タグ別アーカイブ: etc.

PlayPlus

play_plus01 play_plus02 play_plus03
play_plus04 play_plus05
中国・深圳にオープンした幼稚園「PlayPlus」の教育理念は、自主的に考え、学び、そして行動できる子どもを育成することです。これを実現するため、遊び心と興奮に満ちた環境をデザインしました。 幼稚園全体の空間を、抽象的な「ランドスケープ」というものの比喩として表現しています。子どもたちは、空間の開放感、スケール、高さ、比率を自由に操ることで、読む、描く、遊ぶ、読み聞かせる、クラスで学ぶといった異なる活動のニーズを存分に満たすことができます。 教室、遊び場、読書コーナー、洗面所の要所は、化粧板とパステルカラーのクッションで仕上げています。力強く鮮明、そして学ぶ心を刺激する環境が子どもたち同士の交流を促進します。マルチメディアの投影に対応した壁面と伝統的な黒板を並列に置くことにより、柔軟で触覚的な教材を教師たちに提供しました。浮遊する十字型の照明は、空間の目印として機能するとともに、子どもたちの宇宙に対する空想を完成させています。(ホラス・パン/パノラマ)

 

「PlayPlus」
所在地:中国深圳市
オープン:2016年6月
設計:PANORAMA Horace Pan, Vivian Chan, Wing Chan
床面積:600㎡
Photo:Ng Siu Fun

 

 

A playful and exciting environment suitable for implementing this kindergarten’s educational policy was created which focuses on bringing up children that can think, learn and act independently. The overall kindergarten space depicts the metaphor of an abstract “landscape” in which different degrees of openness / scales / heights / proportions were manipulated and can be experienced to the fullest by the children to cater their different activity needs for reading / drawing / playing / story-telling / class-learning. Key zones of classrooms / playground / reading corner / washrooms in timber veneer finishes with pastel colored upholsteries were introduced to give dynamic, vivid and inspiring learning environments and promote children’s mutual interactions. Feature walls of multi-media projections and traditional chalkboards were juxtaposed to provide flexible and tactile teaching media for the teachers. Floating logo-inspired “crossed-shaped” featured lights acted as spatial directory and completed the children’s fantasy of the space. (Horace Pan / PANORAMA)

 

【PlayPlus】
Location:Shenzhen, China
Open:July, 2016
Designer:PANORAMA Horace Pan, Vivian Chan, Wing Chan
Floor area:600㎡
Photographer: Ng Siu Fung

自転車文化センター

bcc_1

bcc_2

bcc_3

bcc_4

bcc_5

bcc_6

オープンで親しみやすい施設にするため、展示室と収蔵室を同じ部屋にまとめ、家具を建築的なスケールまで引き延ばすことで空間を覆い尽くしました。
高さ5mの巨大な棚は所蔵量を可視化し、この施設の調査収集等、活動の豊富さを空間的に表現しています。また54段の引き出しは、自転車や部品の展示、収蔵の役割を果たし、ガラスのショーケースとは異なった、見る楽しさや親しみやすさを演出しています。引き出しの上部は、床としての強度も備え、巡り回る動線を作ると同時に観る楽しさを演出しています。
こうした造作家具により、展示と収蔵が一体となり、訪れた人が自転車の歴史や文化をより身近に感じられることを望んでいます。(柴田祐希/加藤直樹/住吉かほり

 

「自転車文化センター」
所在地:東京都品川区上大崎3‐3‐1 自転車総合ビルB1F/1F
オープン:2014年4月2日
設計: TANK 柴田祐希 + 建築設計 加藤住吉一級建築士事務所 加藤直樹/住吉かほり
床面積:233㎡
Photo:長谷川健太

 

 

In order to create an open and friendly space, we covered the entire space by combining the showroom and storage and also expanding the furniture size to a structural scale. The huge 5 meters high shelf, which visualizes the amount of collection, spatially expresses the affluent investigation and activities of this bicycle culture center. The 54 wooden drawers exhibits and stores bicycles and several parts, presenting the fun to see and familiarity differently from glass-made showcases. The top panels of the drawers have enough strength to function as floors, creating traffic lines of guests and the fun to watch them at the same time. By placing the custom-made furniture, we hope the exhibition and storage get united and thus visitors will feel more familiarity with the history and culture of bicycles.
(Yuki Shibata / Naoki Kato / Kahori Sumiyoshi)

 

【Bicycle Culture Center】
Location:Jitensha sogo building B1F/1F, 3-3-1, Kamiosaki, Shinagawa-ku, Tokyo
Open:Apr. 2nd, 2014
Designer:TANK Yuki Shibata + katosumiyoshi architects Naoki Kato Kahori Sumiyoshi
Floor area:233㎡
Photo:Kenta Hasegawa

 

 

自転車文化センター
http://www.cycle-info.bpaj.or.jp/

 

TANK
http://tank-tokyo.jp/

 

加藤住吉一級建築士事務所
http://katosumiyoshi.com/

 

長谷川健太
http://o-f-p.jp/

Toyooka KABAN Artisan Avenue

アルチザン豊岡_1

アルチザン豊岡_2

アルチザン豊岡_3

アルチザン豊岡_4

アルチザン豊岡_5

アルチザン豊岡_6

本物件は、兵庫県豊岡市の地場産業である“鞄”に特化した拠点施設である。豊岡の鞄産業は、数千年前の柳行李を起源に持ち、現在では国産鞄の約7割を製造し、高く評価されている。
生産地として「アルチザン(職人)」をコンセプトに大型空き店舗を改装、1Fに鞄ショップ、2Fに鞄のパーツを販売する専門店、そして3Fの鞄職人育成専門校で構成されている。
既存物件は、奥に長く天井が低い設計となっており、中心部に3層を貫く吹き抜けを設けることで、光や風、そして職人生徒の気配を階下に届けている。また、周辺には他にも鞄店があり、通称「カバンストリート」と呼ばれ、この吹き抜けがストリート内での職人のアベニューをイメージしている。
設計のポイントとして、起源である柳行李の編み込みのディテールや素材感、天井の低さを感じさせない照明設計等でコンセプトを表現している。(林健太/豊岡まちづくり株式会社)

 

「Toyooka KABAN Artisan Avenue」
所在地:兵庫県豊岡市中央町18-10
オープン:2014年4月19日
設計:スタジオ・ヴェラーティ
照明デザイン:長町志穂(LEM空間工房)
床面積:575.52㎡(1F/165.39㎡、1.5F/94.01㎡、2F/158.06㎡、3F/158.06㎡)
Photo:下村康典

 

 

This building is a hub for “Bag” which is a local industry of Toyooka city in Hyogo. The bag industry in Toyooka has its roots in willow-branch-made baggages several thousand years ago. Now 70% of Japan made bags are produced in Toyooka and highly evaluated for its skills. The building was refurbished based on the concept “Artisan”. The 1st floor is a bag shop, the 2nd is a bag parts shop, and the 3rd is an academy to train bag craftsmen. Before the refurbishment, the building had depth and low ceilings. By creating a 3-stories atrium in the center of the building, natural light, wind, and atmosphere of students are brought to downstairs. Around the building, there are also other bag stores and this area is called “Bag Streets”. The atrium is created with an image of an avenue of craftsmen in the area. The point of design is to express the concept by creating textures and details inspired by weaving of willow-branch-made baggages, the roots of its industry, and also a lighting planning which depressurizes low ceilings.  (Kenta Hayashi / Toyoyoka Machidukuri Company)

 

【Toyooka KABAN Artisan Avenue】
Location:18-10, Chuo-machi, Toyooka-shi, Hyogo
Open:Apr. 19th, 2014
Designer:STUDIO VELATI DESIGN
Lighting Design:LEM DESIGN Shiho Nagamachi
Floor area:575.52㎡(1F/165.39㎡、1.5F/94.01㎡、2F/158.06㎡、3F/158.06㎡)
Photo:Yasunori Shimomura

 

 

Toyooka KABAN Artisan Avenue
http://www.artisan-atelier.net/

 

スタジオ・ヴェラーティ
http://www.studiovelati.co.jp/

 

LEM空間工房
http://www.lem-design.com/

hows photostudio

hows_003

hows_008

hows_017

hows_018

hows_016 米子市にあるハイファッションビル「STANCE」の4階。クライアントは創業180年の呉服屋で、新たな事業として今までにないフォトスタジオのブランディングデザインを依頼された。家族の絆や子供たちの成長などを記録する空間を「家族が過ごす場=家」というキーワードで基本構成できないかと考えた。空間の中に「家」をデフォルメしたスタジオをつくることで“心地の良い違和感”を創り出した。また、家形スタジオ内での撮影はもちろんのこと、フリースペースの重要性をクライアントに伝え、スタジオ内だけでは撮り切れないハイセンスなシーンを合わせて提供した。
(ワタナベユウキ/AREA CONNECTION、文責BAMBOO)

  • 「hows photostudio」
  • 所在地:鳥取県米子市東倉吉町85-1 STANCEビル4階
  • オープン:2013年10月
  • 設計:AREA CONNECTION ワタナベユウキ フジタマリコ
  • 照明計画:DAIKO TACT 村西貴洋
  • グリーンアート:花勝 坂井勝人
  • 床面積:339㎡
  • Photo:ナカサ&パートナーズ

The studio is located in 4th floor of high-fashion building “STANCE” in Yonago-city in Tottori prefecture, Japan. The client was a 180-year-old kimono dealer and they asked us to design a photo studio as their new business. We started the project by trying to create the space where family ties and growth of children are recorded with the keyword “Where a family stays = a house”. We transformed the house into a studio in the space and created “a comfortable feeling of strangeness”. Above the house shape studio, we informed an importance of free space to the client and provided scenes with good sense which could never be taken inside of the studio. (Yuuki Watanabe / AREA CONNECTION)

  • 【 hows photostudio 】
  • Location : STANCE Building 4F, 85-1, Higashiyoshikura-machi, Yonago-shi, Tottori, Japan
  • Open : October, 2013
  • Desinger : AREA CONNECTION Yuuki Watanabe Mariko Fujita
  • Lighting Planning : DAIKO TACT Takahiro Muranishi
  • Green Art : Katsuhito Sakai
  • Floor area : 339㎡
  • Photo : Nacasa & Partners

hows photostudio
http://www.hows-photostudio.com

AREA CONNECTION
http://www.areaconnection.net

Nacasa&Partners
http://www.nacasa.co.jp