タグ別アーカイブ: cafe

ŌYANE

41b3021e942b03966c87dd1dfcdc87f7
o2 o3-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc o4 o5 o6
o7陶器の産地である、長崎県波佐見町にある西海陶器のギャラリー・ショップ。当初の目的は、元々地下にあったショップへの利用者導入の強化であった。倉庫として利用していた1Fの壁に入口を設け、搬入用のエレベーターと階段を利用して、2層の店舗となるように計画。新たにできた上階は、カフェカウンターのあるギャラリーとした。外部には、多目的に使用できる屋根だけの建築と屋外トイレを設け、陶器市やマルシェ、ワークショップ等に利用される。建材には「資を生かす。」という考えのもと、この地にある素材を利用した。原料である陶石、陶器の破片、輸送用のプラスチック製の籠の他、現在は使用されていない「ボシ」と呼ばれる陶器を焼く際に使う容器をギャラリー内の壁やカウンターに用いている。照明器具やサインも陶器で製作。象徴的な大屋根は、この地方でよく見られる工場のシルエットである。眠っていたものを見い出し、編集をしていくことで、波佐見の持つエネルギーや物語を表現することを考えた。(原田 圭/DO.DO.)

 

ŌYANE
所在地:長崎県東彼杵郡波佐見町折敷瀬郷2210
オープン:2016年7月1日
設計:DO.DO. 原田 圭
床面積:内部/140㎡ 外部/1150㎡(屋外トイレ25.92㎡含む)
客席数:4席+ベンチ
Photo:太田拓実

 

“ŌYANE” is a gallery & shop of Japanese pottery company, SAIKAI TOKI, located in Hasami, Nagasaki which is well-known for a pottery production. The original plan was just to call in more customers to the shop on the basement floor. We figured out a better plan to convert the first floor’s storehouse into a new store space by adding a new entrance to the wall, elevator, and steps. The first floor’s new space became a gallery with a café counter. In the outside, we created an only-roof-structure and a bathroom to provide a space for an outdoor market or a workshop.
Regarding building materials, we picked up local materials based on the idea “making use of the local”. Pottery stones, broken pieces, plastic boxes for transportation, and old pottery mold are adopted for wall and counter. Lightings and signs are also made by pottery. The symbolic big roof has a shape frequently seen in this area. We tried to present energy or story of Hasami by discovering dormant potentialities and editing them. (KEI HARADA / DO.DO.)

 

ŌYANE
Location:2210, Orishikisego, Hasamicho, Higashisonogigun, Nagasaki
Open:July. 1st, 2016
Design:DO.DO. KEI HARADA
Floor area:Inside 140㎡ / Outside 1150㎡ (including 25.92㎡ bathroom)
Capacity:4 + bench seats
Photo:Takumi Ota

錢屋カフヱ

z1

z2

z3

z4

z5

1960年代に竣工した錢屋本舗本館。事務所と倉庫、住居が入っていたその自社ビルが、2016年3月、街に開かれた複合テナントビルにリノベーションされた。「錢屋カフヱ」は、その1階のロビーエリアにある。昼間は近隣や3階の賃貸オフィスの人々のランチや打ち合わせ場所として、夜は1階の飲食テナントのアフターバーとして、さまざまなシーンに対応する空間となっている。オープンキッチンのカウンターやペンダント照明、ローテーブルといった空間を構成する各要素は、素材、ディテールにこだわってデザイン。ニューヨークの地下鉄構内のタイル、古いヨーロッパの工場で使われていた照明器具、船舶旅行用トランクなどを採り入れたほか、マッキントッシュ真空管アンプとJBLスピーカーが奏でるBGMは、アナログの温かみで空間を満たし、ひと味違ったダンディズムを感じさせる。50年以上にわたって佇む存在感ある建物にこれらの要素を溶け込ませ、リノベーションならではの魅力を引き出した。(東 潤一郎/JA laboratory)

 

錢屋カフヱ
所在地:大阪市天王寺区石ヶ辻町14-6
オープン:2016年3月5日
設計:JA laboratory 東 潤一郎 椎野永稔
床面積:76.6㎡(うちカフェ45.9㎡、厨房17.6㎡)
客席数:22席
Photo:山田誠良

 

ZENIYA HOMPO HONKAN was established in 1960s. It started as an owner’s office, warehouse, and residence and in March, 2016, renovated to a building complex open to the town. This “ZENIYA CAFE” is located in the lobby area on the ground floor. The café functions in many ways, for example, a lunch or meeting place for locals and third floor’s tenants in the daytime and a late-night bar for ground floor’s restaurant workers in the nighttime. Factors that constitute the space such as open kitchen style counter, pendant lamps, and coffee tables are carefully designed and have special materials and details: tiles from New York subway stations, lightings from old European factories, and some cruising trunks. Background music played by McIntosh vacuum tube amplifier and JBL speakers fills the space warmly and makes customers feel defunct dandyism. More than 50 years old unique building achieved new characteristics by renovated with carefully selected factors. (Junichiro Azuma / JA laboratory)

 

ZENIYA CAFE
Location:14-6, Ishigatsuji-cho, Tennoji-ku, Osaka-shi, Osaka
Open:Mar. 5th, 2016
Designer:JA laboratory Junichiro Azuma Hisatoshi Shiino
Floor area:76.6㎡ (including café 45.9㎡ and kitchen 17.6㎡)
Capacity:22 seats
Photo:Seiryo Yamada

nana’s green tea イオンモール岡山

1

2

3

5カフェ「nana’s green tea」を経営する七葉は、抹茶という切り口から、「新しい日本のカタチ」を世界に発信している。その店舗に求められる空間は「和風」ではなく「現代の茶室」。これは、オーナーの「日本に昔からある茶文化を現代的な解釈で楽しめる店」をつくりたいという思いの表れだ。
「nana’s green tea イオンモール岡山」では、茶席(客席)から眺める「地泉庭園」をコンセプトにした。日本の伝統的な庭園の形式の一つ「池泉庭園」は、大きな池を中心に配し、その周囲に園路を巡らして、築山、池中に設けた小島、橋、名石などで各地の景勝などを再現したもの。園路の所々には散策中の休憩所として、また庭園を眺望する展望所として、茶室が設けられる。
そこで現れる、池の「映り込み」という現象に着目し、鏡により映り込みをつくり出すことで、池泉を店舗空間に再現した。実際には、映り込みの部分は45度に傾斜したミラー貼りとなっており、底面のガラス玉を通してグラフィックが反射するように設計している。
私はここに、池と庭園に囲まれた心休まる茶室を提案した。(吉田昌弘/KAMITOPEN一級建築士事務所)

 

「nana’s green tea イオンモール岡山」
所在地:岡山県岡山市北区下石井1-2-1 イオンモール岡山 2階
オープン:2014年12月
設計:KAMITOPEN一級建築士事務所 吉田昌弘 平野隆一
床面積:153㎡
客席数:76席
Photo:宮本啓介

 

The café “nana’s green tea” is run by “Nanaha Co., Ltd.” which transmits “New form of Japan” to the world with its specialty, green tea. We were requested to design the store not in “Japanese style” but as a “Modern tea room”. This plan reflects owner’s idea “the store where customers can enjoy a traditional tea culture in a contemporary way”.
The design concept of “nana’s green tea AEON MALL Okayama” is “Chisenteien” watched from customers’ seats. “Chisenteien” is one of Japanese traditional garden styles. In this style, a big pound is placed in the center with small mountains around it. Small islands, bridges, and rocks express existing tourist’s spot in Japan. A tea rooms is placed as a rest places or a gazebo in the garden.
I focused on a phenomenon of “reflection” from a pound and tried to reproduce it with a mirror. The mirror with 45-degree-slope reflects graphics through glass balls.
Hereby, I suggest the cozy tea room surrounded by a pound and a garden.(Masahiro Yoshida / KAMITOPEN)

 

【nana’s green tea AEON MALL Okayama】
Location:AEON MALL Okayama 2F, 1-2-1, Shimoishii, Kita-ku, Okayama-shi, Okayama
Open:December, 2014
Designer:KAMITOPEN Masahiro Yoshida Ryuichi Hirano
Floor area:153㎡
Capacity:76 seats
Photo:Keisuke Miyamoto

 

nana’s green tea
http://www.nanasgreentea.com/

 

Urban Commune

アーバンコミューン01

アーバンコミューン02

アーバンコミューン03

アーバンコミューン04

アーバンコミューン05

 

カフェ「Urban Commune」は、香港の中でも特にビジネスが盛んな区画のひとつである旺角の高級モールの中にある。
コンセプトは、共通の興味を持った人々が集まり、出会い、新しいオープンなコミュニティーが生まれるような共有スペースを作り出すこと。旺角のアーバンパークカルチャーに着想を得て、地元のヒップなストリートカルチャーを反映しつつ、幅広い多様な人々に受け入れられるよう、スケートボードや自転車を主要なデザイン上の構成要素とした。
空間は、アトリウムに設けられたテラス席と、モール内の販売エリアの二つに大きく分けられる。路面店に見られるようなオープンキッチンのデザインや可動式の食品ディスプレイなどの演出で、二つの空間につながりをつくり出し、利用客にも物質と精神の統一感を感じてもらえるように試みた。ストリートアートや金属パイプ、自転車競技用のスロープや車輪など、都市部の風景に見られる要素を散りばめ、街中の公園にいるような印象を与える空間となった。(Joey Ho/文責BAMBOO)

 

「Urban Commune」
所在地:Shop 121-181 Level 1, Grand Century Place, 193 Prince Edward West Mongkok, Hong Kong
オープン:2015年1月
設計:Joey Ho Design Limited Joey Ho Noel Chan
床面積:170㎡
Photo:Dick Liu

 

 

Located in an exclusive mall in one of the busiest business districts in Hong Kong, the brief is to create a communal space for people with common interests to gather and socialize, nourishing the development of a new, open community. Inspired by urban park culture in Mong Kok, skateboards and bicycles are used as major design components to bring forth the essence of local “hip” street culture in this café, encouraging people to engage in a broader community like a melting pot that harmoniously blend a diversity of people together as a single unity. Mong Kok’s “hip” spirit was particularly chosen for its unique, strong sense of dynamic street culture and spatial quality befitting the design concept and cafe’s location. The café is spatially divided into two areas: a terrace within an atrium space and a shopping area within the mall to demonstrate spatial fluidity and cyclical “movement,” which are urban park’s qualities. The design challenge is to forge a connection between these areas to make people feel physically and mentally united. As such, an open kitchen plan was adopted and designed like a stand-along market place using “moveable” food display stall and food truck to form various market food counters, inviting people to explore and enjoy in this contextually vibrant dining environment. At the front of food display stall is a pair of bicycle tires that are used to elucidate spatial fluidity, bringing metropolitans an indoor, contextually playful and “moveable” eating adventure. Within the atrium space, the design of a series of booth seating is inspired by the contexts of skateboarding community and is intentionally treated as a series of segregated skateboard lanes with “vert” features. This allows people to be visually drawn into this scenery to readily relate it to the urban park concept. Street artist Secret Walls was selected for his unique graffiti works to give the booth seating a chic, modern-day art outlook as a way to lighten up people’s senses and to be physically and visually connected to the urban park’s culture. Other design details that portray urban spirit include public signage like lamp pole, traffic lights and road signs set against an urban fabric background, the contour wooden track resembling a real bike track around cafe’s perimeter to tie up entire “park’s boundary”, and the metal structures with pictures like a city fabric that semi-envelops the entire communal space to uphold the city fragments. (Joey Ho)

 

【Urban Commune】
Location:Shop 121-181 Level 1, Grand Century Place, 193 Prince Edward West Mongkok, Hong Kong
Open:Jan. 2015
Designer:Joey Ho Design Limited Joey Ho Noel Chan
Floor area:170㎡
Photo:Dick Liu

 

Joey Ho Design Limited
http://www.joeyhodesign.com/

Culfe

calfe_1

calfe_2

calfe_7

calfe_8

calfe_4

calfe_5

calfe_6

静岡駅前の呉服町タワーに移転した「TSUTAYAすみや静岡本店」のカフェ計画である。この店は、静岡で80余年に渡って音楽を届けてきた「すみや」を継承する「TSUTAYAすみや」の旗艦店であり、カフェ「Culfe(カルフェ)」は、“BOOK&CAFÉ”というスタイルのTSUTAYAが手掛けるスペシャルティコーヒーの店である。店内はBOOK&CAFEスタイルを体現すべく、書籍棚とカフェ席が混ざり合ったゾーニングとなっており、気軽に本を選びながらコーヒーを飲むことができる。また、連続するライトブルーのアーチ造作やペンダント照明がエリア全体の環境を作り出し、鉄骨組みガラスブロックのカウンターや、書籍棚、天井から吊り込まれた巨大な本棚などの無骨なデザインが、シンプルでありながらカフェゾーンに強い存在感を与えている。静岡の街に、コーヒーを飲むという行為と本を選ぶという行為を豊かにするための空間が誕生した。(藤井文彦/fan Inc.)

 

 

「Culfe」
所在地:静岡市葵区呉服町1-20 呉服町タワー1F
オープン:2014年4月5日
設計:fan Inc. 藤井文彦
床面積:469㎡
客席数:81席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

In accordance with the relocation of TSUTAYA SUMIYA to Gofukucho Tower in front of Shizuoka station, this café project was launched. SUMIYA is the company which has offered music in Shizuoka for more than 80 years and the store is a flagship shop of TSUTAYA SUMIYA, a successor of SUMIYA. Café brand “Culfe” is a specialty coffee shop organized by TSUTAYA and its style is “BOOK&CAFÉ”.
In order to embody the concept of “BOOK&CAFÉ,” café space intermingles with bookshelves so that customers can enjoy having coffee and choosing books at a time. Also light blue continuous arched structures and pendant lightings create the entire environment. The roughly designed glass block counter in steel-flame, bookshelves, and the huge bookcases suspended from a ceiling are simple but create the strong presence in the café zone. The space to enrich the experience of having coffee and choosing books was born in Shizuoka city.
(Fumihiko Fujii / fan Inc.)

 

 
【Culfe】
Location:Gofukucho Tower 1F, 1-20, Gofuku-cho, Aoi-ku, Shizuoka-shi
Open:April 5th, 2014
Designer:Fumihiko Fujii fan Inc.
Floor area:496㎡
Capacity:81seats
Photo:Nacasa&Partners

 

 

fan Inc.
http://www.fan-inc.com/

 
Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

Urban

URBAN_1

URBAN_2

URBAN_3

URBAN_4

URBAN_5

香港の中環(セントラル)地区、CBDの高級ショッピングモールに、シックで都会的なカフェ「Urban」がオープンした。同店は、顧客に新しいテイクアウトベーカリーの体験を提供し、ベーカリーの地位を楽しくカジュアルで、手軽にグルメを味わえる場所へと押し上げている。また、ただ食欲を満たすだけではなく、都会的なビジネスライフスタイルの本質である、友人や同僚との交流ができる場所として機能している。
香港という街は、多くの明暗や矛盾に満ちている。店名が示す通り、今回のプロジェクトが目指したものは、ベーカリーカフェという限られた空間の中に、矛盾した都会のあり様を描くことであった。ロンドンのバラマーケット(Borough Market)からインスパイアされたカフェでは、朝食からランチ、ティータイム、そしてハッピーアワーまで、幅広くありとあらゆるメニューを扱っている。それらのメニューに加え、空間にもいきいきと心揺さぶられる雰囲気が与えられ、同時に都会に潜む暗い一面を暴き出すデザイン要素が取り入れられている。
カフェのインテリアには、都会の印象を要約したイメージが集められた。著名なポルトガル人のストリートアーティスト、VHILSが手掛けた壁面は、カフェに工業的なトーンを醸し出している。この独創的な壁画は、ドリルやのみ、ハンマーによって彫られ、空間をうまく活用することで、訪れる人々を魅惑するコラージュとなっている。他にも、とぼけた感じに電球が切れた「Bakery Open」というネオンサインや、地平線のシルエットが描かれた疑似天井、共用テーブルの上に吊られた水道管で作られた「シャンデリア」、マンホールの蓋を模して鋳造された鉄のテーブルと脚など、都会の暗い本質をとらえたデザインが細部にちりばめられている。
(Joey Ho/文責BAMBOO)

 

「Urban」
所在地:Shop 322, 3/F, Landmark Atrium, 15 Queen’s Road, Central, Hong Kong
オープン:2013年11月
設計:Joey Ho Design Limited
床面積:289.5㎡
客席数:69席
Photo:Dick Liu

 

 

Located in an exclusive luxury mall in the heart of Hong Kong’s CBD, Central, Urban is a chic, urbane cafe offering a new “bake n take” experience. The idea is to elevate bakery into a playful, casual and fast paced gourmet concept, and allowing customers not only a place to refuel, but to socialize with friends and colleagues, which is the true essence of urban business lifestyle.
A city is full of contrasts and contradictions. As suggested by its name, the challenge of this project is to portray the contradictory reality of the urbanscape within the physical confines of this bakery café. Inspired by London’s Borough Market, the café offers a wide gamut of food ranging from breakfast to lunch, teatime to even happy hours. To complement the menu, a lively and inspiring atmosphere has to be injected into the space, yet with design elements that also reveal the dark side of an urban city.
The café interior contains a collection of images that summarise the impression of an urban city. A feature wall by celebrated Portuguese street artist VHILS sets the industrial tone of the café. This unique mural is carved by using drills, chisels and hammers, using the negative space to shape a mesmerizing collage. Other design details that capture the dark essence of a city include: the hilarious burned out neon sign “Bakery Open”, the false ceiling with the silhouette of a skyline, the “chandelier” above the communal table constructed with water pipes, and the round cast iron legs of the tables that mimick manhole covers. (Joey Ho)

 

【Urban】
Location:Shop 322, 3/F, Landmark Atrium, 15 Queen’s Road, Central, Hong Kong
Open:Nov. 2013
Designer:Joey Ho Design Limited
Floor area:289.5㎡
Capacity:69 seats
Photo:Dick Liu
Urban
https://zh-hk.facebook.com/UrbanBakery

 

Joey Ho Design Limited
http://www.joeyhodesign.com

 

 

MOJA

MOJA_1

MOJA_2

MOJA_3

MOJA_4

MOJA_5

MOJA_6

カフェカンパニーが経営する渋谷「MOJA」。アメリカンソウルフードが味わえるカフェとビンテージ雑貨店、フレンチビアホールの3業態からなる店舗へとリニューアル。渋谷系のカルチャーに関与すべく、既存空間を生かすローコストで効果的なデザインと、ここから空間体験の情報発信とシェアをしたくなることがポイント。
2F「MOJA in the HOUSE」は、アメリカンソウルフードが楽しめるカフェ。BGMはソウルフル。ハッピーとシックが融合した楽しい空間デザインでスタッフとお客様みんながファミリー感を感じられるような距離感と一体感でビンテージダイナーをイメージ。張り生地のコーディネートは、エクレクティシズム(折衷的)で西海岸的。
B1F「THE GUINGUETTE by MOJA」は、1920年代パリ郊外で流行った庶民派キャバレーと地下におけるアウトドアの楽しみをイメージした。ビンテージミュージックをBGMに、老若男女国籍性別を問わず楽しめるフレンチビアホール。移動遊園地やサーカスのような照明計画と古材を利用した素材感あるナチュラルな内装。
1F「MOJA TRADING」は、街角に位置するビンテージ雑貨店。窓際のステンドグラスのロゴがポイント。DIYショップのようなフレキシブルな陳列システムと入りやすい空間デザインが、商品との対比によってビンテージ雑貨を新鮮に魅せる。
(樋口泰輔/ベルリーナ)

 

「MOJA」
所在地:東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F/1F/2F
オープン:2014年3月18日
設計:ベルリーナ 樋口泰輔
床面積:B1F/222㎡(ビアホール) 1F/20㎡(ショップ) 2F/257㎡(カフェ)
客席数:B1F/100席 2F/124席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

“MOJA”, run by COFE COMPANY, was refurbished to the new store with 3 different business categories: a café serving American soul food, a vintage sundries store, and a French style beer hall. To get engaged to Shibuya culture, the points of design are set to utilize existing space and then save costs and also to motivate customers to transmit and share the experience in the space.
“MOJA in the HOUSE” on the 2nd floor is a café where customers can enjoy American soul food. The background music is a soulful music. We pictured a vintage diner where staff and guests can feel family-like atmosphere with a sense of distance and unity surrounded by happy, chic and joyful design. Seat covering fabric is coordinated by eclecticism and west coast style.
“THE GUINGUETTE by MOJA” on the basement floor has an image of popular cabaret in Paris in 1920s and an outdoor amusement. Irrespective of age, sex, and nationality, customers can enjoy this French style beer hall, listening to vintage music for the background music. The lighting plan is reminiscent of a traveling carnival or a circus and, by using old materials, interior gets natural taste and a characteristic texture.
“MOJA TRADING” on the 1st floor is designed as a vintage sundries store on the corner. The point is stained grass brand logo by the window. The DIY-shop-like flexible display system and easily-enterable space design make a good contrast with items and then show vintage sundries freshly. (Taisuke Higuchi / Berlina)

 

【MOJA】
Location:B1F/1F/2F, 1-11-1, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Mar. 18th, 2014
Designer:Berlina Taisuke Higuchi
Floor area:B1F/222㎡(Beer hall) 1F/20㎡(shop) 2F/257㎡(café)
Capacity:B1F/100 seats 2F/124 seats
Photo:Nacasa&Partners

 

 

MOJA
http://www.mojamojamoja.com
ベルリーナ
http://www.taisukehiguchi.com
ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp

 

PABLO 姫路店

PABLO姫路01

PABLO姫路02

PABLO姫路03

PABLO姫路04

PABLO姫路05

大阪・梅田&心斎橋店、東京・渋谷店に引き続き、全国展開の一店をお手伝いさせていただきました。今回は、同店初となるイートイン、カフェ機能を併設した店舗となり、物販兼飲食店として、焼きたてチーズタルトをその場で提供する店舗となっています。
設計上のポイントとして、他店同様、撹拌から焼き、焼き印、仕上げ、梱包、提供までの一連の作業の様子を店内外へ向けてステージ化することで、並んでいるお客様が順序よく見られ、さらにエンターテインメント性を加味して、キャッチーかつデザイン的な導線計画を模索しました。
曲線のPABLOラインはブランドニュアンスを残しつつ、今回は、外装から大胆に曲線の交差感をトンネル状に連続させ、レイヤー感のあるデザインをベースに、植物などのナチュラルな要素を積み重ねながら、柔らかくも印象性のある“パブロの郷”を意識しました。(小松﨑 充/Design Atelier 円舞)

 

焼きたてチーズタルト専門店「PABLO 姫路店」
所在地:兵庫県姫路市駅前町363-1 新フェスタビル1F
オープン:2014年4月23日
設計:Design Atelier 円舞 小松﨑 充
床面積:約149㎡
Photo:石橋マサヒロ

 

 

The fresh-baked cheese tarts store “PABLO” opened their new store in Hyogo area following Umeda & Shinsaibashi in Osaka and Shibya in Tokyo. We have continued to support their store expansion throughout the country. This time, they first had a function of eat-in café space with a food retail store. The store serves fresh-baked cheese tarts on site. The point of design is, like their other stores, to stage the process of making tarts: churning, baking, stamping, finishing, wrapping, and serving. We investigated a catchy and design-conscious guidepath plan with a taste of entertainment so that customers standing in the queue can see and enjoy the making process in order. We created curve lines again that are the characteristics of “PABLO” store. But this time, we made a sequence of intersectional curve lines from the façade to the inside of the shop like a tunnel, based on layer design. In addition, by piling up plants as natural factors, we established soft but symbolic “The world of PABLO”.  (Mitsuru Komatsuzaki / Design Atelier rondo)

 

【Fresh-baked cheese tart store “PABLO Himeji”】
Location:Shin FESTA Building 1F, 363-1, Ekimaecho, Himeji-shi, Hyogo
Open:Apr. 23rd, 2014
Designer:Design Atelier rondo Mitsuru Komatsuzaki
Floor area:approx. 149㎡
Photo:Masahiro Ishibashi

 

PABLO
http://www.pablo3.com

 

Design Atelier 円舞
http://www.rondo-design.jp

 

 

yelo

yelo_1

yelo_2

yelo_3

yelo_4

店名である「YELO」は、スペイン語の〈氷=hielo〉に由来しています。クライアントは、「氷に対する想い」をラテン的にデザイン表現したいと構想していました。インテリアに関しても、熱さを視覚で「赤」、居心地の良さを素材で「木」、この両方をミックスした空間にしたいという要望でした。インテリアのコンセプトである「赤」をどのように表現、構成していくかが鍵となりました。物件は、六本木の路面店。場所柄、とにかく夜の“赤”をファサードで全面アピールすることを考え、ラインによる光を赤いフィルムで覆い発光させる照明を配置しました。赤い光に照らされる木の質感が何とも言えない表情を創ってくれました。インテリアも木の素材を使いながら、赤の光と色で彩ってデザイン構成しています。実際に店から見る、赤の光に彩られた木の雰囲気を感じてもらえたらと思います。(尾崎大樹/BaNANA OFFICE)

 

「KAKIGORI CAFÉ & BAR yelo」
所在地:東京都港区六本木5-2-11パティオ六本木1F
オープン:2014年4月1日
設計:BaNANA OFFICE 尾崎大樹
床面積:38.14㎡
客席数:16席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

 

The shop name “YELO” comes from Spanish word “hielo” which means ice in English. Clients planned to express their aspiration for ice in Latin style. As for interior design, they requested red color for passion and wooden materials for comfortableness and wanted to mix them in the shop space. The key was how to express and construct “red” as concept of interior design. The shop is located in Roppongi area, facing a street. We decided to emphasize “red” at night and wrapped linear lightings with red films and set them on the façade. Wooden materials show subtle face lit by red light. Inside of the shop, we also constructed the design with wooden materials, red light, and red color. We recommend seeing the wood lit by red light in the shop and feel the atmosphere. (Daiki Ozaki / BaNANA OFFICE)

 

【KAKIGORI CAFÉ & BAR yelo】
Location:PATIO ROPPONGI 1F, 5-2-11, Roppongi, Minato-ku, Tokyo
Open:Apr. 1st, 2014
Designer:BaNANA OFFICE Daiki Ozaki
Floor area:38.14 ㎡
Capacity:16 seats
Photo:Nacasa & Partners

 

 

 

yelo
http://yelo.jp

 

BaNANA OFFICE
http://www.bananaoffice.jp

 

Nacasa & Partners
http://nacasa.co.jp

 

 

 

1 / 41234