タグ別アーカイブ: boutique

ISSEY MIYAKE – MILANO STORE

m10 のコピー

m0 のコピー

m1 のコピー

m3 のコピー

m4 のコピー

m5 のコピー「歴史と未来 ー浮遊する円盤ー」。歴史的な街並と建造物の外観、そして未来を象徴するアルミニウムを対比させることで生み出された空間。相反する時間を表現することで、その場所にしかない美しさがつくり出される。人は二つの時間に憧れを抱くのではないか。それは、まだ見ぬ未来と、長く培われた古い歴史である。
イタリア建築が建ち並び、ミラノの洗練された街並が続くモンテ・ナポレオーネ通り。その通りに隣接する19世紀の建築の中にこの空間はある。時を経てつくり出されたテクスチャーと、未来的な素材を対比させることで、異なる時間のコントラストを表現した。空中に浮遊する円盤状のアルミニウム彫刻は、透明感と特殊な色合いを持つ色彩を纏い、自然のエネルギーを象徴するグリーン、オレンジ、ブルーによって、まるで布のように染められている。そこには「ISSEY MIYAKE」のものづくりのように、テクノロジーと手仕事を融合させる考え方と調和したデザインが映し出されている。(吉岡徳仁、文責BAMBOO)

 

ISSEY MIYAKE – MILANO STORE
所在地:Via Bagutta 12, 20121, Milano
オープン:2017年3月14日
設計:吉岡徳仁
床面積:500㎡
Photo:Olivier Baco

 

“History and Future -a floating saucer-”. The store space is produced by contrast between historical city views & architectures and futuristic aluminum. A unique beauty is born from conflicting times. People admire two different times, namely, unseen future and old history.
There are many Italian style old buildings on the street, Via Monte Napoleone in Milan, Italy. The store is located in the 19th-century building near the street. I created contrast between two different times by comparing antique texture with futuristic material. The floating aluminum saucer in the air has transparency and special colors, being dyed in green, orange, and blue as if it were a textile. The space reflects the idea of ISSEY MIYAKE’s creation that is to fuse technology with handiwork. (Tokujin Yoshioka)

 

ISSEY MIYAKE – MILANO STORE
Location:Via Bagutta 12, 20121, Milano
Open:Mar. 14th, 2017
Design:Tokujin Yoshioka
Floor area:500㎡
Photo:Olivier Baco

THE PARK・ING GINZA

a1

a2

a3

a4

a5

a6

a7 のコピー

「THE PARK・ING GINZA」は、藤原ヒロシ氏のディレクションによるショップ「the POOL aoyama」に続くプロジェクトとして進められてきたコンセプトストア。藤原氏は、the POOL aoyamaの時期から3つの“プール構想”があった。青山でのプール、新宿伊勢丹でのプールバー、そして、駐車場を使ったモータープールだ。
ロケーションは、銀座・数寄屋橋の交差点に面する銀座ソニービルの地下3〜4階。今回のスペースの特筆すべきポイントは、地下3階部分が「西銀座駐車場」に隣接しており、利用者が(車でさえも)直接アプローチすることができること。この特殊なロケーションが、今回のプロジェクトの中心となっている。
この駐車場は、数寄屋橋交差点から新橋駅まで長く続く外堀通りの地下にあり、800台の車を収容しながら、レンタカー受付、休憩スペース、飲食店などのテナントが同居している。我々は、この駐車場の都市の中での独特の存在感、テナントとの共存の仕方に着目し、それらといかに共存しながらストアとして成立していけるかに注力した。ストアの構成は、カフェや物販、展示のスペースをあえて混在させている。それぞれのスペースは、不定期に用途が変わったり、さまざまなイベントが展開できるようになっている。東京の魅力の一つである刹那的な感じを空間化することで、利用者を刺激し、魅力と感じてもらえる存在(空間)とした。また、その刹那的なフレキシビリティに追従するために、建設現場で使われている仮設材を用いて空間を構成。それらは、西銀座駐車場でもともと多く使われている材料から着想したものであった。
「THE PARK・ING GINZA」は、都市の状況に共存し、“違和感なく違和感をつくりだしている”、まさに東京そのものを表現したストアである。(荒木信雄/アーキタイプ、文責BAMBOO MEDIA)

 

THE PARK・ING GINZA
所在地:東京都中央区銀座5-3-1 ソニービル地下3階/地下4階
オープン:2016年3月26日
ディレクション:藤原ヒロシ
設計:荒木信雄/アーキタイプ 荒木信雄 岡村健太
設計協力:丹青社
床面積:725.63㎡/地下3階247.89㎡、地下4階477.74㎡
Photo:Atsushi Fuseya (magnet)

 

“THE PARK・ING GINZA” is located in the third and fourth basement floors of Sony Building in Ginza, Tokyo. The characteristics of this location are that the third floor is connected to “West Ginza parking lot” so customers can directly approach to the store by car.
The parking lot has a capacity of 800 cars and several tenants: auto rental service counter, rest space, and restaurant. We focused on the unique existence of this parking lot in a city and the way of coexistence with other tenants.
The store consists of café, retail section, and gallery space. We intentionally mixed those factors. Use of each space can be changed on irregular bases so that various events can be held. An ephemerality, which is one of Tokyo’s appeals, gets spatialized and then inspires and attracts customers. We adopted temporary materials that are used in a construction site throughout the store. The same materials were also originally used in the parking lot. The store coexists with a city and “creates a feeling of strangeness in no strange way”. The store is Tokyo itself. (Nobuo Araki / The Archetype)

 

THE PARK・ING GINZA
Location:3/4F basement floors of Sony Building, 5-3-1, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:March. 26th, 2016
Direction:Hiroshi Fujiwara
Designer:Nobuo Araki / The Archetype Nobuo Araki Kenta Okamura
Design cooperation:Tanseisha
Floor area:725.63㎡ / B3F 247.89㎡ & B4F 477.74㎡
Photo: Atsushi Fuseya (magnet)

 

Dressages Johnbull Private labo

_U1

_U2

_U3

Dressages【ドレサージュ】は、Dress【ドレス】とage【集合体】を合わせた造語で「ヴィンテージ」と「モダン」をキーワードに上質なモノを集めて詰め込んだJohnbull Private laboの新業態。このコンセプトをインテリアエレメントにも昇華し、今までの業態のデザインでは無かったディテールとマテリアルの質感の合致を目指した。50.9㎡という小さな空間にレディース、メンズがあり、既存店には無かった商品展開とアンティークやデッドストックまで様々なMDを並べる計画。空間も同じくアンティーク、クラシックな色とディテールがあり、インダストリアルなものとモダンな表現に。雑多な要素を削り落とし、それを「シンプル、ミニマル」などと言い、形にするのは容易い。しかし、ここでは敢えて全てを配置しながらバランスを保とうとしている。Johnbullは、メーカーでもありブランドでもある。その全てへの拘りを小さなセレクトショップという形に出来たのではないかと思う。(大園貴生/salt.)

  • 「Dressages Johnbull Private labo」(ドレサージュ ジョンブルプライベートラボ)
  • 所在地:大阪市北区大深町4-20 グランフロント大阪 南館1F
  • 設計:salt. 大園貴生
  • オープン:2013年4月26日
  • 床面積:50.9㎡
  • Photo:下村康典

        

“Dreassage” is a new shop style produced by Johnbull private labo, combining the idea of “Dress” and “age”. The shop gathers and crams high quality products and keywords are vintage and modern. We sublimated this concept into interior elements and aimed to mix new details and materials which existing shops didn’t have. In the small 50.9㎡shop, the shop planned to sell not only women’s and men’s fashion items but also other kinds of products such as antique goods and dead stocks that had never been sold before. The space of the shop itself also will have the taste of antique and classic, as well as industrial and modern atmosphere. It’s easy to say “simple and minimal” by getting rid of disorderly elements. But we rather challenge to place all items and still keep balance. Johnbull is a maker and a brand at the same time. We think we could realize their aspiration as a small select shop.(Takao Ozono/ Salt.)

  • 【Dressages Johnbull Private labo】
  • Location: Grand Front Osaka South building 1F, 4-20 Ofuka-cho, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
  • Designer: Salt. Takao Ozono
  • Open: April 26th, 2013
  • Floor area: 50.9㎡
  • Photo: Yasunori Shimomura

 

Johnbull
http://www.johnbull.co.jp

salt.
http://salt-inc.net/

ADRIANO GOLDSCHMIED/AG OMOTESANDO

L.A.セレブデニムの代表格と呼ばれるブランド” ADRIANO GOLDSCHMIED “の日本初出店。本国アメリカのAGのお店には店のアイコンのように巨大なスチール製の「A」と「G」のマークが棚に埋め込まれている。日本の店にもそれと同様の物を入れたいとの要望を受け、同様にアメリカのAG本社内の工場で日本の現場のサイズに合わせて製作し、日本に輸送して設置した。同じく木材もアメリカの店と同じ材料をAG本社から輸送し棚や什器に使用、素材感がアメリカの店と相違無いよう細心の注意をした。また、AG の西海岸のゆったりした雰囲気を日本のこの場所でも感じてもらえるよう、アメリカの店と異なりそれほど高くない日本の天井に高低差を付け、ロフトのような意匠を加えることで空間に広がりを持たせ、トップライトに見立てた光天井を奥のスペースに設けることで開放感のある空間を演出している。白とモルタルを基調とした内装の中にバランス良く施された木とスチール、レンガのマテリアル感が表情豊かなAGのデニムをより際立たせている。(三橋 崇/ペブル)



  • ADRIANO GOLDSCHMIEDAG OMOTESANDO
  • 所在地:東京都港区北青山3-5-25
  • オープン:2012316
  • 設計:PEBBLE Co.,Ltd. 三橋 崇 平山拓也
  • 床面積:124.7
  • Photo:高山幸三



This is the first store in Japan for the brand “ADRIANO GOLDSCHMIED”, known as the representative of L.A celebrity denim brand. By the request of the brand director in Japan, the huge steel logos “A” and “G”, that are embedded in the shelf of the main store in US, were specially made for the store in Japan at the factory in US, and was transported to Japan. Other wooden materials used for shelves, furniture and fixtures were also transported from US, with the utmost attention to make the feelings of the material in the store similar to that of US. In order to create a relaxed atmosphere just like to the main store in west coast, PEBBLE created up down on the ceiling which is not so high as the US, and added a loft style area to offer an extra wide open space. In addition, using a light ceiling to resemble a top light also provides the open feeling. An excellent balance of wood, steel and brick, greatly matching in the white and mortal based interior, even highlights the expressive denim of “AG”. (Takashi Mitsuhashi / peble)



  • ADRIANO GOLDSCHMIEDAG OMOTESANDO
  • Location:3-5-25, Kitaaoyama, Minato-ku, Tokyo
  • Open:March 16th, 2012
  • DesignerPEBBLE Co.,Ltd. Takashi Mitsuhashi、Takuya Hirayama
  • Floor area : 124.7
  • Photo:Kozo Takayama



   


  

LINES

This exhibition space for interior furnishings is made by gathering a variety of outlines, each one tracing a small space. The scale of this kind of small space is not that of a room, but more like an extension of the furniture. The combination of the various outlines creates a rich visual field where the visitor can view the furniture from the outside or by passing through. Not so much a physical object, the intervention forms a loose environment with a unique scale and visual condition. In this space, it is the visitor and the furniture that take on a new presence. (Chikara Ohno)

 

  • LINES
  • Location: DIESEL SHIBUYA B1F, 1-23-16 Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
  • Open: February 2013
  • Designer: Chikara Ohno, Simon Williams
  • Floor area: 57.63
  • Photo: Toshiyuki Yano

  

  

輪郭線だけで出来たとても小さな空間を重ねて、家具を展示する場所をつくります。それは、部屋と言うより家具の延長と言うべき身近なスケールの空間単位が連続する場所です。またそれぞれの輪郭線がお互いに重なり合って視覚的に複雑な状況をつくる場所でもあります。来場者は、展示されている家具を輪郭線の外から眺めたり、中に入ってそこを通り抜けることが出来ます。特異なスケールと状況だけがあり、強い実体はない。そんな場所に家具と来場者だけが具体的に浮かび上がるような展示風景を考えました。(大野 力)

  

  • LINES
  • 所在地:東京都渋谷区渋谷1-23-16 ディーゼル渋谷 地下1
  • 竣工:2013 2
  • 設計:大野 力、サイモン ウィリアムズ
  • 床面積:57.63
  • Photo:矢野紀行

  

  

  

 

 

Zoff+ラゾーナ川崎プラザ店

「Zoff+」(ゾフ プラス)の新たな”変化”を、空間とそれが与える感覚で表現することを考えた。「眼鏡が変わると気持ちが変わる」をテーマに、空間全体を自然の要素で構成、不偏的かつニュートラルな感覚の空間を創り出した。想定したのは、ここで体感する出来事が人々に無意識にさまざまな感覚を付与するような空間である。間接照明の光とグラデーションにより、地平線から昇る朝陽が差し込むかのような温かみのある柔らかな光/曲線の造形に包み込まれる空間の中で感じる日常の喧噪からの開放と安心感/LEDの光で輝き発光する透明アクリルの列柱で眼鏡を宙空に浮かび上がらせることで新たな視点で見せる立体的造形とフォルム・・・。こうした体験は、ただ単に眼鏡を「購入する」という行為の場というだけではなく、「気持ちが変化する」「心地の良い」空間を演出し、感覚に訴えかけるとともに、滞在性も高めることになる。(安達豊明/柿谷耕司アトリエ)

   

  • Zoff+ ラゾーナ川崎プラザ店」
  • 所在地:神奈川県川崎市幸区堀川町72-1 ラゾーナ川崎プラザ3
  • オープン:20127
  • 設計:柿谷耕司アトリエ 柿谷耕司 安達豊明
  • 床面積 :96.29
  • Photo:大瀧 格

We tried to express the new “change” of “Zoff+ (Zoff plus)” with a space itself and a feeling created by the space. We created the space of an unbiased and neutral feeling by constructing the room with natural elements based on the theme “If you change your eyewear, it changes your mind”. We assumed the space as a place which gives various feelings to people unconsciously while they are experiencing events in there. Warm and soft lights just as a sun-light rising over the horizon created by the gradations of indirect lightings, emancipation from the bustle of everyday life and a feeling of security that are created by the space enfolded with a curving figure, a steric figure and form presented in a new point of view by floating eyewear in the space with transparent acrylic columns glowing with LED lightings, …. These experiences not only make this place to “buy” eyewear but also to “change your mind” or to “be comfortable” and then appeals to consumers and lengthen their staying time. (Houmei Adachi / Koji Kakitani Atelier)

  • 【Zoff+ LAZONA Kawasaki Plaza】
  • Location : LAZONA Kawasaki Plaza 3F, 72-1 Horikawacho, Saiwai-ku, Kawasaki-shi, Kanagawa
  • Open : July, 2012
  • Designer : Koji Kakitani Atelier, Ltd.  Koji Kakitani  Houmei Adachi
  • Floor area : 96.29㎡
  • Photo:Kaku Ohtaki

 

VENCE EXCHANGE INNOVATION STOREダイバーシティ東京プラザ店

アパレルブランド「VENCE EXCHANGE」の都心型旗艦店としてオープン。暗闇から浮かび上がる『ROCK entertainment』をデザインコンセプトに、空間全体を暗闇に見立てあらゆるシチュエーションやイメージを統合、その世界観を構築的に表現した。アンダーグラウンドシーンを創り出しながら、上質感の中にメタル素材の列柱や鏡面、赤色発光する造形を入れ込み、ランダムかつダイナミックなラインを通すことで切れ味の良い空間、切れ味の良い服を演出した。(柿谷耕司)

  

  • VENCE EXCHANGE INNOVATION STORE ダイバーシティ東京プラザ店」
  • 所在地:東京都江東区青海1-1-10  ダイバーシティ東京プラザ 4
  • オープン:20124
  • 設計:柿谷耕司アトリエ
  • 床面積:319.17
  • photo:大瀧 格

  

The shop was opened as a flagship shop of apparel brand “VENCE EXCHANGE”. Design concept is “ROCK entertainment” appearing from the darkness. I set the entire space as the darkness and integrated various situations and images and then presented the perspective of this world in architectural basis. Metallic pillars, mirrors, and luminous articles in red put in a sense of high quality constitute random and dynamic line and create underground scenes that present the sharp space and the sharp clothing.

 

  • 【VENCE EXCHANGE INNOVATION STORE at Diver City TOKYO Plaza】
  • Locacion : Diver City TOKYO Plaza 4F, 1-1-10, Aomi, Koto-ku, Tokyo
  • Open : April, 2012
  • Designer : Koji Kakitani Atelier, Ltd.
  • Floor area : 319.17㎡
  • Photo:Kaku Ohtaki

 

  

  

  

 

LE CIEL BLEU LUCUA OSAKA

大阪梅田地区再開発事業の商業施設ルクアにテナントとしてショップはデザインされた。80坪で天井高さ5mの建築区画は贅沢な空間だ。空間をデザインするにあたり大局感とディテールワークの二極から設計は進められた。デザインを機能要件である商品量からの総論で作業を進めると、大箱インテリア物販店舗と同様なマッピング式虚無のデザインで納まってしまう。ここでは建築区画に内包されたもうひとつの建築的インテリアデザインが提案された。構造計算で組上げたメッシュ式シリンダーデザイン。ただしデザインがスケールアウトしているために建築区画に同化しないよう、建築との軸線をずらして空間に重力感を与えたレイアウトだ。そのシリンダーに特注ペンダントを設置して建築的インテリアが際立つ計画にもなっている。(大塚則行)

   

  • LE CIEL BLEU LUCUA OSAKA
  • 所在地:大阪府大阪市北区梅田3-1-3 LUCUA2
  • オープン:201154
  • 設計:大塚ノリユキデザイン事務所 大塚則行
  • 床面積:278
  • photo:平井広行

 

  

The shop was designed as a tenant in a big commercial building LUCUA, the result of Osaka-Umeda area redevelopment project. The shop’s floor area was 278 ㎡and ceiling height was 5m. It was a luxurious space to design. Design was put in motion by two extremes, namely, a broad viewpoint and a detail work. If you proceed with design based on function, it results in a mapping style shop just like an ordinary big scale retail shop, it’s nothing. Therefore the architectural interior design was suggested which was included in an architectural shop space. The answer is mesh cylinder design built by architectural calculation. I displaced axis lines of the architecture and the interior design in order to avoid merging them and give a weight to space. Custom made pendants on cylinders give a strong impression to architectural interior. (Noriyuki Otsuka)

 

  • 【LE CIEL BLEU LUCUA OSAKA】
  • Locacion : LUCUA 2F, 3-1-3, Umeda, Kita-ku, Osaka-shi, Osaka
  • Open : May 4th, 2011
  • Designer : Noriyuki Otsuka Design Office Inc. Noriyuki Otsuka
  • Floor area : 278㎡
  • Photo : Hiroyuki Hirai

  

  

  

   

 

frame福岡店

福岡天神、大名エリアにあるジュエリーブティック。ウエディングジュエリーを中心に扱う商品構成のため、主に1階に商品、2階には接客スペースを設けています。新しく始まる二人の生活のモチーフとして「鳥かご」をショップのテーマとして設定し、各種ディスプレイ/照明器具/2階のパーティション等はこのモチーフを展開して製作されています。吹き抜けにはミラーフィニッシュのステンレスを用いた照明器具をデザイン。乱反射する光りが祝福するかのように降り注ぎます。照明やディスプレイに使用した鳥かごや鳥の彫刻はバリ島へオーダーし、買い付けたものを加工して使用。 椅子、ハイバックのソファ共にオリジナルのデザインで製作しました。ショップの「どこか」に、青い鳥をそっと置いてきました。 お帰りになるお客様が、ふと気がついてほんの少し幸せな気分になるような、ささやかなプレゼントです。(齊藤良博/エイスタディ、文責BAMBOO

 

  • frame 福岡店」
  • 所在地:福岡市中央区大名1-12-27 パシオン大名1
  • オープン: 2011923
  • 設計:エイスタディ
  • 床面積:183.04㎡ 252.39㎡ 計135.43
  • 客席数:14席 26
  • photo:米津 光

 

 

 

 

 

 


1 / 212