FEATURE

MALEBRANCHE 加加阿365 祇園店

Share on Facebook

cacao_1

cacao_2

cacao_3

cacao_4

cacao_5

「加加阿(カカオ)のある暮らし」。それは、Every day is a good day.
京都の毎日を大切にする生き方にカカオがそっと寄り添う暮らし方。
「あなたの毎日がちょっと素敵になりますように…」と思いを込めて。

加加阿365=京都クオリティを遊ぶ。
京都の花街、伝統的な茶屋建築はコンサバティブな秘密の色気を漂わせている。
チョコレートの持つ「可愛らしさ・愛情・エロティックな物語」を日本の伝統的な素材と技法をもって表現し、店売りの原点である「座売り」のスタイルで、お客様とのコミニュケーションを誘発する。
「日々是好日」を表現する365の紋が施された金蒔絵の天井は、艶やかな漆をチョコレートと見立て、とろーりと祇園の茶屋建築をコーティングする。
誰にも教えたくない媚薬の世界、「加加阿365」はチョコレートワンダーランド。
(辻村久信)

 

「MALEBRANCHE 加加阿365 祇園店」
所在地:京都市東山区祇園町570-150
オープン:2014年4月26日
設計:辻村久信デザイン事務所+株式会社ムーンバランス
床面積:1F85.8㎡ 2F80.39㎡ 3F17.85㎡
Photo:繁田諭写真事務所

 

 

“The life with cacao”. It tells you “Every day is a good day”.
Cacao cuddles up to your precious daily life in Kyoto, wishing you better days.

Cacao 365 = to play Kyoto quality.
In an entertainment quarter of Kyoto, the traditional teahouse building gives off an aura of conservative charms.
We expressed “cuteness, love, and erotic story” of chocolate by Japanese traditional materials and techniques, and triggered communication between the shop and customers by an original retail style in Japan “Zauri” (staff offers services, remaining seated).
The gold-lacquered ceiling where 365 armorial bearings are placed expresses “Every day is a good day”. The lacquer softly coats the teahouse building in Gion area just like a chocolate. “cacao 365″ is a secret chocolate wonderland of aphrodisiacs.
(Hisanobu Tsujimura)

 

【MALEBRANCHE cacao 365 Gion】
Location:570-150, Gion-cho, Higashiyama-ku, Kyoto
Open:Apr. 26th, 2014
Design:TDO + moonbalance
Floor area:1F 85.8㎡ / 2F 80.39㎡ / 3F 17.85㎡
Photo:Satoshi Shigeta

 

MALEBRANCHE 加加阿365
http://www.malebranche.co.jp/cacao365.php

 

辻村久信デザイン事務所+株式会社ムーンバランス
http://www.tsujimura-hisanobu.com/