FEATURE

ASOKO

a1

a2

a3

a4

オーナーから「ASOKO」という店名を聞いてすぐひらめいたコンセプト、それは一度来店したら人に教えたくなるお店。ちょっと分かりづらくて入りづらいけど、中に入ればワクワクしたり落ち着いて飲めるそんなお店をつくりたいと考えました。ASOKOの周辺は、昼営業の店が多く夜は少々暗い雰囲気ですが、壁面の間接照明で明かりの溜まりを前面道路につくり、お客様の目に止まる工夫をしています。あえて大きな窓をつくらず細い窓と透過性の低いガラスドアにすることで、店内を思わず覗きたくなるファサード計画としました。店内に入れば円柱形のワインサーバーが空間の中心にあり、お客様自らワインを選びサーブして飲むことが出来ます。自由に選べる楽しさ、新しいワインを発掘など、ワインを中心とした体験の場となるようにと考えました。また、店の奥にはソファ席とテーブル席を配置。プリーツ加工した照明シェードと連動するように、壁面にプリーツを拡大したイメージの斜めルーバーを組み込み、柔らかな光と共に落ち着きのある空間を目指してデザインしました。ASOKOが、人が噂をし、噂が人を呼ぶ空間になることを願っています。(山本 敦/ロジャック)

 

「ASOKO」
所在地:埼玉県さいたま市大宮区仲町1-125-11 1階
オープン:2015年8月13日
設計者:ロジャック 山本 敦
床面積:60.4㎡
客席数:18席
Photo:石橋マサヒロ

 

Customers feel like telling about it to someone after they visit this store. When I heard the store’s name “ASOKO” (“there” in Japanese) from the owner, I came up with this concept at once. I wanted to create a store which is a bit hard to find and enter but exciting and relaxing once you are inside. Because many of the stores around ASOKO open only in the daytime, the street becomes a bit dark in the night time. I drew the light of the indirect-lighting of the wall to the shop front and made it outstanding. For the shop façade, I made a narrow window not a big window and used a glass door with a low transparency on purpose so that people get the unconscious impulse to watch the inside. There is a pillar-shape wine server in the center of the store and customers can choose and serve wine by themselves. This is the place for the wine experience such as a fun to find something new or choose freely. I placed sofa and table seats at the back of the store. I coordinated pleated lampshades and louvers on the wall which has an enlarged pleats image. With the soft light, they give a calm and comfortable atmosphere to the space. I hope people to rumor about ASOKO and the rumor brings more people to here. (Atsushi Yamamoto / ROJAK)

 

【ASOKO】
Location:1-125-11-1F, Nakamachi, Omiya-ku, Saitama-shi, Saitama
Open:Aug. 13th, 2015
Design:ROJAK Atsushi Yamamoto
Floor area:60.4㎡
Capacity:18 seats
Photo:Masahiro Ishibashi