タグ別アーカイブ: retail

今治タオル 松山エアポートストア

ima_1

ima_2

ima_3

愛媛県今治の玄関口の一つである松山空港に出店する「今治タオル」のショップをデザイン。「白木の箱」をモチーフに、空間全体を柔らかい木肌の白木の素材で包み込むことで、上質な今治タオルの世界観を表現している。整然とタオルが陳列されている家具も「箱」をモチーフにデザインしており、安心・安全・高品質な今治タオルの丁寧なものづくりを感じてもらいたいという願いを込めている。(佐藤可士和/サムライ)

 

「今治タオル 松山エアポートストア」
所在地:愛媛県松山市南吉田町2731 松山空港内
オープン:2016年3月19日
ディレクション・デザイン:サムライ
インテリアデザイン:サムライ 佐藤可士和 齊藤良博
床面積:28㎡
Photo:中対 明

 

We designed the interior of “imabari towel” store in Matsuyama airport which is one of the gateways to Imabari city in Ehime prefecture. Reflecting the perspective of fine imabari towel products, the entire store space is wrapped with plain wood materials with the design motif “plain wood box”. Furniture to display towels is also designed with the same “box” motif. We hope customers to feel comfortable, safety, high quality, and complaisant creation of imabari towel brand. (Kashiwa Sato / SAMURAI)

 

【imabari towel Matsuyama airport store】
Location:Matsuyama airport, 2731, Minamiyoshida-machi, Matsuyama-shi, Ehime
Open:Mar. 19th, 2016
Direction, design:SAMURAI
Interior design:SAMURAI Kashiwa Sato Yoshihiro Saito
Floor area:28㎡
Photo:AKIRA NAKATSUI

今治タオル
http://www.imabaritoweljapan.jp

 

iGUANEYE Aoyama Main Store

イグアナアイ_1

イグアナアイ_2

イグアナアイ_3

イグアナアイ_5

この「iGUANEYE」(イグアナアイ)は、僕自身が発想した空間的イメージをもっとストレートに立体として現実化できないかと考え、デザインした空間です。つまり、僕自身の身体が持つ原始の記憶のイメージを、アルゴリズムというコンピュータシステムで、頭の中を解析したと言っても良いかもしれません。我々は、ある想像空間を実現化する場合、モダニズムという概念に基づき、縦、横、奥行きを単純な数値に置き換え、抽象表現として現実化する方法をこれまで採用してきました。ただ、曲線や三次元曲線を短期間で計算する方法は、コンピュータに頼るしかありません。その計算方法にアルゴリズムシステムを使うことで、複雑な形が現実化できるわけです。CGのレンダリングが現実化するのとは、似て非なるものです。それは、立体構造体として、構造力学においても成り立つものとしてのCGだからです。 今回敢えてこの手法を用いたのは、「iGUANEYE」の考えが、原始の人間の身体によるアイデアをモチーフにしているからであり、そのメッセージをより強く伝えるためです。この「iGUANEYE」からインスパイアされた僕の空間イメージは、もしかしたら我々先祖のシェルターである“洞窟”かもしれません。それは決して正円のテントではないはずです。複雑な岩肌が飛び出ていたかもしれません。 現代の最新テクノロジーを使い、その空間の具現化を図ることにより、「iGUANEYE FSシリーズ」に住処を与え、デザイナーのオリビエ・タコ氏とそのアイデアを未来に引き渡すことができると考えたからです。それは同時に、90年代僕自身が着想し、以来長い間考え続けて来た“建築の中のもう一つの箱”という空間概念の新たなかたちなのです。(水谷壮市)

 

「iGUANEYE Aoyama Main Store」
所在地:東京都港区南青山5-6-14
オープン:2014年9月20日
設計:水谷壮市デザイン事務所 水谷壮市
床面積:36.3㎡
Photo:ナカサ&パートナーズ
I tried to realize my spatial image as straight as possible when I committed the design project of this “iGUANEYE”. In other words, I analyzed a primitive image of a memory which my body has through an algorithmic treatment. We have adopted a method that replaces height, wide, and depth by simple numbers based on the concept of modernism in order to create an imaginable space to be real. However, we have to rely on a computer when we calculate curve or three-dimensional curve in a short time. By using the algorithmic treatment, a complicated figure can be realized. It looks like a CG rendering becoming real, but not. Because that stereoscopic CG is constructed based on structural dynamics. Why I adopt this method in this project is that the idea of “iGUANEYE” has a motif of a primitive human body and to transmit this message more strongly. My spatial image inspired by the “iGUANEYE” may be a “cave” which once was a shelter for our ancestors. They must not have been an exact circle tent. They might have complicated bare rock. By using the latest technology at our age and trying to realize the space, I thought I could give a place to live to “iGUANEYE FS series” and pass on the designer Mr. Olivier Taco and his idea to the future. At the same time, this is a new figure of a spatial concept “another box inside architecture” which I have been thinking about for a long time since 90s. (Soichi Mizutani)

 

【iGUANEYE Aoyama Main Store】
Location:5-6-14, Minamiaoyama, Minato-ku, tokyo
Open:Sep. 20th, 2014
Design:Soichi Mizutani Design Office Soichi Mizutani
Floor area:36.3㎡
Photo:Nacasa & Partners

 

iGUANEYE
http://www.iguaneye.jp

水谷壮市デザイン事務所
http://soichi-mizutani.com/

ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp/

 

SUSgallery

SUS_1

SUS_2

SUS_3

SUS_5

新潟・燕市の産業技術で出来た陶器を思わせるチタンカップを扱う「SUSgallery」での、初めてのインショップとなるCOREDO室町では、新しい価値を提案する場所として考えた。9.22坪とコンパクトな空間に、垂直と水平に伸びてゆく素材としてシワ加工した0.005mm厚のステンレス箔と風化した板材を選んだ。自然界を思わす柔らかな色や豊かな表情のチタンカップは、その二つの素材を背景にすることでこれまでと違う価値を見出すことが出来た。(山本達雄)

 

「SUSgallery コレド室町店」
所在地:東京都中央区日本橋室町1-5-5 コレド室町3  2階
オープン:2014年3月20日
設計:Tatsuo Yamamoto Design Inc. 山本達雄
床面積:30.48㎡
Photo:淺川 敏

 

 

“SUSgallery”, which sells titanium cups inspired by the pottery and made by the industrial technology of Tsubame city in Niigata prefecture, opened their first in-store shop in COREDO Muromachi. The shop is designed to provide a new value. In the 30.48㎡small space, we chose 0.005mm stainless foil with crease effect and weathered lumber as materials which stretches both vertically and horizontally. The titanium cups with soft colors or rich expressions suggestive of the natural world show a brand-new value against the background of the two materials. (Tatsuo Yamamoto)

 

【SUSgallery COREDO Muromachi】
Location:COREDO Muromachi 3-2F, 1-5-5, Nihonbashi-muromachi, Chuo-ku, Tokyo
Open:March 20th, 2014
Designer:Tatsuo Yamamoto Tatsuo Yamamoto Design Inc.
Floor area:30.48㎡
Photo:Satoshi Asakawa

 

 

SUSgallery
http://susgallery.jp

 

Tatsuo Yamamoto Design
http://www.tatsuoyamamoto.jp/

 

淺川 敏
http://www.tosh-a.com

 

 

TORIBA COFFEE

toriba_1

toriba_2

toriba_3

toriba_4

toriba_5

銀座の真ん中に以前からそこにあったかのように街になじみつつ、特別な空気を放つ場所ができた。施主のオーダーは、1階にコーヒー豆の高級贈答ショップ、2階に焙煎ファクトリーをつくり、その世界観が表れるような建築外観のデザインをするというもの。農園のある「ハワイ」というコンセプトを表現するため、様式を用いた権威的な外観ではなく、通りに対して開放的なデザインとし、コーヒーの香りが通りにも流れてくるような贅沢な空間づくりを目指した。吹き抜けに設置した7.3mの壁面緑化は、街に新しい景色を提供し、店内に穏やかな空気感を産んでいる。またファクトリーとショップをつなぐオリジナルのリフトやハワイアンコアを使ったカウンターは、ブティックロースターとしてのこだわりやシズル感を出す演出にもなっている。(宮里貴司/A.N.D.)

 

「TORIBA COFFEE 銀座本店」
所在地:東京都中央区銀座7-8-13 Brown Place 1,2F
オープン:2014年4月25日
設計:A.N.D.  小坂 竜 宮里貴司
床面積:1F売り場/52㎡(その他13㎡) 2Fファクトリー/50㎡
客席:試飲スペースにスタンディングのみ
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

The new place was born in the center of Ginza area. The coffee shop “TORIBA COFFEE” has a unique character but at the same time blends right in with the surroundings just like it has been here for a long time. The owner requested us to create a high quality coffee beans shop on the 1st floor and a roasting factory on the second floor and he wanted exterior appearance to show the shop’s philosophy.
The shop’s concept is “Hawaii” with farms. In order to express this concept, we adopted a luxurious open design facing to a street and dismissed a traditional authoritarian figure. Due to this open design, people can smell the coffee even on the street. The 7.3 meters high green wall beside the atrium offers new scenery to the city and creates comfortable atmosphere in the shop. The original lift connecting the factory and the shop and the counter table made of Hawaiian Koa wood show up the taste and personality of the shop as a “boutique roaster”. (Takashi Miyazato / A.N.D.)

 

【TORIBA COFFEE Ginza Honten】
Location:Brown Place 1/2F, 7-8-13, Ginza, Chuo-ku, Tokyo
Open:Apr. 25th, 2014
Designer:A.N.D. Ryu Kosaka Takashi Miyazato
Floor area:1F retail space / 52㎡ (other 13㎡) 2F factory / 50㎡
Capacity:Only standing area in tasting space
Photo:Nacasa & Partners

 

 

TORIBA COFFEE
http://www.toriba-coffee.com

 

A.N.D.
http://www.and-design.jp

 

Nacasa & Partners
http://www.nacasa.co.jp

 

 

HYPER MARKET

hypermarket_1

hypermarket_2

hypermarket_3

hypermarket_4

hypermarket_6

渋谷区・神宮前に位置するモバイルアクセサリーの最新ガジェットを集めたコンセプトショップ「HYPER MARKET(ハイパーマーケット)」。コンセプトは、「路地に連なる活気と賑わいに満ち、整然とモノが陳列されるマーケット」。誰もが見たことのある、モノの売り買いの場としての原初的な風景をベースに、モバイル関連の商品を扱う場として設えを同居させた空間。懐かしさと新しさのコントラストをマテリアルや光の操作で表現し、よい意味での違和感を与えることで、誰もが知っているようで体感したことのない空間であるスーパーマーケットを超えた、ハイパーマーケットとして、少し先の未来を想像させる新しいマーケットの場となる。
(谷尻 誠/SUPPOSE DESIGN OFFICE)

 

「HYPER MARKET」
所在地:東京都渋谷区神宮前6-5-6 サンポウ綜合ビル1F
オープン:2014年4月19日
設計:SUPPOSE DESIGN OFFICE 谷尻 誠 吉田 愛
床面積:230㎡
Photo:矢野紀行

 

 

“HYPER MARKET”, located in Jingumae-Shibuya, is a conceptual shop of the latest gadgets of mobile accessories. The shop’s concept is “the market with many items displayed in order, filled with a spark and bustle”. The space design is based on the primitive scenery of business, the place of selling & buying, which anyone has seen before and has equipment to deal with mobile related items. We expressed the contrast of the nostalgic and the new by lightings and brought in a sense of discomfort in a good way. Everyone knows a supermarket but we created the HYPER MARKET which is beyond and let customers imagine the futuristic new type of a market. (Makoto Tanijiri / SUPPOSE DESIGN OFFICE)

 

【HYPER MARKET】
Location:Sampou sogo building 1F, 6-5-6, Jingumae, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Apr. 19th, 2014
Design : SUPPOSE DESIGN OFFICE  Makoto Tanijiri Ai Yoshida
Floor area : 230㎡
Photo:Toshiyuki Yano

 

 

HYPER MARKET
http://www.hyper-m.jp/

 

Suppose design office
http://www.suppose.jp/

 

矢野紀行
http://www.yanofoto.com/

横山精肉店/肉の横山

横山精肉店_1

横山精肉店_2

横山精肉店_3

横山精肉店_4

岐阜で精肉業を営む「横山精肉店」初の単独店と、イートイン店舗を手掛けることになった。横山精肉店は岐阜で46年以上営業されており、ミーティングをくり返すたびにオーナーの横山さんより精肉に対する熱い思いを伺い、店舗自体も精肉の付加価値を上げる役割をしっかりと担いつつ、精肉店の顔であるショーケースのイメージを消さないようにデザインを考えた。
通常の精肉店のようなデザインではなく、洋菓子店のようなイメージも入れたいということから、海外のブッチャーを意識してインダストリアルデザインと柔らかな木のバランスにより横山精肉店さんらしい店が完成した。(中川健司)

 

「横山精肉店/肉の横山」
所在地:岐阜県岐阜市神田町6丁目10-7
オープン:1F「横山精肉店」2013年12月6日/2F「肉の横山」2014年2月4日
設計:中川デザイン事務所 中川健司
床面積:1F 69.27㎡/2F 65.55㎡
客席数:「肉の横山」26席
Photo:須藤和也

 

 

The butcher shop “YOKOYAMA Seiniku Ten” in Gifu prefecture, located in Central Japan, opened their 1st independent store with eat-in space. The brand has 46 years of history in Gifu. Every time we had a meeting with the owner, Mr. Yokoyama, we listened to his aspiration for a meat-packing. We tried to create a store which can upgrade their brand value, keeping an image of showcases of a butcher.
The owner also requested a taste of European pastry shop. Therefore we added balanced industrial design and a soft woody taste, paying attention to overseas butcher. As a result, the original and unique store has been born. (Kenji Nakagawa)

 

【YOKOYAMA Seiniku Ten / Nikunoyokoyama】
Location:6-10-7, Kanda-machi, Gifu-shi, Gifu
Open: 1F YOKOYAMA Seiniku Ten on Dec. 6th, 2013 / 2F Nikunoyokoyama on Feb. 4th, 2014
Designer:NAKAGAWA DESIGN OFFICE Kenji Nakagawa
Floor area:1F 69.27㎡/2F 65.55㎡
Capacity:26 seats in Nikunoyokoyama
Photo:Kazuya Sudo

 

 

 

横山精肉店
http://yokoyama-seinikuten.com

 

中川デザイン事務所
http://www.nakagawa-d.jp/

 

須藤和也
http://discovery-go.jp/

 

Farm Direct

ファームD_1

ファームD_2

ファームD_3

ファームD_4

香港で水耕栽培された野菜のみを販売する「Farm Direct」のコンセプトストア。デザインコンセプトは、安価かつプリミティブな素材を使うことで、ヨーロッパ調の店舗を創造すること。明るい外観は、一般的な赤レンガで構成したのち、刷毛で白色に仕上げ、さらに緑の塗料を吹き付けることで、店内で新鮮な商品を購入できることを表している。店内の床には、水耕栽培の手法の特徴でもある火山岩を敷き詰めている。麻素材の生地を貼った壁面が温かみとくつろぎを空間にもたらすと同時に、ディスプレイやキャビネットを構成する未塗装の木製パネルで、新鮮さと自然というテーマを表現。天井から吊された野菜の根や茎を模したオリジナルLED照明器具が店のアイコンとなっている。(Wesley Liu /PplusP Designers)

「Farm Direct」
所在地:Lockhart Road, Wan Chai, Hong Kong
オープン:2014年1月20日
設計:PplusP Designers Wesley Liu
床面積:14㎡
Photo:Wesley Liu & Kenneth Yung

 

 

This is Farm Direct’s first concept store. The store’s principal business is in the sales of 100% Hong Kong locally produced hydroponic vegetables. The design concept is about using the cheapest and the most primitive materials to create a European styled store. The red bricks forming the bright exterior are overlaid with a brushed white finish along with a sprayed green vignette, which is a reflection of the fresh produce available in store. The interior floor is laid with volcanic rocks, a characteristic used in this specialized method of farming. Linen textured carpet lining the wall creates a space of warmth and coziness, whilst the unfinished wood panels, that are used to construct the display cabinets, continue the fresh and natural theme. The visualization of vegetable roots and stems is achieved by the handcrafted LED ceiling-hung light fixtures. (Wesley Liu  / PplusP Designers)

 

【Farm Direct】
Location:Lockhart Road, Wan Chai, Hong Kong
Open:Jan. 20th, 2014
Designer:PplusP Designers Wesley Liu
Floor Area:14㎡
Photo:Wesley Liu & Kenneth Yung

 

PplusP Designers
http://www.ppluspdesigners.com/

MOJA

MOJA_1

MOJA_2

MOJA_3

MOJA_4

MOJA_5

MOJA_6

カフェカンパニーが経営する渋谷「MOJA」。アメリカンソウルフードが味わえるカフェとビンテージ雑貨店、フレンチビアホールの3業態からなる店舗へとリニューアル。渋谷系のカルチャーに関与すべく、既存空間を生かすローコストで効果的なデザインと、ここから空間体験の情報発信とシェアをしたくなることがポイント。
2F「MOJA in the HOUSE」は、アメリカンソウルフードが楽しめるカフェ。BGMはソウルフル。ハッピーとシックが融合した楽しい空間デザインでスタッフとお客様みんながファミリー感を感じられるような距離感と一体感でビンテージダイナーをイメージ。張り生地のコーディネートは、エクレクティシズム(折衷的)で西海岸的。
B1F「THE GUINGUETTE by MOJA」は、1920年代パリ郊外で流行った庶民派キャバレーと地下におけるアウトドアの楽しみをイメージした。ビンテージミュージックをBGMに、老若男女国籍性別を問わず楽しめるフレンチビアホール。移動遊園地やサーカスのような照明計画と古材を利用した素材感あるナチュラルな内装。
1F「MOJA TRADING」は、街角に位置するビンテージ雑貨店。窓際のステンドグラスのロゴがポイント。DIYショップのようなフレキシブルな陳列システムと入りやすい空間デザインが、商品との対比によってビンテージ雑貨を新鮮に魅せる。
(樋口泰輔/ベルリーナ)

 

「MOJA」
所在地:東京都渋谷区渋谷1-11-1 B1F/1F/2F
オープン:2014年3月18日
設計:ベルリーナ 樋口泰輔
床面積:B1F/222㎡(ビアホール) 1F/20㎡(ショップ) 2F/257㎡(カフェ)
客席数:B1F/100席 2F/124席
Photo:ナカサ&パートナーズ

 

 

“MOJA”, run by COFE COMPANY, was refurbished to the new store with 3 different business categories: a café serving American soul food, a vintage sundries store, and a French style beer hall. To get engaged to Shibuya culture, the points of design are set to utilize existing space and then save costs and also to motivate customers to transmit and share the experience in the space.
“MOJA in the HOUSE” on the 2nd floor is a café where customers can enjoy American soul food. The background music is a soulful music. We pictured a vintage diner where staff and guests can feel family-like atmosphere with a sense of distance and unity surrounded by happy, chic and joyful design. Seat covering fabric is coordinated by eclecticism and west coast style.
“THE GUINGUETTE by MOJA” on the basement floor has an image of popular cabaret in Paris in 1920s and an outdoor amusement. Irrespective of age, sex, and nationality, customers can enjoy this French style beer hall, listening to vintage music for the background music. The lighting plan is reminiscent of a traveling carnival or a circus and, by using old materials, interior gets natural taste and a characteristic texture.
“MOJA TRADING” on the 1st floor is designed as a vintage sundries store on the corner. The point is stained grass brand logo by the window. The DIY-shop-like flexible display system and easily-enterable space design make a good contrast with items and then show vintage sundries freshly. (Taisuke Higuchi / Berlina)

 

【MOJA】
Location:B1F/1F/2F, 1-11-1, Shibuya, Shibuya-ku, Tokyo
Open:Mar. 18th, 2014
Designer:Berlina Taisuke Higuchi
Floor area:B1F/222㎡(Beer hall) 1F/20㎡(shop) 2F/257㎡(café)
Capacity:B1F/100 seats 2F/124 seats
Photo:Nacasa&Partners

 

 

MOJA
http://www.mojamojamoja.com
ベルリーナ
http://www.taisukehiguchi.com
ナカサ&パートナーズ
http://www.nacasa.co.jp

 

pink lemontree

PINK LEMMONTREE_1

PINK LEMMONTREE_2

PINK LEMMONTREE_3

PINK LEMMONTREE_4

“Sweet色のパリの小さなお菓子屋さん”をイメージに、2012年秋からブランド展開をスタートした「pink lemontree」(ピンクレモンツリー)。今回出店の阪急西宮ガーデンズの立地・客層に合うよう可愛いらしさは残し、少し大人の上質感を感じてもらえる新しいデザインを考えました。
繊細なレース型の冠がついた大きなミラー、商品をゆっくり選んでいただけるジュエリーショーケースの上には照明の光を受け、上品な光を放つブロンズゴールドのペンダントをランダム吊り。砂糖菓子の質感を思わせるイエローベージュのアーチファサードは、軽くなりがちなかわいい空間に、程良い重量感を持たせ、落ち着いた印象をつくり出してくれています。
四つのアーチから店内を見て入店してくださるお客様が多いとのこと。色とりどりに輝くアクセサリーを選ぶ楽しいひとときを過ごせていただけるとうれしいです。(江原まゆみ/CONSCIOUS)

 

「pink lemontree」
所在地:兵庫県西宮市高松町14-2 西宮ガーデンズ2F 東モール
オープン:2014年3月7日
設計:CONSCIOUS 江原まゆみ
床面積:64㎡
Photo:下村康典

 

 

“pink lemontree” is a casual jewelry brand established in autumn 2012 with an image of “sweet-colored small pâtisserie in Paris”. We thought up a new design which gives a bit matured high quality feelings and suits better to customers in this time’s store location in HANKYU NISHINOMIYA GARDENS.
We placed big mirrors with delicate lace crowns on them. Gold bronze colored pendant lightings are set randomly above jewelry showcases and cast classy light. The yellow-beige arch façade has candy-like texture and it gives an appropriate weight to cute space which could possibly become too light. It results in creating comfortable atmosphere. Many customers step in the store after watching inside through 4 arches set in the façade. We hope them to enjoy time to choose colorful glittering items in the store. (Mayumi Ehara / CONSCIOUS)

 

【pink lemontree】
Location:East Mall, 2F NISHINOMIYA GARDENS, 14-2, Takamatsu-cho, Nishinomiya-shi, Hyogo
Open:Mar. 7th, 2014
Designer:CONSCIOUS Mayumi Ehara
Floor area:64㎡
Photo:Yasunori Shimomura

 

pink lemontree
http://www.lemontree.co.jp/pinklemontree/

CONSCIOUS
http://conscious-em.com/

 

1 / 41234