タグ別アーカイブ: restaurant

うしまる

u1 u2 u3

u5
飲食の業態と空間との関係について、幾多も繰り返された経験的感覚を頼りに、私は思考を重ねてきた。「うしまる」は、牛丼という食に対して新たなカテゴリーを創出するために計画された店舗だ。それは牛丼から連想される大衆感を払拭する和の設えであり、空間と“間”の関係を再構築することでもあった。計画は間口4.5m、奥行き12m、高さ2.5mの空間をまず水平方向に分散し、機能と動線のバランスを取っている。日本人が培ってきた「水平方向に伸びる視覚的な美意識(水平の相)」を表現することに力を注いだ。店内で唯一、弧を描くカウンターは、幅1m、全長7m、厚み100㎜の桧から抽出し、空間のアクセントとして鎮座させたものだ。16坪の空間にカウンター9席という和の設えは、訪れた人々の目に優雅に映るとともに、優越と至福の時間のディテールを再構築する機会となった。(鳥居佳則/鳥居デザイン事務所

 

「うしまる」
所在地:愛知県名古屋市中区錦3-11-15 錦101ビル1階
オープン:2017年6月
設計:鳥居デザイン事務所 鳥居佳則 牛田恭平
床面積:52.9㎡
客席数:カウンター9席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

We have been continuously examined the relationship between restaurant business and spatial design based on repeated experiences. This store “Ushimaru” was planned to create a new category for beef bowl shop. With the store design we tried to dispel the casual and popular impression, which people associate with beef bowl, and reconstruct the relationship between space and interspace. We first dispersed space of 4.5 meters width, 12 meters depth, and 2.5 meters height into the horizontal direction and balanced function and flow line. We focused on expressing the horizontally extending visual aesthetic sense (horizontal phase) developed in Japanese culture. The curved counter table made of Japanese cypress with 1 meter width, 7 meters depth, and 100 millimeters thickness is the only one outstanding element in the internal space. Japanese style design is created in about 50 ㎡ floor with 9 counter chairs. Time of supremacy and happiness are elegantly reconstructed in here. (Yoshinori Torii
/ TORII DESIGN OFFICE)

 

【Ushimaru】
Location:Nishiki 101 Bld. 1F, 3-11-15, Nishiki, Naka-ku, Nagoya-shi, Aichi
Open:June, 2017
Design:TORII DESIGN OFFICE Yoshinori Torii Kyouhei Ushida
Floor area:52.9㎡
Capacity:9 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

历经了许多项目,我们到现在都凭借自己经历思考餐饮行业和饮食空间之间的问题。这次他们为了创新所谓“牛肉烩饭”的范畴,就有了这家餐厅USHIMARU的计划。一般来说听到“牛肉烩饭”就想到“大肚子”。我们要更新那种形象,而用日本式装饰建立了空间和间隔的关系。首先把开间4.5米、进深12米、高低12米的空间随着水平方向分开,以便保持动作和路线的平衡。我们注重表现日本人固有的审美感——视觉上向水平伸展之美。我们摆设了一张弧形柜台,那是从宽度1米、长度7米、厚度100毫米的扁柏木材打造出来的,作为店内唯一曲线的存在。6坪空间里只有9个位子柜台的样式代表日本式装饰,给进来的客人带着悠闲的气息,同时创新了优越而幸福时间的观念。(鸟居佳则 TORII DESIGN OFFICE

 

【USHIMARU】
地址:爱知县名古屋市中区锦3-11-15 锦101大厦1F
开业:2017年6月
室内设计:TORII DESIGN OFFICE 鳥居佳則 牛田恭平
实用面积:52.9平米
席位数:柜台9
摄影:Nacasa & Partners

六本木ヒルズクラブ

hh1 hh2

hh3

hh4

hh6
2003年、複合商業施設・六本木ヒルズと共に、ハイエンドな客層をターゲットに開業した会員制の六本木ヒルズクラブ。約14年の時を経て、ニーズの変化と共に更なる付加価値の提供、そして次世代の会員獲得を目的として、イベントスペースである「The Horizon Room(ザ ホライゾンルーム)」は計画されました。総延長30mにもおよぶ、小澤雅志氏による巨大な壁画は、この空間が単なるデコレーションではなくアートそのものであることを示唆します。また、壁画の手前に設置されたルーバーや、一枚一枚が微妙に異なるハンドメイドの錫の天井は、昼と夜の時間やゲストの立ち位置に応じて空間にさまざまな変化をもたらします。雄大な関東平野を360度見渡すことのできる景観、そして、それをアートとしての空間の中で共有することのできるThe Horizon Roomは、豊かなコミニケーションのためにつくられた装置なのです。(谷山直義/NAO Taniyama & Associates

 

六本木ヒルズクラブ
所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 51階
オープン:2017年3月14日
設計:NAO Taniyama & Associates 谷山直義 SHINYONGBUM
床面積:The Horizon Room/177.8㎡、The Star Bar/98.5㎡、The Study/52.4㎡
客席数:The Horizon Room/60席、The Star Bar/27席、The Study/14席
Photo:山下亮一

 

Roppongi Hills Club is a members club that opened in 2003, together with Roppongi Hills shopping complex, targeting high-end customers. After about 14 years, the event space “The Horizon Room” was newly planned for the purpose of providing additional value along with changes in the needs and acquiring the next generation members. A huge mural painting with over 30 meters by Masashi Ozawa implies that the space is not just decoration but art itself. The louvers set up in front of the painting and the handmade tin ceiling, that are slightly different one by one, bring various changes in space corresponding to the time of day and night and the position of guests. The 360-degree view of majestic Kanto Plain and The Horizon Room that can share the view as art in space are the device created for rich communication.(Nao Taniyama / NAO Taniyama & Associates

 

Roppongi Hills Club
Location:Roppongi Hills Mori Tower 51F, 6-10-1, Roggongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Mar.14th, 2017
Designer:Nao Taniyama & Associates Nao Taniyama SHINYONGBUM
Floor area:The Horizon Room/177.8㎡, The Star Bar/98.5㎡, The Study/52.4㎡
Capacity:The Horizon Room/60 seats, The Star Bar/27 seats, The Study/14 seats
Photo:Ryoichi Yamashita

 

ROPPONGI HILLS CLUB 是个会员制俱乐部,于2003年开业,是跟复合型商城ROPPONG HILLS同时开幕的。他们最初的市场定位是高端客户,但历经了14年,为了吸引新一代会员,他们要根据目前市场需求的变化提供新的附加值,于是就有了打造一种名为The Horizon Room活动空间的计划。
那里有小泽雅志绘制长达30米的巨型壁画。它不仅起到了装饰的作用,更把这个空间打造成了艺术的殿堂。壁画前设有的天窗,一块块用锡亲手打造的天花板,每个部分都因微妙的差别而闪烁着灵动,随着昼夜交替和欣赏角度的移动带给人万千变化。我们把日本关东平原壮观的景观通过360度全视角展现给每一位来到这个艺术空间的客人。总之,The Horizon room是一个既充满艺术气息,又能让客人们畅快交流的活动空间。(谷山直义 NAO Taniyama & Associates

 

ROPPONGI HILLS CLUB
地址:东京都六本木6-10-1 Roppongi Hills Mori Tower 51F
开业:2017年3月14日
室内设计:NAO Taniyama & Associates 谷山直义 、SHINYONGBUM
实用面积:The Horizon Room:177.8平米,The Star Bar:98.5平米,The Study:52.4平米
席位数:The Horizon Room:60 , The Star Bar:27, The Study:14
摄影:山下亮一

Eat @ Ease

e1

e2

e3

e4

e5

e6
「Eat @ Ease」は、“倉庫”に着想を得た、目を楽しませるレストラン。自然な材料やタフな素材を用いることで、モダンでインダストリアルな雰囲気をつくり上げた。このテイストは、フレーム構造で組んだロフト部分の錆び加工やアンティーク仕上げの金物によく表れている。また、オープンキッチンに採用したクランベリー色のレンガと、天井に露出したスチールパイプとの組み合わせにより、さらに倉庫を彷彿とさせる表情が生まれている。
VIPルームのローラーシャッターは倉庫としてのビジュアルを演出すると共に、空間を分割することで、静かに食事を楽しめる場をつくり出す機能を持つ。無骨な仕上げ感を出すため、床全体にセメントを用い、天井のセメントには表面に洗いをかけた。カラースキームは、ウォールナットのブラウンとネイビーブルーを組み合わせた他、洗練さと若々しさを表現するアクセントとして、空間の中央に据えたテーブルの天板に大理石を採用している。(ARTTA Concept Studio

 

「Eat @ Ease」
所在地:1/F, Hotel Ease Tsuen Wan, 15-19 Chun Pin Street, Kwai Chung, Hong Kong
オープン:2017年6月9日
設計:ARTTA Concept Studio  Arthur Tang Natalie Chan Daphne Fan
床面積:371㎡
客席数:106席
Photo:Peter Cheung

 

An eye-pleasing warehouse inspired restaurant that has a modern industrial vibe is adorned by raw and tough materials. This can be seen from the use of rustic metal and antique steel finishing on the loft area of the bar frame structure. The open kitchen uses cranberry coloured bricks to enhance the industrial-look combined with exposed steel pipes on the ceiling.
We have used roller shutters for the VIP room to exaggerate the warehouse look and to divide the rooms, so that the customers can enjoy a quiet and cosy place to dine. Throughout the interior we have used cement flooring combined with a washed off cement surface on the ceiling to create a raw treatment. We have used a mixture of walnut brown and navy blue colours and for a stylish finish a marble table top in the centre of the room for a sophisticated and youthful twist. (ARTTA Concept Studio

 

【Eat @ Ease】
Location:1/F, Hotel Ease Tsuen Wan, 15-19 Chun Pin Street, Kwai Chung, Hong Kong
Open:June 9th, 2017
Designer:ARTTA Concept Studio  Arthur Tang Natalie Chan Daphne Fan
Floor area:371㎡
Capacity:106 seats
Photo:Peter Cheung

 

Eat @ Ease是一家让人大饱眼福的餐厅,也是以仓库为灵感。为了打造现代工业风的气息,我们用了天然素材、坚牢材料。框架组成阁楼上的锈加工;古色古香的小五金,都代表那些气息。在开放厨房里我们采用了蔓越橘色的砖头和露出在天棚下的钢管,它们也增加了工业风的效果。
贵宾房间里的卷百叶窗强调仓库风外表,空间被分开客人就会享受安静且舒适的餐食。我们为了体现“鲜”的感觉故意采用了混凝土床,在天花板上施加了洗刷加工。色彩方面,我们搭配了胡桃树和深蓝。房间中心有一张大餐桌,我们用大理石做桌面,以便让空间更高雅且“朝气蓬勃”。(ARTTA Concept Studio

 

【Eat @ Ease】
地址:香港 葵涌圳街15-19号 旭逸酒店1楼
开业:2017年6月9日
室内设计:ARTTA Concept Studio  Arthur Tang、Natalie Chan、Daphne Fan
实用面积:371平米
席位数:106
摄影:Peter Cheung

茶禅華

z2
z3
z4 z5 z6

z1広尾の閑静な住宅街に佇む中華レストラン「茶禅華」は、元大使館員の住まいであった民家を改装し、わずか12席と個室2部屋のみで構成された、ラグジュアリーかつ落ち着いたダイニングだ。コンセプトは「和魂漢才」。これは平安時代中期に生まれた日本の思想上の言葉である。中国料理と日本料理の第一線で研鑽を積んだ料理長が、中国料理の大胆な「旨さ」、そして日本料理の滋味深い「美味しさ」の双方を引き出せるような新しい中国料理を、日本の食材、風土嗜好に合わせて提供する。
空間デザインを手掛ける立場として、この「和魂漢才」をどう表現すべきかというのが当初の課題であった。竹林に囲まれた外観を抜け、エントランスまで進むと、店名の由来でもある中国茶器のディスプレイと柔らかい光がゲストを出迎え、ダイニングエリアへと続く。店内は風合いのある漆喰、温かみのあるウォールナットの木、モルタルの壁など、極めてミニマムで質の高い素材を選定した。そこに照明計画による光と影、また、さり気ないディテールが加わることで、それらがより洗練された空間が生まれる。ティーカウンターとディスプレイの壁面には、この店を表現する風景となるように、中国の思想に基づいたフォルムを用いた。
我々が出した結論は、思想は空間だけで完結するのではなく、明確に形にすべきものでもないということ。空間がつくられた段階では未完成であり、そこに洗練された料理が並び、ハイエンドなおもてなしが一体となることで、ようやく見えてくるものなのかもしれないということだ。是非この店で「和魂漢才」の素晴らしさに魅了されてほしい。
(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW

 

茶禅華(さぜんか)
所在地:東京都港区南麻布4-7-5
オープン:2017年2月10日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 末木なな子
床面積:180㎡
客席数:24席
Photo:長谷川健太

 

Chinese restaurant “sazenka” is a renovated fine dining restaurant which used to be an attache’s house. The concept is “mixture of Japanese spirit and Chinese talent”. The executive chef who studied at the forefront of Chinese and Japanese culinary fields provides a new Chinese cuisine that brings out both the flamboyant “taste” of Chinese cuisine and the deep “daintiness” of Japanese cuisine customized for Japanese climate, using Japanese food.
Our first challenge was how to express the concept “mixture of Japanese spirit and Chinese talent” as a spatial designer. The conclusion we reached is that the store’s philosophy is not complete in space only and should not be clearly formed. It is finally realized and becomes visible after sophisticated cuisine is set in space and high-end hospitality are integrated.
When guests pass through bamboo groves of the exterior, they are welcomed by the display of Chinese teaware which is also the origin of the store name and subdued light. We chose high quality and minimum materials such as plaster, walnut trees and mortar walls for the interior. By adding light & shadow based on the lighting plan and restrained details, more sophisticated space is produced. We also applied specila forms based on Chinese philosophy to the walls of tea counter and display. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

 

sazenka
Location:4-7-5, Minamiazabu, Minato-ku, Tokyo
Open:Feb. 10th, 2017
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto Nanako Sueki
Floor area:180㎡
Capacity:24 seats
Photo:Kenta Hasegawa

GALLO GARAGE

g7 g2

g3

g4

g5

g6
神戸・三宮、飲食店がひしめき合う狭いエリア。肉ビストロ「GALLO GARAGE(ギャロ ガレージ)」はその中で、一歩前に出た若きオーナーの“毒”ある3店舗目だ。デザインをするにあたり、遊びのある淫靡さを最も意識した。カウンターとビックテーブルを潔くシンプルなレイアウトにすることでマテリアルを強調。真鍮に鋲打ちしたカウンター、床には黒皮鉄板のフローリング、アンティーク品と縞鋼板を組み合わせたビックテーブルを設置。壁と床には躯体モルタルを用い、固く強いイメージを演出し、同時に壁面の装飾やビジュアルにより、ユーモアと優しさをプラスした。これらのアンバランスな要素を組み合わせることで、バランスのとれたにぎわいのある空間が生まれた。(キンヒロアキ/undesign

 

「GALLO GARAGE」
所在地:兵庫県神戸市中央区北長狭通2-5-17 メープル三宮 3階
オープン:2016年12月22日
設計:undesign キンヒロアキ
床面積:63.5㎡(うち厨房14.0㎡)
客席数:22席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 


The small area in Kobe-Sannomiya where many restaurants are packed. The meat bistro “GALLO GARAGE” in here is a young owner’s challenging store that contains “poison”. To start panning the store’s design, we paid the biggest attention to playful eroticism. We emphasized materials through simple and straightforward layout of counter and big table. The brass counter is decorated with studs. The big counter made with antique item and checkered steel plate is placed on the bare black steel floor. Mortar walls and floors give hard and strong impressions yet decorations and visual expressions add humor and softness. We coordinated unbalanced items carefully and created the balanced bustling space. (Hiroaki Kim / undesign

 

【GALLO GARAGE】
Location:Maple Sannomiya bld. 3F, 2-5-17, Kitanagasa-dori, Chuo-ku, Kobe-shi, Hyogo
Open:Dec. 22nd, 2016
Designer:Undesign Hiroaki Kim
Floor area:63.5㎡(including kitchen area 14.0㎡)
Capacity:22seats
Photo:Nacasa & Partners

manica camicia

m1

m2

m3

m4

m5
店名の「manica camicia(マニカ カミーチャ)」とは、ジャケット製作の技法で、容姿にこだわりを持つイタリア人による、肩回りが窮屈にならず着心地を良くする技法である。この店もまた本格的なイタリアンレストランでありながら、「ゆったりとした気持ちで食事を堪能できる」というオーナーシェフの思いが店名になっており、日本全国の旬な食材を生かした料理を提供する。
名古屋のオフィス街の裏通りを歩くと、突如、和風の情緒ある門が現れる。この門は庭の中で使われる中門を正門として使用したもので、ひっそりと茶室へ入っていくような、まさに隠れ家の佇まい。庭では大きな紅葉が客を出迎え、四季を感じさせる。店内は和素材で構成した空間に北欧の家具や照明が共存し、伝統的な和の風格を持ちながら温かみのある心地良い空間となっている。一枚板のナラ材のカウンター上部には、垂れ壁に無数の竹の輪切りが施され、反対側のワインセラーに映り込む。各所に配置されたシェフの趣味である盆栽も見どころの一つだ。(神田健太郎/DESIGN OFFICE KENTARO)

 

「manica camicia」
所在地:愛知県名古屋市東区東桜1-3-22 ヴィア―レアルベルゴ 1階
オープン:2016年12月8日
設計:DESIGN OFFICE KENTRAO 神田健太郎
施工:SPW TAHARA
床面積:88.94㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The store’s name “manica camicia” means a special technique of jacket tailoring in Italian that enables your shoulders to move more comfortably. The name was decided by chef/owner of the restaurant who wanted his store to be a place where “customers can enjoy Italian cuisine in a relaxing atmosphere”.
In the backstreet of an office area in Nagoya, Japanese style romantic gate suddenly appears. This kind of gate is widely used as an inner gate in a garden. By using it as a main entrance, we created a hideaway air as if customers were stepping into a hidden teahouse. A huge maple tree welcomes guests in the garden, showing different faces in each season. The store interior consists of several Japanese materials. Nordic furniture and lightings coexist with them and create a classy yet heartwarming and comfortable feeling in the space. A large number of sliced bamboo objects are set above a counter table made of oak, reflected in a wine cellar. Bonsai(miniature potted plant), that is a chef’s hobby, placed in the store also pleases the eye. (Kentaro Kanda / DESIGN OFFICE KENTARO)

 

【manica camicia】
Location:Viare ARBERGO 1F, 1-3-22, Higashisakura, Higashi-ku, Nagoya-shi, Aichi
Open:Dec. 8th, 2016
Designer:DESIGN OFFICE KENTRAO Kentaro Kanda
Construction:SPW TAHARA
Floor area:88.94㎡
Photo:Nacasa & Partners

らーめん山頭火 沖縄那覇店

s2
s1
s3
s0

「らーめん山頭火 沖縄那覇店」は、同系列店の沖縄初進出店舗として那覇市内の安謝という地に居抜き案件として出店。この店舗は観光地からは離れた場所に位置するため、“観光客”ではなく現地で生活する“ローカル”な人々をメインターゲットとしながら、既にアメリカやアジア圏での多店舗展開で外国人から絶大な人気を誇る当ブランドの認知度を考慮し“沖縄に住む外国人”もターゲットとして視野に入れています。
店内は、ローカルの店づくり合わせ“小上がり席”を多くとり、車移動の多い現地の方々が1人でも気軽に利用できるよう入ってすぐの位置にビッグテーブルを設置しました。また、北海道旭川市に本店を構える同ブランドを沖縄においてどのように話題性を持たせ、存在感を際立たせるかを考えた結果、旭川にある“大雪山連峰 旭岳”を何種かの古材を多用し、店内の意匠として表現しています。その他、外国人にもなじみやすく、沖縄の人には珍しいインダストリアルな要素と、日本人にはなじみがあり、外国人には珍しい“大雪山の水墨画”をインテリアデザインの中に取り込むことで、沖縄初出店店舗として、また“らーめん山頭火”のシンボリックな存在感を更に際立たせることを意図しています。(室谷丞一郎/ZYCC)

 

らーめん山頭火 沖縄那覇店
所在地:沖縄県那覇市安謝664-22
オープン:2016年10月14日
外装・内装デザイン:ZYCC 室谷丞一郎
照明計画:FORUM INC. 朝倉華子
施工:ZYCC 米田孝行
床面積:174㎡
客席数:50席
Photo:STUDIO PLANET 島袋 浩

 

“Ramen Santouka Okinawa Naha Store” is Santouka brand’s first branch store in Okinawa. We were requested to create a new store, making use of existing equipment and furnishings. The main target customers are locals because the store is located a bit far from famous sightseeing spots. Taking brand’s fame in overseas into consideration, that had been achieved by their stores in America and Asian countries, they also targeted foreign residents in Okinawa.
In this project, we set more raised seating areas than usual that are fit to a local store. The large shared table is placed near the entrance so that one can eat ramen alone without hesitation. Because the brand’s flagship store is in the northern end of Japan, Asahikawa Hokkaido, and this store is in the southern end, Naha Okinawa, we paid a big attention to how the store gets newsy and a presence in town. We adopted reclaimed wood materials to create an artwork of famous Mount Asahi in Asahikawa. In order to highlight the stores symbolic character, we also added some more factors, for example, industrial materials, that are familiar with foreigners and not with locals, or ink painting, familiar with Japanese and not with foreigners. (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

 

Ramen Santouka Okinawa Naha Store
Location:664-22, Aja, Naha-shi, Okinawa
Open:Oct. 14th, 2016
Design:ZYCC corporation Shoichiro Muroya
Lighting planning:FORUM INC. Hanako Asakura
Construction:ZYCC corporation Takayuki Yoneda
Floor area:174㎡
Capacity:50seats
Photo:STUDIO PLANET Hiroshi Shimabukuro

Cafe Habana TOKYO

c6c2 c3 c4c1
「Cafe Habana」は、Manhattan、Brooklyn、Barclay center、Malibu、Dubaiに店を構えていて、全て雰囲気が違います。それは無意識的なNewYorkerの持つ感覚であり、どの店も同じ内装ではなく、フランチャイズの感覚を一つ飛び越えたアイデンティティーを残しつつ、場所や町に密着したオリジナリティーがあるという事を、デザインと料理の両方における一番重要なコンセプトとして確立していきました。また、Cafe Habanaは、SOHOやLower East Sideが開発されていない時から続く老舗で、ローカリズムを大事にし、観光客だけではなく地域の人に愛され続けてきた、「ストリート」と「料理」を融合した店の先駆者です。これらを「Cafe Habana TOKYO」のインテリアに落とし込む時に、4つのキーワードを中心にデザインしました。
一つめは「地域の方が愛してもらえるようなダイナーの持つ暖かみ」。世界的な影響力のあるアーティストのイラスト(Sonic art)や、フードトラックとテイクアウトブースのデザインをつなぐイラスト(Elvis Rosa)をハンドペイントして、時と共に味が出るものにし、家具にはすべてハバナブルーのダイナーテーブルとチェアを取り入れました。また、バーバックの壁にはステンレスのダイアモンドカットのダイナーで使用される板を使いました。
二つめは「ラテンの陽気さ」。キューバ料理やラテンの空気を感じる、主張の強い3層の深みのあるオレンジのスタッコ塗装。Ayaka nishitani氏による南国の葉、ラテンの聖母マリアをオレンジの壁の上から描いてもらいました。
さらに「主張し過ぎないで出来る和のテイストを取り入れる」をキーワードに、自然素材を使用した暖かみがラテンと和の共通点であると考え、木を使った和天井のデザインと象徴的なCafe Habanaのグラフィックを取り入れ、オリジナルの天井をつくりました。また壁のブラケットも和紙の上からグラフィックを載せるなど、バランスを取りながら溶け込ませる事を意識しています。
四つめは「Sinatra’s booth」。NYの各店には一番奥にある半個室のブースにFrank Sinatraや影響力のあるスターがいつも座る場所があります。TOKYO店では、アンティークミラーを設ける事で部屋を大きく感じてもらいながら、外からはあまり見えない仕掛けとしました。
このプロジェクトに携わった人々のCafe Habanaブランドや地域対しての情熱を感じながら、長くこのお店が愛されることを願い、Brooklyn店の外壁にある言葉を引用した「Spread love its a TOKYO way」など、東京とNYをつなげるメッセージを所々に設けているので、ぜひ楽しんでもらえればと思います。(井上拓馬/everedge、文責BAMBOO)

 

Cafe Habana TOKYO
住所:東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1階
オープン:2016年5月28日
設計:everedge 井上拓馬
床面積:133㎡(うち厨房33㎡)
客席数:50席
Photo:SUZU from fresco

 

 

“Cafe Habana” stores are in Manhattan, Brooklyn, Barclay center, Malibu, and Dubai. Every store has different atmosphere and design. This style is an unconscious sense of New Yorker and an identity of the brand beyond its franchise formula. Cafe Habana, that values localism, is a pioneer which has successfully made a good blending of “street” and “cuisine” that has been loved not only by tourists but also local people. Each store was in a different location so they gave first priority to creating a community-based originality. In this Tokyo store we chose 4 keywords for its design, learning from the brands strategy.
1. “Warmth of diner that is loved by locals” Hand-painted illustrations and table & chair in Habana blue express it.
2. “Cheeriness of Latin cultures” Ayaka Nishitani’s art work, tropical tree leaves and Latin Saint Mary, on 3 layers of stucco in orange.
3. “Restrained Japanese taste” Japanese wooden ceiling with symbolic graphic of Cafe Habana. Graphic on Japanese paper-made lighting bracket.
4. “Frank Sinatra’s booth” The stores in New York have special seats for influential stars like Frank Sinatra. Tokyo store also has this space. The room is small but an antique mirror makes it look bigger.
We hope the Tokyo store will be loved by people for a long time. To connect Tokyo and New York, we wrote some messages such as quote from the Brooklyn store “Spread love its a Tokyo way”. (Takuma Inoue / everedge)

 

Cafe Habana TOKYO
Location:Hikawa Bld. 2F, 2-11, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 28th, 2016
Designer:everedge Takuma Inoue
Floor area:133 ㎡ (including kitchen space/33㎡)
Capacity:50 seats
Photo:SUZU from fresco

La Bona Sort

j1 j2 j3 j3-2 j4 j5 j7

タパス系レストラン、La Bona Sort(ラ・ボナソルト。カタルーニャ語で幸運であれ)はバルセロナの旧市街・ボルネ地区のカルデラス通りに面しており、昔ながらの切り石構造でつくられたファサードが特徴。建物は16世紀の面影と、かつて宿やワインカーブとして経営されていた時代の名残りが、中庭、中二階、そして馬小屋として使用されていたアーチ型のアーケード部分などに見ることができる。我々は、この歴史背景がレストランのデザインの方向性を決定づけるものと考え、昨年度はレストラン内部、今年は外部に位置するパティオ(中庭)のリノベーションを実施。コンセプトを「中世から現代へのアクセス」とした。レストラン内部は3つのアーチ型ゲートで、エントランスからカウンター席、2つの客席エリアの計3箇所の空間を区切りながら、全体の統一感を持たせデザインした。素材は元来の石材壁にふさわしいオークの古材を使用し、多くの植物を配した。照明はかつて旅人が実際に経験したであろう空間をイメージし、淡い間接照明としている。レストランの外部パティオは、内部とレンガ造りの巨大なアーチで隔てられ、床材にオリジナルの石材を使用したテラス席へと続く。外部空間も店内と同じオークの古材を使用し植物を配置。照明も淡くやさしい色合いのLED間接照明にし、天井は電球色のボール花飾りのLEDグローブストリングライト、壁にはフランス製アンティークのウォールランプを設置して、古き良き時代の面影を照らし出している。また一部のエリアにモミの木の合板製の2つの大きなボックス席を設置。床部分を10cm浮かせ、まるで宙に浮かんでいるかのように仕上げた。ランプはモダンなウォールランプを、ボックス上部には無数の縄を下げている。石畳の中庭は、クライアントからの要望でポップな色のチェアーを選び、テーブルは大理石と鉄で出来たレトロなデザインを採用している。(JORDI GINABREDA STUDIO)

 

LA BONA SORT
所在地:C/Carders N° 12, 08003 Barcelona, SPAIN
リニューアルオープン:2016年2月
設計:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda
床面積:パティオ内/255.54㎡
客席数:パティオ内/120席
Photo:MARCELA GRASSI

 

“La Bona Sort” tapa’s restaurant is sited in an old manor house documented since the sixteenth century; a large ashlar work frontage that overlooks Carders street, the old road from Barcelona to the Valles county. Because of its privileged location, between Born and Santa Caterina districts, the building soon became a well-known hostel, “el Hostal de la Bona Sort”, departure point for stagecoaches and couriers and accommodation for travelers bustling from and to Barcelona. After that, it was occupied by a bulk wine shop first, and a restaurant then, which has made it to present days run by the third generation of the same family. It preserves the typical Catalan hostel structure: a big courtyard, its attic and the stables. All this historical record was determinant when Jordi Ginabreda interior design studio took care of the project for updating the appearance of the courtyard of the place. Nowadays, the business is located in the old stables and it extends through the old hallway and courtyard its huge partially covered terrace. A series of ashlar work and brick diminished arches link up both the inner space and the different parts of the courtyard. The sixteenth century stone walls and arches are the perfect backdrop in a proposal that centers its strategy in covering the whole place with a sort of old patina giving it a sense of antiquity. A travel to the present departing from the rich history of the place. The first step of the refurbishing consisted in cleaning up thoroughly the original stone walls after decades of neglect. A huge brickwork arch allows the access to an open air patio from where you can get to the three different porches, each one with its own identity, which form the terrace of the restaurant. The same vocabulary, shared with the covered part of the restaurant, defines the whole proposal. The original stone pavement works as a visually unifier for the several covered and uncovered spaces that shape the 300 square meters of the courtyard. The old entrance from the street is now occupied with a covered corridor that can be seen from the outside. Its walls are covered with the same layer of aged oak wood that line the main interior dining area creating a bond between the two spaces for the passers-by. Mosses and lichens grow on these walls, as an echo of years of dampness and closure. Dim lighting and the inclusion of old rickety Jielde lamps recrafted specially for the occasion complete the dialogue with the past. At the back of the terrace, the patio opens to two more porches. One of them takes to the limit the years of abandonment concept. Mosses and lichens grow out of control here, conquering a whole wall and hanging brutally from the ceiling. A perimeter aged wood bench completes this area. The other porch is placed in the old warehouse. The ropes that once tied luggage and cargo to the carriages dangle now from the roof creating a texture that not only gives the place a distinctive atmosphere but also helps to hide the technical installations. This part of the terrace, that in the past was plenty of boxes containing the goods of travelers and traders, is now filled with two big containers, two huge cubes lined with three layer fir wood and lacquered in matt blue. They house a table and two benches. These big sort of private rooms seem to float over the stone pavement, help to define the space and become, without a doubt, the most audacious proposal of the whole project. This journey that leads us to the present couldn’t obviate today’s language which is strongly shown up in the choice of furniture and lighting elements. The heterogeneous mix of contemporary chairs (including He by Hay & Form Chair by Normann-Copenhagen) in different colors and tables with varied material finishes help to emphasise the jumbled spirit of and old working class tavern. The illumination of the different areas, in deliberate warm tones, includes indirect lighting with LED, Disc and Sphere Wall Light by Areti to light the “private-cubes” and Lambert’s Switch On floor lamp. Past and present shake hands to face the future in this old Catalan hostel turned into a restaurant. A place where nowadays travellers, as those in the older days, find a cozy shelter in their never-ending bustle from and to Barcelona.  (JORDI GINABREDA STUDIO)

 

LA BONA SORT
Location:C/Carders N° 12, 08003 Barcelona, SPAIN
Renewal open:Feb, 2016
Design:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda
Floor area:255.54㎡ in patio
Capacity:120 seats in patio
Photo:MARCELA GRASSI

1 / 1412345...最後 »