タグ別アーカイブ: Tokyo

The Public Stand 歌舞伎町店

p1

p2

p3

p4

p5
「相席屋」など、出会いを創出するお店を展開する(株)セクションエイトの新業態「The Public Stand 歌舞伎町店」。テーマは、男女が格好良く飲めるカジュアルバー。 ある意味でお客も商品となり、出会いを売る仕組みが重要となる。レイアウトにもさまざま仕掛けを施し、このようなバー業態では珍しい円形ブース席も設けた。この席は、あえて狭い距離感で構成することで、初対面でも自然と親密度が深まり楽しんでもらうことを意図している。デザインは、レンガや金網といった無骨な質感をベースに、床から反り返った造形のバーカウンターなど、随所に有機的な曲線を用いて柔らかさと独創性をプラスした。照明計画は、女性が安心できるよう暗過ぎず、下方への間接照明を多くすることで軽やかさを演出している。天井のリングは鎖状に組み合わせることで、「出会いと繋がり」になぞらえた。出会いとは繰り返す生命の交差点。ここで素敵な出会いが生まれることを願っている。(二宮弘大/兼城祐作+造形集団

 

The Public Stand 歌舞伎町店
所在地:東京都新宿区歌舞伎町1-5-4 第22東ビル 地下1階
オープン:2017年7月7日
設計:兼城祐作+造形集団 兼城祐作 二宮弘大
床面積:110㎡
客席数:150席〜(スタンディング時)
Photo:石橋マサヒロ

 

“The Public Stand Kabukicho” is a new business of SECTION EIGHT that has developed stores providing meeting and dating opportunities, such as “Aisekiya”. The design theme is a casual bar where men and women can drink in a cool way. In a sense, customers also become products so it is important how to sell a dating system. Various gimmicks were also applied to the layout, and circular booth seats which are not so popular in a bar business style were also set up. By narrowing the seats daringly, customers can have more familiar feelings to each other and have fun. The interior design is based on the rugged texture such as bricks and wire mesh, while softness and creativity are added by organic curves found everywhere in the space, such as warped bar counter. The lighting plan is directing the appropriate brightness, not too dark, so that female customers feel at ease and lightness by increasing the indirect lighting downwards. By combining rings on the ceiling in chains, we compared them to “encounter and connection”. Meeting is the intersection of life to repeat. I hope that a wonderful meeting will be born here. (Mitsuharu Ninomiya / Yusaku Kaneshiro + ZOKEI-SYUDAN)

 

The Public Stand Kabukicho
Location:22nd Higashi Bld.B1F, 1-5-4, Kabukicho, Shinuku-ku, Tokyo
Open:July 7th, 2017
Designer:Yusaku Kaneshiro + ZOKEI-SYUDAN  Yusaku Kaneshiro  Mitsuharu Ninomiya
Capacity:150 people or more (standing)
Photo:Masahiro Ishibashi

 

以打造男女相遇会所闻名的餐饮集团SECTION EIGHT最近在东京・新宿又开了新店——-The Public Stand歌舞伎店,这家店以“男女优雅饮酒休闲吧“为主题拉开了新业态的序幕。从某种意义上来说就是为客人营造良好的相识环境。
店内的所有设计都围绕“相遇”展开,像在酒吧不常见的圆形包厢座。这样局促的空间给了初次见面的男女近距离接触的机会,既能消除双方的距离感,又能让他们的亲密接触轻松自然。在石砖、金属丝网打造出来的粗犷氛围下选用了弯曲造型的吧台,采用随意的彼此牵扯的曲线增添了柔和感和独创性。在灯光方面,整体控制在让女性安心的亮度,还增加了向下的间接照明。天棚布置的连锁圈,表示“相遇”和“相连”。相遇就是生命中循环往复的交叉点。我们也祝你和你生命中的那一半在此有一个美丽的相遇!(二宫弘大 / 兼城佑作+造形集团)

 

The Public Stand 歌舞伎町店
地址:东京都新宿区歌舞伎町1-5-4 第22东大厦B1
开业:2017年7月7日
室内设计:兼城佑作+造形集团 兼城佑作 二宫弘大
实用面积:110平米
座位数:150〜(站立式)
摄影:Masahiro Ishibashi

JOTARO SAITO GINZA SIX店

s1 s2 s3

s4

s5

s7s6
「伝統こそ最新」をテーマにモノづくりに挑戦し続ける、キモノデザイナー・斉藤上太郎氏。その世界観を、同氏が手掛けるプロダクトとのコラボレーションで生まれた織物の色彩を用い、その移ろいによって表現しました。エントランスは、「鎧×スチームパンク」をテーマに、コッパーサテンやクロム鋲、木と鉄と真鍮の象嵌を展開しています。売り場の壁面着物陳列棚は、白いセメント木毛板の乱貼りとし、システム什器を採用。1本アームの角度可変棚は、裏面のコッパー仕上げが影に温かみを溜め込みます。試着室は、21枚の襖で、大奥・御鈴廊下のように可変性を持たせました。島什器は、ミュージアムのイメージをベースとし、コッパーサテンのフレームに、グレーのセラミックスラブの収納を合わせ、繊細さと重厚さを表現しています。カフェは、H鋼の柱でS字を描き、売り場とを緩く隔てて空気感を影響し合わせ、商品を「見るだけ」から「お茶&スイーツ休憩」、そして「購入」という楽しみを店内で連続させ、完結させることを意図しました。カウンター席は紫のグラデーションの染色で色っぽく、テーブル席は銀座の空をモチーフにした織物を背景とし、蹴鞠をイメージした格子がレイヤーとなって、朝夕の逆光感を演出します。これらのデザインにより、お客様の着物姿が陰翳の中で美しさを増す空間になっています。(樋口泰輔/ベルリーナ

 

JOTARO SAITO GINZA SIX店
所在地:東京都中央区銀座6-10-1 ギンザシックス4階
オープン:2017年4月20日
設計:ベルリーナ 樋口泰輔 羽吉久美子 入山きらら
床面積:247㎡
撮影:ナカサ&パートナーズ

 

Jotaro Saito is a Kimono, Japanese traditional clothing, designer who continues to challenge creations based on his theme “Tradition is the latest”. I expressed his view of the world by the change of fabric’s colors which was born in collaboration with his products. Entrance is decorated with copper satin, chrome rivets, and damascening of wood, iron, and brass based on the theme of “armor x steam punk”. Wall Kimono display shelves used as store fixture have randomly affixed white wooden fibre cement boards on the surface. The angle changeable one arm shelf has the copper finish on the back which gives warmth in the shadow. The fitting room was made of 21 sliding doors, making it variable like the Edo period style. The independent fixture is based on the image of the museum and combines the storage of the gray ceramic slab with the frame of the copper satin to express the delicacy and the heaviness. The cafe draws an S character with H steel pillar, which separates the space loosely from the selling zone, and complete the continuous experience from “just watching” through “tea & sweets break” to “purchase”. The counter seat is made sexy with the purple gradation dyeing and the table seat has Ginza’s sky as its background. The layers of lattice works create the backlighting in the morning and the evening. Those design works and effects increase the beauty of Kimono. (Taisuke Higuchi / Berlina)

 

SAITO JOTARO
Location:GINZA SIX 4F, 6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 20th, 2017
Designer:Berlina Taisuke Higuchi Kumiko Hayoshi Kirara Iriyama
Floor area:247㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

齐藤上太郎是个和服设计家,以“传统才是最新”为主题坚持做衣服。我们这次设计他的新店之际为了表现他的新价值观就用了织物的色彩变化,那些织物是跟他们协作的。店铺门口“铠甲和科幻“为主题,铜色缎子、铬色铆钉以外客人也会看到木材、铁材、黄酮来做的镶嵌。墙面陈列架是把白水泥木丝板随意贴附的,并采用了配套式用具。可变角度架子只有一个扶手,背面的铜色加工给影子温暖的气息。在试穿间摆设了21把隔扇,就有灵活性像江户时代城堡内的走廊一样。独立架子以美术馆的形象为灵感,铜色缎子做的格子和灰色制陶的收存库搭配了,表现细腻且稳重。店内附设咖啡厅,用H型钢材来描绘S的字母,和气地隔开咖啡厅区和购买区。在店里客人不仅看商品,也会休息、买东西,都在同一空间享受。紫色浓淡的柜台带着妖媚的气质,餐桌背后有着银座天空为主题的织物和日本传统踢球游戏为主题的棂,它们体现早晨和傍晚的逆光。为了让客人及和服打扮得更美丽,我们演出了阴影空间。(桶口泰辅 Berlina

 

JOTARO SAITO GINZA SIX店
地址:东京都中央区银座6-10-1 GINZA SIX 4F
开业:2017年4月20日
室内设计:Berlina 桶口泰辅 羽吉久美子 入山きらら
实用面积:247平米
摄影:Nacasa & Partners

六本木ヒルズクラブ

hh1 hh2

hh3

hh4

hh6
2003年、複合商業施設・六本木ヒルズと共に、ハイエンドな客層をターゲットに開業した会員制の六本木ヒルズクラブ。約14年の時を経て、ニーズの変化と共に更なる付加価値の提供、そして次世代の会員獲得を目的として、イベントスペースである「The Horizon Room(ザ ホライゾンルーム)」は計画されました。総延長30mにもおよぶ、小澤雅志氏による巨大な壁画は、この空間が単なるデコレーションではなくアートそのものであることを示唆します。また、壁画の手前に設置されたルーバーや、一枚一枚が微妙に異なるハンドメイドの錫の天井は、昼と夜の時間やゲストの立ち位置に応じて空間にさまざまな変化をもたらします。雄大な関東平野を360度見渡すことのできる景観、そして、それをアートとしての空間の中で共有することのできるThe Horizon Roomは、豊かなコミニケーションのためにつくられた装置なのです。(谷山直義/NAO Taniyama & Associates

 

六本木ヒルズクラブ
所在地:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー 51階
オープン:2017年3月14日
設計:NAO Taniyama & Associates 谷山直義 SHINYONGBUM
床面積:The Horizon Room/177.8㎡、The Star Bar/98.5㎡、The Study/52.4㎡
客席数:The Horizon Room/60席、The Star Bar/27席、The Study/14席
Photo:山下亮一

 

Roppongi Hills Club is a members club that opened in 2003, together with Roppongi Hills shopping complex, targeting high-end customers. After about 14 years, the event space “The Horizon Room” was newly planned for the purpose of providing additional value along with changes in the needs and acquiring the next generation members. A huge mural painting with over 30 meters by Masashi Ozawa implies that the space is not just decoration but art itself. The louvers set up in front of the painting and the handmade tin ceiling, that are slightly different one by one, bring various changes in space corresponding to the time of day and night and the position of guests. The 360-degree view of majestic Kanto Plain and The Horizon Room that can share the view as art in space are the device created for rich communication.(Nao Taniyama / NAO Taniyama & Associates

 

Roppongi Hills Club
Location:Roppongi Hills Mori Tower 51F, 6-10-1, Roggongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Mar.14th, 2017
Designer:Nao Taniyama & Associates Nao Taniyama SHINYONGBUM
Floor area:The Horizon Room/177.8㎡, The Star Bar/98.5㎡, The Study/52.4㎡
Capacity:The Horizon Room/60 seats, The Star Bar/27 seats, The Study/14 seats
Photo:Ryoichi Yamashita

 

ROPPONGI HILLS CLUB 是个会员制俱乐部,于2003年开业,是跟复合型商城ROPPONG HILLS同时开幕的。他们最初的市场定位是高端客户,但历经了14年,为了吸引新一代会员,他们要根据目前市场需求的变化提供新的附加值,于是就有了打造一种名为The Horizon Room活动空间的计划。
那里有小泽雅志绘制长达30米的巨型壁画。它不仅起到了装饰的作用,更把这个空间打造成了艺术的殿堂。壁画前设有的天窗,一块块用锡亲手打造的天花板,每个部分都因微妙的差别而闪烁着灵动,随着昼夜交替和欣赏角度的移动带给人万千变化。我们把日本关东平原壮观的景观通过360度全视角展现给每一位来到这个艺术空间的客人。总之,The Horizon room是一个既充满艺术气息,又能让客人们畅快交流的活动空间。(谷山直义 NAO Taniyama & Associates

 

ROPPONGI HILLS CLUB
地址:东京都六本木6-10-1 Roppongi Hills Mori Tower 51F
开业:2017年3月14日
室内设计:NAO Taniyama & Associates 谷山直义 、SHINYONGBUM
实用面积:The Horizon Room:177.8平米,The Star Bar:98.5平米,The Study:52.4平米
席位数:The Horizon Room:60 , The Star Bar:27, The Study:14
摄影:山下亮一

Pure Coco

p1 p2 p3

p5

p6
東京・代官山に5坪ほどの小さなお菓子屋さん「Pure Coco」が誕生しました。“pure coco”は特殊な方法で焼かれたシュー生地を、パウダー状のホワイトチョコレートで薄くコーティングした、見た目も繊細な日本らしいお菓子。国内のみならず、海外にも展開することを念頭にブランドビジョンの浸透を図ることが今回の空間デザインには求められました。この店には、一般的なお菓子の店舗で見られるガラスのショーケースはありません。その代わりに商品の個数によってサイズが異なるパッケージボックスが積み上がり、何本もの柱となって店内を埋め尽くしています。訪れたゲストは友人宅へのお土産や会社への差し入れなど、各々の目的に沿ったサイズのボックスを手に取り、”サッと立ち寄り、サッと買っていく”。いわば携帯端末一つでさまざまな情報をシェアできる現代だからこそ成し得る空間です。そして、それが“pure coco”のブランドビジョンであり、私たちが目指したデザインでもあります。(谷山直義/NAO Taniyama & Associates

 

Pure Coco
所在地: 東京都渋谷区代官山町2-7 シャトレ代官山106号
オープン:2017年5月28日
設計:NAO Taniyama & Associates 谷山直義 Anais Van Bellegem
床面積:17㎡
客席数:2席
Photo:山下亮一

 

A small 17㎡confectionery shop, “Pure Coco”, opened in Daikanyama, Tokyo. “Pure coco” sells delicate looking confectionaries which are typical for Japanese sweets. It is made with cream puff shell that is baked in a special way and thinly coated with white chocolate powder. The spatial design required to promote the brand vision to further develop the brand not only in Japan but also overseas. Glass cases which are generally required have been taken away but instead, packaged boxes in various size are accumulated like pillars as they fill the shop. Customers take boxes for souvenirs to friends or companies that are suitable for their needs – the shop allows customers to quickly “drop by and purchase”. In other words, it is a space that can be realized by means of sharing information with a mobile phone in this modern age. This is the brand vision of “pure coco” and also the design we envisaged. (NAO Taniyama / NAO Taniyama & Associates)

 

Pure Coco
Location:Chatelet Daikanyama 106, 2-7, Daikanyama-cho, Shibuya-ku,Tokyo,
Open:May. 28th, 2017
Designer:Nao Taniyama & Associates Nao Taniyama Anais Van Bellegem
Floor area:17㎡
Capacity:2 seats
Photo:Ryoichi Yamashita

 

在东京・代官山最近一家甜品店开业了,店名是Pure Coco,铺子很小面积只有5坪。他们招牌的“pure coco”就像是个日本风甜点,由特殊方法烤的材料上白巧克力粉进行涂层,看来很精细。这次我们设计店内之际他们要表现自家品牌形象的远景——计划到国外出去展开。
我们没设置一般的玻璃柜,代替此堆积各个大小的箱子形成许多柱子。顾客进来以各个目的挑选箱子就购买,比如为了到朋友家带过去;为了给客户送礼物等。这就是“快来,快买”的主题,在手机上能分享各种各样消息的这样时代才能成就的空间。同时那是他们的品牌战略,也是我们设计上的概念。(谷山直义/NAO Taniyama & Associates

 

Pure Coco
地址:东京都涉谷区代官山町2-7-106室
开业:2017年5月28日
室内设计:NAO Taniyama & Associates 谷山直义 Anais Van Bellegem
实用面积:17平米
席位数:2
摄影:山下亮一

Hills Avenue 銀座店

h0 h1h3h2h4

h5
シューズショップ「Hills Avenue 銀座店」の空間デザインでは、これまでにない新しい靴の見せ方を表現しています。Hills Avenue独自の軽量化技術により生み出された靴の軽さを表すため「浮遊」をモチーフとし、棚で構成される通常のショップの概念ではなく、店内に靴が浮いているようなデザインとしました。総面積約300㎡の広々とした店内には、700もの細いスチールのロッドが重なり合い、白いレイヤーを生み出すことで、森のような空間を表現。さらにそのスチールの間に500個以上の円盤をランダムに設置し、無数の靴を展示することで、靴たちが空中に姿を現します。それはまるで白い森の中で靴が浮遊しているような幻想的な情景です。日中は店内に自然の光が注ぎ込み、夜は夕焼けのように黄色いライトが空間全体を染め、朝から夜まで絶えず街を行き交う人々を惹きつけます。(TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN

 

Hills Avenue 銀座店
所在地: 東京都中央区銀座2-3-1
オープン:2017年5月19日
設計:TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN
床面積:1階118㎡、2階182㎡

 

In the spatial design of the shoe shop “Hills Avenue Ginza”, we expressed a new way of showing shoes. To express the lightness of shoes, which was created by Hills Avenue’s unique technology of weight reduction, “floating” was chosen as a design motif. Unlike an ordinary shop style consisted of shelves, our design plan was to make shoes floating in the shop. In the spacious store with a total area of ​​about 300 m², overlapped 700 thin steel rods create white layers and then show it like a forest. Besides, by placing more than 500 disks randomly among the steel rods and displaying numerous shoes, the shoes appear in the air. It is a fantastic scene as if the shoes are floating in a white forest. In the daytime, natural light is poured into the store and at night, the yellow light dyes the whole space like a sunset. It attracts passersby in town continuously from morning till night. (TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN

 

Hills Avenue Ginza
Location:2-3-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:May 19th, 2017
Designer:TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN
Floor area:1F 118㎡ / 2F 182㎡

 

女鞋专卖店Hills Avenue的最新店铺是银座店。在那里设计室内装饰之际我们完全以新方式突出鞋子。Hills Avenue的鞋子,他们用独自开发的技术实现了轻量化。为了表现那个“轻快”,我们故意没用普通架子,而采用了新概念——让鞋子悬空的设计。面积共有300平米的店内我们布置700多根白钢条,钢条令人感觉好像在森林中似的。而且我们在钢条之间把500多个圆盘随意摆设,在那些圆盘上展示的鞋子看上去都漂在空中。这是宛如鞋子漂浮在白色森林中的梦幻情景。白天阳光从窗户射进来,夜晚灯光照射就像晚霞,整天都吸引着行人。(TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN

 

Hills Avenue 银座店
地址: 东京都中央区银座2-3-1
开业:2017年5月19日
室内设计:TOKUJIN YOSHIOKA DESIGN
实用面积:1楼 118平米・2楼 182平米

福島屋 秋葉原店

f1

f2

f3

f4

f5

f6

f7
福島屋は、東京郊外の羽村駅前で30余年前に創業したスーパーマーケット。消費者・生産者・小売り流通業者が三位一体となった共存共栄をコンセプトに独自の成長を遂げ、有機栽培・無農薬無肥料野菜など独自のセレクトにより、安全で優れた商品を扱う店として支持されてきた。かつて一般的なスーパーマーケットでは「品揃え、安価、効率」に重点をおいてきたが、近年、社会のニーズは急激に福島屋の方向性に同調するところとなり、六本木店に続き都心型店舗の第3号店が秋葉原に誕生した。スーパーマーケットは、季節や天候、時間帯によって商品やレイアウトをめまぐるしく変化させ、消費者を引きつける。そういった変化の魅力を引き出す店舗デザインを目指した。ビニールハウスのZAMパイプやレディーメイドのカゴ台車、ワイン箱などローコストな材料で商品を引き立てる構成とし、売り場を囲むように評判の高いお惣菜やお弁当などを作るオープンキッチンを設置、活気とにぎわいをもたらしている。(長坂 常/スキーマ建築計画

 

福島屋 秋葉原店
所在地:東京都千代田区外神田4-14-1
オープン:2016年12月20日
設計:長坂 常/スキーマ建築計画 長坂 常 會田倫久 西原 将
床面積:543.76㎡
Photo:長谷川健太

 

FUKUSHIMAYA is a supermarket that was established in front of Hamura station in the suburbs of Tokyo about 30 years ago. The store’s concepts are coexistence and co-prosperity of consumers, producers, and retail distributors. The brand has grown up and become popular with safe and superior goods by unique selection, such as organic, pesticide-free, and also fertilizer-free vegetables and so on. In the past days, supermarket focused on ” wide variety of goods, cheapness, efficiency”, but in recent years the needs of society have been rapidly synchronized with the direction of FUKUSHIMAYA, and following the Roppongi store, their third store was opened in Akihabara. Supermarkets attract consumers by changing commodities and layout swiftly according to season, weather, and time zone. We aimed for a store design that draws out the attraction of those changes. Low-cost materials such as ZAM pipe of plastic greenhouse, ready-made basket car, wine box, etc. were adopted to complement the products. By setting up an open kitchen where delicatessen food and lunch boxes with high reputation are made to surround the sales floor, we successfully bring lively and bustle atmosphere into the store. (Jo Nagasaka / Schemata Architects)

 

FUKUSHIMAYA Akihabara
Location: 1-14-1, Sotokanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Open:Dec. 20th, 2016
Designer:Schemata Architects  Jo Nagasaka  Toshihisa Aida  Sho Nishihara
Floor area:543.76㎡
Photo:Kenta Hasegawa

 

福岛屋是30多年前创立于东京郊外羽村车站前的一家超市。他们靠独特构想发展起来——-让消费者、生产者、零售商的三者团结一致,这就是所谓“共存共荣”的经营理念。由于他们特选有机栽培的、无农药的、无化肥的蔬菜,就被消费者认定在那里能买到安全且质量好的东西而大受欢迎。
过去大部分的超市往往重视备货品种、优惠的价格、效率的提高等,但近几年,社会需求发生了显著的变化,使得福岛屋的经营理念也得到了普及。于是他们经第二家“六本木店”又开设了第三家分店:市中心样式店——-秋叶原店。
本来超市的魅力在于根据消费者对季节、气候、时间的选择影响店内布置及备货,现在我们就要表现此魅力,所以在设计之际,我们选用塑料温室的钢管、筐台车、红酒箱等特色物件,以突出商品。为了让店内气氛显得热闹,我们将围绕开放式厨房做人气便当和家常菜。(长坂常 Schemata Architects

 

福岛屋 秋叶原店
地址:东京都千代田区外神田4-14-1
开业:2016年12月20日
室内设计:Schemata Architects 长坂常 、会田伦久、西原将
实用面积:543.6平米
摄影:长谷川健太

銀座 蔦屋書店

t2t3

t5_1

t5_2

t0

t9

t10

t6

t7
「日本文化とアートが交差する」「研ぎ澄まされた美意識や生きるエネルギーに満ちた文化、アートと共に暮らす生活を提案する」をコンセプトに、約6万冊の関連書籍が集積され、世界一のアート書店を目指している、銀座 蔦屋書店。店内は、銀座の街をそのまま縮小したような路地構成が全体計画の基盤となっている。櫓をモチーフにした、自然光が入る6mの吹き抜け空間では、展覧会やイベントが行われる他、ギャラリーや書棚の中にも作品展示がされ、カフェにおいてもアートを身近に感じることができる。様々な用途、機能が一体となった全体計画を、いわゆる「用の美=日本の美意識」と考え、様式や装飾を無くすことでアートの背景となる空間とした。動線は様々な空間的「内と外」の連鎖を生み、その中間的な場所を、それぞれ路地空間で繋いでいる。そして、用途や建築の骨格(構造)に沿った「大きな整理」として、秩序だった空間に対して「小さな外し」を与えることで、人の目線やカテゴリーに緩やかな変化を加えた。小さな外しとは、垂直水平に対する斜線であったり、合理的な全体像に対する、非合理的、感覚的な違和感を与えるような要素である。それらは日本的な考え方をもとに、伝統と現代を横断した、日本文化の再解釈の試みだ。そして、これはまさに「銀座 蔦屋書店」がこれからも変化しながら発信していくことを表現している。(米谷ひろし/TONERICO:INC.

 

銀座 蔦屋書店
所在地:東京都中央区銀座6-10-1 GINZA SIX 6階
オープン:2017年4月20日
設計:TONERICO:INC. 米谷ひろし 君塚 賢
床面積:1862.60㎡
Photo:ナカサアンドパートナーズ

 

GINZA TSUTAYA BOOKS aims to be the world’s number one art book store with about 60,000 art related books, based on the concept “the place where Japanese culture and art intersect” and “proposing life with culture and art filled with sharpened aesthetic sense and living energy”. The structure of alley like a scaled down Ginza city is the foundation of the overall plan. A design motif of the six meters high open ceiling space is a tower where natural light comes in and exhibitions and events are held. Various art works are exhibited also in galleries and book shelves. Even in the café, visitors can have a feeling of closeness to art. Considering the overall plan mixed with various functions as “the beauty of use = Japanese aesthetic sense”, we eliminated decorations as much as possible and created a space as the background of art. We connected various spaces and intermediate places with alley spaces. Besides, we gave “small miss” to well-organized space that has “large sorting” along the structure of use and architecture. Small miss is a diagonal line to the vertical or the horizontal or a factor that gives a sense of irrational and sensational discomfort to a rational overall image. This is an attempt to reinterpret the Japanese culture getting across the tradition and the present age. This challenge is also exactly expressing that “GINZA TSUTAYA BOOKS” will continue to change itself and transmit its idea. (Hiroki Mitsuya / TONERICO: INC.)

 

GINZA TSUTAYA BOOKS
Location:6-10-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 20th, 2017
Designer:TONERICO:INC. Hiroshi Yoneya Ken Kimizuka
Floor area:1862.60㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

银座茑屋书店拥有6万多册书籍,目标是世界上第一名的“艺术书店“。他们的概念是“要成为日本文化和艺术的交叉点”,“给大家建议带着敏锐审美观及精力充沛的文化;跟艺术在一起的生活。”整个设计策划是根据银座街道的,里面的通道好像都是缩小外面街道。有6米高的通顶空间的主题是“箭楼”,我们可享受透射的阳光,在那里他们会举办展览会或接触文化的活动。另外他们把艺术作品展出在展览室内、书架上,在书店里的咖啡厅我们也会感受艺术。像这样他们综合计划,我们认为他们要表示“用处之美”就是说“日本传统审美感“。为了把整个空间成为艺术的背景,尽量减少没用的装饰,使通道连接各个空间和此中间的地方。 此外我们按照各个空间的用途和结构来推行“大整理“,就给恰当的空间有些”小闲“,以免太井然。比如说垂直线和平行线当中的斜线,合理整体当中的不融洽的细节。这些表达方法是我们要跨越传统文化跟现代文化,再发现日本文化的挑战,意味着银座茑屋书店会继续改变,要不断地发新消息。(米谷ひろし/TONERICO:INC.

 

银座茑屋书店
地址:东京都中央区银座6-10-1 GINZA SIX 6F
开业:2017年4月20日
室内设计:TONERICO:INC. 米谷ひろし 君冢 贤
实用面积:1862.60平米
摄影:Nacasa & Partners

LIVNEX・NASTA 本社

a

b

c

3

4
生活提案カンパニー・NASTAを始め、住空間に関するさまざまな分野を統合するホールディングス・LIVNEX。そのCI計画と本社オフィスのインテリアデザインを担当しました。フロアを一つの敷地に見立て、広い緑の庭、同社のロゴと対比するアイコニックな赤い屋根を設けることで、オフィス全体がショールームとして機能するように計画しています。住宅を想起させる赤い屋根のエリアには、リビング・ダイニング・書斎をモチーフにしたスペースが用意され、ミーティングなどの業務に必要な機能を充足させています。グリーンのカーペットを敷いたワークスーペースには、木の塊のベンチ、物干し竿にヒントを得た照明器具、オリジナルデザインの柵を設置することで、より屋外らしさを感じられる設えとしています。(SAMURAI

 

LIVNEX・NASTA 本社
所在地:東京都港区新橋1-1-1 日比谷ビルディング2階
開設:2017年4月7日
ディレクション・デザイン:SAMURAI
インテリアデザイン:SAMURAI 佐藤可士和 齊藤良博 石渡菜央
床面積:675.8㎡
Photo:ナカサアンドパートナーズ

 

LIVNEX is a holding company that consolidates various fields related to living space including lifestyle proposition company, NASTA. We were in charge of their CI planning and the interior design of the head office. We created the entire office to function as a showroom by setting up a floor as one site with a large green garden and an iconic red roof that reminds visitors of the company’s logo. In the area of the red roof which evokes an image of house, a space in the motif of living, dining and study is provided, and it satisfies the function necessary for business such as meeting. The workspace with a green carpet creates more outdoor feeling by installing wooden benches, lighting equipment inspired by clotheslines, original fences. (SAMURAI)

 

LIVNEX・NASTA Head Office
Location:Hibiya Bld. 2F, 1-1-1, Shinbashi, Minato-ku, Tokyo Open:Apr. 7th, 2017
Direction & Design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito Nao Ishiwata
Floor area:675.8㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

LIVNEX公司是一家包括NASTA等涉及家居环境各个领域的控股公司。这次就由我们负责他们的企业形象策划及他们总公司办公室的装修设计。 为了使他们办公室起到展示室的作用,我们采用了绿地红顶的设计——-宽阔的绿色庭园和象征他们企业标志的红色屋顶。 红屋顶的建筑物就像家一样,起居、用餐、放松,都有各自的空间,也适合办公。为搭配铺设了绿地毯的地板,特别选用木质长椅,像晒衣架的照明器具,独特设计的栅栏,给人以仿佛在露天工作之感。(SAMURAI

 

LIVNEX・NASTA 总公司
地址:东京都港区新桥1-1-1 日比谷大厦2楼
开业于:2017年4月7日
创意总监/设计:SAMURAI
室内设计:SAMURAI 佐藤可士和、齐藤良博、石渡菜央
实用面积:675.8平米
摄影:Nacása & Partners

茶禅華

z2
z3
z4 z5 z6

z1広尾の閑静な住宅街に佇む中華レストラン「茶禅華」は、元大使館員の住まいであった民家を改装し、わずか12席と個室2部屋のみで構成された、ラグジュアリーかつ落ち着いたダイニングだ。コンセプトは「和魂漢才」。これは平安時代中期に生まれた日本の思想上の言葉である。中国料理と日本料理の第一線で研鑽を積んだ料理長が、中国料理の大胆な「旨さ」、そして日本料理の滋味深い「美味しさ」の双方を引き出せるような新しい中国料理を、日本の食材、風土嗜好に合わせて提供する。
空間デザインを手掛ける立場として、この「和魂漢才」をどう表現すべきかというのが当初の課題であった。竹林に囲まれた外観を抜け、エントランスまで進むと、店名の由来でもある中国茶器のディスプレイと柔らかい光がゲストを出迎え、ダイニングエリアへと続く。店内は風合いのある漆喰、温かみのあるウォールナットの木、モルタルの壁など、極めてミニマムで質の高い素材を選定した。そこに照明計画による光と影、また、さり気ないディテールが加わることで、それらがより洗練された空間が生まれる。ティーカウンターとディスプレイの壁面には、この店を表現する風景となるように、中国の思想に基づいたフォルムを用いた。
我々が出した結論は、思想は空間だけで完結するのではなく、明確に形にすべきものでもないということ。空間がつくられた段階では未完成であり、そこに洗練された料理が並び、ハイエンドなおもてなしが一体となることで、ようやく見えてくるものなのかもしれないということだ。是非この店で「和魂漢才」の素晴らしさに魅了されてほしい。
(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW

 

茶禅華(さぜんか)
所在地:東京都港区南麻布4-7-5
オープン:2017年2月10日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士 末木なな子
床面積:180㎡
客席数:24席
Photo:長谷川健太

 

Chinese restaurant “sazenka” is a renovated fine dining restaurant which used to be an attache’s house. The concept is “mixture of Japanese spirit and Chinese talent”. The executive chef who studied at the forefront of Chinese and Japanese culinary fields provides a new Chinese cuisine that brings out both the flamboyant “taste” of Chinese cuisine and the deep “daintiness” of Japanese cuisine customized for Japanese climate, using Japanese food.
Our first challenge was how to express the concept “mixture of Japanese spirit and Chinese talent” as a spatial designer. The conclusion we reached is that the store’s philosophy is not complete in space only and should not be clearly formed. It is finally realized and becomes visible after sophisticated cuisine is set in space and high-end hospitality are integrated.
When guests pass through bamboo groves of the exterior, they are welcomed by the display of Chinese teaware which is also the origin of the store name and subdued light. We chose high quality and minimum materials such as plaster, walnut trees and mortar walls for the interior. By adding light & shadow based on the lighting plan and restrained details, more sophisticated space is produced. We also applied specila forms based on Chinese philosophy to the walls of tea counter and display. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

 

sazenka
Location:4-7-5, Minamiazabu, Minato-ku, Tokyo
Open:Feb. 10th, 2017
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto Nanako Sueki
Floor area:180㎡
Capacity:24 seats
Photo:Kenta Hasegawa

1 / 1412345...最後 »