タグ別アーカイブ: restaurant

manica camicia

m1

m2

m3

m4

m5
店名の「manica camicia(マニカ カミーチャ)」とは、ジャケット製作の技法で、容姿にこだわりを持つイタリア人による、肩回りが窮屈にならず着心地を良くする技法である。この店もまた本格的なイタリアンレストランでありながら、「ゆったりとした気持ちで食事を堪能できる」というオーナーシェフの思いが店名になっており、日本全国の旬な食材を生かした料理を提供する。
名古屋のオフィス街の裏通りを歩くと、突如、和風の情緒ある門が現れる。この門は庭の中で使われる中門を正門として使用したもので、ひっそりと茶室へ入っていくような、まさに隠れ家の佇まい。庭では大きな紅葉が客を出迎え、四季を感じさせる。店内は和素材で構成した空間に北欧の家具や照明が共存し、伝統的な和の風格を持ちながら温かみのある心地良い空間となっている。一枚板のナラ材のカウンター上部には、垂れ壁に無数の竹の輪切りが施され、反対側のワインセラーに映り込む。各所に配置されたシェフの趣味である盆栽も見どころの一つだ。(神田健太郎/DESIGN OFFICE KENTARO)

 

「manica camicia」
所在地:愛知県名古屋市東区東桜1-3-22 ヴィア―レアルベルゴ 1階
オープン:2016年12月8日
設計:DESIGN OFFICE KENTRAO 神田健太郎
施工:SPW TAHARA
床面積:88.94㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

The store’s name “manica camicia” means a special technique of jacket tailoring in Italian that enables your shoulders to move more comfortably. The name was decided by chef/owner of the restaurant who wanted his store to be a place where “customers can enjoy Italian cuisine in a relaxing atmosphere”.
In the backstreet of an office area in Nagoya, Japanese style romantic gate suddenly appears. This kind of gate is widely used as an inner gate in a garden. By using it as a main entrance, we created a hideaway air as if customers were stepping into a hidden teahouse. A huge maple tree welcomes guests in the garden, showing different faces in each season. The store interior consists of several Japanese materials. Nordic furniture and lightings coexist with them and create a classy yet heartwarming and comfortable feeling in the space. A large number of sliced bamboo objects are set above a counter table made of oak, reflected in a wine cellar. Bonsai(miniature potted plant), that is a chef’s hobby, placed in the store also pleases the eye. (Kentaro Kanda / DESIGN OFFICE KENTARO)

 

【manica camicia】
Location:Viare ARBERGO 1F, 1-3-22, Higashisakura, Higashi-ku, Nagoya-shi, Aichi
Open:Dec. 8th, 2016
Designer:DESIGN OFFICE KENTRAO Kentaro Kanda
Construction:SPW TAHARA
Floor area:88.94㎡
Photo:Nacasa & Partners

らーめん山頭火 沖縄那覇店

s2
s1

s3
s0

「らーめん山頭火 沖縄那覇店」は、同系列店の沖縄初進出店舗として那覇市内の安謝という地に居抜き案件として出店。この店舗は観光地からは離れた場所に位置するため、“観光客”ではなく現地で生活する“ローカル”な人々をメインターゲットとしながら、既にアメリカやアジア圏での多店舗展開で外国人から絶大な人気を誇る当ブランドの認知度を考慮し“沖縄に住む外国人”もターゲットとして視野に入れています。
店内は、ローカルの店づくり合わせ“小上がり席”を多くとり、車移動の多い現地の方々が1人でも気軽に利用できるよう入ってすぐの位置にビッグテーブルを設置しました。また、北海道旭川市に本店を構える同ブランドを沖縄においてどのように話題性を持たせ、存在感を際立たせるかを考えた結果、旭川にある“大雪山連峰 旭岳”を何種かの古材を多用し、店内の意匠として表現しています。その他、外国人にもなじみやすく、沖縄の人には珍しいインダストリアルな要素と、日本人にはなじみがあり、外国人には珍しい“大雪山の水墨画”をインテリアデザインの中に取り込むことで、沖縄初出店店舗として、また“らーめん山頭火”のシンボリックな存在感を更に際立たせることを意図しています。(室谷丞一郎/ZYCC)

 

らーめん山頭火 沖縄那覇店
所在地:沖縄県那覇市安謝664-22
オープン:2016年10月14日
外装・内装デザイン:ZYCC 室谷丞一郎
照明計画:FORUM INC. 朝倉華子
施工:ZYCC 米田孝行
床面積:174㎡
客席数:50席
Photo:STUDIO PLANET 島袋 浩

 

“Ramen Santouka Okinawa Naha Store” is Santouka brand’s first branch store in Okinawa. We were requested to create a new store, making use of existing equipment and furnishings. The main target customers are locals because the store is located a bit far from famous sightseeing spots. Taking brand’s fame in overseas into consideration, that had been achieved by their stores in America and Asian countries, they also targeted foreign residents in Okinawa.
In this project, we set more raised seating areas than usual that are fit to a local store. The large shared table is placed near the entrance so that one can eat ramen alone without hesitation. Because the brand’s flagship store is in the northern end of Japan, Asahikawa Hokkaido, and this store is in the southern end, Naha Okinawa, we paid a big attention to how the store gets newsy and a presence in town. We adopted reclaimed wood materials to create an artwork of famous Mount Asahi in Asahikawa. In order to highlight the stores symbolic character, we also added some more factors, for example, industrial materials, that are familiar with foreigners and not with locals, or ink painting, familiar with Japanese and not with foreigners. (Shoichiro Muroya / zycc corporation)

 

Ramen Santouka Okinawa Naha Store
Location:664-22, Aja, Naha-shi, Okinawa
Open:Oct. 14th, 2016
Design:ZYCC corporation Shoichiro Muroya
Lighting planning:FORUM INC. Hanako Asakura
Construction:ZYCC corporation Takayuki Yoneda
Floor area:174㎡
Capacity:50seats
Photo:STUDIO PLANET Hiroshi Shimabukuro

Cafe Habana TOKYO

c6c2 c3 c4c1
「Cafe Habana」は、Manhattan、Brooklyn、Barclay center、Malibu、Dubaiに店を構えていて、全て雰囲気が違います。それは無意識的なNewYorkerの持つ感覚であり、どの店も同じ内装ではなく、フランチャイズの感覚を一つ飛び越えたアイデンティティーを残しつつ、場所や町に密着したオリジナリティーがあるという事を、デザインと料理の両方における一番重要なコンセプトとして確立していきました。また、Cafe Habanaは、SOHOやLower East Sideが開発されていない時から続く老舗で、ローカリズムを大事にし、観光客だけではなく地域の人に愛され続けてきた、「ストリート」と「料理」を融合した店の先駆者です。これらを「Cafe Habana TOKYO」のインテリアに落とし込む時に、4つのキーワードを中心にデザインしました。
一つめは「地域の方が愛してもらえるようなダイナーの持つ暖かみ」。世界的な影響力のあるアーティストのイラスト(Sonic art)や、フードトラックとテイクアウトブースのデザインをつなぐイラスト(Elvis Rosa)をハンドペイントして、時と共に味が出るものにし、家具にはすべてハバナブルーのダイナーテーブルとチェアを取り入れました。また、バーバックの壁にはステンレスのダイアモンドカットのダイナーで使用される板を使いました。
二つめは「ラテンの陽気さ」。キューバ料理やラテンの空気を感じる、主張の強い3層の深みのあるオレンジのスタッコ塗装。Ayaka nishitani氏による南国の葉、ラテンの聖母マリアをオレンジの壁の上から描いてもらいました。
さらに「主張し過ぎないで出来る和のテイストを取り入れる」をキーワードに、自然素材を使用した暖かみがラテンと和の共通点であると考え、木を使った和天井のデザインと象徴的なCafe Habanaのグラフィックを取り入れ、オリジナルの天井をつくりました。また壁のブラケットも和紙の上からグラフィックを載せるなど、バランスを取りながら溶け込ませる事を意識しています。
四つめは「Sinatra’s booth」。NYの各店には一番奥にある半個室のブースにFrank Sinatraや影響力のあるスターがいつも座る場所があります。TOKYO店では、アンティークミラーを設ける事で部屋を大きく感じてもらいながら、外からはあまり見えない仕掛けとしました。
このプロジェクトに携わった人々のCafe Habanaブランドや地域対しての情熱を感じながら、長くこのお店が愛されることを願い、Brooklyn店の外壁にある言葉を引用した「Spread love its a TOKYO way」など、東京とNYをつなげるメッセージを所々に設けているので、ぜひ楽しんでもらえればと思います。(井上拓馬/everedge、文責BAMBOO)

 

Cafe Habana TOKYO
住所:東京都渋谷区猿楽町2-11 氷川ビル1階
オープン:2016年5月28日
設計:everedge 井上拓馬
床面積:133㎡(うち厨房33㎡)
客席数:50席
Photo:SUZU from fresco

 

 

“Cafe Habana” stores are in Manhattan, Brooklyn, Barclay center, Malibu, and Dubai. Every store has different atmosphere and design. This style is an unconscious sense of New Yorker and an identity of the brand beyond its franchise formula. Cafe Habana, that values localism, is a pioneer which has successfully made a good blending of “street” and “cuisine” that has been loved not only by tourists but also local people. Each store was in a different location so they gave first priority to creating a community-based originality. In this Tokyo store we chose 4 keywords for its design, learning from the brands strategy.
1. “Warmth of diner that is loved by locals” Hand-painted illustrations and table & chair in Habana blue express it.
2. “Cheeriness of Latin cultures” Ayaka Nishitani’s art work, tropical tree leaves and Latin Saint Mary, on 3 layers of stucco in orange.
3. “Restrained Japanese taste” Japanese wooden ceiling with symbolic graphic of Cafe Habana. Graphic on Japanese paper-made lighting bracket.
4. “Frank Sinatra’s booth” The stores in New York have special seats for influential stars like Frank Sinatra. Tokyo store also has this space. The room is small but an antique mirror makes it look bigger.
We hope the Tokyo store will be loved by people for a long time. To connect Tokyo and New York, we wrote some messages such as quote from the Brooklyn store “Spread love its a Tokyo way”. (Takuma Inoue / everedge)

 

Cafe Habana TOKYO
Location:Hikawa Bld. 2F, 2-11, Sarugaku-cho, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 28th, 2016
Designer:everedge Takuma Inoue
Floor area:133 ㎡ (including kitchen space/33㎡)
Capacity:50 seats
Photo:SUZU from fresco

La Bona Sort

j1 j2 j3 j3-2 j4 j5 j7

タパス系レストラン、La Bona Sort(ラ・ボナソルト。カタルーニャ語で幸運であれ)はバルセロナの旧市街・ボルネ地区のカルデラス通りに面しており、昔ながらの切り石構造でつくられたファサードが特徴。建物は16世紀の面影と、かつて宿やワインカーブとして経営されていた時代の名残りが、中庭、中二階、そして馬小屋として使用されていたアーチ型のアーケード部分などに見ることができる。我々は、この歴史背景がレストランのデザインの方向性を決定づけるものと考え、昨年度はレストラン内部、今年は外部に位置するパティオ(中庭)のリノベーションを実施。コンセプトを「中世から現代へのアクセス」とした。レストラン内部は3つのアーチ型ゲートで、エントランスからカウンター席、2つの客席エリアの計3箇所の空間を区切りながら、全体の統一感を持たせデザインした。素材は元来の石材壁にふさわしいオークの古材を使用し、多くの植物を配した。照明はかつて旅人が実際に経験したであろう空間をイメージし、淡い間接照明としている。レストランの外部パティオは、内部とレンガ造りの巨大なアーチで隔てられ、床材にオリジナルの石材を使用したテラス席へと続く。外部空間も店内と同じオークの古材を使用し植物を配置。照明も淡くやさしい色合いのLED間接照明にし、天井は電球色のボール花飾りのLEDグローブストリングライト、壁にはフランス製アンティークのウォールランプを設置して、古き良き時代の面影を照らし出している。また一部のエリアにモミの木の合板製の2つの大きなボックス席を設置。床部分を10cm浮かせ、まるで宙に浮かんでいるかのように仕上げた。ランプはモダンなウォールランプを、ボックス上部には無数の縄を下げている。石畳の中庭は、クライアントからの要望でポップな色のチェアーを選び、テーブルは大理石と鉄で出来たレトロなデザインを採用している。(JORDI GINABREDA STUDIO)

 

LA BONA SORT
所在地:C/Carders N° 12, 08003 Barcelona, SPAIN
リニューアルオープン:2016年2月
設計:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda
床面積:パティオ内/255.54㎡
客席数:パティオ内/120席
Photo:MARCELA GRASSI

 

“La Bona Sort” tapa’s restaurant is sited in an old manor house documented since the sixteenth century; a large ashlar work frontage that overlooks Carders street, the old road from Barcelona to the Valles county. Because of its privileged location, between Born and Santa Caterina districts, the building soon became a well-known hostel, “el Hostal de la Bona Sort”, departure point for stagecoaches and couriers and accommodation for travelers bustling from and to Barcelona. After that, it was occupied by a bulk wine shop first, and a restaurant then, which has made it to present days run by the third generation of the same family. It preserves the typical Catalan hostel structure: a big courtyard, its attic and the stables. All this historical record was determinant when Jordi Ginabreda interior design studio took care of the project for updating the appearance of the courtyard of the place. Nowadays, the business is located in the old stables and it extends through the old hallway and courtyard its huge partially covered terrace. A series of ashlar work and brick diminished arches link up both the inner space and the different parts of the courtyard. The sixteenth century stone walls and arches are the perfect backdrop in a proposal that centers its strategy in covering the whole place with a sort of old patina giving it a sense of antiquity. A travel to the present departing from the rich history of the place. The first step of the refurbishing consisted in cleaning up thoroughly the original stone walls after decades of neglect. A huge brickwork arch allows the access to an open air patio from where you can get to the three different porches, each one with its own identity, which form the terrace of the restaurant. The same vocabulary, shared with the covered part of the restaurant, defines the whole proposal. The original stone pavement works as a visually unifier for the several covered and uncovered spaces that shape the 300 square meters of the courtyard. The old entrance from the street is now occupied with a covered corridor that can be seen from the outside. Its walls are covered with the same layer of aged oak wood that line the main interior dining area creating a bond between the two spaces for the passers-by. Mosses and lichens grow on these walls, as an echo of years of dampness and closure. Dim lighting and the inclusion of old rickety Jielde lamps recrafted specially for the occasion complete the dialogue with the past. At the back of the terrace, the patio opens to two more porches. One of them takes to the limit the years of abandonment concept. Mosses and lichens grow out of control here, conquering a whole wall and hanging brutally from the ceiling. A perimeter aged wood bench completes this area. The other porch is placed in the old warehouse. The ropes that once tied luggage and cargo to the carriages dangle now from the roof creating a texture that not only gives the place a distinctive atmosphere but also helps to hide the technical installations. This part of the terrace, that in the past was plenty of boxes containing the goods of travelers and traders, is now filled with two big containers, two huge cubes lined with three layer fir wood and lacquered in matt blue. They house a table and two benches. These big sort of private rooms seem to float over the stone pavement, help to define the space and become, without a doubt, the most audacious proposal of the whole project. This journey that leads us to the present couldn’t obviate today’s language which is strongly shown up in the choice of furniture and lighting elements. The heterogeneous mix of contemporary chairs (including He by Hay & Form Chair by Normann-Copenhagen) in different colors and tables with varied material finishes help to emphasise the jumbled spirit of and old working class tavern. The illumination of the different areas, in deliberate warm tones, includes indirect lighting with LED, Disc and Sphere Wall Light by Areti to light the “private-cubes” and Lambert’s Switch On floor lamp. Past and present shake hands to face the future in this old Catalan hostel turned into a restaurant. A place where nowadays travellers, as those in the older days, find a cozy shelter in their never-ending bustle from and to Barcelona.  (JORDI GINABREDA STUDIO)

 

LA BONA SORT
Location:C/Carders N° 12, 08003 Barcelona, SPAIN
Renewal open:Feb, 2016
Design:JORDI GINABREDA STUDIO Jordi Ginabreda
Floor area:255.54㎡ in patio
Capacity:120 seats in patio
Photo:MARCELA GRASSI

鮮や一夜 府中店

f1

f2

f3

f4-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc-2

f5

f6

都内を中心に全国20店舗以上で展開される「鮮や一夜」は、旬の魚介を味わうことができる個室ダイニングとして知られる。府中店は、他店舗と比較してよりラグジュアリーな環境づくりが求められたため、素材感と繊細さをうまく共存させることを軸とした。共用部は床、壁、天井をグレーアウトすることで、主役である白木の縦格子が長いエントランスに一直線に浮かび上がり、格子から漏れる光と、連続する行灯の光をたよりに先へ進むと、「鮮や一夜」をイメージした和紙のグラフィック壁が広がっている。ダイニングの構成は大きく4ブロックに分かれており、グラフィック、アートワーク、縦格子、光などを用いて、一貫されたデザインコンセプトの中でもそれぞれ個性のある環境をつくり、ターゲットや用途などフレキシブルな使い分けを可能とした。洗練された個室ダイニングとはどういうものかを考えさせられたプロジェクトであった。(藤本泰士/DESIGN STUDIO CROW)

 

鮮や一夜 府中店
所在地:東京都府中市宮西町1-3-3 Bビル5階
オープン:2016年8月25日
設計:DESIGN STUDIO CROW 藤本泰士
床面積:140㎡
席数:72席
Photo:長谷川健太

 

“SENYA-ICHIYA” is known as a private room dining restaurant where customers enjoy seasonal seafood dishes. The brand has more than 20 stores across Japan and this newly opened Fuchu store has more luxurious interior environments compared to others. In order to create luxuries, we focused on coexistence of material and delicacy. The common use space: floor, wall, and ceiling are colored in gray so that white wooden lattice on the long straight hallway emerges in the space. Leaking light from the lattice and a series of lanterns guide customers to the deeper inside of the store where a graphic work made of Japanese paper is placed. The dining space consists of 4 blocks: graphic, art work, vertical lattice, and light. These blocks have the united image yet individual characteristics enabling the store to be used in different purposes and by various customers. This project asked us to think about what a sophisticated private room dining is. (Taiji Fujimoto / DESIGN STUDIO CROW)

 

SENYA-ICHIYA Fuchu
Location:B bld.5F, 1-3-3, Miyanishi-cho, Fuchu-shi, Tokyo
Open:Aug. 25th, 2016
Designer:DESIGN STUDIO CROW Taiji Fujimoto
Floor area:140㎡
Capacity:72 seats
Photo:Kenta Hasegawa

春夏冬 蕎麦

9619-2

9499-2

9450-2

9475-2

9597-2

9872-2

9901-2

ベトナム・ホーチミン市内の中心地、在住日本人でにぎわうエリアにオープンした蕎麦専門店である。間口5m、奥行き25mの建物で、1階はカウンター席と厨房、2階はテーブル席と個室で構成。既存建物の天井高3.6mを2.4mまで落とすことで目線を下げ、食事や会話に集中できる空間を計画した。カウンター席は長さ10mの無垢板を使用し、透過性のある木組の下がり壁で空間の広がりを確保しつつ客席とキッチンを適度に仕切った。テーブル席は客同士で視線ができるだけ交差しないよう、また閉塞感を感じさせない形状と仕上げ、抜け感のある木製パーティションで区切り、居心地の良さを確保している。ファサードには木枝を束ねた箒のような柱を並べ、雑踏のなかでも人の目を引くようなインパクトのあるものを考えた。過度な装飾を避け、より素朴でより粗野な材料を選定し、上質な素材をなるべく無垢のまま使用することで、潔い空間となることを目指した。素材はすべてベトナム国内で容易に入手できる一般的な素材を使用し、加工の方法や見せ方、素材の組み合わせなど、創意工夫によって洗練された仕上げ材へと昇華させることができたと考えている。(川口淳志/DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd.)

 

春夏冬 蕎麦
所在地:9 Le Thanh Ton, Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
オープン:2015年10月
設計:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd. 川口淳志
床面積:170㎡
客席数:43席
Photo:大木宏之

 

Japanese Soba noodle restaurant opened in Ho Chi Minh City. The building is 5 meters width and 25 meters depth in size. The ground floor consists of counter seats and a kitchen and the second floor table seats and private rooms. The floor originally had 3.6 meters ceiling height but we lowered it to 2.4 meters so that customers’ eye level also got lowered and were able to concentrate on meals and conversations. The counter table is made of 10 meters solid wood board and customers’ seats and the kitchen are divided by transparent wooden lattices on the ceiling. In order to keep comfortableness in table seats, we placed gappy wooden partitions. Because of the partitions, customers do not see each other yet feel a sense of openness. The store façade has broom-like pillars that make a strong impression even in a crowded street. We aimed to create a gracious space by using natural, wild and high quality solid materials and avoiding too much decoration. All materials can be available in Vietnam but we tried to make them look sophisticated with originality and ingenuity. (Atsushi Kawaguchi / DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd.)

 

SYUNKATO SOBA
Location:9 Le Thanh Ton, Dist.1, Hochiminh-city, Vietnam
Open:Oct, 2016
Designer:DESIGN & CREATIVE ASSOCIATES Co., ltd. Atsushi Kawaguchi
Floor area:170㎡
Capacity:43 seats
Photo:OKI Hiroyuki

代官山焼肉 kintan

k1

k2

k3

k4

k5

k6

2013年に恵比寿で営業し始めた「焼肉kintan」の5店舗目がこの代官山店。kintanは、常にその地域に受け入れられる店舗を模索し、デザインやサービス内容を変化させてきた。代官山店は大人の顧客を想定し、キーカラーはBLACK × WHITEのモノトーンを選定。店内は自然の豊かさが感じられる代官山の街並みを意識し、木やコンクリートブロックといった自然素材にこだわった。また、アクセントにグリーンのアートを取り入れることで、モノトーンの中に温かみを感じさせるよう工夫。メインダイニングの壁には大きな牛のオブジェを大胆に配置し、広いホール全体を引き締め、強い印象を発している。今後も地域とターゲット層に支持され続けるkintanであることを大切にしながら、進化を促すことが重要だと考えている。(小川訓央/Red Unit)

 

代官山焼肉 kintan
所在地:東京都渋谷区恵比寿西1-21-8 レジディア恵比寿2
オープン:2015年9月11日
設計:Red Unit 小川訓央 延川聡志
床面積:235.8㎡
客席数:75席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

Japanese yakiniku restaurant “kintan”, started in Ebisu in 2013, opened their 5th store in Daikanyama. kintan has always been trying to modify their store design and service to fit each location. We chose black and white for key colors, considering adult customers in this area. Natural materials such as wood or concrete blocks are chosen to make the store suit Daikanyama’s scenery. The green art works are made for adding a warm feeling in monochrome space as an accent. The big cowy object is placed on the wall of the main dining hall, giving off a strong impression to the large space. We think it is very important to keep kintan’s popularity and accelerate its evolution. (Norio Ogawa / Red Unit)

 

Daikanyama yakiniku kintan
Location:RESIDIA EBISU 2, 1-21-8, Ebisu-nishi, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Sep. 11th, 2015
Designer:Red Unit Norio Ogawa Satoshi Nobekawa
Floor area:235.8 ㎡
Capacity:75 seats
Photo:Nacasa&Partners

also Soup Stock Tokyo

a3

a4

a2

a1

02_alsoSoupStockTokyo

自由が丘の中心地、西面と南面が接道する角地に立つスープ専門のレストラン。自由が丘はヒューマンスケールの街並みが魅力の街であり、敷地の面する道はその自由が丘の中でも特に賑わいのある通りである。町の魅力である道がそのまま店内に続き、2階、3階テラスへと立体的につながっていく構成を考えた。2層分の高さを持つ1、2階店舗部分が、1層分ずれたスキップフロアとなり、1階から2階、さらに2階の吹き抜けから3階のテラスまでを見通せる。接道面は特注のスチールサッシに覆われ、遠くからでも中の様子がよく見える。1階のサッシはコーナーを両サイド4連引きの引き戸にすることによって大きく開け放すことができ、道とフラットにつながる。南面は同じ角度に開く連続した片開きの窓によって、外壁に楽しげな表情が生まれる。見通しと風通しの良い店内を人が流動的に動く姿が見え、その活気ある様子が道を行き交う人々に伝わっていく。1階奥のキッチンの窓からは、美味しそうなスープの匂いが流れてくる。道の持つにぎわいと店内から溢れる活気が合わさり、自由が丘の街並みの魅力がさらに増すことを期待している。(永山祐子)

 

オルソ スープストックトーキョー
所在地:東京都目黒区自由が丘1-26-13 POOL
オープン:2016年4月30日
設計:永山祐子建築設計 永山祐子 花摘知祐
床面積:77.53㎡
客席数:30席+テラス12席
Photo:表 恒匡

 

 

This is a soup specialty restaurant located in the center of Jiyugaoka town. The town’s appeal is its size and the streets that the store faces are especially bustling. In our architectural plan, town’s attractive streets continue into the store and they go on also on the second and third terrace floors sterically. By adopting a split-level system (called a skip-floor in Japan), customers can see the second floor from the first and the third from the second. The store façade is covered with custom-made steel sash so that people can see the inside from a distance. The first floor can be seamlessly connected to the streets when sliding doors are fully opened. The south face of the store has single swing doors that make amusing expression. Because both visibility and ventilation are good in this space, a vibrant atmosphere can be seen by passersby and it infects them. We hope the bustle streets and the vibrant store increase the appeal of Jiyugaoka’s scenery together in harmony. (Yuko Nagayama)

 

also Soup Stock Tokyo
Location:POOL 1-26-13, Jiyugaoka, Meguro-ku, Tokyo
Open:Apr. 30th, 2016
Design:YUKO NAGAYAMA & ASSOCIATES Yuko Nagayama Tomosuke Hanatsumi
Floor area:77.53 ㎡
Capacity:30 seats + 12 terrace seats
Photo:Nobutada Omote

ウッドバーニンググリル リグニス

g1

g2

g3

g4

グローバルダイニングの新業態「ウッドバーニンググリル リグニス」は、アメリカ・西海岸から直輸入した回転式薪火グリル機で料理を提供するディナーレストランです。恵比寿駅東口から続くバス通りに面したビルの1階にあり、「裏恵比寿」と呼ばれるエリアに位置します。テナント躯体の床面積は34坪と大きくはありませんが、5m弱もある天井高が広がりを感じさせると共にラスティックな魅力を備えています。
平面計画は、主に客席スペースと厨房スペースからなるシンプルな構成です。なるべく席数を多く、かつ間隔も広く確保できるよう、経済効率とホスピタリティーの最大化を図っています。また、客席スペースと厨房スペースを分け隔てない明快なオープンキッチンとし、食事と料理のシーンを一望できるよう空間を一体化しました。一方で、席数とその間隔の確保やオープンキッチンといった複数の条件を成立させた時に、装飾物・什器・ディスプレイを配置するスペースが無くなり、深みのあるブランドイメージが打ち出しにくくなります。その解決策として、テナントの天井高をフル活用した立体構成を採用。客席フロア上部にキャットウォークを新設して、緩やかな複層空間に仕立てました。この「キャットウォーク層」には、ブランドイメージのコンテンツとなる装飾物やワインボトル棚、本棚、オーディオ、スイング窓をレイアウトし、客席フロアを上部から演出的に囲い込んでいます。「オープンキッチンへの水平シークエンス」と「物的ブランドイメージへの垂直シークエンス」の二つが相反することなく、相乗するテナント躯体だからこそ可能な空間体験の提供を目指しました。(樋口琢匠/グローバルダイニング

 

ウッドバーニンググリル リグニス
所在地:東京都渋谷区恵比寿4-27-1 pagoda SKビル 1F
オープン:2016年5月2日
設計:グローバルダイニング 樋口琢匠
アートワーク:グローバルダイニング 佐久間美智夫
ディスプレイ:グローバルダイニング 中里文香
床面積:105.76㎡(うち厨房27.36㎡)
客席数:50席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

This is the restaurant which uses imported grill machines with natural wood fires. The machines are directly imported from the West Coast of the United States. The floor area is 105.76 square meters, not so big, but the around 5 meters ceiling height gives a broadening and rustic characteristics to the store.
The floor plan is a simple structure consisted of guest seats space and kitchen space. Two scenes, dinning and cooking, are united and can be seen as a single view because of the open kitchen style. Although we balanced the open kitchen with the enough numbers of seats and spaces, it made less space for other objects, fixture, and displays. In order to solve this problem, we adopted a three-dimensional structure, making use of the high ceiling height. Catwalks are newly created above the guest seats floor and the space achieved layers. This catwalks layer has objects that show the store’s brand image, wine bottle shelves, book shelves, audio equipment, and swing windows to set the mood for the dinner. “Horizontal sequence to the open kitchen” and “Vertical sequence for the material brand image” coexist and create a synergetic effect. (Takuomi Higuchi / GLOBAL-DINING)

 

Wood Burning Grill L’IGNIS
Location:pagoda SK Bld. 1F, 4-27-1, Ebisu, Sibuya-ku, Tokyo
Open:May. 2nd, 2016
Design:GLOBAL-DINING INC. Takuomi Higuchi
Art work:GLOBAL-DINING INC. Michio Sakuma
Display:GLOBAL-DINING INC. Fumika Nakazato
Floor area:105.76㎡ (including kitchen area 27.36㎡)
Capacity:50 seats
Photo:Nacasa & Partners

1 / 1412345...最後 »