タグ別アーカイブ: bar

opposite cellar

o6o1o3o4o5 北京市三里屯地区に建つインターコンチネンタルホテル内のバー。クライアントの要求は「昼間はワインを販売、夜はバーとして運営する場所」であり、高級品から安価な品まで豊富にそろえる店舗。また、外国人も集まる立地のため、その富裕層をもてなす高級感を持った空間にしてほしいということであった。区画は、90㎡の面積で上階スラブまでの高さが4.8mある空間だが、鉄骨の大梁や、梁下の消防設備や排水設備の配管などが本来の空間のポテンシャルを下げてしまっている印象を受けた。また、簡単に解決しようと天井板を貼ってしまうと、せっかくの高さと開放感が損なわれてしまう。この問題点とオーナーから要求を昇華させた空間が実現できないものかと塾考した。
その矛盾を解消し空間を美しく解くためのキーワードは「空中に浮かぶワインセラー」。まず、存在感の強い鉄骨梁を覆うようにスティール角パイプで組んだスペースフレームのワインラックを吊るし、2.4mより上部の吹き抜け空間をワインラックで満たすことで梁の存在を弱めている。ラックと木パネルの連続で作られた全体立面は美しいプロポーションを形成すると同時に、吊り式を採用したことでバーとしての十分な客席面積を実現している。壁面の仕上げは赤レンガタイル、樽を連想させる古材と黒鉄板、焼印が押された木箱木材の再利用など、よく連想されがちな「小洒落たワインセラー的情景」を意図的に再現した。
従来は床に置かれて整然と並ぶワインラックとボトルによる情景が、重厚感のある落ち着いた印象を与えるのに対し、それを反転させて上部から吊り上げ、更にワインセラー的世界から取り出すことで、別世界をつくり出し、訪れた人々にこれまでにない不思議な感覚と感動を与えている。(勝田規央/STUDIO+0601

 

「opposite cellar」
所在地:中国北京市朝陽区三里屯南路1号 インターコンチネンタルホテル3階
オープン:2016年7月16日
設計:STUDIO+0601 勝田規央 江藤 廉
床面積:86㎡
Photo:広松美佐江(北京鋭景撮影)

 

This is a bar in InterContinental Beijing Sanlitun in China. In the day time the store sells wine and in the night time serves various drinks from casual to premium. As for the interior design, creating a luxuriousness was requested by the owner to welcome rich international guests. The site had 90㎡ floor area and 4.8 meter ceiling height. We found that huge iron beams, firefighting equipment, and drain facilities are too much outstanding and decreasing the potential value of the space. It was easy to hide them with ceiling boards but that could eliminate openness. We sought the way to solve this problem and satisfy owner’s request.
The keyword for the solution is “Wine cellar in the air”. Wine racks made of steel pipes were hung from the ceiling surrounding the beams. The open ceiling space above 2.4 meters are filled with the wine racks, keeping enough space for guest seat areas. Reclaimed wood, black iron boards, and branded wooden boxes create an aura of “fancy wine cellar”. By placing wine racks and bottles in the air, that are usually on the floor, we successfully created the store that gives wonderful impressions to the guests. (Norio Katsuta / STUDIO+0601)

 

【opposite cellar】
Location:InterContinental hotel 3F, No. 1 South Sanlitun Road, Chaoyang District, Beijing, China
Open:Jul. 16th, 2016
Designer:STUDIO+0601  Norio Katsuta  Ren Eto
Floor area:86㎡
Photo:Misae Hiromatsu

MOMENT KANDA 西口店

m1

m2

m3

m4

都心にある雑居ビル内の空中店舗に存在する、ウイスキー「白州」をメインに取り扱うバー。「白州」のブランドイメージである森をコンクリートジャングルの中に挿入することで、都市の時間の流れを忘れさせ、本当の癒しを得られるバーを目指した。ルーフバルコニーにつくられた生きた森は、白州蒸留所のある山梨の生息樹と富士砂で構成されており、12種もある美しくも珍しい枝振りのモミジたちがメインだ。室内も森をデフォルメしたデザインで、経年変化する素材が姿を変え続ける生きた森に呼応するもの。床には黒皮鉄を敷き、壁はこれまでの時を刻んだRCをスケルトンにし、天井のワイヤーメッシュにはエアプランツやツタを這わせることで、時間を意識させる仕上げとなっている。また、乱立させた黒皮鉄の丸棒には鉄の枝を生やし、緑色の白州のボトルをセットすることで木と葉の緑をイメージしている。存在感のある木の塊のようなカウンターは、米松材を集積させ、チェーンソーで大まかにシェーピング。最後は手で削り微調整をしながら丁寧に磨き、生命力を吹き込むように仕上げていった。その他、ヌメ革のチェアや黒皮鉄の棚など、存在するすべてがそれぞれの時間の流れを生む。訪れる方が、何かしらの「時間」を意識し、心の豊かさや癒しにつながればと期待している。(家所亮二)

 

MOMENT KANDA 西口店
所在地:東京都千代田区内神田3-13-3 タチバナビル7階
オープン:2014年6月6日
設計:家所亮二建築設計事務所 家所亮二
床面積:40㎡
客席数:9席
Photo:TSuKaMoTo

 

This is a bar where Japanese whisky “HAKUSHU” is featured. I planned to create a space that puts out the flow of urban time from customers and give them comfort by inserting “forests”, which is the “HAKUSHU” brand image, in a concrete building. The forests in a balcony consist of trees and sand from Yamanashi prefecture where HAKUSHU whisky distillery is located. 12 kinds of beautiful and rare maple trees are chosen. The interior design concept is deformed forests. The materials also being changed across the ages act in concert with the real forests. We put bare black steel on the floor, took off coverings from the concrete walls, and placed air plants and ivy vines on the wire mesh ceiling. We added steel branches to bare black steel poles to put HAKUSHU bottles on them, imagining green of trees and leaves. A chunky wooden counter is made of accumulated spruce, roughly shaped by a chainsaw and finished by the hand in the final process. Other materials such as leather chairs or bare black steel shelves also create the unique flow of time. I hope customers to be aware of “time” and it brings them comfortableness. (Ryoji Iedokoro)

 

MOMENT KANDA Nishiguchi
Location:Tachibana bld. 7F, 3-13-3, Uchikanda, Chiyoda-ku, Tokyo
Open:Jun. 6th, 2014
Design:Ryoji IEDOKORO ARCHITECTURE OFFICE  Ryoji Iedokoro
Floor area:40 ㎡
Capacity:9 seats
Photo:TSuKaMoTo

RICCA

r1

r2

r3

r4

r5

花の持つ美しさや艶やかさ、あるいは散り舞う瞬間の強さと儚さにインスピレーションを得て、このバーをデザインした。店内はラウンジエリアと個室で構成。それぞれの空間の天井を覆っているのは、花をデフォルメしたオブジェだ。このオブジェは、ホログラムシートを貼った樹脂板をレーザーカットしたもので、ライティングによって反射した光がさまざまな色を放っている。ホログラムは視線の角度によって色が違って見えるため、さまざまな色の花が舞っているかのように空間へリフレクションする。ラウンジエリアはより魅惑的な雰囲気をつくるため、ホログラムシートの上にさらに赤い半透明のカラーフィルムを施した。一方、個室のカラオケルームはホログラムの色をそのまま空間にリフレクションさせ、よりアクティビティーを感じる空間とした。部屋の中央にシャンデリアのようにオブジェを吊り、外側と内側からライティングしている。外からの光はオブジェに乱反射し、また内からの光は壁面や天井に花を投影したような表情を映し出す。“花”に対して抱くさまざまな美意識を再解釈したバー空間となった。(神田亮平/Roito)

 

「RICCA」
所在地:東京都新宿区神楽坂5-1 神楽坂テラスB1F
オープン:2016年4月27日
設計:Roito 神田亮平
床面積:75.9㎡
客席数:19席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Getting inspired by flowers, I designed this bar. Beauty and coquetry or strength and evanescence of Flowers. The store consists of lounge area and private room. The ceilings of both spaces are covered with deformed flower objects. The objects are made of resin with hologram sheets and cut with a laser. Guests can see various colors and reflected lights because of the feature of the hologram sheets and they appear to be fluttering flowers. I added half-transparent red color film on the resin objects to create a more bewitching atmosphere in the lounge area. Meanwhile, in the private karaoke room I had the hologram to reflect the lights naturally in order to produce more active feelings. In the center of the room I hung the hologram objects from the ceiling and put the light from both inside and outside. The light from the outside gets reflected randomly in the room and from inside projects flower-like expression onto the ceiling and the wall. Esthetics for flowers is reinterpreted in various ways in the bar. (Ryohei Kanda / Roito)

 

【RICCA】
Location:Kagurazaka terrace B1F, Kagurazaka, Shinjuku-ku, Tokyo
Open:Apr. 27th, 2016
Designer:Roito Ryohei Kanda
Floor area:75.9㎡
Capacity:19seats
Photo:Nacasa & Partners

WOLF MARKET

wm1

wm2

wm3

wm4

アジアの株式市場がコンセプトのバー「ウルフマーケット」。香港でも多くの金融系企業がオフィスを構える中環(セントラル)エリア、蘭桂坊(ランカイフォン)の中心に位置するこのバーは、ドリンクの値段が各ドリンクの需要によってリアルタイムに変動する独自のアルゴリズムを採用している。
壁面のディスプレイには、店内でオーダー可能な全てのドリンクの種類と価格を表示。ドリンクの価格がその日の最高値を超えると、マーケットが「崩壊」し、瞬間的に全てのドリンク価格が最安値となる。情報通の顧客はこのタイミングを見計らって買い注文を入れる。
店内は2層に分かれており、下階が取引所、上階が投資家の部屋をイメージしたデザインとなっている。上階では、ヘッドバーテンダーのLuis Leeによる、最高クラスのウイスキーやオリジナルのカクテルを楽しむことができる。(DEFT)

 

WOLF MARKET
所在地:UG/F – 1/F, The Plaza, 21 D’Aguilar St, Central, HK
オープン:2016年3月
設計:DEFT (Design Eight Five Two)
床面積:232㎡
客席数:44席
Photo:Fred Cheung

 

Wolf Market – Asia’s Stock Market Bar
Located in the heart of Lan Kwai Fong in Central, Wolf Market uses a custom pricing algorithm to adjust drink prices in real-time depending on the demand of drinks at that moment.
Wolf Market features a video wall which displays the real-time prices of all available drinks. If drink prices rise to a trading-day high, the market will “crash” causing all prices to momentarily fall to extreme lows, where the savvy customers will place their orders.
Wolf Market is divided into a lower level (The Trading Floor) and an upper level (The Trader’s Room), where Head Bartender Luis Lee serves a wide variety of top-shelf whiskies and signature cocktails.(DEFT)

 

WOLF MARKET
Location:UG/F – 1/F, The Plaza, 21 D’Aguilar St, Central, HK
Open:Mar. 2016
Designer:DEFT (Design Eight Five Two)
Floor area:232㎡
Capacity:44 seats
Photo:Fred Cheung

 

日本號

n01

n02

n03

n04

雑居ビルのワンフロアにある、小さなスナックの計画。先代がスナックを営んでいたというオーナーが、その店名を引き継ぎ、新たに構えた店舗である。1960年代に始まり、昭和そしてバブル期を背景に発展してきたスナック。その特徴の一つは、ゲストが「ママ」というホストとのコミュニケーションを求めて来ることにある。そこでスナックの象徴とも言える「ママ」の存在を中心に据え、U字形のカウンターで囲んだ。マテリアルには落ち着いたチークを、その背景には一枚板から切り出したコントラストの強い大理石を用い、空間構成はシンプルながらも過去のスナック文化をデフォルメした。カウンターに並ぶ9席のチェアは、片アームと円形のベロア座面で構成。スナックに見るボリュームあるソファを再解釈し、新たなチェアとしてデザインした。過去の「スナックらしさ」を探求しつつも、現代の新しい在り方を模索した。(二俣公一/ケース・リアル)

 

「日本號」
所在地:福岡市中央区大名2-1-50 第一公健ビル3階
オープン:2015年10月10日
設計者名:ケース・リアル 二俣公一 下平康一
照明計画:BRANCH lighting design 中村達基
家具製作:Acht
サイン計画:village® 長嶋りかこ
床面積:20.0㎡
客席数:9席
Photo:水崎浩志

 

“Nihongo” is the new snack bar project in a multi-tenant building. The owner’s father also ran a snack bar with the same name in the past. The owner took over the bar name and opened his own one. The beginning of a Japanese snack bar history dates back to 1960s. This specific bar style has been developed through Showa and bubble periods. The biggest feature is that guests come to see “Mama”, a popular name for an experienced bar proprietress, and enjoy having communication with her. Because “Mama” is a symbol of a snack bar, we placed her in the center of the store and surrounded with U-shape counter table. We deformed a snack bar culture with a simple structure by using teakwood for main material and marble with strong contrast, which was hewed out from a monolith, for the liquor shelf background. 9 counter seats consist of one-arm and round shape velour seating face. We reinterpreted a voluminous sofa, frequently seen in snack bars, and designed a new chair. The new way of snack bar had been sought out yet the old snack style was investigated. (Koichi Futatsumata / CASE-REAL)

 

【Nihongo】
Location:Daiichikouken building 3F, 2-1-50, Daimyo, Chuo-ku, Fukuoka-shi, Fukuoka
Open:Oct. 10th, 2015
Designer:CASE-REAL Co.,Ltd. Koichi Futatsumata  Koichi Shimohira
Lighting plan:BRANCH lighting design Tatsuki Nakamura
Furniture production:Acht
Sign design:village Rikako Nagashima
Floor area:20.0㎡
Capacity:9 seats
Photo:Hiroshi Mizusaki

 

ASOKO

a1

a2

a3

a4

オーナーから「ASOKO」という店名を聞いてすぐひらめいたコンセプト、それは一度来店したら人に教えたくなるお店。ちょっと分かりづらくて入りづらいけど、中に入ればワクワクしたり落ち着いて飲めるそんなお店をつくりたいと考えました。ASOKOの周辺は、昼営業の店が多く夜は少々暗い雰囲気ですが、壁面の間接照明で明かりの溜まりを前面道路につくり、お客様の目に止まる工夫をしています。あえて大きな窓をつくらず細い窓と透過性の低いガラスドアにすることで、店内を思わず覗きたくなるファサード計画としました。店内に入れば円柱形のワインサーバーが空間の中心にあり、お客様自らワインを選びサーブして飲むことが出来ます。自由に選べる楽しさ、新しいワインを発掘など、ワインを中心とした体験の場となるようにと考えました。また、店の奥にはソファ席とテーブル席を配置。プリーツ加工した照明シェードと連動するように、壁面にプリーツを拡大したイメージの斜めルーバーを組み込み、柔らかな光と共に落ち着きのある空間を目指してデザインしました。ASOKOが、人が噂をし、噂が人を呼ぶ空間になることを願っています。(山本 敦/ロジャック)

 

「ASOKO」
所在地:埼玉県さいたま市大宮区仲町1-125-11 1階
オープン:2015年8月13日
設計者:ロジャック 山本 敦
床面積:60.4㎡
客席数:18席
Photo:石橋マサヒロ

 

Customers feel like telling about it to someone after they visit this store. When I heard the store’s name “ASOKO” (“there” in Japanese) from the owner, I came up with this concept at once. I wanted to create a store which is a bit hard to find and enter but exciting and relaxing once you are inside. Because many of the stores around ASOKO open only in the daytime, the street becomes a bit dark in the night time. I drew the light of the indirect-lighting of the wall to the shop front and made it outstanding. For the shop façade, I made a narrow window not a big window and used a glass door with a low transparency on purpose so that people get the unconscious impulse to watch the inside. There is a pillar-shape wine server in the center of the store and customers can choose and serve wine by themselves. This is the place for the wine experience such as a fun to find something new or choose freely. I placed sofa and table seats at the back of the store. I coordinated pleated lampshades and louvers on the wall which has an enlarged pleats image. With the soft light, they give a calm and comfortable atmosphere to the space. I hope people to rumor about ASOKO and the rumor brings more people to here. (Atsushi Yamamoto / ROJAK)

 

【ASOKO】
Location:1-125-11-1F, Nakamachi, Omiya-ku, Saitama-shi, Saitama
Open:Aug. 13th, 2015
Design:ROJAK Atsushi Yamamoto
Floor area:60.4㎡
Capacity:18 seats
Photo:Masahiro Ishibashi

 

Mongolian DRUNK ARAKI-CHO

モンゴリアン01モンゴリアン02モンゴリアン03モンゴリアン04


新宿ゴールデン街に店を構える「Mongolian DRUNK」。その2号店となる場所は四谷荒木町。「Biker’s Nest(バイク乗りの隠れ家)」をコンセプトに、歴史的な文脈の中にストイックに佇むゴールデン街の店に対し、荒木町ではミニマムな中に知的な存在感を示す場を「レストア」というキーワードを軸に構成。バイクビルダーが用いる手法を空間に落とし込み、仕上げていくアプローチを試みた。 ファサードは、木材とステンレスというシンプルかつミニマムな構成としつつ、扉にはツイスト加工したハンドルグリップを用いることで、人が触れるものに象徴性と特別感を与えた。店内に入るとアンティークレースとレースストライプの柄が浮かび上がり、店内を映し出す鏡のようなカウンターテーブルとライトボックスが人々を迎え入れる。ハンドメイドペイントと幾重にも塗り重ね磨きあげた高硬度な鏡面塗装により、重厚感と浮遊感が共存する空間が生まれた。 空間レイアウトや素材はシンプルに、ディテールを象徴的にカスタムすることで、インパクトを生むシーンをデザインした。バイクの車体を組み上げていくイメージと空間のそれをリンクさせ、オーナー、職人、デザイナーがイメージを共有することで、バイクの存在を想起させ、語り合えるバーに仕上がった。 (田中健太郎/shirotokuro)
「Mongolian DRUNK」
所在地:東京都新宿区荒木町8番地 IAビル1F
オープン:2014年8月8日
設計:shirotokuro 田中健太郎
特殊ペイント:Lasers Paint
床面積:21.67㎡
客席数:13席

 

 

“Mongolian DRUNK” is located in Shinjuku-Golden-Gai (a famous drinking district in Shinjuku). This store is their 2nd branch store in Yotsuya-Arakicho. In Arakicho, we created the place which shows an intelligential existence in minimum space based on the keyword “Restore”. Meanwhile, the main store in Shinjuku stoically stands in a historical context with the concept “Biker’s Nest”. We tried to take the approach which bike-builders use and then interpret that and finish the space. For the façade, we adopted wood and stainless steel that are simple and minimum but the twisted handle for the door to give a symbolic and special character to the part people touch. When guests enter the store, the antique lace and striped lace patterns rise, and the counter table which reflects the interior like a mirror and righting boxes welcome them. Hand-painted patterns and polished multi-layers hard mirror finishing result in creating the space where dignity and floating feeling coexist. We designed the scene which create an impact by keeping the layout and material simple and customizing details symbolically. We linked the image of building a bike and a space. Therefore, the honor, craftsman, and designer could share the image. The bar, which is reminding the existence of a bike and talkative, is born.(Kentaro Tanaka / shirotokuro)
【Mongolian DRUNK ARAKI-CHO】
Location:IA building 1F, 8 Arakicho, Shinjuku-ku, Tokyo
Open:Aug. 8th, 2014
Designer:shirotokuro Kentaro Tanaka
Special Paint:Lasers Paint
Floor area:21.67㎡
Capacity:13 seats
shirotokuro
http://shirotokuro46.tumblr.com/

 

LB6

lb6_001

lb6_004

lb6_007-2

lb6_008

lb6_010

「LB6」は、欧米、特にアメリカ西海岸の先進的料理を取り入れたカジュアルなグリルワインバーである。東京・六本木のメーン通りより一本入った場所に位置し、「Cafe La Boheme」(カフェ ラ・ボエム)のイノベーションという位置付けで、テストショップとしての一面を持つ。実験的思考を実践に移せるスタジオとしての機能を持ち、メニュー開発や講習なども行われる。空間計画は、店舗全体をキッチンとして捉え、厨房機能を中央にレイアウト。収納などの機能を持つエレメントを全体的に散りばめることにより、アクティビティーやオペレーションが交差し、全体にもれなくにぎわいを生むことを意図している。中心部に大きく配されたアルミ無垢の一枚板は、客席とオープンキッチンの明確な境界を消し、全体を緩やかにつなぐ。また、目線の高さを統一し、空間全体をつなぎ、キッチンの中にいるようなライブ感をつくり出している。装飾を極力排除してシンプルな空間構成にすることで、スタッフの動きや料理工程など行為そのものが演出となる舞台空間を目指した。天井にはエジソン球を反復させ、建具に銅板やアルミ板を用いるなど、レトロフューチャーな雰囲気をつくり出し、無機質な空間の中に相反する温かみを表現した。道路前面を大きく開口することにより、内部を露出。スチールサッシでフレーミングされたスクリーンは、ファサードに演出された風景を映し出す。(樋口琢匠/グローバルダイニング)

 

「LB6」
所在地:東京都港区六本木4-11-13 ランディック六本木ビル1階
オープン:2012年6月11日
設計:グローバルダイニング 樋口琢匠
床面積:69.6㎡(うち厨房23.0㎡)
客席数:55席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

“LB6” is a casual wine bar also serving grills, adopted Eastern, especially the west coast, advanced cuisine. The shop is located besides a main street of Roppongi, Tokyo and a trial innovative model of existing brand “Cafe La Bohéme”. It also has a function of a studio where you can put experimental ideas in practice, develop new recipes, and train staff. We considered a whole shop as a big kitchen and placed a real kitchen function in the center. Our idea is to create bustle on every single seat by sprinkling several functional elements such as storage so that activities and operations are crossed in the space. The solid aluminum table in the center eliminates an obvious borderline between the dining hall and the open kitchen and connects them softly. We also unified the eye level so that the whole space get integrated and created a vigorous atmosphere just like guests are in the kitchen. Our aim is to make a shop like a theater stage where hall and kitchen staffs’ actions are seen as performances. In order to realize it, we cut off decorations and obtained a simple structure. On the ceiling, we placed several Edison lamp lightings and for the fitting copper and aluminum boards and then created the retro-future atmosphere. The contradicting warmness is expressed in the inorganic space. By making a big opening toward the street, the shop shows its interior and a huge screen framed with a steel sash stages a scene.

 

【LB6】
Location:Landic Roppongi Building 1F, 4-11-13, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Jun. 11th, 2012
Design:GLOBAL-DINING INC. Takuomi Higuchi
Floor area:69.6㎡ (including kitchen area 23.0㎡)
Photo:Nacasa & Partners

 

LB6
http://www.lb6.jp/roppongi/

 

GLOBAL-DINING,INC.
http://www.global-dining.com/

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp/

BURLESQUE TOKYO

burlesque_1

burlesque_5

burlesque_3

burlesque_4

六本木という立地ではあるが、どこかの国や場所を連想させないことを念頭に置き、かつ国内外で観てきたショービジネスの店のイメージをちりばめて考えてみた。 ステージを大きく取ることでダンサーの表現が自由になることを主体に、客はあまり歩くことがないことからほとんど通路を取らず、長い花道を設けた。地型により、ステージから遠い席はひな壇に、観ることが難しいゾーンにはジャクジーバスカウンターを設け、多様で充実した店づくりとした。 過剰とも取れる表層の装飾が、本物のダンサーの素晴らしさの前では遥かにかすんでしまう事実に感動した。(鈴木克典/Fantastic Design Works)

 

「BURLESQUE TOKYO」
所在地:東京都港区六本木7-13-2 アーバンビル7F
オープン:2013年12月
設計:Fantastic Design Works 鈴木克典 丸山英一
床面積:244.1㎡
客席数:110席
Photo:ナカサ&パートナーズ 山本慶太

 

“BURLESQUE TOKYO” is located in Roppongi area but we kept in mind that the store does not let visitors reminding of any country or place and tried to spread the image of show business that we had seen in and out of Japan. By creating a wide stage, dancers can perform more freely. Because guests do not necessarily to walk around, we could set a long runway. According to the store form, the seats that are a bit away from the stage are set in tiers and the corner where guests can hardly watch the show has a jacuzzi bath with a drink counter. The store is filled with various facilities. We were touched by the fact that even too much superficial decorations get less represented in front of amazing dances.
(Katsunori Suzuki / Fantastic Design Works)

 

【BURLESQUE TOKYO】
Location:Urban Building 7F, 7-13-2 Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:December, 2013
Design:Fantastic Design Works  Katsunori Suzuki  Eiichi Maruyama
Floor area:244.1㎡
Capacity:110 seats
Photo:Nacasa & Partners Keita Yamamoto

 

BURLESQUE TOKYO
http://burlesque-roppongi.com/

 

Fantastic Design Works
http://f-fantastic.com/

 

 

1 / 512345