with a historic atmosphere.
It was an old 3-story Japanese traditional house that we renovated to a restaurant. The first floor consists of counter seats, table seats, and one private room, second floor Japanese style drawing room and third floor staff room. There were old but nice pillars and beams in the first floor so we decided not to cover the ceiling and showed these structures as a skeleton-frame. They also add a historical taste to the store. As for materials, we chose real and fine natural ones to be fitted to the building’s history. The walls are decorated with framed antique molds of Japanese sweets as accents. The paint of wooden part of the table was carefully selected to pursue beautiful and deep gloss and smooth wooden texture. For the patio we planned to plant mainly Japanese maple trees to let customers to feel Japanese four seasons. The second floor has several drawing rooms finished in chick Japanese beauty style that are expected to be used for client dinner. The restaurant is located in a financial district Kitahama in Osaka and we think we successfully created “Japanese Beauty” to give businessmen a relaxing break. (Yukimasa Numata / NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc.)

 

【SOHONKE NANIWA SOBA Kitahama】
Location:2-4-14, Kitahama, Chuo-ku, Osaka
Open:Aug. 17th, 2015
Design:NUMATA YUKIMASA DESIGN OFFICE Inc. Yukimasa Numata Yasutaka Hirata
Floor area:195.14㎡
Capacity:68 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

総本家 浪花そば
http://nishiya.co.jp/

 

Bakery & Cafe Dining RACCOLTA

11F_cafedining_042F_BAR_012F_cafedining_03 5ベーカリーショップとカフェダイニングの併設店舗。この店が立地する大阪・豊中と、緑溢れるフランスの郊外を重ね合わせ、レンガ造りの邸宅をリノベーションしたような開放的な空間とした。地域に根付いた店舗を目指し、近隣住民の日常に溶け込む憩いの場になるように心掛けている。 近隣環境に合わせ、ニューヨーク・ブルックリンのような無骨な荒さではなく、ヨーロッパの繊細さをデザインテイストとして取り込み、店内中央に設置した樹齢50年を越えるオリーブの樹を囲う様に客席を設置。店内どこからでもオリーブの樹が見えるようにレイアウトしている。「RACCOLTA(収穫、作物、産物)」という屋号とミツバチのロゴマークがリンクするように、ミツバチ達が楽しそうに店内でじゃれ合っているイメージで、無数のLED電球を天井からランダムに吊り下げ、外部からのアイキャッチとしても記憶に残るデザインとした。(室谷丞一郎/ZYCC

Bakery & Cafe Dining RACCOLTA
所在地:大阪府豊中市西緑丘3-26-23
オープン:2015年5月31日
設計:ZYCC 室谷丞一郎
トータルディレクション:オペレーションファクトリー 神 靖幸 松本久仁彦
敷地面積:512.44㎡
床面積:325.40㎡/1階180.88㎡ 2階144.52㎡
客席数:97席
photo:フォトクラフト社 佐々木宏明

 

The complex store of bakery and café dining. The store is located in Toyonaka city in Osaka prefecture. We tried to add an atmosphere of countryside in France that suits in this city of lush greenery by creating an open space in the store looking like a renovated brick-made house. We aimed the store to be loved by locals and become a place for relaxation and refreshment for neighbors as a part of their daily lives. We placed an olive tree of more than 50-year-old in the center and made seats and chairs surround it. Not a rough image of Brooklyn NY, but a delicate taste of Europe we took in to the store design. The shop layout enables customers to see the tree wherever in the store. The shop’s name “RACCOLTA” means a harvest in Italian and the shop logo is a honeybee. We hanged a large number of LED lamps from the ceiling that gives an image of bees playing with each other mirthfully. (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

Bakery & Cafe Dining RACCOLTA
Location:3-26-23, Nishi-midorigaoka, Toyonaka-shi, Osaka
Open:May. 31st, 2015
Design:zycc corporation Shoichiro Muroya
Total Direction:OPERATION FACTORY Yasuyuki Kou Kunihiko Matsumoto
Site area:512.44㎡
Floor area:325.40㎡(1st floor 180.88㎡ and 2nd floor 144.52㎡)
Capacity:97seats
Photo:PHOTO CRAFT Hiroaki Sasaki

 

La Bécasse

ラベカス01 ラベカス02 ラベカス03 ラベカス04渋谷圭紀シェフのグランメゾン「La Bécasse」(ラ・ベカス)が、わずか12席のレストランとして移転オープンした。ヨーロッパやアジアで古来より「無限大」「宇宙全体」「繁栄」の象徴として使われて来た八角形。これをメーンモチーフにデザインをまとめた。
ファサードは、エントランス扉を隠してバックライトの八角形とサインだけの壁面のように見せている。扉を開けると、白一色の細いアプローチでレセプションへと導く。レセプションからホールに入ると、八角形のベージュの空間が広がる。折り上げ天井、光のボーダー、ホール中央のディスプレイ台など、八角形に拘ってデザインした。
そして、オリジナルデザインのイス、ベージュの本革をパネル貼りした壁と、エントランス~入店~アプローチ~ホール~イス着座まで、シェフの料理同様、隅々までこだわりを感じでもらえる空間として仕上げた。(東 潤一郎/JA laboratory)

 

「La Bécasse」
所在地:大阪市中央区平野町3-3-9 湯木ビル1F
オープン:2014年10月4日
設計:JA laboratory 東潤一郎 椎野永稔
床面積:90㎡
客席数:12席
Photo:増田好郎

 

 

 

The French cuisine chef, Yoshinori Shibuya’s Grandmaison “La Bécasse” moved and newly opened with only 12 seats capacity. The octagon shape has been recognized as a symbol of “the infinite”, “the whole universe”, or “the prosperity” in both Europe and Asia through the ages. We planned the interior design, setting this shape as a main motif.
For the façade, we hid an entrance door and showed it like just a wall with only the octagonal back-lighting and the sign. After opening the door, guests will be guided to the reception by the solid white narrow approach. Next to the reception, the octagonal beige space opens in the hall.
The coved ceiling, border light, display table in the center, and also others are all designed based on octagonal shapes.
From the façade through the entrance, approach, and hall to the seat, including the made-to-measure chairs and walls covered with beige color real leather, guests can feel the characteristics of the space together with the cuisine. (Junichiro Azuma / JA laboratory)

 

【La Bécasse】
Location:Yuki Building 1F, 3-3-9, Hirano-cho, Chuo-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Oct. 4th, 2014
Designer:JA laboratory Junichiro Azuma Hisatoshi Shiino
Floor area:90㎡
Capacity:12 seats
Photo:Yoshiro Masuda

 

 

 

La Bécasse
http://www.labecasse1990.com/

 

JA laboratory
http://www.ja-labo.jp/

 

増田好郎
http://yoshiro-masuda.net/

 

小肥羊 大阪本店

1

3

2

小肥羊_02

小肥羊_01

本場中国で展開されている火鍋専門店「小肥羊(シャオフェイヤン)」は、日本では関東地方を中心に展開されています。火鍋というジャンル自体が関西ではまだまだ認知度が低く、まずは火鍋の店ということが分かりやすいファサードデザインが重要であると考え、店舗前面のどの通路からも見えるよう、コーナー部分に火鍋を象ったサインを設置しています。大阪の街が一望できるビルの29階という最高のロケーションを生かしたゾーニングプランとし、木・土・石といった風土を感じさせる素材感のあるものを用いることを心がけて、長く愛されるお店になるよう考えました。また、高々とした中国の山々をイメージしたグラフィックで壁面をデザインし、柱に刻み込んだ漢字で火鍋の歴史と味の奥深さを表現しています。(室谷丞一郎/ジーク)

 

「小肥羊 大阪本店」
所在地:大阪府大阪市北区角田町8-47 阪急グランドビル29階
オープン:2014年12月9日
設計:ジーク 室谷丞一郎
床面積:258.5㎡
客席数:103席
Photo:上田太作

 

 

“Shaofeiyan” is a specialty restaurant of Hinabe, Chinese hot pot. So far the brand has opened their shops mainly in Eastern area in Japan. Because this hot pot culture is not so popular in Western area, we thought the façade design is the most important part of this project which enables people to understand what they can eat in here. Therefore we created the hot pot-shape sign and put it on the front corner so that passersby can see it from every passageway. The restaurant is located on the 29th floor of a building where guests can have a panoramic view of Osaka city. We tried to maximize its locational characteristics when we planned the inside zoning and make the shop beloved for a long time by using natural materials, such as wood, soil, and stone. Walls are decorated with graphics of Chinese high mountains and engraved Chinese letters on columns represents the deepness of the hot pot’s history and its taste.  (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

 

【SHAO FEI YUN Osaka】
Location:Hankyu Grand Building 29F, 8-47, Kakuta-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Dec. 9th, 2014
Design:zycc corporation Shoichiro Muroya
Floor area:258.5㎡
Photo:Tasaku Ueda
SHAO FEI YUN Osaka
http://www.hinabe.net

zycc corporation
http://www.zycc.co.jp

Tasaku Ueda
http://www.photocraft.co.jp

 

美味酒楼 佐勘

佐勘01

佐勘02

佐勘03

佐勘04

コンセプトは「和中折衷」。オーナーは、梅田界隈に四つの和食店を展開している「佐勘大阪」。化学調味料を使わない自然派中華とお酒をテーマにした佐勘オリジナルの中華料理店である。店内は、レンガ、木、左官等の自然素材を生かした落ち着きのある空間の中にスチールのフレームを組み合わせた照明やパーテーションを設置し、中国から輸入したレンガやアースカラーの中に香辛料を連想させる赤いセードの照明が雰囲気をつくり出す。「佐勘」のベースとなる「和」と料理の「中華」の異なるエッセンスをバランスを保ちながらも自由に取り入れること、また「和」「中」に限らず異なるものを組み合わせることで賑わいのある空間を創出した。(infix)

 

「美味酒楼 佐勘」
所在地:大阪市北区茶屋町19-19 アプローズタワーB1F
オープン:2014年9月9日
設計:infix
床面積:131.77㎡
客席数:44席
Photo:下村康典

 

 

The concept is “a blending of Japanese and Western styles”. The parent company of this restaurant is “Sakan Osaka” that runs 4 Japanese restaurants in Umeda area in Osaka. “Bimishuro Sakan” provides the original organic Chinese cuisine without chemical seasonings. We adopted natural materials such as bricks, wood, and plaster for interior that make a relaxed atmosphere. Among them, we put lightings and partitions combined with steel made frames. The red lampshade that reminds of spiceries surrounded by bricks imported from China and earth-tone colors creates a certain mood. The harmonization of different essences, “The Japanese” and “The Chinese” that are the base of Sakan, and the mixture of different factors other than Japanese and Chinese result in creating the joyous space. (infix)

 

【Bimishuro Sakan】
Location:Applause Tower B1F, 19-19, Chayamachi, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Sep. 9th, 2014
Design:infix
Floor area:131.77㎡
Capacity:44 seats
Photo:Yasunori Shimomura
美味酒楼 佐勘
http://www.t-cb.co.jp

infix
http://www.infix-design.com

 

 

 

 

rock star hotel

RSホテル01

RSホテル02

RSホテル03

RSホテル04

RSホテル05

RSホテル06

RSホテル07

不動産価値の低い雑居ビルをコンセプトホテルへとコンバージョンすることで不動産価値を再生し、街の顔となるアイコンを目指したプロジェクト。 大阪の雑多で賑やかな街並みに馴染ませるのではなく、白くシンプルなファサードはシャープな印象を与え、その街並みから際立つ存在感を示している。
エントランスを抜けると、ファサードに持った印象とは対称的に化粧型枠を使用したモルタル、アンティークレンガ、古材などテクスチャーや密度を感じる素材へと切り替え、最大のコンセプトとなるロックスターに出迎えられる空間とし、お客様の期待感を膨らませる空間とした。
2Fは「café madonna」という名前の通り、白を基調とした空間にマドンナのアートを壁面に用いて、女性も利用しやすいポップで明るい空間を用意した。3〜6Fは客室となっており、スタンダードシングル17室、二人で利用出来るジュニアスイート2室、6Fフロア全体を使ったパーティ等でも利用出来るスイートルームで構成されており、
それぞれ各室ごとに異なるロックスターに迎えられ、宿泊する度に楽しむことができるホテルとなっている。
今回のプロジェクトを進めるにあたり、空間を彩るアクセントとなるロックアーティストのアートワークは大阪在住の若手アーティストbuggy氏が手掛けてくれた。
(cafe co.)

 

「roof top bar」と名付けられた7Fは、テラスを持ったクラシックでソフトロックテイストなラウンジ。ジョンレノンが過ごしたダコタハウスをテーマとし、クラシックなテイストをベースとしながら、全体をグレートーンにすることやスタッズ風のモール装飾などクラシックの重厚感の中に新たなデザインの展開を試みた。天井には分かりやすくキャッチーな“ロックスター“を象徴する星形のホリゾントを設置。家具は一点一点デザインを変え、クラシックかつビンテージ感漂う象徴的なものとし、ゆったりと座れて極上な居心地を味わえる。一人では少し大きな椅子も女性が加わるとちょうどいいサイズ感。
階段を上がるとグレイッシュなプランターで囲まれた屋上テラス(RF)がある。足元にはイタリア製の人工芝を敷き詰め、まるで絨毯のような弾力性と心地良さ。プランターにはハーブが植えられ、ビル群の中にありながらも、その香りや解放感がさらに心地良い。DJがかかると空間のサイズとデザインが相まって、ラグジュアリーでありながらもアットホームなシークレットパーティムード。夜の屋上に現れる映像はまさに秀逸である。
(FANTASTIC DESIGN WORKS CO.)

 

 

「rock star hotel」
所在地:大阪市西区阿波座1-4-11
オープン:2013年12月13日
全体設計:cafe co.
7F/RF設計:FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
床面積:820.15㎡
客室数:17室
客席数:2F(café madonna)/37席 7F(roof top bar)/34席 RF(テラス)/31席
Photo:下村康典

 

 

 

The project was launched to convert a multi-tenant building, which had a low value as a real estate, into a conceptual hotel in order to revitalize its value and make it to the symbol of Osaka city. Not by fitting in the miscellaneous and lively streets of the town, but by offering sharp impression of the simple white façade, the hotel has significant presence on the street.
On the contrary to the façade, we gave more texture and density feeling to interior materials, such as mortars using decorative frames, antique bricks and old items. When customers pass through the entrance, they are welcomed by rock stars that are the strongest concept of the hotel and their expectations grow.
“café madonna” on the second floor, as its name suggests, has the artworks featuring Madonna on the walls in the white-themed space. The pop and bright space is easily accessible to female customers. Guest rooms from 3rd to 6th floor consist of 17 standard singles, 2 junior suites that can accommodate 2 persons, and the suit room that can also be used as a party room using the 6th whole floor. Since each room has different rock stars welcoming customers, people will never get bored and enjoy their stay every time.
A young artist, Mr. buggy, from Osaka created the artworks of rock artists which are the accents to decorate the space. (cafe co.)

 

The 7th floor, named “roof top bar”, is a classical and soft-rock taste lounge with a terrace space. The theme of the floor is the Dakota House where John Lennon lived, based on the classical taste. Throughout the floor, the gray tone is adopted and the new design, such as stud-like molding, is developed in the classical dignity. On the ceiling, we set straightforward and catchy star-shape lighting which symbolizes a “rock star”. Each piece of furniture has different design so that they become symbolic and give classical and vintage atmosphere. Sofas are designed a bit large for a man and very comfortable. When woman join him, the sofa size gets adjusted.
On the roof terrace, there are grayish planters. The floor is paved with Italian made artificial grass which has comfortable elasticity like a carpet. Herbs are planted in the planters and they spread relaxing perfumes and feelings surrounded by buildings. When DJ gives music, the design and size of the space create luxurious but homey secret party mood. Movies appearing on the roof top are just amazing. (FANTASTIC DESIGN WORKS CO.)

 

 

【rock star hotel】
Location:1-4-11, Awaza, Nishi-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Dec. 13th, 2013
Total Design:cafe co.
7F/RF Design:FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
Number of Rooms:17
Floor area:820.15㎡
Capacity:2F(café madonna) / 37 seats 7F(roof top bar) / 34 seats RF(terrace)/ 31 seats
Photo:Yasunori Shimomura

 

 

rock star hotel
http://rockstar-hotel.jp/

 

cafe co.
http://www.ca-fe.co.jp/

 

FANTASTIC DESIGN WORKS CO.
http://f-fantastic.com

 

1 / 512345